JPH0679834B2 - 透過型スクリ−ン用レンズ板の製造方法 - Google Patents

透過型スクリ−ン用レンズ板の製造方法

Info

Publication number
JPH0679834B2
JPH0679834B2 JP61310842A JP31084286A JPH0679834B2 JP H0679834 B2 JPH0679834 B2 JP H0679834B2 JP 61310842 A JP61310842 A JP 61310842A JP 31084286 A JP31084286 A JP 31084286A JP H0679834 B2 JPH0679834 B2 JP H0679834B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
surface
resin
resin layer
mold
lens plate
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP61310842A
Other languages
English (en)
Other versions
JPS63162224A (en
Inventor
本田  誠
Original Assignee
大日本印刷株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 大日本印刷株式会社 filed Critical 大日本印刷株式会社
Priority to JP61310842A priority Critical patent/JPH0679834B2/ja
Publication of JPS63162224A publication Critical patent/JPS63162224A/ja
Publication of JPH0679834B2 publication Critical patent/JPH0679834B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 本発明は透過型スクリーン用レンズ板の製造方法に関す
る。

〔従来技術〕

従来から、フレネルレンズ面を有するレンズ板と、レン
チキュラーレンズ面等の光学的加工面を有する樹脂基板
を接合一体化して構成し、CRTからの入射光を集光、拡
散等を行って進路を調節して画像を鑑賞し易いようにす
る透過型スクリーン用レンズ板の製造方法として、フレ
ネルレンズ面形状を有する金型に紫外線硬化型又は電子
線硬化型樹脂を塗布した後、上面が光学的加工面であり
且つ下面が平滑面である樹脂基板を押圧ラミネートし、
次いで紫外線又は電子線を照射して硬化型樹脂を硬化さ
せ、その後、金型から離型して製造する方法が開発され
ている。

〔発明が解決しようとする問題点〕

しかしながら上記の製造方法においては、金型内に塗布
された紫外線硬化型樹脂の樹脂層表面とラミネートする
樹脂基板との間に気泡が介在してしまい、特に樹脂基板
の下面が平滑面であるためその気泡の脱泡に当たり減圧
下で基板のラミネートを行なわなければならず、連続的
生産が極めて困難であった。

本発明は上記の問題点を克服するとともに、生産効率が
高く、しかも優れた透過型スクリーン機能を有するレン
ズ板を製造し得る透過型スクリーン用レンズ板の製造方
法を提供することを目的とする。

〔問題点を解決するための手段〕

即ち、本発明はフレネルレンズ面形状を有する金型に紫
外線硬化型又は電子線硬化型樹脂組成物を塗布して樹脂
層を形成し、次いで、少なくとも片面が連続した光学的
凹凸加工面からなり且つ上記紫外線硬化型又は電子線硬
化型樹脂と屈折率の異なる透明又は半透明合成樹脂から
なる樹脂基板を、上記樹脂層表面に凹凸加工面を対向さ
せてラミネートした後、該基板側より紫外線又は電子線
を照射して樹脂層を硬化させて硬化樹脂層とし、しかる
後、一体化した樹脂基板及び硬化樹脂層を金型から離型
して透過型スクリーン用レンズ板を製造することを特徴
とする透過型スクリーン用レンズ板の製造方法を要旨と
する。

〔実施例〕

以下、本発明の実施例について説明する。

本発明においては、まずフレネルレンズ面形状を有する
金型に紫外線硬化型又は電子線硬化型樹脂組成物を塗布
する。これにより金型内に樹脂層が形成される。

上記金型は従来のこの種製造方法において使用されてい
るものと同様に従来公知の方法で製造することができ
る。

金型に塗布する紫外線硬化型樹脂組成物又は電子線硬化
型樹脂組成物としては、ウレタン系アクリレート、エポ
キシ系アクリレート、ポリエステル系アクリレート、シ
リコン系アクリレート、チオール系アクリレート、フッ
素系アクリレート、脂肪族アクリレート、芳香族アクリ
レート等の紫外線硬化型樹脂、或いは電子線硬化型樹脂
に増感剤、モノマー等を添加してなるものであり、これ
らの樹脂組成物をロールコート、フローコート、ディッ
ピング等の方法により塗布することができる。

樹脂組成物の塗布後、必要に応じて塗布された樹脂組成
物層表面をスムージングを行うことにより平滑面とす
る。スムージングは例えば、ドクターブレード、ミヤバ
ー、エアーナイフ、リバースロール等の方法により行う
ことができる。

次いで本発明においては、少なくとも片面が連続した光
学的凹凸加工面からなり且つ紫外線硬化型又は電子線硬
化型樹脂と屈折率の異なる透明又は半透明合成樹脂から
なる樹脂基板をラミネートし、その後、該樹脂基板側よ
り紫外線を照射して樹脂層を硬化させる。

上記光学的凹凸加工面としては、フレネルレンズ面、レ
ンチキュラーレンズ面、光軸屈折用プリズム面等が挙げ
られ、いずれのものも連続した溝状の凹部を有する。こ
の凹凸加工面は樹脂基板の片面或いは両面に形成され
る。また、両面に凹凸加工面を形成し且つ樹脂層と接す
る面と反対の面がレンチキュラーレンズ面である場合、
該レンズ面上に遮光層等を設けることができる。

樹脂基板は、樹脂層との界面(接合面)において光軸屈
折の機能を持たせるため、紫外線硬化型又は電子線硬化
型樹脂と屈折率の異なる透明又は半透明合成樹脂により
構成され、上記硬化型樹脂と樹脂基板を構成する合成樹
脂との屈折率の差は、通常0.03以上、特に0.06以上であ
ることが好ましい。上記合成樹脂としては例えば、ポリ
メチルメタクリレート(1.49)、ポリカーボネート(1.
59)、ポリスチレン(1.59)、アクリル−スチレンコポ
リマー(1.56〜1.57)、ポリメチルペンタン(1.47)、
ポリビニルナフタリン(1.68)、セルロースエステル
(1.47)、ポリテトラフルオロエチレン(1.35)、ポリ
トリフルオロエチルメタクリレート(1.44)、ポリナフ
チルメタクリレート(1.64)、ポリ塩化ビニル(1.5
4)、ポリエステル(1.54)等が挙げられる(括弧内の
数値は屈折率を示す)。

上記樹脂基板を樹脂層表面にラミネートするに当たって
は、該基板の凹凸加工面を樹脂層側に対向させてラミネ
ートする。上記の如くラミネートすることにより樹脂層
と基板との間に介在し易い気泡が、凹凸加工面の連続し
た溝状の凹部に沿って外部に排除され易くなり、これ
は、下面が平滑面である樹脂基板をラミネートしていた
従来の製造方法に比べ、脱泡効果が格段に優れたものと
なる。

また樹脂基板を樹脂層にラミネートする際、両者の接着
性を良好ならしめるためのプライマー層を樹脂基板(具
体的には光学的凹凸加工面)に設けることも可能であ
る。このプライマー層として例えば、ポリエステル、塩
化ビニル−酢酸ビニル共重合耐、ウレタン等が挙げられ
る。

紫外線或いは電子線の照射時間或いは照射強度等は樹脂
層の厚さ、種類等によっても多少異なるが、紫外線の場
合、500W〜3KWの紫外線を10〜30秒程度照射するのが好
ましく、又、電子線の場合には、1〜50メガラッド程度
照射するのが好ましい。

本発明において、紫外線又は電子線の照射により樹脂層
は硬化し、硬化樹脂層となるとともに樹脂基板と接合一
体化し、次いで、上記の如く一体化した硬化樹脂層及び
樹脂基板が金型から離型され、しかる後、所定形状に裁
断されて本発明製造方法による透過型スクリーン用レン
ズ板が得られる。

次に、本発明を図面に基づいて詳細に説明する。

第1図は本発明製造方法の一実施例を示すものである。
図中1はフレネルレンズ面形状2を有する金型であり、
複数の金型1,1,・・・が間欠的にコンベアー3により移
動可能に構成されている。移動する金型1には塗布装置
4により紫外線硬化型又は電子線硬化型樹脂組成物が塗
布され、金型1内に樹脂層5が形成される。次いで、樹
脂層5及び金型1の表面を被覆するように樹脂基板6が
光学的凹凸加工面7を下方にして供給される。樹脂基板
6はゴムロール8、8の間に金型1とともに各ロール
8、8によって挾圧されながら供給され、また樹脂層5
の先端部から順次供給されるため樹脂層5中の気泡は順
次脱泡され、基板6が樹脂層5を被覆し終える時点では
樹脂層5には気泡が殆ど或いは全く含まない状態とな
る。次に、樹脂基板6側から紫外線又は電子線9を照射
して樹脂層5を硬化させて硬化樹脂層5aとする。次いで
ロール10により樹脂基板6に所定角度を持たせることに
より硬化樹脂層5aを金型1から離型させ、しかる後、所
定形状に切断して第2図に示すような透過型スクリーン
用レンズ板11を形成することができる。

以下、具体的実施例を挙げて本発明を更に詳細に説明す
る。

定法により得たサーキュラーフレネルレンズ製造用金型
に屈折率1.58のポリエステル系紫外線硬化型樹脂にヒド
ロキシフェニルプロパン系増感剤2%を添加した樹脂組
成物をフローコート法にて塗布した後、一方の面にピッ
チ0.12mm、45°の角度をもつプリズム面を形成し、他方
の面にピッチ0.08mm、半径0.3mmからなるレンチキュラ
ーレンズ面を形成してなり且つ屈折率が1.49のアクリル
樹脂からなる樹脂基板を、上記プリズム面を下方にし樹
脂層表面に常圧下で一対のゴムローラにて加圧圧着し、
余分な紫外線硬化型樹脂組成物とともに気泡を排除しな
がらラミネートした後、1kWの紫外線を20秒間照射し樹
脂層を硬化させ、しかる後、金型から離型して透過型ス
クリーン用レンズ板を得た。

上記製造においては脱泡が極めてスムーズに且つ効率よ
く行われ、気泡が介在しないレンズ板を得ることができ
た。

また、得られたレンズ板は曲げ角5°、拡散半値角4°
の特性を有するものであり、透過型スクリーンとして優
れた性能のレンズ板であることが確認された。

〔発明の効果〕

以上説明したように本発明透明型スクリーン用レンズ板
の製造方法は、フレネルレンズ面形状を有する金型に紫
外線硬化型又は電子線硬化型樹脂組成物を塗布して樹脂
層を形成し、次いで、少なくとも片面が連続した光学的
凹凸加工面からなり且つ上記紫外線硬化型又は電子線硬
化型樹脂と屈折率の異なる透明又は半透明合成樹脂から
なる樹脂基板を、上記樹脂層表面に凹凸加工面を対向さ
せてラミネートした後、該基板側より紫外線又は電子線
を照射して樹脂層を硬化させて硬化樹脂層とし、しかる
後、一体化した樹脂基板及び硬化樹脂層を金型から離型
して透過型スクリーン用レンズ板を製造するものである
から、樹脂層と樹脂基板のラミネート時における脱泡が
光学的凹凸加工面の作用により効率よく行われ、従来方
法の如く減圧下で製造する必要がなくなり、その結果、
生産効率を高めることができる効果である。

また本発明によれば、上記の如き構成を有する樹脂基板
を用いることができるため、透過型スクリーンとしての
機能を向上させるための各種手段を樹脂基板に付加して
おくことができ、それにより優れたスクリーン機能を有
するレンズ板を容易に製造することができる利点があ
る。

【図面の簡単な説明】

第1は本発明製造方法の一実施例を示す工程略図、第2
図は本発明製造方法により得られる透過型スクリーン用
レンズ板の1例を示す縦断面図である。 1……金型 2……フレネルレンズ面形状 5……樹脂層 5a……硬化樹脂層 6……樹脂基板 7……光学的凹凸加工面 9……紫外線又は電子線 11……透過型スクリーン用レンズ板

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】フレネルレンズ面形状を有する金型に紫外
    線硬化型又は電子線硬化型樹脂組成物を塗布して樹脂層
    を形成し、次いで、少なくとも片面が連続した光学的凹
    凸加工面からなり且つ上記紫外線硬化型又は電子線硬化
    型樹脂と屈折率の異なる透明又は半透明合成樹脂からな
    る樹脂基板を、上記樹脂層表面に凹凸加工面を対向させ
    てラミネートした後、該基板側より紫外線又は電子線を
    照射して樹脂層を硬化させて硬化樹脂層とし、しかる
    後、一体化した樹脂基板及び硬化樹脂層を金型から離型
    して透過型スクリーン用レンズ板を製造することを特徴
    とする透過型スクリーン用レンズ板の製造方法。
  2. 【請求項2】光学的凹凸加工面が、フレネルレンズ面、
    レンチキュラーレンズ面又は光軸屈折用プリズム面のい
    ずれかである特許請求の範囲第1項記載の製造方法。
JP61310842A 1986-12-26 1986-12-26 透過型スクリ−ン用レンズ板の製造方法 Expired - Fee Related JPH0679834B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP61310842A JPH0679834B2 (ja) 1986-12-26 1986-12-26 透過型スクリ−ン用レンズ板の製造方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP61310842A JPH0679834B2 (ja) 1986-12-26 1986-12-26 透過型スクリ−ン用レンズ板の製造方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS63162224A JPS63162224A (en) 1988-07-05
JPH0679834B2 true JPH0679834B2 (ja) 1994-10-12

Family

ID=18010045

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP61310842A Expired - Fee Related JPH0679834B2 (ja) 1986-12-26 1986-12-26 透過型スクリ−ン用レンズ板の製造方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0679834B2 (ja)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2822032B2 (ja) * 1987-01-28 1998-11-05 大日本印刷株式会社 透過型スクリーン用レンズ板
JP6083925B2 (ja) * 1988-01-09 2017-02-22 シチズン時計株式会社 旋 盤
JP2890430B2 (ja) * 1989-01-10 1999-05-17 旭硝子株式会社 背面投写型ディスプレイ用スクリーン
JP2763187B2 (ja) * 1989-10-12 1998-06-11 三菱電機株式会社 固体レーザ装置
CN1188745C (zh) 1999-09-29 2005-02-09 扫描影像屏幕公司 包含透镜系统的半透明屏幕
WO2006112044A1 (ja) * 2005-04-14 2006-10-26 Hitech Co., Ltd 精細な装飾紋様を有する樹脂シート及びその製造方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPS63162224A (en) 1988-07-05

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0941502B1 (en) Optical structures for diffusing light
KR100806093B1 (ko) 면광원소자 및 이를 사용한 표시장치
US3811983A (en) Method for producing retroreflective sheeting
KR100604123B1 (ko) 렌즈 시트 및 그 제조방법
TWI269070B (en) Light control film
US3893795A (en) Embossing rolls with areas of differential hardness
US4083626A (en) Rear projection screens
US5183597A (en) Method of molding microstructure bearing composite plastic articles
KR100415714B1 (ko) 마이크로릴리프엘리먼트및그제조방법
JP3065089B2 (ja) 実用的微細構造を有する複合プラスチック物品の製造方法
US4789604A (en) Decorative panel having improved surface properties
US5944405A (en) Flat light source using light-diffusing sheet with projections thereon
US4738516A (en) Optical element having an aspheric surface
JP3715649B2 (ja) 二つまたはそれ以上の屈折率を有する光導波路およびその製造方法
JP2704047B2 (ja) 先細の光重合導波路のアレイを製造する方法
TWI307311B (en) Miniature cell array structure and manufacturing method of miniaturized composite component using such a miniature cell array structure
AU616644B2 (en) Method for making a flexible louvered plastic film with protective coatings and film produced thereby
KR200201386Y1 (ko) 광확산판 및 광확산판을 사용한 백 라이트 유니트장치
US3712707A (en) Composite back projection screen and method of forming
TWI317025B (en) Optical film
US20160318213A1 (en) Method for making microstructured tools having discontinuous topographies, and articles produced therefrom
JP2823016B2 (ja) 透過型スクリーンの製造方法
CN1297826C (zh) 带微型透镜阵列的光学零件的制造方法
US6130777A (en) Lenticular lens sheet with both a base sheet having lenticular elements and a surface diffusing part having elements of elementary shape smaller than lenticular elements
US7184210B2 (en) Microstructured screen with light absorbing material and method of manufacturing

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees