JPH0672645A - エレベーター運転制御装置 - Google Patents

エレベーター運転制御装置

Info

Publication number
JPH0672645A
JPH0672645A JP4247227A JP24722792A JPH0672645A JP H0672645 A JPH0672645 A JP H0672645A JP 4247227 A JP4247227 A JP 4247227A JP 24722792 A JP24722792 A JP 24722792A JP H0672645 A JPH0672645 A JP H0672645A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
floor
call
elevator
hall
crowded
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP4247227A
Other languages
English (en)
Inventor
Masafumi Yamagami
雅史 山上
Kenji Yoneda
健治 米田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Hitachi Ltd
Original Assignee
Hitachi Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Ltd filed Critical Hitachi Ltd
Priority to JP4247227A priority Critical patent/JPH0672645A/ja
Publication of JPH0672645A publication Critical patent/JPH0672645A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Elevator Control (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【目的】 混雑階発生時、その混雑階の多量な交通需要
に対して集中的にサービスし、早期に上記混雑を解消す
るエレベーター運転制御装置を提供することにある。 【構成】 2台並設したエレベーターにおいて、エレベ
ーターの交通需要を学習する手段と、その学習結果から
混雑階を検出し、その混雑階に2台のエレベーターを割
当てる手段と、上記学習結果と利用客の待ち時間から通
過階を検出する手段と、上記通過階にエレベーターが通
過することを報知する手段を設ける。これにより、各階
のホール呼びから交通需要を学習し、この学習による混
雑階の予測が可能となり、任意の階に発生した混雑に迅
速に対応でき、混雑を早期に解消する。 【効果】 ホール呼びのみの情報で、交通需要の学習、
待ち時間演算等を行うので、高価な装置を使うことな
く、安価に、目的を達成することが可能である。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、エレベーター2台を並
設した運転制御装置に係り、特に、混雑階発生時の集中
サービス機能を備えるエレベーター運転制御装置に関す
る。
【0002】
【従来の技術】従来、2台のエレベーターを並設し、1
台のエレベーターを所定階以外の階に待機させる運転制
御においては、各エレベーターを関連付けて運転するこ
とにより、能率的にエレベーターを制御することが考え
られている。例えば、1台のエレベーターを出発基準階
に待機させ、他方のエレベーターを乗り捨てられた階、
もしくは上層基準階(分散階)に待機させることによ
り、呼びに対するサービスを向上させている。また、1
日の交通需要状態は、例えば、ホール呼びがバランスし
ているとき、ホール呼びが閑散なとき、一方向のホール
呼びが多く発生しているとき等のように、著しく変化す
る。このような時々刻々と変化する交通需要に対して
も、平均的に支障なくエレベーターを制御することがで
きる。一方、なんらかの理由により特定階床において、
利用客が殺到し、その特定階床において満員、積み残し
等が生じた場合、エレベーターの運転制御上好ましくな
い現象が生じる。例えば、出勤時の出発基準階、昼食時
の食堂階の混雑時等がそれである。上記混雑を解消する
為に、特開昭52ー11553号公報には、任意の階床
においてエレベーターが満員で出発したことを常時検出
し、満員で出発した階床にエレベーターを2台呼び寄せ
る技術が記載されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】上記公知例によると、
ある階床をエレベーターが満員で出発したという情報の
みで、上記満員出発階を混雑階と判断し、エレベーター
を2台上記混雑階に呼び寄せるので、他階床のホール呼
へのサービスが低下するという現象が発生する。また、
デパートやホテルの食堂階やロビー階においては、混雑
時に10〜15秒程度の短時間にホール呼が何度も発生
するという現象が生じたり、食堂階やロビー階のような
特定の階でなくても、ビルの用途によっては、周期的に
混雑が発生する階が生じたりした場合に、エレベーター
の輸送能力や2台のエレベーターを関連付けて制御する
という運転制御方式の性格上、以上のような混雑を早期
に解消する手段が無い為、利用客をホールに積み残した
り、長時間待たせるという不具合が発生することがあっ
た。本発明は、上述した従来の不具合を顧みて成された
ものであり、その目的とするところは、混雑階発生時、
その混雑階の多量な交通需要に対して集中的にサービス
し、早期に上記混雑を解消する手段を備えたエレベータ
ー運転制御装置を提供することにある。
【0004】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に、2台並設したエレベーターにおいて、エレベーター
の交通需要を学習する手段と、その学習結果から混雑階
を検出し、その混雑階に2台のエレベーターを割当てる
手段と、上記学習結果と利用客の待ち時間から通過階を
検出する手段と、上記通過階にエレベーターが通過する
ことを報知する手段を設ける。
【0005】
【作用】本発明によるエレベーターの混雑階集中サービ
ス機能を説明する。交通需要学習部13は、まず、各階
のホール呼を方向別に、所定の時間間隔で集計し、その
集計結果と、混雑階判定基準となるホール呼び数NA、
通過階判定基準となるホール呼び数NBとを比較し、交
通需要の大小を判定する。その判定結果を時間帯毎に学
習結果記憶テーブル14へ送信する。学習結果記憶テー
ブル14では、交通需要学習部13からの受信情報を時
間帯毎に混雑呼び、通過呼びとして記憶する。一方、時
間帯判定部15は、学習結果記憶テーブル14の時間帯
データから、現在の時刻に合致するデータを選択する。
また、ホール呼びテーブル16は、各階に発生したホー
ル呼びを階床−方向付し、記憶する。待ち時間演算部1
7は、各階に発生したホール呼びのホール呼継続時間を
演算し(この時間を以って利用客の待ち時間とす
る。)、通過階判定部18において、学習結果記憶テー
ブル14内の通過呼びテーブルの情報と、待ち時間が基
準値より短いということから通過階を判定し、その判定
結果をホール呼び割当て部19の通過階フラグテーブル
へ送信する。ホール呼割り当て部19では、混雑階フラ
グテーブルと通過階フラグテーブルのフラグを呼割当て
プログラムにより判定し、ホール呼びテーブル16上に
発生している呼びに対し、各エレベーターに割当てる呼
びを決定する。この結果は、図5に示す呼び割当てテー
ブルにフラグの有無で現れ、この呼び割当てテーブルを
各エレベーターの号機制御部へ送信する。これにより、
混雑階発生時、その混雑階の多量な交通需要に対して集
中的にサービスし、早期に上記混雑を解消する。
【0006】
【実施例】以下、本発明の実施例を図面により説明す
る。本発明の一実施例として、2台並設エレベーター、
サービス階床数4階床の場合について、図1〜図6を用
いて説明する。図1は、本発明のエレベーター運転制御
装置の全体構成を示す。HBは各階のホール釦であり、
1階から4階のホール釦HBの信号を交通需要学習部1
3、ホール呼びテーブル16、待ち時間演算部17に入
力する。交通需要学習部13は、一定の時間間隔(本実
施例では10分単位)毎に、入力したホール釦HBの信
号すなわち発生したホール呼の個数をカウントする。そ
のカウントした結果は、時系列に学習結果記憶テーブル
14に記憶する。なお、この学習結果記憶テーブル14
の内容は1日毎に更新する。ホール呼びテーブル16
は、階床(1階〜4階)と方向(UP,DOWN)のマ
トリクス構成とし、例えば、1階のUP釦が押される
と、1階のUPに相当する一マスに”1”を立てる。こ
のテーブルは時々刻々と変化する。待ち時間演算部17
は、ホール釦HBが押された時点から、そのホール呼の
継続時間を数える。この継続時間は、通過階判定部18
でエレベーターが通過してもよいホール呼びか、そうで
ないホール呼びかを判定するのに使用する。上記の過去
の情報(本実施例では1日前)である学習結果記憶テー
ブル14の内容と、現在の情報であるホール呼びテーブ
ル14の内容、および、通過階判定部18の結果を利用
して、ホール呼び割当て部19では、発生したホール呼
びに対し、エレベーターを1台割り当てるか、2台割り
当てるかを判断し、実際の割り当てを行う。なお、20
はクロックであり、現在の時刻を示し、15は時間帯判
定部であり、学習結果記憶テーブルの時間帯データか
ら、現在の時刻に合致するデータを選択する。12は号
機制御部を示す。本実施例では、ホール釦からの信号の
みを利用し、交通需要の学習、待ち時間の演算を行う例
を示す。
【0007】図2に、交通需要学習部13の詳細を示
す。交通需要学習部13は、ホール呼び個数集計部と交
通需要大小判定部からなる。ホール呼び個数集計部で
は、各階(1階〜4階)に発生したホール呼びを10分
間単位で1日分階床別、方向別に集計する。例えば、図
2では、8時から8時10分の間に、1階UP呼び10
個、2階UP呼び2個、3階DN呼び2個、4階DN呼
び1個があったことを示し、これを8:00〜8:10
のホール呼び数テーブルに集計する。次に、交通需要大
小判定部において、混雑呼びと判定するために設定した
ホール呼び数NAとホール呼び個数を比較判定し、ホー
ル呼び個数がNAより大きいときは、学習結果記憶テー
ブル14内の混雑呼びテーブル(後述する)にフラグを
立てる。また、ホール呼び個数がNAより小さいとき
は、通過呼びと判定するために設定したホール呼び数N
Bとホール呼び個数を比較判定し、ホール呼び個数がN
Bより小さいときは、学習結果記憶テーブル14内の通
過呼びテーブル(後述する)にフラグを立てる。また、
ホール呼び個数がNBより大きいときは、学習結果記憶
テーブル14にデータ0を入力する。いま、NAを8
個、NBを2個とした場合、8時から8時10分の時間
帯には、図3に示す学習結果記憶テーブル14のような
データ構成となる。すなわち、学習結果記憶テーブル1
4は、混雑呼びデーブルと通過呼びテーブルからなり、
混雑呼びデーブルの1階UP呼びにフラグ”1”、通過
呼びテーブル2階と3階UP呼び及び2階、3階と4階
DOWN呼びにそれぞれフラグ”1”が立つ。なお、他
の時間帯については例示的に示した。以上のような各階
のホール呼び個数から、時間帯毎にホール呼びの発生パ
ターンを決定する。こうして得られた学習結果記憶テー
ブル14上のデータは、1日毎に更新される。
【0008】図4に、待ち時間演算部17と通過階判定
部18の詳細及びホール呼び割当て部19の一部を示
す。待ち時間演算部17は、ホール呼び発生検出部と待
ち時間カウントテーブルからなる。まず、ホール呼び発
生検出部は、ある階でホール呼びが発生したことを検出
し、その呼びがなくなるまで、継続時間をカウントして
いく。そのカウント値を待ち時間カウントテーブルに格
納する。本実施例では、そのホール呼び継続時間を以っ
て利用客の待ち時間とする。次に、カウントしている待
ち時間を所定時間間隔で待ち時間基準値MTと比較し、
待ち時間がMTより長い呼びに対しては、通過呼びテー
ブルのフラグを0とし、ホール呼び割当て部19内の通
過階フラグテーブルに格納し、MTより短い呼びに対し
ては、通過呼びテーブルのフラグを”1”として、通過
呼びテーブルをホール呼び割当て部19内の通過階フラ
グテーブルへ転送する。例えば、図4のように、2階U
P呼び、3階、4階DN呼びが発生し、各々、1秒、2
秒、3秒の待ち時間であるとし、基準値MTを10秒と
すれば、学習結果より、交通需要が少なく(通過呼びテ
ーブルのフラグが”1”である)、待ち時間もMTに達
していないので、発生している全ての呼びは通過するこ
とができる状態にある。したがって、通過階フラグテー
ブルには、図4のように通過呼びテーブルのフラグ”
1”がそのまま格納されることになる。
【0009】図5に、ホール呼び割当て部19の詳細を
示す。ホール呼び割当て部19は、通過階フラグテーブ
ル、混雑階フラグテーブル、呼割当制御プログラム、呼
び割当てテーブルからなり、学習結果記憶テーブル14
や通過階判定部18から転送されたデータを使用して、
各号機にホール呼びの割当てを行う。学習結果記憶テー
ブル14内の混雑呼びテーブルが混雑階フラグテーブル
へ転送され、通過階判定部18によって通過階フラグテ
ーブルのフラグ状態が決定されると、呼び割当て制御プ
ログラムにおいて、各テーブルのフラグの有無を判定
し、発生している呼びを各エレベーターに割当てる。す
なわち、通過階フラグが”1”である階にはエレベータ
ーを割当てない。また、混雑階フラグが”1”である階
には2台のエレベーターを割当てる。割当てられた結果
が呼び割当てテーブルのフラグの有無となる。例を挙げ
ると、いま、混雑階フラグテーブルにおいて、1階UP
呼びが混雑呼びとなっており、通過階フラグテーブルに
おいて、1階UP以外の呼びが全て通過可能な呼びと判
定されているとし、1階のUP呼びが発生したとすれ
ば、1階UP呼びは、この8時から8時10分という時
間帯において、混雑呼びとなっているので、呼び割当て
テーブルのNO.1号機、NO.2号機の1階UP呼び
にいずれもフラグ”1”が立ち、この呼びにエレベータ
ー2台が割当てられる。この割当て結果がNO.1号
機、NO.2号機の各制御部12に伝達され、エレベー
ター2台は、1階UP呼び対するサービスに直行する。
このようにして、1階に発生している混雑は、早期に解
消される。
【0010】図6に、以上説明した学習結果による混雑
階および通過階の状態を示す。図6において、1階が混
雑階であり、2階、3階、4階は通過階である。すでに
NO.1号機が混雑階の1階に着床しているが、NO.
2号機が2階、3階、4階を通過して1階に直行しよう
としている様子を表わしている。ここで、2台並設のエ
レベーターにおいては、エレベーターの位置を表示する
装置がホールに設置されることが多いが、本実施例の場
合には、各ホールの表示装置に「只今混雑中」または
「下方混雑中」を表示する。また、この他に、エレベー
ターが通過する階に、「上層階混雑中」「下層階混雑
中」「かご内満員により通過します」、「この階では止
まりません」等の表示を行うこともできる。これによ
り、ホールの利用客の不安やイライラを取り除くことに
なる。以上のように、各階のホール呼びから交通需要を
学習することにより、任意の階に発生した混雑に迅速に
対応でき、混雑を早期に解消することができる。また、
ホール呼びのみの情報で、交通需要の学習、待ち時間演
算等を行うので、高価な装置を使うことなく安価に、目
的を達成することが可能である。本実施例では、時間帯
毎のホール呼び個数のみを学習するための情報とした
が、かご呼の発生個数により混雑を検出する方法や、か
ご下に設置される秤装置による乗り人数から混雑を検出
する方法、また、ホールに混雑度モニタやテレビカメラ
を設置し、その画像情報から混雑を検出する方法にも適
用できる。
【0011】
【発明の効果】以上説明した通り、本発明によれば、各
階のホール呼びから交通需要を学習することにより、学
習による混雑階の予測が可能となり、任意の階に発生し
た混雑に迅速に対応でき、混雑を早期に解消することが
できる。また、ホール呼びのみの情報で、交通需要の学
習、待ち時間演算等を行うので、高価な装置を使うこと
なく、安価に、目的を達成することが可能である。ま
た、各ホールの表示装置にエレベーターの運転状態を適
切かつ迅速に報知できるので、利用客の不安やイライラ
を取り除くことができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】全体のシステム構成図である。
【図2】図1に図示する交通需要学習部の詳細を示した
図である。
【図3】図1に図示する学習結果記憶テーブルの構成を
示した図である。
【図4】図1に図示する待ち時間演算部、通過階判定部
の詳細を示した図である。
【図5】図1に図示するホール呼び割当て部の詳細を示
した図である。
【図6】学習結果による混雑階及び通過階の表示とエレ
ベーターのサービス状態を示した図である。
【符号の説明】
HB ホール釦 11 エレベーター運転制御装置 12 号機制御部 13 交通需要学習部 14 学習結果記憶テーブル 15 時間帯判定部 16 ホール呼びテーブル 17 待ち時間演算部 18 通過階判定部 19 ホール呼び割当て部 1F〜4F 1階〜4階

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 2台並説のエレベーターにおいて、この
    エレベーターの交通需要を学習する手段と、この学習結
    果を交通需要の大きさと時間を対にして記憶する手段
    と、この記憶情報から混雑階とその階が混雑する時間帯
    を検出する手段と、この検出した混雑階に特定のサービ
    スをする手段を備えたことを特徴とするエレベーター運
    転制御装置。
  2. 【請求項2】 請求項1において、上記検出したその階
    が混雑する時間帯に、その混雑階に発生したホール呼び
    に、上記エレベーター2台を集中サービスする手段を備
    えたことを特徴とするエレベーター運転制御装置。
  3. 【請求項3】 請求項1において、上記エレベーターの
    交通需要を学習する手段は、時間単位毎にホール呼び個
    数を集計し、このホール呼び個数を予め設定した混雑呼
    び個数および予め設定した通過呼び個数と比較判定する
    ことを特徴とするエレベーター運転制御装置。
  4. 【請求項4】 請求項1から請求項3のいずれかにおい
    て、利用客の待ち時間を常時演算する手段と、この演算
    した待ち時間と上記記憶情報からエレベーターが通過す
    る階を判定する手段を設け、上記検出した時間帯におい
    て、通過階と判定した階を通過することを特徴とするエ
    レベーター運転制御装置。
  5. 【請求項5】 請求項4において、上記通過階にエレベ
    ーターが通過することを報知することを特徴とするエレ
    ベーター運転制御装置。
JP4247227A 1992-08-24 1992-08-24 エレベーター運転制御装置 Pending JPH0672645A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4247227A JPH0672645A (ja) 1992-08-24 1992-08-24 エレベーター運転制御装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4247227A JPH0672645A (ja) 1992-08-24 1992-08-24 エレベーター運転制御装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0672645A true JPH0672645A (ja) 1994-03-15

Family

ID=17160349

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4247227A Pending JPH0672645A (ja) 1992-08-24 1992-08-24 エレベーター運転制御装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0672645A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4875519A (en) * 1987-04-30 1989-10-24 Furukawa Aluminum Co., Ltd. Method of manufacturing hollow billet and apparatus therefor
JP2013170037A (ja) * 2012-02-20 2013-09-02 Toshiba Elevator Co Ltd エレベータ群管理制御システム
WO2017009995A1 (ja) * 2015-07-16 2017-01-19 三菱電機株式会社 エレベーターの行先呼び登録システムおよびその方法

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4875519A (en) * 1987-04-30 1989-10-24 Furukawa Aluminum Co., Ltd. Method of manufacturing hollow billet and apparatus therefor
JP2013170037A (ja) * 2012-02-20 2013-09-02 Toshiba Elevator Co Ltd エレベータ群管理制御システム
WO2017009995A1 (ja) * 2015-07-16 2017-01-19 三菱電機株式会社 エレベーターの行先呼び登録システムおよびその方法
CN107848732A (zh) * 2015-07-16 2018-03-27 三菱电机株式会社 电梯的目的地呼梯登记系统及其方法
CN107848732B (zh) * 2015-07-16 2019-06-11 三菱电机株式会社 电梯的目的地呼梯登记系统及其方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH0248380A (ja) エレベーター制御装置及びエレベーター制御方法
US5239141A (en) Group management control method and apparatus for an elevator system
JP2011105452A (ja) エレベータの群管理システム及び群管理方法
JP2012056697A (ja) エレベータシステム
JPH07232867A (ja) エレベータの群管理装置
JP3650150B2 (ja) 瞬時的なセクタ割り付け方法
WO2020100261A1 (ja) エレベーターシステム及び制御装置
JP2009012930A (ja) エレベータの群管理システム
JPH0672645A (ja) エレベーター運転制御装置
JP2635128B2 (ja) エレベーターの制御方法及び装置
JPH02127377A (ja) エレベーターの呼び登録装置
JPH01231780A (ja) エレベーターの制御装置
JP3769308B2 (ja) エレベーターの群管理制御装置
JP3807682B2 (ja) ダブルデッキエレベータ群の制御装置
JPH0692555A (ja) エレベータの群管理制御装置
JPH05116852A (ja) エレベータの特別客サービス運転装置
JP2728396B2 (ja) エレベーター制御装置
JP6624159B2 (ja) エレベータの群管理システム
JP7276994B1 (ja) エレベータの群管理システム
JP2693617B2 (ja) エレベータの群管理制御装置
JPH02127376A (ja) エレベーター群管理システム
JP2763199B2 (ja) エレベータの群管理制御装置
JPH05139633A (ja) エレベータの特別客サービス運転装置
JP2673986B2 (ja) エレベータの群管理制御方法
JP2006143455A (ja) エレベータの群管理制御装置