JPH0678032U - バイザーカバーアセンブリ - Google Patents

バイザーカバーアセンブリ

Info

Publication number
JPH0678032U
JPH0678032U JP034282U JP3428292U JPH0678032U JP H0678032 U JPH0678032 U JP H0678032U JP 034282 U JP034282 U JP 034282U JP 3428292 U JP3428292 U JP 3428292U JP H0678032 U JPH0678032 U JP H0678032U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cover
visor
cover assembly
contact
pivot
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP034282U
Other languages
English (en)
Inventor
ジェイ フレミング デニス
Original Assignee
プリンス コーポレイシヨン
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by プリンス コーポレイシヨン filed Critical プリンス コーポレイシヨン
Publication of JPH0678032U publication Critical patent/JPH0678032U/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60JWINDOWS, WINDSCREENS, NON-FIXED ROOFS, DOORS, OR SIMILAR DEVICES FOR VEHICLES; REMOVABLE EXTERNAL PROTECTIVE COVERINGS SPECIALLY ADAPTED FOR VEHICLES
    • B60J3/00Antiglare equipment associated with windows or windscreens; Sun visors for vehicles
    • B60J3/02Antiglare equipment associated with windows or windscreens; Sun visors for vehicles adjustable in position
    • B60J3/0204Sun visors
    • B60J3/0278Sun visors structure of the body
    • B60J3/0282Sun visors structure of the body specially adapted for a courtesy mirror

Landscapes

  • Engineering & Computer Science (AREA)
  • Mechanical Engineering (AREA)
  • Arrangements Of Lighting Devices For Vehicle Interiors, Mounting And Supporting Thereof, Circuits Therefore (AREA)
  • Rear-View Mirror Devices That Are Mounted On The Exterior Of The Vehicle (AREA)
  • Vehicle Step Arrangements And Article Storage (AREA)
  • Air Bags (AREA)

Abstract

(57)【要約】 (修正有) 【目的】 長期間使用しても故障を生じにくくするこ
と、使用者が所望するところのより高いレベルの照明を
与える。 【構成】 本体部材を有し、ソケットまたはピボット軸
の一方がカバー30をスナップ挿入式に受入れ、カバー
はソケットまたはピボット軸の他方を有し、かつ閉鎖位
置と開放位置との間で本体部材に対して移動する。バイ
アス手段がカバーのピボット軸から遠隔の位置において
本体部材からカバーまで延在し、カバーを開放位置又は
閉鎖位置の方へ交互に押圧するためのオーバセンタ式ス
プリングを与える。又照明されるミラー24とともに使
用され、このミラー中にカバーはまた電気接点を保持す
るための凹部を有し、電気接点は凹部中にプレスばめさ
れかつ固定電気接点と係合する延長部分を有し、カバー
が開放位置の方へ移動させられるとき、照明ミラーと関
連するランプに電力を加えるようになっている。

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】
本考案はカバーアセンブリに関し、特に、カバー付きバイザーミラーとともに 使用されうるものに関するものである。
【0002】
【従来の技術】
カバー付きバイザーミラーは、人気のある車両付属品として利用されてきてお り、バイザーが下降使用位置にあるとき事故が起こった場合にガラスの散乱に関 する潜在的危険を低減する点で重要なものである。また、ミラーが使用されてい ないときには、閉鎖されたカバーは車両運転者に混乱を引起こすおそれのある漂 遊光反射を解消するものである。幾つかのカバーピボット構造が米国特許第4. 000.404号及び第4.213.169号で提案されている。これらのカバ ーアセンブリは、ミラーを露出することが所望されるときカバーが開放位置に保 持されおよびカバーを閉鎖位置に強固に保持するためにスナップ閉鎖位置に保持 されるようにするためにバイアス手段が設けられている。米国特許第4.000 .404号に示されたバイザーカバー構造の商業的実施態様では、鋼エルボピボ ット軸およびカバースプリングの取付け部材の役目をする。しかしこのエルボは プラスチックカバーにはめ込まれているため、多年の使用により、プラスチック がクリープしてエルボをゆるめ、これによりカバースプリングが作動しなくなる 可能性がある。また、酷使により、エルボを包囲するプラスチックにひび割れを 生じ、同様な望ましくない結果になるおそれがある。米国特許第4.213.1 69号の構造はプラスチックピボットソケットの反復たわみを必要としかつ長期 使用後故障を生じやすい。
【0003】
【考案が解決しようとする課題】
これらのシステムのおのおのはそれぞれの利点を有するが、本考案のシステム はこれらの先行技術の顕著な改良を与えるものである。 本考案の実施するシステムは、本体部材を有し、ソケットまたはピボット軸の 一方がカバーをスナップ挿入式に受入れ、カバーはソケットまたはピボット軸の 他方を有しかつ閉鎖位置と開放位置との間で本体部材に対して移動するものであ る。バイアス手段がカバーのピボット軸から遠隔の位置において本体部材からカ バーまで延在し、カバーを開放位置又は閉鎖位置の方へ交互に押圧するためのオ ーバセンタ式スプリングを与える。 本考案の一実施態様においては、照明されるミラーとともに使用され、このミ ラー中にカバーまたは電気接点を保持するための凹部を有し、電気接点は凹部中 にプレスばめされかつ固定電気接点と係合する延長部分を有し、カバーが開放位 置の方へ移動させられるとき、照明ミラーと関連するランプに電力を加えるよう になっている。
【0004】 本考案のこれらおよび他の特徴、利点および目的は添付図面と関連する以下の 説明から明らかになる。
【0005】 最初に第1図を参照すると、本考案を組込んだカバー付きバイザー10が示さ れており、このバイザー10は図示のように車両の右側または乗客側に装着され ている。バイザー10は、ポリプロピレンのような適当なポリマー材料から射出 成形されかつバイザーミラーフレームアセンブリ20を受入れるための中央長方 形凹部を含む、コア材料から作られたバイザー本体からなる。典型的には、バイ ザー10は、車両内部の装飾材料に合致するように構成された適当な装飾材料で おおわれ、かつある実施態様では、端縁ビード11により周縁に沿ってトリムさ れる。バイザー10はその頂縁に沿って延在するピボットロッドを含み、これに よりバイザー本体は、車両のヘッドライニング12に当接する貯蔵位置と、第1 図に示すように、車両の風防13の上縁を部分的にさえぎる下降使用位置との間 で回動することができる。ピボットロッドは、第1図に見られるように、右端か ら外方に延在してピボット装着ブラケット14で終わり、このブラケット14は バイザー10が貯蔵位置と使用位置との間で回動しかつ側方から入来する光をさ えぎるために車両の側窓15の方へ移動することを可能にする。バイザー本体及 びピボットロッドは米国特許第4.000.404及び第4.075.468号 に開示されているように構成されうる。
【0006】 バイザーミラーアセンブリ20は一般に長方形のミラーフレーム22を含み、 このフレームは中央の長方形開口23を画定する一体の頂壁、底壁および側壁を 有し、開口23中にミラー24が装着されている。フレーム22を画定する各壁 はまた周辺トリムフランジ25を画定し、このフランジ25は、アセンブリが第 1図に示すように装着されるとき、バイザー本体の凹部の端縁を包囲しかつその 上を延在する。
【0007】 ミラー24の両側には、本考案の好適実施態様において、レンズ26、27を 含む一対のライト手段が設けられ、その後方にランプ90、92、94、96、 (第8図)が装着され、各ランプ90、92、94、96は車両の電池からスイ ッチ手段70、80を通して動作電力を受け、スイッチ手段70、80は、個人 がミラー24を使用することを可能にする、第1図に示された、開放位置と、ミ ラー24及びレンズ26、27を実質的におおう閉鎖位置との間で回動するとこ ろの、カバー30開放に際して動作可能である。カバー30はかくしてバイザー 10に好適にはミラーフレームアセンブリ22にその頂部付近にピボット装着さ れている。カバー30は、第2〜4図に関連して図示かつ説明されるものと対称 的な同一構造で、両端においてフレーム22にピボット装着されている。 第2、3図には、ミラーフレームアセンブリ20のカバーアセンブリの後部、 特に、第1図の左上に示された角が示されている。フレーム22は一般に長方形 の細長いスロット28を含み、スロット28はフレームの一方の側から他方の側 へかつフレームの頂壁の下方およびスロット28の一端縁に沿って後方に延在す る一体成形補強ストラット29の下方を延在する。下部補強ストラット33がま たスロット28の下縁の所でフレーム22の面から後方に延在しかつ側壁31、 35および端壁34を含む一体の長方形フレーム及びピボット軸36で終わり、 ピボット軸36は端壁34と反対側の端の所で壁31、35間を延在しかつスロ ット28に平行にかつこれに隣接して位置する。補強ストラット33の反対端も また類似の対称的構造で終わっている。カバー30の上縁は第一の壁を画定する 湾曲端37を含み、この湾曲端37はカバーが開放されるときスロット28中へ 延在しかつ一対の弾性円弧状脚部40、41によって形成された円形ソケット3 9を一体に含む。脚部40は、以下に詳述するように、フレームへのカバーの組 付けを容易にする傾斜縁43を含み、かつ脚部41の類似半円形壁と一体に形成 された半円形内壁を含み、第4、5図に最もよく見られるように、一般に円形横 断面の円筒形ソケット39を形成している。脚部40、41の端縁44、45は 互いに離間した関係で終わり、平行な対向表面がピボット軸36の厚さよりもわ ずかに小さい幅を有するギャップを画定している。
【0008】 ピボット軸36は一般に円形であるが、円形ソケット39と実質的に同一の曲 率半径を有する丸味付き端48、49間の、一対の平らな対向表面46、47に よって截頭されている。カバー30の脚部40、41は、カバー30が定位置に スナップ勘合されるのに延在し、対向端縁上のソケット39が側壁31、35間 に勘合してピボット軸36上に整合しかつカバー30がミラー24およびレンズ 26、27上に実質的に整合する。カバー30は、第4、5図に示すように、そ の閉鎖位置と整合した位置にあるとき、スナップ勘合によって組付けられ、脚部 40、41はフレームの各端にあるピボット軸36が対応するソケット中に嵌合 するために十分に外方へたわむ。脚部40、41の端縁44、45間のギャップ は、第5図に示すように、いったん挿入されるとカバーが回動し、ピボット軸の 丸味付き端48、49が円形ソケット39中になめらかにかつ連続的に入るよう に定められている。各ピボット軸36の長さは脚部40、41の幅よりもわずか に大きく、脚部は側壁31、35の間隔よりも狭く、これにより脚部が支持体の 側壁31、35間を延在してカバーとフレーム間の自由な回動を可能にするよう になっている。所望ならば、フレームへのカバーの組付け中そのピボット結合部 に適当な潤滑剤が添加されうる。 フレームとカバーはポリカーボネートのような適当なポリマー材料から一体に 成形される。
【0009】 第1、2図に示すような開放位置と第3図に示すような閉鎖位置との間でカバ ーを押圧するために、カバーの各端にオーバセンタ式スプリング50が使用され ている。各スプリング50は、フレーム22の側壁の一方の後部から内方に延在 する装着用ポスト51に、スプリング50のU字形端53によって結合され、こ の端53はポスト51を包囲しかつスプリング50のこの端53をポスト51に 固着する。スプリング50の他端は装着用ボス54の開口中へ延在する脚部を含 み、このボス54は、ピボット軸36を支持する外側壁35のすぐ横側で、カバ ー30の湾曲端37上に一体に形成されている。オーバセンタ式スプリング50 は、第2、3図に示すように、ばね力Fsを付与するために張力をかけられて設 置され、第2図に示すように、カバーのピボット軸Pの片側で開放力を与えて、 第1図に示すように、使用のための開放位置にカバーを保持し、かつ第3図に示 すように、カバーピボット軸Pの反対側で、カバーを閉鎖位置に保持する。ライ ト手段に動作電力を供給するためにカバーとフレームとの間で協同する電気接点 について次に第6〜8図と関連して説明する。
【0010】 カバー30の湾曲端37は、第6図に見られるように、カバー30の頂部内縁 に沿いかつソケット39間を実質的に延在する。一対の離間した壁60、62の 一方を画定する。カバーの一端から内方に離間した位置に一対の一体成形ランド 61、63が配置され、これらのランドは壁60、62間を延在してそれらの間 に長方形凹部65を画定し、この凹部65は第一の電気接点70を受入れかつ保 持してある。好適実施態様では、接点70はベリリウム銅から作られかつ一般に 長方形の形態を有し、第7図に示すように、一端72がV字形に形成されかつ壁 60、62間に圧力ばめされ、その中に接点を強固に装着している。V字形の開 端は壁60、62の間隔よりも大きい幅を有し、端72が凹部65に挿入された とき圧縮されるようになっている。端72の先端73は壁60と係合し、接点の 端72を凹部65中に除去できないように効果的に固定している。接点70の反 対端74は一般に丸味を付けられかつ浅いS字形に湾曲され、第7図に見られる ように、丸味付き接触表面が下方に面している。端72、74のほぼ中間に、か しめ端子76が設けられ、これに電気導線77が取付けられ、電気導線77は、 典型的には車両の計器板の所に配置された適当な内部接続端子を通して、車両電 池79の正端子78に結合されている。導線77は通常の方法で壁60、62で 画定されたチャンネルに沿いかつバイザー10の本体およびピボット装着ブラケ ット14を通して指向されている。
【0011】 電気接点70はフレーム22の後側に固着されたポリマーシャシ88に装着さ れた固定接点80と垂直整合して配置されている。本考案の好適実施態様におい ては、フオームパッド24′がミラー24の後方にかつミラー24と接点80が 固着されているポリマーシヤシ88との間に配置されている。接点80は接点7 0の接触表面75と係合させられる湾曲端82を含む。カバー30が開放される とき、接点70は第7図に矢印Aで示された方向に下方へ回動して接点70、8 0を物理的かつ電気的に結合する。これによって表面75は接点80の丸味付き 端縁の外表面をぬぐい、接点80は供給導線82(第8図)に結合され、ランプ 90、92、94、96の電気的共通端子81、83に動作電流を供給する。 ランプ90、92はレンズ26(第1図)の後方に位置するように配置され、ラ ンプ94、96はレンズ27の後方に配置される。ランプ90、96はシステム の共通接地導線95に直接に結合され、ランプ92、94は、第1図にも見られ る、明・暗単極単投形スイッチ97を通して導線95に結合されている。第8図 からわかるように、カバー30が開放されるとき、接点70は接点80と係合し てランプ90、96に直接に電力を供給してそれらの照明を引起こしかつスイッ チ97が面位置にある場合には、同時にランプ92、94を照明して使用者が所 望するところのより高いレベルの照明を与える。接点70はカバー30の頂縁に 形成された凹部65中に容易にはめられかつ容易に組付けられる、比較的に安価 な可動接点を与えかつこの接点をカバーに安定かつ強固に固着する。
【0012】 本考案の好適実施態様においては、端縁44、45間のギャップは約1/8イ ンチ(3.2mm)であり、対向表面46、47間のピボット軸36の厚さは約 9/64インチ(3.6mm)である。脚部40、41の幅は約3/16インチ (4.8mm)であり、ピボット軸36は約1/4インチ(6.4mm)である 。フレーム22はそのレンズ保持凹部87の外側角において開口85(第3図) を貫通する締結ねじによつてバイザーの本体に固着される。 以上説明した本考案の好適実施態様に請求の範囲で規定されたその精神又は範 囲から離脱することなしに種々の変更がなされうることは当業者には自明である 。
【図面の簡単な説明】
【図1】本考案を含む車両バイザーの部分斜視図であ
る。
【図2】カバーが開放位置にある本考案の装置の一部分
の拡大斜視図である。
【図3】カバーが閉鎖位置にある図2類似の図である。
【図4】非組立位置に示されたカバーピボット機構の1
つの拡大部分断面図である。
【図5】組立位置に示されたカバーピボット機構の1つ
の拡大部分横断面図である。
【図6】本考案の一面に係る電気接点構造の部分平面図
である。
【図7】図6のVII−VII線断面拡大図である。
【図8】ランプ回路の略式電気回路図である。
【符号の説明】
10 バイザー 12 ヘッドライニング 13 風防 14 ピボット装着ブラケット 15 側窓 20 ミラーアセンブリ 22 ミラーフレーム 24 ミラー 26、27 レンズ 28 スロット 30 カバー 36 ピボット軸 39 ソケット 40、41 脚部 60、62 壁 61、63 ランド 70 接点 77 電気導線 80 固定接点 88 シヤシ 90、92、94、96 ランプ 97 スイッチ

Claims (10)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 バイザー(10)、ミラーフレーム(2
    2)及びフレームに枢着されたカバー(30)を有する
    車輪用のバイザーカバーアセンブリにおいて、 当該ミラーフレーム(22)は間隔をおいたピボット軸
    (36)又は円形ソケット(39)の組の1つを有し、
    当該カバー(30)は当該ピボット軸(36)又は円形
    ソケット(39)の他の組を有し、当該円形ソケット
    (39)は弾力性があり、当該円形ソケット(39)に
    挿入可能で、丸味付き端(48、49)をもった当該ピ
    ボット軸(36)と組合わされこれをかこむように形成
    されており、かつ当該円形ソケット(39)と当該ピボ
    ット軸(36)は対向表面(46、47)の端を切って
    短かくされた当該軸を共に円筒形であり、端縁(44)
    と(45)の間に開口部を有し、当該開口部は、当該ピ
    ボット軸(36)が一担挿入されたら専らそれを保つよ
    うに当該ピボット軸(36)の反対側の間の距離よりも
    やや短い寸法をもつようになっており、 当該カバー(30)は当該ミラーフレーム(22)とピ
    ボットに開いた位置と閉じた位置の間で密接に嵌合する
    ように組立てられることを許し、かつ当該カバー(3
    0)は更にその間に凹部(65)を規定する一対の間隔
    をおいた壁(60、62)と、接点(70)を当該カバ
    ー(30)に保持するために当該凹部(65)に先端
    (73)をプレスばめした第1の電気的接触部を持ち、
    当該第1の電気的接触部はここに電力を供給する手段
    (76、77)と、当該先端(73)と反対側で当該凹
    部(65)から外に向って伸びる接触端を有し、更に当
    該カバー(30)は第2の電気的接触部を有し、この第
    2の接触部は当該ミラーフレーム(22)に取付けられ
    て、当該カバー(30)が閉じられた位置から動かされ
    たときに当該第1の接点(70)によって接触され、更
    に照明手段(90、92、94、96)を有し該照明手
    段は当該第2接点(80)と連続されて、当該カバー
    (30)が閉じられた位置から動かされたときにそこか
    ら運転動力を得るようになっており、オーバセンタ式ス
    プリング(50)は、当該カバー(30)が手動でその
    ような位置に当該カバー(30)を保つように動かされ
    るときに、当該カバー(30)を全く閉じた位置と全く
    開いた位置の間で選択的に駆り立てるために当該ミラー
    フレーム(22)に対し当該スプリング(50)の装着
    用ポスト(51)と反対の当該ピボット接続側で、当該
    カバー(30)上で当該ミラーフレーム(22)とカバ
    ー(30)のピボット軸(P)から離れた位置のボス
    (54)で当該ミラーフレーム(22)と当該カバー
    (30)の間を当該スプリング(50)が伸びているこ
    とを特徴とするバイザーカバーアセンブリ。
  2. 【請求項2】 請求項1に記載のバイザーカバーアセン
    ブリにおいて、当該ミラーフレーム(22)は一般的に
    方形であり、側面の脚と反対の端で接合している上と下
    の脚を一体に有し、ここにおいて当該側面の脚は当該ス
    プリング(50)の1端を保つため当該上端の脚から間
    隔を装着用ポスト(51)を有することを特徴とするバ
    イザーカバーアセンブリ。
  3. 【請求項3】 請求項2に記載のバイザーカバーアセン
    ブリにおいて、当該スプリング(50)は伸びたコイル
    スプリングよりなり、U字形端(53)は当該装着用ポ
    スト(51)に結合されていることを特徴とするバイザ
    ーカバーアセンブリ。
  4. 【請求項4】 請求項1に記載のバイザーカバーアセン
    ブリにおいて、当該カバー(30)は当該ミラーフレー
    ム(22)に夫々の当該側面脚と当該上端脚との接合点
    の近くで枢着され、当該カバー(30)は当該上端脚に
    向って当該ピボット接合を越えて伸びる湾曲端(37)
    を有し、ここにおいて当該スプリング(50)は当該カ
    バー(30)の当該湾曲端(37)に結合されたU字形
    端(53)と反対側の端をもつことを特徴とするバイザ
    ーカバーアセンブリ。
  5. 【請求項5】 請求項4に記載のバイザーカバーアセン
    ブリにおいて、当該カバー(30)は当該湾曲端(3
    0)の夫々の端において当該スプリング(50)の当該
    反対の端を受入れ保持するためのボス(54)を有する
    ことを特徴とするバイザーカバーアセンブリ。
  6. 【請求項6】 請求項1に記載のバイザーカバーアセン
    ブリにおいて、当該ピボット軸(36)は当該ミラーフ
    レーム(22)に一体に形成され、当該円形ソケット
    (39)は当該カバー(30)上に一体に形成されてい
    ることを特徴とするバイザーカバーアセンブリ。
  7. 【請求項7】 請求項1に記載のバイザーカバーアセン
    ブリにおいて、当該第一接点(70)の先端(73)は
    V字型をして居りその一番広い部分は、当該凹部(6
    5)の中に挿入されたとき当該先端(73)を圧縮する
    ように当該壁手段(60、62)の間の間隔よりも大き
    い寸法をもつことを特徴とするバイザーカバーアセンブ
    リ。
  8. 【請求項8】 請求項7に記載のバイザーカバーアセン
    ブリにおいて、当該第一接点(70)の当該接触表面
    (75)は当該V字型端の1本の脚(74)の丸味を帯
    びた延長であることを特徴とするバイザーカバーアセン
    ブリ。
  9. 【請求項9】 請求項8に記載のバイザーカバーアセン
    ブリにおいて、当該V字型端他の脚(72)は、当該第
    1接点(70)を当該カバー(30)に取付けるため当
    該凹部(65)を明らかにする当該壁手段の1つと接触
    することを特徴とするバイザーカバーアセンブリ。
  10. 【請求項10】 請求項1に記載のバイザーカバーアセ
    ンブリにおいて、当該第1接点(70)に電力を供給す
    る当該手段は当該先端(73)とその接触表面(75)
    の間に当該第1接点(70)上に一体に形成された柱で
    固定した端子(76)から成立つことを特徴とするバイ
    ザーカバーアセンブリ。
JP034282U 1983-02-07 1992-04-07 バイザーカバーアセンブリ Pending JPH0678032U (ja)

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US464476 1983-02-07
US06/464,476 US4491899A (en) 1983-02-07 1983-02-07 Visor cover assembly

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0678032U true JPH0678032U (ja) 1994-11-01

Family

ID=23844087

Family Applications (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP59002746A Pending JPS59143717A (ja) 1983-02-07 1984-01-12 バイザ−カバ−アセンブリ
JP034282U Pending JPH0678032U (ja) 1983-02-07 1992-04-07 バイザーカバーアセンブリ

Family Applications Before (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP59002746A Pending JPS59143717A (ja) 1983-02-07 1984-01-12 バイザ−カバ−アセンブリ

Country Status (6)

Country Link
US (1) US4491899A (ja)
EP (1) EP0117951B1 (ja)
JP (2) JPS59143717A (ja)
CA (1) CA1215566A (ja)
DE (1) DE3380668D1 (ja)
ES (1) ES527059A0 (ja)

Families Citing this family (44)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE3340068A1 (de) * 1983-11-05 1985-05-15 Gebr. Happich Gmbh, 5600 Wuppertal Sonnenblende fuer fahrzeuge
US4586788A (en) * 1984-03-02 1986-05-06 Prince Corporation Automatic dimming switch for a vehicle illuminated visor
US4721310A (en) * 1984-07-02 1988-01-26 Irvin Industries, Inc. Vehicle accessory assembly for mounting on a visor or other interior panel
US4791537A (en) * 1984-07-02 1988-12-13 Irvin Industries, Inc. Vehicle accessory assembly with sliding door for mounting on a visor or other interior panel
DE3427952A1 (de) * 1984-07-28 1986-01-30 Gebr. Happich Gmbh, 5600 Wuppertal Sonnenblende fuer fahrzeuge
GB2177057A (en) * 1985-07-04 1987-01-14 John Connor Vehicle sun visor
US4652982A (en) * 1985-12-30 1987-03-24 Prince Corporation Illuminated vanity mirror assembly
US5078445A (en) * 1986-09-26 1992-01-07 Prince Corporation Visor
US4760503A (en) * 1986-09-26 1988-07-26 Prince Corporation Visor for a vehicle
US4744645A (en) * 1987-06-08 1988-05-17 Illinois Tool Works Inc. Lighted mirror assembly for motor vehicle visor
US4909562A (en) * 1987-10-28 1990-03-20 Koito Seisakusho Co., Ltd. Vanity mirror on a visor having a spring-energized, controlled-movement mirror cover
US5267090A (en) * 1988-10-14 1993-11-30 United Technologies Automotive, Inc. Automobile sun visor vanity mirror module
US4879637A (en) * 1988-11-04 1989-11-07 Prince Corporation Light control circuit for vanity mirror assembly
JPH02127122A (ja) * 1988-11-08 1990-05-15 Nissan Motor Co Ltd 自動車用サンバイザー
FR2647733B1 (fr) * 1989-06-06 1991-09-20 Rockwell Abs France Cassette a miroir pour pare-soleil, notamment dans un habitacle d'automobile
US4997228A (en) * 1989-07-24 1991-03-05 Prince Corporation Multiple function visor
US5054839A (en) * 1990-08-31 1991-10-08 White Jay E Vehicular sun visor assembly
JPH0741817B2 (ja) * 1990-10-08 1995-05-10 株式会社小糸製作所 バニティミラー
US5067764A (en) * 1990-10-26 1991-11-26 Prince Corporation Visor with extendable panel
US5197777A (en) * 1990-10-26 1993-03-30 Prince Corporation Visor with extendable panel
ES2024963A6 (es) * 1990-12-21 1992-03-01 Ind Techno Matic Sa Dispositivo de apertura y cierre semiautomatica para espejos de viserasparasol provistos de tapa abatible.
US5117337A (en) * 1991-01-16 1992-05-26 Koito Manufacturing Co., Ltd. Vanity mirror
JPH05229340A (ja) * 1992-02-17 1993-09-07 Koito Mfg Co Ltd バニティミラー
US5331518A (en) * 1992-09-22 1994-07-19 Prince Corporation Visor mirror cover assembly
US5428513A (en) * 1993-11-17 1995-06-27 Prince Corporation Covered vanity mirror and flexible circuit
US5564813A (en) * 1994-03-30 1996-10-15 United Technologies Automotive, Inc. Sun visor lamp
US5457507A (en) * 1994-09-13 1995-10-10 Berardi; Philip N. Self-contained electroluminescent back-lit clap board/slate
US5528470A (en) * 1994-09-23 1996-06-18 Jay Roberts Company Illuminated vanity mirror assembly for a vehicular sun visor
DE4440606C2 (de) * 1994-11-14 2001-06-13 Johnson Contr Interiors Gmbh Sonnenblende für Fahrzeuge
DE19519913A1 (de) * 1995-05-31 1996-12-05 Happich Gmbh Gebr Sonnenblende für Fahrzeuge
US6076947A (en) * 1997-08-29 2000-06-20 Lear Donnelly Overhead Systems, Llc Visor with illuminated vanity assembly
TW508040U (en) * 2001-09-05 2002-10-21 Hinge Basestrong Co Ltd Radial pressing structure of rotation shaft
US6619718B1 (en) * 2002-02-25 2003-09-16 Lear Corporation Modular sun visor and method of assembling same
US6637799B1 (en) 2002-07-11 2003-10-28 Lear Corporation Modular sun visor and method of assembling same
WO2004045878A2 (en) * 2002-11-20 2004-06-03 Johnson Controls Technology Company Covered illuminated vanity mirror assembly
CA2807615C (en) 2012-03-08 2020-06-30 Simplehuman, Llc Vanity mirror
US10076176B2 (en) 2015-03-06 2018-09-18 Simplehuman, Llc Vanity mirror comprising light sources and methods of manufacture thereof
US10869537B2 (en) 2017-03-17 2020-12-22 Simplehuman, Llc Vanity mirror
CA3033689A1 (en) * 2018-02-14 2019-08-14 Simplehuman, Llc Compact mirror
CA3037704A1 (en) 2018-03-22 2019-09-22 Simplehuman, Llc Voice-activated vanity mirror
US10870337B2 (en) * 2019-02-28 2020-12-22 Irvin Automotive Products, LLC Thin visor
USD925928S1 (en) 2019-03-01 2021-07-27 Simplehuman, Llc Vanity mirror
CA3131958A1 (en) 2019-03-01 2020-09-10 Simplehuman, Llc Vanity mirror
USD927863S1 (en) 2019-05-02 2021-08-17 Simplehuman, Llc Vanity mirror cover

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3150896A (en) * 1962-03-26 1964-09-29 Andrew J Plattner Pivotally mounted vehicle sun visor
US4000404A (en) * 1973-03-21 1976-12-28 Prince Corporation Visor illuminated mirror
GB1523397A (en) * 1975-07-14 1978-08-31 Prince Corp Combination of a vehicle sun visor assembly and a vanity mirror assembly
US4213169A (en) * 1978-11-09 1980-07-15 Prince Corporation Covered visor mirror
US4227242A (en) * 1979-03-19 1980-10-07 Prince Corporation Illuminated visor mirror assembly
JPS5725405A (en) * 1980-07-21 1982-02-10 Teijin Ltd Spinneret

Also Published As

Publication number Publication date
US4491899A (en) 1985-01-01
ES8503288A1 (es) 1985-02-16
EP0117951B1 (en) 1989-10-04
JPS59143717A (ja) 1984-08-17
ES527059A0 (es) 1985-02-16
EP0117951A3 (en) 1986-12-30
EP0117951A2 (en) 1984-09-12
CA1215566A (en) 1986-12-23
DE3380668D1 (en) 1989-11-09

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH0678032U (ja) バイザーカバーアセンブリ
KR930000619B1 (ko) 자동차용 차양판 조립체
US4174864A (en) Lighted sun visor for vehicles
US5374097A (en) Universal visor mounting system
US4953064A (en) Sun visor for motor vehicles
EP0317284A1 (en) Two-way vanity mirror visor
JPS63248B2 (ja)
US6264352B1 (en) Sun visor and vanity mirror assembly for motor vehicles
US3131414A (en) Windshield wiper blade
US5430624A (en) Mounting structure for a vanity mirror
JP3226448B2 (ja) 車両用灯具
US4720132A (en) Electrically conductive stiffening wire for a sun visor for vehicles
US5294084A (en) Holding device for a connector associated with an electrically controlled automotive mirror
JPH01317843A (ja) 車両用外装バックミラー
US5320399A (en) Vehicular sun visor pivot rod
JP2574570B2 (ja) 車両用のサンバイザ
JPS63232021A (ja) ランプ付バニテイミラ−
KR0128609Y1 (ko) 자동차의 룸램프
JPH0532364Y2 (ja)
JPH0733931Y2 (ja) ミラーユニット付サンバイザ
JPH11345530A (ja) スイッチ取付構造
US4910648A (en) Illuminated visor mounting bracket
KR200225491Y1 (ko) 헤드램프장착용실링콘넥터
JPH0442205B2 (ja)
JPS6228025Y2 (ja)