JPH0712670B2 - インクジエツトヘツドのキヤツプ機構 - Google Patents

インクジエツトヘツドのキヤツプ機構

Info

Publication number
JPH0712670B2
JPH0712670B2 JP61047039A JP4703986A JPH0712670B2 JP H0712670 B2 JPH0712670 B2 JP H0712670B2 JP 61047039 A JP61047039 A JP 61047039A JP 4703986 A JP4703986 A JP 4703986A JP H0712670 B2 JPH0712670 B2 JP H0712670B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cap
inkjet head
cam
support arm
nozzle
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP61047039A
Other languages
English (en)
Other versions
JPS62202739A (en
Inventor
昌宏 野崎
Original Assignee
アルプス電気株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by アルプス電気株式会社 filed Critical アルプス電気株式会社
Priority to JP61047039A priority Critical patent/JPH0712670B2/ja
Publication of JPS62202739A publication Critical patent/JPS62202739A/ja
Publication of JPH0712670B2 publication Critical patent/JPH0712670B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41JTYPEWRITERS; SELECTIVE PRINTING MECHANISMS, e.g. INK-JET PRINTERS, THERMAL PRINTERS, i.e. MECHANISMS PRINTING OTHERWISE THAN FROM A FORME; CORRECTION OF TYPOGRAPHICAL ERRORS
    • B41J2/00Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed
    • B41J2/005Typewriters or selective printing mechanisms characterised by the printing or marking process for which they are designed characterised by bringing liquid or particles selectively into contact with a printing material
    • B41J2/01Ink jet
    • B41J2/135Nozzles
    • B41J2/165Preventing or detecting of nozzle clogging, e.g. cleaning, capping or moistening for nozzles
    • B41J2/16505Caps, spittoons or covers for cleaning or preventing drying out
    • B41J2/16508Caps, spittoons or covers for cleaning or preventing drying out connected with the printer frame
    • B41J2/16511Constructions for cap positioning

