JPH0635101Y2 - 回転窓 - Google Patents

回転窓

Info

Publication number
JPH0635101Y2
JPH0635101Y2 JP1988078590U JP7859088U JPH0635101Y2 JP H0635101 Y2 JPH0635101 Y2 JP H0635101Y2 JP 1988078590 U JP1988078590 U JP 1988078590U JP 7859088 U JP7859088 U JP 7859088U JP H0635101 Y2 JPH0635101 Y2 JP H0635101Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
frame
window
glass
shoji
outside
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP1988078590U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH021392U (ja
Inventor
光臣 宇山
Original Assignee
神綱ノース株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 神綱ノース株式会社 filed Critical 神綱ノース株式会社
Priority to JP1988078590U priority Critical patent/JPH0635101Y2/ja
Publication of JPH021392U publication Critical patent/JPH021392U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPH0635101Y2 publication Critical patent/JPH0635101Y2/ja
Active legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】 「産業上の利用分野」 この考案は建物の窓に用いられる回転窓に関する。
「従来の技術」 第8図に従来の回転窓の構造を示す。従来の回転窓は窓
枠1の内側に障子2が軸支点3を中心に回動自身に建込
まれ、障子2の半部2Aが例えば室外側に回動され、これ
と反対側の半部2Bが室内側に回動されて開窓状態とな
る。
第9図に断面を示す。障子2の上框4と下框5は軸6に
よって上枠7と下枠8に軸支される。9は嵌殺ガラスを
示す。
また実開昭54-9549号の文献には相対向する一対の枠材
内面にそれぞれ戸当りを設けた窓枠内に、その戸当りに
対応する側面にシール材を取付けた回転窓本体を回転自
在に設け、その戸当りのシール材が接離する当り面を、
回転窓本体の閉方向の回転を徐々に妨げるような斜面と
して、開閉操作時の抵抗を小さくして軽く操作できるよ
うにした回転窓が記載されている。しかし、このような
回転窓は回転窓本体の框は直接風雨を受けるため長期に
わたって窓枠と框間の気密・水密性を高めて保持する点
に難点がある。
「考案が解決しようとする課題」 従来の回転窓は障子2が窓枠1の内側に建込まれるため
回転窓の部分の見付寸法H1は他の嵌殺窓の部分の見付寸
法H2より大きくなり、嵌殺ガラス部分の見付寸法H2を回
転窓部分の見付寸法H1に対してH1=H2となるように選定
すれば全体の見付寸法を等しくすることができる。
しかしながら、このように構成した場合は全体の見付寸
法を回転窓の部分の見付寸法に揃えられてしまうから全
体の見付寸法が大きくなるため、窓の開口面積が小さく
なる欠点がある。
この考案の目的は嵌殺ガラスの枠と同等の見付寸法を採
ることができるようにして窓の開口面積を大きくし、か
つ窓枠と回転窓の框との間の気密・水密性を高めて保持
することができる回転窓を提供するにある。
「課題を解決するための手段」 この考案では、 障子の上下框のほぼ中央が上下枠に対して回動自在に軸
支され、この軸支点を中心に障子の一方の半部を室外側
に回動させ、他方の半部を室内側に回動させて開閉する
回転窓において、 可動障子を室外側に回動させる側の窓枠の半部は、その
室外側の内周縁の大きさ形状が窓枠の外周の大きさ形状
とほぼ一致させられており、可動障子を室内側に回動さ
せる側の窓枠の半部は、その室外側に可動障子のガラス
を受けるガラス受片を一体に設け、可動障子の室外側に
回動させる側の框の室外側には窓枠に設けたガラス受片
とほゞ等しい見付寸法の飾り板を設けて回転窓を構成し
たものである。
「作用」 この考案の構成によれば可動障子の室内側に回動させる
側の半部の框は窓枠に設けたガラス受片にかくされ、室
外側に回動する半部の框は、この半部の框の室外側に設
けた飾り板によってかくされる。
このようにして回転窓の部分において可動障子の框はガ
ラス受片と飾り板によってかくされるため、框に対する
風雨の影響が小さくなり窓枠と框間の気密・水密性を高
めて保持することができる。また回転窓の部分の見付寸
法を従来の回転窓と比較して障子の見付寸法分だけ小さ
くすることができるため、回転窓の部分の見付寸法と嵌
殺部分の見付寸法を同じにすることができ、窓の開口面
積を大きくできる。
「実施例」 第1図乃至際6図にこの考案の一実施例を示す。第1図
は外観の一例、第2図は室内側から見た図を示す。図中
1は窓枠、2は可動障子、3は回動支点、9は嵌殺部分
のガラス、11は可動障子2を回動自在に支持する窓枠の
半部に取付けたガラス受片、12は障子の框に設けた飾り
板を示す。
この考案の特徴とする点は嵌殺ガラス9を支持する枠13
の見付寸法H3と可動障子2を建込んだ部分の見付寸法H4
が等しくH3=H4になっている点である。
このような構造にすることができる理由を第3図乃至第
6図を用いて説明する。
第3図は第1図に示すA−A線上の断面を示す。13A,13
Bは嵌殺ガラス9を納める竪枠を示す。可動障子2を建
込む部分に隣接する一方の竪枠13Aには可動障子2のガ
ラス10を受けるガラス受片11が室外側に設けられ、他方
の竪枠13Bにはガラス受片11は無く室外側は開放されて
いる。
竪枠13Aと13Bの間に可動障子2が建込まれる。可動障子
2の竪框2Aは室内側に回動し、他方の竪框2Bは室外側に
回動する。室内側に回動する竪框2Aは室外側から見ると
6竪枠13Aに突設されたガラス受片11によってかくされ
る。
ガラス受片11の室内側の面に気密材11Aが取付けられ、
この気密材11Aが可動障子2のガラス10と当接し、風雨
が室内側に吹き込むのを阻止する構造になっている。
室内側に回動する竪框2Aのガラス抑え片14Aは通常の形
状のガラス抑え片を用いるが、室外側に回動する側の竪
框2Bに取付けるガラス抑え片14Bには竪枠13Aに突設した
ガラス受片11と同等の見付寸法を持つ飾り板12を一体に
成形する。飾り板12には室内側に向って気密材12Aが取
付けられ、この気密材12Aがガラス10に圧接され、竪枠1
3A側と同等の形状に構成される。
竪框2Aと2Bの外向の面つまり竪枠13Aと13Bと対向する面
に舌状の気密材16が設けられ、この気密材16の先端が竪
枠13Aと13Bに形成した気密材受片17と係合し、風雨の侵
入を阻止する構造としている。
第4図は第1図に示したB−B線上の断面を示す。第4
図に示す部分は可動障子2が室内側に回動する側の半部
を示す。可動障子2が室内側に回動する半部を構成する
上枠13Cと下枠13Dには室外側にガラス受片11を突設す
る。
ガラス受片11には室内側に気密材11Aが取付けられ、こ
の気密材11Aが閉窓時に障子に嵌込まれたガラス10に当
接し、風雨の侵入を阻止する。
可動障子2の上框2Cと下框2Dは室外側から見てガラス受
片11にかくれた位置に配置される。
これに対し、可動障子2が室外側に回動する側の半部で
は第5図に示すように上枠13Cと、下枠13Dの室外側は開
放されガラス受片11は切落されこの部分は切欠とされ
る。
可動障子2の上框2Cと下框2Dの室外側にガラス抑え片14
Bが嵌合され、ガラス抑え片14Bに形成した飾り板12がガ
ラス受片11の代わりに配置される。
このようにして可動障子2が建込まれた部分では上枠13
Cと下枠13Dの半部と、この半部側に接する竪枠13Aにガ
ラス受片11を突設し、このガラス受片11によつて可動障
子2の框をかくす。
上枠2Cと下枠2Dの他方の半部とこの半部に接する竪枠13
Bは室外側を開放し、可動障子2の半部を室外に向って
回動できるように構成される。可動障子2の室外に向っ
て回動される側の半部には上框2Cと下框2D及び竪枠2Bの
室外側には飾り板12を設け、この飾り板12とガラス受片
11によって可動障子2の室外側の四周が室外側から見て
かくされる。
第6図は第1図に示したD−D線上の断面を示す。この
部分は嵌殺ガラス9の部分の断面を示している。
嵌殺ガラス9の部分では上枠13Cと下枠13Dにガラス受片
11を具備した第4図に示した上枠と同じ形状の上枠を用
いる。この上枠2Cと下枠2Dにアタッチメント18を嵌合さ
せ、このアタッチメント18とガラス受片11とによってガ
ラス9を挾み付け支持する。
なお、第4図乃至第6図に示す符号19は水抜き孔を示
し、この水抜き孔19を通じて外気を下枠13Dと下框2D
と、気密材16等によって囲まれる空間に導入し、外気と
等圧空間を形成することによって雨水を室内側に吸込む
ことがないようにしている。
第7図はこの考案の他の実施例を示す。この例では竪枠
13Bと下枠及び上枠20の部分でシールジョイントした場
合を示す。
「考案の効果」 以上説明したようにこの考案によれば可動障子2の框は
ガラス受片11と飾り板12によってかくされるから可動障
子2の框が見付寸法に加わることはない。従って、可動
障子2の建込部分において嵌殺ガラス9の部分の枠の見
付寸法より大きくなることはなく、等しくすることがで
き、回転窓の開口面積を従来のものより大きくできる。
また、可動障子の框はガラス受片と飾り板によってかく
されるため、框に対する風雨の影響をが小さくなる。従
って長期にわたって窓枠と框間の気密・水密性を高めて
保持することができる。
【図面の簡単な説明】
第1図はこの考案による回転窓の外観を示す正面図、第
2図はその室内側から見た背面図、第3図乃至第6図は
この考案の各部の実施構造を説明するための断面図、第
7図はこの考案の変形実施例を示す断面図、第8図は従
来の技術を説明するための正面図、第9図は従来の技術
を説明するための断面図である。 2:可動障子、2A,2B:竪框、2C:上框、2D:下框、9:嵌殺ガ
ラス、10:障子に嵌込んだガラス、11:ガラス受片、12:
飾り板、13A,13B:竪枠、13C:上枠、13D:下枠。

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】障子の上下框のほぼ中央が上下枠に対して
    回動自在に軸支され、この軸支点を中心に障子の一方の
    半部を室外側に回動させ、他方の半部を室内側に回動し
    て開閉する回転窓において、 可動障子を室外側に回動させる側の窓枠の半部は、その
    室外側の内周縁の大きさ形状が上記窓枠の外周の大きさ
    形状とほぼ一致させられており、 上記可動障子を室内側に回動させる側の窓枠の半部は、
    その室外側に上記可動障子のガラスを受けるガラス受片
    が一体に設けられ、 上記可動障子の室外側に回動させる側の框の室外側には
    窓枠に設けた上記ガラス受片とほぼ等しい見付寸法の飾
    り板が設けられて成る回転窓。
JP1988078590U 1988-06-13 1988-06-13 回転窓 Active JPH0635101Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1988078590U JPH0635101Y2 (ja) 1988-06-13 1988-06-13 回転窓

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1988078590U JPH0635101Y2 (ja) 1988-06-13 1988-06-13 回転窓

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH021392U JPH021392U (ja) 1990-01-08
JPH0635101Y2 true JPH0635101Y2 (ja) 1994-09-14

Family

ID=31303506

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1988078590U Active JPH0635101Y2 (ja) 1988-06-13 1988-06-13 回転窓

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0635101Y2 (ja)

Family Cites Families (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS549549U (ja) * 1977-06-23 1979-01-22

Also Published As

Publication number Publication date
JPH021392U (ja) 1990-01-08

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1070181B1 (en) A roof window with a ventilating frame top member
US4106399A (en) Vehicle roof ventilator insulation covering
JPH0635101Y2 (ja) 回転窓
JPH09209665A (ja) 両開きドアの召し合せ部構造
CN102207327A (zh) 空调机
JPH09195640A (ja) 換気框を備えたサッシまたは戸
JP3138856B2 (ja) 開きドアの気密構造
JP2544890Y2 (ja) 窓装置
JP2551723Y2 (ja) ドアの取付け構造
JP2592488Y2 (ja) 建 具
JPH05209483A (ja) 建 具
JP4003213B2 (ja) 換気装置
JPH0622792Y2 (ja) 嵌殺し窓の換気構造
JP2562941Y2 (ja) 回転窓の止水構造
KR200315127Y1 (ko) 환기창
KR20040053626A (ko) 환기창
JP4040786B2 (ja) 窓用可動ルーバーのフレーム構造
JPH0925771A (ja) 窓サッシ防虫網戸用換気雨よけ両用レインバイザー
JP2587899Y2 (ja) 回転窓
JP2671167B2 (ja) 開き窓
KR970003380Y1 (ko) 미닫이용 후레임제
JPH07301056A (ja) 換気部を有するサッシ窓
JPH0756428Y2 (ja) 天 窓
JP3317717B2 (ja) サッシ枠と窓枠との水密構造
JP3177614B2 (ja) 扉の取付構造