JPH06321488A - バランスアーム機能を持つクレーン - Google Patents

バランスアーム機能を持つクレーン

Info

Publication number
JPH06321488A
JPH06321488A JP11305093A JP11305093A JPH06321488A JP H06321488 A JPH06321488 A JP H06321488A JP 11305093 A JP11305093 A JP 11305093A JP 11305093 A JP11305093 A JP 11305093A JP H06321488 A JPH06321488 A JP H06321488A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
constant
tension
crane
winch drum
balance
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP11305093A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2801835B2 (ja
Inventor
Takezo Miyamoto
武三 宮本
Akiro Ueda
昭郎 上田
Original Assignee
Kajima Corp
鹿島建設株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kajima Corp, 鹿島建設株式会社 filed Critical Kajima Corp
Priority to JP5113050A priority Critical patent/JP2801835B2/ja
Publication of JPH06321488A publication Critical patent/JPH06321488A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2801835B2 publication Critical patent/JP2801835B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 構造、制御が簡単で安価なクレーンを提供す
る。 【構成】 ウインチドラム10、10Aからのワイヤロ
ープ6の張力を一定に保持する定張力保持手段(荷重計
13及び定トルクモータ11、バランスジャッキ20及
び油圧回路等)を設ける。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、資材を揚重して所定場
所に据付けるバランスアーム機能を持つクレーンに関す
る。
【0002】
【従来の技術】先ず図7を参照して例えばタワークレー
ンを例に建物の鉄骨建方を例として説明する。
【0003】全体を符号Cで示すタワークレーンのクレ
ーンマスト1の上に設けられたベース2上には、ブーム
3が起伏自在に設けられている。そのベース2の一端に
は、バランスウエイト4が設けられ、中程に設けられた
ウインチドラム5に巻回されたワイヤロープ6は、ブー
ム3を介して懸垂され、その下端の吊りフック7には、
玉掛けワイヤ8と吊り金具9(図1)とを介して鉄骨W
が吊設されている。
【0004】建物Bの鉄骨建方に際し、作業員M1が鉄
骨Wをつかんで合図者M2に、クレーンの巻き上げ、下
げを指示する。すると合図者M2は、オペレータM3に
巻き上げ、下げを指示する。そして、オペレータM3
は、指示にしたがって鉄骨Wの巻き上げ、下げ等を行
う。なお、合図者M2がオペレータM3のそばで、作業
員M1の指示なしでオペレータM3にクレーン操作を指
示する場合もある。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】従来の建方において、
建込む鉄骨Wを作業員M1が上下させたい場合に、「ち
ょっと上げ」、「ちょっと下げ」と合図者M2に指示す
るが、作業員M1の思い通りに上下させるのは、オペレ
ータM3にとって困難である。
【0006】また、作業員M1の指示に対し、実際の動
作に時間遅れがあるため、リアルタイムに鉄骨Wの位置
決めができない。
【0007】これに対し、最近、あたかも無重力のよう
に作業員が吊荷を上下、前後、左右、斜めの任意の方向
に自由に移動できる3次元油圧バランスアームを搭載し
た建設機械が開発されている。
【0008】しかし、構造、制御が複雑で、高価であ
る。
【0009】本発明は、構造、制御が簡単で安価なバラ
ンスアーム機能を持つクレーンを提供することを目的と
している。
【0010】
【課題を解決するための手段】本発明によれば、ウイン
チドラムからのワイヤロープの張力を一定に保持する定
張力保持手段を設けている。
【0011】上記定張力保持手段は、ワイヤロープの張
力を検出する荷重計と、その荷重計からの信号に基づき
ウインチドラムを駆動する定トルクモータとで構成し、
又は、ロックしたウインチドラムのワイヤロープの途中
に掛けたシーブと固定部材との間に介装され定張力の2
倍の張力でバランスする複動型油圧シリンダのバランス
ジャッキと、このジャッキの両油室に接続された油圧回
路とで構成するのが好ましい。
【0012】
【作用】上記のように構成されたバランスアーム機能を
持つクレーンにおいては、作業員が吊荷を持ち上げると
ワイヤケーブルの張力が低下し、引き下げると、張力が
増加する。すると、定張力保持手段は、その張力が一定
になるように、ワイヤロープを巻き上げ又は繰り出す。
したがって、作業員は吊荷を容易に昇降して位置決めを
行うことができる。
【0013】
【実施例】以下図面を参照して本発明の実施例を説明す
る。
【0014】なお、これらの図面において、図7に対応
する部分については同じ符号を付して重複説明を省略す
る。
【0015】図1ないし図3において、ウインチドラム
10は、定トルクモータ11により減速機12を介して
駆動されるようになっている。
【0016】フレーム2のウインチドラム10の付近に
は、荷重計13が立設されている。その荷重計13の検
出部14の上端には、圧力測定用シーブ15が設けら
れ、このシーブ15には、ワイヤロープ6が下から掛け
られている。そして、荷重計13は図示しない制御盤を
介して定トルクモータ11に接続されており、荷重計1
3及び定トルクモータ11により定張力保持手段が構成
されている。
【0017】次に図7をも参照して作用について説明す
る。
【0018】鉄骨Wを吊ると、ワイヤロープ6には、鉄
骨Wに相当する張力がかかる。作業員M1が鉄骨Wを上
に持ち上げると、ワイヤロープ6にかかる張力が減少す
る。すると、荷重計13の減荷重信号に基づき、定トル
クモータ11は、張力を鉄骨Wに相定する一定張力に保
つようにウインチドラム10を作動して鉄骨Wを巻き上
げる。そして、作業員M1が鉄骨Wを望む量だけ上昇し
て力を抜くと、定トルクモータ11は巻き上げを停止す
る。
【0019】また、作業員M1が鉄骨Wを引き下げる
と、ワイヤロープ6にかかる張力が増加するので、定ト
ルクモータ11は張力を一定張力に保つようにウインチ
ドラム10を前記とは逆に巻き下げ、作業員M1が引き
下げを停止すると、巻き下げを停止する。なお、鉄骨W
の横移動については、ワイヤロープ6で吊るタイプのク
レーンでは、従来より人の力で、ちょっと動かして位置
決めは充分に行うことができる。なお、荷重計13の代
りに図5に示すバランスジャッキ20及びそれを含む回
路を用い、同様の作用効果を得ることができる。
【0020】図4及び図5には、本発明の別の実施例が
示されている。ベース2には、一対のブラケット16が
立設され、それらブラケット16、16の頂部には、そ
れぞれシーブ17が設けられており、また、バランスジ
ャッキ20が立設され、このピストンロッド21には、
バランスシーブ18が設けられている。そして、ウイン
チドラム10Aからのワイヤロープ6は、シーブ17、
17の上側とバランスシーブ18の下側とに巻回されて
いる。
【0021】そのバランスジャッキ20は、複動油圧シ
リンダで構成されており、それぞれの油室A、Bは、油
圧回路L1、L2によりリリーフ弁V1、V2を介して
三方弁V3に接続され、その三方弁V3は、油圧回路L
3により油タンクTKに接続された油圧ポンプPに接続
されている。また、油圧回路L1、L2には、それぞれ
油圧計G1、G2が設けられ、それぞれ電気回路E1、
E2により制御装置Uに接続されており、その制御装置
Uには、電気回路E3〜E5により弁V1〜V3が接続
されている。そして、バランスジャッキ20、弁V1〜
V3、ポンプP、圧力計G1、G2、制御装置U、油圧
回路L1〜L3及び電気回路E1〜E5で定張力保持手
段が構成されている。また、リリーフ弁V1、V2のセ
ット圧力は、全体の荷重バランス状態の張力Tによる引
張力2Tに対応する油圧にセットされている。
【0022】この実施例では、鉄骨建方に際し、鉄骨S
を位置決めする段階になったら、ウインチドラム5を停
止し、ワイヤロープ6の巻き取り、巻き出しをできない
ようにする。そこで、油圧ポンプPを作動させて、ピス
トンロッド21にかかる引張力2Tに対して荷重バラン
スをとり、バランスモードをスタートさせる。なお、リ
リーフ弁V1、V2のセット圧力は、この荷重バランス
に対応するようにセットされている。制御装置Uは図6
に示すように、バランスモードがスタートされると、荷
重バランスをとった初期荷重WO、すなわち油圧計G
1、G2の圧力値の差を計測する(ステップS1)。そ
こで、バランスモードが解除されていない場合(ステッ
プS2がNO)は、現在荷重WIすなわち現在の圧力値
の差を計測する(ステップS3)。次いで、現在荷重W
Iと初期荷重の差(δ=WI−WO)を計算する(ステ
ップS4)。そこで、差δがゼロより小さいか否かを判
定する(ステップS5)。YESだったら、すなわち作
業員M1が鉄骨Wを持ち上げると、引張力2Tが減少
し、両油室A、Bのバランスが崩れて油室Aの油圧が低
下すると、制御装置Uは、三方弁V3を油室A側に切換
え(ステップS6)、リリーフ弁V2を開き(ステップ
S7)、油圧ポンプPをONして(ステップS11)、
ステップS2に戻る。これにより油室Aに圧油を供給す
ると共に、油室Bの圧油を逃がしてピストンロッド21
を鉄骨Wの持ち上げ量に比例して下動させる。
【0023】また、ステップS5がNOの場合は、差δ
がゼロより大きいか否かを判定する(ステップS8)。
YESだったら、すなわち作業員M1が鉄骨Wを引き下
げると、引張力2Tが増大し、両油室A、Bのバランス
か崩れて油室Bの油圧が低下すると、制御装置Uは、三
方弁V3を油室B側に切換え(ステップS9)、リリー
フ弁V1を開いて(ステップS10)、ステップS11
に移る。これにより油室Bに圧油を供給すると共に、油
室Aの圧油を逃してピストンロッド21を鉄骨Wの引き
下げ量に比例して上動させる。
【0024】このようにしてステップS11からステッ
プS2に戻り、ステップS8において、NOになった
ら、すなわち差δがゼロになり両油室A、Bの油圧がバ
ランスしたら、油圧ポンプPをOFFして(ステップS
12)、ステップS2に戻る。そして、バランスモード
が解除になったら(ステップS2がYES)、油圧ポン
プPをOFFして(ステップS13)、バランスモード
の制御を終る。
【0025】
【発明の効果】本発明は、以上説明したように構成され
ているので、吊荷を降ろすとき、作業員だけで位置決め
を容易に行うことができる。
【0026】また、作業員は、吊荷を自由に動かし、リ
アルタイムに手早く位置決めすることができる。
【0027】また、従来の作業員〜合図者〜オペレータ
の連絡ミスによる事故を防止することができる。
【0028】また、構造、制御が簡単で、安価に提供す
ることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施例を示す側面図。
【図2】図1のウインチドラムを示す上面図。
【図3】図1の荷重計回りを示す側面図。
【図4】本発明の他の実施例を示す側面図。
【図5】図4の油圧回路図。
【図6】図5の制御フローチャート図。
【図7】従来のタワークレーンによる鉄骨建方を説明す
る側面図。
【符号の説明】
A、B・・・油室 C・・・タワークレーン G1、G2・・・油圧計 M1・・・作業員 M2・・・合図者 M3・・・オペレータ P・・・油圧ポンプ S・・・建築物 U・・・制御装置 V1、V2・・・リリーフ弁 V3・・・三方弁 W・・・鉄骨 1・・・クレーンマスト 2・・・ベース 3・・・ブーム 4・・・バランスウエイト 5、10、10A・・・ウインチドラム 6・・・ワイヤロープ 7・・・フック 8・・・玉掛けワイヤ 9・・・吊り金具 11・・・定トルクモータ 12・・・減速機 13・・・荷重計 14・・・検出部 15・・・圧力測定用シーブ 16・・・ブラケット 17・・・シーブ 18・・・バランスシーブ 20・・・バランスジャッキ 21・・・ピストンロッド

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ウインチドラムからのワイヤロープの張
    力を一定に保持する定張力保持手段を設けたことを特徴
    とするバランスアーム機能を持つクレーン。
JP5113050A 1993-05-14 1993-05-14 バランスアーム機能を持つタワークレーン Expired - Lifetime JP2801835B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5113050A JP2801835B2 (ja) 1993-05-14 1993-05-14 バランスアーム機能を持つタワークレーン

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5113050A JP2801835B2 (ja) 1993-05-14 1993-05-14 バランスアーム機能を持つタワークレーン

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06321488A true JPH06321488A (ja) 1994-11-22
JP2801835B2 JP2801835B2 (ja) 1998-09-21

Family

ID=14602231

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5113050A Expired - Lifetime JP2801835B2 (ja) 1993-05-14 1993-05-14 バランスアーム機能を持つタワークレーン

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2801835B2 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008255778A (ja) * 2007-04-05 2008-10-23 Bauer Maschinen Gmbh アースオーガ装置
CN111483921A (zh) * 2020-04-23 2020-08-04 武汉通联路桥机械技术有限公司 一种用于类菱形结构起重设备的载荷试验装置及试验方法
CN112249908A (zh) * 2020-09-10 2021-01-22 山东龙辉起重机械有限公司 一种起重机的抓取承重分析系统

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100636398B1 (ko) 2003-05-27 2006-10-18 김홍기 타워 크레인

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS60234091A (en) * 1984-05-07 1985-11-20 Agency Of Ind Science & Technol Tension controller for suspension cable in submersible-body elevation apparatus
JPH01110498A (en) * 1987-10-19 1989-04-27 Kayaba Ind Co Ltd Automatic tensioner

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS60234091A (en) * 1984-05-07 1985-11-20 Agency Of Ind Science & Technol Tension controller for suspension cable in submersible-body elevation apparatus
JPH01110498A (en) * 1987-10-19 1989-04-27 Kayaba Ind Co Ltd Automatic tensioner

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008255778A (ja) * 2007-04-05 2008-10-23 Bauer Maschinen Gmbh アースオーガ装置
CN111483921A (zh) * 2020-04-23 2020-08-04 武汉通联路桥机械技术有限公司 一种用于类菱形结构起重设备的载荷试验装置及试验方法
CN111483921B (zh) * 2020-04-23 2021-11-16 武汉通联路桥机械技术有限公司 一种用于类菱形结构起重设备的载荷试验装置及试验方法
CN112249908A (zh) * 2020-09-10 2021-01-22 山东龙辉起重机械有限公司 一种起重机的抓取承重分析系统

Also Published As

Publication number Publication date
JP2801835B2 (ja) 1998-09-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2004284729A (ja) 建設機械の表示装置および安全装置
JP6673085B2 (ja) クレーン
US4223554A (en) Hoist test stand
JPH06321488A (ja) バランスアーム機能を持つクレーン
JPH0891772A (ja) 移動式クレーンのウインチ過巻時のワイヤロープ乱巻き防止方法およびその装置
US10870560B2 (en) Crane
JP3434401B2 (ja) クレーンのフック過巻防止装置
KR101379841B1 (ko) 와이어로프 이탈 방지 장치를 구비한 권취장치
CN106495063A (zh) 一种遥控式内悬浮卷扬机提升抱杆装置
CN111620256A (zh) 起吊装置及起吊系统
CN206375637U (zh) 一种遥控式内悬浮卷扬机提升抱杆装置
JP2021020771A (ja) ジブクレーンの起伏巻上制御システム
JP2504541Y2 (ja) 可動吊り治具装置
JPH10330084A (ja) クレーンのカウンタウエイト着脱装置
JPH06239566A (ja) エレベータのロープ張力平衡装置
JPH08268681A (ja) 作業車の作業状態模擬確認装置
CN212315402U (zh) 起吊装置及起吊系统
JP7067377B2 (ja) 作業機械の荷重表示装置
JP2000053384A (ja) 巻上ロープの過巻防止装置
JPH07157287A (ja) クレーン
JP2944025B2 (ja) 場所打杭鉄筋篭建込装置
JP2809308B2 (ja) 建設用タワークレーンのジブ起伏速度制御装置
JPH0570055A (ja) エレベーターの据付用昇降台
JPH08208155A (ja) 建設工事用エレベータ
JPH1017277A (ja) タワークレーンの安全装置