JPH0657751A - 補強土工法 - Google Patents

補強土工法

Info

Publication number
JPH0657751A
JPH0657751A JP23898392A JP23898392A JPH0657751A JP H0657751 A JPH0657751 A JP H0657751A JP 23898392 A JP23898392 A JP 23898392A JP 23898392 A JP23898392 A JP 23898392A JP H0657751 A JPH0657751 A JP H0657751A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
basket
shaped
resistance plate
retaining
extrusion resistance
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP23898392A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0753978B2 (ja
Inventor
Shoichi Sugimoto
正一 杉本
Original Assignee
Nisshoku Corp
日本植生株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nisshoku Corp, 日本植生株式会社 filed Critical Nisshoku Corp
Priority to JP23898392A priority Critical patent/JPH0753978B2/ja
Publication of JPH0657751A publication Critical patent/JPH0657751A/ja
Publication of JPH0753978B2 publication Critical patent/JPH0753978B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 各種資材の擁壁構築現場への運搬作業を簡単
に行い、しかも、安定した擁壁5の構築作業を簡単に行
うことができる補強土工法を提供する。 【構成】 作業現場で組上可能とした多数の開口部1aを
もつカゴ状体1と、カゴ状体1に連結可能な押出抵抗板
2とを用い、押出抵抗板2と作業現場で組上げられたカ
ゴ状体1とを連結して地面上に敷設すると共に、カゴ状
体1内にグリ石や土砂などの重量物3を装填して、押出
抵抗板2上に盛土4を投入する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】本発明は、地山などの傾斜地盤や土地造成
地及び道路などに擁壁を構築する補強土工法に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、この種補強土工法として、テール
アルメ工法が知られている。このテールアルメ工法は、
図9で示したように、複数のアンカープレートaをもつ
所定長さのストリップAが連結されたコンクリートパネ
ルなどから成る複数の壁面材Bを使用し、該各壁面材B
を地山などの傾斜地盤C近くに順次垂直状に積上げて連
結し、前記壁面材Bに設けた前記ストリップAを展設さ
せ、該ストリツプA上に盛土Dを投入して転圧し、この
後次段の壁面材Bに設けたストリップAを展設し、盛土
Dを投入して転圧すると言う作業を繰り返して行うこと
により、前記ストリツプAと転圧された盛土Dとで盛土
自体の安定度を強化し、また、これらストリツプAと盛
土Dとで前記各壁面材Bを支持して安定した擁壁構築を
行うようにしたものである。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところが、以上のよう
なテールアルメ工法では、重量大の壁面材Bが使用され
ることから、その運搬作業に困難を伴うばかりか、擁壁
構築時に前記壁面材Bを持上げたりする必要があって擁
壁の構築作業にも重労働を要したのである。
【0004】本発明は以上のような問題に鑑みてなした
もので、その目的は、各種資材の擁壁構築現場への運搬
作業を簡単かつ楽に行うことができ、しかも、安定した
擁壁の構築作業を簡単に行うことができる補強土工法を
提供することにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するた
め、本発明の補強土工法は、作業現場で組上可能とした
多数の開口部をもつカゴ状体と、該カゴ状体に連結可能
な押出抵抗板とを用い、この押出抵抗板と作業現場で組
上げられたカゴ状体とを連結して地面上に敷設すると共
に、該カゴ状体内にグリ石や土砂などの重量物を装填し
て、前記押出抵抗板上に盛土を投入するようにしたもの
である。
【0006】前記カゴ状体として、多数の開口部をもつ
折畳可能とされたフトンカゴや蛇カゴなどを用い、ま
た、前記押出抵抗板として前記カゴ状体の組立時の大き
さより大となるものを使用し、前記押出抵抗板を地面上
に敷設し、かつ、該押出抵抗板に前記カゴ状体を積載し
て、その内部にグリ石や土砂などの重量物を装填させ、
この押出抵抗板上における前記カゴ状体の積載残り部分
に盛土を投入するようにしてもよい。
【0007】前記カゴ状体の内部には、前記重量物と共
に植生材を装填させることが好ましい。
【0008】また、前記カゴ状体の擁壁外面側には、植
物種子を担持させるようにしてもよい。
【0009】さらに、前記押出抵抗板には、前記盛土に
対する抵抗部を設けることが好ましい。
【0010】
【作用】本発明の補強土工法では、前記押出抵抗板と現
場組上可能としたカゴ状体が使用されるため、このカゴ
状体を組上以前のフラットな状態で前記押出抵抗板と共
に擁壁構築作業現場に簡単かつ楽に運搬することができ
る。そして、作業現場において、フラットな状態で搬送
されたカゴ状体を立方形状に組上げ、該カゴ状体と前記
押出抵抗板とを連結して地面上に敷設し、前記カゴ状体
内にグリ石や土砂などの重量物を装填すると共に、前記
押出抵抗板上に盛土を投入し、この後前記カゴ状体と盛
土の上部側に次段のカゴ状体と押出抵抗板とを順次敷設
すると言う作業を繰り返して行うことにより、安定した
擁壁構築作業を簡単に行うことができる。
【0011】前記カゴ状体として、多数の開口部をもつ
折畳可能とされたフトンカゴや蛇カゴなどを用い、ま
た、前記押出抵抗板として前記カゴ状体の組立時の大き
さより大となるものを使用し、前記押出抵抗板を地面上
に敷設し、かつ、該押出抵抗板に前記カゴ状体を積載し
て、その内部にグリ石や土砂などの重量物を装填させ、
この押出抵抗板上における前記カゴ状体の積載残り部分
に盛土を投入するときには、前記カゴ状体として市販の
ものを利用できて、擁壁構築現場への運搬を簡単かつ楽
に行うことができながら、安定した擁壁構築作業を簡単
に行うことができる。
【0012】また、前記カゴ状体内に前記重量物と共に
植生材を装填するときには、擁壁の構築作業後に前記植
生材で植物を育成させることができ、前記擁壁を緑化し
て環境美化に寄与できる。
【0013】さらに、前記カゴ状体の擁壁外面側に植物
種子を担持させる場合にも、擁壁の構築作業後に前記植
物種子を育成して、前記擁壁を緑化して環境美化に寄与
することができる。
【0014】また、前記押出抵抗板に前記盛土に対する
抵抗部を設けるときには、該抵抗部により前記押出抵抗
板と盛土との間の抵抗を増大させ、、この押出抵抗板上
に投入される盛土間の安定度を強化し、かつ、該押出抵
抗板に連結される前記カゴ状体の支持強度を強化して、
安定した擁壁の構築作業を行うことができる。
【0015】
【実施例】以下、本発明にかかる補強土工法を図面の実
施例に基づいて説明する。本発明の補強土工法では、図
1に示したように、折畳時にはフラットとなり、組立時
には立方形状となる多数の開口部1aをもった例えばフ
トンカゴ又は該フトンカゴより長尺な蛇カゴなどから成
る折畳可能なカゴ状体1と、このカゴ状体1の組立時の
大きさより大とされた網板部材から成る平板状の押出抵
抗板2とが使用される。具体的には、前記カゴ状体1と
して、上下部位が開放され、中間内部に仕切部11が介
装された網板部材から成るカゴ本体12と、該カゴ本体
12の上部開放側に取付けられる網板部材から成る蓋板
13とを用い、擁壁構築作業現場などにおいて前記カゴ
本体12の上部開放側に前記蓋板13を結合させるよう
にしている。
【0016】そして、前記カゴ状体1や押出抵抗板2の
擁壁構築現場への運搬時には、同図の上部側に示したよ
うに、前記カゴ状体1のカゴ本体11がフラットに折り
畳まれ、その蓋板13や前記押出抵抗板2と共に簡単か
つ楽に運搬される。
【0017】また、擁壁構築現場においては、図1,図
2で示したように、先ず、前記押出抵抗板2を地山など
傾斜面30近くの地盤31上に敷設すると共に、前記カ
ゴ状体1を組上げ、つまり、折畳状態で搬送された前記
カゴ本体12を立方形状に組み立て、前記カゴ状体1内
にグリ石や土砂などの重量物3を装填し蓋板13をかぶ
せて前記押出抵抗板2上で擁壁外面側に積載する一方、
この押出抵抗板2上で前記カゴ状体1の積載残り部分、
即ち、前記押出抵抗板2の擁壁内面上部側に盛土4を投
入して転圧し、この後前記カゴ状体1と盛土4上に次段
の押出抵抗板2を敷設して、該押出抵抗板2上に前記重
量物3が装填されたカゴ状体1を積載し、斯かる作業を
順次繰り返して行うことにより、前記地山の傾斜面30
に擁壁5がほぼ垂直状に構築される。
【0018】前記擁壁5の構築作業に際しては、前記地
盤31や盛土4上に網目状とされた押出抵抗板2を敷設
し、該押出抵抗板2上に前記カゴ状体1を積載して、前
記押出抵抗板2上でカゴ状体1の積載残り部分に盛土4
を投入して転圧するようにしているため、前記網目状押
出抵抗板2と転圧された盛土4とで盛土自体の安定度が
強化され、また、これら押出抵抗板2と盛土4及びカゴ
状体1とで安定した擁壁5が簡単に構築される。
【0019】また、図1で明らかにしたように、前記カ
ゴ状体1の擁壁外面側で長さ方向両側上下部位に、それ
ぞれ複数の係合突起14を設けると共に、前記押出抵抗
板2の擁壁外面側に前記各突起14に係合可能な複数の
係合部21を設けて、前記押出抵抗板2上に前記カゴ状
体1を積載するとき、前記突起14と係合部21とを互
いに係合させることが望ましく、斯くするときには、前
記カゴ状体1と押出抵抗板2との積載時における両者の
結合強度を高めることができて、前記擁壁5の強度を一
層強化することができる。
【0020】さらに、図1の実施例においては、前記押
出抵抗板2をアンカーピン6を介して前記盛土4上に固
定することにより、前記押出抵抗板2の盛土4に対する
支持強度を強化し、前記カゴ状体1と押出抵抗板2とを
一体状に結合することと相俟って、前記擁壁5の強度を
一層強化できるようにしている。
【0021】また、本発明では、図3及び図4で示した
ように、前記カゴ状体1として、中間内部に仕切部11
が介装された折畳可能なカゴ本体12の上下開口部に、
それぞれ蓋体15,16を開閉可能に取付けたものを用
いることも可能であり、斯かるカゴ状体1を使用する場
合には、前述したような蓋板13のカゴ本体12に対す
る結合作業を別途行う必要はない。さらに、前記押出抵
抗板2は、前述したように、前記カゴ状体1の組立時の
大きさより大とされたものを必ずしも使用する必要はな
く、前記押出抵抗板2としては、同各図で示したよう
に、前記カゴ状体1の長さ方向寸法とほぼ同一長さをも
つ所定大きさのものを使用してもよいのであり、この場
合には、前記カゴ状体1の擁壁内面側で下部複数箇所
に、それぞれ係合突起17を設け、また、前記押出抵抗
板2側に前記各突起17に係合可能な複数の係合部22
を設けて、これら各突起17と係合部22とを互いに係
合させることにより、前記カゴ状体1の擁壁内面側で下
部側に前記押出抵抗板2を取付けるものとする。
【0022】さらに、前記カゴ状体1は、平板状とされ
た複数の網板部材を用い、これら網板部材を作業現場で
立体形状に組上げるようにしてもよく、斯くする場合に
も運搬を簡単かつ楽に行うことができる。
【0023】前記カゴ状体1は、亜鉛鍍金又はビニール
樹脂などが施された鉄線や、アルミニウム合金及びステ
ンレス線などから成る網状体で形成し、若しくは、合成
樹脂から成る網状体で構成して、容易には腐食しないよ
うにすることが望ましい。
【0024】また、前記カゴ状体1の内部には、図5で
示したように、前記重量物3と共に植物種子や肥料及び
植生基材などの植生材7が充填された植生袋8を装填さ
せたり、又は、該植生袋8に充填することなく、前記植
生材7を単独状態で前記重量物3と共に前記カゴ状体1
内に装填することが可能である。斯くする場合には、前
記擁壁5の構築作業後に前記植生材7で植物種子を育成
させて、前記擁壁5の緑化を行うことができる。
【0025】さらに、図6で示したように、前記カゴ状
体1の擁壁外面側に植物種子9を紙などの支持帯10を
介して担持させることも可能であり、斯くするときに
も、前述した場合と同様に、前記擁壁5の構築作業後に
前記植物種子9を育成させて、前記擁壁5の緑化を行う
ことができる。
【0026】前記押出抵抗板2には、図7で示したよう
に、上下方向に向けて突出する複数の板片から成る前記
盛土4に対する抵抗部23を設けることが好ましい。斯
くする場合には、前記押出抵抗板2を盛土4上に敷設し
たり、また、前記押出抵抗板2上に盛土4を投入して転
圧するとき、前記抵抗部23により前記押出抵抗板2と
盛土4との間の抵抗を増大させて、前記押出抵抗板2上
に投入される盛土4間の安定度を強化し、かつ、前記押
出抵抗板2上に積載される前記各カゴ状体1の支持を強
化して、前記擁壁5の安定した構築を行うことができ
る。
【0027】また、図8で示したように、前記押出抵抗
板2の複数箇所を波形状に湾曲させて、この湾曲部を前
記盛土4に対する抵抗部24とすることも可能であり、
斯くするときにも、前述した場合と同様に、前記抵抗部
24により前記押出抵抗板2と盛土4との間の抵抗を増
大させて、前記擁壁5の安定した構築を行うことができ
る。
【0028】
【発明の効果】以上説明したように、本発明にかかる補
強土工法では、作業現場で組上可能とした多数の開口部
をもつカゴ状体と、該カゴ状体に連結可能な押出抵抗板
とを用い、この押出抵抗板と作業現場で組上げられたカ
ゴ状体とを連結して地面上に敷設すると共に、該カゴ状
体内にグリ石や土砂などの重量物を装填して、前記押出
抵抗板上に盛土を投入するようにしたから、前記カゴ状
体を組上以前のフラットな状態で前記押出抵抗板と共に
擁壁構築作業現場に簡単かつ楽に運搬することができ、
また、擁壁構築現場においては、フラットな状態で搬送
されたカゴ状体を立方形状に組上げ、該カゴ状体内に前
記重量物を装填したりすることにより、安定した擁壁の
構築作業を簡単に行うことができる。
【0029】また、前記カゴ状体として、多数の開口部
をもつ折畳可能とされたフトンカゴや蛇カゴなどを用
い、前記押出抵抗板として前記カゴ状体の組立時の大き
さより大となるものを使用し、前記押出抵抗板を地面上
に敷設し、かつ、該押出抵抗板に前記カゴ状体を積載し
て、その内部にグリ石や土砂などの重量物を装填させ、
この押出抵抗板上における前記カゴ状体の積載残り部分
に盛土を投入するようにすることにより、前記カゴ状体
として市販のものを利用できて、擁壁構築現場への運搬
を簡単かつ楽に行うことができながら、安定した擁壁構
築作業を簡単に行うことができる。
【0030】前記カゴ状体内に前記重量物と共に植生材
を装填することにより、前記擁壁の構築作業後に前記植
生材で植物を育成させて、前記擁壁の緑化して環境美化
に寄与できる。
【0031】また、前記カゴ状体の擁壁外面側に植物種
子を担持させることによっても、前記擁壁の構築作業後
に前記植物種子を育成させて、前記擁壁の緑化して環境
美化に寄与できる。
【0032】さらに、前記押出抵抗板に前記盛土に対す
る抵抗部を設けることにより、該抵抗部により前記押出
抵抗板と盛土との間の抵抗を増大させることができ、こ
の押出抵抗板上に投入される各盛土間の安定度を強化
し、また、前記押出抵抗板上に積載される前記各カゴ状
体の支持強度を強化できて、安定した擁壁の構築作業を
行うことができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明にかかる補強土工法の施工例を示す分解
斜視図である。
【図2】同補強土工法による擁壁の断面図である。
【図3】カゴ状体と押出抵抗板との他実施例を示す分解
斜視図である。
【図4】同カゴ状体と押出抵抗板とを用いた施工状態を
示す側面図である。
【図5】カゴ状体の別の実施例を示す断面図である。
【図6】同カゴ状体の別の実施例を示す断面図である。
【図7】押出抵抗板の別の実施例を示す斜視図である。
【図8】同押出抵抗板の別の実施例を示す斜視図であ
る。
【図9】従来例を示す断面図である。
【符号の説明】
1…カゴ状体、1a…開口部、2…押出抵抗板、23,24 …
抵抗部、3…重量物、4…盛土、7…植生材、9…植物
種子。

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 作業現場で組上可能とした多数の開口部
    をもつカゴ状体と、該カゴ状体に連結可能な押出抵抗板
    とを用い、この押出抵抗板と作業現場で組上げられたカ
    ゴ状体とを連結して地面上に敷設すると共に、該カゴ状
    体内にグリ石や土砂などの重量物を装填して、前記押出
    抵抗板上に盛土を投入するようにしたことを特徴とする
    補強土工法。
  2. 【請求項2】 多数の開口部をもつ折畳可能とされたフ
    トンカゴや蛇カゴなどのカゴ状体と、該カゴ状体の組立
    時の大きさより大となる押出抵抗板とを使用して、この
    押出抵抗板を地面上に敷設し、かつ、該押出抵抗板に前
    記カゴ状体を積載して、その内部にグリ石や土砂などの
    重量物を装填させ、この押出抵抗板上における前記カゴ
    状体の積載残り部分に盛土を投入するようにした補強土
    工法。
  3. 【請求項3】 カゴ状体内に重量物と共に植生材を装填
    させている請求項1又は2記載の補強土工法。
  4. 【請求項4】 カゴ状体の擁壁外面側に植物種子を担持
    させている請求項1又は2記載の補強土工法。
  5. 【請求項5】 押出抵抗板に盛土に対する抵抗部を設け
    ている請求項1又は2記載の補強土工法。
JP23898392A 1992-08-13 1992-08-13 補強土工法 Expired - Fee Related JPH0753978B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP23898392A JPH0753978B2 (ja) 1992-08-13 1992-08-13 補強土工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP23898392A JPH0753978B2 (ja) 1992-08-13 1992-08-13 補強土工法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0657751A true JPH0657751A (ja) 1994-03-01
JPH0753978B2 JPH0753978B2 (ja) 1995-06-07

Family

ID=17038190

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP23898392A Expired - Fee Related JPH0753978B2 (ja) 1992-08-13 1992-08-13 補強土工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0753978B2 (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5762044A (en) * 1995-03-02 1998-06-09 Ford Motor Company Throttle valve return mechanism for engine throttle valve
US20120134756A1 (en) * 2005-11-24 2012-05-31 Hesco Bastion Limited Gabion system
US8662546B2 (en) 2006-08-31 2014-03-04 Mazda Motor Corporation Vehicle bumper structure
JP2018048452A (ja) * 2016-09-20 2018-03-29 エターナルプレザーブ株式会社 既設盛土の液状化対策メンテナンス工法

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5762044A (en) * 1995-03-02 1998-06-09 Ford Motor Company Throttle valve return mechanism for engine throttle valve
US20120134756A1 (en) * 2005-11-24 2012-05-31 Hesco Bastion Limited Gabion system
US9074337B2 (en) * 2005-11-24 2015-07-07 Hesco Bastion Limited Gabion system
US8662546B2 (en) 2006-08-31 2014-03-04 Mazda Motor Corporation Vehicle bumper structure
JP2018048452A (ja) * 2016-09-20 2018-03-29 エターナルプレザーブ株式会社 既設盛土の液状化対策メンテナンス工法

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0753978B2 (ja) 1995-06-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5161917A (en) Method of and an element for the production of structures for containing areas of ground
AU657042B2 (en) Procedure for the creation of mattress type gabions for protective vegetable revetments
SK53198A3 (en) Cell confinement structure
US4904124A (en) Constructional work and method of construction of vertical retaining wall
EP0735198A1 (en) Quickly installed protection system
US20070036615A1 (en) Freestanding wall structures made using sandbags
GB2472210A (en) A foldable gabion with removable containers for fill material
US4014135A (en) Modular channel culture device
JPH0657751A (ja) 補強土工法
KR101162548B1 (ko) 녹화용 식생 보강 개비온 및 그 시공방법
KR100753958B1 (ko) 토사마대와 연결재를 이용한 그린월 구조
KR100921924B1 (ko) 산불진화용 조립식 간이수조
JPH06322769A (ja) 補強土工法
KR20080046351A (ko) 함체형 타공철판 유니트에 의한 식생 보강토옹벽 구조 및그 축조방법
JPH07247550A (ja) 急勾配盛土の表面形成方法
JP3000434B2 (ja) 土のうの製造方法及びその装置
RU98427U1 (ru) Габионная конструкция
JP3553058B1 (ja) 掘削土の利用方法、及び掘削土保管容器
JP2739307B2 (ja) 土のうの製造方法及び装置
JP3446116B2 (ja) 生態保全ブロック及びその積み重ね施工方法
JP2003074061A (ja) 土留土のうとその土のうによる擁壁構築法
JPH11200392A (ja) 擁壁用緑化ブロック
JP3685349B2 (ja) 土のうの製造装置
JP2647564B2 (ja) 補強盛土の施工法および盛土用ネット篭
JP4387494B2 (ja) 緑化部材

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees