JPH0628042B2 - Journal version number update method - Google Patents

Journal version number update method

Info

Publication number
JPH0628042B2
JPH0628042B2 JP2065786A JP2065786A JPH0628042B2 JP H0628042 B2 JPH0628042 B2 JP H0628042B2 JP 2065786 A JP2065786 A JP 2065786A JP 2065786 A JP2065786 A JP 2065786A JP H0628042 B2 JPH0628042 B2 JP H0628042B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
journal
system
version number
volume
writing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP2065786A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPS62179035A (en )
Inventor
一志 松本
Original Assignee
富士通株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Description

【発明の詳細な説明】 〔概要〕 所定事象の発生を契機として、論理ボリュームを構成する複数の物理ボリュームのデータを同一とするための等価性保証処理を行うと共に、等価性保証処理を行ったシステムが各物理ボリュームに書かれているジャーナルの最新版数に基づいて基底版数を算出し、算出した基底版数を動作中の他システムに通知するようにしたものである。 The Detailed Description of the Invention [Overview] occurrence of a predetermined event as a trigger, performs equivalence assurance processing to the data of a plurality of physical volumes of the logical volume and the same was performed equivalence assurance processing It calculates the base version number based on the latest version number of the journal that the system is written to each physical volume, in which to notify the calculated base version number to other systems in operation.

〔産業上の利用分野〕 [Relates]

本発明は、論理ボリュームを構成する複数の物理ボリュームのデータを全て同一とするための等価性保証処理を行ったとき、等価性保証処理を行ったシステムが各物理ボリュームに書込まれているジャーナルの最新版数に基づいて基底版数を算出し、算出した基底版数を動作中の他の全てのシステムに通知するようにした共用多重化ボリューム・システムにおけるジャーナル版数更新方法に関するものである。 The present invention, journal when performing equivalence assurance processing for all the data of a plurality of physical volumes of the logical volume the same, the system was equivalent assurance process has written to each physical volume It calculates the base version number based on the latest version number of relates journal version number updating process in a shared multiplexed volume system to notify the calculated base version number to all other systems in operation .

〔従来技術と問題点〕 [Prior art and problems]

第7図は多重化ボリュームを説明する図である。 FIG. 7 is a diagram for explaining a multiplexed volume. 第7図において、PV1とPV2は物理ボリューム、LVは論理ボリューム、Rはレコード、Tはトラックをそれぞれ示している。 In Figure 7, PV1 and PV2 are physical volume, LV denotes the logical volume, R represents a record, T is the track, respectively. 論理ボリュームLVは物理ボリュームPV The logical volume LV physical volume PV
1及びPV2から構成されており、物理ボリュームPV It is composed of 1 and PV2, physical volume PV
1とPV2には同一のデータが格納されている。 The same data is stored in the 1 and PV2. 物理ボリュームPV1はユーザ領域とシステム管理領域に分けられ、ユーザ領域にはユーザ・プログラムが使用するデータか格納され、システム管理領域にはジャーナル等のオペレーティング・システムが使用するデータが格納される。 Physical volume PV1 is divided into a user area and a system management area, the user area is stored or data to be used by the user program, the system management area is stored data used by the operating system, such as the journal. 物理ボリュームPV2はPV1と同一構成を持つ。 Physical volume PV2 has the same configuration as PV1.

2個の物理ボリュームPV1及びPV2を恰も1個のボリューム(論理ボリューム)として見せるためには、物理ボリュームPV1とPV2のデータの等価性が常に保証されていなければならない。 To show as if it were a single volume two physical volumes PV1 and PV2 (logical volumes), equality of data in the physical volume PV1 and PV2 must always guaranteed. 論理ボリュームLVに最初にアクセスする際に等価性を保証する方法として、ジャーナルによる等価性保証処理がある。 As a method to ensure equivalence in the first access to the logical volume LV, there is equality assurance processing by the journal. これを以下に説明する。 This will be described below. 第7図(b)に示すように、論理ボリュームLV As shown in FIG. 7 (b), the logical volume LV
を複数の区画に分割し、区画を更新するときに、ジャーナル上にその区画が更新中であることを表示する。 It was divided into a plurality of partitions, when updating the partition, indicating that the partition on the journal are being updated. なお、第7図(b)では論理ボリュームLVは16個に分割されているが、これは単なる例示であり、実際の分割数はこれよりも多い。 Note that FIG. 7 (b) in the logical volume LV is divided into 16, which is merely illustrative, the actual number of divisions greater than this. ジャーナルは物理ボリュームPV Journal Physical volume PV
1,PV2のシステム管理領域上に作成されるので、システムが停止して主記憶上のデータが失われても、媒体上のジャーナルを読むことにより、更新部分(データの等価性が保証できない部分)を知ることが出来、基準となる物理ボリュームから他の物理ボリュームへコピーすることでデータの等価性を保証することが出来る。 1, since it is created PV2 system administrative area, part systems is the loss of data in the main memory is stopped, by reading the journal on the medium, the equivalent of the updated portion (data is not guaranteed ) can be known, a primary physical volume from another physical volume can ensure equivalence of data by copying to.

ジャーナルにはその最新性を示すために版数が付加されており、ジャーナルを更新する度にジャーナルの版数をカウント・アップする。 The journal its version number to indicate the currency has been added, to count up the version number of the journal every time updating the journal. これにより、最大の版数を持つジャーナルが最新ジャーナルになる。 As a result, the journal with the largest number of the edition is up-to-date journal. 最新ジャーナルを捜すには、全物理ボリュームのジャーナルを読み、その内の最大の版数を持つジャーナルを見つけ出すことが必要である。 To find the latest journal, read a journal of all the physical volume, it is necessary to find a journal that has the maximum number of versions of them.

ジャーナルへの書込みはデータを更新する度に必要であり、またジャーナルの読込みが必要となる時は最新ジャーナルを求める時である。 Writing to the journal is required each time to update the data, and when the reading of the journal is required is when finding the latest journal. 従って、通常はデータの更新時にジャーナルの書込みが必要になるが、ジャーナル書込みのオーバヘッドは多重化ボリュームの性能上の重要な問題になる。 Therefore, usually it is required journal writing when updating the data, overhead journal writing is an important issue in the performance of the multiplexed volume. このジャーナルへの書込み処理の時間短縮に関して、ソフトウェア的な解決策として次のようなものがある。 With respect to time shortening of the writing process to the journal, it is as follows as a software solution. ジャーナルに対する入出力で一番問題となるのは、ジャーナル・レコードを捜す処理である。 Become the most problems in the input and output to the journal, it is a process of looking for a journal record. これを最小且つ平均化するには、第7図(c)に示すように、 To minimize and averaging this, as shown in FIG. 7 (c),
所定のジャーナル書込用トラックT上に隙間なくジャーナル・レコードRを作成し、最も近いジャーナル・レコードRにジャーナルを書込めば良い。 Without gaps to create a journal record R on a predetermined journal writing for the track T, it may be put writing a journal to the nearest journal record R. こうすると、回転待ちは殆どなくなる。 In this way, rotational delay is almost eliminated. 読込むときは全てのジャーナルを読込み、最大版数のジャーナルを見つけ、このジャーナルをその物理ボリュームに書かれている最新ジャーナルと見做すことが出来る。 When reads reads all of the journal, found the journal of the maximum version number, can be regarded as the latest journals have written this journal in the physical volume.

以上は従来の多重化ボリュームのジャーナルの説明である。 Above is a description of the journal of the conventional multiplexed volume. これを基に共用多重化ボリュームに拡張したときの問題点について説明する。 The issues will be described when it was extended to shared multiplexed volume based. 第8図は共用多重化ボリュームの概要を示す図である。 FIG. 8 is a diagram showing an outline of a shared multiplexed volume. 第8図において、1と2はシステム、AとBはシステム間通信装置をそれぞれを示している。 In Figure 8, 1 and 2 systems, A and B are shown respectively the intersystem communication device. 各システム1,2は、中央処理装置とオペレーティング・システム等から構成されており、論理ボリュームLVを使用して業務を行っている。 Each system 1, 2 is composed of a central processing unit and operating system, etc., are performed operations using logical volumes LV. システム間通信装置Aは多重化ボリューム制御情報交換用であり、システム間通信装置Bはシステム動作/停止監視用である。 The inter-system communication apparatus A is for multiplexed volume control information exchange system between communication apparatus B is for system operation / stop watch.
安全のため、システム間通信装置AとBはそれぞれ異なった通信手段が用いられており、例えばシステム間通信装置AはFSIを用いており、システム間通信装置Bは共用DASDを用いている。 For safety, the system between communication devices A and B have been used individually communicating means, for example, inter-system communication apparatus A is using the FSI, intersystem communication apparatus B uses a shared DASD. なお、FSIとは光通信ケーブルを用いた通信方式の一種である。 It should be noted that the FSI is a kind of communication system using the optical fiber cable. 多重化ボリューム(論理ボリュームと同義)を共用するとき、ジャーナルをシステム間で共用すると、次の点がジャーナルに対する入出力処理のオーバヘッドとなる。 When sharing the multiplexed volume (logical volume synonymous), when sharing the journal between systems, the following points become overhead output processing for the journal.

(a)ジャーナル書込み及びその原因となる入出力処理の排他制御 (b)ジャーナル版数を変更するためのシステム間通信 これらを解決する方法として、例えばシステム1に対してはジャーナル書込用トラックとしてT1を割当て、システム2に対してはジャーナル書込用トラックとしてT In order to solve inter-system communication these for changing the exclusive control (b) the number of journals version of the input and output processing that is (a) a journal writing and its cause, for example, as a truck journal write operation to the system 1 It allocates T1, T as truck journal write operation to the system 2
2を割当て、システム3に対してはジャーナル書込用トラックとしてT3を割当てる方法がある。 Allocates 2, there is a method of allocating T3 as truck journal write operation to the system 3. このように、 in this way,
システム毎にジャーナル書込用トラックを持てば、最新の版数はシステム毎に独自のものとなり、(b)のシステム間通信は必要なくなる。 If able to have a track for journal writing to each system, the latest version number is a thing of the unique to each system, inter-system communication of (b) is not necessary. 上述の(a)に関しても、通常の共用ボリュームに対する入出力と同じことをするだけで良く、特に共用多重化ボリュームとしてのオーバヘッドにはならない。 Respect of (a) above also, it is only the same as the input and output for a normal shared volume, not a particular overhead as a shared multiplexed volume.

次にジャーナルの読込みについて考える。 Then think about the reading of the journal. ジャーナルの読込みが必要となるのは次の二つの場合である。 Reading of the journal of is required is the case of the next two.

i)等価性を保証するために論理ボリューム上の更新中の区画を知る必要があるとき ii)多重化ボリュームの使用を開始するために、書込むジャーナルの版数を決定するとき ジャーナルを読込む処理は非常に時間がかかり、また、 To ensure i) equivalence to initiate the use of ii) multiplexed volume when it is necessary to know the compartments being updated on the logical volume, reads the journal when determining the version number of writing journal process is very time consuming, also,
大きなバッファを必要とするため、メモリを占有することによるシステムの性能低下を招いている。 It requires a large buffer, leading to reduction in system performance due to occupy memory. ジャーナルの読込みは多重化ボリュームの初期設定時に等価性を保証するために必要な処理であるが、各システムが個別に行うことは無駄である。 Reading of the journal is a necessary process in order to ensure equivalence in time of initial setting of the multiplexed volume, it is wasteful each system individually performed.

〔発明の目的〕 [The purpose of the invention]

本発明は、上記の考察に基づくものであって、多重化ボリュームを複数のシステムで共用する複合システムにおいて、共用多重化ボリュームの使用開始時のジャーナル読込みを可能な限り省略できるようにした共用多重化ボリューム・システムにおけるジャーナル版数更新方法を提供することを目的としている。 The present invention has been made based on the above discussion, in the composite systems sharing the multiplexed volume with multiple systems, shared multiplexing with to be omitted as much as possible the journal loading at the start of the use of the shared multiplexed volume and its object is to provide a journal version number updating process in volumes system.

〔目的を達成するための手段〕 [Means for achieving the object]

そしてそのため本発明のジャーナル版数更新方法は、 ユーザ領域とシステム管理領域とを持つ物理ボリュームの複数個から構成されると共に複数の区画に分割された論理ボリュームと、上記論理ボリュームを共用する複数のシステムとを具備し、上記システム管理領域は、システム毎のジャーナル書込用トラックを有し、各システムは、論理ボリュームを書込む際、現在のジャーナル版数を更新し、全物理ボリュームについて、自己のジャーナル書込用トラック上に存在する複数のジャーナル・レコードの内の最も近いジャーナル・レコードに更新中の表示、更新区画指示情報及びジャーナル版数を有するジャーナル情報を書込み、次いで物理ボリュームのユーザ領域の中のデータの更新を行い、データの書込みが終了した後、更新中の表示 The journal version number updating method therefor present invention, a logical volume is divided into a plurality of compartments along with composed of a plurality of physical volumes with a user area and a system management area, a plurality of sharing the logical volume ; and a system, the system management area has a journal writing track of each system, each system, when writing a logical volume, updates the current journal version number for all physical volumes, self nearest journal records to being updated display, writing a journal information with the number of updated section instruction information and the journal version, then the user area of ​​the physical volume of the journal writing tracks on the plurality of journal records that exist to update the data in the, after the data of the writing is completed, the display being updated を消したジャーナルを書込む処理を行うように構成された共用多重化ボリューム・システムにおけるジャーナル版数更新方法であって、 論理ボリュームを最初に使用する場合には、上記物理ボリュームに記憶されている全システムの全ジャーナルを読取り、更新中区画を調べ、更新中の区画についてはデータを同一とするための等価性保証処理を行い、等価性保証処理を行った後、全システムの最新ジャーナル版数の内の最大値に1を加算したものを基底版数として動作中の全ての他システムに通知する処理を行うと共に基底版数を自己システムのジャーナル版数の初期値とし、 論理ボリュームが既に他システムで使用されている状態の下で上記論理ボリュームを新たに使用しようとする場合には、使用中の他システムに対して基底版数の A journal version number updating process in a shared multiplexed volume system configured to perform the writing process the journals erased, when using logical volumes initially is stored in the physical volume reading all journal entire system, examine the updating section, the compartments being updated performs equivalence assurance processing to the same data, after the equivalence assurance processing, the latest journal version number of the entire system the base version number with the ones obtained by adding 1 to the maximum value performs a process to notify all other system operating as a base version number and the journal version number initial value for the self-system, the logical volume is already another of under conditions used in the system when attempting to newly use the logical volume, basal version number to the other system in use 合せを行い、他システムから送られてきた基底版数を自己システムのジャーナル版数の初期値とする ことを特徴とするものである。 Perform combined, the base version number sent from the other system is characterized in that the journal version number initial value for the self-system.

〔発明の実施例〕 EXAMPLE OF THE INVENTION

要約すると、本発明は次のようなものである。 In summary, the present invention is as follows. 全システムで最初に多重化ボリュームの使用を開始するシステムは、等価性保証のため及び書込むジャーナルの版数を決定するためにジャーナルを読込む。 System to start the first use of the multiplexed volume in all systems, reads the journal to determine the version number for and writing journals equality assurance. このとき、更新中の区域を知るためには全システムのジャーナルについて読込む必要がある。 At this time, in order to know the area being updated is read no need for journals of the entire system. この時点で各システムの最新ジャーナルが見つかっているため、後から多重化ボリュームを使用するシステムへ通知すれば良く、最初のシステム以外はジャーナルの版数を決定する処理を省略できる。 Since the latest journal of each system have been found at this point, it is sufficient notification to systems using multiplexed volume later, other than the first system can omit the process of determining the number of editions of the journal. さらに、等価性保証処理は等価性が崩れた可能性がある時のみに行えば良く、後から多重化ボリュームを使用するシステムは等価性保証処理を行う必要がない。 Furthermore, only it may be performed when equality assurance process that may have collapsed equivalence, the system does not need to perform equivalence assurance process using the multiplexed volume later.

ジャーナルの書込みの開始時の版数を各ステムで個別に記憶すると、或るシステムについて全システムで監視する必要(ダウン後の立上げを考慮して)から通信量が増加し、プロトコルが複雑になるため、新たに多重化ボリュームを使用するシステムに共通な初期値を記憶し、これを全システムの共通な情報として管理する。 When individually stored in each stem the version number at the start of the journal writing, the amount of communication increases the need to monitor all systems (in consideration of the startup after down) for a certain system, the protocol is complex becomes therefore, it stores a common initial value to the system to be newly multiplexed volume, and manages this as information common for all systems. この初期値をジャーナルの基底版数と呼ぶ。 We call this initial value and the base version number of the journal. 基底版数は、各システムの最大版数の中の最大値に1を加算したものとする。 Base version number shall be obtained by adding 1 to the maximum value among the maximum version number of the system. これ以降、論理ボリュームを使用中のシステムが停止(ダウン等)した場合、使用停止したシステムの最大版数に1を加算したものを基底版数とする。 Thereafter, if the system in use logical volumes is stopped (down, etc.), and base plate number obtained by adding 1 to the maximum version number of the system deactivated. これにより、新たに多重化ボリュームを使用するシステムに通知する基底版数と、多重化ボリュームの使用を再開するシステム(ダウン後に立上がったシステム)に通知する版数を区別する必要がなくなる。 Thus, new and the base version number to notify the system using multiple volumes, it is necessary to distinguish the version that notifies the system resume using multiplexed volume (system rises after down) disappears. また、基底版数の更新時と、等価性保証処理を行う時が一致するため、等価性を保証する時より以前にジャーナルを読込む必要がなくなる。 Also, a time base version number of the update, for when performing equivalence assurance processing matches previously read No need not journal More when to ensure equivalence.

各システムのジャーナル版数と基底版数の関係について説明する。 For journal version number and the base version number of the relationship of each system will be described. 各システムのジャーナル版数は独自のものであり、書込みの回数が異なれば、基底版数から開始しても、時間が経過すれば異なってしまう。 Journal version number of each system is unique, different number of times of writing, be started from the base version number, will be different if the lapse of time. ここで基底版数を導入した意味は論理ボリュームの使用を開始するシステムとダウン後のIPLによる使用を再開するシステムのジャール読込みを省略することにある。 Here the meaning of introducing basal version number is to omit Jars reading the resume system for use by IPL after system and down to start using the logical volume. 従って、使用するために基底版数を問合せるシステムがどのシステムに問合せても正しい情報が得られるようにするために、 Therefore, in order to obtain the correct information to inquire the base version number querying which system the system is to use,
全システムに通知するのである。 It is to inform the whole system. 実際には、共通の管理情報としては基底版数のみでなく、ボリュームのリザーブの情報等もあるので、論理ボリュームに対して正常にアクセス出来るようになった時点で、他の管理情報と一緒に渡す。 In fact, not the base version number only as the common management information, because some reserve information such as volume, when it becomes able to successfully access to the logical volume, along with other management information hand over.

以下、本発明を図面を参照しつつ説明する。 The present invention will be described with reference to the drawings. 第1図(a) Figure 1 (a)
は論理ボリュームに対してユーザが入出力要求を出したときの入出力スーパバイザの処理を示す図である。 Is a diagram showing processing for input and output supervisor when issuing the user input request to the logical volume.

要求の種類を調べる。 Determine the type of request. READの場合にはの処理を行い、WRITEの場合にはの処理を行う。 It performs the processing of the case of READ, performs the processing of the case of WRITE.

ジャーナル中に書込み中を表示するためのCCW(チャネル制御語)をユーザのCCWの前に付ける。 Put a CCW (channel control word) for displaying in writing in the journal in front of the user of the CCW. この際、ジャーナルの版数を+1する。 In this case, +1 the version number of the journal. 現在のジャーナル版数は主記憶上に記憶されている。 Current journal version number is stored on the main memory. 初期値は基底版数である。 The initial value is the base version number.