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 本発明はインクジェットプリンターの印字ヘッドのキャ
ップ機構に関する。
〔従来の技術〕 インクジェットプリンタによる印字作業が終了した後
に、そのインクジェットヘッドを放置したままにしてお
くと、このヘッドのノズルに付着したインクが固まって
目詰りを起すので、ノズルから噴射されるインクの方向
が定まらずインクの噴出量にも変化を来すので記録紙へ
の印字効果を悪化させたり、場合によってはノズルから
インクが噴射されなくなる等の問題が起る。
したがって、この種の問題を解決するために、ノズルの
先端を被う乾燥防止用キャップを設け、非印字時に手動
でノズルにかぶせて乾燥を防止すると共に、ポンプでノ
ズル先端からインクを吸引し目づまりを防止するという
手段が採られていた。
〔発明が解決しようとする問題点〕
しかしながら上述した従来の手段においては、キャップ
を手動で動かしていたため操作に手間がかかるという問
題点があった。また、ノズルとキャップの圧接力を手か
げんによって調節していたため、圧接力が強すぎてノズ
ルをいためたり、圧接力が弱すぎて外気を遮断できずに
ノズルを乾燥させてしまうという問題点があった。
本発明の目的は操作が簡単で、かつ、常に正確に圧接で
きるインクジェットヘッドのキャップ機構を提供するこ
とにある。
〔問題点を解決するための手段〕
本発明のインクジェットヘッドのキャップ機構は、チュ
ーブを介して吸引ポンプと接続されたゴムキャップを有
し、ホームポジションにあるインクジェットヘッドのノ
ズルに対向する位置に配設されたキャップ部材と、該キ
ャップ部材を支持すると共に回動軸を中心にして回動可
能な支持アームと、前記キャップ部材を前記インクジェ
ットヘッドに接近する方向に付勢するように前記支持ア
ームに取り付けられた弾性力手段と、前記キャップ部材
を前記インクジェットヘッドのノズルに対して接離する
方向へ移動させるべく前記支持アームを前記回動軸を中
心にして回動させるためのものであって、前記支持アー
ムに設けられた係合部に当接するカムと、このカムを回
転駆動させるための駆動手段とを有し、前記カムを回転
させることにより前記キャップ部材が前記インクジェッ
トヘッドの移動とは独立して前記インクジェットヘッド
に当接する方向と前記前記インクジェットヘッドから離
間する方向とに移動させるとともに、前記キャップ部材
を前記インクジェットヘッドに当接する位置へ移動させ
る際には、前記カムを回転させることにより前記支持ア
ームを回動させて前記キャップ部材を前記インクジェッ
トヘッドに当接する方向へ移動させた後、前記カムが前
記支持アームの係合部から離れ、前記キャップ部材の前
記インクジェットヘッドへの圧接が前記弾性力手段の弾
性力のみによってなされように構成したことを特徴とす
る。
〔作用〕
上記技術的手段は次のように作用する。
印字時には支持アームの係合部がカムと係合することに
よりキャップ部材をインクジェットヘッドから離れた位
置に待機させ、非印字時にはカムを駆動手段により回動
することにより徐々にキャップ部材をインクジェットヘ
ッドに当接する方向に移動させた後、カムと支持アーム
との係合が解除されるとにより弾性力部材の弾性力のみ
によってキャップ部材がインクジェットヘッドに圧接さ
れると共にゴムキャップがノズルに装着され、吸引ポン
プによりノズル先端からインクが吸引される。
また、キャップ部材の移動は、カムを駆動手段により回
動させることによりインクジェットヘッドの移動とは独
立して行なわれる。
〔実施例〕
本発明の一実施例を第1図〜第4図を用いて説明する。
まず構成を説明すると、図において1はプラテン(図示
せず)に沿って摺動自在に設けられた印字ヘッドであ
り、印字ヘッド1には段差部1a,1aとノズル2…が設け
られている。該ノズル2は印字情報に従ってインクを噴
射するものであり細いガラス管より成る。3は非印字時
のホームポジションにある印字ヘッド1と対向する位置
に配設された合成樹脂製のキャップ部材3には前記段差
部1a,1aと係合するガイドテーパ3a,3aと、チューブ4…
を介して吸引ポンプ14と接続されたゴムキャップ5…が
設けられている。さらにキャップ部材3には回動軸6と
支持軸7が貫通している。8、8は略L字形の一対の金
属板より成る支持アームであり、支持アーム8、8の一
端には保持部8aが設けられており、前記回動軸6を軸方
向にスライド自在、および回動自在に支持する孔8bと前
記支持軸7をガタを持って支持する孔8cが形成されてい
る。さらに支持アーム8、8は前記保持部8aと反対側の
端部にカム12と係合する係合軸9が支持アーム8、8間
に渡設されていると共に、曲折部に回動軸10が貫通され
ており、ばね11によって前記印字ヘッド1方向に回動す
るよう付勢されている。カム12は凹部12aを有しており
モーター13およびギア13a,13bより成る駆動手段によっ
て回動し、前記係合軸9を介して支持アーム8を回動す
るようになっている。
次に作用を説明する。
印字が終了すると印字ヘッド1はプラテン(図示せず)
側部のホームポジションに停止する。次にモーター13が
回転しギヤ13a,13bを介してカム12も回転する。そして
カム12の回転に伴いカム12のへこみ部12aと係合してい
た係合軸9がへこみ部12aから抜け出しカムの半径が小
さくなるに従い上昇しキャップ部材3は徐々に印字ヘッ
ド1に接近する。やがてキャップ部材3が印字ヘッド1
に接近するとカム12の半径がさらに小さくなっても係合
軸9は上昇しないので係合軸9とカム12の係合は解除さ
れる。そしてキャップ部材3は印字ヘッド1にばね11の
弾性力によって一定の力で圧接され、ゴムキャップ5は
ノズル2に挿着される。なお、ガイドテーパ3a、3aが印
字ヘッド1の段差部1a、1aに係合してキャップ部材3の
位置をスライド及び回動させて調整するのでゴムキャッ
プ5は常に正確にノズル2に挿着されるようになってい
る。最後に吸引ポンプ14をポンプ駆動手段(図示せず)
で駆動することによりノズル2先端からインクを吸い出
しノズル2の目づまりを防ぐ。又、目づまりをしている
ヘッドにおいては、回復させる。吸引後、ゴムキャップ
5内をインクで満たしてノズル2の乾燥を防ぐ。
再び印字を行なうときは、キャップ部材3の印字ヘッド
1への圧接を解除するためにカム12がモーター13によっ
て回転する。最初は係合軸9とカム12は係合していない
が、カム12の半径が大きくなると係合し、さらに半径が
大きくなるに従い係合軸9を押し下げ支持アーム8を介
してキャップ部材3を印字ヘッド1から離れる方向に移
動させる。そして係合軸9がカム12の凹部12aと係合す
る位置までくるとカム12は回転を停止する。この位置で
係合軸9を保持することにより、ばね11の弾性力が係合
軸9を上昇させる方向に働いてもカム12の凹部12aのよ
り深みに入る方向なので確実に保持することができる。
〔効果〕
以上説明してきたように、本発明においては、キャップ
部材のインクジェットヘッドへの接離動作をインクジェ
ットヘッドの移動とは独立して行なうので、キャップ部
材がインクジェットヘッドに対して接離される際に、振
動の発生やノズルの破損、装置寿命の低下という問題を
発生させることなくキャップ部材のインクジェットヘッ
ドへの接離動作をスムーズ且つ確実に行なえると共に、
キャップ部材をこのキャップ部材がインクジェットヘッ
ドに当接する方向に回動するように弾性力手段によって
付勢された支持アームで支持し、この支持アームを駆動
手段によって回動するカムで回動させるようにし、且つ
キャップ部材のインクジェットヘッドへの圧接を弾性力
手段のみによって行なうようにしたので、キャップ部材
のインクジェットヘッドへの接離動作がスムーズ且つ確
実に行なえるとともにキャップ部材のインクジェットヘ
ッドへの圧接を常に一定の圧接力で安定的に行なうこと
ができるという効果を奏する。
【図面の簡単な説明】
第1図〜第4図はいづれも本発明の一実施例を示し、第
1図は斜視図、第2図は平面図、第3図はキャップ部材
解除時の動作説明図、第4図はキャップ部材圧接時の動
作説明図である。 1……印字ヘッド 2……ノズル 3……キャップ部材 8……支持アーム 10…回動軸 12……カム

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】チューブを介して吸引ポンプと接続された
    ゴムキャップを有し、ホームポジションにあるインクジ
    ェットヘッドのノズルに対向する位置に配設されたキャ
    ップ部材と、該キャップ部材を支持すると共に回動軸を
    中心にして回動可能な支持アームと、前記キャップ部材
    を前記インクジェットヘッドに接近する方向に付勢する
    ように前記支持アームに取り付けられた弾性力手段と、
    前記キャップ部材を前記インクジェットヘッドに対して
    接離する方向へ移動させるべく前記支持アームを前記回
    動軸を中心にして回動させるためのものであって、前記
    支持アームに設けられた係合部に当接するカムと、この
    カムを回転駆動させるための駆動手段とを有し、前記カ
    ムを回転させることにより前記キャップ部材が前記イン
    クジェットヘッドの移動とは独立して前記インクジェッ
    トヘッドに当接する方向と前記前記インクジェットヘッ
    ドから離間する方向とに移動させるとともに、前記キャ
    ップ部材を前記インクジェットヘッドに当接する位置へ
    移動させる際には、前記カムを回転させることにより前
    記支持アームを回動させて前記キャップ部材を前記イン
    クジェットヘッドに当接する方向へ移動させた後、前記
    カムが前記支持アームの係合部から離れ、前記キャップ
    部材の前記インクジェットヘッドへの圧接が前記弾性力
    手段の弾性力のみによってなされように構成したことを
    特徴とするインクジェットヘッドのキャップ機構。
JP61047039A 1986-03-03 1986-03-03 インクジエツトヘツドのキヤツプ機構 Expired - Lifetime JPH0712670B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP61047039A JPH0712670B2 (ja) 1986-03-03 1986-03-03 インクジエツトヘツドのキヤツプ機構

