JPH07130043A - 磁気記録再生装置 - Google Patents

磁気記録再生装置

Info

Publication number
JPH07130043A
JPH07130043A JP5294691A JP29469193A JPH07130043A JP H07130043 A JPH07130043 A JP H07130043A JP 5294691 A JP5294691 A JP 5294691A JP 29469193 A JP29469193 A JP 29469193A JP H07130043 A JPH07130043 A JP H07130043A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
reel
gear
base
bases
reproducing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP5294691A
Other languages
English (en)
Inventor
Akira Tomitaka
朗 冨高
Original Assignee
Canon Inc
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Canon Inc, キヤノン株式会社 filed Critical Canon Inc
Priority to JP5294691A priority Critical patent/JPH07130043A/ja
Publication of JPH07130043A publication Critical patent/JPH07130043A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 リール台移動式においてリール駆動用の専用
ダイレクトモータを使用せず、それでいてリール駆動系
の簡略化を図り得る磁気記録再生装置を提供する。 【構成】 リール間距離が異なる大小2種類のテープカ
セットに対応して、一対のリール台1が直線運動により
移動するようになっている。リール台1にそれぞれ係合
すると共に、アイドラ8が選択的に係合されるリールギ
ヤ4を設ける。一端5aがリール台1の回転軸1aと同
軸に回動自在に支持され、他端5bがシャーシのリール
ギヤガイド6に沿って摺動されるリールギヤレバー5を
設け、このリールギヤレバー5によりリールギヤ4を支
持する。リール台1の移動に伴い、リールギヤ4は、リ
ールギヤレバー5を介してリールギヤガイド6に沿って
移動しながら、リール台1の回転中心のまわりに相対的
に回動する。リール台1が移動しても、リールギヤ4の
位置はリール台1の位置に関係なく一定に保持されるの
で、アイドラ8の首振量や食込角度を調整する必要がな
い。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、大きさが異なる少なく
とも2種類以上のテープカセットを選択的に装着可能な
VTR等の磁気記録・再生装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、大きさ及びリール間隔が相互に異
なる複数種類(2種類以上)のカセットに対応して、リ
ール台を移動するようにした磁気記録再生装置において
は、例えば、一対のリール台を直線運動により相互に移
動させるリール台移動機構を備えている。
【0003】このリール台移動機構は、通常、リール駆
動用の専用モータを使用したリール・ダイレクトドライ
ブ方式として構成される。そして、その専用モータを搭
載したリール台ベースを、ガイドレールに沿って移動さ
せることにより、リール台は複数のテープカセットに対
応する所定位置に設定され得るようになっている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】ところでこの種の磁気
記録再生装置に対して、コンパクト化等の要請があり、
装置内には多数の部品が緻密に配置されている。しかし
ながら、従来のリール台式の磁気記録再生装置において
は、リール駆動用の専用ダイレクトモータを設けるた
め、少なくともそのモータが移動する区間のスペースを
確保する必要がある。このためかかるリール駆動用モー
タの配置に際して、スペース効率が悪化せざるを得ず、
その上、結果的にコストが高くなる等の問題があった。
【0005】なお、リール台移動式の磁気記録再生装置
において、一般的なリール台固定式と同様に、首振りギ
ヤ等を一対のリール台に選択的に係合させて、リール台
に動力を伝達する構成も考えられる。しかしながら、こ
の場合には一対のリール台の移動に伴って、両リール台
に対する首振ギヤ等の位置関係が変化してしまう。この
ため、首振ギヤ等の首振量等や食込角度を調整するため
の複雑な機構、或いは更に別の中間ギヤ等が必要になる
等、リール駆動系の構造が極めて複雑になるという問題
があった。
【0006】本発明は、リール台移動式においてリール
駆動用の専用ダイレクトモータを使用せず、それでいて
リール駆動系の簡略化を図り得る磁気記録再生装置を提
供することを目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明の磁気記録再生装
置は、リール間距離が異なる複数種類のテープカセット
に対応して、一対のリール台が直線運動により移動する
ようになっているが、特に上記一対のリール台にそれぞ
れ係合すると共に、アイドラが選択的に係合される一対
のリールギヤを設け、上記複数のテープカセットに対応
するリール台位置にて、上記アイドラに対する上記両リ
ールギヤの位置を略一定に保持するリール位置保持手段
を設けたものである。
【0008】また、本発明の磁気記録再生装置は、前記
リールギヤが、リール台の移動時にリール台回転中心の
まわりに相対的に回動することにより、その位置調整が
行われるようにしたものである。
【0009】また、本発明の磁気記録再生装置は、前記
リールギヤが、リール台の移動方向に対して、直交する
方向に直線運動することにより、その位置調整が行われ
るようにしたものである。
【0010】
【作用】本発明によれば、一対のリール台にそれぞれ常
時係合してこれに動力を伝達するための一対のリールギ
ヤと、その回転方向により両リール台を選択的に駆動さ
せるアイドラとが設けられる。アイドラは、両リールギ
ヤと選択的に係合することにより、両リール台への動力
伝達を可能にする。リール台の移動に伴い、リール位置
保持手段によってリールギヤは、リール台の回転中心の
まわりに回動し、又はリール台の移動方向と直交する方
向に移動する。これにより、リール間距離が異なるカセ
ットを装着すべくリール台が移動しても、リールギヤの
位置は略同一となり、アイドラ及びリールギヤの間隔
は、リール台の位置に関係なく一定に保持される。
【0011】従って、リール駆動用の専用ダイレクトモ
ータを使用せずに、アイドラによりリール台に動力を伝
達する構成でありながら、リールギヤに対するアイドラ
の移動量や食込角度を調整するための複雑な機構、或い
は更に別の中間ギヤ等は必要なく、リール駆動系の構造
が簡略化される。
【0012】
【実施例】以下、図1乃至図3に基づき、本発明による
磁気記録再生装置の第一実施例を説明する。なお、本実
施例を説明するにあたり、情報を記録又は再生するため
のヘッドを備えたロータリドラム及びこれにテープを巻
装するガイド等については、周知のものを使用すること
により達成することができるので、以下、本発明の特徴
的な部分に関する実施例について説明するものとする。
【0013】ここで先ず、図1は、小テープカセット
(図示せず)の装着時に対応するリール位置(以下、
「小カセットリール位置」という)の状態を、また図2
は、小カセットリール位置から大テープカセット(図示
せず)の装着時に対応するリール位置(以下、「大カセ
ットリール位置」という)への移行途中の状態を、そし
て図3は、大カセットリール位置の状態をそれぞれ示し
ている。
【0014】図1〜図3において、1はリール台、2は
図示されていないシャーシに固定されたリール台レール
3に沿って摺動自在に支持されているリール台ベース、
4はリール台1に対して動力を伝達するためのリールギ
ヤ、5はその一端5aにてリール台1の回転軸1aと同
軸に回動自在に支持されたリールギヤレバー、6はリー
ル台1の移動範囲の中間位置にて、その移動方向に対し
て直交する方向に沿ってシャーシに設けられたリールギ
ヤガイドである。リールギヤレバー5の他端5bは、リ
ールギヤ4の回転軸と同軸で、リールギヤガイド6に沿
って摺動し得るように構成されている。
【0015】また、7は図示されていないモータの駆動
力をリール台1へ伝達するドライブギヤ、8は例えばフ
ェルトクラッチを内蔵し、ドライブギヤ7の回転方向に
応じて揺動(首振り)して一対のリール台1に対して選
択的に動力を伝達させ得るようにしたアイドラのアイド
ルギヤである。
【0016】本発明の第一実施例において、リール台1
が、小カセットリール位置(図1)から大カセットリー
ル位置(図3)へ移動する場合、リール台ベース2が矢
印A方向に移動するのに伴い、リールギヤレバー5の一
端5aもそのA方向に移動する。またこのリールギヤレ
バー5の一端5aの移動に対応して、その他端5bは、
リールギヤガイド6に沿って矢印B方向に摺動して(図
1参照)、図2に示した移行途中の状態となる。
【0017】そしてリール台1の移動範囲のほぼ中間位
置にて、リールギヤレバー5の他端5bは、B方向とは
反対の矢印C方向に移動し始める(図2)。リール台1
が更に矢印A方向に移動して、大カセットリール位置に
到達するまで、該他端5bは、矢印C方向に移動する。
そして図3に示したようにその大カセットリール位置に
て、リールギヤレバー5の他端5b、即ちリールギヤ4
は、小カセットリール位置と同位置で停止する。尚、リ
ール台1が、大カセットリール位置から小カセットリー
ル位置へ移動する場合には、上記とは逆の動作により行
われる。
【0018】このようにリール台1の位置が、カセット
種類(大小テープカセット)により変化しても、そのリ
ール台1と噛合するリールギヤ4及びドライブギヤ7の
位置は一定に保持される。従って、アイドルギヤ8の首
振量やリールギヤ4に対する食込角度をカセット種類に
対応して変化させる必要がなくなり、そのための機構,
構成を省略することができる。尚、上記第一実施例にお
いては、リール台1の移動に伴って、リールギヤレバー
5を介してリールギヤ4がリール台回転中心のまわりに
相対的に回動して位置調整が行われるので、特にリール
ギヤ4の周辺の構造を簡素化することができる。
【0019】次に図4乃至図6を参照して、本発明によ
る磁気記録再生装置の第二実施例を説明する。尚、第一
実施例の場合と実質的に同一部材には同一符号を用いる
ものとする。
【0020】図4は、小カセットリール位置の状態を、
また図5は、小カセットリール位置から大カセットリー
ル位置への移行途中の状態を、そして図6は、大カセッ
トリール位置の状態を、それぞれ示している。本実施例
において、リール台ベース12は、リール台1の回転軸
1aと同心のR部12aを有している。またリールギヤ
4を回転自在に支持するリールギヤベース15は、リー
ルギヤガイド6に沿って摺動し得るが、リール台ベース
12のR部12aと常時当接するようになっている。更
にリールギヤガイド6の延長線上にてシャーシに設けら
れた回転止め9と、リールギヤベース15をリール台ベ
ース12のR部12aに対して押圧するコイルスプリン
グ10を備えている。
【0021】本発明の第二実施例において、リール台1
が、小カセットリール位置(図4)から大カセットリー
ル位置(図6)へ移動する場合、リール台ベース12が
矢印A方向に移動するのに伴い、リールギヤベース15
はリール台ベース12のR部12aに押されて、リール
ギヤガイド6に沿って矢印B方向に移動する。図5に示
したリール台1の移行途中においてその移動範囲のほぼ
中間位置にて、リールギヤベース15の移動量は最大と
なる。
【0022】リール台1が更に矢印A方向に移動する
と、リールギヤベース15は、B方向とは反対の矢印C
方向に移動し始める(図5)。リール台1が大カセット
リール位置に到達するまで、リールギヤベース15は、
矢印C方向に移動し、そして図6に示したようにその大
カセットリール位置にて、リールギヤベース15、即ち
リールギヤ4は、小カセットリール位置と同位置で停止
する。尚、リール台1が、大カセットリール位置から小
カセットリール位置へ移動する場合には、上記とは逆の
動作により行われる。このようにリール台1の位置が、
カセット種類(大小テープカセット)により変化して
も、そのリール台1と噛合するリールギヤ4及びドライ
ブギヤ7の位置は一定に保持される。
【0023】更に図7乃至図9を参照して、本発明によ
る磁気記録再生装置の第三実施例を説明する。
【0024】図7は、小カセットリール位置の状態を、
また図8は、小カセットリール位置から大カセットリー
ル位置への移行途中の状態を、そして図9は、大カセッ
トリール位置の状態を、それぞれ示している。本実施例
において、リール台ベース12は、リール台1の回転軸
1aと同心のR部12aを有している。リールギヤ4を
回転自在に支持するリールギヤレバー25は、その枢軸
26のまわりに回動可能に支持されており、一端25a
がリール台ベース12のR部12aと常時当接するよう
になっている。一対のリールギヤレバー25の間には、
図示のように例えば引張コイルスプリング20が装着さ
れており、この引張コイルスプリング20の弾力によっ
てリールギヤレバー25の一端25aをR部12a側へ
付勢するようになっている。
【0025】本発明の第三実施例において、リール台1
が、小カセットリール位置(図7)から大カセットリー
ル位置(図9)へ移動する場合、リール台ベース12が
矢印A方向に移動するのに伴い、リールギヤレバー25
は、その一端25aがリール台ベース12のR部12a
に押されて、枢軸26のまわりに矢印B方向に回動す
る。図8に示したリール台1の移行途中においてその移
動範囲のほぼ中間位置にて、リールギヤレバー25の移
動量は最大となる。
【0026】リール台1が更に矢印A方向に移動する
と、リールギヤレバー25は、B方向とは反対の矢印C
方向に回動し始める(図8)。リール台1が大カセット
リール位置に到達するまで、リールギヤレバー25は、
矢印C方向に回動し、そして図9に示したようにその大
カセットリール位置にて、リールギヤレバー25、即ち
リールギヤ4は、小カセットリール位置と同位置で停止
する。尚、リール台1が、大カセットリール位置から小
カセットリール位置へ移動する場合には、上記とは逆の
動作により行われる。このようにリール台1の位置が、
カセット種類(大小テープカセット)により変化して
も、そのリール台1と噛合するリールギヤ4及びドライ
ブギヤ7の位置は一定に保持される。
【0027】尚、上記第二及び第三実施例においては、
リール台1の移動に伴って、リール台ベース12のR部
12aを介して、リールギヤ4がリール台1の移動方向
に対して直交する方向に直線運動して位置調整が行われ
るので、特にリール台1の移動範囲内の構造を簡素化す
ることができる。
【0028】以上、各実施例においては、大小2種類の
カセットに対応する例について説明したが、リール台の
移動に伴うリールギヤの移動範囲がアイドラの係合に対
して許容内であれば、3種類以上のカセットに対応させ
ることも可能である。
【0029】
【発明の効果】以上説明したように本発明によれば、リ
ール間距離が異なる複数種類のテープカセットを装着可
能なリール台移動式の磁気記録再生装置において、リー
ル台とアイドラとの間に、動力伝達用のリールギヤを設
け、リール間距離が異なるカセットに対応してリール台
が移動しても、アイドラに対するリールギヤの位置を略
一定に保持することにより、リール駆動用の専用ダイレ
クトモータを不必要にすることができ、それでいてアイ
ドラによりリール台に動力を伝達するリール駆動系を著
しく簡略化することができる。これによりコストを安価
にすると共に、構成部材の配置等におけるスペース効率
を格段に向上することができる等の利点を有している。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の磁気記録再生装置の第一実施例におけ
る小カセットリール位置状態を示す平面図である。
【図2】本発明の磁気記録再生装置の第一実施例におけ
るリール台移行時の状態を示す平面図である。
【図3】本発明の磁気記録再生装置の第一実施例におけ
る大カセットリール位置状態を示す平面図である。
【図4】本発明の磁気記録再生装置の第二実施例におけ
る小カセットリール位置状態を示す平面図である。
【図5】本発明の磁気記録再生装置の第二実施例におけ
るリール台移行時の状態を示す平面図である。
【図6】本発明の磁気記録再生装置の第二実施例におけ
る大カセットリール位置状態を示す平面図である。
【図7】本発明の磁気記録再生装置の第三実施例におけ
る小カセットリール位置状態を示す平面図である。
【図8】本発明の磁気記録再生装置の第三実施例におけ
るリール台移行時の状態を示す平面図である。
【図9】本発明の磁気記録再生装置の第三実施例におけ
る大カセットリール位置状態を示す平面図である。
【符号の説明】
1 リール台 2 リール台ベース 3 リール台レール 4 リールギヤ 5 リールギヤレバー 6 リールギヤガイド 7 ドライブギヤ 8 アイドルギヤ 10 コイルスプリング 12 リール台ベース 15 リールギヤベース 20 引張コイルスプリング 25 リールギヤレバー 26 枢軸

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 リール間距離が異なる複数種類のテープ
    カセットに対応して、一対のリール台が直線運動により
    移動するようにした磁気記録再生装置において、 前記一対のリール台にそれぞれ係合すると共に、アイド
    ラが選択的に係合される一対のリールギヤを設け、前記
    複数のテープカセットに対応するリール台位置にて、前
    記アイドラに対する前記両リールギヤの位置を略一定に
    保持するリールギヤ位置保持手段を設けたことを特徴と
    する磁気記録再生装置。
  2. 【請求項2】 前記リールギヤが、リール台の移動時に
    リール台回転中心のまわりに相対的に回動することによ
    り、その位置調整が行われるようにしたことを特徴とす
    る請求項1に記載の磁気記録再生装置。
  3. 【請求項3】 前記リールギヤが、リール台の移動方向
    に対して直交する方向に直線運動することにより、その
    位置調整が行われるようにしたことを特徴とする請求項
    1に記載の磁気記録再生装置。
JP5294691A 1993-10-29 1993-10-29 磁気記録再生装置 Pending JPH07130043A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5294691A JPH07130043A (ja) 1993-10-29 1993-10-29 磁気記録再生装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5294691A JPH07130043A (ja) 1993-10-29 1993-10-29 磁気記録再生装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH07130043A true JPH07130043A (ja) 1995-05-19

Family

ID=17811063

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5294691A Pending JPH07130043A (ja) 1993-10-29 1993-10-29 磁気記録再生装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH07130043A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100412752B1 (ko) * 1995-08-22 2004-04-13 산요덴키가부시키가이샤 이동가능한릴대를구비한자기기록재생장치

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100412752B1 (ko) * 1995-08-22 2004-04-13 산요덴키가부시키가이샤 이동가능한릴대를구비한자기기록재생장치

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5295638A (en) Reel driving apparatus for a videocassette recorder
US4761697A (en) Cassette loading mechanism of magnetic recording and reproducing apparatus
US5535957A (en) Reel table driving apparatus for a video cassette recorder
JPH07130043A (ja) 磁気記録再生装置
KR930009650B1 (ko) 쇼크방지 기구가 장착된 벨트 구동형 테이프 주행장치
US5833162A (en) Reel table driving device for a video cassette recorder
JP2986318B2 (ja) 磁気記録再生装置
KR20040022814A (ko) 자기 기록/재생장치의 핀치롤러유닛
CA1334770C (en) Magnetic tape recording and playback apparatus with single drive source
US5222687A (en) Reel drive apparatus
US5161078A (en) Magnetic tape system including a rotatable head support for rotating the magnetic head of the system through substantially 180°
US5573194A (en) Tape tension controlling apparatus for a reel shift deck mechanism
JP2956415B2 (ja) 磁気記録再生装置
JPH067461Y2 (ja) リバ−ス式テ−プレコ−ダの駆動機構
KR0177647B1 (ko) 브이씨알의 아이들기어 구동장치
JP2585562Y2 (ja) カセットデッキのクラッチ取付構造
JP2633985B2 (ja) 磁気記録再生装置
JP2536259B2 (ja) 磁気記録再生装置
US5566035A (en) Device for driving idler of deck mechanism of video cassette recorder
JP2760117B2 (ja) リール台移動装置
KR0164229B1 (ko) 테이프 구동기의 회전전달 전환장치
JP3017641U (ja) 磁気記録再生装置のクラッチ取付構造
JP2803387B2 (ja) 磁気記録再生装置のクラッチ機構
JP3006859B2 (ja) 磁気記録再生装置
JPH06180899A (ja) 磁気記録再生装置のクラッチ構造