SIO(入出力装置起動命令)を発行する。 To issue a SIO (input-output device start-up instructions). 要求がWR Request WR
ITEの場合には全物理ボリュームに対して発行する。 In the case of ITE will be issued to all physical volumes.

第1図(b)はWRITE時に発行されるCCW列を示す図である。 Figure 1 (b) is a diagram showing the CCW string is issued during WRITE. 最新ジャーナルを書くためのCCWはユーザのCC The CCW for writing the latest journal of user CC
Wの先になり、この結果、ジャーナルが更新されてからデータが更新され、ジャーナルに基づく等価性保証処理での漏れがなくなる。 Becomes W Former, this results in a journal data is updated after being updated, leakage equivalent assurance process based on the journal is eliminated. なお、入出力処理終了後、書込み中の表示を消したジャーナルを書込む。 It should be noted that, after the input and output processing is completed, writes the journal that turn off the display of in writing.

第2図は全システムで最初に論理ボリュームを使用するときの等価性保証処理を示す図である。 Figure 2 is a diagram showing an equivalent assurance process with the first use of the logical volume in the entire system. なお、全システムを通じて最初に論理ボリュームを使用することの認識方法は次のようにして行われる。 Incidentally, the recognition method to first use the logical volume throughout the system is performed as follows. IPLしたシステムはシステム間通信により、その時点での全共用論理ボリュームの管理情報を問合せる。 The IPL The systems inter-system communication, inquires the management information for all shared logical volume at that time. このとき未使用の場合には未使用として応答される。 At this time, when not used is responded as unused. このため、自システムが使用を開始するか、他システムから使用の開始を通知されるまでは未使用であると判断出来る。 Therefore, whether the information system starts use, until it is notified of the start of the use of other systems can be determined to be unused. 以下に全シテテムで最初に論理ボリュームを使用するときの等価性保証処理を説明する。 First describing the equivalence assurance process when using logical volumes in all Shitetemu below.

ジャーナルを読込み、最新の版数を捜す。 Reads the journal, look for the number of the latest edition.

全システムについて行ったか否かを調べる。 Investigate whether or not carried out on the whole system. 未だ全システムについて行われていないときはの処理に戻り、 Yet it returns to the processing of when they are not performed for the entire system,
全システムについて行われているときはの処理を行う。 It performs processing when being performed on the entire system.

全システムで更新中の箇所(区画)の論理和をとる。 Taking the logical sum of the parts (compartment) being updated on all systems.
例えば、論理ボリュームが16個の区画に分割されている場合には、更新区画指示情報は16ビット構成であり、区画1が更新中であるとすると、更新区画指示情報の中の先頭ビットが論理「1」にされている。 For example, if it is divided logical volume into 16 compartments, update section instruction information is a 16-bit configuration, when the partition 1 is being updated, the first bit in the update section instruction information is a logical It has been to "1".

ジャーナルの論理和に基づき等価性を保証する。 To ensure equivalence on the basis of the logical sum of the journal. 等価性保証は更新中の箇所をコピーすることによりなされる。 Equality assurance is done by copying a portion being updated.

ジャーナルの基底版数を求める。 Determine the base version number of the journal. 基底版数は全システムの最新版数の中の最大値に1を加算することにより得られる。 Base version number is obtained by adding 1 to the maximum value of the latest version number of the entire system.

求めた基底版数を動作中の全システムに通知する。 To inform the whole system of running the base version number obtained.

次に書くべきジャーナルの版数を基底版数とする。 Next, the base version number of the version number of the journal to write.

ユーザからの要求を受け付ける。 It receives a request from the user.

第3図は他システムがダウンした時、その時点以降で最初に論理ボリュームを使用するシステムが行う等価性保証処理を示す図である。 When FIG. 3 is another system is down, a diagram initially illustrates an equivalent assurance process performed by the system to use the logical volume at that time or later. なお、システム間にはシステム間通信手段が設けられ、一定時間毎に自己が生きている旨のデータを他システムに送信しており、他システムからこのデータが送られて来なくなったとき他システムが停止又はダウンしたと判断している。 Still other systems when, between the system provided the system communication means, the data indicating that the self-alive every predetermined time is transmitted to the other system, which is the data from the other system no longer come sent There has been judged to have stopped or down.

ダウンしたシステムのジャーナルを読む。 Read the journal of the system was down. このときユーザからの入出力要求を一時待たせる。 This time to wait temporarily input and output requests from the user.

ダウンしたシステムの最新ジャーナルに基づいて等価性保証処理を行う。 Performing equivalence assurance processing based on the latest journal system down.

最新ジャーナルの版数が基底版数より大であるか否かを調べる。 The version number of the latest journal checks whether or not it is larger than the base version number. 最新ジャーナルの版数が基底版数より大であるときはの処理を行い、大でないときはの処理を行う。 The version number of the latest journal performs the processing of when is larger than the base version number, performing the processing of when it is not large.

ダウンしたシステムの最新ジャーナルの版数に1を加算したものを基底版数とし、動作中の他システムに通知する。 A material obtained by adding 1 to the version number of the latest journal system down to a base version number, notifying other system during operation.

ユーザの入出力要求を受け付ける。 It accepts the user's input and output request.

第4図は他システムがダウンし別システムが等価性保証処理を実行している期間中にそれ以外のシステムが行う処理を示す図である。 FIG. 4 is a diagram showing a process of the other system during the period in which another system other system is down is running equality assurance process performed. なお、他システムがダウンしたこと及び等価性保証処理を実行中であることは、等価性保証処理を行うシステムによってそれ以外のシステムに通知される。 Incidentally, it is notified to the other systems by a system for performing equivalence assurance processing other system is running and that the equivalence assurance processing down.

ユーザの入出力要求を待たせる。 To wait for user input and output request.

他システムでの等価性保証処理の完了を待つ。 Wait for the completion of the equality guarantee processing in other systems. 等価性保証処理が完了すると、基底版数が通知されて来る。 When equivalent assurance process is complete, the base version number comes is notified.

ジャーナルの基底版数を更新する。 To update the base version number of the journal. なお、ジャーナル版数は以前の続きであっても良い。 It should be noted that the journal version number may be a previous continuation.

ユーザの入出力要求を受け付ける。 It accepts the user's input and output request.

第5図は既に何れかのシステムで論理ボリュームを使用中のときに後から論理ボリュームの使用を開始するシステムが行う処理を示す図である。 FIG. 5 is a diagram showing processing system to perform to start using the logical volumes later already when in use the logical volume in either system.

既に運用中のシステムにシステム間通信手段により、 The already intersystem communication means to the system in operation,
基底版数を問い合わせる。 Query the base version number.

書込み時に使用するジャーナル版数の初期値を通知された基底版数にする。 To base version number that has been notified of the initial value of the journal version number to use when writing.

ユーザの入出力要求を受け付ける。 It accepts the user's input and output request.

第6図は等価性保証とジャーナル読込みの契機を説明する図である。 FIG. 6 is a diagram illustrating a trigger equality assurance and journal read. 最初はシステム1とシステム2が動作中であるとしている。 The first is a system 1 and the system 2 is in operation. 図示の例ではシステム1が最初に論理ボリュームの使用を開始するシステムとされている。 In the illustrated example is a system in which the system 1 first starts to use the logical volume. システム1は全システムのジャーナルを読取り、等価性保証処理を行い、次に基底版数を求め、これをジャーナル版数の初期値とし、システム2に等価性保証処理の完了及び基底版数を通知し、入出力要求の受付けを開始する。 System 1 reads the journal of the overall system, performs equivalence assurance processing, then for base version number, which the initial value of the journal version number, notification of the completion and the base version number of equal assurance processing system 2 and, to start the acceptance of the input and output requirements. システム2は受信した基底版数をジャーナル版数の初期値とし、ユーザの入出力要求の受付けを開始する。 System 2 the base version number received as the initial value of the journal version number, it starts accepting user input and output requirements.
システム3はIPLを行った後、他システム(図示の例ではシステム2)に基底版数の問合せを行い、システム2は基底版数をシステム3に通知する。 After system 3 performing the IPL, (in the illustrated example system 2) other systems to query the base version number, the system 2 notifies the base version number to the system 3. この状態において、システム1がダウンすると、他システム(図示の例ではシステム2)がシステム1のダウンを検出し、ユーザのアクセスを禁止すると共に、システム3に対して等価性保証処理の開始を通知する。 In this state, notifies the system 1 is down, (in the illustrated example system 2) Other system detects the down system 1, as well as inhibit access of the user, the start of equivalence assurance processing to the system 3 to. 等価性保証処理の開始を通知されると、システム3はユーザのアクセスを禁止する。 When notified start of equivalence assurance processing, system 3 inhibits access of the user. 一方、システム1はIPLを行い、システム2に基底版数の問合せを行う。 Meanwhile, the system 1 performs the IPL, performing base version number query to the system 2. システム2は未だ等価性保証処理が終了していないので、システム1に対してアクセス禁止を通知する。 Because the system 2 is still equality assurance process has not been completed, and notifies the access inhibition to the system 1. システム2は、システム1のジャーナルを読み、等価性保証処理を行い、基底版数を決定し、基底版数をシステム1及び3に通知し、ユーザの要求受付けを再開する。 System 2 reads the journal system 1 performs equivalence assurance processing, to determine the base version number, and notifies the base version number to the system 1 and 3, it resumes accepting user requests. 基底版数が通知されたシステム1 System 1, the base version number has been notified
は基底版数をジャーナル版数の初期値とし、ユーザの要求受付けを開始する。 The basal plate number as an initial value of the journal version number, starts accepting user request. システム3においても、基底版数の通知を受け取ると、ユーザの要求受付けを再開する。 Also in system 3, receives notification of the base version number, resume accepting user requests.
なお、システム2及び3においては、ジャーナル版数は以前の続きであっても良く、変更の必要はない。 In the system 2, and 3, the journal version number may be a previous continuation, there is no need for change. なお、 It should be noted that,
システム1,2もIPL後に管理情報の問合せを行う。 Systems 1 and 2 also makes an inquiry of management information after the IPL.
ここで言う管理情報とは論理ボリュームに組込まれる物理ボリューム等の構成情報や基底版数等の等価性情報、 The term management information and the physical volume such as configuration information and the base version number etc. equivalence information of incorporated in the logical volume,
リザーブの有無等の共用制御情報を含む。 Including common control information such as the presence or absence of the reserve. このため、システム1,2でも問合せを行う。 For this reason, carry out the inquiry, even systems 1 and 2. ただし、各システムを通じて最初にIPLするときは(システム間通信により知ることが出来る)、問合せをシユミレートするか又は省略することにより、管理情報を初期化することが出来る。 However, when first IPL through each system (can know the communication between systems), by either or omit to Shiyumireto queries can initialize the management information.

〔発明の効果〕 〔Effect of the invention〕

以上の説明から明らかなように、本発明によれば、既に他システムで使用されている多重化ボリュームの使用を開始するシステムは、ジャーナルを読込む必要がなくなるので、多重化ボリューム使用開始時の高速化とシステムの性能低下を防止することができる。 As apparent from the above description, according to the present invention, already system to start using multiplexed volume used in other systems, since the journal read No need not to, multiplexed volume used at the start of it is possible to prevent performance degradation of speed and system. 上述のように、 As described above,
ジャーナルを読込む処理は非常に時間がかかり、また、 Read the journal untreated is very time consuming, also,
大きなバッファを必要とするため、メモリを占有することによるシステムの性能低下を招いている。 It requires a large buffer, leading to reduction in system performance due to occupy memory. 従来の技術では、共用多重化ボリームを使用する複数のシステムのそれぞれがジャーナルの読込みを行っているので、そのための性能低下が非常に大きかった。 In the prior art, each of the plurality of systems using shared multiplexing whole volume because doing reading the journal, performance degradation therefor was very large.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

第1図は論理ボリュームに対してユーザが入出力要求を出したときの入出力スーパバイザの処理及びWRITE時に発行されるCCW列を示す図、第2図は全システムで最初に論理ボリュームを使用するときの等価性保証処理を示す図、第3図は他システムがダウンした時、その時点以降で最初に論理ボリュームを使用するシステムが行う等価性保証処理を示す図、第4図は他システムがダウンし別システムが等価性 保証処理を実行している期間中にそれ以外のシステムが行う処理を示す図、第5図は既に何れかのシステムで論理ボリュームを使用中のときに後から論理ボリュームの使用を開始するシステムが行う処理を示す図、第6図は等価性保証とジャーナル読込みの契機を説明する図、第7図は多重化ボリュームを説明する図、第8図は共用 Figure 1 is a diagram showing the CCW string is issued during output supervisor processing and WRITE when the user to the logical volume is issued O requests, Figure 2 is the first use of the logical volume in the entire system diagram illustrating an equivalent assurance process when, FIG. 3 when another system is down, drawing initially showing an equivalent assurance processing system to perform using logical volumes that point on, Fig. 4 is another system down and shows processing of other systems is performed during the period in which another system is running equality assurance processing, logical volumes later when in use a logical volume in Figure 5 already any system illustrates a process of the system to start using performed, FIG. 6 is a diagram illustrating a trigger equality assurance and journal reading, Figure 7 is a diagram illustrating a multiplexed volume, Figure 8 is shared 重化ボリュームの概要を示す図である。 Is a diagram showing an overview of duplex volume. 1と2…システム、AとB…システム間通信装置、PV 1 and 2 ... systems, A and B ... inter-system communication device, PV
1とPV2…物理ボリューム、LV…論理ボリューム、 1 and PV2 ... physical volume, LV ... logical volume,
R…レコード、T…トラック。 R ... record, T ... track.

Claims (1)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】ユーザ領域とシステム管理領域とを持つ物理ボリュームの複数個から構成されると共に複数の区画に分割された論理ボリュームと、上記論理ボリュームを共用する複数のシステムとを具備し、上記システム管理領域は、システム毎のジャーナル書込用トラックを有し、各システムは、論理ボリュームにデータを書込む際、現在のジャーナル版数を更新し、全物理ボリュームについて、自己のジャーナル書込用トラック上に存在する複数のジャーナル・レコードの内の最も近いジャーナル・レコードに更新中の表示、更新区画指示情報及びジャーナル版数を有するジャーナル情報を書込み、次いで物理ボリュームのユーザ領域の中のデータの更新を行い、データの書込みが終了した後、更新中の表示を消したジャーナルを書込む処 And 1. A logical volume which is divided from the plurality of physical volumes with a user area and a system management area into a plurality of compartments along with configured, and a plurality of systems sharing the logical volume, the system management area has a journal writing track of each system, each system, when writing data in the logical volume, updates the current journal version number for all physical volumes, for self journal writing display being updated to the nearest journal records of a plurality of journal records that exist on the track, a journal information with the number of updated section instruction information and the journal plate writing, then the data in the user area of ​​the physical volume and update, after the data of the writing has been completed, writes the journal that turn off the display during the update processing を行うように構成された共用多重化ボリューム・システムにおけるジャーナル版数更新方法であって、 論理ボリュームを最初に使用する場合には、上記物理ボリュームに記憶されている全システムの全ジャーナルを読取り、更新中の区画を調べ、更新中の区画についてはデータを同一とするための等価性保証処理を行い、等価性保証処理を行った後、全システムの最新ジャーナル版数の内の最大値に1を加算したものを基底版数として動作中の全ての他システムに通知する処理を行うと共に基底版数を自己システムのジャーナル版数の初期値とし、 論理ボリュームが既に他システムで使用されている状態の下で上記論理ボリュームを新たに使用しようとする場合には、使用中の他システムに対して基底版数の問合せを行い、他システムから A journal version number updating process in a shared multiplexed volume system configured to perform, when using logical volumes first reads the entire journal of all systems stored in the physical volume, examine the partition being updated, the compartments being updated performs equivalence assurance processing to the same data, after the equivalence assurance processing, the maximum value of the latest journal version number of the whole system 1 the base version number and the journal version number initial value for the self-system performs processing for notifying all other system operating as a base plate number obtained by adding a state in which the logical volume is already in use by another system when attempting to newly use the logical volume under performs base version number query to the other system in use, from the other system 送られてきた基底版数を自己システムのジャーナル版数の初期値とする ことを特徴とするジャーナル版数更新方法。 Journal version number updating method characterized by the base version number sent with the journal version number initial value for the self-system.
JP2065786A 1986-01-31 1986-01-31 Journal version number update method Expired - Lifetime JPH0628042B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2065786A JPH0628042B2 (en) 1986-01-31 1986-01-31 Journal version number update method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2065786A JPH0628042B2 (en) 1986-01-31 1986-01-31 Journal version number update method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS62179035A true JPS62179035A (en) 1987-08-06
JPH0628042B2 true JPH0628042B2 (en) 1994-04-13

Family

ID=12033283

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2065786A Expired - Lifetime JPH0628042B2 (en) 1986-01-31 1986-01-31 Journal version number update method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0628042B2 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103052763A (en) * 2010-12-07 2013-04-17 三菱重工业株式会社 Radial turbine

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5239637A (en) * 1989-06-30 1993-08-24 Digital Equipment Corporation Digital data management system for maintaining consistency of data in a shadow set
JPH07104804B2 (en) * 1989-07-06 1995-11-13 日立ソフトウエアエンジニアリング株式会社 Database generation management method
US7613945B2 (en) 2003-08-14 2009-11-03 Compellent Technologies Virtual disk drive system and method

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103052763A (en) * 2010-12-07 2013-04-17 三菱重工业株式会社 Radial turbine

Also Published As

Publication number Publication date Type
JPS62179035A (en) 1987-08-06 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6473775B1 (en) System and method for growing differential file on a base volume of a snapshot
US5274787A (en) Method of copy-back cache coherence control and tightly coupled multi-processor system with split transfer system bus
US6510491B1 (en) System and method for accomplishing data storage migration between raid levels
US6766359B1 (en) Method and apparatus for utilizing multiple paths in a file transfer utility employing an intermediate data storage system
US6519678B1 (en) Virtualization of data storage drives of an automated data storage library
US4733352A (en) Lock control for a shared storage in a data processing system
US5724542A (en) Method of controlling disk control unit
US6105085A (en) Lock mechanism for shared resources having associated data structure stored in common memory include a lock portion and a reserve portion
US7325110B2 (en) Method for acquiring snapshot
US5720026A (en) Incremental backup system
US20050132364A1 (en) Method, apparatus and system for optimizing context switching between virtual machines
US5239637A (en) Digital data management system for maintaining consistency of data in a shadow set
US6192376B1 (en) Method and apparatus for shadowing a hierarchical file system index structure to enable error recovery
US5129085A (en) Computer network with shared memory using bit maps including flags to indicate reserved memory areas and task status
US5201040A (en) Multiprocessor system having subsystems which are loosely coupled through a random access storage and which each include a tightly coupled multiprocessor
US6108748A (en) System and method for on-line, real time, data migration
US5991775A (en) Method and system for dynamic cache allocation between record and track entries
US5845295A (en) System for providing instantaneous access to a snapshot Op data stored on a storage medium for offline analysis
US6081875A (en) Apparatus and method for backup of a disk storage system
US6594744B1 (en) Managing a snapshot volume or one or more checkpoint volumes with multiple point-in-time images in a single repository
US5551048A (en) Ring based distributed communication bus for a multiprocessor network
US4912629A (en) Real-time garbage collection for list processing using restructured cells for increased reference counter size
US20060277378A1 (en) Remote copy system
US6122685A (en) System for improving the performance of a disk storage device by reconfiguring a logical volume of data in response to the type of operations being performed
US5752268A (en) Minimum-delay recoverable disk control system using checkpoints and nonvolatile memory

Legal Events

Date Code Title Description
EXPY Cancellation because of completion of term