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP61047039A JPH0712670B2 (ja) 1986-03-03 1986-03-03 インクジエツトヘツドのキヤツプ機構

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS62202739A JPS62202739A (en) 1987-09-07
JPH0712670B2 true JPH0712670B2 (ja) 1995-02-15

Family

ID=12764019

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP61047039A Expired - Lifetime JPH0712670B2 (ja) 1986-03-03 1986-03-03 インクジエツトヘツドのキヤツプ機構

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0712670B2 (ja)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2774538B2 (ja) * 1988-12-27 1998-07-09 キヤノン株式会社 液体噴射記録装置
JP2774640B2 (ja) * 1990-02-13 1998-07-09 キヤノン株式会社 インクジェット記録装置
JP2749930B2 (ja) * 1990-02-13 1998-05-13 キヤノン株式会社 インクジェット記録装置
JP2756337B2 (ja) * 1990-02-19 1998-05-25 キヤノン株式会社 インクジェット記録装置
JP5935338B2 (ja) * 2012-01-16 2016-06-15 株式会社リコー 画像形成装置

Family Cites Families (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS562023B2 (ja) * 1976-06-07 1981-01-17
JPS5350834A (en) * 1976-10-20 1978-05-09 Ricoh Co Ltd Ink jet recorder
JPS54159226A (en) * 1978-06-06 1979-12-15 Ricoh Co Ltd Ink jet head cleaner
JPS55101463A (en) * 1979-01-30 1980-08-02 Canon Inc Protector for outlet orifice of recorder
JPS56168349U (ja) * 1980-05-16 1981-12-12
JPS576550U (ja) * 1980-06-13 1982-01-13
JPS57185545U (ja) * 1981-05-19 1982-11-25
JPH0521745B2 (ja) * 1983-01-17 1993-03-25 Seiko Epson Corp
JPS59181761A (en) * 1983-03-31 1984-10-16 Toshiba Electric Equip Corp Interphone device

Also Published As

Publication number Publication date
JPS62202739A (en) 1987-09-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2527774B2 (ja) インクジェット記録装置
EP0494674B1 (en) Capping device for ink jet printer
US5587729A (en) Rotatable service station for ink-jet printer
US5606354A (en) Recovery mechanism for adjustable ink jet head
EP0576033B1 (en) Ink-jet recording device
EP1238806B1 (en) Ink jet recording apparatus and method of controlling wiping operation of recording head in the ink jet recording apparatus
JPH0712670B2 (ja) インクジエツトヘツドのキヤツプ機構
US5963229A (en) Ink jet recording apparatus having ink absorbing member for absorbing ink from an ink wiping member
JP3109015B2 (ja) チューブポンプ、及びこれを使用したインクジェット記録装置
JP3204271B2 (ja) インクジェット記録装置
JPH0615814A (ja) インクジェット記録装置
JP3322291B2 (ja) インクジェット記録装置
JP4207143B2 (ja) インクジェット式記録装置
JP3111781B2 (ja) インクジェットヘッドのキャッピング装置
JP3345758B2 (ja) インクジェット記録装置
JP3712221B2 (ja) インクジェット式記録装置
JP3528438B2 (ja) インクジェットヘッドの回復装置
JP3342301B2 (ja) インクジェットヘッドの回復装置
US5174666A (en) Printing device having printwheel coupling means
JP3289278B2 (ja) インクジェットプリンタのキャッピング装置
JPH078193Y2 (ja) インクジエツトヘツドのキヤツプ機構
JPH07223320A (ja) インクジェットプリンタ
JP2587922B2 (ja) インクジエツト記録装置
JP3620035B2 (ja) インクジェット式記録装置
JP2720057B2 (ja) インクジェット記録装置