JPH06339863A - 鋳物粗仕上げ用研削砥石 - Google Patents

鋳物粗仕上げ用研削砥石

Info

Publication number
JPH06339863A
JPH06339863A JP6089293A JP6089293A JPH06339863A JP H06339863 A JPH06339863 A JP H06339863A JP 6089293 A JP6089293 A JP 6089293A JP 6089293 A JP6089293 A JP 6089293A JP H06339863 A JPH06339863 A JP H06339863A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
grinding
casting
grinding wheel
peripheral curved
work
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP6089293A
Other languages
English (en)
Inventor
Makoto Saito
誠 斉藤
Original Assignee
Tone Corp
株式会社利根
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Tone Corp, 株式会社利根 filed Critical Tone Corp
Priority to JP6089293A priority Critical patent/JPH06339863A/ja
Publication of JPH06339863A publication Critical patent/JPH06339863A/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】鋳鉄、ダクタイル鋳鉄、鋼鋳物等の鉄系鋳物の
粗仕上げには、従来レジノイド砥石を使用していたが、
摩耗が激しく、また発生粉塵で作業環境を阻害する等多
くの欠点があるので、耐久性、耐振動性、長寿命の鋳物
粗仕上げ用研削砥石を提供する。 【構成】円板皿状の基板と、該基板の外周弯曲部の表面
に保持された硬質砥粒を有して成る研削砥石において、
前記硬質砥粒は電着されたダイヤモンドもしくはボラゾ
ン砥粒であり前記円板状基板は熱膨張係数の極めて低い
Fe−Ni合金もしくはFe−Ni−Co合金より成る
ことを特徴とする鋳物粗仕上げ用砥石。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は鋳物粗仕上げ用研削砥石
に係り、特にダイアモンドもしくはボラゾン砥粒を有
し、かつ基板材も低膨張係数の連続長時間の使用に耐え
得る研削砥石に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、鋳物工場では通常の鋳鉄鋳物のほ
かダクタイル鋳鉄鋳物、鋼鋳物の種別を問わず、また工
程作業が機械的作業であるか人手作業であるかを問わ
ず、粗仕上げ用砥石としては一般に硬質酸化物もしくは
炭化物の砥粒をフエノ−ル系樹脂で固着したいわゆるレ
ジノイド砥石が用いられていた。しかしレジノイド砥石
は、鋳物の仕上げ研削時には砥石自身も激しく摩耗する
ので、摩耗による粉塵の発生が激しく、もた研削熱によ
り固着フエノ−ル系樹脂を燃焼させるので、作業周辺に
悪臭が漂い、作業環境は安全衛生上好ましいものではな
かった。この問題を解決できる画期的な鋳物粗仕上げ用
砥石が求められて来たが、いまだ満足すべき砥石が開示
されていない実情である。
【0003】従来、回転砥石にダイアモンド等の硬質砥
粒を電着させた種々の研削砥石が開示されているもの
の、例えば実公平2−3429号、実公平4−5198
0号、実公平4−2778号等はいずれも加工対象物が
一般的に石材、建材、コンクリ−ト等の非金属材料であ
って、これらの砥石を鋳物等の金属材料の加工に適応し
たとしても、基板材が市販の普通鋼材の場合は、研削熱
が蓄積されるため円板状基板が熱膨張し、板振れ現象を
誘発し、更に手持ち式電動機の場合には激しい振動を生
じ作業継続が困難な状況となるほか、被研削物への反発
も激しく安全上使用に耐え得るものは全くない。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】上記の如く、従来、鋳
物工場で多用されるレジノイド砥石は、摩耗時に発生す
る粉塵等作業環境および安全衛生上好ましくないばかり
ではなく、仕上げ作業中砥石の摩耗に伴い頻繁な工具の
交換を余儀なくされる損失時間が多くなるという問題が
ある。本発明の目的は、従来鋳物仕上げ用に使用されて
きたレジノイド砥石の欠点を解消して、次の要件を満足
する鋳物粗仕上げ用研削砥石を提供しようとするもので
ある。 (イ)研削能力大にして耐摩耗性大なること。 (ロ)従って作業時に粉塵の発生少なく作業環境を害せ
ず安全作業が可能であること。 (ハ)鋳物研削時に摩擦熱の発生少なく、従って振動も
少なく、長時間の継続作業が可能であること。 (ニ)長寿命であって作業中の工具の取替えをほとんど
要しないこと。 前記円板状基板材は熱膨張係数が0.000003/℃
以下であること。
【0005】
【発明が解決するための手段】本発明の要旨とするとこ
ろは次のとおりである。すなわち、回転電動機に取付け
られる円板状基板の形状が、取付け固定される部分を構
成される中心水平部と、鋳物仕上げ用の研削部を構成す
る外周弯曲部と、前記中心水平部と外周弯曲部とを一体
に結び内側に凹部を構成する中間部と、から成り、前記
外周弯曲部の表面に保持された硬質砥粒を有して成る鋳
物粗仕上げよう研削砥石において、前記硬質砥粒は電着
されたダイアモンドもしくはボラゾン砥粒であり、前記
円板状基板材は熱膨張係数が0.000003/℃以下
のFe−Ni合金もしくはFe−Ni−Co合金より成
ることを特徴とする鋳物粗仕上げ用研削砥石である。
【0006】本発明の詳細を添付図面を参照して説明す
る。図1は本発明の研削砥石の一部切断平面図、図2は
側断面図、図3は砥石研削部の拡大部分断面図である。
図示の如く、本発明の研削砥石は円板状の基板2により
構成され、通常厚さ2.5mm程度鋼板をプレス加工に
よって形成される。形状は円形皿状であって、図2に示
す如く、固定ナツト4により回転電動機に装着される中
心水平部6と、鋳物粗仕上げ用の研削部を構成する外周
弯曲部8と、これらの中心水平部4と外周弯曲部8とを
一体として結び、内側に皿状凹部を形成する中間部10
より成っている。基板2の材料は作業時の発熱による変
形を防止するために熱膨張係数が0.000003/℃
以下のFeーNi合金、もしくはFe−NiーCo合金
鋼板とし、乾式連続研削作業によつても作業中板振れ等
を誘発することなく作業の継続が可能であるようにし
た。鋳物を仕上げ加工する外周弯曲部8にはダイヤモン
ドもしくはボラゾン砥粒12が、NiもしくはNi合金
めつきにて電着固定されている。これらのダイヤモンド
もしくはボラゾン砥粒12は図3に示す如く、弯曲部8
の裏面にも電着されており、鋳物の孔部の研削が容易の
ように植付けられている。
【0007】
【作用】上記の如く構成されているので本発明による鋳
物粗仕上げ用研削砥石は次の如く作用する。すなわち、 (イ)ダイヤモンドもしくはボラゾン等の超硬質砥粒が
電着されているので、研削能力が極めて高く、耐摩耗性
が高い。 (ロ)研削作業時の粉塵発生は極めて少なく作業環境を
阻害しない。 (ハ)基板材は低熱膨張材であるので多少発熱しても機
械構成を乱すことなく、振動等の発生も少ないので長時
間の継続作業が可能である。 (ニ)長寿命であるので作業中の工具取替等はほとんど
なく、作業コストの低減が可能である。
【0008】
【実施例】
【実施例1】本発明の効果を確認するために、本発明に
よる研削砥石と、従来のオフセツトタイプのレジノイド
砥石を図4に示す如く、同一フライス盤に装着し、同一
研削対象物14のFC200(JISG5501)ねず
み鋳鉄品を同一条件で研削耐久性の比較試験を行つた。 研削条件 砥石回転数 1420rpm 送り 0.34m/min 切込量 1mm 仕事量 1パス当り2.2cm3 研削対象鋳物 FC200 研削面寸法 長さ100mm×幅22m
m この比較試験において比較材の従来のレジノイド砥石
は、砥石1枚について90パス連続研削にて摩耗のため
使用不能となったのに対し、本発明によるダイヤモンド
砥石は1枚当り6300パス連続研削して中断したが、
砥石としてなお使用可能の状況であつた。従つて本発明
による研削砥石は、同一条件において、従来のレジノイ
ド砥石の70倍以上の耐久性があることが判明した。な
お、これらの本発明研削砥石および従来のレジノイド砥
石を装着した機械本体のモーターは3.7kwであるの
で、それぞれの研削時の無負荷状態に対する負荷電流を
比較した結果、それぞれ次の如くであつた。 本発明ダヤモンド砥石1.0A(負荷トルク18kg−
cm) 従来のレジノイド砥石3.0A(負荷トルク52kg−
cm) すなわち、研削作業中の負荷電流は同一条件において、
本発明による研削砥石は、従来のレジノイド砥石の約1
/3の負荷電流で研削されていたことを示すものであ
る。
【0009】
【実施例2】実施例1で比較試験した本発明によるダイ
ヤモンド砥石は、通常行なう日常的な連続研削作業にお
いて、基板温度が約90℃程度に蓄熱されているので、
本発明による研削砥石の基板材の蓄熱に伴う熱膨張によ
る振動の影響を調査するため、実験的に本発明の基板材
の代りに一般鋼材を適用してダイヤモンド砥石を試作
し、手動式ポータブル電動機に装着し、サーモラベルに
て温度を測定しながら基板の加熱を行つたところ約75
℃の発熱で板振れ現象が始まり、電動機を手持ちで支持
することが困難な振動が誘発されていることが判明し
た。一方、本発明の基板材を有する研削砥石は、90℃
程度に蓄熱されてもほとんど振動を発生せず、手持ちに
よる研削作業になんらの支障も伴わないので、鋳物の粗
仕上用として本発明による基板材以外は適応は困難であ
ることが判明した。
【0010】
【発明の効果】本発明による鋳物粗仕上げ用研削砥石は
円板状基板材としては、熱膨張係数が0.000003
/℃以下のFe−Ni合金もしくはFe−Ni−Co合
金より成り、かつ研削砥石の外周弯曲部8にはダイヤモ
ンド粒もしくはボラゾン砥粒12を植付けた構成をとつ
たので、次の効果を挙げることができた。 (イ)研削耐久力は従来のレジノイド砥石の70倍以上
の能力があり、長寿命である。 (ロ)鋳物等の金属研削においては摩擦熱の発生は避け
られないが、たとえ90℃以上に蓄熱されても部材膨張
による振動の発生がほとんどないので研削作業の遂行に
なんらの支障を発生しない。 (ハ)通常の研削作業に際しては負荷電流は従来のレジ
ノイド砥石の1/3程度でコスト安となるほか作業が極
めて容易である。 (ニ)鋳物研削時に従来のレジノイド砥石の如き粉塵を
発生することなく、作業環境は衛生ならびに安全管理上
きわめて良好に保持できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明による鋳物粗仕上げ用研削砥石の一部切
断断面を示す平面図である。
【図2】本発明による研削砥石の側断面図である。
【図3】本発明による研削砥石の外周弯曲部に植付けら
れているダイヤモンド砥粒を示す部分断面図である。
【図4】本発明の実施例1における比較試験方法を示す
斜視図である。
【符号の説明】
2 基板 4 固定ナツト 6 中心水平部 8 外周弯曲部 10 中間部 12 ダイヤモンド砥粒(ボラゾン砥
粒) 14 研削対象物
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.5 識別記号 庁内整理番号 FI 技術表示箇所 B24D 7/18 Z 7908−3C

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 回転電動機に取付けられる円板状基板の
    形状が、取付け固定される部分を構成される中心水平部
    と、鋳物仕上げ用の研削部を構成する外周弯曲部と、前
    記中心水平部と外周弯曲部とを一体に結び内側に凹部を
    構成する中間部と、から成り、前記外周弯曲部の表面に
    保持された硬質砥粒を有して成る鋳物粗仕上げ用研削砥
    石において、前記硬質砥粒は電着されたダイアモンドも
    しくはボラゾン砥粒であり、前記円板状基板材は熱膨張
    係数が0.000003/℃以下のFe−Ni合金もし
    くはFe−Ni−Co合金より成ることを特徴とする鋳
    物粗仕上げ用研削砥石。
JP6089293A 1993-02-25 1993-02-25 鋳物粗仕上げ用研削砥石 Granted JPH06339863A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6089293A JPH06339863A (ja) 1993-02-25 1993-02-25 鋳物粗仕上げ用研削砥石

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6089293A JPH06339863A (ja) 1993-02-25 1993-02-25 鋳物粗仕上げ用研削砥石

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH06339863A true JPH06339863A (ja) 1994-12-13

Family

ID=13155470

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6089293A Granted JPH06339863A (ja) 1993-02-25 1993-02-25 鋳物粗仕上げ用研削砥石

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH06339863A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002144244A (ja) * 2000-11-13 2002-05-21 Tenryu Saw Mfg Co Ltd ハット形回転砥石
WO2004056533A1 (ja) * 2002-12-19 2004-07-08 Kabushiki Kaisha Miyanaga ダイヤディスク
KR100811751B1 (ko) * 2006-11-21 2008-03-11 (주)인성다이아몬드 연마휠
JP2009039846A (ja) * 2007-08-10 2009-02-26 Nc Diamond Co Ltd 鉄鋼加工用工具

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS604690U (ja) * 1983-06-22 1985-01-14
JPH042778U (ja) * 1990-04-24 1992-01-10

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS604690U (ja) * 1983-06-22 1985-01-14
JPH042778U (ja) * 1990-04-24 1992-01-10

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002144244A (ja) * 2000-11-13 2002-05-21 Tenryu Saw Mfg Co Ltd ハット形回転砥石
WO2004056533A1 (ja) * 2002-12-19 2004-07-08 Kabushiki Kaisha Miyanaga ダイヤディスク
US7357705B2 (en) 2002-12-19 2008-04-15 Kabushiki Kaisha Miyanaga Diamond disk
KR100811751B1 (ko) * 2006-11-21 2008-03-11 (주)인성다이아몬드 연마휠
JP2009039846A (ja) * 2007-08-10 2009-02-26 Nc Diamond Co Ltd 鉄鋼加工用工具

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101259651B1 (ko) 배향된 입자들을 가지는 cmp 패드 드레서 및 관련방법들
US3869263A (en) Abrasive member
US7131903B2 (en) Segmented superabrasive grinding device
JP3538360B2 (ja) 重研削用のレジノイド研削砥石
JPH06339863A (ja) 鋳物粗仕上げ用研削砥石
JPH10202538A (ja) 銑鉄鋳物または鋼切断用多孔性ダイヤモンドカッター
JP3380646B2 (ja) 電着ブレード
JP3069831B2 (ja) 鋳物切断用カッター
JP2004174703A (ja) 研磨工具及びその製造方法
JP2000301468A (ja) 研削用砥石及び縦軸研削用砥石
JPH10286755A (ja) 砥粒固定型研磨定盤のコンディショニング方法
JPH0822509B2 (ja) 研削砥石
KR100611936B1 (ko) 베이스원판형 연삭숫돌
JP3207898B2 (ja) 高速研削用砥石
JPH08168966A (ja) 鋳鉄用電着砥石
KR20010090196A (ko) 철근 구조물 절단용 소우 블레이드
JPH0639734A (ja) 石材表面研磨用砥石
KR20030013668A (ko) 절단 및 연마를 위한 다이아몬드 절삭휠
JPH0829496B2 (ja) ベース円板形研削砥石
JP2000280178A (ja) 研削砥石
CN210435976U (zh) 改进型砂轮
JP2007167997A (ja) ツルーイング工具
JPH09309064A (ja) 研磨装置及び研磨方法
JPH08132348A (ja) 曲面加工用研摩工具
BR102020002355A2 (pt) Rebolo em forma de disco para desbaste de uma peça de trabalho, e método de desbaste de uma peça de trabalho