JPH0673877A - コンクリート構造物等に用いる移動式型枠 - Google Patents

コンクリート構造物等に用いる移動式型枠

Info

Publication number
JPH0673877A
JPH0673877A JP22845292A JP22845292A JPH0673877A JP H0673877 A JPH0673877 A JP H0673877A JP 22845292 A JP22845292 A JP 22845292A JP 22845292 A JP22845292 A JP 22845292A JP H0673877 A JPH0673877 A JP H0673877A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
concrete
formwork
frame
rollers
formwork materials
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP22845292A
Other languages
English (en)
Inventor
Tadayoshi Ishibashi
Mitsuru Shimizu
満 清水
石橋忠良
Original Assignee
East Japan Railway Co
東日本旅客鉄道株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by East Japan Railway Co, 東日本旅客鉄道株式会社 filed Critical East Japan Railway Co
Priority to JP22845292A priority Critical patent/JPH0673877A/ja
Publication of JPH0673877A publication Critical patent/JPH0673877A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 型枠を節約するとともに作業を自動化させ、
コストの低減化を図れる移動式型枠を提供する。 【構成】 枠体に支持された2つのローラと、該ローラ
間に無限軌道状にかけられた型枠材と、枠体と連結され
た押さえ金物とを備え、型枠材により形成される空間に
コンクリートの打設を行い、前記押さえ金物をコンクリ
ートの打設速度に合わせて引っ張り、ローラを回転させ
て無限軌道状の型枠材を回動させて枠体を移動するよう
にしたことを特徴とする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明はコンクリート構造物およ
びシールド工事のECL工法等に用いられる移動式型枠
に関するものである。
【0002】
【従来の技術】一般に、構造物のコンクリート打設、シ
ールド工事のECL工法において、構築するコンクリー
ト形状に対応して型枠を組立て、この型枠内にコンクリ
ートを流し込んで打設することが行われている。このよ
うな型枠は一般には使い捨てにしているが、経費の節約
という観点から移動式型枠も用いられており、この場合
にはコンクリートが硬化した後、人手によりコンクリー
トと一時的に剥離し、再度利用するようにしている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】このような従来の使い
捨ての型枠、あるいは移動式の型枠のいずれにおいても
型枠の着脱作業は極めて煩雑であり、また多数の型枠を
必要とするため、使い捨ての場合に限らず、移動式にお
いても剥離作業に手間がかかってコスト高となり、また
作業の自動化も困難であった。
【0004】本発明は上記課題を解決するためのもの
で、従来のように型枠を一々コンクリート面から離脱さ
せることなく、そのままの位置でスライドさせることに
より型枠を節約するとともに作業を自動化させ、コスト
の低減化を図ることができる移動式型枠を提供すること
目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明の移動式型枠は、
枠体に支持された複数のローラと、該ローラ間に無限軌
道状にかけられた型枠材と、枠体と連結された押さえ金
物とを備え、型枠材により形成される空間にコンクリー
トを流し込み、前記押さえ金物をコンクリートの打設速
度に合わせて引っ張り、前記ローラを回転させて無限軌
道状の型枠材を回動させて枠体を移動するようにしたこ
とを特徴とする。
【0006】また本発明は、前記枠体は型枠材よりも幅
広であり、型枠材からはみ出た鋼板部に押さえ金物を連
結したこと、押さえ金物は対向して設けられた型枠間に
渡って設けられるとともに、その先端部がアンカー用に
折り曲げられていること、或いは地山等の打設背面、型
枠材との間でコンクリート打設空間を形成するように設
けられていることを特徴とする。
【0007】
【作用】本発明は枠体に支持されたローラに無限軌道状
に薄板状の型枠材をかけ、この型枠で形成される空間に
コンクリートを打設し、コンクリートが硬化した後クレ
ーン、あるいはジャッキ等で枠体を引っ張り、この時型
枠材は無限軌道状にローラに対して回転可能になってい
るので、回転しながら後端側から順次剥がれ、所定距離
移動させた後、型枠により形成された空間に順次コンク
リートを打設するものであり、続的にコンクリートの打
設を行うことが可能になるとともに、型枠の節約と作業
の自動化を達成することができる。
【0008】
【実施例】図1は本発明の移動式型枠の一実施例を示す
図、図2は図1の鉄筋を省略した斜視図、図3は本発明
の移動式型枠の他の実施例を示す図である。図中、1は
枠体、2は型枠材、3はローラ、4は硬化コンクリー
ト、5は鉄筋、11は鋼板部、12は押え金物、13は
折曲部、14は支持アームである。
【0009】枠体1は鋼材等からなり、その両端の支持
アーム14にはローラ3が回動可能に支持されている。
ローラ3には無限軌道状の型枠材2が回動可能にかけら
れ、ローラの回転によりキャタピラのように回転駆動さ
れる。勿論、ローラ3は2個に限らず多数個設けるよう
にしてもよい。枠体2は型枠材2より幅広になってい
て、その端部である鋼板部11が、図2に示すように型
枠材2と面一に露出しており、この鋼板部11を境に横
に何列か設けて、隣接する枠体同士はボルト等により連
結する。鋼板部11の先端部は折り曲げられて折曲部1
3になっており、コンクリート打設時に圧力で枠体下方
部が開かないように、この折曲部13をアンカーでコン
クリートに固定する。
【0010】このような型枠を対向させてコンクリート
を構築する空間を作り、鉄筋5を避けて対向する鋼板部
11間に押さえ金物12を渡し鋼板部に固定する。この
状態で上方よりコンクリートを流し込み、コンクリート
が硬化するのを待って金物12に先端を引っ掛けて図示
しないクレーンあるいはジャッキ等で矢印Aで示すよう
に上方へ引っ張る。その結果、コンクリートに密着して
いた鋼板部11が剪断により剥がれ、同時に型枠材2は
ローラ3の回転により下端部より順次剥がれていく。こ
うしてコンクリートの打設速度に合わせて型枠を移動さ
せることにより連続的にコンクリートの打設を行うこと
ができる。
【0011】この移動式型枠においては、ローラの回転
および枠体1と型枠材2との間の摩擦係数を小さくする
ことにより、型枠材2がスムーズに回転し、硬化したコ
ンクリートと型枠材2とは密着したまま順次下端部から
剥がれて枠体1が前進していき、型枠材2とコンクリー
トの脱型も型枠材2がコンクリート面に対し、下端部に
おいて鉛直方向に剥がれて離れていくため、スムーズな
施工が可能となる。また型枠材2にコンクリートが付着
した場合は、枠体移動によって型枠材2が回転し、コン
クリート面と反対側の面に露出した位置で除去すること
ができ、さらにこの露出した面でコンクリート付着防止
対策を施すことも可能である。
【0012】図3は本発明の他の実施例を示す図であ
る。本実施例においては、地山6に対して枠体2を対向
させ、図示しない支保工等で支持した状態で枠体1と地
山6の間にコンクリートを流し込んでいく場合であり、
例えばトンネルを施工するような場合である。トンネル
は円形状であるが、図2に示す鋼板部11の所で隣合う
型枠を角度をつけて連結し、8角形、あるいは16角形
のような多角形の形にする。また、押さえ金物12はコ
ンクリートを流し込む側に設けられて地山側に折り曲げ
られ、前方の枠体としての機能を果たしている。こうし
てコンクリート打設口7からコンクリートを流し込み、
コンクリートの打設速度に合わせて押え金物12を図示
しないクレーン、ジャッキ等により引っ張って順次矢印
B方向に移動式型枠を移動させ、コンクリートを打設し
ていく。
【0013】
【発明の効果】以上のように本発明によれば、型枠の両
端に設けられたローラに型枠材を無限軌道状にかけ、枠
体を引っ張りながら型枠材を回転しつつ剥がして、連続
的にコンクリート打設を行うことができるので、型枠材
の節約が可能となってコストの低減化を図ることができ
るととともに、コンクリート打設作業の自動化を実現す
ることも可能となる。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明の移動式型枠の一実施例を示す図であ
る。
【図2】 図1の要部斜視図である。
【図3】 本発明の移動式型枠の他の実施例を示す図で
ある。
【符号の説明】
1…枠体、2…型枠材、3…ローラ、4…硬化コンクリ
ート、5…鉄筋、11…鋼板部、12…押さえ金物、1
3…折曲部、14…支持アーム。

