JPH0683236U - 直方体工作物取付治具 - Google Patents

直方体工作物取付治具

Info

Publication number
JPH0683236U
JPH0683236U JP2598093U JP2598093U JPH0683236U JP H0683236 U JPH0683236 U JP H0683236U JP 2598093 U JP2598093 U JP 2598093U JP 2598093 U JP2598093 U JP 2598093U JP H0683236 U JPH0683236 U JP H0683236U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
work piece
rectangular parallelepiped
workpiece
mounting jig
mounting
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2598093U
Other languages
English (en)
Inventor
智弘 中山
Original Assignee
信越ポリマー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 信越ポリマー株式会社 filed Critical 信越ポリマー株式会社
Priority to JP2598093U priority Critical patent/JPH0683236U/ja
Publication of JPH0683236U publication Critical patent/JPH0683236U/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 (修正有) 【目的】 工作機械で多数の直方体工作物を連続加工す
る際、作業時間の短縮と、正確な芯出しを容易に行うこ
とのできる直方体工作物取付治具を提供する。 【構成】 直方体工作物1の隣り合う2側面に当てる突
き当てブロック9と、前記2側面に向かい合う2側面に
当てるボールプランジャーを組み込んだボックス10と
をもつ直方体工作物取付ベース2よりなる。

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】
本考案は、同一寸法、形状の直方体工作物(以下工作物という)を連続して加 工する際に有利な工作物取付治具(以下取付治具という)に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来工作物を工作機械で加工するには、工作機械に工作物を芯出しして取付け るために、図2(a),(b)に示すように、まず工作物1を工作物取付ベース 2に取付ボルト3で固定し、工作物取付ベース2の両縁をそれぞれステップクラ ンプ4の一端と平行台5で挟持し、他端をステップブロック6の上に載せ、工作 機械(図示していない)に取付けたダイヤルインジケータの目盛りを見ながら、 ハンマーなどで少しずつたたいて工作物1を芯出しし、フランジボルト7のナッ ト8によりステップブロック6の中央を締め付けていた。
【0003】
【考案が解決しようとする課題】
しかしながら、工作物を工作機械に取付ける上記従来の方法では、1個の工作 物に対し約1〜1.5時間という永い作業時間を要するうえ、作業者の熟練度お よび体調により作業時間にばらつきを生じるため、多数の工作物を連続して加工 する際の作業効率の低下はいちじるしいものがあった。
【0004】
【課題を解決するための手段】
本考案は、上記した従来の問題点を解決するもので、工作物の隣り合う2側面 に当てる突き当てブロックと、前記2側面に向かい合う2側面に当てるボールプ ランジャーを組み込んだボックスとをもつ工作物取付ベースよりなることを特徴 とする工作物取付治具を要旨とする。
【0005】 本考案の取付治具の一例を図1(a),(b)によって説明すると、突き当て ブロック9を、工作物取付ベース2の一つの長辺の側壁面に2個、一つの短辺の 側壁面に1個取付ける。しかして残りの長辺の側壁面に2個、短辺の側壁面に1 個のボールプランジャーを組み込んだボックス(以下ボールプランジャーボック スという)10を取付ける。ボールプランジャーボックス10は、ばね11で常 に押上げられている鋼球12をもつボールプランジャーを有し、鋼球12と工作 物1との間の隙間を約1mm、ボールプランジャーボックス10の上縁と鋼球1 2の先端までの距離を1.4〜1.5mmに保つように、工作物取付ベースの外 形を調整する。工作物取付ベースは、従来どおりのダイヤルインジケータによる 芯出し方法で工作機械に取付ける。 工作物取付ベースには、熱処理(焼き入れ硬度HRC60°±2°)およびサ ブゼロ処理を施したもの、突き当てブロックには熱処理(焼き入れ硬度HRC5 0°±2°)を施したものを使用する。またボールプランジャーボックス内の鋼 球を押上げるばねの定数は1.7程度とする。
【0006】
【作用】
工作物を取付治具に載せ圧入すると、工作物はボールプランジャーのばねの力 により、一定の力で突き当てブロックに押付けられ位置が確定する。そこで工作 機械に対し工作物を従来の方法で芯出しして工作物取付ベースをクランプした後 、工作物を工作物取付ベースに取付ボルトで固定し加工する。つぎの加工からは 工作物を取付治具に圧入し取付ボルトで固定するだけで芯出しの必要はない。
【0007】
【実施例】
長辺の長さが240mm、短辺の長さが120mm、厚さが30mmの工作物 を取付治具に圧入し、芯出し、取付ボルトによる固定を行って加工した。つぎの 工作物を取付ボルトで取付治具に取付けるには、8本のM8六角穴突きボルトを インパクトレンチで取付ける場合、約5分の作業時間を要したが、工作物と工作 機械の芯出し時間は不要であった。この取付作業を10回繰り返したが、工作物 の中心ずれは±0.002mm、工作物と工作機械のX軸との平行度は±0.0 02mmに過ぎなかった。
【0008】
【考案の効果】
同じ寸法、形状の工作物を取付治具に取付ける場合、初回は取付治具と工作機 械の芯出しおよび取付けに従来どおりの作業時間を要するが、次回からは工作物 を取付治具に圧入し、取付ボルトによる固定の時間のみとなって作業時間の短縮 化が進み、また作業者の熟練度、体調による不安定要因の影響をなくすことがで きた。
【図面の簡単な説明】
【図1】本考案の取付治具に工作物を取付けたときの
(a)は平面図、(b)は側面図である。
【図2】従来の取付治具に工作物を取付けたときの
(a)は平面図、(b)は側面図である。
【符号の説明】
1…工作物 7…フランジボルト 2…工作物取付ベース 8…ナット 3…取付ボルト 9…突き当てブロック 4…ステップクランプ 10…ボールプランジ
ャーボックス 5…平行台 11…ばね 6…ステップブロック 12…鋼球

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 直方体工作物の隣り合う2側面に当てる
    突き当てブロックと、前記2側面に向かい合う2側面に
    当てるボールプランジャーを組み込んだボックスとをも
    つ直方体工作物取付ベースよりなることを特徴とする直
    方体工作物取付治具。
JP2598093U 1993-05-19 1993-05-19 直方体工作物取付治具 Granted JPH0683236U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2598093U JPH0683236U (ja) 1993-05-19 1993-05-19 直方体工作物取付治具

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2598093U JPH0683236U (ja) 1993-05-19 1993-05-19 直方体工作物取付治具

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0683236U true JPH0683236U (ja) 1994-11-29

Family

ID=12180877

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2598093U Granted JPH0683236U (ja) 1993-05-19 1993-05-19 直方体工作物取付治具

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0683236U (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN108145479A (zh) * 2016-06-01 2018-06-12 昆山科森科技股份有限公司 用于装卡工件的固定治具

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN108145479A (zh) * 2016-06-01 2018-06-12 昆山科森科技股份有限公司 用于装卡工件的固定治具

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6796014B2 (en) Method for coupling first and second structures
JP2555302B2 (ja) 機械加工に用いる精密バイス
SU1382396A3 (ru) Устройство дл закреплени издели или инструмента дл режущих станков
US6957809B1 (en) Dovetail vise jaw plate assembly
NL1035885C2 (nl) Spaninrichting.
US6993821B2 (en) Manufacturing cell using tooling apparatus
US6361034B1 (en) Magnetic insert in jaw plate for holding vise parallels
US6152435A (en) Multi-diameter vise clamp and collet jaw
KR20070033263A (ko) 작업 부재의 클램핑 장치
JP2009220194A (ja) 切削加工用治具
US4706949A (en) Vise jaw support system and interchangeable vise jaws therefor
EP2578354A1 (en) Object positioning and fixing device
US6681464B1 (en) Tooling apparatus
US4682489A (en) Process for increasing the fatigue strength of components with different shapes or designs
US5145157A (en) Adjustable workpiece-holding system
KR20000062944A (ko) 공구 홀더 및 공구 홀더 장착 장치
FI86815B (fi) Rotationspalettsystem.
US5810341A (en) Truss table with integrated positioning stops
WO2003009347A3 (en) Integrated system for tool front-end workpiece handling
US5415383A (en) Clamp arm with slip plane positioning
US8167292B1 (en) Vise jaw plates
US20030175075A1 (en) Dovetail with locking teeth
US4804171A (en) Workpiece holding device
US7686553B2 (en) Precision positioning and fastening system
US20030213776A1 (en) Precision base and fixture adapter set-up