JPH0633553Y2 - 引き出しガイド駆動装置 - Google Patents

引き出しガイド駆動装置

Info

Publication number
JPH0633553Y2
JPH0633553Y2 JP16298888U JP16298888U JPH0633553Y2 JP H0633553 Y2 JPH0633553 Y2 JP H0633553Y2 JP 16298888 U JP16298888 U JP 16298888U JP 16298888 U JP16298888 U JP 16298888U JP H0633553 Y2 JPH0633553 Y2 JP H0633553Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
lever
guide
tape
pinch roller
tip
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP16298888U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0284142U (ja
Inventor
宏明 猪原
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sanyo Electric Co Ltd
Original Assignee
Sanyo Electric Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sanyo Electric Co Ltd filed Critical Sanyo Electric Co Ltd
Priority to JP16298888U priority Critical patent/JPH0633553Y2/ja
Publication of JPH0284142U publication Critical patent/JPH0284142U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPH0633553Y2 publication Critical patent/JPH0633553Y2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 本考案は、テープカセツトより磁気テープを引き出して
所定走行径路に装てんし,記録・再生を行う方式の磁気
記録再生装置において、ピンチローラレバーの回動に連
動してテープ引き出し用ガイドレバーを回動する引き出
しガイド駆動装置に関する。
〔従来の技術〕
従来より、8ミリVTR等の磁気記録再生装置において
は、テープカセツト内の磁気テープを引き出して回転磁
気ヘツドを備えたヘツドシリンダに巻き付ける際、ピン
チローラ圧着機構のピンチローラレバーを回動させると
共に、これに連動してテープ引き出し用のガイドレバー
を回動させるようにしたものがある(例えば特願昭63−
215494号に添付の明細書及び図面)。
これは、先端部にピンチローラを支持したピンチローラ
レバーとこの回動中心から偏心した位置に支持されたガ
イドレバーとを平板状連結リンクにより連結したもので
あり、リンクの一端及び他端がそれぞれピンチローラレ
バー及びガイドレバーのそれぞれの中間部に植設された
ピンに回転支持されている。
そして、テープローデイング機構によるテープローデイ
ング時、ピンチローラレバーが回動すると、連結リンク
を介してガイドレバーが回動し、この先端部に支持され
たテープガイドがカセツト内の磁気テープに引つ掛り、
テープがカセツトより引き出される。
〔考案が解決しようとする課題〕
従来の引き出しガイド駆動装置にあつては、ピンチロー
ラレバーとガイドレバーとが連結リンクを単にピン結合
して連結されているだけであるため、ガイドレバーにそ
の支軸のスラスト方向にがたつき,いわゆるスラストが
たが生じてしまう。
このため、特にポータブル型磁気記録再生装置のよう
に、メカニズムセツトの上下関係が逆になつたり姿勢が
変化するようなものでは、このスラストがたによつてテ
ープガイドがスラスト方向に変位し、テープ走行に変化
を生じ、テープのいたみが生じる問題がある。
ここで、ガイドレバーのスラストがたを防ぐために、そ
の支軸に圧縮コイルばねを取付けてガイドレバーをスラ
スト方向に付勢することも考えられるが、専用のばねを
特に必要とするばかりでなく、このばね力が回動中心に
作用することからガイドレバーの回動が重くなり、テー
プローデイング時及びテープアンローデイング時の円滑
な動作が期待できなくなる不都合が生じる。
本考案は、従来の技術の有するこのような問題点に留意
してなされたものであり、その目的とするところは、ガ
イドレバーのスラストがたを防止するだけの特別な部品
を用いることなく安定したテープ走行が実現できる引き
出しガイド駆動装置を提供しようとするものである。
〔課題を解決するための手段〕
前記目的を達成するために、本考案の引き出しガイド駆
動装置においては、ピンチローラレバーの中間部とテー
プ引き出し用ガイドレバーの中間部とを連結する連結リ
ンクを曲げ加工が施された板ばねにより構成し、ガイド
レバーをピンチローラレバーに対して下方へ付勢すると
共に、テープローデイング完了後にガイドレバーの先端
部をこの位置に配設された受けブロツク上に押し付ける
ようにしたことを特徴とするものである。
〔作用〕
前述のように構成された引き出しガイド駆動装置にあつ
ては、ピンチローラレバーとガイドレバーとを連結する
連結リンクによりガイドレバーを下方へ付勢できるた
め、専用のばね部材を用いることなくガイドレバーのス
ラストがたを防止でき、しかも、ガイドレバーの中間部
を付勢するためその先端部に有効な押し付け力が作用
し、テープローデイング完了後においてレバー先端部を
ブロツク上に押し付けてこれを案定に保持でき、メカニ
ズムがどのような姿勢であつてもテープガイドのスラス
ト方向の位置は変化せず、安定したテープ走行が得られ
ることになる。
〔実施例〕
実施例につき、図面を用いて説明する。
(1)は先端部にピンチローラ(2)を支持したピンチ
ローラレバーであり、第3図に示すように、シヤーシ
(3)に固定された支軸(4)にピンチローラレバー
(1)が回動自在に支持されると共に、このレバー
(1)の先端部に植立されたローラ軸(5)にベアリン
グ(6)を介してピンチローラ(2)が回転自在に支持
されている。
このピンチローラレバー(1)は図外のテープローデイ
ング機構に連動し、テープローデイング時及びテープア
ンローデイング時にそれぞれ時計方向及び反時計方向に
回動操作される。
(7)は前記支軸(4)から偏心した位置のシヤーシ
(3)上の支軸(8)に回動自在に支持されたテープ引
き出し用のガイドレバーであり、先端部のガイド軸
(9)に、磁気テープ(10)をテープカセツトから引き
出すためのテープガイド(11)が支持されている。
このガイドレバー(7)はピンチローラレバー(1)よ
り低く,すなわちシヤーシ(3)寄りに配設されてい
る。
(12)は前記両レバー(1),(7)のそれぞれの中間
部間を連結した連結リンクであり、中央部に山折りによ
る曲げ加工が施された薄板状板ばねにより構成されてお
り、一端がピンチローラレバー(1)の中間部下面に結
合ピン(13)をかしめて回転支持されると共に、他端が
ガイドレバー(7)の中間部上面に結合ピン(14)をか
しめて回転支持されている。
このリンク(12)は、ピンチローラレバー(1)の回動
に連動してガイドレバー(7)を回動させ、かつ、曲げ
加工によりピンチローラレバー(1)に対してガイドレ
バー(7)を下方へ付勢するように機能する。
(15)はシヤーシ(3)上に設けられた受けブロツクで
あり、テープローデイング完了後におけるテープガイド
(11)の先端部の直下に配置されており、受けブロツク
(15)の上面周縁には、テープガイド(11)の先端部下
面より突出したガイド軸(9)の下端がブロツク(15)
上に円滑に乗り上がるようテーパ加工が施されている。
第1図はテープローデイング完了状態を示しており、ピ
ンチローラレバー(1)がピンチローラ(2)をキヤプ
スタン(16)の少し手前で対向させる位置で停止し、こ
れに連動したガイドレバー(7)がその先端部を受けブ
ロツク(15)上に位置させる。
このとき、ガイドレバー(7)は中間部がリンク(12)
により下方へ付勢されることからその先端部に大きな押
付力が効果的に作用し、テープガイド(11)が受けブロ
ツク(15)上に押し付けられて安定に保持されることに
なる。
第1図の状態よりピンチローラレバー(1)がさらに時
計方向に回動すると、ピンチローラ(2)が磁気テープ
(10)を介してキヤプスタン(16)に圧接し、記録・再
生モードとなるが、この時、ガイドレバー(7)の先端
部は受けブロツク(15)上を少し摺動するのみで、依然
としてテープガイド(11)は受けブロツク(15)上で安
定に保持される。
この結果、メカニズムセツトがどのような姿勢であつて
も安定したテープ走行が得られることになり、このこと
は実験によつても確認されている。
なお、連結リンク(12)は、ガイドレバー(7)の先端
部を受けブロツク(15)上に適度な力で押し付けるため
に、薄い板ばねで構成することが望ましい。
〔考案の効果〕
本考案は、以上説明したように構成されているため、次
に記載する効果を奏する。
ピンチローラレバーとガイドレバーとをそれぞれの中間
部間で連結する連結リンクを曲げ加工された板ばねによ
り構成し、ガイドレバーを下方へ付勢してその先端部を
テープローデイング完了後において受けブロツク上に押
し付けるようにしたため、特別なばね部材を別途設ける
ことなくガイドレバーのスラストがたを防止できるう
え、連結リンクによる押し付け力がガイドレバーの回動
を重くすることはなく、しかも、ガイドレバーの中間部
に加えた押し付け力をその先端部において受けブロツク
上で効果的に作用させることができ、メカニズムがどの
ような姿勢であつても常に安定したテープ走行を得るこ
とができるものである。
【図面の簡単な説明】
図面は本考案による引き出しガイド駆動装置の1実施例
を示し、第1図は平面図、第2図は要部の正面図、第3
図及び第4図はそれぞれピンチローラレバー及びガイド
レバーの切断側面図である。 (1)……ピンチローラレバー、(2)……ピンチロー
ラ、(7)……ガイドレバー、(11)……テープガイ
ド、(12)……連結リンク、(15)……受けブロツク。

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】先端部にピンチローラを支持しテープロー
    デイング時及びテープアンローデイング時にそれぞれ正
    逆回動するピンチローラレバーと、先端部にテープガイ
    ドを支持した回動自在のテープ引き出し用ガイドレバー
    と、前記ピンチローラレバーの中間部と前記ガイドレバ
    ーの中間部とを連結した連結リンクと、テープローデイ
    ング完了後における前記ガイドレバーの先端部の直下に
    配置された受けブロツクとを備え、かつ、前記連結リン
    クを、前記ガイドレバーを前記ピンチローラレバーに対
    して下方へ付勢しテープローデイング完了後に前記ガイ
    ドレバーの先端部を前記受けブロツク上に押し付けるよ
    うに曲げ加工された板ばねにより構成した引き出しガイ
    ド駆動装置。
JP16298888U 1988-12-15 1988-12-15 引き出しガイド駆動装置 Expired - Lifetime JPH0633553Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP16298888U JPH0633553Y2 (ja) 1988-12-15 1988-12-15 引き出しガイド駆動装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP16298888U JPH0633553Y2 (ja) 1988-12-15 1988-12-15 引き出しガイド駆動装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0284142U JPH0284142U (ja) 1990-06-29
JPH0633553Y2 true JPH0633553Y2 (ja) 1994-08-31

Family

ID=31699601

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP16298888U Expired - Lifetime JPH0633553Y2 (ja) 1988-12-15 1988-12-15 引き出しガイド駆動装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0633553Y2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR930000491Y1 (ko) * 1990-08-21 1993-02-05 주식회사 금성사 카메라 일체형 브이 씨 알의 펀치로울러 압착장치

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0284142U (ja) 1990-06-29

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5114093A (en) Brake mechanism for reel stands of a tape recorder
EP0240008B1 (en) Tape loading of magnetic recording/reproducing apparatus
JP2644157B2 (ja) カムコーダデッキの駆動装置及びその制御方法
JP3432779B2 (ja) 磁気記録再生器
JP3359795B2 (ja) 磁気記録/再生装置のデッキメカニズム
JPH0633553Y2 (ja) 引き出しガイド駆動装置
US6536695B2 (en) Magnetic tape apparatus
US4933787A (en) Tape loading device for high-speed search of a VCR
JPS58150157A (ja) 磁気テ−プ装置
JPS604299Y2 (ja) Vtrにおける傾斜ポ−ル位置規制装置
JP3095646U (ja) ビデオカセットレコーダのテープガイド構造
US6678111B1 (en) Magnetic tape recording/reproducing apparatus having a tape guide post mechanism in that a tilt of the tape guide post is restricted
JPH0652028U (ja) ビデオカセットレコーダーの供給リール制動装置
JP3095645U (ja) ビデオカセットレコーダ
JPS5912782Y2 (ja) テ−プレコ−ダ−の一時停止装置
JP3069769U (ja) テ―プデッキのブレ―キ保持装置
JP2591176Y2 (ja) Vtrなどのピンチローラ圧着装置
JPS596534Y2 (ja) テ−プレコ−ダ
JP3180479B2 (ja) 記録又は再生装置
JPS5928532Y2 (ja) テ−プレコ−ダ等のピンチロ−ラ圧着装置
JPS60106057A (ja) テ−プレコ−ダ
JP3057288B2 (ja) テープローディング機構
JP2678682B2 (ja) テープデッキ
JP3037992B2 (ja) テープレコーダのヘッドレバー作動機構
JPS596537Y2 (ja) テ−プレコ−ダのオ−トリバ−ス装置

Legal Events

Date Code Title Description
EXPY Cancellation because of completion of term