JPH065230Y2 - 車両の冷却風導入構造 - Google Patents

車両の冷却風導入構造

Info

Publication number
JPH065230Y2
JPH065230Y2 JP17256887U JP17256887U JPH065230Y2 JP H065230 Y2 JPH065230 Y2 JP H065230Y2 JP 17256887 U JP17256887 U JP 17256887U JP 17256887 U JP17256887 U JP 17256887U JP H065230 Y2 JPH065230 Y2 JP H065230Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cooling air
vehicle
air introduction
roof
deck
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP17256887U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0176317U (ja
Inventor
信孝 今田
卓哉 長谷川
Original Assignee
三菱自動車工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 三菱自動車工業株式会社 filed Critical 三菱自動車工業株式会社
Priority to JP17256887U priority Critical patent/JPH065230Y2/ja
Publication of JPH0176317U publication Critical patent/JPH0176317U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPH065230Y2 publication Critical patent/JPH065230Y2/ja
Active legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】 〔考案の目的〕 (産業上の利用分野) 本考案は,特にミッドエンジン車あるいはリヤエンジン
車に適用するに好適な車両の冷却風導入構造に関する。
(従来の技術及び解決しようとする問題点) 従来,車室後方にエンジンが塔載される車両に於いて
は,エンジン側に冷却風が導入され難いため,フロント
エンジン車に比べて冷却効率が悪化する問題がある。こ
のような問題を解決するためには大型の冷却ファンやラ
ジエータを用いる必要があるため,スペース効率が悪化
したりコスト高を招いたりする問題がある。
〔考案の構成〕
(問題点を解決するための手段) 本考案は上記に鑑みて創案されたもので,ルーフの後方
に設けられるリヤガラスの後方に配置されるリヤデッキ
に冷却風導入部が設けられる車両に於いて,前記ルーフ
後部と前記リヤガラスとの車幅方向中央部を陥没させる
ことにより、車両前後方向に延びる冷却風導入溝を構成
し,この冷却風導入溝はルーフ側とリヤデッキ側とを滑
らかに連続させる形状に形成されていることを特徴とす
車両の冷却風導入構造を要旨とするものである。
(作用) 本考案によれば,ルーフに沿って流れる走行風が,ルー
フ後部とリヤガラスとの車幅方向中央部を陥没させて構
成されルーフ側とリヤデッキ側とを滑らかに連続させて
車両前後方向に延びる冷却風導入溝によって効率良くリ
ヤデッキに至り,リヤデッキに設けられる冷却風導入部
に導入されるものである。
(実施例) 以下に本考案の一実施例を添付図面に基き詳細に説明す
る。
第1,2図に於いて,1はルーフ,2はルーフ1の後方
に設けられるリヤガラス,3はリヤガラス2の下縁部か
ら後方に延びるリヤデッキ,4はリヤデッキ3の中央部
に設けられた開口部,5はリヤデッキ3の下方に設けら
れそのヘッド部を開口部4から突出して配置されたエン
ジン,6は開口部4及びエンジン5のヘッド部を覆う形
で配置され前方に走行風導入口7が形成されると共に後
方に走行風排出口8が形成されたデフレクタである。ま
た,ルーフ1の後部とリヤガラス2とは車幅方向の中央
部が前後方向に連続して陥没形成されることにより車両
前後方向に延びる冷却風導入溝9が形成されている。そ
して,この冷却風導入溝9は第2図に示すようにルーフ
1の前部とリヤデッキ3の前部とを滑らかに連続される
形状に形成されている。
上記構成によれば,第2図に矢印で示すように車両走行
時にルーフ1に沿って流れる走行風が冷却風導入溝9に
沿ってリヤデッキ3の前部に至り,効率良く走行風導入
口7に導かれる。このため,走行風導入口7からデフレ
クタ6内に侵入する走行風が効果的にエンジン5のヘッ
ド部を冷却して走行風排出口8から排出されるものであ
る。
また、冷却風導入溝9は車幅方向中央部に形成されるも
のであるため、車室内の左右に乗員が座っても何ら居住
性を損なうことがないものである。なお,本考案は上記
実施例に何ら限定されるものではなく,ラジエータ等の
熱交換器に冷却風を導入するものとしても良い。
〔考案の効果〕
以上,実施例と共に具体的に説明したように本考案によ
れば,リヤデッキに設けられる冷却風導入部への走行風
の供給を従来に比べて不具合なく格段に向上する効果を
奏する。
【図面の簡単な説明】
第1図は本考案の一実施例を示す後方斜視図、第2図は
第1図のII−II矢視図である。 5…エンジン,6…デフレクタ, 9…冷却風導入溝

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】ルーフの後方に設けられるリヤガラスの後
    方に配置されるリヤデッキに冷却風導入部が設けられる
    車両に於いて,前記ルーフ後部と前記リヤガラスとの車
    幅方向中央部を陥没させることにより車両前後方向に延
    びる冷却風導入溝を構成し,この冷却風導入溝はルーフ
    側とリヤデッキ側とを滑らかに連続させる形状に形成さ
    れていることを特徴とす車両の冷却風導入構造
JP17256887U 1987-11-11 1987-11-11 車両の冷却風導入構造 Active JPH065230Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP17256887U JPH065230Y2 (ja) 1987-11-11 1987-11-11 車両の冷却風導入構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP17256887U JPH065230Y2 (ja) 1987-11-11 1987-11-11 車両の冷却風導入構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0176317U JPH0176317U (ja) 1989-05-23
JPH065230Y2 true JPH065230Y2 (ja) 1994-02-09

Family

ID=31464536

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP17256887U Active JPH065230Y2 (ja) 1987-11-11 1987-11-11 車両の冷却風導入構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH065230Y2 (ja)

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0176317U (ja) 1989-05-23

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20050051372A1 (en) Aerodynamically constructed covering part for the underside of a motor vehicle
JP4429429B2 (ja) 自動2輪車のカウリング装置
US6880655B2 (en) Air-intake structure around front grille for vehicle
US5042870A (en) Motor vehicle
US20030107243A1 (en) Vehicle having structure for preventing entry of water drops into engine compartment thereof
US6988574B2 (en) One-way air duct for engine compartment cooling
US4966408A (en) Motor vehicle
EP0919705A3 (en) Ducted cooling system with radial-flow fan
US4667758A (en) Arrangement structure of an engine radiator in a straddled type vehicle
JPH065230Y2 (ja) 車両の冷却風導入構造
JPH0565086A (ja) スクータのエンジン冷却装置
JP3726320B2 (ja) 自動車の前部車体構造
JPH02109728A (en) Front body construction of vehicle
JP2513266Y2 (ja) 自動車の下部車体構造
JP3082660B2 (ja) クーラーコンデンサの熱風排出構造
JP2509774Y2 (ja) 車両の下部車体構造
JP4258056B2 (ja) 自動車の前部車体構造
JP3598002B2 (ja) 車両用内燃機関における吸気装置
JP2516549Y2 (ja) 車両用フロントバンパ
JP2513425Y2 (ja) 自動二輪車における排気系の冷却装置
JPH0640077Y2 (ja) 自動2輪車の導風装置
CN106170437B (zh) 摩托车的引擎冷却结构
JPH0630519Y2 (ja) 自動車のエンジンルーム換気構造
JPH063691Y2 (ja) バスのエンジン冷却装置
JPH05162656A (ja) リヤエンジン形自動車