JPH0681776A - 可変容量ベーンポンプ - Google Patents

可変容量ベーンポンプ

Info

Publication number
JPH0681776A
JPH0681776A JP23594492A JP23594492A JPH0681776A JP H0681776 A JPH0681776 A JP H0681776A JP 23594492 A JP23594492 A JP 23594492A JP 23594492 A JP23594492 A JP 23594492A JP H0681776 A JPH0681776 A JP H0681776A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
discharge
groove
cam ring
port
suction
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP23594492A
Other languages
English (en)
Inventor
Hiroyuki Nishiyama
Hiromasa Sakai
裕之 西山
弘正 酒井
Original Assignee
Jatco Corp
Nissan Motor Co Ltd
ジャトコ株式会社
日産自動車株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Jatco Corp, Nissan Motor Co Ltd, ジャトコ株式会社, 日産自動車株式会社 filed Critical Jatco Corp
Priority to JP23594492A priority Critical patent/JPH0681776A/ja
Publication of JPH0681776A publication Critical patent/JPH0681776A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 カムリングの片当たりの発生を防止して、吐
出量コントロール精度の向上,カムリングの摩耗や焼け
の発生防止を図ること。 【構成】 カムリング3の吐出ポート2bと重なる位置
において、カムリング3のハウジング1,2側のそれぞ
れの面の同一位置に、同一形状の第1吐出側溝31aと
第2吐出側溝31bとを形成した。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【産業上の利用分野】本発明は、自動変速機の油圧源な
どとして適用される可変容量べーンポンプに関し、特
に、そのカムリングの構造に関する。

【0002】

【従来の技術】従来、可変容量べーンポンプとしては、
例えば、実開平2−72850号公報に記載されたもの
が知られている。

【0003】この可変容量べーンポンプは、カムリング
のポンプカバー側面に、ポンプ室から潤滑油通路と重な
る位置まで伸びる凹溝が形成された構造となっている。

【0004】ところで、カムリングの側面に溝を設ける
ものとして、従来、カムリングを偏心させた際に、吐出
ポートと重なる位置に、流出抵抗低減用の吐出側溝を形
成することが知られている。

【0005】すなわち、この吐出側溝を形成することに
より、カムリングを偏心させた際にカムリングが吐出ポ
ートの一部を塞いだとしても、吐出側溝により、吐出用
の通路が確保され、流出抵抗が高くならないようにでき
るものである。ちなみに、吐出ポートをカムリングと全
く重なることのない位置および形状に形成することが考
えられるが、このような場合には、ポート面積が小さく
なり過ぎてオイルの流れが悪くなるおそれがある。

【0006】

【発明が解決しようとする課題】上述のように、カムリ
ングの一側に、吐出側溝を形成することにより、カムリ
ングと吐出ポートとが重なった際の流出抵抗を低減させ
ることができるのであるが、しかしながら、吐出側溝を
オイルが流れる場合、カムリングが、吐出ポートから一
側だけに圧力を受けてしまって、カムリングが片当りし
てしまい、これにより、カムリングの作動がスムーズで
なくなって、吐出量コントロールが困難になったり、片
当りを原因とした摩耗や焼けが発生するという問題があ
った。

【0007】また、従来、ポンプ上死点や下死点での閉
じ込み圧を調整するために、吐出ポートあるいは吸入ポ
ートの端部に、ひげ溝などの溝加工を行うことが知られ
ている(例えば、実開昭63−104689号公報参
照)。

【0008】しかしながら、吐出ポートや吸入ポートが
形成されるケーシングは、鋳造により製造されているも
ので、このような鋳肌に溝を加工する場合、製造コスト
が高くなるという問題があった。

【0009】本発明は、上述の従来の問題点に着目して
成されたもので、カムリングの片当たりの発生を防止し
て、吐出量コントロール精度の向上,カムリングの摩耗
や焼けの発生防止を図ることを第1の目的とし、さら
に、吐出側溝および吸入側溝を利用して、製造コストの
低減を図ることを第2の目的としている。

【0010】

【課題を解決するための手段】そこで、本発明では、カ
ムリングの両面に対称的に第1吐出側溝と第2吐出側溝
とを形成して第1の目的を達成し、さらに、カムリング
の吐出側溝と吸入側溝との端部を両ポート端部よりも閉
じ込み部中央側に延在させて第2の目的を達成するよう
にした。

【0011】すなわち、第1の目的を達成するために、
本発明の可変容量べーンポンプは、複数のベーン及びロ
ータ,カムリング,リターン用スプリング,吸入ポー
ト,吐出ポートを1つづつ有し、ケーシングに対しカム
リングを揺動させ、ロータとカムリングとの偏心量を変
化させることにより吐出流量を調整する可変容量ベーン
ポンプにおいて、前記カムリングのケーシング側の一側
面の吐出ポートと重なる位置に、流出抵抗低減用の第1
吐出側溝が形成されているとともに、前記カムリングの
第1吐出側溝が設けられているのとは反対側の面に、第
1吐出側溝と同じ位置に第1吐出側溝と同一形状の第2
吐出側溝が設けられている構成とした。

【0012】また、第2の目的を達成するために、本発
明の可変容量べーンポンプは、複数のベーン及びロー
タ,カムリング,リターン用スプリング,吸入ポート,
吐出ポートを1つづつ有し、ケーシングに対しカムリン
グを揺動させ、ロータとカムリングとの偏心量を変化さ
せることにより吐出流量を調整する可変容量ベーンポン
プにおいて、前記カムリングのケーシング側の一側面に
は、吐出ポートと重なる位置に、流出抵抗低減用の第1
吐出側溝が形成されているとともに、吸入ポートと重な
る位置に、吸入抵抗低減用の吸入側溝が形成され、前記
吐出側溝は、端部が吐出ポート端部よりも吸入ポート側
の位置まで延在され、前記吸入側溝は、端部が吸入ポー
ト端部よりも吐出ポート側の位置まで延在されている構
成とした。

【0013】

【作用】請求項1記載の可変容量べーンポンプにあって
は、ロータが回転すると、ベーン間で圧縮されたオイル
が、吐出ポートから吐出される。この際に、カムリング
が吐出ポートと重なっている状態では、吐出オイルの一
部が第1・第2の両吐出側溝に導かれて、カムリングが
吐出ポートを塞ぐことにより流出抵抗が増すことはな
い。そして、このように流出オイルが、カムリングの両
面の同じ位置に同じ形状で形成された2つの溝に導かれ
ることで、カムリングに対して作用する吐出ポートの圧
力が相殺されて、カムリングがハウジングに対して片当
り状態となることはない。

【0014】したがって、カムリングの片当りによる偏
摩耗や焼けを防止できるとともに、吐出量コントロール
が正常になされる。

【0015】また、請求項2記載の可変容量べーンポン
プでは、吐出・吸入両ポート間の閉じ込み部では、ベー
ンが、吐出ポートに達する前に吐出側溝に達して、ベー
ン室の負圧側と正圧側とが、吐出側溝を介して連通する
ことになる。これにより、ベーン室の圧力上昇が吐出側
溝により円滑に行われることになる。

【0016】このような圧力変化の円滑化を図るに当
り、カムリングに形成されている吐出側溝および吸入側
溝を利用しているため、ケーシング加工の手間が省略さ
れるし、これら吐出側溝および吸入側溝が形成されてい
るカムリングは、鋳造ではなく金型プレスによる焼結に
より形成されているため、各溝を形成するにあたり高い
位置精度が得られ、ベーン間の体積変化率の調整が正確
かつ容易となる。

【0017】

【実施例】以下、本発明の実施例を図面により詳述す
る。

【0018】図2は実施例の可変容量べーンポンプPを
示す断面図であって、この可変容量べーンポンプPのケ
ーシングは、ハウシング1およびハウジング2からなっ
ており、これらによって形成される空間内にカムリング
3,ロータ4,複数のベーン5,ベーンリング8などが
設けられている。なお、前記ロータ4は、図示を省略し
た回転軸によって回転駆動されるようになっている。

【0019】図3は、図2のS3−S3線に沿って見た
図であって、この図に示すようにカムリング3は、ハウ
シング1およびハウジング2に固着されたピボット6を
支点として揺動可能に設けられ、さらに、リターン用ス
プリング7によってロータ4との偏心量が増大する方向
に付勢されている。

【0020】前記カムリング3の外周に沿って、レバー
状のピストン9が設けられている。このピストン9は、
ピン10を支点として揺動可能に設けられていて、これ
によりカムリング3を押圧するようになっている。な
お、ピストン9の背面側には、油室11が形成されてい
る。

【0021】前記ハウジング2には、図4の説明図に示
すように、吸入ポート2aおよび吐出ポート2bが形成
されている。なお、図4は、図3と同じ視線の方向で各
ポート2a,2bとカムリング3との位置関係を示して
いるもので、この図に示すように、各ポート2a,2b
に略沿うようにして、カムリング3には、吐出側溝31
と吸入側溝32が形成されている。すなわち、前記吐出
側溝31は、カムリング3を揺動させたときに吐出ポー
ト2bと重なる部分を全て含んで形成されており、一
方、吸入側溝32も同様に、カムリング3を揺動させた
ときに吸入ポート2aと重なる部分を全て含んで形成さ
れている。

【0022】また、前記吐出側溝31は、図1の断面図
(図3のS1−S1線による断面)に示すように、カム
リング3のハウジング2側の面の端縁部において、吐出
ポート2bに一部が面して形成された第1吐出側溝31
aと、カムリング3の第1吐出側溝31aが形成されて
いるのとは反対側のハウシング1側の面の端縁部におい
て、第1吐出側溝31aと同一位置に同一形状で形成さ
れた第2の吐出側溝31bとで構成されている。

【0023】そして、図4に示すように、両ポート2
a,2bの間に形成された吐出側の閉じ込み部2cで
は、吸入側溝32の端部が、吸入ポート2aよりも吐出
ポート2b側まで延在され、一方、吐出側溝31の端部
が、吐出ポート2bよりも吸入ポート2a側まで延在さ
れ、これにより、閉じ込み部2cにおける各ポート2
a,2bの間隔よりも各溝31,32の間隔Lの方が狭
く形成されている。なお、前記間隔Lは、ベーン5のピ
ッチよりも僅かに小さな寸法に設定されている。

【0024】次に、実施例の作用について説明する。

【0025】ロータ4が回転すると、ベーン5間で圧縮
されたオイルが、吐出ポート2bから吐出される。この
際に、カムリング3において、吐出ポート2bと重なっ
ている部分では、吐出オイルの一部が第1・第2の両吐
出側溝31a,31bに導かれて、カムリング3が吐出
ポート2bを塞ぐことによる流出抵抗を低減する。この
場合、本実施例では、オイルが、カムリング3の両面の
同じ位置に同じ形状で形成された第1・第2の吐出側溝
31a,31bに導かれることで、吐出ポート2bの圧
力は、カムリング3の両面から均一にかかることにな
り、カムリング3がハウジング1,2に対して片当り状
態となるのを防止できる。したがって、カムリング3の
片当りによる偏摩耗や焼けを防止できるとともに、吐出
量コントロールが正常になされる。

【0026】また、閉じ込み部2cでは、ベーン5が、
吐出側溝31に達したときには、ベーン5の負圧側と正
圧側とが、吐出側溝31を介して連通することになる。
これにより、ベーン5の負圧側の圧力が徐々に円滑に上
昇を開始するもので、この溝31,32の間隔Lにより
体積変化率の調整を行うことができる。

【0027】ところで、このような圧力変化の円滑化を
図るに当り、閉じ込み部において吐出ポートに連通され
た溝をハンジングに複数形成することが知られているが
(例えば、実開昭63−104689号公報参照)、本
実施例では、金型プレスによる燒結により形成されるカ
ムリング3に形成した吐出側溝31および吸入側溝32
を利用するようにしたため、従来のように、鋳造により
形成されるハウジング2に溝を形成するのに比べ、高い
寸法精度が得られ、上述のようにして行う体積変化率の
調整が正確かつ容易となる。

【0028】以上説明してきたように、本実施例では、
カムリング3に対して吐出ポート2bの圧力が両面に均
一に作用するもので、従来のように吐出ポート2bの圧
力が片面に作用してカムリング3がハウジング1,2に
対して片当り状態となるのを防止でき、これにより、カ
ムリング3の片当りによる偏摩耗や焼けを防止できると
ともに、吐出量コントロールが正常になされるという効
果が得られる。

【0029】さらに、本実施例では、閉じ込み部2cに
おける体積変化率の調整を、吐出側溝31および吸入側
溝2bを利用して行うようにしたため、別個に調整用の
溝を形成するのに比べて加工の手間を減らすことができ
るという効果が得られるとともに、鋳造により形成され
るハウジング2に溝を形成するのに比べ、高い寸法精度
が得られ体積変化率の調整が正確かつ容易となるという
効果が得られる。

【0030】以上、本発明の実施例を図面により説明し
たが、具体的な構成はこの実施例に限られるものではな
い。

【0031】

【発明の効果】以上説明したように、本発明請求項1記
載の可変容量べーンポンプは、カムリングのケーシング
側の面の両面の同一位置に、同一形状の第1吐出側溝と
第2吐出側溝とを形成した構成としたため、カムリング
に対して吐出ポートの圧力が、両面に均一にかかってカ
ムリングがケーシングに片当りするのを防止でき、これ
によって、カムリングの片当りによる偏摩耗や焼けを防
止できるとともに、吐出量コントロールが正常になされ
るという効果が得られる。

【0032】また、本発明請求項2記載の可変容量べー
ンポンプは、カムリングに形成した吐出側溝と吸入側溝
とを、それぞれ、その端部を吐出ポート,吸入ポートの
端部よりも閉じ込み部側に延在させた構成としたため、
吐出側溝と吸入側溝とで閉じ込み部における体積変化率
の調整を行うことができ、これにより、別個に調整用の
溝をケーシングに形成するのに比べて加工の手間を減ら
すことができるという効果が得られるとともに、鋳造に
より形成されるケーシングに溝を形成するのに比べ、高
い寸法精度が得られ体積変化率の調整が正確かつ容易と
なるという効果が得られる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明実施例の可変容量べーンポンプの要部を
示す拡大断面図(図3のS1−S1線による断面)であ
る。

【図2】実施例の可変容量べーンポンプを示す断面図で
ある。

【図3】実施例の可変容量べーンポンプを示す図2のS
3−S3線に沿って見た図である。

【図4】実施例の可変容量べーンポンプの各ポートとカ
ムリングとの位置関係を示す説明図である。

【符号の説明】

1 ハウジング(ケーシング) 2 ハウジング(ケーシング) 2a 吸入ポート 2b 吐出ポート 3 カムリング 4 ロータ 5 ベーン 7 リターン用スプリング 31 吐出側溝 31a 第1吐出側溝 31b 第2吐出側溝 32 吸入側溝

─────────────────────────────────────────────────────

【手続補正書】

【提出日】平成4年10月13日

【手続補正1】

【補正対象書類名】明細書

【補正対象項目名】特許請求の範囲

【補正方法】変更

【補正内容】

【特許請求の範囲】

【手続補正2】

【補正対象書類名】明細書

【補正対象項目名】0011

【補正方法】変更

【補正内容】

【0011】すなわち、第1の目的を達成するために、
本発明の可変容量べーンポンプは、複数のベーン及びロ
ータ,カムリング,リターン用スプリング,吸入ポー
ト,吐出ポートを有し、ケーシングに対しカムリングを
揺動させ、ロータとカムリングとの偏心量を変化させる
ことにより吐出流量を調整する可変容量ベーンポンプに
おいて、前記カムリングのケーシング側一側面の吐出ポ
ートと重なる位置に、流出抵抗低減用の第1吐出側溝が
形成されているとともに、前記カムリングの第1吐出側
溝が設けられているのとは反対側の面に、第1吐出側溝
と同じ位置に第1吐出側溝と同一形状の第2吐出側溝が
設けられている構成とした。

【手続補正3】

【補正対象書類名】明細書

【補正対象項目名】0012

【補正方法】変更

【補正内容】

【0012】また、第2の目的を達成するために、本発
明の可変容量べーンポンプは、複数のベーン及びロー
タ,カムリング,リターン用スプリング,吸入ポート,
吐出ポートを有し、ケーシングに対しカムリングを揺動
させ、ロータとカムリングとの偏心量を変化させること
により吐出流量を調整する可変容量ベーンポンプにおい
て、前記カムリングのケーシング側の一側面には、吐出
ポートと重なる位置に、流出抵抗低減用の第1吐出側溝
が形成されているとともに、吸入ポートと重なる位置
に、吸入抵抗低減用の吸入側溝が形成され、前記吐出側
溝は、端部が吐出ポート端部よりも吸入ポート側の位置
まで延在され、前記吸入側溝は、端部が吸入ポート端部
よりも吐出ポート側の位置まで延在されている構成とし
た。

【手続補正4】

【補正対象書類名】明細書

【補正対象項目名】0030

【補正方法】変更

【補正内容】

【0030】以上、本発明の実施例を図面により説明し
たが、具体的な構成はこの実施例に限られるものではな
い。例えば、実施例では、ケーシングとしてのハウジン
グ1,2の一方のみに吸入ポート2aおよび吐出ポート
2bを形成したものを示したが、各ポート2a,2bの
一方あるいは両方を、ハウジング1,2の両方に形成す
るようにしてもよいし、各ポート2a,2bを、それぞ
れハウジング1,2の異なる側に形成するようにしても
よい。そして、各ポート2a,2bの一方あるいは両方
をハウジング1,2の両方に形成した場合には、吐出側
溝31あるいは吸入側溝32もこれに対応してカムリン
グ3の両面に形成する。

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 複数のベーン及びロータ,カムリング,
    リターン用スプリング,吸入ポート,吐出ポートを1つ
    づつ有し、ケーシングに対しカムリングを揺動させ、ロ
    ータとカムリングとの偏心量を変化させることにより吐
    出流量を調整する可変容量ベーンポンプにおいて、 前記カムリングのケーシング側の一側面の吐出ポートと
    重なる位置に、流出抵抗低減用の第1吐出側溝が形成さ
    れているとともに、前記カムリングの第1吐出側溝が設
    けられているのとは反対側の面に、第1吐出側溝と同じ
    位置に第1吐出側溝と同一形状の第2吐出側溝が設けら
    れていることを特徴とする可変容量べーンポンプ。
  2. 【請求項2】 複数のベーン及びロータ,カムリング,
    リターン用スプリング,吸入ポート,吐出ポートを1つ
    づつ有し、ケーシングに対しカムリングを揺動させ、ロ
    ータとカムリングとの偏心量を変化させることにより吐
    出流量を調整する可変容量ベーンポンプにおいて、 前記カムリングのケーシング側の一側面には、吐出ポー
    トと重なる位置に、流出抵抗低減用の第1吐出側溝が形
    成されているとともに、吸入ポートと重なる位置に、吸
    入抵抗低減用の吸入側溝が形成され、 前記吐出側溝は、端部が吐出ポート端部よりも吸入ポー
    ト側の位置まで延在され、 前記吸入側溝は、端部が吸入ポート端部よりも吐出ポー
    ト側の位置まで延在されていることを特徴とする可変容
    量べーンポンプ。
JP23594492A 1992-09-03 1992-09-03 可変容量ベーンポンプ Pending JPH0681776A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP23594492A JPH0681776A (ja) 1992-09-03 1992-09-03 可変容量ベーンポンプ

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP23594492A JPH0681776A (ja) 1992-09-03 1992-09-03 可変容量ベーンポンプ

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0681776A true JPH0681776A (ja) 1994-03-22

Family

ID=16993539

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP23594492A Pending JPH0681776A (ja) 1992-09-03 1992-09-03 可変容量ベーンポンプ

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0681776A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007056684A (ja) * 2005-08-22 2007-03-08 Kayaba Ind Co Ltd ベーンポンプ
JP2011140918A (ja) * 2010-01-08 2011-07-21 Kyb Co Ltd 可変容量型ベーンポンプ

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007056684A (ja) * 2005-08-22 2007-03-08 Kayaba Ind Co Ltd ベーンポンプ
JP2011140918A (ja) * 2010-01-08 2011-07-21 Kyb Co Ltd 可変容量型ベーンポンプ

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9133842B2 (en) Variable displacement pump
US6155797A (en) Variable displacement pump
JP4310960B2 (ja) スクロール型流体機械
US8317401B2 (en) Slide bearing
DE102012021490B4 (de) Verstellpumpe
JP3077621B2 (ja) 内燃機関の可変バルブタイミング機構
US9046100B2 (en) Variable vane pump with communication groove in the cam ring
EP0652370B1 (en) Variable displacement vane pump
DE112007001037B4 (de) Flügelpumpe mit variabler Verdrängung und zwei Steuerkammern
US7798790B2 (en) Vane pump using line pressure to directly regulate displacement
JP2915626B2 (ja) 可変容量型ベーンポンプ
JP5022139B2 (ja) 可変容量型ベーンポンプ
US7083394B2 (en) Vane pump with undervane feed
US4183723A (en) Rotary vane pump having multi-independent outputs due to stator surfaces of different contour
US5122039A (en) Electric-motor fuel pump
US5064362A (en) Balanced dual-lobe vane pump with radial inlet and outlet parting through the pump rotor
EP0320822A1 (de) Axialkolbenpumpe
US5752815A (en) Controllable vane pump
DE602004001152T2 (de) Ausgeglichene Innenzahnradpumpe für Kraftstoffe
EP0785361B1 (en) Oil pump apparatus
US5895209A (en) Variable capacity pump having a variable metering orifice for biasing pressure
DE102014210664A1 (de) Verstellpumpe
US5862704A (en) Retainer mechanism for an axial piston machine
EP0969209B1 (en) Scroll-type variable-capacity compressor
JP3852756B2 (ja) 燃料噴射ポンプ