JPH07103503A - 空気調和機の室内機 - Google Patents

空気調和機の室内機

Info

Publication number
JPH07103503A
JPH07103503A JP5248348A JP24834893A JPH07103503A JP H07103503 A JPH07103503 A JP H07103503A JP 5248348 A JP5248348 A JP 5248348A JP 24834893 A JP24834893 A JP 24834893A JP H07103503 A JPH07103503 A JP H07103503A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
air
flow fan
drain pan
stabilizer
tongue
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP5248348A
Other languages
English (en)
Inventor
Takaaki Dokite
孝明 土器手
Original Assignee
Fujitsu General Ltd
株式会社富士通ゼネラル
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujitsu General Ltd, 株式会社富士通ゼネラル filed Critical Fujitsu General Ltd
Priority to JP5248348A priority Critical patent/JPH07103503A/ja
Publication of JPH07103503A publication Critical patent/JPH07103503A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 部屋の相対湿度が所定値以上のとき室内機側
の風量を小さく設定して冷房運転を行ってもクロスフロ
ーファンが結露しないようにする。 【構成】 室内機の本体1内には吸込口5と吹出口6と
を結ぶ空気通路9がある。この空気通路9にはエアーフ
ィルタ10,熱交換器11,クロスフローファン12がある。
熱交換器11の下部には舌部15を有するスタビライザ8が
ある。このスタビライザ8の上部は熱交換器11から流下
する除霜水を受けるためのドレンパン14になっている。
クロスフローファン12の結露はドレンパン14の内部を経
由したより低温の冷気と他のルート(熱交換器11の上
部)を経由した冷気がクロスフローファン12の近傍で合
流する際に発生する。したがって、スタビライザ8の舌
部15の上端からドレンパン14の内部に向けて遮風板16を
設け、ドレンパン14内の冷気がクロスフローファン12側
に流れるのを規制する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は空気調和機の室内機に係
わり、詳しくは、熱交換器の下部に配置されるドレンパ
ンと一体に形成されているスタビライザの構造に関す
る。
【0002】
【従来の技術】空気調和機の室内機には例えば図4に示
すように、その本体21の上部に吸込口22が、下部に吹出
口23が有り、この吸込口22と吹出口23とを結ぶ空気通路
24にエアーフィルタ25と、熱交換器26と、この熱交換器
26の背面に対向するクロスフローファン27とが配置され
ている。このクロスフローファン27は図示されてない電
動機により駆動されるが、送風効率を高めるために後方
にはリアガイダ28が有り、前方には舌部29を有するスタ
ビライザ30が設けられている。なお、このスタビライザ
30の上部は熱交換器26から流下する除霜水を受けるため
のドレンパン31になっている。図5はクロスフローファ
ン27とリアガイダ28とスタビライザ30の関係を斜視図に
したものである。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところで、吸込口22か
ら本体21内(空気通路24)に吸入された室内空気は熱交
換器26によって熱交換され、クロスフローファン27によ
って吹出口23から室内に送出されるが、例えば室内の乾
球温度が27℃、湿球温度が24℃というように相対湿
度が高くなっている時に吹出風量を小さくして冷房運転
を行うと、熱交換器26の構成上、その上部よりも下部の
温度が低くなるためドレンパン31の内部が他の部位より
も冷やされるようになり、その冷気が矢印で示されてい
るようにスタビライザ30の舌部29を乗り越えてクロスフ
ローファン27側に流れ、クロスフローファン27の近傍で
