JPH06305063A - 凹凸模様を有する蒸着積層シート - Google Patents

凹凸模様を有する蒸着積層シート

Info

Publication number
JPH06305063A
JPH06305063A JP5120856A JP12085693A JPH06305063A JP H06305063 A JPH06305063 A JP H06305063A JP 5120856 A JP5120856 A JP 5120856A JP 12085693 A JP12085693 A JP 12085693A JP H06305063 A JPH06305063 A JP H06305063A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
transparent
layer
vapor deposition
pattern
synthetic resin
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP5120856A
Other languages
English (en)
Inventor
Isao Tokuno
功 徳野
Youichi Mitsushima
洋一 三津島
Tsuneo Ando
常雄 安藤
Shuzo Ohara
柊三 大原
Original Assignee
Goyo Paper Working Co Ltd
五洋紙工株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Goyo Paper Working Co Ltd, 五洋紙工株式会社 filed Critical Goyo Paper Working Co Ltd
Priority to JP5120856A priority Critical patent/JPH06305063A/ja
Publication of JPH06305063A publication Critical patent/JPH06305063A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【構成】 表面に凹凸模様を有する透明な合成樹脂フィ
ルムの該凹凸模様面に透明蒸着層及び半透明蒸着層を設
けて浮き立ち効果を発現せしめたことを特徴とする、凹
凸模様を有する蒸着積層シート。 【効果】 透明蒸着層及び半透明蒸着層と透明合成樹脂
フィルム及び/又は着色層との間の浮き立ち効果によ
り、蒸着を施された合成樹脂の凹凸模様が鮮明に深味を
もって浮き立つように輝いて見え、質感に富む美麗な蒸
着積層シートが提供される。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は凹凸模様を有する蒸着積
層シートに関し、更に詳しくは、透明な合成樹脂フィル
ムの凹凸模様面に透明蒸着と半透明蒸着とを施すことに
よって該凹凸模様が一段と鮮明に浮き立って見え、該蒸
着層の表面及び/又はフィルムの裏面に透明層又は着色
層を設けたり、また該蒸着層表面やフィルムの裏面に接
着層を設けた場合においてもなお該凹凸模様が浮き立つ
ように輝いて見え、且つ光沢差や色相、方向性をも持つ
興趣に富んだ蒸着積層シートに関する。尚、本発明にお
いて、着色又は着色層とは、全体が一色で模様のない無
地の他、模様、絵柄、文字、記号等及びこれらの組み合
せを全て含む。
【0002】
【従来の技術】従来、凹凸模様を有する合成樹脂フィル
ムの表面にアルミニウム等の金属蒸着を施し、更にその
上に透明な絵柄等の印刷層を設けたものが知られている
が、このものは、金属蒸着層の厚さや凹凸模様の版深に
もよるが、金属蒸着層側から凹凸模様が見えなくなる
か、又は極めて不鮮明になる。そのため、凹凸模様を特
徴づけるためには基材の凹凸模様面側には何の処理も施
さず、その反対面側に透明な絵柄等の印刷層や無地フィ
ルム層を接着剤等によって貼合する、等の必要があっ
た。また、金属蒸着に代えてシリカ等の透明蒸着を施し
た場合、凹凸模様は見えるが平坦な印象しか与えず、光
沢も少なく興趣に乏しいという問題があった。本発明者
らは、上記問題を解決するために、硫化亜鉛等の屈折率
が大きく、透明な合成樹脂フィルムとの屈折率差が0.
5以上である物質を用いて透明蒸着を施すことにより、
凹凸模様が鮮明且つ浮き立って見える蒸着積層シートを
先に提案した(特願平4−167003号)が、更なる
改良が求められている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】本発明は上記実情に鑑
み、蒸着層を設けた凹凸模様がより一層鮮明に且つ浮き
立って見え、更に該蒸着層の表面に及び/又は凹凸模様
を有する合成樹脂フィルムの裏面に着色層や着色フィル
ム層を設けた場合、更には蒸着層の表面又は該蒸着層上
に設けた着色層に接着層を設けた場合でも、蒸着層を介
して凹凸模様が見えなくなったり見えにくくなることな
く、むしろ、凹凸模様や着色層の模様や絵柄が視覚方向
に、より一層浮き立つように見える蒸着積層シートを提
供するものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】即ち、本発明は表面に凹
凸模様を有する透明な合成樹脂フィルムの該凹凸模様面
に透明蒸着層と半透明蒸着層とを設けて浮き立ち効果を
鮮明に発現せしめたことを特徴とする、凹凸模様を有す
る蒸着積層シートを内容とするものである。
【0005】本発明に用いられる、表面に凹凸模様を有
する透明な合成樹脂フィルムとしては、押出ラミネート
加工が可能な熱可塑性合成樹脂が好ましく、特に好適な
ものはポリオレフィン系樹脂やポリエステル系樹脂であ
る。ポリオレフィン系樹脂としては、ポリエチレン、ポ
リプロピレン、ポリ4−メチルペンテン−1やこれらの
共重合体、これらと他のモノマーとの共重合体、これら
の混合物等が例示される。ポリエステル系樹脂として
は、ポリエチレンテレフタレート、ポリブチレンテレフ
タレートやこれらのモノマーの酸成分及び/又はグリコ
ール成分の種類を変えたもの、またはこれらの共重合
体、混合物等が例示される。熱硬化性合成樹脂も使用で
き、例えば不飽和ポリエステル樹脂、エポキシ樹脂、メ
ラミン樹脂、アルキッド樹脂、ジアリルフタレート樹
脂、ウレタン樹脂、アクリル樹脂等が挙げられる。
【0006】また凹凸模様としては、特に制限はなく図
柄、微細多方向エンボス線条の組合せ模様、キャラクタ
ー、文字、記号やつき板、和紙、皮革、織物模様等全て
の模様が含まれる。尚、透明な合成樹脂フィルムの表面
に凹凸模様を設けず、平坦な場合は、本発明の目的とす
る蒸着積層シートは得られない。
【0007】表面に凹凸模様を有する透明な合成樹脂フ
ィルムを得る方法としては、例えば熱可塑性合成樹脂の
場合は、押出法により押出と同時に押出された合成樹脂
の表面に凹凸模様を設ける方法が挙げられる。更に、基
材を用いて、この方法により合成樹脂層に凹凸模様を形
成する方法には、所謂ポリサンド法とエンボス冷却ロー
ル法とがある。ポリサンド法は、予め凹凸模様を有する
賦型シートと基材との間に合成樹脂をフィルム状に押出
した後、冷却後に該賦型シートを剥離除去して、賦型シ
ートの凹凸模様を該合成樹脂フィルムに転写させる方法
である。エンボス冷却ロール法は、凹凸模様を設けたエ
ンボス冷却ロールとプレスロールを用い、基材とエンボ
ス冷却ロールとの間に合成樹脂を押出し、エンボス冷却
ロールとプレスロールとの間で圧着してエンボス冷却ロ
ールの凹凸模様を該合成樹脂フィルムに転写させる方法
である。
【0008】予め凹凸模様を有する賦型シートは、特公
平2−38398号等により開示された如き印刷シー
ト、特開平1−188399等により開示された如きエ
ンボスシート、その他公知の方法により容易に得られる
シートが用いられる。一方、熱硬化性合成樹脂を用いる
場合は、熱硬化性合成樹脂を基材表面に塗工し、該樹脂
が半硬化の段階で、その樹脂の表面に凹凸模様を設ける
方法が挙げられる。
【0009】表面に凹凸模様を有する透明な合成樹脂フ
ィルムは、必要に応じ、その裏面に透明な基材を積層す
ることもできる。透明な基材と、凹凸模様を有する合成
樹脂フィルムを積層するに当り、接着性を高めるため
に、該基材にアンカー処理、コロナ処理、フレーム処理
等を施すことができる。また、押出された合成樹脂の溶
融フィルムをオゾン処理することもできる。透明な基材
の表面に凹凸模様を有する合成樹脂フィルムを積層する
他の方法としては、表面に凹凸模様を有する合成樹脂フ
ィルムを準備しておき、これと該基材とを積層する方法
が挙げられる。積層の方法としては特に制限はなく、ド
ライラミネート法、ウエットラミネート法、接着剤を使
用する方法等が挙げられる。
【0010】次に、透明な合成樹脂フィルムの該凹凸模
様面上に浮き立ち効果を発現する透明蒸着層と半透明蒸
着層を設ける。透明蒸着層は透明な合成樹脂フィルムと
の屈折率差が0.5以上となるように設けるのが好まし
い。また、その厚さは100〜2000Åの範囲が好ま
しく、より好ましくは400〜800Åの範囲である。
この範囲外では充分な浮き立ち効果が期待できなくなる
傾向がある。浮き立ち効果を発現しうる透明な蒸着物質
としては、屈折率の大きい無機化合物、例えばZnO
(2.2 屈折率、以下同じ),ZnS(2.35),ZnSe
(2.6) ,ZnTe(3.2) ,CdS(2.5) ,CdSe(2.
6) ,CdTe(2.8) ,TiOx(2.5) ,ZrO2(2.19)
,PbS(4.1) ,SiC(2.64),Ge(3.45),GaA
s(3.66),InP(3.82)等が好適に用いられる。
【0011】半透明蒸着層の厚さは50〜200Åの範
囲が好ましく、より好ましくは70〜150Åの範囲で
ある。50Å未満では浮き立ち効果を充分に増幅でき
ず、200Åを越えると透明性が阻害されて、凹凸模様
そのものが見えにくくなる傾向がある。半透明蒸着物質
としてはAl,Cr,Cu,Au,Ag,真鍮等が好適
に用いられる。
【0012】透明蒸着層及び半透明蒸着層の形成方法
は、真空蒸着法の他、スパッタリング法及びイオンプレ
ーティング法も必要に応じて適用される。尚、透明蒸着
層と半透明蒸着層との蒸着順序については特に制限はな
い。
【0013】更にまた該蒸着層上に透明着色層を設ける
ことができる。透明着色層は、例えば透明インキを用い
て常用の印刷法により設ける方法、着色した透明フィル
ムを貼着する方法により設けられる。この着色層は彩
色、模様や絵柄で美粧性を付与するとともに、蒸着層の
保護層としても機能する。また、透明合成樹脂フィルム
の裏面にも同様に着色層を設けることもできる。透明着
色層に代えて、無色の層又は無色のフィルムを設けるこ
とも可能であることは勿論である。
【0014】本発明の蒸着積層シートは包装材料とし
て、また着色層(保護層)もしくは凹凸模様を有する合
成樹脂フィルムの裏面に接着剤層を設けて、プラスチッ
ク成形品、鋼板や木材等に貼付ける装飾材や、内装材、
広告、ポスター、ラベル、ステッカー、合わせガラス等
に用いられる。また賦型用転写フィルムとしても用いら
れる。
【0015】
【実施例】以下、本発明の実施例及び比較例を挙げて更
に詳細に説明するが、これらは本発明を制限するもので
はない。 実施例1 基材として二軸延伸ポリエステルフィルム(東洋紡エス
テルE5100、屈折率:1.66、厚さ38μm)に
イソシアネート系アンカーコートを施したものを用い、
アンカーコート面にコロナ放電処理(30W・min/m2
をし、Tダイ押出ラミネート機(スクリュー径:115
mm、L/D:25)を用いてポリエステル樹脂(ポリプ
ラスチックス株式会社製、ジュラネックス600FP、
屈折率:1.66)を、Tダイ出口温度300℃、厚さ
30μmで押出した。この時、特開平1−188399
号公報に記載した方法に従い、冷却ミラーロールに沿っ
て、微細多方向エンボス線条からなる砕石模様を有する
ポリプロピレン賦型シートを、その模様面が前記押出樹
脂と接するように配置させ、前記押出樹脂を中央に挟む
ようにしてプレスロールにより圧着させ、冷却ロールに
よって冷却後、該ラミネート物を一体として巻取った。
ラミネート物から賦型シートを剥ぎとり、砕石模様が正
確にラミネート樹脂表面に写された透明な合成樹脂フィ
ルム積層物を得た。
【0016】次に、この砕石模様面に常法によって硫化
亜鉛(屈折率:2.35)を真空蒸着(厚さ600Å)
し、透明蒸着層を設け、更にこの透明蒸着層上に常法に
よってアルミニウムを真空蒸着(厚さ100Å)し、半
透明蒸着層を設けた。かくして得られた蒸着積層シート
は光沢のある、やや青味を帯びたシートで、視覚方向に
よって見え方が変化し、かつ凹凸模様が鮮明に、深味を
もって浮き出る、重厚な質感のあるものであった。
【0017】実施例2 実施例1で得られた蒸着積層シートの半透明蒸着層上
に、印刷法により黄色インキ層を設けた。前記質感のあ
る凹凸模様は隠蔽されることなく、依然その輝きと方向
性を失うことはなく、金箔様の美麗な蒸着積層シートが
得られた。
【0018】実施例3 実施例2で得られた着色蒸着積層シートの着色層に接着
層を設け、木材に貼着した。凹凸模様は、その質感、輝
き、方向性は変わらず、しかも凹凸を有するポリエステ
ル樹脂層が保護層として機能する装飾材として好適な積
層シートが得られた。
【0019】実施例4 実施例1において、砕石模様が正確にラミネート樹脂表
面に写された透明な合成樹脂フィルム積層物の砕石模様
面に、まずアルミニウムを厚さ100Åで真空蒸着して
半透明蒸着層を設け、次いで硫化亜鉛を厚さ400Åに
なるように真空蒸着し透明蒸着層を設けた他は、実施例
1と同様にして蒸着積層シートを得た。
【0020】本シートの透明蒸着層上にアクリル系樹脂
によるトップコート層(保護層)をコーティング法によ
って設けた(厚さ5μm)後、この蒸着積層シートの両
面に厚さ50μmのポリビニルブチラールフィルムを重
ね、この全体を厚さ5mmのガラス2枚で挟み、120
℃、10Kgf/m2の条件で10分間プレスした。得られた
合わせガラスは、見る方向によって光沢が変わる凹凸模
様が鮮明かつ重厚に浮き立って見える興趣に富んだもの
であった。
【0021】比較例1 実施例2において、硫化亜鉛を二酸化珪素(屈折率:
1.55)に変えた他は同様にして、黄色インキ層を有
する蒸着積層シートを得た。得られた蒸着積層シートは
凹凸模様は見えはするものの、不鮮明で輝きもなく、質
感に乏しいものであった。
【0022】比較例2 実施例1において、透明な合成樹脂フィルムの砕石模様
面に硫化亜鉛透明蒸着層のみを設け、アルミニウム半透
明蒸着層を設けなかった他は、実施例1と同様にして蒸
着積層シートを得た。得られたシートは凹凸模様が浮き
立つように見え、方向性も有るものであったが、実施例
1〜4の蒸着積層シートのもつ重厚な質感と鮮明度には
及ばないものであった。
【0023】
【発明の効果】本発明の蒸着積層シートは、透明蒸着層
の高い屈折率と、凹凸模様を有する透明な合成樹脂フィ
ルム及び/又は着色層の低い屈折率との差により浮き立
ち効果を生じ、更に半透明蒸着層と組合せることによっ
て、蒸着を施された、表面に該凹凸を有する透明合成樹
脂フィルム自体、その凹凸模様がより一層鮮明にかつ深
味をもって輝いて浮き立つように見えることは勿論、該
蒸着層表面又は該合成樹脂フィルム裏面に着色層を設け
ても、凹凸模様は輝きを失わず、絵柄等が輝きととも
に、いきいきと浮き立つような立体感を持って見えると
いう興趣に富んだ蒸着積層シートが得られる。
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 大原 柊三 大阪府大阪市住之江区安立4丁目13番18号 五洋紙工株式会社内

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 表面に凹凸模様を有する透明な合成樹脂
    フィルムの該凹凸模様面に透明蒸着層と半透明蒸着層と
    を設けたことを特徴とする、凹凸模様を有する蒸着積層
    シート。
  2. 【請求項2】 透明蒸着層と透明な合成樹脂フィルムと
    の屈折率差が0.5以上である請求項1記載の蒸着積層
    シート。
  3. 【請求項3】 透明蒸着層の厚さが100〜2000Å
    の範囲で、かつ半透明蒸着層の厚さが50〜200Åで
    ある請求項1又は2記載の蒸着積層シート。
  4. 【請求項4】 蒸着層の表面及び/又は透明な合成樹脂
    フィルムの裏面に透明な、又は着色した保護層を設けた
    請求項1、2又は3記載の蒸着積層シート。
JP5120856A 1993-04-22 1993-04-22 凹凸模様を有する蒸着積層シート Withdrawn JPH06305063A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5120856A JPH06305063A (ja) 1993-04-22 1993-04-22 凹凸模様を有する蒸着積層シート

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5120856A JPH06305063A (ja) 1993-04-22 1993-04-22 凹凸模様を有する蒸着積層シート

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH06305063A true JPH06305063A (ja) 1994-11-01

Family

ID=14796647

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5120856A Withdrawn JPH06305063A (ja) 1993-04-22 1993-04-22 凹凸模様を有する蒸着積層シート

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH06305063A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1961581A2 (en) 2007-02-21 2008-08-27 Polymatech Co., Ltd. Decorative key sheet for pushbutton switches
JP2010085508A (ja) * 2008-09-30 2010-04-15 Nidek Co Ltd 装飾模様付き表示体、及び該表示体の製造方法
JP2011131597A (ja) * 2009-12-24 2011-07-07 Lg Innotek Co Ltd 立体感形成外装材

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1961581A2 (en) 2007-02-21 2008-08-27 Polymatech Co., Ltd. Decorative key sheet for pushbutton switches
US7902470B2 (en) 2007-02-21 2011-03-08 Polymatech Co., Ltd. Decorative key sheet for pushbutton switches
JP2010085508A (ja) * 2008-09-30 2010-04-15 Nidek Co Ltd 装飾模様付き表示体、及び該表示体の製造方法
JP2011131597A (ja) * 2009-12-24 2011-07-07 Lg Innotek Co Ltd 立体感形成外装材
US8685526B2 (en) 2009-12-24 2014-04-01 Lg Innotek Co., Ltd. Decorating material with cubic effect

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5762379A (en) Printed article
US6544369B1 (en) Process for producing thin film-like material having decorative surface
KR20090108790A (ko) 장식용 시트지 및 그 제조방법과 그 패널
JP4691371B2 (ja) 転写シート
KR101559793B1 (ko) 가전제품의 외면에 부착되는 장식부재 및 그 제조방법
JPH08103982A (ja) 光輝性化粧シート
JP3371425B2 (ja) 色付き凹凸模様の形成方法および時計用文字板
JPH06305063A (ja) 凹凸模様を有する蒸着積層シート
JPH0615234B2 (ja) 虹彩模様を呈する積層体及びその製造方法
JPH07314631A (ja) 光輝性化粧シート
JP2574558Y2 (ja) 化粧材
JP3003034B1 (ja) 絵付シート
JPH05331625A (ja) 凹凸模様を有する蒸着積層シート
EP0660773B1 (en) Gold film for computer-aided sign making system
JP2640887B2 (ja) 部分ホログラム転写シート
JP4033924B2 (ja) プラスチック化粧シートの製造方法
JPH08290542A (ja) 熱硬化性樹脂化粧板
JP2742999B2 (ja) 化粧シート
JP3085713B2 (ja) 化粧シート
JP2743659B2 (ja) 透視性を有する装飾材の製造方法
JP2812354B2 (ja) エッチングホイルシート及びその製造方法
JP2661197B2 (ja) 透視性を有する装飾材の製造方法
JP2542338Y2 (ja) 表面化粧用ラベル
KR20020080690A (ko) 다색효과를 갖는 부분증착 열전사필름과 그 제조방법
JP2661191B2 (ja) 遮光性を有する装飾材の製造方法

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20000704