JPH07102310A - 精錬用複合造滓剤 - Google Patents

精錬用複合造滓剤

Info

Publication number
JPH07102310A
JPH07102310A JP26998993A JP26998993A JPH07102310A JP H07102310 A JPH07102310 A JP H07102310A JP 26998993 A JP26998993 A JP 26998993A JP 26998993 A JP26998993 A JP 26998993A JP H07102310 A JPH07102310 A JP H07102310A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
refining
weight
making agent
slag making
molten steel
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP26998993A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2561615B2 (ja
Inventor
Kazuma Torii
数馬 鳥居
Hiroyuki Matsuura
博幸 松浦
Yasuhiro Takatsuka
保博 高塚
Masaru Matsunami
勝 松波
Kazuhiko Kikuchi
一彦 菊池
Sakae Kiriyama
栄 桐山
Hideo Uchiyama
英男 内山
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
SHINKO FLEX KK
TOPY JITSUGYO KK
Kawai Lime Industry Co Ltd
Original Assignee
SHINKO FLEX KK
TOPY JITSUGYO KK
Kawai Lime Industry Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by SHINKO FLEX KK, TOPY JITSUGYO KK, Kawai Lime Industry Co Ltd filed Critical SHINKO FLEX KK
Priority to JP5269989A priority Critical patent/JP2561615B2/ja
Publication of JPH07102310A publication Critical patent/JPH07102310A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2561615B2 publication Critical patent/JP2561615B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【構成】 生石灰が50重量%未満、蛍石が7〜15重
量%、炭化珪素5〜20重量%、軽焼マグネシア5〜1
0重量%、アルミ灰3〜10重量%で且つ(2CaO・
MgO,2SiO2 ),(2CaO・Al 2 3・2S
iO 2 )を主成分とする鉱物を50重量%以下含有す
る混合物であって均一に混合したあと加圧成型しあるい
はバインダーを用いて造粒成型した炉外精錬で用いる精
錬用複合造滓剤である。 【効果】 溶鋼に添加した場合、CaOとSiO2 が吸
熱反応によって2CaO・SiO 2となって溶鋼上の滓
となるが、事前に溶融させた2CaO・SiO 2を配合
しているため、鋼の高級化、多品種化、コスト低減化に
基づく精錬技術の進歩及び精錬時間の短縮化に伴い滓化
の早い複合添加物が必要となった現在において、滓化反
応が速やかに起こりその要望を満たすものである。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、溶鋼の炉外精錬に際
して溶鋼に添加する脱硫剤、脱酸剤および造滓剤の性質
を兼ね備えた精錬用複合造滓剤に関する。
【0002】
【従来の技術】炉外精錬で溶鋼に添加する材料について
は、従来は、生石灰、フラックス及び脱酸剤であり、そ
れらの使用方法は単味あるいは混合して使用されてい
た。また、最近では、これらを混合したあと造粒成型し
た精錬剤も存在するが、造粒物の強度が弱く、経時変化
により崩壊が早いという欠点を有した。
【0003】また、溶鋼中への添加後、溶融速度が遅く
溶鋼の熱ロスが大きいため滓化に劣るという不都合を有
した。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】本発明では、炉外精錬
用複合造滓剤として、溶鋼への投入までのハンドリング
中に崩壊を起こさない十分な強度を有する造粒成型物で
あって且つ溶鋼中へ添加後すみやかに溶融滓化し、溶鋼
の熱ロスを最小限にすることを目的としている。
【0005】
【課題を解決するための手段】前記課題を達成するため
に、この発明に係る精錬用複合造滓剤においては、生石
灰が50重量%未満、蛍石が7〜15重量%、炭化珪素
5〜20重量%、軽焼マグネシア5〜10重量%、アル
ミ灰3〜10重量%で且つ合成物を50重量%以下含有
する混合物であって均一に混合したあと加圧成型しある
いはバインダーを用いて造粒成型した炉外精錬で用いる
ものである。
【0006】また、この発明に係る精錬用複合造滓剤に
おいては、生石灰が50重量%未満、蛍石が7〜15重
量%、炭化珪素5〜20重量%、軽焼マグネシア5〜1
0重量%、アルミ灰5〜10重量%で且つ合成物を50
重量%以下で更に針状アルミニウムを5重量%以下の量
を加えた混合物であって均一に混合したあと加圧成型し
あるいはバインダーを用いて造粒成型した炉外精錬で用
いるものである。
【0007】また、前記生石灰の表面を、SiO2 を主
成分とする微粉末でコーティングすることもできる。
【0008】
【作用】この発明に係る精錬用複合造滓剤は上記のよう
に構成されているため、溶鋼に添加された場合、CaO
とSiO2 が吸熱反応によって2CaO・SiO 2とな
って溶鋼上の滓となるが、事前に溶融させた2CaO・
SiO 2を配合しているため、溶鋼における温度ロスを
最小限におさえ速やかに滓化を促す。
【0009】また、成形強度保持材として針状アルミニ
ウムを混合させれば、アルミニウムの急激な酸化反応に
よって、溶鋼における昇温及び脱硫を促進させることが
できる。
【0010】また、前記生石灰の表面を、SiO2 を主
成分とする微粉末でコーティングすれば、かかる生石灰
の自然放置状態での吸水性を下げることができ、この結
果、加圧成型品の崩壊の要因となる大気中からの吸水に
よる体積膨張による崩壊を防ぐことができる。
【0011】
【実施例】精錬用複合造滓剤の具体的一実施例を説明
し、その効果を説明する。
【0012】 (1).精錬用複合造滓剤の配合成分(配合例1)原料名 配合比 (重量%) 合成物 22 針状アルミニウム 3 生石灰 40 蛍石 10 炭化珪素 10 軽焼マグネシア 8 アルミ灰 7
【0013】(2).なお、上記配合は、 合成物は15〜30
重量%、針状アルミニウムは1 〜5重量%、生石灰は38
〜45重量%、蛍石は7 〜15重量%、炭化珪素は5 〜20重
量%、軽焼マグネシアは5 〜10重量%、アルミ灰は3 〜
10重量%であればよい。
【0014】(3).「合成物」は溶融時、事前に溶融させ
た2CaO・SiO2 を配合しているため、溶鋼におけ
る温度ロスを最小限に押さえ速やかに滓化を促すために
配合されるものであり、その具体的配合例として前記
(1) 記載の精錬用複合造滓剤(配合例1)が挙げられ
る。なお、かかる合成物の配合割合を50重量%以下に
限定したのは脱酸、脱硫性に対する造滓の効果のバラン
スを考慮した配合比としたためである。
【0015】「針状アルミニウム」は、成形物の強度増
強及び維持のため、並びに、脱酸および昇熱の効果を発
揮させるために配合されるものである。
【0016】「生石灰」は、脱硫および塩基度調整のた
めに配合されるものである。なお、この生石灰の表面
を、SiO2 を主成分とする微粉末(SiO2 70重量
%,Al2 3 30重量%)でコーティングすれば、かか
る生石灰の自然放置状態での吸水性を下げることがで
き、この結果、加圧成型品の崩壊の要因となる大気中か
らの吸水による体積膨張による崩壊を防ぐことができ
る。
【0017】蛍石、炭化珪素、軽焼マグネシア、アルミ
灰を配合してあるが、これらは、脱酸効果、脱硫効果、
反応促進効果、炉材保護効果を持たせ、かつ配合比に付
いてはアルミ灰は白煙等の環境面、蛍石は耐火物の損傷
面等を考慮した配合比とした。
【0018】(4).「針状アルミニウム」を配合した場合
の加圧成型テストの結果は次のようである。このテスト
に使用した精錬用複合造滓剤は二種類(A,B)で、そ
のうちのA(針状アルミ1重量%、生石灰40量%)、B
(針状アルミ5重量%、生石灰40量%)とし、これら以
外の配合物は前記配合例1に基づき同比率で増減させた
ものである。
【0019】・テスト方法 前記精錬用複合造滓剤Aおよび前記精錬用複合造滓剤B
と、針状アルミを配合しないものとの比較を行う。使用
した試験機械はブリケットマシンBCS−25(新東)
で、ロール圧力は20ton/cm2 である。
【0020】
【0021】 ・このように「針状アルミニウム」を配合すると、成形
物の強度を増強できるとともに成形維持能力を向上させ
ることができる。
【0022】(5).前記配合例1における生石灰の代わり
に、SiO2 を主成分とする微粉末でコーティングした
生石灰を使用した場合の、吸水質量変化試験の結果は下
記の表のとおりである。
【0023】
【0024】
【発明の効果】この発明に係る精錬用複合造滓剤は上記
のように構成されているため、溶鋼に添加された場合、
CaOとSiO2 が吸熱反応によって2CaO・SiO
2となって溶鋼上の滓となるが、事前に溶融させた2C
aO・SiO 2を配合しているため、鋼の高級化、多品
種化、コスト低減化に基づく精錬技術の進歩及び精錬時
間の短縮化に伴い滓化の早い複合添加物が必要となった
現在において、滓化反応が速やかに起こりその要望を満
たすものである。
【0025】また、成形強度保持材として針状アルミニ
ウムを混合させれば、アルミニウムの急激な酸化反応に
よって、溶鋼の昇温効果及び脱流効果を向上させること
ができる。
【0026】さらに、粉塵等作業環境上からも粉塵の発
生を無くすため、成型品としているが、成型品の崩壊の
要因となる生石灰をSiO2 の微粉末で覆うことにより
経時変化に強い成型品となる。
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 松浦 博幸 静岡県浜松市西丘町71−5 株式会社シン コーフレックス内 (72)発明者 高塚 保博 静岡県浜松市西丘町71−5 株式会社シン コーフレックス内 (72)発明者 松波 勝 岐阜県大垣市赤坂町2093 河合石灰工業株 式会社内 (72)発明者 菊池 一彦 岐阜県大垣市赤坂町2093 河合石灰工業株 式会社内 (72)発明者 桐山 栄 岐阜県大垣市赤坂町2093 河合石灰工業株 式会社内 (72)発明者 内山 英男 東京都千代田区四番町5番地9 トピー実 業株式会社内

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 生石灰が50重量%未満、蛍石が7〜1
    5重量%、炭化珪素5〜20重量%、軽焼マグネシア5
    〜10重量%、アルミ灰3〜10重量%で且つ(2Ca
    O・MgO,2SiO2 ),(2CaO・Al 2 3
    2SiO 2)を主成分とする合成物(以下「合成物」と
    記す)を50重量%以下含有する混合物であって均一に
    混合したあと加圧成型しあるいはバインダーを用いて造
    粒成型した炉外精錬で用いることを特徴とする精錬用複
    合造滓剤。
  2. 【請求項2】 生石灰が50重量%未満、蛍石が7〜1
    5重量%、炭化珪素5〜20重量%、軽焼マグネシア5
    〜10重量%、アルミ灰5〜10重量%で且つ合成物
    50重量%以下で更に針状アルミニウムを5重量%以下
    の量を加えた混合物であって均一に混合したあと加圧成
    型しあるいはバインダーを用いて造粒成型した炉外精錬
    で用いることを特徴とする精錬用複合造滓剤。
  3. 【請求項3】 前記生石灰の表面を、SiO2 を主成分
    とする微粉末でコーティングしたことを特徴とする請求
    項1又は請求項2の精錬用複合造滓剤。
JP5269989A 1993-09-30 1993-09-30 炉外精錬で用いる精錬用複合造滓剤の製造方法 Expired - Lifetime JP2561615B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5269989A JP2561615B2 (ja) 1993-09-30 1993-09-30 炉外精錬で用いる精錬用複合造滓剤の製造方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5269989A JP2561615B2 (ja) 1993-09-30 1993-09-30 炉外精錬で用いる精錬用複合造滓剤の製造方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH07102310A true JPH07102310A (ja) 1995-04-18
JP2561615B2 JP2561615B2 (ja) 1996-12-11

Family

ID=17480020

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5269989A Expired - Lifetime JP2561615B2 (ja) 1993-09-30 1993-09-30 炉外精錬で用いる精錬用複合造滓剤の製造方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2561615B2 (ja)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB2346621A (en) * 1999-02-11 2000-08-16 Qual Chem Limited Steelmaking
KR100868437B1 (ko) * 2001-11-21 2008-11-11 주식회사 포스코 매용제 형석
CN100450972C (zh) * 2006-04-27 2009-01-14 武汉科技大学 一种电熔镁铝尖晶石复合耐火材料及其生产方法
KR100925152B1 (ko) * 2008-03-24 2009-11-05 주식회사 알덱스 레이들 슬래그 활성화제
WO2014156185A1 (ja) 2013-03-29 2014-10-02 富士フイルム株式会社 酸性ガス分離複合膜の製造方法及び酸性ガス分離膜モジュール
WO2014156183A1 (ja) 2013-03-29 2014-10-02 富士フイルム株式会社 酸性ガス分離用複合体の製造方法および製造装置
WO2014156192A1 (ja) 2013-03-29 2014-10-02 富士フイルム株式会社 酸性ガス分離複合膜の製造方法及び酸性ガス分離膜モジュール
WO2020045074A1 (ja) 2018-08-31 2020-03-05 住友化学株式会社 分離膜シート、分離膜エレメント、分離膜モジュール、及び、分離膜シートの製造方法

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS60258406A (en) * 1984-06-06 1985-12-20 Nippon Steel Corp Synthetic flux for molten steel
JPH0341523A (en) * 1989-07-10 1991-02-22 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Parallel process ordering system
JPH0364566A (en) * 1989-08-01 1991-03-19 A Monforts Gmbh & Co Method and apparatus for dyeing belt-shaped body of textile fabric

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS60258406A (en) * 1984-06-06 1985-12-20 Nippon Steel Corp Synthetic flux for molten steel
JPH0341523A (en) * 1989-07-10 1991-02-22 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Parallel process ordering system
JPH0364566A (en) * 1989-08-01 1991-03-19 A Monforts Gmbh & Co Method and apparatus for dyeing belt-shaped body of textile fabric

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB2346621A (en) * 1999-02-11 2000-08-16 Qual Chem Limited Steelmaking
KR100868437B1 (ko) * 2001-11-21 2008-11-11 주식회사 포스코 매용제 형석
CN100450972C (zh) * 2006-04-27 2009-01-14 武汉科技大学 一种电熔镁铝尖晶石复合耐火材料及其生产方法
KR100925152B1 (ko) * 2008-03-24 2009-11-05 주식회사 알덱스 레이들 슬래그 활성화제
WO2014156185A1 (ja) 2013-03-29 2014-10-02 富士フイルム株式会社 酸性ガス分離複合膜の製造方法及び酸性ガス分離膜モジュール
WO2014156183A1 (ja) 2013-03-29 2014-10-02 富士フイルム株式会社 酸性ガス分離用複合体の製造方法および製造装置
WO2014156192A1 (ja) 2013-03-29 2014-10-02 富士フイルム株式会社 酸性ガス分離複合膜の製造方法及び酸性ガス分離膜モジュール
US9839882B2 (en) 2013-03-29 2017-12-12 Fujifilm Corporation Method for producing acid gas separation composite membrane, and acid gas separation membrane module
WO2020045074A1 (ja) 2018-08-31 2020-03-05 住友化学株式会社 分離膜シート、分離膜エレメント、分離膜モジュール、及び、分離膜シートの製造方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP2561615B2 (ja) 1996-12-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3503176B2 (ja) 吹込み用溶銑脱燐剤
US4451293A (en) Slag-forming agent and process for producing the agent
JPH07102310A (ja) 精錬用複合造滓剤
EP0116206A1 (en) Treatment agents for molten steel
US5106412A (en) Method for providing steel with lowered hydrogen level after ladle treatment
WO1994018347A1 (en) A slag defoaming composite
JPH10265816A (ja) 溶銑の脱硫方法
EP0131391A2 (en) Refractory gun mix
US3981721A (en) Method for desulfurizing molten iron
EP0034639A1 (en) Synthetic flux for steel slag
JP2000345226A (ja) 溶銑の脱りん方法
PL183768B1 (pl) Mieszanka odsiarczająca na bazie karbidu
JPS5629611A (en) Simultaneous dephosphorizing desulfurization of blast furnace molten pig iron
JP2001003114A (ja) 鉄鋼添加剤
JP2002146421A (ja) 溶銑の脱硫剤
CN1003308B (zh) 金属液脱硫工艺
SU499320A1 (ru) Экзометрическа шлакообразующа смесь дл обработки металла в ковше
JP3263276B2 (ja) 製鋼精錬法
KR970007201B1 (ko) 용철제련용 단광형 플럭스(Flux)
JPS59136410A (en) Manufacture of carburizer
SU775144A1 (ru) Шлакообразующа смесь дл обработки стали
SU536232A1 (ru) Комплексный шлакообразующий материал
JP2001164310A (ja) 上底吹き転炉における精錬方法
JPH08209214A (ja) 溶銑用脱硫剤
JP3516579B2 (ja) 溶銑脱硫剤

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 12

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080919

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 13

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090919

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 14

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100919

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 15

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110919

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120919

Year of fee payment: 16

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130919

Year of fee payment: 17

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

EXPY Cancellation because of completion of term