JPH0659509B2 - 絞り―しごき缶胴体のストリッパー装置 - Google Patents

絞り―しごき缶胴体のストリッパー装置

Info

Publication number
JPH0659509B2
JPH0659509B2 JP32022088A JP32022088A JPH0659509B2 JP H0659509 B2 JPH0659509 B2 JP H0659509B2 JP 32022088 A JP32022088 A JP 32022088A JP 32022088 A JP32022088 A JP 32022088A JP H0659509 B2 JPH0659509 B2 JP H0659509B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
body
finger
portion
cam
ironing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP32022088A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH02165821A (en
Inventor
伸一 井原
Original Assignee
東洋製罐株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 東洋製罐株式会社 filed Critical 東洋製罐株式会社
Priority to JP32022088A priority Critical patent/JPH0659509B2/ja
Publication of JPH02165821A publication Critical patent/JPH02165821A/ja
Publication of JPH0659509B2 publication Critical patent/JPH0659509B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21DWORKING OR PROCESSING OF SHEET METAL OR METAL TUBES, RODS OR PROFILES WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21D45/00Ejecting or stripping-off devices arranged in machines or tools dealt with in this subclass
    • B21D45/06Stripping-off devices
    • B21D45/065Stripping-off devices for deep-drawn cans, e.g. using stripping fingers

Description

【発明の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本発明は、しごき成形および底部のドーミング加工終了
後、ポンチ先端に冠着されている絞り−しごき缶胴体
を、ポンチから抜取るためのストリッパー装置に関す
る。

(従来の技術) 従来絞り−しごき缶胴体のストリッパー装置として種々
の提案が行なわれている(例えば特公昭43−1969
7号公報、実公昭54−26352号公報、特公昭60
−133号公報)。

これらのストリッパー装置は何れも、環状に配列された
複数のフインガーを有し、フインガーの外周面が環状ス
プリングのような環状弾性部材によってフインガー先端
の爪部が閉じる方向にバイアスされていて、ポンチの後
退、すなわち復帰工程において、ポンチ周面に接触して
いた爪部と缶胴体の開口端面が係合して、缶胴体がポン
チより抜取られるタイプのものである。

(発明が解決しようとする課題) 従来のストリッパー装置は、ポンチが挿通していない時
はフインガーの爪部が完全に閉じている、従ってポンチ
が前進してしごき直後の缶胴体がストリッパー装置を通
過する直前には完全に閉じている。そのためこの通過の
さい、缶胴体の底部周縁部(第2図の3b)がフイン
ガーの爪部近傍の内側コーナ(第2図の7c)に衝撃的
に当りながら爪部が開こうとするので、底部周縁部に当
り痕がついて商品価値を低下するという問題を生ずる。

さらに一たん衝撃的に缶胴体の外径よりも大きく開いた
爪部は、戻るさいに缶胴体の胴壁部に衝撃的に当って、
この部分にも当り痕を生じ易いという問題を生ずる。

このように爪部は缶胴体が通過する毎に、繰返し衝撃的
に缶胴体に当るので傷つき易く、フインガーの寿命が比
較的短かく、その交換のため生産性が低下するという問
題を生ずる。

本発明は、通過のさい缶胴体に当り庇のつくおそれがな
く、かつフインガーの寿命を長くすることが可能な、絞
り−しごき成形体のストリッパー装置を提供することを
目的とする。

(課題を解決するための手段) 本発明のポンチから絞り、しごき缶胴体を抜取るための
ストリッパー装置は、先端に該缶胴体の開口端面と係合
可能な爪部を有し、基部に外方突出部を備える、揺動可
能な複数のフインガー、該フインガーの揺動支点を外周
面に有する短円筒部を備える該フインガーの支持体、該
フインガーの外周面を包囲し、該爪部が閉じる方向に該
フインガーが揺動するように該フインガーをバイアスす
る環状弾性部材、および少なくとも該缶胴体が前進して
該ストリッパー装置を通過している間、該外方突出部を
押上げて該爪部が開くよう該フインガーを揺動させる装
置を備えている。

上記のフインガーを揺動させる装置は、周方向に互に傾
斜面を介して接続する複数の第1の凹部および第1の凸
部が交互に形成された底面を有する、該フインガーの外
方突出部を押上げるための環状の内側カム;該底面と実
質的に対応する形状を有するよう、複数の第2の凹部お
よび第2の凸部が交互に形成され、該爪部が閉じている
とき第1の凹部が第2の凸部に対向又は対接する周状係
合面を有し、周方向に揺動する環状の外側カム;該内側
カムが該外側カムを押圧するようバイアスする弾性体;
および少なくとも該缶胴体が前進して該ストリッパー装
置を通過している間、該ポンチの駆動機構に同期して、
該底面の第1の凸部と該係合面の第2の凸部が係合する
よう該外側カムを揺動するレバーを備えるものが好まし
い。

(作 用) フインガーは支持体の揺動支点の周りに揺動可能である
が、フインガーの爪部が閉じる方向にフインガーが揺動
するようにフインガーをバイアスする環状弾性部材が設
けられているので、ポンチの後退工程において爪部が閉
じてポンチの外周面と接触するようにすることによっ
て、爪部を缶胴体の開口端面に係合させて缶胴体をポン
チから抜取ることが可能である。

一方少なくとも缶胴体が前進してストリッパー装置を通
過している間、フインガーの外方突出部を押上げて爪部
が開くようフインガーを揺動させる装置を備えているの
で、上記通過のさい、フインガーの爪部近傍部等が缶胴
体に当って、缶胴体に当て傷が付くのを防ぐことができ
る。

前記の好ましい態様のフインガーを揺動させる装置は、
少なくとも缶胴体が前進してストリッパー装置を通過し
ている間、ポンチの駆動機構に同期して、内側カムの凸
部と外側カムの凸部が係合するよう環状の外側カムを周
方向に揺動するレバーを備えている。そのため上記の期
間、内側カムはフインガーの外方突出部を押上げて爪部
を缶胴体と接触しない程度に開くことができる。

一方ポンチが後退している期間は、外側カムを、内側カ
ムの凹部が外側カムの凸部に対向又は対接する位置まで
周方向に揺動させると、弾性体により内側カムは外側カ
ムの方に押下げられるので、爪部を閉じることができ
る。

(実施例) 第1図,第2図において、1はストリッパー装置、2は
水平方向に往復動するポンチ、3は絞り−しごき缶胴体
である。ストリッパー装置1の基盤5は、両絞り−しご
きダイ装置4の出口側端部にボルト6によって固着され
ている。

ストリッパー装置1は、先端に缶胴体3の開口端面3a
と係合可能な爪部7aを有し、基部に外外突出部7bを
備える複数(図では20個)のフインガー7、フインガ
ー7の揺動支点9を外面下端に有する短円筒部8aおよ
びフランジ部8bよりなるフインガー7の支持体8、フ
インガー7の外周面を包囲し、爪部7aが閉じる方向に
フインガー7が揺動するようにフインガー7をバイアス
する環状スプリング10を備えている。

さらにストリッパー装置は、回動不能でポンチ2の軸方
向に移動可能な環状の内側カム11、および周方向に揺
動し、上記軸方向に移動可能の環状の外側カム12を備
えている。外側カム12は押え板13によりリテーナ1
4との間に揺動可能に保持される。内側カム11はフイ
ンガーの外方突出部7bと係合する環状段部11aを形
成されており、また外側カム12を押圧するようバイア
スするための複数(例えば12個)のコイルスプリング
15を収納する孔部11bが周方向等間隔に形成されて
いる。

内側カム11の底面11cには第4図に示すように、複
数(例えば4個)の凹部11c1および同数の凸部11c2
が周方向に等間隔に交互に形成されており、凹部11c1
と凸部11c2は傾斜面11c3,11c4を介して接続して
いる。外側カム12の内側カム11側の面16の内側カ
ム11と対接する部分である周状係合面16aは、内側
カムの底面11cと対応する形状を有しており、第3
図,第4図に示すように、凸部16a1および凹部16a2
ならびに傾斜面16a3,16a4が交互に形成されてい
る。

爪部7aが完全に閉じている、すなわち第1図に示すよ
うに爪部7aの側面同士が接触している状態(ポンチ2
が爪部7a内を挿通していないときの状態)では、第4
図に示すように外側カムの凸部16a1と内側カムの凹部
11c1が接触して、内側カム11は第2図の左方の下死
点に位置する。

この位置から外側カム12が周方向に1ピッチ角(凸部
16a1と傾斜面16a3又は16a4各1個の和に対応する
中心角を1ピッチ角と称することにする)揺動すると、
第5図に示すように外側カム12の凸部16a1と内側カ
ム11の凸部11c2が接触すなわち係合して、内側カム
11は第2図の右側の上死点まで移動し、同時にフイン
ガーの外方突出部7bを右方に押上げる。

そのためフインガー7は支持体8の揺動支点9の周りに
揺動して爪部7aは半径方向外方に移動して開く。この
開いた状態において、爪部7aの内径R(第1図)およ
び爪部内側コーナ7cの内径が缶胴体3の外径より僅か
に大きくなるように、フインガー7の寸法、配置等が定
められている。

17は外側カム12を揺動させるためのリンクであっ
て、1方の端部17aが外側カム12に固着されたレバ
ー18に枢支されており、他方の端部(図示せず)は、
リンク機構を介してポンチ2の駆動機構(図示されな
い)に接続している。

リンク17はポンチの前進、後退に伴ない矢印A方向に
往復動して外側カム12を周方向に揺動するのである
が、そのタイミングは、ポンチ2が前進(第2図の矢印
B方向への移動)して、少なくとも缶胴体3がストリッ
パー装置1を通過している間、外側カム12の凸部16
a1と内側カムの凸部11c2が接触して(第5図の状
態)、爪部7aが開いており、一方ポンチ2が矢印C方向
に移動して後退している間は、外側カムの凸部16a1
内側カム凹部11c1が接触して(第4図の状態)、爪部
7aが閉じ、缶胴体3の開口端面3aと係合して、缶胴
体3をポンチ2から抜取るように定められている。

以上のストリップ装置1により缶胴体3の抜取りは次の
ようにして行なわれる。

再絞り−しごきダイ装置4で、前進しながらダイ(図示
せず)とポンチ2の協同により形成された絞り−しごき
缶胴体3は直ちにストリッパー装置1を通過するが、そ
の時点ではリンク17により外側カム12を揺動して、
外側カムの凸部16a1と押上部材の凸部11c2が接触し
て第5図の状態にあり、フインガーの爪部7aは開いて
いて、爪部7aや内側コーナ7cが缶胴体3に当ること
はない。

缶胴体3は下死点に達したさい、ドーミング装置(図示
されない)により内側に球面状に凹んだ底部3bを形成
され、直ちに後退する。この時点では外側カムの凸部1
6a1と内側カムの凹部11c1が接触する位置まで外側カ
ム12が揺動しており、かつ環状スプリング10に押圧
されて爪部7aはポンチ2と接触するまで閉じている
(第2図の状態)ので、缶胴体3の開口端面3aが爪部
7aと係合して缶胴体3はポンチ2から抜取られる。

本発明は以上の実施例によって制約されるものでなく、
例えば請求項1の発明の場合、フインガーを揺動させる
装置は実施例以外の適宜の装置であってもよい。また請
求項2の発明の場合、外側カム12の凸部16a1と内側
カム11の凹部11c1が接触している状態において、凹
部16a2と凸部11c2の間に僅かな隙間が生ずるように
凸部11c2の突出高さ又は凹部16a2の凹み深さを定め
てもよい、さらに傾斜面16a3と11c3および/または
傾斜面16a4と11c4が離れていてもよい。また凹部1
6a2と凸部11c2が接触している状態において、凸部1
6a1と凹部11c1の間に僅かな隙間が生ずるようにして
もよい。

(発明の効果) 本発明のストリッパー装置は、ポンチが前進して絞り−
しごき缶胴体が通過するさいフインガーの爪部が開くよ
うにすることができるので、上記通過のさい缶胴体に当
り疵がついてその商品価値を低下するおそれがなく、ま
た爪部は傷つき難く、フインガーの寿命が長くなり、そ
のため生産性が向上するという効果を奏する。

また好ましい態様のフインガーを揺動させる装置を備え
るストリッパー装置は、上記揺動させる装置が、油圧装
置や空圧装置を用いることなく、ポンチの駆動機構に同
期して、カム機構およびリンク機構等により純機械的に
動作するので、応答性が速く、例えば毎分400缶とい
う高速製缶に適しているというメリットを有する。

【図面の簡単な説明】

第1図は本発明の実施例である装置の、爪部が完全に閉
じている状態における底面図、第2図は第1図の装置
の、ポンチの後退工程における第1図のII−II線に沿う
縦断面図、第3図は第2図のIII−IIIからみた外側カム
の側面図、第4図は第3図のIV−IVに沿う横断面図であ
って、爪部が閉じているときの外側カムの内側カムに対
する位置を示す図面、第5図は第4図に対応する図面で
あって、爪部が開いているときの外側カムの位置を示す
横断面図である。 1……ストリッパー装置、2……ポンチ、3……絞り−
しごき缶胴体、3a……開口端面、7……フインガー、
7a……爪部、8……フインガーの支持体、8a……短
円筒部、9……揺動支点、10……環状スプリング(環
状弾性部材)、11……内側カム、11c……底面、1
1c1……(第1の)凹部、11c2……(第1の)凸部、
11c3,11c4……傾斜面、12……環状の外側カム、
15……コイルスプリング(弾性体)、16a……環状
外側カムの周状係合面、16a1……(第2の)凸部、1
6a2……(第2の)凹部、18……レバー。

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】ポンチから絞り−しごき缶胴体を抜取るた
    めのストリッパー装置において、該装置は、先端に該缶
    胴体の開口端面と係合可能な爪部を有し、基部に外方突
    出部を備える、揺動可能な複数のフインガー、該フイン
    ガーの揺動支点を外周面に有する短円筒部を備える該フ
    インガーの支持体、該フインガーの外周面を包囲し、該
    爪部が閉じる方向に該フインガーが揺動するように該フ
    インガーをバイアスする環状弾性部材、および少なくと
    も該缶胴体が前進して該ストリッパー装置を通過してい
    る間、該外方突出部を押上げて該爪部が開くよう該フイ
    ンガーを揺動させる装置を備えることを特徴とする、絞
    り−しごき缶胴体のストリッパー装置。
  2. 【請求項2】該フインガーを揺動させる装置は、周方向
    に互に傾斜面を介して接続する複数の第1の凹部および
    第1の凸部が交互に形成された底面を有する、該フイン
    ガーの外方突出部を押上げるための環状の内側カム;該
    底面と実質的に対応する形状を有するよう、複数の第2
    の凹部および第2の凸部が交互に形成され、該爪部が閉
    じているとき第1の凹部が第2の凸部に対向又は対接す
    る周状係合面を有し、周方向に揺動する環状の外側カ
    ム;該内側カムが該外側カムを押圧するようバイアスす
    る弾性体;および少なくとも該缶胴体が前進して該スト
    リッパー装置を通過している間、該ポンチの駆動機構に
    同期して、該底面の第1の凸部と該係合面の第2の凸部
    が係合するよう該外側カムを揺動するレバーを備える、
    請求項1記載の絞り−しごき缶胴体のストリッパー装
    置。
JP32022088A 1988-12-19 1988-12-19 絞り―しごき缶胴体のストリッパー装置 Expired - Fee Related JPH0659509B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32022088A JPH0659509B2 (ja) 1988-12-19 1988-12-19 絞り―しごき缶胴体のストリッパー装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP32022088A JPH0659509B2 (ja) 1988-12-19 1988-12-19 絞り―しごき缶胴体のストリッパー装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH02165821A JPH02165821A (en) 1990-06-26
JPH0659509B2 true JPH0659509B2 (ja) 1994-08-10

Family

ID=18119063

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP32022088A Expired - Fee Related JPH0659509B2 (ja) 1988-12-19 1988-12-19 絞り―しごき缶胴体のストリッパー装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0659509B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2008133031A1 (ja) 2007-04-25 2008-11-06 Toyo Seikan Kaisha, Ltd. 絞り・しごき缶成形装置用のストリッパー装置

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2008133031A1 (ja) 2007-04-25 2008-11-06 Toyo Seikan Kaisha, Ltd. 絞り・しごき缶成形装置用のストリッパー装置
US8375762B2 (en) 2007-04-25 2013-02-19 Toyo Seikan Kaisha, Ltd. Stripper device for can drawing and ironing apparatus

Also Published As

Publication number Publication date
JPH02165821A (en) 1990-06-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA1241870A (en) Hydro mechanical pressing method and punch and die therefor
US4569111A (en) Apparatus for jointing plate materials
US6460394B2 (en) Method of manufacturing heat exchanging fin and die set for manufacturing the same
JP3540308B2 (ja) スライドカム型
US4477537A (en) Method for producing burr-free blanks and the blanks produced thereby
US4516420A (en) Shell tooling
US5634367A (en) Press forming device
US20080098789A1 (en) Draw Forming Method and Device
US2225345A (en) Banding press
JP2008142772A (ja) せん断総抜型
EP0049474B1 (en) Forging die for a part with internal, tapered grooves
US4020670A (en) Triple action mechanism for producing high reduction cups in a double action press
EP0149823B1 (en) Shell making method and apparatus
US6959478B2 (en) Shockproof spindle
US3113379A (en) Closure fastening
EP2897743B1 (en) Doming station
US5673472A (en) Method of coupling a fastener on a metal sheet and forming a molded part
CA2573116C (en) Method and arrangement for production of stampings
EP1714731B1 (en) Press for attaching nuts to pipes
US2763228A (en) Lid-making apparatus
KR980008383A (ko) 펀치 조립체에 있어서의 판누르개에 펀치 가이드 구멍을 천설하는 방법, 펀치 조립체 및 판누르개
EP0802838B1 (en) Workpiece-deforming tool and die for use in a punch press
GB1444857A (en) Device for forming a peripheral groove in the open end of a hollow body
DE102010041891B4 (de) Stanzvorrichtung
JP2007056690A (ja) ロッカーアームの製造方法

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20070810

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080810

Year of fee payment: 14

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees