JPH06280251A - 地中連続壁用鋼製部材 - Google Patents

地中連続壁用鋼製部材

Info

Publication number
JPH06280251A
JPH06280251A JP5069993A JP6999393A JPH06280251A JP H06280251 A JPH06280251 A JP H06280251A JP 5069993 A JP5069993 A JP 5069993A JP 6999393 A JP6999393 A JP 6999393A JP H06280251 A JPH06280251 A JP H06280251A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
steel
shape
steel sheet
sheet pile
shaped
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP5069993A
Other languages
English (en)
Inventor
Hiroshi Nose
博司 能勢
Original Assignee
Sumitomo Metal Ind Ltd
住友金属工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sumitomo Metal Ind Ltd, 住友金属工業株式会社 filed Critical Sumitomo Metal Ind Ltd
Priority to JP5069993A priority Critical patent/JPH06280251A/ja
Publication of JPH06280251A publication Critical patent/JPH06280251A/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 断面性能に優れ、製作が容易で、かつ土地の
有効利用に適した形態を有する地中連続壁用鋼製部材を
提供する。 【構成】 一方向U形鋼矢板2のウェブ内面側にT形鋼
5のウェブ先端を溶接し、Hを変形させた横断面形状の
鋼製部材1を形成する。一方向U形鋼矢板2は熱間圧延
により非対称の継手3、4を含め一体的に製造したもの
であり、継手3、4により各鋼製部材1を同一の向き
で、かつフランジ面が面一となるように接続し、地中連
続壁Aを構築する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、構造物周辺等に設けら
れる土留め壁、あるいは本体壁兼用の土留め壁や基礎構
造物として用いられる地中連続壁用の鋼製部材に関する
ものである。
【0002】
【従来の技術】地中連続壁には、鉄筋コンクリート構造
の地中連続壁、ソイルセメント壁、鋼矢板壁等がある。
【0003】また、特開昭55−68921号公報や特
開昭56−36781号公報には、鉄筋コンクリート構
造の地中連続壁を構築するに当り、インターロッキング
パイプ、止水板及びジョイントを兼ねたガイド鋼枠や、
鋼製エレメントとして地中連続壁の幅方向両端の止水鋼
板の先端に継手を形成し、これらの止水鋼板間に2枚の
仕切鋼板を溶接した箱型の鋼製部材が記載されている。
【0004】さらに、特公平3−68170号には、非
直線状の配置やコーナー部での配置に有利な山留壁用の
鋼材として不等辺H形鋼を用い、短い方のフランジの肉
厚を厚くするとともに、長い方のフランジの両端に継手
を形成したものが記載されている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】鋼矢板には、各種形
状、寸法のものがあり、圧延等により、継手を一体的に
形成したものが、比較的安価に得られ、地盤中へ打設す
る際の施工性等にも優れている。
【0006】このような鋼矢板のうち土留め、締切り用
として最も一般的なものにU形鋼矢板がある。しかし、
従来の通常のU形鋼矢板は、図3に示すように左右対称
の継手22を有し、1枚ごとU形鋼矢板21を上下また
は左右逆向きにして打設しなければならないため、施工
が煩雑となる他、土留め壁等として形成する場合、必然
的に壁厚が大きくなる。
【0007】しかし、限られた敷地においては、地中連
続壁の壁厚をできるだけ小さくする必要があり、土地の
有効活用の面からより合理的な断面形状、あるいは断面
性能のものが望まれる。
【0008】これに対し、出願人は、先に特願平3−3
28149号において、横断面形状がU形の鋼矢板であ
って、その継手の形状が左右非対称で、横断面形状を同
一方向に揃えて直線状に結合可能な非対称U形鋼矢板
(継手の形状を左右非対称としてU形の突出方向を同一
方向に揃えて連接できるようにしたものであり、以下、
本願において一方向U形鋼矢板と呼ぶこととする)を提
案している。この一方向U形鋼矢板の場合、同じ向きで
打設できるため施工性がよく、また圧延により継手と一
体のものが容易に製造できるという利点がある。
【0009】本発明は、さらにこの一方向U形鋼矢板と
他の形鋼または一方向U形鋼矢板どうしを組み合わせる
ことで、断面性能に優れ、製作が容易で、かつ土地の有
効利用に適した形態を有する地中連続壁用鋼製部材を提
供することを目的としている。
【0010】
【課題を解決するための手段】本発明の第1のタイプの
地中連続壁用鋼製部材は、横断面形状がU形で、継手の
形状を左右非対象としてU形の突出方向を同一方向に揃
えて連接できるようにした一方向U形鋼矢板のウェブ内
面側に、T形鋼のウェブ先端を溶接したものである。
【0011】一方向U形鋼矢板は、熱間圧延等で継手を
含め一体製作することができる。また、U形の突出方向
を同一方向に揃えて継手の接合を行うことができるた
め、地中連続壁の壁厚を必要最小限に抑えることができ
る。
【0012】この一方向U形鋼矢板は、圧延機の制約等
から継手間の幅が600mm程度となる場合が多いが、ミ
ルの設計で400〜1000mm程度の範囲とすること
で、幅広い範囲の各種強度を持ち、施工能率のよい地中
連続壁を構築することが可能となる。
【0013】T形鋼は、その断面効率から厚板の溶接品
を使用するのがよいが、経済的にまた設計上可能であれ
ば、圧延H形鋼の半裁体等としてのカットT形鋼等を用
いることができる。
【0014】T形鋼の断面形状は、地中連続壁の設計に
より決定されるが、通常そのウェブ高さは300〜13
00mm程度の範囲で使用する。T形鋼のウェブ高さを変
化させたり、フランジ幅、フランジ厚等を変化させるこ
とで、種々の断面性能の鋼製部材を製造することができ
る。
【0015】また、鋼製部材内にコンクリートを充填す
ることで、さらに強度を向上させることも可能である。
【0016】本発明の第2の第2のタイプの地中連続壁
用鋼製部材は、同様な一方向U形鋼矢板を2枚向き合わ
せて箱型に溶接したものである。
【0017】箱型に形成したことで、高い断面剛性が得
られ、かつ一方向U形鋼矢板を用いたことで、構築され
る地中連続壁の前後面がそれぞれ面一となり、地中連続
壁の壁厚を必要最小限に抑えることができる。また、鋼
製部材内にコンクリートを充填することで、さらに強度
を向上させることも可能である。
【0018】さらに、地中連続壁の前後面がそれぞれ面
一となることで、地中連続壁の内側を掘削する場合にお
いて切梁の設置が容易であり、また地中連続壁を本体壁
の一部として使用する場合も、壁面が平となり、施工
上、意匠上優れている。
【0019】
【実施例】次に、図示した実施例について説明する。
【0020】図1は、本発明の第1のタイプの鋼製部材
1の実施例を示したもので、一方向U形鋼矢板2のウェ
ブ内面側にT形鋼5のウェブ先端を溶接し、Hを変形さ
せた横断面形状を形成している。図中6は溶接部であ
る。
【0021】一方向U形鋼矢板2は熱間圧延によって製
造された一体物であり、互いに係合する非対称の継手
3、4のチャッキングにより、各鋼製部材1を同一の向
きで、かつフランジ面が面一となるように接続し、地中
連続壁Aを構築している。
【0022】図2は、本発明の第2のタイプの鋼製部材
11の実施例を示したもので、2つの一方向U形鋼矢板
12を向き合わせ、継手13、14近傍で溶接すること
で箱型断面の鋼製部材11を形成し、これを継手13、
14を介して多数連接することで、地中連続壁Aを構築
している。図中16は、一方向U形鋼矢板12どうしの
溶接部である。
【0023】図4は、比較例として従来のU形鋼矢板2
1どうしを向き合わせて溶接してなる組合せ鋼矢板31
による土留め壁を示したものである。
【0024】従来の組合せ鋼矢板31では、対称形状の
継手を有するU形鋼矢板21どうしを接合しているた
め、土留め壁を構築する場合、打設壁面に凹凸が生じ、
壁体として用いる場合や、切梁を設置する場合に細工を
する必要がある。
【0025】これに対し、図2の場合は鋼製部材11の
打設壁面が面一となるため、本体壁として用いることや
切梁を設置することが容易である。
【0026】
【発明の効果】 一方向鋼矢板を鋼製要素とするため断面効率のよい
地中連続壁用鋼製部材となる。
【0027】 一方向鋼矢板の継手を利用して接続す
るため、地中連続壁の壁面が平に形成され、隣接地との
隙間をできる限り抑えて、敷地の有効活用が図れる。
【0028】 一方向鋼矢板は継手部を含めて圧延等
により比較的安価に製造することができ、経済的であ
る。
【0029】 鋼製部材の内側にコンクリートを充填
することにより、より強度の高い地中連続壁とすること
もできる。
【0030】 T形鋼と組み合わせた第1のタイプの
鋼製部材の場合、T形鋼の形状により断面性能を任意に
変更することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の第1のタイプの鋼製部材の一実施例を
示す平面図である。
【図2】本発明の第2のタイプの鋼製部材の一実施例を
示す平面図である。
【図3】従来のU形鋼矢板による土留め壁の例を示す平
面図である。
【図4】従来の組合せ鋼矢板による土留め壁の例を示す
平面図である。
【符号の説明】
A…地中連続壁、1…鋼製部材、2…一方向U形鋼矢
板、3、4…継手、5…T形鋼、6…溶接部、11…鋼
製部材、12…一方向U形鋼矢板、13、14…継手、
16…溶接部

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 横断面形状がU形で、継手の形状を左右
    非対象としてU形の突出方向を同一方向に揃えて連接で
    きるようにした非対称U形鋼矢板のウェブ内面側に、T
    形鋼のウェブ先端を溶接してなることを特徴とする地中
    連続壁用鋼製部材。
  2. 【請求項2】 横断面形状がU形で、継手の形状を左右
    非対称としてU形の突出方向を同一方向に揃えて連接で
    きるようにした非対称U形鋼矢板を、2枚向き合わせて
    箱型に溶接してなることを特徴とする地中連続壁用鋼製
    部材。
JP5069993A 1993-03-29 1993-03-29 地中連続壁用鋼製部材 Granted JPH06280251A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5069993A JPH06280251A (ja) 1993-03-29 1993-03-29 地中連続壁用鋼製部材

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5069993A JPH06280251A (ja) 1993-03-29 1993-03-29 地中連続壁用鋼製部材

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH06280251A true JPH06280251A (ja) 1994-10-04

Family

ID=13418714

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5069993A Granted JPH06280251A (ja) 1993-03-29 1993-03-29 地中連続壁用鋼製部材

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH06280251A (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1997013039A1 (fr) * 1995-09-29 1997-04-10 Sumitomo Metal Industries, Ltd. Palplanche metallique asymetrique, et son procede de fabrication
JP2008223291A (ja) * 2007-03-12 2008-09-25 Jfe Engineering Kk 護岸一体ラーメン橋梁及びその施工方法
JP2008267069A (ja) * 2007-04-24 2008-11-06 Nippon Steel Corp 地中連続壁用鋼材、地中連続壁および地中連続壁の構築方法
JP2009249885A (ja) * 2008-04-04 2009-10-29 Nippon Steel Corp 既設の鋼矢板の補強方法及び構造、既設の鋼矢板の補強用部材
CN102301072A (zh) * 2009-02-04 2011-12-28 新日本制铁株式会社 组合钢板桩、利用组合钢板桩的连续壁、以及组合钢板桩的压入方法
US8408844B2 (en) 2006-09-05 2013-04-02 Nippon Steel & Sumitomo Metal Corporation Steel material for underground continuous wall, method for producing steel material for underground continuous wall, underground continuous wall, and method for constructing underground continuous wall
JP2015168954A (ja) * 2014-03-06 2015-09-28 新日鐵住金株式会社 盛土補強構造

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO1997013039A1 (fr) * 1995-09-29 1997-04-10 Sumitomo Metal Industries, Ltd. Palplanche metallique asymetrique, et son procede de fabrication
AU695771B2 (en) * 1995-09-29 1998-08-20 Nippon Steel & Sumitomo Metal Corporation Asymmetrical steel sheet pile and method for manufacturing the same
US8408844B2 (en) 2006-09-05 2013-04-02 Nippon Steel & Sumitomo Metal Corporation Steel material for underground continuous wall, method for producing steel material for underground continuous wall, underground continuous wall, and method for constructing underground continuous wall
JP2008223291A (ja) * 2007-03-12 2008-09-25 Jfe Engineering Kk 護岸一体ラーメン橋梁及びその施工方法
JP2008267069A (ja) * 2007-04-24 2008-11-06 Nippon Steel Corp 地中連続壁用鋼材、地中連続壁および地中連続壁の構築方法
JP2009249885A (ja) * 2008-04-04 2009-10-29 Nippon Steel Corp 既設の鋼矢板の補強方法及び構造、既設の鋼矢板の補強用部材
CN102301072A (zh) * 2009-02-04 2011-12-28 新日本制铁株式会社 组合钢板桩、利用组合钢板桩的连续壁、以及组合钢板桩的压入方法
JP2015168954A (ja) * 2014-03-06 2015-09-28 新日鐵住金株式会社 盛土補強構造

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4943218B2 (ja) 地中連続壁用鋼材、地中連続壁および地中連続壁の構築方法
KR100563900B1 (ko) 금속 시트 파일
KR20040108308A (ko) 파형강판웹 프리캐스트교량에서의 파형강판웹과콘크리트상판과의 접합부구조
JP2011127278A (ja) 鋼製耐震壁、及び当該鋼製耐震壁を有する建物
WO2004072386A1 (en) Prestressed scaffolding system
JP2007507629A (ja) 有孔鋼板および/または交互に引き裂かれた鋼板を用いたせん断連結材
KR20180014793A (ko) 연결형강을 이용한 이중벽체 구조물 제작방법 및 그 시공방법
JP2008248503A (ja) 鋼矢板および鋼矢板基礎構造
CN101298768A (zh) 由多个板桩壁部件组成的结构以及用于该结构的焊接件
TWI421394B (zh) Steel continuous wall construction method and steel continuous wall
JP3701280B2 (ja) 山留支保工
KR100698878B1 (ko) 강관 버팀보의 와이형 연결구조
KR101278687B1 (ko) 박스형 추진 강관 구조, 및 이를 이용한 지중구조물의 시공방법
JP2009019373A (ja) 控え式土留め壁用または控え工用組合せ鋼矢板および控え式土留め壁または控え工
JP5316490B2 (ja) 鋼矢板地下壁構造
CA1218860A (en) Concrete faced bin wall
JP2008175025A (ja) 山留めh形鋼杭の接合構造及びその接合工法
JP2003221808A (ja) 波形鋼板ウエブ桁
US3938292A (en) Process for reinforced concrete wall forming
KR100789210B1 (ko) 시트파일과 합성형 보를 이용한 흙막이 공법
JP2006037580A (ja) 鋼製エレメントの継ぎ手構造および鋼製矢板
US3247673A (en) Laminated retaining wall and method of constructing same
JP2008088758A (ja) 超高強度鋼で製作された波形鋼板を用いた耐震壁
JP5356954B2 (ja) 段差付き鉄骨梁とそれを用いた柱梁架構のノンブラケット工法
US3352120A (en) Reinforced concrete pile

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 9

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080903

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090903

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 10

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090903

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100903

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 12

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110903

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120903

Year of fee payment: 13

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees