JPH07138850A - 伸縮性二重丸編地の製造方法および伸縮性二重丸編地 - Google Patents

伸縮性二重丸編地の製造方法および伸縮性二重丸編地

Info

Publication number
JPH07138850A
JPH07138850A JP5283763A JP28376393A JPH07138850A JP H07138850 A JPH07138850 A JP H07138850A JP 5283763 A JP5283763 A JP 5283763A JP 28376393 A JP28376393 A JP 28376393A JP H07138850 A JPH07138850 A JP H07138850A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
yarn
knitting
knitted fabric
elastic
course
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP5283763A
Other languages
English (en)
Inventor
Shigeki Morimoto
茂樹 森本
Junichi Takahata
高畑  順一
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Du Pont Toray Co Ltd
Original Assignee
Du Pont Toray Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Du Pont Toray Co Ltd filed Critical Du Pont Toray Co Ltd
Priority to JP5283763A priority Critical patent/JPH07138850A/ja
Publication of JPH07138850A publication Critical patent/JPH07138850A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • DTEXTILES; PAPER
    • D04BRAIDING; LACE-MAKING; KNITTING; TRIMMINGS; NON-WOVEN FABRICS
    • D04BKNITTING
    • D04B1/00Weft knitting processes for the production of fabrics or articles not dependent on the use of particular machines; Fabrics or articles defined by such processes
    • D04B1/14Other fabrics or articles characterised primarily by the use of particular thread materials
    • D04B1/18Other fabrics or articles characterised primarily by the use of particular thread materials elastic threads

Landscapes

  • Engineering & Computer Science (AREA)
  • Textile Engineering (AREA)
  • Knitting Of Fabric (AREA)
  • Knitting Machines (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【目的】 婦人用スラックスのようなアウターウェアを
製造するのに適した、コース方向およびウェール方向の
伸縮性バランスが良好な伸縮性二重丸編地を製造する方
法を提供する。 【構成】 一完全組織内で、相対する針床間で編成する
コース(給糸口1,4で給糸)と、同じ針床で編成する
コース(給糸口2,3,5,6で給糸)とを組み合わ
せ、相対する針床間で編成するコース1,4では、少な
くとも一部のコースで弾性糸aを含む糸を給糸し、同じ
針床で編成するコース2,3,5,6では、非弾性糸b
のみを給糸するようにして編成することにより、コース
方向とウェール方向の両方に適度な伸縮性を有するとと
もに、コース方向よりもウェール方向の伸縮性が大きな
丸編地を得る。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、伸縮性二重丸編地の
製造方法および伸縮性二重丸編地に関し、詳しくは、弾
性糸を用いて伸縮性を改善した二重丸編地を製造する方
法と、そのような方法で製造された二重丸編地に関する
ものである。
【0002】
【従来の技術】従来、弾性糸を用いた丸編地は良く知ら
れている。たとえば、インナーウエアー用の丸編地とし
て、フライス編で、綿糸や化合繊混紡糸に被覆弾性糸を
裏糸交編することにより、保温性や吸湿性を持たせると
ともに、適度なフィット性をも与えることができる。こ
のような丸編地は、薄くてソフトな温かみを有する革新
的な肌着として、「ニューインナー」などと呼ばれて、
上市されている。また、スポーツウエア用の丸編地で
は、綿糸や化合繊混紡糸に弾性糸を添糸編することによ
って、超薄地で、運動機能面や衛生・生理面で優れた追
従性などを発揮する画期的なシングルニットが得られ、
水着やレオタードなどの生地として、好んで使用されて
いる。これらの弾性糸を用いた丸編地は、開発当初は、
薄くてフィット感が良いことからアンダーショーツに用
いられ、次いで、水着に用いられたが、最近では、スパ
ッツ、サイクルパンツなど、カジュアルウエアやスポー
ツウエアなどにも広く利用されるようになってきてい
る。
【0003】これら従来の弾性糸混丸編地には、コース
方向のみに高い伸縮性を有するものと、コース方向だけ
でなくウエール方向にもコース方向と同じように高い伸
縮性を有するものとがある。弾性糸を用いない通常の丸
編地でも、その編成組織の構造上、ウェール方向よりも
コース方向の伸縮性が大きくなるので、このような丸編
地の一部の編成コースに弾性糸が含まれていれば、本来
伸縮性の優れたコース方向の伸縮性が、さらに高まるこ
とになる。但し、これでは、ウェール方向の伸縮性は、
あまり向上しない。
【0004】コース方向およびウエール方向の両方に高
い伸縮性を有する丸編地の具体的技術は、実公昭59−
35595号公報、実公昭61−11265号公報ある
いは特公昭61−37377号公報などに開示されてい
る。これらの技術では、弾性糸を、ウェール方向に連続
して配置しておくことで、弾性糸が給糸されたコース同
士間の伸縮により、ウェール方向の伸縮性を向上させ
て、コース方向とウェール方向の両方に、同等の高い伸
縮性を備えた丸編地を得ている。
【0005】近年、二重丸編地いわゆるダブルニットと
呼ばれる生地が、カジュアルウエアやスポーツウエアに
用いたときに、前記のような伸縮性と同時に、外観性な
どにも優れた性能を発揮でき、軽装で実用的な服種とし
て普及している。特に、最近、ファッション性の高い婦
人用のスリムパンツ(スラックス)に、上記のようなダ
ブルニットが利用されている。このようなスラックス
は、着用状態での屈伸動作を容易にするなどの運動機能
上、身丈方向に大きなストレッチ性すなわち伸縮性を必
要とするのに対し、身幅方向には、ある程度の伸縮性は
必要であるが、身丈方向に比べると伸縮性が小さいほう
が、着用時のシルエットが綺麗に出る。これは、身丈・
身幅両方向に伸縮する生地では、体型にしたがってその
ままのシルエットが出てしまうのに対し、身幅方向の伸
縮性が少なければ、縫製時に作られたシルエットが維持
されて、体型による崩れが生じ難いのである。
【0006】前記したように、通常の丸編地の伸縮性
は、コース方向のほうがウエール方向よりも大きいの
で、丸編地を上記スラックス用に裁断する際には、コー
ス方向にスラックスの身丈方向がくるようにして裁断を
行っていた。
【0007】
【発明が解決しようとする課題】ところが、上記のよう
な従来の技術では、スラックス用生地の裁断時に丸編地
を効率的に利用できず、大量の裁断屑が発生したり、十
分な長さのスラックス用生地が取れなかったりするとい
う問題があった。丸編地は、筒状に編成された編地を切
り開いて平坦な生地を得る。したがって、編成時のコー
ス方向が丸編地の幅方向になり、ウエール方向が縦方向
となる。丸編地の縦方向の長さは、連続して編成すれば
任意の長尺状のものが得られるが、丸編地の幅方向の長
さは、編成時の筒状編地の径すなわち丸編機の釜径で決
まってしまう。丸編機の釜径は、装置構造による制限を
受けるので、釜径を大きくすることには限度がある。従
来、大きな釜径の丸編機を用いて製造されたダブル幅の
丸編地であっても、その幅(コース方向)は130cm程
度である。したがって、丸編地のコース方向にスラック
スの身丈方向をとると、通常の釜径の丸編機では生地が
とれない場合がある。また、ダブル幅の丸編地でコース
方向にスラックスの身丈方向をとることができても、ス
ラックスの身丈長さを超える部分の丸編地は全て裁断屑
になってしまうので、非常に無駄が多くなる。また、編
立方向すなわち編終わり編目が、スラックスの身丈方向
の長い裁断部分にくるので、縫い目からの編目ほつれ
(俗に、「ラン」と呼ばれる)が発生し易いという問題
もある。
【0008】なお、丸編機を広径化すると、装置コスト
が増大し、生産性も低下する。幅の広い丸編地は、縫製
工程における延反やパターニングのコストも高くつくこ
とになる。そのため、前記した先行技術のように、コー
ス方向だけでなくウェール方向にも伸縮性のある丸編地
を用いて、丸編地のウェール方向すなわち長さ方向にス
ラックスの身丈方向をとることが考えられた。しかし、
この場合、スラックスの身丈方向だけでなく、身幅方向
にも高い伸縮性を示すことになるので、トレーニングパ
ンツやモンスラパンツ用ニットなどには適したものであ
ると言えても、前記した婦人用スラックスなどでは、前
記した理由で、スラックスのシルエットが綺麗に出ない
という問題がある。また、コース方向およびウェール方
向の両方に同じように高い伸縮性を有する生地は、いわ
ゆるストレッチバック性が悪く、「膝抜け」やシワなど
が生じ易いほか、スナッギング、抗ピル性などの特性に
も劣るなど、スラックスのようなアウターウェアに用い
るには、商品価値の点で致命的な欠陥を有していた。
【0009】婦人用スラックスなどのアウターウェアと
しては、屈伸運動がし易いだけでなく、風合いがソフト
であることや、高級感を与える質量感や表面組織を備え
ていることも要求され、従来スポーツウェアなどに使用
されていた綿ベアー天竺編地などでは、これらの要求を
満たすことはできなかった。そこで、この発明の課題
は、上記した従来技術の問題点を解消し、前記婦人用ス
ラックスのようなアウターウェアを製造するのに適し
た、コース方向およびウェール方向の伸縮性バランスが
良好な伸縮性二重丸編地を製造する方法を提供すること
にある。また、上記のような優れた特性を有する伸縮性
二重丸編地を提供することにある。
【0010】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決する、こ
の発明にかかる伸縮性二重丸編地の製造方法は、相対す
る一対の針床を備えた丸編機を用い、一完全組織内で、
相対する針床間で編成するコースと、同じ針床で編成す
るコースとを組み合わせ、相対する針床間で編成するコ
ースでは、少なくとも一部のコースで弾性糸を含む糸を
給糸し、同じ針床で編成するコースでは、非弾性糸のみ
を給糸するようにして編成する。
【0011】丸編機の基本的な構造は、従来の通常の丸
編機と同様でよい。相対する一対の針床とは、いわゆる
シリンダとダイヤル、あるいは、下釜と上釜と呼ばれる
構造部分である。各針床には、多数の編針が配列されて
いて、給糸装置から供給された糸が、各針床の編針列の
作用で丸編地に編成される。各針床には、通常、長針と
短針の2段の針列すなわちカムトラックが設けられてい
るが、3段以上のカムトラックが設けられているもので
もよい。各段の針列や給糸装置の動作構造や駆動機構な
どは、通常の丸編機における機構構造を組み合わせて構
成すればよい。なお、この発明では、丸編機の釜径は、
特に広径のものを用いる必要はなく、標準的な釜径のも
のを用いればよい。但し、生産性などを考慮して、ダブ
ル幅用などの広い釜径を採用することも勿論可能であ
る。
【0012】丸編機の構造として、たとえば、2トラッ
クの両面丸編機では、長針と短針が下釜および上釜にそ
れぞれ配備されていて、両面出合が基本になっている。
また、上カムおよび下カムの作用は、2トラック共、同
時に作用して全針ニット位置にしたり、単独に作用して
短針または長針のみをニット位置またはタック位置にし
たりすることができ、カム位置の設定を自由に行えるよ
うになっている。さらに、選針機構を備えておくのが好
ましく、特に、セミジャカード以上またはコンピュータ
ジャカード付の選針機構が好ましい。
【0013】また、長針と短針とからなるリブ出合のフ
ライス丸編機も上記同様に使用できる。セミジャカード
以上の選針機構を有する丸編機の場合は、各給糸コース
に固定されずに、組織柄に応じて各給糸口の選針作用に
より、自由にニット位置やミス位置などを設定すること
ができ、同時に、カムとの連動によってタック位置に設
定することも可能である。
【0014】上記のような丸編機を用いて二重丸編地を
編成する際に、以下に説明する条件で編成を行う。ま
ず、編成に用いる糸として、弾性糸を含む糸と非弾性糸
とを組み合わせて使用する。ここで弾性糸を含む糸と
は、弾性糸のみで構成された、いわゆるベア弾性糸を用
いる場合、弾性糸に非弾性糸を被覆させた被覆弾性糸を
用いる場合、さらには、ベア弾性糸または被覆弾性糸に
非弾性糸を添わせたり引き揃えたりして用いる場合をも
含む意味で使用している。すなわち、編成に用いる糸材
料の少なくとも一部に弾性糸材料が用いられていればよ
いのである。これに対し、非弾性糸とは、上記のような
弾性糸材料を実質的に含まない材料からなる糸を意味し
ている。但し、本願発明の作用効果を阻害しない範囲
で、非弾性糸の材料に弾性材料が含まれていることは構
わない。
【0015】ベア弾性糸または被覆弾性糸を構成する弾
性糸の材料としては、ポリウレタン弾性糸、ポリエステ
ル弾性糸、ポリアミド弾性糸など、いわゆるゴム状弾性
を示す繊維から製造された弾性糸が、自由に使用でき
る。この中で、ポリウレタン弾性糸が好ましい。ポリウ
レタン弾性糸とは、一般的に、ジイソシアネートと末端
ヒドロキシル基を2個以上有する重合体とを、必要によ
り多官能性水素化合物とともに反応させることによって
得られるポリウレタンからなる繊維であり、特に、ポリ
エーテル系のものがポリエステル系のものよりも、耐熱
性などの点で好ましい。具体的には、通称スパンデック
スと呼ばれているポリウレタン弾性糸が好適に用いられ
る。
【0016】弾性糸の太さは、20〜560デニール程
度のいわゆる細物から中太物が好ましい。特に、カジュ
アルウェアやスポーツウェアには、30〜280デニー
ル程度のものが好ましい。弾性糸は、破断伸度が400
%以上あるものが好ましく、望ましくは500〜600
%程度のものを用いる。破断強度は、0.8g/デニー
ル以上のものが良く、特に、1.0〜1.7g/デニー
ルのものが好ましい。また、ポリマーのブライトネスと
しては、弾性糸の耐光性や耐黄化性を向上させるため
に、酸化チタンやガス変色防止剤、活性剤、安定剤など
の添加剤を含有させた艶消しタイプのものが好ましい。
さらに、丸編機への供給や後述する被覆弾性糸に利用し
易くするために、粘着防止剤や平滑性促進剤などの添加
剤を含む鉱物系またはシリコーン系、あるいは、これら
の混合物からなる油剤を、弾性糸の表面に1〜15%付
着させておくことができる。
【0017】このような弾性糸を単独で使用すれば、い
わゆるベア弾性糸となるとともに、これらの弾性糸を被
覆弾性糸の材料としても用いることせできる。被覆弾性
糸には、通常の各種用途に利用されている材料および被
覆方法からなるものが使用できる。具体的には、被覆弾
性糸の製法として、弾性糸を芯糸にして、その外周に非
弾性糸をコイル状に巻きつけたシングルカバードヤーン
(以下、「SCY」と呼ぶ)やダブルカバードヤーン
(以下、「DCY」と呼ぶ)、圧空ノズルを用いて巻き
付けたエアー交絡カバードヤーン(以下、「AJY」と
呼ぶ)、精紡工程で非弾性糸を挿入したコアースパンヤ
ーン(以下、「CSY」と呼ぶ)、弾性糸に紡績糸を撚
糸してなるツイステッドヤーン(以下、「STY」と呼
ぶ)などがある。また、これらの糸からなる複合糸とし
て、たとえば、CSYと綿糸を合撚したもの(以下、
「CTY」と呼ぶ)や、CSYの代わりに極細SCYを
精紡工程に用いたもの(以下、「CFY」と呼ぶ)など
もある。
【0018】被覆弾性糸を構成する弾性糸には、前記し
た弾性糸材料が使用できる。被覆材料としては、レーヨ
ン糸やアセテート糸、ナイロン糸、ポリエステル糸、ア
クリル糸、ポリプロピレン糸、塩化ビニル糸、生糸
(絹)などの長繊維糸、あるいは、ビスコーススフ、木
綿、麻、羊毛などの短繊維糸が例示できる。これらの糸
を用いた加工糸や混紡糸、複合糸なども使用できる。
【0019】つぎに、非弾性糸としては、上記被覆弾性
糸の被覆材料と同様の材料からなるものが使用できる。
特に、糸の性状として、メリヤス用糸や先染糸で安定し
た糸条であるものが好ましい。非弾性糸の太さは、紡績
糸では綿番手8/1〜140/1(メートル番手1/1
3.6〜1/237.2)が好ましい。フィラメント糸
の場合は、トータルデニール30〜500デニールで、
単糸デニールが0.05〜10.0デニール程度のもの
が好ましい。
【0020】上記のような糸を用いて二重丸編地を編成
する。前記した構造の丸編機において、一完全組織内
で、編成するコース毎に複数段の針列を同時または別々
に、任意のパターンで組み合わせて編成すればよい。こ
のとき、相対する針床間で編成するコースと、同じ針床
で編成するコースとを組み合わせる。具体的には、相対
する針床、たとえば、シリンダの長針または短針とダイ
ヤルの長針または短針の間で編成したり、同じ針床、た
とえば、シリンダの長針または短針だけで編成したりす
るということである。そして、少なくとも、一完全組織
を構成する複数のコースの中に、相対する針床間で編成
するコースと、同じ針床で編成するコースとが両方存在
するように編成する。相対する針床間で編成するコース
と、同じ針床で編成するコースの割合や配置は、編成し
ようとする編地組織にあわせて自由に設定できる。
【0021】相対する針床間で編成するコースでは、少
なくとも一部のコースで弾性糸を含む糸を給糸する。一
完全組織内で、相対する針床間で編成するコースのう
ち、弾性糸を含む糸が給糸されるコースが、1コースし
かなくてもよいし、複数コースあってもよく、相対する
針床間で編成するコースの全てに弾性糸を含む糸が給糸
されてもよい。相対する針床間で編成するコースのう
ち、弾性糸を含む糸が給糸されないコースは、非弾性糸
のみで編成されるコースとなる。また、同じ針床で編成
するコースでは、全てのコースで、非弾性糸のみを給糸
する。なお、後述するように、相対する針床間で編成す
るコースと、同じ針床で編成するコースの組み合わせ配
置、および、相対する針床間で編成するコースのうち、
弾性糸を含む糸を給糸するコースの割合および配置によ
って、コース方向およびウェール方向の伸縮性の大きさ
および比率が変わり、丸編地の特性や使用性能にも影響
を与えるので、目的や要求性能に合わせて、前記設定を
種々に変更する。
【0022】具体的な編成組織によっても異なるが、相
対する針床間で編成するコースのうち、弾性糸を含む糸
が給糸されるコースが多いほど、ウェール方向の伸縮性
は向上する。また、同じ針床で非弾性糸を給糸して編成
するコースが多いほど、コース方向の伸縮性が抑えられ
る。相対する針床間で弾性糸を含む糸が給糸されて編成
されたコースの編目は、連結されていることが好まし
い。弾性糸を含む糸からなる編目が連結されることで、
ウェール方向の伸縮性が格段に向上するからである。こ
のような編目の連結個所が、一完全組織内に、少なくと
も1個所存在することが望ましく、全てのコースの編目
が連結されていてもよい。
【0023】また、相対する針床間で編成するコース
で、弾性糸を単独で給糸するのではなく、弾性糸に加え
て非弾性糸を引揃えて給糸するとともに、このとき、弾
性糸が編地の裏側に配置されるようにしておけば、弾性
糸の保護が行え、編地内における弾性糸切れ、コア切れ
などの編地欠陥を回避することができる。丸編地の具体
的な編組織としては、上記のような条件を満足させるこ
とのできる編組織であれば、通常の丸編地で採用されて
いるような各種の編組織を自由に組み合わせて構成する
ことができる。たとえば、2段両面編に平編を組み合わ
せた変則インターロックやクロスミスインターロック、
シングルピケ、6口ポンチ(または変則ポンチ)、さら
に、リブ編に平編を組み合わせた交互片袋やベルギーダ
ブルピケ(または変則ダブルピケ)、バーズアイ(また
は変則バーズアイ)などが採用できる。このような編組
織の構造によっても、丸編地のコース方向およびウェー
ル方向の伸縮性が変わるとともに、質感や外観性などの
特性にも変化が生じる。
【0024】弾性糸を含む糸および非弾性糸の給糸は、
通常の丸編方法と同様に行うことができる。給糸装置と
しては、ベア弾性糸の場合は、コロガシタイプ(ROLLIN
GTAKE-OFF方式)である弾性糸積極送り出し装置を用い
る。具体的には、スウェーデンIRO/Memminger 社製IR
O/IEPFやIRO/MERなどが用いられる。被覆
弾性糸の場合には、巻溜タイプ(グリッドローラ方式)
である積極送り出し装置を用いる。具体的には、前記製
造会社製のMemminger /MPFが用いられる。
【0025】上記のような送り出し装置の、回転ローラ
の周速度と丸編機本体からの非弾性糸の給糸速度との比
が、いわゆる編込みドラフト比と呼ばれる。たとえば、
非弾性糸がIRO/TAPE上の糸速度A(m/min )で
あり、弾性糸を送り出すIRO/IEPFの回転速度B
(m/min )であれば、編込みドラフト比=A/Bとな
る。そして、この発明において、好ましい編込みドラフ
ト比は、使用する糸の組み合わせによっても異なるが、
弾性糸と非弾性糸の交編ダブルニットでは、2.5〜
4.3倍である。被覆弾性糸からなる交編ダブルニット
では、特に限定されないが、非弾性糸と同等の張力の設
定でよい。
【0026】上記したような、各糸材料および編成条件
のほかは、通常の丸編機によるダブルニット編地の編成
の場合などと同様の工程および処理条件で、この発明の
伸縮性二重丸編地が製造される。丸編機で編成された伸
縮性二重丸編地は、通常の染色仕上げ方法で仕上げるこ
とができる。具体的な方法は、使用される非弾性糸が、
合繊であるか、天然繊維を主体に構成されているかによ
って大別されるが、染色工程の基本的プロセスは大略同
じでよい。
【0027】染色工程に先立って、リラックス処理を行
うことができる。具体的な処理装置としては、精練と兼
用のソフトリラクサーの機能を有し、編地が自由に動く
ことができ、流れ移動できる機種タイプが好ましい。染
色−乾燥−仕上げセット工程が順次行われるが、アウタ
ーウェア用の生地として良好な状態を保持させるには、
丸編地を筒状のままで流す方法より、開反で流速、絞り
作用のない、張力のほとんどかからない機種を用いるな
ど、用途に応じて、適切な方法を使い分けることが望ま
しい。
【0028】上記のような方法で得られる丸編地として
は、伸縮性について、以下の条件を満足するものが好ま
しい。まず、コース方向の伸縮性は、従来の弾性糸混丸
編地よりも低目のものが好ましい。具体的には、コース
方向の伸長率が120%以下のものが、アウターウェア
やスポーツウェアに利用したときにフィット感が高ま
る。コース方向の伸長率が80%以下であれば、より好
ましい。ウェール方向の伸縮性は、従来の通常の丸編地
あるいは弾性糸混フライス編地よりも高目にしておくの
が好ましく、具体的には、伸長率を50〜200%、よ
り望ましくは100%以上にしておく。さらに、コース
方向の伸長率C%とウェール方向の伸長率W%の比が、
下式(1) を満足することが好ましい。
【0029】0.35≦C/W≦1.0 …(1) ここで、C/Wが0.35未満の場合には、伸縮性のバ
ランスが良くなく、着用時に伸び不足で着用が行い難く
なったり、シワが発生し易くなる。C/Wが1.0を超
える場合には、伸縮性が過大であるため、縫製工程に手
間が掛かったり、仕立て映えが悪くなったり、着用時の
伸長回復率が不良になる。
【0030】このような丸編地のコース方向およびウェ
ール方向の伸長率の設定は、前記した糸材料の組み合わ
せ方や編成条件によって調整することができる。この発
明で得られる伸縮性二重丸編地は、従来、弾性糸混二重
編地が使用されていた各種の用途、あるいは、大きな弾
力的復元性が要求される各種の用途その他に利用するこ
とができる。好ましい用途の具体例としては、婦人用ボ
トムスのパンツ(スラックス)、スカートなどのほか、
カジュアルウェアやスポーツウェアなどに、軽装で実用
的な服種として好適に利用することができる。
【0031】
【作用】一般的に、丸編地は、その編成組織の構造上、
コース方向への伸縮性が、ウェール方向の伸縮性よりも
高いという特性がある。また、給糸コースの一部に、弾
性糸(または被覆弾性糸。以下まとめて弾性糸と称す
る)を給糸すると、編成された弾性糸混二重編地の伸縮
性が向上することも知られている。
【0032】但し、従来の弾性糸混二重編地では、給糸
コースとして、各針床の編針に、弾性糸を単独に用いる
か、複数コース連続して弾性糸を用いることしか考えら
れていなかった。弾性糸の伸縮性を最大に活かすには、
弾性糸が出来るだけ伸縮し易い状態で編成する必要があ
るため、同じ針床の編針に弾性糸を給糸しなければなら
ないと思われていたのである。
【0033】しかし、このような従来の弾性糸混二重編
地では、コース方向のみに高い伸縮性を有する編地か、
コース方向とウェール方向の両方に同程度の高い伸縮性
を有する編地しか得ることができなかった。これに対
し、この発明では、相対する針床間で編成するコースで
は、少なくとも一部のコースで弾性糸を含む糸を給糸
し、同じ針床で編成するコースでは、非弾性糸のみを給
糸するようにして編成する。
【0034】弾性糸を含む糸が給糸されて相対する針床
間で編成するコースでは、編地が引伸ばされたときに、
弾性糸を含む糸の編目が、コース方向に大きく伸長する
と同時にウェール方向にも伸長する。外力が取り除かれ
れば、弾性糸の弾力的な復元力で、直ちに元の状態に戻
る。すなわち、コース方向およびウェール方向の両方に
良好な伸縮性を示すことになる。これは、弾性糸を含む
糸を給糸しても同じ針床で編成した場合には、それぞれ
の針床における編目長(いわゆるループヘッド長)の伸
縮が行われるだけであるが、相対する針床間で編成した
場合には、上記編目長の伸縮に加えて、相対する針床間
に亘る編糸長(いわゆるループレグ長)の大きな伸縮が
行われるので、前記したコース方向およびウェール方向
の両方向への良好な伸縮性が得られるのである。
【0035】一方、同じ針床で非弾性糸を給糸して編成
するコースでは、非弾性糸自体には伸縮性がなく、前記
した編糸長の大きな伸縮もないので、比較的小さな伸縮
しか行えない。また、従来の弾性糸を用いない丸編地と
同様に、主にコース方向への伸縮性を示すことになる。
前記のような、コース方向およびウェール方向の両方に
大きな伸縮性を有する弾性糸を含む糸が給糸されるコー
スと、あまり伸縮しない非弾性糸が給糸されるコースと
が組み合わされていると、コース方向では、伸縮の少な
いコースにより動きが規制されるので、編地全体として
の伸縮性も抑えられる。しかし、ウェール方向では、そ
れぞれのコースは別個に伸縮することができるので、非
弾性糸が給糸されるコースには伸縮性がなくても、弾性
糸を含む糸の大きな伸縮性が、編地全体としての伸縮性
を高めることになる。
【0036】その結果、丸編地全体の伸縮性は、コース
方向よりもウェール方向に大きな伸縮性を示すことにな
る。但し、コース方向にも、丸編地の編成構造自体の有
する伸縮性、および、一部に弾性糸が含まれることによ
る伸縮性があるので、ある程度の伸縮性を発揮すること
はできる。コース方向とウェール方向の両方に伸縮性を
有すると同時に、コース方向よりもウェール方向の伸縮
性が大きい編地を、前記した婦人用スラックスに利用す
る場合、スラックスの身丈方向を編地のウェール方向に
とって裁断すれば、身丈方向に十分な長さを確保するこ
とができ、生地の利用効率も向上し、編目ほつれも生じ
難くなる。丸編機の釜径を増やすことなく、通常の釜径
で編成された丸編地でも、スラックス等の身丈が十分に
確保できるので、装置コストが増大したり生産性を低下
させることなく、前記した優れた特性を発揮することが
できる。
【0037】なお、この発明では、各コースに給糸する
糸と編成組織の組み合わせによって、得られる丸編地の
特性を自由に調整することができる。たとえば、相対す
る針床間で編成されたコースの編目が、ウェール方向で
互いに連結されるようにして編成すれば、弾性糸で構成
された編目が、非弾性糸で構成された編目で規制される
ことなく自由に伸縮できるので、コース同士の間におけ
る伸縮作用が十分に発揮でき、ウェール方向の伸縮性が
より高まる。また、各々の針床の長針または短針でニッ
ト編みを行った場合には、各々の針床のみの編目が形成
され、この編目は、相対する針床間の使用編糸長よりも
短くなり、たとえ、長針と短針を合わせた全針ニット編
みであっても、相対する針床間で編成した場合の伸縮性
を超えることはできない。当然のことながら、単独の長
針または短針によるニット編みでは、全針ニット編みに
比べて、一層のこと伸縮性は小さいものとなる。これ
は、長針または短針の間に作用しない編針が存在し、丁
度浮編になるためである。さらに、全針ニット編みでな
く、長針または短針の片方にタック編みを構成しても、
同様に伸縮性は小さいものとなる。
【0038】したがって、上記のように、同じ糸を用い
ても伸縮性に違いが生じる編成組織を、適宜に組み合わ
せることによって、得られる丸編地のコース方向とウェ
ール方向の伸縮性の比率やその大きさを調整できるので
ある。また、ベア弾性糸を非弾性糸と引き揃えて給糸す
ると、耐久性に優れた非弾性糸でベア弾性糸が保護され
る形になり、糸同士が擦れ合っても、ベア弾性糸が糸切
れを起こすことがなくなる。なお、被覆弾性糸の場合
は、外周に非弾性糸が被覆されているので、非弾性糸と
引き揃えて給糸しなくても、糸切れを起こすことが少な
くなる。
【0039】
【実施例】ついで、この発明の実施例について、図面を
参照しながら以下に説明する。図1は、両面丸編機の両
面出合の針配列にて、一完全組織が6コース/リピート
で構成された変則インターロック組織の編方図を表し、
図2は、編成された編地の編成組織を表している。
【0040】図1に示すように、給糸口の1番〜3番に
長針が作用し、4番〜6番に短針が作用して給糸してい
る。給糸される糸は、1番と4番に弾性糸aを使用し、
2番、3番、5番、6番には非弾性糸bを用いている。
図2では、給糸コースC1〜C6が給糸口1〜6番にそ
れぞれ対応している。また、ウェール編目は、W1、W
3、W5が表目を構成し、W2、W4、W6が裏目を構
成している。各ウェール編目のうち、左寄りが長針で、
右寄りが短針で編成されており、通常のインターロック
と同様に、若干の編目ズレとなっている。給糸コースC
1〜C3とC4〜C6も若干編目ズレとなっている。ま
た、ウェールW2、W4、W6をみると、弾性糸aのコ
ースC1とC7およびC4とC10の各コースの編目が
互いに連結されていることが判る。なお、上記実施例に
おいて、弾性糸aを給糸した給糸口1番と4番に、弾性
糸aと非弾性糸bを引き揃えて給糸したり、被覆弾性糸
を用いたりすることも可能である。非弾性糸bは、フィ
ラメント糸、紡績糸、加工糸その他が任意に使用され
る。
【0041】つぎに、図3および図4には、図1および
図2の実施例とは、少し編成方法の異なる実施例を示し
ている。この実施例では、給糸口の1、3、5番に長針
が作用し、給糸口の2、4、6番に短針が作用して給糸
している。給糸される糸は、1番と4番に弾性糸aを使
用し、2番と5番に非弾性糸bを使用し、3番と6番に
は別の非弾性糸cを用いている。非弾性糸bと非弾性糸
cは、同じ糸であっても良いが、特性や素材の種類、先
染糸の色相などに差異をつけておくことで、編地の特性
および外観に独特の効果を与えることができる。図4に
おける、給糸コースC1〜C6およびウェール編目W1
〜W6の構成は、前記同様である。
【0042】以上に説明した図1、2または図3、4の
何れの実施例でも、弾性糸aが、給糸口1番で、相対す
る針床の長針により相対する針床間でニット編みされ、
給糸口4番で、相対する針床の短針により相対する針床
間でニット編みされていることより、編地の伸縮性を、
コース方向およびウェール方向の何れにも発揮すること
ができる。しかし、図1、2の実施例では、非弾性糸b
が、給糸口2、3番で同じ針床の長針のみで編成され、
給糸口5、6番でも同じ針床の短針のみで編成されてい
るため、コース方向の伸縮性が抑制される。その結果、
編地全体の伸縮性は、コース方向よりもウェール方向の
ほうが高いものとなる。図3、4の実施例では、非弾性
糸bまたは非弾性糸cが、給糸口2、3番で同じ針床の
短針のみ(非弾性糸b)または短針のみ(非弾性糸c)
でそれぞれ浮編みされ、給糸口5、6番でも同じ針床の
長針のみまたは短針のみでそれぞれ浮編みされているの
で、前記同様にコース方向の伸縮性が抑制され、コース
方向よりもウェール方向の伸縮性が高くなる。
【0043】また、編地の表裏では、表面には非弾性糸
が現出するために素材感に富むものとなり、裏面には弾
性糸が配されるので良好な伸縮性を発揮できる編地とな
る。なお、図1、2および図3、4の両実施例で、糸使
いを同じにした場合、編成された丸編地は、前記編成組
織の違いによって、図1、2の実施例が図3、4の実施
例よりも、嵩高性がやや大きくなるなどの特性の違いが
生じる。
【0044】図5には、両面丸編機およびフライス丸編
機のリブ出合の針配列にて、一完全組織6コース/リピ
ートで構成された交互片袋の編方図を示している。給糸
口の1番で、相対する針床の長針が作用し、2、3番で
は、それぞれ同じ針床の長針および短針が作用し、4番
では、相対する針床の短針が作用し、5、6番では、そ
れぞれ同じ針床の長針および短針が作用して給糸してい
る。給糸される糸は、1番および4番が弾性糸aであ
り、2番および5番が非弾性糸b、3番および6番が非
弾性糸cである。
【0045】この実施例で得られる編地は、前記図1、
2または図3、4の実施例と同一の糸使いの場合、この
実施例のほうが、コース方向およびウェール方向の両方
とも伸縮性が大きくなるとともに、コース方向とウェー
ル方向の伸縮性のバランスが良くなる。嵩高性や地厚感
にも富んだ編地になる。なお、編地の表裏で、一面には
吸湿性糸を、他面には合繊糸を現出させるようにすれ
ば、肌触りの良い吸湿性に富んだ編地が得られる。
【0046】図6には、図5の実施例と少し異なる実施
例として、変則ダブルピケ組織を編成する場合の編方図
を表している。給糸口の1番で、相対する針床のうち、
上釜では長針のみ、下釜では全針が作用し、給糸口2番
で上釜の短針のみ、給糸口3番で上釜の長針のみが作用
し、給糸口4番で、相対する針床のうち、上釜では短針
のみ、下釜では全針が作用し、給糸口5番で上釜の長針
のみ、給糸口6番で上釜の短針のみが作用して給糸して
いる。給糸される糸は、1番および4番では、弾性糸a
と非弾性cを引揃えて使用し、2番および5番では非弾
性糸b、3番および6番では非弾性糸cを用いている。
非弾性糸bとcを、別の色相で構成し、互いの色が補色
の関係になるように配色しておくと玉虫調の編地が編成
できる。また、ブルーとオフ白とを配色すれば、デニム
調になる。
【0047】この実施例の編地は、ウェール方向に大き
な伸縮性を有し、幅広でソフトかつ張り腰のある重厚な
編地を得ることができる。図7には、両面丸編機の両面
出合の針配列にて、一完全組織が6コース/リピートで
構成されたクロスミスインターロック組織の編方図を表
している。給糸口の1番で相対する針床の長針が作用
し、給糸口2番で相対する針床の短針が作用し、給糸口
3番で下釜の長針のみが作用し、給糸口4番で相対する
針床の短針が作用し、給糸口5番で相対する針床の長針
が作用し、給糸口6番で下釜の短針のみが作用して給糸
している。給糸される糸は、1番と5番が非弾性糸b、
3番と6番が非弾性糸cであり、2番と4番には、弾性
糸aと非弾性糸bを引揃えて用いている。
【0048】図8には、図7の実施例を少し変更した変
則6口ポンチ組織の編方図を表している。給糸口の1番
と3番で相対する針床の長針が作用し、給糸口2番と4
番で相対する針床の短針が作用し、給糸口5番で上釜の
長針のみが作用し、給糸口6番で上釜の短針のみが作用
して給糸している。ここで、3番および4番の上釜の編
針の位置はタック位置になっている。給糸される糸は、
1番と3番が非弾性糸b、5番と6番が非弾性糸cであ
り、2番と4番には、弾性糸aと非弾性糸bを引揃えて
用いている。
【0049】前記図7の実施例と図8の実施例を比較す
ると、同一の糸使いであれば、図7の実施例のほうが図
8の実施例よりも伸縮性が大きくなるが、嵩高性は小さ
く幅狭である。図7および図8の実施例を、前記図1、
2および図3、4の実施例と比べると、伸縮性が小さ
く、コース方向とウェール方向の伸縮性の比は小さくな
る。
【0050】さらに、前記図7の実施例において、給糸
口1番と5番にも、給糸口2番、4番と同様に、弾性糸
aと非弾性糸bまたはcを引揃えて給糸すれば、図7お
よび図8の実施例よりも、伸縮性を高めることができ
る。図8の実施例で、給糸口1番と3番に、給糸口2
番、4番と同様に、弾性糸aと非弾性糸bまたはcを引
揃えて給糸しても、同様の効果を挙げることができる。
【0051】つぎに、この発明の実施例と構成および性
能の違いを比較するための比較例を、図10および図1
1に表している。図10には、両面丸編機の両面出合の
針配列にて、一完全組織が6コース/リピートで構成さ
れた逆クロスミスインターロックの編方図を表してい
る。給糸口の1番で相対する針床の長針が作用し、給糸
口の2番で相対する針床の短針が作用し、給糸口の4番
および5番では、1番および2番の作用針がそれぞれ逆
に作用し、給糸口の3番で上釜の長針が作用し、給糸口
の6番で上釜の短針が作用して給糸している。給糸され
る糸は、1〜6番の全ての給糸口で非弾性糸bを用いる
とともに、3番および6番のみには、弾性糸aと非弾性
糸bを引揃えて使用している。したがって、相対する針
床間に供給される糸は、非弾性糸のみで弾性糸は全く含
まれない。
【0052】この比較例で得られる編地は、コース方向
の伸縮性がウェール方向の伸縮性よりも大きくなる。ま
た、ウェール方向の伸縮性は、弾性糸aを用いない通常
の丸編地に比べても、ほとんど増えない。図11には、
フライス丸編機のリブ出合の針配列にて、一完全組織1
コース/リピートで構成された2×1テレコ(針抜きリ
ブ)組織の編方図を表している。
【0053】図には、給糸口1〜4番を表しているが、
何れの給糸口も同じであり、相対する針床の全針が作用
して給糸する。針配列は、上下釜ともに2本連続編針が
ニット位置にあり、その間で1本針抜きをしている。ま
た、上釜と下釜の相対する位置では、一方で2本連続し
て編針を配すれば、他方で1本針抜きをするように、互
いに逆に配置されるようにしている。給糸される糸は、
弾性糸aと非弾性糸bを引揃えて使用している。
【0054】この比較例で得られる編地は、コース方向
とウェール方向の両方ともに大きな伸縮性を有するもの
となる。したがって、縦横両方向に大きな伸縮性を必要
とする用途には適したものとなるが、前記した婦人用ス
ラックスなどに用いた場合には、コース方向の伸縮性が
大きくなりすぎ、コース方向とウェール方向の伸縮性の
バランスが悪いため、着用時のシルエットが綺麗に出な
いなどの欠点が生じる。
【0055】つぎに、前記した各実施例および比較例の
編地を実際に製造して、その特性を比較評価した。な
お、伸縮性の評価方法としては、JIS L1096−
1990 6、14、1の伸長率B法(定荷重1.5kg
f )に準拠した。タテ・ヨコ方向の荷重1分間後の伸長
率%を伸長回復率B−1法(定荷重1.5kgf )で測定
するとともに、除重1時間後の伸長回復率%を求めた。
【0056】−実施例1− 図1および図2に該当する実施例である。非弾性糸b
に、ポリエステルフィラメント糸135−30−B20
Z(東レ株式会社製、DTY加工糸)を用いた。弾性糸
aとして、S775WT(「オペロン」70デニール、
タイプ127;東レ・デュポン株式会社製ポリウレタン
弾性糸を芯糸にして、鞘糸「テトロン」DTY75−2
4−W20S;東レ株式会社製を、シングルカバーリン
グ撚糸機で、より数500T/M、Zより、ドラフト倍
率3.2倍で被覆してなるSCY)の被覆弾性糸を用い
た。22ゲージ両面丸編機(I3P;ドイツ、テロット
社製)を使用して、図1の編方図にしたがって編成を行
った。
【0057】得られた丸編地の生機に、80℃×30分
の精練処理を行った後、幅出し率5%の乾熱セット、1
75℃×25秒のプレセットを行った。引き続き、染色
仕上げとして、液流型染色機で、125℃、45分間の
染色を行い、さらに、170℃×30秒の仕上げセット
を行った。その結果、仕上げ幅135cm、目付275g/
m の後染品が得られた。
【0058】得られた丸編地の特性は、表1に示すとお
りであり、コース方向およびウェール方向の両方に適度
な伸縮性を有するとともに、ウェール方向の伸縮性がコ
ース方向の伸縮性よりもはるかに大きいという特性を有
するものであった。この編地を用いて、紳士用および婦
人用のスラックス(パンツ)を裁断縫製し、得られた製
品を試着評価してみたところ、屈伸時に十分な伸びを示
すとともに、「膝抜け」などの問題も生じず、良好なシ
ルエットを維持することができた。
【0059】−実施例2、3− 図7に該当する実施例である。非弾性糸b、cとして、
ウーリーナイロン糸110−34−5000(神戸生糸
株式会社製、仮より加工糸)を用いた。弾性糸aとし
て、被覆弾性糸S450c(前出の「オペロン」40デ
ニール、タイプ127cを芯糸に、鞘糸ウーリーナンロ
ン糸50−17−5000(前記社製)を、シングルカ
バーリング撚糸機で、より数650T/M、Zより、ド
ラフト倍率3.4倍で被覆したSCY)を用いた。20
ゲージ両面丸編機(M−48;大隅モラート社製)を用
いて、図7の編方図にしたがって編成を行った。なお、
実施例2では、図7と全く同じように、弾性糸aを給糸
口2番および4番に用いたのに対し、実施例3では、給
糸口1番、2番、4番、5番に、弾性糸aを用いた。し
たがって、実施例3では、実施例2の2倍の弾性糸aを
使用していることになる。
【0060】得られた丸編地の生機に、70℃×30分
の精練処理を行った後、170℃×30秒のプレセット
を行い、ウインス型染色機で、96%×60分間の染色
加工を行い、その後、乾燥および仕上げセットからなる
仕上げ工程を行った。得られた丸編地の特性は、表1の
とおりであり、これらの編地から婦人用スラックス(ス
リムパンツ仕立て)を製造したところ、何れの実施例で
も、フィット性が良好で、着用時の運動快適性、体型の
補正機能(ヒップアップ)などに加えて、股上の部位に
ヨコ方向のシワがほとんど入らず、外観性のきわめて良
い商品が得られた。
【0061】−実施例4− 図6に該当する実施例である。非弾性糸cとして、ウー
リーナイロン糸70/2−34−205(登録商標「ア
ストラレン」、東レ・テキスタイル株式会社製、仮より
−湿熱セット)を用い、非弾性糸bとして、綿糸30s
コーマーを用いた。弾性糸aには、前記「オペロン」1
05デニール、タイプ127cを用いた。19ゲージフ
ライス丸編機(LIL、OKK−西田製)を用い、図6
の編方図にしたがって編成した。
【0062】得られた丸編地の生機を、前記実施例2、
3と同様の方法で染色加工した。但し、ナイロン糸片染
で、綿糸は白残しとした。得られた丸編地の特性は、表
2のとおりであり、やや地厚で、張り腰のある編地が得
られた。外衣として利用したところ、婦人・児服の上下
に好適で、いわゆるニットデニム感のあるものがあっ
た。
【0063】−実施例5− 非弾性糸として、実施例4と同様のウーリーナイロン糸
110−34−205を3色(ダークブルー、グレー、
ブラウン)に先染めしたものを用いた。弾性糸として、
前記同様の「オペロン」140デニール、タイプ127
cを用いた。24ゲージ・ドラムジャカード付き両面丸
編機(OVJA−36、ドイツMAYER&Cie 製)で、一完
全組織6コース/リピートのバーズアイ組織を編成し
た。図9に編方図を示している。非弾性糸の配色は、給
糸口1番と4番にダークブルーを、給糸口2番と5番に
グレーを、給糸口3番と6番にブラウンを配した。さら
に、弾性糸を、給糸口1番と4番に給糸した。前記バー
ズアイ組織で、給糸口1番と4番は、相対する針床間で
編成するコースとなる。
【0064】得られた生機は、70℃×45分間の精練
処理を行った後、整理仕上げを行った。得られた編地の
特性を表2に示しており、中肉で張り腰があり、タテ伸
びを有する丸編地が得られた。この編地から、婦人用ス
ラックス(パンツ)を裁断縫製して製造したところ、ソ
フト感が抜群に良好でフィット性が良く、外観が優美で
格調の高い製品が得られた。
【0065】−実施例6− 非弾性糸として、ポリエステルフィラメント糸とレーヨ
ン糸の複合糸125デニール(東洋紡績株式会社製;新
合繊「ソシオ」登録商標)を用いた。弾性糸として、被
覆弾性糸S450WT(実施例1と同様の手法で、ポリ
エステル糸を用いて得られたSCY)を用いた。実施例
2、3と同じ丸編機を用い、一完全組織8コース/リピ
ートで構成された2×2ツイル(別名フランス綾)組織
を編成した。給糸口1番、3番、5番、7番では、相対
する針床間に弾性糸を給糸し、給糸口2番、4番、6番
では、下釜のみで非弾性糸をニット編みさせた。
【0066】得られた生機に対して、染色加工仕上げと
して、85℃×30分間の精練/リラックス処理を行
い、175℃×20秒のプレセットを行い、ロコ型液流
染色機(日本染色機製)を用いて無地染で125℃×4
5分間の染色を行った。引き続き、乾燥、仕上げセット
を行った。得られた編地の特性を表2に示しており、こ
の編地は、やや地薄で、ソフトな風合いを有し、編地の
外観は左上がりの綾線を表し、色相感は杢調を有し深み
のあるものであった。この編地は、婦人用ボトムスに好
適なものである。
【0067】−比較例1− 図8の実施例に示した編成組織で、糸使いを一部変更し
た場合である。非弾性糸として、ウーリーテトロン糸7
5−36−W20Z(東レ株式会社製、DTY加工糸)
を用いた。弾性糸には、実施例4と同じ「オペロン」弾
性糸を用いた。19ゲージ×30”φフライス丸編機
(東製作所製)を用い、基本的には図8の編方図にした
がうとともに、糸の給糸を、給糸口1番と2番、4番、
5番に非弾性糸を供給し、給糸口3番と6番に弾性糸を
供給した。
【0068】得られた生機に対する染色加工および仕上
加工は、実施例1と同様に行った。得られた編地の特性
を表3に示している。この編地は、従来の弾性糸を用い
ない通常の丸編地に比べて、ヨコ方向(コース方向)の
伸長率が倍増したが、タテ方向(ウェール方向)につい
ては、あまり変化がなかった。この編地で、婦人用スラ
ックス(スリムパンツ仕立て)を製造したところ、着用
時のフィット感は比較的良かったが、1日着用後の外観
をみると、屈伸時の回復が不良で、いわゆる「膝抜け」
が発生していた。
【0069】−比較例2− 実施例2と同じ糸を用い、22ゲージ両面丸編機(西尾
機械株式会社製)をリブ出合の針配列にして、基本的に
図5の編方図にしたがって編成を行った。但し、給糸
は、給糸口1番、3番、4番、6番に、非弾性糸を給糸
し、給糸口2番、5番に被覆弾性糸を給糸した。したが
って、弾性糸が、同じ針床で編成するコースに給糸さ
れ、相対する針床間で編成するコースには非弾性糸のみ
が給糸されることになる。
【0070】編成後の染色加工工程は実施例2、3と同
じであった。得られた編地の特性を表3に示している。
この編地で、婦人用スラックスを製造したところ、フィ
ット性は良好ながら、外観はパンツらしくなく、いわゆ
るスパッツ・タイツ風であり、股上の部位にヨコ方向に
複数の大きなシワが発生していた。
【0071】−比較例3− 図10に該当する比較例である。実施例1と同じ糸およ
び丸編機を用いて、図10の編方図にしたがって編成を
行った。生機の染色加工も、実施例1と同じであった。
得られた編地の特性を表3に示している。この編地は、
ウェール方向の伸縮性がほとんどなく、婦人用スラック
スなどには到底使用できない。
【0072】−比較例4、5− 図11に該当する比較例である。非弾性糸bには、綿糸
30sを用いた。弾性糸aには、比較例4では、綿CS
Y40d/30s(日東紡績株式会社製。芯糸に「オペ
ロン」40デニール、タイプ127を用い、鞘部繊維に
インド綿/長綿使いで紡出番手30sを用いた被覆弾性
糸)を用い、比較例5では、「オペロン」40デニー
ル、タイプ127を用いた。比較例1と同じ丸編機で、
図11の編み方図にしたがって編成を行った。但し、比
較例4では、給糸口1番には非弾性糸bのみを給糸する
とともに、給糸口2番には弾性糸aのみを給糸し、非弾
性糸bと弾性糸aを交互に配した。比較例5では、図の
とおり、非弾性糸bと弾性糸aを引き揃えて給糸口に給
糸した。
【0073】生機の染色加工仕上げは、実施例2、3と
同じであった。得られた編地の特性を表4に示してい
る。この編地で婦人用スラックスを製造したところ、比
較例1と大略同じ程度の性能しか発揮できなかった。
【0074】
【表1】 ───────────────────────── 実施例1 実施例2 実施例3 ───────────────────────── 仕上り幅 cm 135 124 121 目付け g/m 275 305 318 伸長率 %: コース方向C 68 60 79 ウェール方向W 120 134 165 C/W 0.57 0.45 0.48 伸長回復率 %: コース方向 86.2 86.3 90.5 ウェール方向 92.1 88.3 84.7 ─────────────────────────
【0075】
【表2】 ───────────────────────── 実施例4 実施例5 実施例6 ───────────────────────── 仕上り幅 cm 134 145 132 目付け g/m 370 345 250 伸長率 %: コース方向C 48 51 80 ウェール方向W 118 140 110 C/W 0.41 0.36 0.73 伸長回復率 %: コース方向 90.7 92.1 74.6 ウェール方向 89.6 93.8 83.4 ─────────────────────────
【0076】
【表3】 ───────────────────────── 比較例1 比較例2 比較例3 ───────────────────────── 仕上り幅 cm 110 125 118 目付け g/m 240 318 260 伸長率 %: コース方向C 160 122 92 ウェール方向W 40 9 48 C/W 4.00 13.2 1.92 伸長回復率 %: コース方向 82.5 68.2 88.5 ウェール方向 90.4 72.9 84.3 ─────────────────────────
【0077】
【表4】
【0078】
【発明の効果】以上に述べた、この発明にかかる伸縮性
二重丸編地の製造方法は、相対する針床間で編成するコ
ースと、同じ針床で編成するコースとで、給糸する糸の
構成を前記特許請求の範囲に記載された組み合わせに設
定しておくことにより、得られた丸編地が、コース方向
とウェール方向の両方に適度な伸縮性を有するととも
に、ウェール方向の伸縮性がコース方向の伸縮性より
も、かなり大きくなるという特性を示す。
【0079】その結果、婦人用スラックス生地に要求さ
れる、タテ・ヨコ方向への適切な伸縮性のバランスを備
えた丸編地を提供することができる。しかも、婦人用ス
ラックスなどで、高い伸縮性を要求される身丈方向を、
長さに余裕のあるウェール方向にとることができるの
で、編地を無駄なく有効に利用して、各種の製品を得る
ことが可能になる。
【0080】この発明で得られた編地を、各種のカジュ
アルウェアなどのアウターウェア、特に婦人用スラック
スなどのボトムス(パンツ)に利用すれば、着用時の歩
行や屈伸に合わせて弾力的に変形して快適な動作を可能
にし、体に適度にフィットするとともに、長い間着用し
ていたり、繰り返し着用したりしても、「膝抜け」やシ
ワが生じたままにならず、長期間にわたって、良好な外
観を表現することができる。しかも、従来のスポーツウ
ェアなどのように、実用性のみを強調した野暮ったい感
じの服ではなく、縫製時のシルエットを維持して、体型
による崩れを防ぐことができ、格調が高く、高級ニット
のイメージを創出することが可能になる。
【図面の簡単な説明】
【図1】 この発明の実施例を表す伸縮性二重丸編地の
編方図
【図2】 図1の編方で得られる編地の編成組織図
【図3】 別の実施例を表す伸縮性二重丸編地の編方図
【図4】 図2の編方で得られる編地の編成組織図
【図5】 別の実施例を表す伸縮性二重丸編地の編方図
【図6】 別の実施例を表す伸縮性二重丸編地の編方図
【図7】 別の実施例を表す伸縮性二重丸編地の編方図
【図8】 別の実施例を表す伸縮性二重丸編地の編方図
【図9】 別の実施例を表す伸縮性二重丸編地の編方図
【図10】 比較例を表す丸編地の編方図
【図11】 別の比較例を表す丸編地の編方図
【符号の説明】
a 弾性糸 b、c 非弾性糸

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 相対する一対の針床を備えた丸編機を用
    い、一完全組織内で、相対する針床間で編成するコース
    と、同じ針床で編成するコースとを組み合わせ、相対す
    る針床間で編成するコースでは、少なくとも一部のコー
    スで弾性糸を含む糸を給糸し、同じ針床で編成するコー
    スでは、非弾性糸のみを給糸するようにして編成するこ
    とを特徴とする伸縮性二重丸編地の製造方法。
  2. 【請求項2】 請求項1の方法において、弾性糸とし
    て、構成デニールが20デニール以上であるポリウレタ
    ン弾性糸を用いる伸縮性二重丸編地の製造方法。
  3. 【請求項3】 請求項1または2の方法で製造された伸
    縮性二重丸編地。
  4. 【請求項4】 請求項3の丸編地において、コース方向
    の伸長率が80%以下であり、コース方向の伸長率C%
    とウエール方向の伸長率W%の比が下式で表される伸縮
    性二重丸編地。 0.35≦C/W≦1.0
JP5283763A 1993-11-12 1993-11-12 伸縮性二重丸編地の製造方法および伸縮性二重丸編地 Pending JPH07138850A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5283763A JPH07138850A (ja) 1993-11-12 1993-11-12 伸縮性二重丸編地の製造方法および伸縮性二重丸編地

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5283763A JPH07138850A (ja) 1993-11-12 1993-11-12 伸縮性二重丸編地の製造方法および伸縮性二重丸編地

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH07138850A true JPH07138850A (ja) 1995-05-30

Family

ID=17669807

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5283763A Pending JPH07138850A (ja) 1993-11-12 1993-11-12 伸縮性二重丸編地の製造方法および伸縮性二重丸編地

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH07138850A (ja)

Cited By (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101247071B1 (ko) * 2012-04-10 2013-03-25 선중 강 스판과 원사로 제직된 더블 니트 스판 자카드 원단, 이의 제직방법 및 이의 제직에 사용되는 자카드 형성용 더블 실린더형 환편기
CN104452071A (zh) * 2014-12-02 2015-03-25 江南大学 筒形双轴向纬编三维针织结构的编织方法和设备
JP3217108U (ja) * 2017-05-05 2018-07-19 達紡企業股▲フン▼有限公司 両面弾性生地の製造システム
JP2019037113A (ja) * 2017-08-18 2019-03-07 村山 修 既設の石炭使用の火力発電装置からco2を発生させないで発電することを特徴とする発電装置。
KR20190128076A (ko) * 2017-05-02 2019-11-14 나이키 이노베이트 씨.브이. 튜브형-자카드 니트 구조를 갖는 상체 의복
WO2020158898A1 (ja) * 2019-02-01 2020-08-06 旭化成株式会社 緯編地
US10912340B2 (en) 2017-05-02 2021-02-09 Nike, Inc. Upper-torso garment with tubular-jacquard knit structure
US10920345B2 (en) 2017-05-02 2021-02-16 Nike, Inc. Upper-torso garment with three-dimensional knit structures
EP3779006A1 (en) * 2019-08-14 2021-02-17 Hanes France SAS Compression hosiery
JPWO2021106165A1 (ja) * 2019-11-28 2021-06-03
US11118288B2 (en) 2017-05-02 2021-09-14 Nike, Inc. Upper-torso garment with tubular-jacquard knit structure
US11142854B2 (en) 2018-10-03 2021-10-12 Nike, Inc. Upper-torso garment with three-dimensional knit structures
CN113969457A (zh) * 2021-11-12 2022-01-25 广东溢达纺织有限公司 一种纬编双面四面弹面料及其制备方法
US11484068B2 (en) 2015-11-03 2022-11-01 Nike, Inc. Flat-knit support garment for upper torso

Cited By (30)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101247071B1 (ko) * 2012-04-10 2013-03-25 선중 강 스판과 원사로 제직된 더블 니트 스판 자카드 원단, 이의 제직방법 및 이의 제직에 사용되는 자카드 형성용 더블 실린더형 환편기
CN104452071A (zh) * 2014-12-02 2015-03-25 江南大学 筒形双轴向纬编三维针织结构的编织方法和设备
US11484068B2 (en) 2015-11-03 2022-11-01 Nike, Inc. Flat-knit support garment for upper torso
US11486068B2 (en) 2017-05-02 2022-11-01 Nike, Inc. Upper-torso garment with three-dimensional knit structures
US11118288B2 (en) 2017-05-02 2021-09-14 Nike, Inc. Upper-torso garment with tubular-jacquard knit structure
US11788217B2 (en) 2017-05-02 2023-10-17 Nike, Inc. Upper-torso garment with three-dimensional knit structures
US11560654B2 (en) 2017-05-02 2023-01-24 Nike, Inc. Upper-torso garment with tubular-jacquard knit structure
KR20190128076A (ko) * 2017-05-02 2019-11-14 나이키 이노베이트 씨.브이. 튜브형-자카드 니트 구조를 갖는 상체 의복
US10912340B2 (en) 2017-05-02 2021-02-09 Nike, Inc. Upper-torso garment with tubular-jacquard knit structure
US10920345B2 (en) 2017-05-02 2021-02-16 Nike, Inc. Upper-torso garment with three-dimensional knit structures
US11225735B2 (en) 2017-05-02 2022-01-18 Nike, Inc. Upper-torso garment with tubular-jacquard knit structure
JP3217108U (ja) * 2017-05-05 2018-07-19 達紡企業股▲フン▼有限公司 両面弾性生地の製造システム
JP2019037113A (ja) * 2017-08-18 2019-03-07 村山 修 既設の石炭使用の火力発電装置からco2を発生させないで発電することを特徴とする発電装置。
US11142854B2 (en) 2018-10-03 2021-10-12 Nike, Inc. Upper-torso garment with three-dimensional knit structures
CN115287810A (zh) * 2019-02-01 2022-11-04 旭化成株式会社 纬编针织物
CN113474501A (zh) * 2019-02-01 2021-10-01 旭化成株式会社 纬编针织物
CN115287810B (zh) * 2019-02-01 2024-04-19 旭化成株式会社 纬编针织物
WO2020158898A1 (ja) * 2019-02-01 2020-08-06 旭化成株式会社 緯編地
JP6759490B1 (ja) * 2019-02-01 2020-09-23 旭化成株式会社 緯編地
US11535964B2 (en) 2019-02-01 2022-12-27 Asahi Kasei Kabushiki Kaisha Weft knit fabric
JP2020193430A (ja) * 2019-02-01 2020-12-03 旭化成株式会社 緯編地
EP3779006A1 (en) * 2019-08-14 2021-02-17 Hanes France SAS Compression hosiery
WO2021028090A1 (en) * 2019-08-14 2021-02-18 Hanes France Sas Compression hosiery
CN114901881A (zh) * 2019-08-14 2022-08-12 恒适法国联合股份公司 压力袜类
CN114901881B (zh) * 2019-08-14 2024-03-08 Dbi运营欧洲股份有限公司 压力袜类
US11739449B2 (en) 2019-11-28 2023-08-29 Asahi Kasei Advance Corporation Three-dimensional elastic circular knitted fabric
JPWO2021106165A1 (ja) * 2019-11-28 2021-06-03
WO2021106165A1 (ja) * 2019-11-28 2021-06-03 旭化成アドバンス株式会社 立体弾性丸編地
CN113969457A (zh) * 2021-11-12 2022-01-25 广东溢达纺织有限公司 一种纬编双面四面弹面料及其制备方法
CN113969457B (zh) * 2021-11-12 2023-10-13 广东溢达纺织有限公司 一种纬编双面四面弹面料及其制备方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
WO2020158898A1 (ja) 緯編地
JPH07138850A (ja) 伸縮性二重丸編地の製造方法および伸縮性二重丸編地
CN110438634B (zh) 一种高保形的针织衣领及其制备方法
JP2007182650A (ja) 熱融着ポリウレタン弾性繊維混用緯編地及び該緯編地を使用した衣類、並びに該緯編地の製造方法
WO2020045531A1 (ja) 緯編地
JP2007182649A (ja) 熱融着ポリウレタン弾性繊維混用緯編地及び該緯編地を使用した衣類、並びに該緯編地の製造方法
JP7198817B2 (ja) 丸編地
JP4459377B2 (ja) 筒状編地
JP5631528B2 (ja) 伸縮性編地
KR101251147B1 (ko) 편물 소재를 이용한 남성용 양복정장 제조방법 및 그 제조방법에 의해 제조된 남성용 양복정장
JP6845030B2 (ja) 経編地
JP6302608B1 (ja) ビジネスシャツ用編地
CN110172780A (zh) 一种针织物仿制的絮片及其制备方法
JP2015094044A (ja) 伸縮性編み地及び衣服
WO2019058449A1 (ja) ビジネスシャツ用編地
JP6979106B2 (ja) ビジネスシャツ用編地及びビジネスシャツ
CN220123994U (zh) 一种针织衫
JP2018154932A (ja) 起毛生地及びそれを使用してなる衣服
JP3911163B2 (ja) 伸縮性柄編地
JPH09296344A (ja) 高伸長性経編地およびその製造方法
Ray et al. Warp-Knitted Fabrics
JPH1181109A (ja) 伸縮性スウェード
JPH11323707A (ja) 両面スウェード
JP2006257588A (ja) 伸縮性経編地とその製造方法
JP4253477B2 (ja) 波型ヘム部を有する伸縮性経編地