別のルートを経由してきた温湿度の高い空気と混じって
凝縮し、これが基でクロスフローファン27の表面が結露
したり、水滴が空気通路24内に飛び散ったりすることが
あった。したがって、本発明においては、このような不
具合を発生させることのない空気調和機の室内機を提供
することを目的としている。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明は上記の課題を解
決するためになされたものであり、上部に吸込口を、下
部に吹出口を有する本体と、この本体の吸込口と吹出口
とを結ぶ空気通路内に配置される熱交換器と、この熱交
換器の背面側に対向して配置されるクロスフローファン
と、前記熱交換器の下部に設けられるドレンパンと、こ
のドレンパンに一体に設けられ、前記クロスフローファ
ンに近接させて配置されるスタビライザとからなり、こ
のスタビライザの舌部上端からドレンパンの内部に向け
て遮風板を設けることにした。また、遮風板の下部両側
は解放することにした。
【0005】
【作用】上記の構成であれば、ドレンパンの内部からク
ロスフローファンへ流れる冷気が遮風板によって遮られ
るので温湿度が異なる冷気の合流が無くなり、冷気に含
まれている湿気が凝縮するという現象も起きなくなるの
でクロスフローファンへの露付きが無くなる。また、遮
風板の下部両側が解放されているので遮風板とスタビラ
イザ間の空隙部の温度が特に低下するということもない
のでスタビライザの表面に露が発生することもない。
【0006】
【実施例】以下、本発明の実施例を図1〜図3に基づい
て説明する。図1は室内機の本体を、図2は室内機の内
部を側面から、図3は本発明に係わる要部を斜めから表
したものである。図1に示すように本体1はベース2
と、このベース2に着脱自在に被せられる前面カバー3
とから成っており、この前面カバー3の正面側には上部
が開閉自在に軸支された正面パネル4が取付けられてい
る。この正面パネル4と前面カバー3の上部には室内空
気の吸込口5が有り、前面下部には吹出口6が有る。吸
込口5と吹出口6との間には図2に示すようなリアガイ
ダ7とスタビライザ8等からなる空気通路9が形成され
ており、この空気通路9の上方には前面カバー3の正面
下部からベース2の上部正面寄りまで移動させることの
できる着脱自在なエアーフィルタ10と、熱交換器11と、
クロスフローファン12とが配置され、熱交換器11により
熱交換された空気はクロスフローファン12により吹出口
6に送られ、室内への風向は風向板13等によって調節さ
れるようになっている。
【0007】また、スタビライザ8の上部には熱交換器
11から流下する除霜水を受けるためのドレンパン14が一
体に設けられており、クロスフローファン12寄りの一側
にはそのクロスフローファン12に対向させて上部に折り
返した舌部15が形成されている。以上は既存の構成であ
るが、本実施例では特にスタビライザ8の舌部15の上端
からドレンパン14の内部に向けて傾斜させた遮風板16が
設けられている。この遮風板16はドレンパン14内の冷気
がクロスフローファン12側に流れるのを防止するための
もので図3に示すように左右に延びており、その下端と
ドレンパン14間は解放されている。このような遮風板16
が有るとき、その左右側面部が図5に示されている従来
例のように閉ざされていると冷気が遮風板16の裏側の空
間にこもり、この冷気で舌部15が冷やされ、舌部15の表
面には空気通路9側との温度差によって結露する恐れが
ある。そこで、本実施例では図3に示すように舌部15お
よび遮風板16の下部両側面を解放状態にして内部の冷気
を左右に逃がすようになっている。
【0008】
【発明の効果】以上、説明したような室内機であるなら
ば、ドレンパン内の冷気がクロスフローファン側へ流れ
なくなるのでクロスフローファン近傍の温度分布が似通
ったものとなり、冷気中の湿気が凝縮するという現象も
起き難くなるのでクロスフローファンへの露付きが無く
なるとともに、スタビライザの舌部の裏側が特に冷却さ
れるということもないので舌部の表面が結露する恐れも
なく、品質的に優れた空気調和機となる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係わる室内機の外観斜視図である。
【図2】本発明の一実施例を示す室内機の側断面図であ
る。
【図3】本発明の一実施例を示す要部拡大斜視図であ
る。
【図4】従来例を示す室内機の側断面図である。
【図5】従来例を示す要部拡大斜視図である。
【符号の説明】
1 本体 8 スタビライザ 9 空気通路 11 熱交換器 12 クロスフローファン 14 ドレンパン 15 舌部 16 遮風板

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 上部に吸込口を、下部に吹出口を有する
    本体と、この本体の吸込口と吹出口とを結ぶ空気通路内
    に配置される熱交換器と、この熱交換器の背面側に対向
    して配置されるクロスフローファンと、前記熱交換器の
    下部に設けられるドレンパンと、このドレンパンに一体
    に設けられ、前記クロスフローファンに近接させて配置
    されるスタビライザとからなり、このスタビライザの舌
    部上端からドレンパンの内部に向けて遮風板を設けてな
    ることを特徴とする空気調和機の室内機。
  2. 【請求項2】 前記遮風板の下部両側を解放してなる請
    求項1記載の空気調和機の室内機。
JP5248348A 1993-10-04 1993-10-04 空気調和機の室内機 Pending JPH07103503A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5248348A JPH07103503A (ja) 1993-10-04 1993-10-04 空気調和機の室内機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5248348A JPH07103503A (ja) 1993-10-04 1993-10-04 空気調和機の室内機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH07103503A true JPH07103503A (ja) 1995-04-18

Family

ID=17176761

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5248348A Pending JPH07103503A (ja) 1993-10-04 1993-10-04 空気調和機の室内機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH07103503A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH09112943A (ja) * 1995-10-19 1997-05-02 Mitsubishi Electric Corp 空気調和機
JP2002213762A (ja) * 2001-01-17 2002-07-31 Daikin Ind Ltd 空気調和機
EP2719970A3 (en) * 2012-10-11 2018-03-14 Mitsubishi Heavy Industries Thermal Systems, Ltd. Indoor unit of air conditioner
CN111578388A (zh) * 2020-04-10 2020-08-25 青岛海信日立空调系统有限公司 一种空调室外机及空调器

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH09112943A (ja) * 1995-10-19 1997-05-02 Mitsubishi Electric Corp 空気調和機
JP2002213762A (ja) * 2001-01-17 2002-07-31 Daikin Ind Ltd 空気調和機
JP4649742B2 (ja) * 2001-01-17 2011-03-16 ダイキン工業株式会社 空気調和機
EP2719970A3 (en) * 2012-10-11 2018-03-14 Mitsubishi Heavy Industries Thermal Systems, Ltd. Indoor unit of air conditioner
CN111578388A (zh) * 2020-04-10 2020-08-25 青岛海信日立空调系统有限公司 一种空调室外机及空调器

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3624808B2 (ja) 空気調和装置の化粧パネル、吹出口ユニット、及び空気調和装置
JP2003130385A (ja) 空気調和機
JP4017491B2 (ja) 空気調和機
KR20070033531A (ko) 천장형 공기조화기
JPH0914742A (ja) 空気調和機
JPH07103503A (ja) 空気調和機の室内機
JP3823810B2 (ja) 空気調和機
JPH0590213U (ja) 空気調和機の室内ユニット
JPH09243103A (ja) 空気調和機の室内ユニット
JP2003083566A (ja) 空気調和機
JPH07324802A (ja) 天井埋込型空気調和装置の水平羽根構造
CN108302647A (zh) 整体式空调器
JPH08254352A (ja) 送風フラップ及びその送風フラップを備える空気調和機
JP3054575B2 (ja) 空気調和機
JP2003130386A (ja) 空気調和機
JP3986279B2 (ja) 空気調和機
JPH1068534A (ja) 空気調和機
JP3218276B2 (ja) 空気調和機
JPH0659720U (ja) 空気調和機の室内機
JP2511985B2 (ja) 空気調和機
JP2706383B2 (ja) 天井埋込形空気調和機
JP2003182346A (ja) 車載用空調装置
JP3986290B2 (ja) 空気調和機
KR100274983B1 (ko) 분리형 공기조화기의 실내기
JPH07110159A (ja) 空気調和機