JPH0677779B2 - 板材加工機 - Google Patents

板材加工機

Info

Publication number
JPH0677779B2
JPH0677779B2 JP61226229A JP22622986A JPH0677779B2 JP H0677779 B2 JPH0677779 B2 JP H0677779B2 JP 61226229 A JP61226229 A JP 61226229A JP 22622986 A JP22622986 A JP 22622986A JP H0677779 B2 JPH0677779 B2 JP H0677779B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
processing machine
work
cutting groove
air nozzle
plate material
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP61226229A
Other languages
English (en)
Other versions
JPS6380929A (ja
Inventor
宏房 渡守
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Amada Co Ltd
Original Assignee
Amada Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Amada Co Ltd filed Critical Amada Co Ltd
Priority to JP61226229A priority Critical patent/JPH0677779B2/ja
Publication of JPS6380929A publication Critical patent/JPS6380929A/ja
Publication of JPH0677779B2 publication Critical patent/JPH0677779B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Punching Or Piercing (AREA)
  • Finish Polishing, Edge Sharpening, And Grinding By Specific Grinding Devices (AREA)

Description

【発明の詳細な説明】 〔発明の技術的分野〕 本発明は板材加工機に関わり、更に詳細には板材加工機
の加工位置と、ワーク把持位置決め装置の間のテーブル
部分下方に、研削手段をワーク裏面に当接自在に設けた
ことを特徴とした板材加工機に関するものである。
〔発明の技術的背景と従来技術の問題点〕 従来、パンチプレスなどの板材加工機でワークに板穴加
工を行う場合には、ワークの下面に剪断バリが発生し、
次工程に移す過程で積み重ねると先行のワークの上面に
擦傷をおこさせ、或いは作業員の手や指を負傷させる問
題があった。その対策として板材加工機と次工程との間
にベルトサンダを配置することもあるが、バリ取りのた
めに専用の装置を設ける大がかりな設備となる不都合が
あったのである。
〔発明の目的とその概要〕
本発明は、上述したごとき従来の問題を解決することを
目的としてなされたもので、板材加工機のテーブルに切
溝を設け、この切溝の下方に配置したエアーノズルと上
記切溝との間に研磨布を配置して設け、上記エアーノズ
ルから噴出されるエアーによって上記研磨布を切溝から
テーブル上のワークに接触するように吹き上げ自在に設
けてなるものである。
〔発明の実施例〕
以下に本発明の実施例を第1,2,3図にもとづいて詳細に
説明する。
第1図には板材加工機の例としてタレットパンチプレス
1の正面図を示した。
タレットパンチプレス1は、ベース3の両側に立設した
サイドフレーム5,7と、その上方に橋渡しされた上部フ
レーム9とで門型に構成されている。
上記上部フレーム9の下面には、多数の上金型11を装着
した円盤状の上部タレット13が上部回転軸15によって回
転自在に装着してある。
またベース3の上面には、各上金型11と対抗した多数の
下金型17を装着した下部タレット19が下部回転軸21によ
って回転自在に装着してある。
前記上部タレット13および下部タレット19が、フレーム
内に装着したサーボモータ(図示省略)により同期して
同方向へ回動されることにより、上下の金型11,17は、
上部フレーム9の下面に昇降自在に装着したラム23の直
下位置に割出し位置決めされるものである。
前記ベース3の上面付近における第1図での前後面に
は、第1図において左右方向(Y軸方向)に延伸したガ
イドレール25がそれぞれ装着してあり、各ガイドレール
25には、可動テーブル27が移動自在に支承されている。
各可動テーブル27は、ベース3上に固定した固定テーブ
ル29の第1図での前後両側に位置しており、固定テーブ
ル29を跨いだ態様で前後方向(X軸方向)に延伸した第
1キヤリッジ31により、各可動テーブル27は一体的に連
結してある。
前記第1キヤリッジ31上には、可動テーブル25の移動方
向に対し直交したX軸方向に移動自在の第2キヤリッジ
33が装着してあり、この第2キヤリッジ33には、板状の
ワークWの一側縁部を把持自在の複数のワーク把持位置
決め装置であるクランプ装置35がX軸方向に位置調節自
在に装着してある。
本実施例では第2図に示したように、固定テーブル29の
上下タレット13,19に近い部分にX軸方向に長い切溝37
を設けた。この切溝37を上下タレット13,19に近い位置
に設けたのは、第2図に示したクランプ装置35に一辺縁
を把持して穴を打抜く作業を行うワークWの最大Y軸方
向は可動テーブル27の左端に達することがある。しかも
第2図に示した第2キヤリッジ33の位置が最もタレット
19から遠くに位置しているから、ワークWの下面全域の
バリ取りを可能にするためにタレット19に近い位置に設
けたのである。
第3図に明らかなように前記した長い切溝37の下方に
は、ベース3から立ち上った切溝37とほぼ同じ長さのエ
アーノズル39が設けてあり、このエアーノズル39には前
記切溝37の幅方向(Y軸方向)に二本の噴気管41,43が
交互に噴気と停止を繰り返すように設けてある。
前記した固定テーブル29の前記切溝37の周囲には防塵ス
ポンジ45がワークWを支承するフリーボールブッシュ47
の高さに設けてあり、固定テーブル29の下面には集塵吸
気口49が適数設けてある。前記集塵吸気口49の両外側に
は研削手段である帯状の研磨布51が一方から巻きほどか
れ、アイドルローラ53を経て前記エアーノズル39の上方
を過ぎ、他方のアイドルローラ55を経て他方に巻きとら
れている。
ワークWの上面の前記長い切溝37の位置には、上部フレ
ーム9に設けた流体圧シリンダ57に駆動されてワークW
の上面にまで下降する防塵カバー59が設けてある。上記
防塵カバー59の中には、前記したエアーノズル39で吹き
上げられた研磨布51を風圧との間で挾むピンチローラ61
が回転自在に設けてあり、防塵カバー59の下端には前記
固定テーブル29に設けた防塵スポンジ45と対応する防塵
スポンジ63がワークWに当接自在に設けてある。
また上記防塵スポンジ63に近い位置の防塵カバー59には
集塵口65が適数設けてあって、吸塵パイプ67が図示しな
い吸気装置に連結されている。
〔発明の効果〕
以上ごとき実施例の説明より理解されるように、要する
に本発明は、板材加工機のテーブルに切溝(37)を設
け、この切溝(37)の下方に配置したエアーノズル(3
9)と上記切溝(37)との間に研磨布(51)を配置して
設け、上記エアーノズル(39)から噴出されるエアーに
よって上記研磨布(51)を切溝(37)からテーブル上の
ワーク(W)に接触するように吹き上げ自在に設けてな
るものである。
上記構成より明らかなように、本発明においては、テー
ブルに設けた切溝37の下方位置に配置したエアーノズル
39から噴出されるエアーによって研磨布51を切溝37から
吹き上げてテーブル上のワークWに接触せしめる構成で
あるから、ワークWに打抜かれた穴の形状が複雑な形状
であっても前記研磨布51が穴の形状に倣ってバリを除去
する態様となり、穴の周縁部に生じたバリの除去を簡単
な構成でもって容易に行うことができるものである。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明を実施した例機としてのタレットパンチ
プレスの正面図、第2図は第1図の固定テーブル上面で
のII−II断面矢視図、第3図は、バリ取り研削装置部分
の拡大立面図である。 (図面の主要部を表わす符号の説明) 1…タレットパンチプレス、29…固定テーブル、37…長
い切溝、39…エアーノズル、45…防塵スポンジ、49…集
塵吸気口、51…研磨布、61…ピンチローラ

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】板材加工機のテーブルに切溝(37)を設
    け、この切溝(37)の下方に配置したエアーノズル(3
    9)と上記切溝(37)との間に研磨布(51)を配置して
    設け、上記エアーノズル(39)から噴出されるエアーに
    よって上記研磨布(51)を切溝(37)からテーブル上の
    ワーク(W)に接触するように吹き上げ自在に設けてな
    ることを特徴とする板材加工機。
JP61226229A 1986-09-26 1986-09-26 板材加工機 Expired - Lifetime JPH0677779B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP61226229A JPH0677779B2 (ja) 1986-09-26 1986-09-26 板材加工機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP61226229A JPH0677779B2 (ja) 1986-09-26 1986-09-26 板材加工機

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS6380929A JPS6380929A (ja) 1988-04-11
JPH0677779B2 true JPH0677779B2 (ja) 1994-10-05

Family

ID=16841918

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP61226229A Expired - Lifetime JPH0677779B2 (ja) 1986-09-26 1986-09-26 板材加工機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0677779B2 (ja)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN108115036B (zh) * 2017-12-12 2019-06-14 青岛本色金属有限公司 一种提高效率的转塔冲床
CN110052904A (zh) * 2019-03-19 2019-07-26 黄飞云 一种棒球棒加工打磨一体装置
CN113245848B (zh) * 2019-07-17 2022-04-22 烟台大丰轴瓦有限责任公司 轴瓦油孔制造系统
CN112296679A (zh) * 2019-07-31 2021-02-02 天津市升发科技股份有限公司 铝管在线切断装置
CN114833671B (zh) * 2021-07-08 2023-02-28 江苏立霸实业股份有限公司 一种vcm覆膜板生产用一体化装置
CN116765848B (zh) * 2023-08-25 2023-11-07 福建祥鑫新能源汽车配件制造有限公司 一种新能源电池托盘加工用型材切削装置

Family Cites Families (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6126402Y2 (ja) * 1980-09-26 1986-08-08

Also Published As

Publication number Publication date
JPS6380929A (ja) 1988-04-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2001105404A (ja) Ncマシンの吸着テーブル装置
JPH0677779B2 (ja) 板材加工機
CN206185469U (zh) 刀具下置式的机床
JP3313997B2 (ja) パンチプレス用のバリ取り装置
JPH0551606U (ja) Ncルータの押え集塵装置
CN209257739U (zh) 一种双工位侧向下料开料机
CN215393236U (zh) 一种激光机
JPH0549310U (ja) Ncルータの押え集塵装置
CN214642332U (zh) 一种碳化硅晶片加工装置
JP4526150B2 (ja) マルチブレード切削装置
CN110900388A (zh) 砂带整形打背设备
KR950010670B1 (ko) Nc 루터의 누름 집진장치
JPH0523935A (ja) レーザ複合加工装置
CN219094019U (zh) 一种加工圆片状工件表面的自动装卡装置
CN216422013U (zh) 一种圆形和有弧角的玻璃片边角除刃口装置
CN217665658U (zh) 一种自动冲压设备
CN216464828U (zh) 海绵雕刻机
CN213999600U (zh) 一种触摸屏基板的制造装置
CN213196838U (zh) 一种去批锋加工装置
JPH04279229A (ja) 板材加工機のワーク送り装置
CN213858211U (zh) 一种新型多功能型材雕铣机
CN216575895U (zh) 一种可调式倒角机
CN212763956U (zh) 木材加工用免抛光螺旋成型刀具
JP4475494B2 (ja) 被加工板の押え切断装置
JPH06155409A (ja) Ncルータの集塵装置