JPH0713792Y2 - 石抜装置付籾摺機 - Google Patents

石抜装置付籾摺機

Info

Publication number
JPH0713792Y2
JPH0713792Y2 JP1989043530U JP4353089U JPH0713792Y2 JP H0713792 Y2 JPH0713792 Y2 JP H0713792Y2 JP 1989043530 U JP1989043530 U JP 1989043530U JP 4353089 U JP4353089 U JP 4353089U JP H0713792 Y2 JPH0713792 Y2 JP H0713792Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
section
sorting
wind
selecting
paddy
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP1989043530U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH02133433U (ja
Inventor
秋人 武田
哲夫 唐岩
Original Assignee
セイレイ工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by セイレイ工業株式会社 filed Critical セイレイ工業株式会社
Priority to JP1989043530U priority Critical patent/JPH0713792Y2/ja
Publication of JPH02133433U publication Critical patent/JPH02133433U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPH0713792Y2 publication Critical patent/JPH0713792Y2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】 (イ)産業上の利用分野 本考案は、石抜装置を風選部内に組込み、脱ぷ部と選別
部とで一体的に組成するところの籾摺機に関するもので
ある。
(ロ)従来の技術 上記のように石抜装置を組込んだ籾摺機なるものを、本
件出願人は、先に、実願昭63−133866号として出願済み
であるが、このものの構成はその願書に添付した明細書
および図面に記載されているように、脱ぷ部からの摺落
物が風選部内の選別風路で風選され、この風選により得
られた混合米が石抜装置に供給されて混合米中から小石
類が除去され、この除去されたものが選別部に揚上され
て玄米と籾とに選別されるようになっている。
それ故に、選別部で選別されたものを風選するには唐箕
なるものも必要になり、従来の一般的な周知の構成に石
抜装置そのものがそのまま追加されたものになって構成
が複雑化する等の欠点がある。
また、石抜装置を風選部内に組込んだもので公開された
ものとしては、特開昭61−18441号公報に記載されたも
のがある。この同公報に開示された構成によると、石抜
装置は脱ぷ部の下方に配置され脱ぷ部からの摺落物を受
けて摺落物中から小石類を除去しその除去された玄米と
籾の混合米を選別部に供給するようにしているもので、
摺落物のすべてのもの即ち籾穀などの塵埃や粃や脱ぷさ
れない籾等も石抜装置に供給されるので石抜装置にかか
る負担が大きく混入する小石類の除去が十分に行われに
くいことや、後工程の選別部で混入するなどのおそれも
あってこれを完全に払拭することができないという問題
点を有している。
(ハ)考案が解決しようとする課題 ここに提案するものは、前記の先願のものや、公開され
たものを改良して、石抜装置の圧風ファンによって起生
する風を脱ぷ部からの摺落物を風選するところの選別風
路を吹流する選別風として兼用させながら、その石抜装
置でもって選別部で選別された玄米中から小石類を除去
するとともに未熟粒も除去して仕上選別をも行なわせる
ものにして構成が複雑化するのを解消し、その構成を簡
潔なものにして、選別部で選別された玄米の仕上風選効
果をも高かめるものを提供するを目的として工夫考案さ
れたものである。
(ニ)課題を解決するための手段 本考案は、前項に記載の目的を達成するために、籾を脱
ぷする脱ぷ部と、この脱ぷ部からの摺落物を風選する風
選部と、この風選部により得られ玄米と籾の混合米を選
別する選別部を一体に組成して構成する籾摺機に、石抜
装置を組込むのに、次に記載するような技術構成のもの
にしたのである。
即ち、風選部上の前部側に脱ぷ部を後部側に選別部を配
設し、風選部の前端部に吸引排塵ファンを後部側に石抜
装置をそれぞれ内蔵するとともに、この石抜装置内の圧
風ファンと前記吸引排塵ファンとの間で脱ぷ部の下方に
摺落物を風選する選別風路を形成し、かつ前記石抜装置
の選穀板を選別風が吹流する前部側を高位にして斜設
し、その高位がわに小石類と未熟粒を取出す除去樋を、
低位がわに選別後の玄米を取出す玄米横送樋をそれぞれ
横設して、前記選別部で選別されたものを選穀板上に供
給し玄米中から小石類と未熟粒を除去する構成としたの
である。
(ホ)作用 この構成によれば、籾は脱ぷ部によって脱ぷされ、その
摺落物は石抜装置内の圧風ファンによって起生し吸引排
塵ファンに吸引される風により脱ぷ部下方の選別風路で
風選されて籾穀等の塵埃と粃類は機外に排出され、この
排出された後の玄米と籾の混合米が選別部に揚上されて
玄米と籾に選別されるのである。そして、選別部で選別
された玄米は石抜装置の選穀板上に供給され、玄米中に
混入している小石類と未熟粒は圧風ファンによって起生
して前部側に向けて吹流する選別風に助長され高位がわ
から除去樋に落下して粉塵と共にこの石抜装置で除去さ
れ、玄米は低位がわの玄米横送樋に落入して仕上風選さ
れるようになる。
(へ)実施例 以下、本考案装置を内蔵する籾摺機について実施例図を
参照して説明する。
この籾摺機は、機台(1)上に風選部(B)を設け、こ
の風選部(B)上の前部側に脱ぷ部(A)を後部側に選
別部(C)を配設し、風選部(B)と選別部(C)の側
部にわたって昇降機(D)が立設されてこれら脱ぷ部
(A).風選部(B).選別部(C).昇降機(D)が
一体的に組成されて構成されている。
脱ぷ部(A)は籾タンク(2)と一対の脱ぷロール
(3)等から成って籾を脱ぷし、風選部(B)はその前
端部に吸引排塵ファン(5)を後部側に石抜装置(S)
をそれぞれ内蔵し、この石抜装置(S)内の圧風ファン
(S1)と吸引排塵ファン(5)との間で脱ぷ部(A)の
下方に圧風ファン(S1)により起生し吸引排塵ファン
(5)に吸引される風が吹流する選別風路(4)が形成
されて脱ぷ部(A)からの摺落物を風選する構成にな
り、昇降機(D)は風選部(B)で風選後の玄米と籾の
混合米を選別部(C)に揚上するものであり、選別部
(C)は上下2段に横架された回転選別胴(12)(13)
等から成って上段のものと下段のものとでそれぞれ選別
されるようになり、この選別されたものが石抜装置
(S)に供給されて仕上風選されるとともに小石類が除
去されるようになっている。
即ち、籾タンク(2)内に投入される籾は一対の脱ぷロ
ール(3)によって脱ぷされ、その摺落物は選別風路
(4)で風選されて、籾穀等の塵埃は吸引排塵ファン
(5)から機外に排出され軽量な粃類は粃樋(6)から
取出される。またこの取出された後の玄米と籾の混合米
は混合米横送樋(7)によって昇降機(D)がわに横送
され混合米ケース(8)内から昇降機(D)の前側室内
を揚上されて混合米タンク(9)に揚上されるようにな
る。
この混合米タンク(9)内の混合米は供給樋(10)(1
1)に配分されて各供給樋(10)(11)から上下2段に
横架された回転選別胴(12)(13)内に供給されて選別
されるのである。
この2段の回転選別胴(12)(13)における選別につい
て更に追記すると、各供給樋(10)(11)からの混合米
は上下の各回転選別胴(12)(13)内を移送樋(14)
(15)によって後側に送られて回転選別胴(12)(13)
の内周面に落下し、この落下した混合米は回転選別胴
(12)(13)の内周面に無数に形成された壺穴(a)の
掬い上げ作用によって玄米は玄米樋(16)(17)にもち
上げられ玄米取出樋(18)(19)を経て風選部(B)の
後部側に導出されて石抜装置(S)に供給されるように
なる。
また、壺穴(a)の掬い上作用によって玄米から分離し
た籾は各回転選別胴(12)(13)内を前側に流動し上段
の回転選別胴(12)から流出する籾は籾樋(20)(21)
から籾タンク(2)に返され、下段の回転選別胴(13)
の籾はバケット(22)によって掬い上げられ籾樋(21)
から籾タンク(2)に返されるようになる。
そこで、石抜装置(S)について記述すると、この石抜
装置(S)は支杆(23)…に吊持されて揺動可能に設け
られた選穀板(24)と、この選穀板(24)の下側に圧風
ファン(S1)が設けられて構成され、その選穀板(24)
は選別風が吹流する前部側を高位にして斜設し、この傾
斜する選穀板(24)の高位がわには小石類と未熟粒の除
去樋(25)が低位がわには玄米横送樋(26)がそれぞれ
横設されている。
したがって、前記の玄米取出樋(18)(19)から風選部
(B)の後部側に導出される玄米は揺動する選穀板(2
4)の板面を低位がわに向けて流下する間に、その揺動
と下側から吹出する風によって玄米中に混入する小石類
は高位がわに移動し除去樋(25)に落下して除去され、
未熟粒は主としてこの風によって除去樋(25)がわに吹
き飛ばされて落入するとともに、粉塵はさらに選別風路
(4)から吸引排塵ファン(5)に吸引されて機外に排
出され、玄米は低位がわの玄米横送樋(26)に落入して
仕上風選後の小石類と未熟粒が除去されたものが昇降機
(D)がわに横送され玄米ケース(27)内から昇降機
(D)の後側室内を揚上されて機外に取出されるように
なるのである。
なお、この例図に示す籾摺機の脱ぷ部(A)における籾
タンク(2)と脱ぷロール(3)の間に装着されらシャ
ッター(28)と籾供給量調節弁(29)は主として第2図
〜第6図に示すような構成にしているのである。
先ず、シャッター(28)はこのシャッター(28)の操作
がわの下側にリミットスイッチ(30)が取着され、シャ
ッター(28)の適所にはリミットスイッチ(30)をOFF
作動させる孔(31)が穿設されて第2図と第3図のよう
にシャッター(28)が全閉.全開の状態においてはリミ
ットスイッチ(30)はOFFとなり第4図のように半開の
状態ではON作動して警報ブザー等を発し作業者に注意を
与えるようになっている。
即ち、シャッター(28)の開が不完全のときは、籾の脱
ぷロール(3)への供給量が不足して能率が上らず、シ
ャッター(28)の閉が不完全であると、このままで運転
を停止すれば脱ぷロール(3)間に籾が詰まり運転を再
開するに当って展開レバーの操作等の籾の詰まり解除の
作業が必要になるのであって、シャッター(28)の半開
という操作ミスを作業者に報知してトラブルの発生を未
然に防止するようにしている。
また、籾供給量調節弁(29)はこの弁(29)を作動させ
る制御モータ(32)を、そのモーター螺軸(33)を籾供
給量調節弁(29)の軸(34)と直交させてガイドケース
(35)内で移動自在の調節駒体(36)に螺合させるとと
もに、その調節体(36)から突設したピン(37)の先端
部を軸(34)から突出する回動アーム(38)に接当させ
ている。(39)は籾供給量調節弁(29)を下動させるよ
うに附勢するための引張スプリングである。
したがって、制御モータ(32)の正逆転によって調節駒
体(36)を介してピン(37)は(イ)の方向に移動し、
この移動によって回動アーム(38)を動作させ籾供給量
調節弁(29)は(ロ)のように上下動して脱ぷロール
(3)への籾の供給量を調節するようになる。
(ト)考案の効果 本考案は以上詳述したように、籾を脱ぷする脱ぷ部と、
この脱ぷ部からの摺落物を風選する風選部と、この風選
部により得られた玄米と籾の混合米を選別する選別部を
一体的に組成して構成する籾摺機において、風選部上の
前部側に脱ぷ部を後部側に選別部を配設し、風選部の前
端部に吸引排塵ファンを後部側に石抜装置をそれぞれ内
蔵するとともに、この石抜装置内の圧風ファンと前記吸
引排塵ファンとの間で脱ぷ部の下方に摺落物を風選する
選別風路を形成し、かつ前記石抜装置の選穀板を選別風
が吹流する前部側に高位にして斜設し、その高位がわに
小石類と未熟粒を取出す除去樋を、低位がわに選別後の
玄米を取出す玄米横送樋をそれぞれ横設して、前記選別
部で選別されたものを選穀板上に供給し玄米中から小石
類と未熟粒を除去する構成にしたのであるから、石抜装
置の圧風ファンによって起生する風が脱ぷ部下方の選別
風路を吹流する選別風を兼用して脱ぷ部からの摺落物を
風選するようになり、また、選別部で選別された玄米は
石抜装置に供給されて混入している小石類と未熟粒は粉
塵と共に除去されるのであるが、石抜装置の選穀板は選
別風が吹流する前部側を高位にして斜設し、その高位が
わから小石類と未熟粒を除去し低位がわから選別後の玄
米を取出すようにしているから、前記の圧風ファンによ
って起生し前部側に向けて吹流する選別風によって高位
がわへの選別が助長されて小石類と未熟粒を除去するも
のとなり、もって、構成の複雑化を解消しその構成を簡
潔なものにして、選別部で選別された玄米の仕上風選効
果をも高めることができるという効果がある。
【図面の簡単な説明】
図面は、本考案の実施態様を例示せるものにして、その
第1図は籾摺機全体の縦断側面図、第2図は脱ぷ部の拡
大側面図、第3図と第4図はその作用説明図であり、第
5図は脱ぷ部の装着部品の抽出斜視図、第6図は同作用
説明図である。 A……脱ぷ部、B……風選部 C……選別部、5……吸引排塵ファン S……石抜装置、S1……圧風ファン 4……選別風路、24……選穀板 25……除去樋、26……玄米横送樋

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】籾を脱ぷする脱ぷ部(A)と、この脱ぷ部
    (A)からの摺落物を風選する風選部(B)と、この風
    選部(B)により得られた玄米と籾の混合米を選別する
    選別部(C)を一体的に組成して構成する籾摺機におい
    て、風選部(B)上の前部側に脱ぷ部(A)を後部側に
    選別部(C)を配設し、風選部(B)の前端部に吸引排
    塵ファン(5)を後部側に石抜装置(S)をそれぞれ内
    蔵するとともに、この石抜装置(S)内の圧風ファン
    (S1)と前記吸引排塵ファン(5)との間で脱ぷ部
    (A)の下方に摺落物を風選する選別風路(4)を形成
    し、かつ前記石抜装置(S)の選穀板(24)を選別風が
    吹流する前部側を高位にして斜設し、その高位がわに小
    石類と未熟粒を取出す除去樋(25)を、低位がわに選別
    後の玄米を取出す玄米横送樋(26)をそれぞれ横設し
    て、前記選別部(C)で選別されたものを選穀板(24)
    上に供給し玄米中から小石類と未熟粒を除去する構成に
    したことを特徴とする石抜装置付籾摺機。
JP1989043530U 1989-04-12 1989-04-12 石抜装置付籾摺機 Expired - Lifetime JPH0713792Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1989043530U JPH0713792Y2 (ja) 1989-04-12 1989-04-12 石抜装置付籾摺機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1989043530U JPH0713792Y2 (ja) 1989-04-12 1989-04-12 石抜装置付籾摺機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH02133433U JPH02133433U (ja) 1990-11-06
JPH0713792Y2 true JPH0713792Y2 (ja) 1995-04-05

Family

ID=31556019

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1989043530U Expired - Lifetime JPH0713792Y2 (ja) 1989-04-12 1989-04-12 石抜装置付籾摺機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0713792Y2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4234560B2 (ja) * 2003-10-20 2009-03-04 セイレイ工業株式会社 米麦調製出荷設備に使用される仕上風選装置

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS645937B2 (ja) * 1982-06-08 1989-02-01 Satake Eng Co Ltd
JPS6118441A (en) * 1984-07-03 1986-01-27 Iseki Agricult Mach Stone removal apparatus of hulling machine

Also Published As

Publication number Publication date
JPH02133433U (ja) 1990-11-06

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH0713792Y2 (ja) 石抜装置付籾摺機
KR200354864Y1 (ko) 다목적 탈망기
JP3233548B2 (ja) 穀物と石屑の選別装置
JP3927328B2 (ja) 籾摺選別装置
CN208131473U (zh) 一种茶叶加工用风选除杂装置
JP3227182B2 (ja) 脱ぷ精米機における揺動選別装置
CN109701678A (zh) 大米筛选用振动清理筛
JP2546718Y2 (ja) 精選兼用粗選機の目詰り物除去装置
JP2005103438A (ja) 籾摺選別装置
KR200175649Y1 (ko) 분진배출력을 향상한 정미장치
CN112808584B (zh) 一种具有筛分功能的砻谷机
JP3883173B2 (ja) 高性能石抜き機
JP3233547B2 (ja) 穀物と石屑の選別装置
JP2565394Y2 (ja) コンバインの選別装置
CN207746120U (zh) 一种多级风选的粮食精选机
JP3666165B2 (ja) 揺動選別装置の穀粒仕切り装置
JP3286963B2 (ja) 石抜装置を内蔵した脱ぷ精米機
KR860000571Y1 (ko) 이삭탈곡을 겸한 석발기
CN2156949Y (zh) 吸式组合清理筛
JP3453802B2 (ja) 籾摺選別機の除塵装置
JP3575046B2 (ja) 籾摺選別機の選別装置
KR20220085907A (ko) 석발기가 구비된 곡물 정선장치
CN2296236Y (zh) 五分离家用碾米机
JP3804437B2 (ja) 籾摺選別機
JP2509573Y2 (ja) 石抜選穀機における石抜側の排出構造