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 枠体に支持された複数のローラと、該ロ
    ーラ間に無限軌道状にかけられた型枠材と、枠体と連結
    された押さえ金物とを備え、型枠材により形成される空
    間にコンクリートを流し込み、前記押さえ金物をコンク
    リートの打設速度に合わせて引っ張り、前記ローラを回
    転させて無限軌道状の型枠材を回動させて枠体を移動す
    るようにしたことを特徴とする移動式型枠。
  2. 【請求項2】 請求項1記載の型枠において、前記枠体
    は型枠材よりも幅広であり、型枠材からはみ出た鋼板部
    に押さえ金物を連結したことを特徴とする移動式型枠。
  3. 【請求項3】 請求項2記載の型枠において、押さえ金
    物は対向して設けられた型枠間に渡って設けられるとと
    もに、その先端部がアンカー用に折り曲げられているこ
    と特徴とする移動式型枠。
  4. 【請求項4】 請求項2記載のた型枠において、押さえ
    金物は地山等の打設背面、型枠材との間でコンクリート
    打設空間を形成するように設けられていることを特徴と
    する移動式型枠。
JP22845292A 1992-08-27 1992-08-27 コンクリート構造物等に用いる移動式型枠 Pending JPH0673877A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22845292A JPH0673877A (ja) 1992-08-27 1992-08-27 コンクリート構造物等に用いる移動式型枠

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22845292A JPH0673877A (ja) 1992-08-27 1992-08-27 コンクリート構造物等に用いる移動式型枠

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0673877A true JPH0673877A (ja) 1994-03-15

Family

ID=16876718

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP22845292A Pending JPH0673877A (ja) 1992-08-27 1992-08-27 コンクリート構造物等に用いる移動式型枠

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0673877A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102677889A (zh) * 2012-05-11 2012-09-19 上海建工集团股份有限公司 钢柱筒架交替支撑整体爬升钢平台模架体系及施工方法
CN103758341A (zh) * 2014-01-17 2014-04-30 上海建工集团股份有限公司 钢柱筒架交替支撑式液压爬升整体钢平台过桁架层施工方法

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102677889A (zh) * 2012-05-11 2012-09-19 上海建工集团股份有限公司 钢柱筒架交替支撑整体爬升钢平台模架体系及施工方法
CN102677889B (zh) * 2012-05-11 2014-03-26 上海建工集团股份有限公司 钢柱筒架交替支撑整体爬升钢平台模架体系及施工方法
CN103758341A (zh) * 2014-01-17 2014-04-30 上海建工集团股份有限公司 钢柱筒架交替支撑式液压爬升整体钢平台过桁架层施工方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
AU2003203534B2 (en) Dismountable casting mold side wall system
JPH0673877A (ja) コンクリート構造物等に用いる移動式型枠
US3574905A (en) Device for successively building concrete structures
US3689020A (en) Device useful in forming concrete structural slabs
JP2921357B2 (ja) コンクリートの養生シート
JP2876271B2 (ja) コンクリート躯体工事と同時にする仕上材の取付け工法
JP2001146717A (ja) Pc桁用型枠
JP3032590B2 (ja) パネルの離型装置
CN210939801U (zh) 一种钢结构门浇筑辅助托架
CN211647364U (zh) 大截面现浇钢筋混凝土斜柱振捣体系
CN212927041U (zh) 一种土木工程用建筑模板连接钢架
JPH08135182A (ja) 支保工スライド工法
JP2844217B2 (ja) 反転式型枠移動装置
CN213682727U (en) Floor support plate
JPH08174524A (ja) 貫通型吊上げ反転穴付きu字溝の製造方法及びその型枠装置
JPH10286818A (ja) 補強鉄筋支持装置への補強鉄筋の組込方法及び補強鉄筋支持装置への補強鉄筋の組込装置
US3892380A (en) Means and method for prefabricating and conveying ceramic panels
CN2464834Y (zh) 建筑施工中的窗、门口模具
JP2886082B2 (ja) プレキャストブロックの製造方法及び装置
JP3259148B2 (ja) スリップフォーム工法におけるコンクリート構造物中抜き方法
JP2000141340A (ja) 型枠用仕切り板の固定装置
JP3157368B2 (ja) 中空コンクリ−ト構造物施工用の内型枠装置
JP2619560B2 (ja) コンクリート打設用型枠
JP2706753B2 (ja) 型 枠
JPH0732337A (ja) サイトプレキャストコンクリート型枠工法