JPH0639391A - 汚水の処理方法 - Google Patents

汚水の処理方法

Info

Publication number
JPH0639391A
JPH0639391A JP4198289A JP19828992A JPH0639391A JP H0639391 A JPH0639391 A JP H0639391A JP 4198289 A JP4198289 A JP 4198289A JP 19828992 A JP19828992 A JP 19828992A JP H0639391 A JPH0639391 A JP H0639391A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
tank
anaerobic
filter
water
filter material
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP4198289A
Other languages
English (en)
Inventor
Hironori Sumiyoshi
弘憲 角▲よし▼
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
BEST KOGYO KK
BESUTO KOGYO KK
Original Assignee
BEST KOGYO KK
BESUTO KOGYO KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by BEST KOGYO KK, BESUTO KOGYO KK filed Critical BEST KOGYO KK
Priority to JP4198289A priority Critical patent/JPH0639391A/ja
Publication of JPH0639391A publication Critical patent/JPH0639391A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02WCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO WASTEWATER TREATMENT OR WASTE MANAGEMENT
    • Y02W10/00Technologies for wastewater treatment
    • Y02W10/10Biological treatment of water, waste water, or sewage

Landscapes

  • Biological Treatment Of Waste Water (AREA)
  • Purification Treatments By Anaerobic Or Anaerobic And Aerobic Bacteria Or Animals (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【目的】 簡単な構造で流量調節および生物濾過槽の洗
浄を可能とする汚水の処理方法を提供する。 【構成】 汚水を第1および第2嫌気槽1、2に移送さ
せたのち、第1ポンプ8で生物濾過槽7の内部に槽の上
部から導入し、粒状濾材層9に通水させて浄化させる。
逆洗時には前記粒状濾材槽9の濾材は、第2ポンプ11に
より洗浄されながら分離層12に移送され、分離層12内部
で濾材と汚泥とに分離される。濾材は分離槽12下部の濾
材還流口を通して生物濾過槽7に戻される。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は汚水の処理方法に関す
る。さらに詳しくは、汚水処理に影響を及ぼすことな
く、また少量の排水によって濾材の逆洗をなしうる家庭
排水の汚水処理方法に関する。
【0002】
【従来の技術および発明が解決しようとする課題】河
川、湖沼等の閉鎖水域の汚濁の要因として家庭生活排水
の占める割合は大きく有効な家庭排出汚水処理装置の普
及が望まれている。従来からの家庭排出汚水処理装置で
ある小型合併浄化槽は、生物処理を主体とする処理装置
であって、生物処理の負荷の低減を目的とする沈澱分離
槽または嫌気濾床槽と、好気性微生物を波板などに膜状
に固定し、これに汚水を接触させ汚水を浄化する接触ば
っ気槽と、剥離生物膜などに由来する浮遊物質を分離す
る沈澱槽と、処理水を消毒する消毒槽とにより構成され
ている。
【0003】生活雑排水を処理する小型合併浄化槽の特
徴として、まず第一に汚水の流入が一定せず、朝と夕方
に大きなピークがある点、第2に専門的知識を持った人
間による管理が常時おこなわれない点などが挙げられ
る。このように、管理不充分となる傾向が強いため、小
型合併浄化槽では故障の主な原因となるポンプなどの回
転機器を最小限に抑え、散気ブロワーのみとして汚水を
強制的に移流させずに全て重力により移流させる構造と
なっている。沈澱槽は、沈澱汚泥を沈澱槽の底部に設け
られたスリットを通して重力で自然にばっ気槽に戻る構
造となっており、ピークフロー時の汚泥の流出に対して
は沈澱槽に余裕を持たせることで対応している。
【0004】また、従来から行なわれている固定床生物
濾過装置において生物濾過槽内部の濾材充填層に蓄積さ
れた汚泥は空気による撹拌により濾材から剥離させ、逆
洗により濾材を展開せしめて剥離汚泥を逆洗水と共に系
外へ排出せしめている。生物濾過槽の逆洗には逆洗速度
として時速30m程度の速い水流が必要であり、大量の洗
浄排水が短時間に排水されることになる。このように一
時的に大量の逆洗水および移送設備が必要となるという
欠点をカバーすべく移動床式の生物濾過装置が提案され
ている(特公昭64-117号または特公平2-32955 号公
報)。しかしながら連続移動床式生物濾過のばあいは処
理中に濾材を移動させるのでSS(Suspend solid) 捕捉性
能が低下し、処理水水質が低下するという問題がある。
【0005】本来生物処理、沈降分離は一定流量で行な
われるのが望ましい。
【0006】そこで従来の小型合併浄化槽はピークフロ
ーを考慮して、沈澱槽に余裕を持たせ、通常の活性汚泥
汚生物処理に比べ流量変動により好適に対応すると共
に、維持管理の容易な接触ばっ気方式を採用して保持管
理の容易な安定した処理性能を目指している。
【0007】しかしながら、汚水の流量変動幅および水
質などが一定しないため、ときとして対応できないばあ
いがある。
【0008】本発明は、かかる問題を解消しうるもので
あり、簡単な構造で流量調節および生物濾過槽の洗浄を
可能とする汚水の処理方法を提供するものである。
【0009】
【課題を解決するための手段】本発明の汚水の処理方法
は、嫌気濾材を充填した嫌気濾床槽に汚水を流入させ、
かつ嫌気濾材中を通過せしめる工程と、調整用エアリフ
トポンプによって、前記嫌気濾床槽中の嫌気処理済の原
水を生物濾過槽内へ適宜流入させ、かつ該生物濾過槽内
の粒状濾材中を通過させつつ散気装置により散気するこ
とにより固定床濾過する工程と、前記生物濾過槽底部か
ら好気処理済の水を消毒槽へ流入せしめて消毒する工程
とからなる汚水処理工程と、汚水流入停止時に、前記散
気を止めて濾材洗浄用エアリフトポンプよって前記粒状
濾材を水および気泡と共に分離槽に撹拌しながら移送し
て粒状濾材を洗浄する工程とから構成されている。
【0010】また、生物濾過水の一部を嫌気濾床槽へ返
送するのが好ましい。
【0011】
【作用】本発明の処理方法によれば、汚水は嫌気濾床槽
を通され嫌気処理される。そして、嫌気処理された処理
水は調整用エアリフトポンプ(以下、第1ポンプとい
う)により生物濾過槽へ導入される。処理水は生物濾過
槽内部の好気性微生物が含まれた濾材層を通過させられ
る。このとき散気管から濾材槽内部に空気が供給され、
濾材層は好気状態に保たれているため、処理水は好気性
微生物により生物濾過される。そののち処理水は生物濾
過槽底部から移送管を通して消毒槽に移送され、消毒さ
れて排出される。夜間など汚水処理を行わないときに、
濾材層の濾材を濾材洗浄用エアリフトポンプ(以下、第
2ポンプという)により、空気および水とともに分離槽
に移送する。このとき濾材は撹拌されて余剰汚泥が濾材
から分離されるため、効果的に洗浄される。
【0012】
【実施例】つぎに添付図面を参照しながら本発明の処理
方法を説明する。
【0013】図1は本発明の汚水処理方法に用いられる
処理装置の一例を示す概略断面図、図2は本発明の処理
方法の一実施例を示すブロック図である。
【0014】図1の処理装置は、第1および第2嫌気濾
床槽(以下嫌気槽とよぶ)1、2は移流口3が設けられ
た隔壁4によって2室に仕切られており、嫌気槽1、2
の内部には波板ハニカム状、球状、網状骨角体などの嫌
気濾材5、6が充填されている。第2嫌気槽2には生物
濾過槽7へ定量的に移送せしめるための第1ポンプ8が
装備されている。生物濾過槽7にはその内部に砂、アン
スラサイト、活性炭、ゼオライトなどの比重1.0 以上の
濾材が充填されることにより粒状濾材層9が形成され、
その粒状濾材層9内部に濾床を好気状態に保つための散
気管10が配設されている。
【0015】さらに生物濾過槽7内には中央下部に吸込
口を配備した第2ポンプ11と、中央上部に第2ポンプ11
に接続された濾材と剥離汚泥とを分離するための分離槽
12とが配備されている。分離槽12下部には濾材還流口12
a が設けられ、側部には剥離汚泥返送管13が接続されて
いる。
【0016】集水管14に接続された移送管15は流量計量
器16に接続されている。前記流量計量器16には処理水循
環ライン17および消毒槽18が接続されている。第1、第
2ポンプ8、11および散気管10には、それぞれブロア19
に接続された空気供給管20、21、22が接続されている。
移流口3のある嫌気槽間の隔壁4には短絡流防止のため
の整流板23が配備されている。
【0017】つぎに、叙上のごとく構成された処理装置
を用いた本発明の処理方法の一実施例を図1〜2を参照
しながら説明する。
【0018】流入管24を通って移流される汚水は第1嫌
気槽1に流入し、隔壁4の移流口3を通り第2嫌気槽2
に移流する。第1および第2嫌気槽1、2において、汚
水中の浮遊物質の捕捉、嫌気性細菌による汚濁物質の分
解が行なわれ、好気性生物処理の負荷を減少せしめる。
【0019】第1ポンプ8によって第2嫌気槽2から移
送される嫌気処理水は、生物濾過槽7上部から導入され
下向流で粒状濾材層9に通水される。粒状濾材層9内下
部の散気管10からは散気用空気が供給され、粒状濾材層
9は常時好気状態に保たれる。粒状濾材には好気性微生
物が付着した状態になっており、嫌気処理水中の汚濁物
質は微生物により浄化される。
【0020】第1ポンプ8は汚水の流入量に拘わらず常
時一定量の嫌気処理水を移送するため、嫌気槽1、2の
水面は高水位25と低水位26の間で変動する。すなわち嫌
気槽は流量調整槽の役割も果す。
【0021】本好気性生物処理を継続することにより、
粒状濾材層9では汚濁物質の除去(浄化)に伴なって微
生物が増殖し汚泥となり、粒状濾材層9に蓄積される。
【0022】粒状濾材層9に汚泥が蓄積されると、濾過
損失水の上昇、汚泥の流出などが発生し、正常な処理が
できなくなるので、濾材を洗浄し蓄積汚泥を除去する必
要がある。このため、夜間など汚水処理を行わない時に
散気管10への空気の供給を停止し、空気を第2ポンプ11
へ供給すると粒状濾材層9下部の濾材はポンプ吸い込み
口より吸引され、気泡、水とともに分離槽12へ移送され
る。
【0023】濾材は気泡、水と共に激しく撹拌された状
態で分離槽15へ移送されるので、蓄積汚泥は濾材から剥
離される。分離槽12内部では蓄積汚泥を剥離した濾材
は、水よりも比重が大きいため、分離槽12の下部に開口
した濾材還流口12a より生物濾過槽7に戻される。一
方、剥離汚泥は水と共に剥離汚泥返送管13を通って第1
嫌気槽1に返送される。
【0024】家庭排出汚水は夜から朝にかけての汚れの
流入はほとんどなく、深夜から早朝にかけては嫌気槽の
水位は低い状態にあり、この時間帯に処理を中断し、散
気用空気を利用して蓄積汚泥の剥離を図るものである。
【0025】蓄積汚泥の剥離は1日1回実施するが、必
ずしも全量する必要はなく、粒状濾材の20%〜50%を1
回で実施すればよい。
【0026】生物濾過槽7は好気性生物処理と濾過の機
能を合わせ持つので従来の合併浄化槽と異なり、沈澱槽
を必要とせず、殺菌のための消毒のみで放流可能とな
る。従来からの小型合併浄化槽の接触ばっ気槽のBOD
槽負荷は0.2 〜0.25kg/m3 ・日である。
【0027】生物濾過槽のBOD負荷は2〜3kg/m3
・日の範囲にすることができる。濾過槽の粒状濾材充填
量を槽容積の50%とすると濾過槽全体の槽負荷は1〜1.
5 kg/m3 ・日となり、接触ばっ気に比べ1/4以下に
なる。
【0028】また沈澱槽が必要ないので、従来からの小
型合併浄化槽に比べ格段に装置を小形化することができ
る。このため従来と同サイズの大きさに処理装置を設計
するばあい、嫌気槽を大幅に大きくすることが可能とな
り、より安定な性能が期待できる。生物濾過槽7の寸
法、大きさはBOD負荷と通水速度によって決定される
が、小型合併浄化槽の場合はBOD負荷が支配的とな
り、通水速度には大幅な余裕がある。このため処理水を
流量計量器16で計量し、一部を第1嫌気槽1に戻し再循
環することにより嫌気処理、好気処理の繰り返し処理が
可能となり、窒素成分の除去が期待できる。
【0029】本発明の処理方法に用いられる処理装置に
おいては、粒状濾材の抜き出し能力を格段に大きくして
おけば短時間に大量の濾材の移送および逆洗が可能とな
るので好ましい。このばあい、逆洗時には嫌気槽からの
汚水の流入があっても生物濾過槽の水位は低下し濾過水
は流出せず、処理が中断されることとなり、処理中に濾
材を移動させることによるSS捕捉不良を防止してい
る。
【0030】
【発明の効果】本発明によれば、好気性生物濾過を採用
することにより好気性処理槽の小型化が可能となり、し
かも沈澱槽を必要としないため簡素化でき、用いられる
装置全体を大幅に小型化することができる。また流量調
節機能を持たせる事が可能となり安定した処理ができ
る。さらに、生物濾過槽内部の濾材を効果的に逆洗でき
るため1回に発生する逆洗洗浄水を少量にすることがで
きる。
【0031】そして濾過による処理が行われるので処理
水への流出が大幅に減少するとともに処理中は、濾床は
すべて固定床であるためSSの流出を防止できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の汚水処理方法に用いられる処理装置の
一例を示す断面図である。
【図2】本発明の処理方法の一実施例を示すブロック図
である。
【符号の説明】
1 第1嫌気槽 2 第2嫌気槽 7 生物濾過槽 8 第1ポンプ 10 散気管 11 第2ポンプ 12 分離槽 19 ブロア 20 空気供給管 21 空気供給管 22 空気供給管

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 嫌気濾材を充填した嫌気濾床槽に汚水を
    流入させ、かつ嫌気濾材中を通過せしめる工程と、調整
    用エアリフトポンプによって、前記嫌気濾床槽中の嫌気
    処理済の原水を生物濾過槽内へ適宜流入させ、かつ該生
    物濾過槽内の粒状濾材中を通過させつつ散気装置により
    散気することによる固定床濾過する工程と、前記生物濾
    過槽底部から好気処理済の水を消毒槽へ流入せしめて消
    毒する工程とからなる汚水処理工程と、汚水流入停止時
    に、前記散気を止めて濾材洗浄用エアリフトポンプよっ
    て前記粒状濾材を水および気泡と共に分離槽に撹拌しな
    がら移送して粒状濾材を洗浄する工程とからなる汚水の
    処理方法。
  2. 【請求項2】 処理水の一部を嫌気濾床槽へ返送する工
    程を含んでなる請求項1記載の汚水処理方法。
JP4198289A 1992-07-24 1992-07-24 汚水の処理方法 Pending JPH0639391A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4198289A JPH0639391A (ja) 1992-07-24 1992-07-24 汚水の処理方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4198289A JPH0639391A (ja) 1992-07-24 1992-07-24 汚水の処理方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0639391A true JPH0639391A (ja) 1994-02-15

Family

ID=16388651

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4198289A Pending JPH0639391A (ja) 1992-07-24 1992-07-24 汚水の処理方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0639391A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100944441B1 (ko) * 2008-02-20 2010-02-25 이근혁 정화조의 오폐수 이송 장치
CN111908603A (zh) * 2020-08-21 2020-11-10 惠州市合新科技有限公司 一种新型厌氧生物滤池废水处理设备及其处理废水的方法
CN113526800A (zh) * 2021-08-04 2021-10-22 九江南大环保创新中心有限公司 一种用于生化尾水提标改造深度脱氮用生物滤池
US11247924B2 (en) * 2016-05-16 2022-02-15 Dan Van Truong Apparatus for treating wastewater and a system for collecting and treating wastewater combining rainwater drainage

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100944441B1 (ko) * 2008-02-20 2010-02-25 이근혁 정화조의 오폐수 이송 장치
US11247924B2 (en) * 2016-05-16 2022-02-15 Dan Van Truong Apparatus for treating wastewater and a system for collecting and treating wastewater combining rainwater drainage
CN111908603A (zh) * 2020-08-21 2020-11-10 惠州市合新科技有限公司 一种新型厌氧生物滤池废水处理设备及其处理废水的方法
CN113526800A (zh) * 2021-08-04 2021-10-22 九江南大环保创新中心有限公司 一种用于生化尾水提标改造深度脱氮用生物滤池

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2875765B2 (ja) 高濃度排水の処理装置
JPH10109095A (ja) 浄水処理装置
JP2684495B2 (ja) 有機性汚水の高度浄化装置
JPH0639391A (ja) 汚水の処理方法
JP4017331B2 (ja) 浄化槽
JP3561460B2 (ja) 畜産排水の汚水処理方法とその装置
JPH06142668A (ja) 有機性汚水の浄化処理装置
JP3214291B2 (ja) 汚水浄化槽
JPH0418988A (ja) 有機性汚水の生物膜濾過装置
JPH09206793A (ja) 汚水処理方法および汚水処理装置
JP3257946B2 (ja) 汚水処理方法および汚水処理装置
JP2582014B2 (ja) 好気性生物濾床式処理方法および装置
JPH0642793Y2 (ja) 好気性浸漬▲ろ▼床装置
JPH06190384A (ja) 汚水浄化装置及びその汚水浄化方法
JPH10180274A (ja) 生物濾過装置
JP2005013927A (ja) 好気性ろ床による水処理方法と装置
JPH05185081A (ja) 有機性汚水の浄化処理方法
KR20030073554A (ko) 오폐수처리장치 및 방법
JP2002119984A (ja) 汚水浄化槽及び汚水浄化方法
JP2572327B2 (ja) 有機性汚水の処理方法および処理装置
JP3237639B2 (ja) 汚水浄化槽用生物濾過槽
JPH0466193A (ja) 有機性汚水の生物処理装置
JPH03258397A (ja) 嫌気・好気生物膜処理装置
JPH04118100A (ja) 有機性汚水の生物処理方法および装置
JPS63130192A (ja) 廃水処理装置