JPH06268831A - ホテル客室faxサービスのセキュリティー方式 - Google Patents

ホテル客室faxサービスのセキュリティー方式

Info

Publication number
JPH06268831A
JPH06268831A JP4939393A JP4939393A JPH06268831A JP H06268831 A JPH06268831 A JP H06268831A JP 4939393 A JP4939393 A JP 4939393A JP 4939393 A JP4939393 A JP 4939393A JP H06268831 A JPH06268831 A JP H06268831A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
number
guest room
id code
caller
extension
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP4939393A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3240377B2 (ja
Inventor
Norihisa Tanaka
則久 田中
Original Assignee
Nec Eng Ltd
日本電気エンジニアリング株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nec Eng Ltd, 日本電気エンジニアリング株式会社 filed Critical Nec Eng Ltd
Priority to JP4939393A priority Critical patent/JP3240377B2/ja
Publication of JPH06268831A publication Critical patent/JPH06268831A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3240377B2 publication Critical patent/JP3240377B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 ホテル客室FAXサービスにおいて、文書を
他人に誤送信することを防止する。 【構成】 NTTのINS網9からダイヤルイン着信が
あった場合、INS回線から受信した発信者番号通知情
報を、発信者番号記憶メモリー4に登録された発信者番
号から検索する。一致する番号がある場合、客室内線6
に着信させる。一致する番号がない場合又はNTTのア
ナログ回線網10からの着信であった場合、アナウンス
装置8に接続し、IDコードの受信待をする。IDコー
ドを受信すると、IDコード記憶メモリー5に登録され
たIDコードを検索する。IDコードが一致する場合、
客室内線に着信させる。IDコードが一致しない場合、
接続規制とするか特定の内線7に一括して着信させる。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【産業上の利用分野】本発明は、ホテル向電子私設分岐
交換(EPBX)に関し、特に文書の誤送信防止機能を
有するホテル客室FAXのサービスに関する。

【0002】

【従来の技術】従来、この種のホテル客室FAXサービ
スは、客室内線にダイヤルイン番号を付与すると、発信
者、または、そのダイヤルイン番号の現在の利用者が誰
であるかに関わらず、客室に直接着信してしまった。こ
のため前回、同じダイヤルイン番号を利用した人に宛て
た文書が、そのダイヤルイン番号の現在の利用者に送ら
れてしまうという文書の誤送信の可能性があった。この
誤送信を防止するため、客室内線に付与するダイヤルイ
ン番号を必要な数より多く契約し、一度使用したダイヤ
ルイン番号は、次に使用するまで期間をあける必要があ
った。

【0003】また、従来のFAX端末の有する誤送信を
防止する機能では、FAX端末同士で行うものであっ
た。

【0004】更に、ダイヤルされた接続先の電話と、実
際に交換機を通じて接続された接続先のFAX装置端末
の電話番号とが一致した場合にのみ、FAX送信を行う
ことができるようにして、誤送信を防止する技術は、特
開平2−63265号公報に記載されている。

【0005】

【発明が解決しようとする課題】この従来のホテル客室
FAXサービスでは客室内線にダイヤルイン番号が付与
されると、発信者、または、そのダイヤルイン番号の現
在の利用者が誰であるかに関わらず、直接客室に着信し
てしまう。また一度使用したダイヤルイン番号を数日後
に別の人間が使用することがある。このため、送信した
文書が目的とする相手以外の人間に届いてしまうという
問題がある。

【0006】また、従来のFAX端末の有する誤送信防
止機能は、ホテル客室FAXシステムの様に、ダイヤル
イン番号と、そのダイヤルイン番号に対応する内線の内
線番の組み合わせが常に一定でない場合や、ホテル客室
の様に宿泊客の要望により一時的にFAX端末を設置す
る様な場合対応できないという問題と、登録された番号
が宿泊客のチェックアウト後も残ってしまうという問題
と、誤送信の可能性のある文書を人間が確認する為に特
定の内線に着信先を変更することが不可能であるという
問題がある。

【0007】そこで、本発明は、前記従来の技術の欠点
を改良して、ホテル客室FAXサービスの利用者がチェ
ックアウト後などにFAXの文書が他人に届く不都合な
どの誤送信を防止しようとするものである。

【0008】

【課題を解決するための手段】上述した課題を解決する
ため、本発明によるホテル客室FAXサービスのセキュ
リティー方式は、内線から“特殊番号+発信者番号”ま
たは“特殊番号+IDコード”をダイヤルすることによ
り、発信者番号またはIDコードを記憶する第1の手段
と、発信者番号記憶メモリーに登録された発信者番号の
中に、NTTのINS網から受信した発信者番号通知情
報と一致するものが有るかを調べ、存在する場合に、客
室内線に接続する第2の手段と、この第2の手段で発信
者番号記憶メモリーに一致する番号が存在しない場合
に、発信者がダイヤルイン番号に続いてダイヤルするI
Dコードと、IDコード記憶メモリーに登録されたID
コードが一致するかを調べ、一致する場合に客室内線に
接続する第3の手段と、発信者番号もIDコードも一致
しなかった場合に、発信者に対して規制音を送出するか
特定の内線に接続する第4の手段と、付与されたダイヤ
ルイン番号の削除またはダイヤルイン番号利用者のチェ
ックアウトにより、発信者番号記憶メモリーならびにI
Dコード記憶メモリーを自動的に消去する第5の手段を
備えている。

【0009】

【実施例】次に、本発明の一実施例について図面を参照
して説明する。図1は、本発明の一実施例を示す中継方
式図である。図1を参照すると、本実施例は、通話路ス
イッチ1と、これに接続されてプログラム制御により動
作する中央制御装置2と、中央制御装置2に接続される
主記憶装置3と、主記憶装置3の要素となる発信者番号
記憶メモリー4及びIDコード記憶メモリー5と、通話
路スイッチ1にそれぞれ接続される客室内線6と、業務
内線7と、アナウンス装置8と、NTTのINS網9
と、NTTのアナログ回線網10とから構成される。

【0010】図2は、発信者番号記憶メモリーの構成図
である。発信者番号は、客室内線が“特殊番号+発信者
番号”をダイヤルしたものを、中央制御装置2が判断・
処理して発信者番号記憶メモリー4に記憶する。発信者
番号は、客室に付与されたダイヤルイン番号に対して記
憶され、1つの番号に対して複数の発信者番号を登録す
ることができる。

【0011】図3は、IDコード記憶メモリーの構成図
である。IDコードは、客室内線が“特殊番号+IDコ
ード”をダイヤルしたものを、中央制御装置2が判断・
処理してIDコード記憶メモリー5に記憶する。IDコ
ードは、客室に付与されたダイヤルイン番号に対応して
記憶される。

【0012】次に、図1および図4を参照して、本実施
例の動作について説明する。

【0013】NTTのINS網9からダイヤルイン着信
があった場合にINS回線から受信した発信者番号通知
情報を中央制御装置2が判断し、発信者番号記憶メモリ
ー4に登録された発信者番号を検索する。A1,A2 一致する番号があれば、中央制御装置2が通話路スイッ
チ1を制御して客室内線6に着信させる。A7 一致する番号が無かった場合、あるいは、NTTのアナ
ログ回線網10からの着信であった場合は、一度アナウ
ンス装置8に接続し、IDコードの受信待をする。ID
コードを受信A3すると、IDコード記憶メモリー5に
登録されたIDコードを検索する。A4,A5 番号が一致すれば、中央制御装置2が通話路スイッチ1
を制御して客室内線6に着信させる。A7 もし、上記条件に一致しない場合は、接続規制とする
か、特定の内線に一括して着信させる。A6 客室内線に付与されたダイヤルインの削除、または、ダ
イヤルイン番号利用者のチェックアウトにより、発信者
番号記憶メモリー4ならびにIDコード記憶メモリー5
を自動的に消去する。

【0014】次に具体例を用いて説明する。

【0015】今、宿泊者Aの客室内線に付与されたダイ
ヤルイン番号が、“8765−4321”、FAXの送
信者Bの使用するFAX端末の電話番号が、“3456
−7890”、Aの宿泊するホテルがINS網に加入し
ているとする。AがBに客室内線に付与されたダイヤル
イン番号“8765−4321”を連絡する。Bは、自
分の使用するFAXの電話番号“3456−7890”
をAに連絡する。Aは、“特殊番号+3456−789
0”をダイヤルして発信者番号記憶メモリーにBの電話
番号を登録する。Bは、“8765−4321”をダイ
ヤルしてFAXを送付する。Bからの着信を受けると、
INS回線から受信した発信者番号情報を、発信者番号
記憶メモリーから検索する。一致する番号が登録されて
いれば、客室内線に直接着信させる。

【0016】次に、Bの電話番号が登録されていない
か、Aの宿泊するホテルがNTTのアナログ回線網に加
入している場合の例を示す。

【0017】Aが任意のIDコード“××××”と“特
殊番号+××××”をダイヤルし、IDコード記憶メモ
リーに登録する。AがBに客室内線に付与されたダイヤ
ルイン番号“8765−4321”とIDコード“××
××”を連絡する。Bは、“8765−4321”をダ
イヤルしてFAXを送付する。Bからの着信を受ける
と、その着信は一度アナウンス装置に接続されて、Bは
「IDコードをダイヤルして下さい。」という旨のメッ
セージを聞く。Bは、更にIDコード“××××”をダ
イヤルする。受信したIDコードをIDコード記憶メモ
リーと比較して、一致すると、客室内線に直接着信させ
る。

【0018】もし、Bの発信者番号が登録されていなく
て、かつ、IDコードが一致しなかった場合は、Bに対
して規制音を送出するか、または、特定の内線に接続先
を変えて着信させる。特定の内線に着信したFAXの文
書は、人間が宛て名を確認して本当に誤送信されたもの
かをチェックする。

【0019】登録された発信者番号およびIDコード
は、宿泊者がチェックアウトすると自動的に消去される
ので、Aのチェックアウト後にBが誤って文書を送付し
ても、規制音を聞くか、特定の内線に転送される。

【0020】

【発明の効果】以上説明したように、本発明によるホテ
ル客室FAXサービスのセキュリティー方式は、客室内
線にダイヤルイン番号が付与されても、発信者番号ある
いは、IDコードによって、限定された相手の着信のみ
を、直接接続できる様に構成ししたため、ホテル客室F
AXサービスの利用者がチェックアウト後などにFAX
の文書が他人に届いてしまうなどの誤送信が無いという
効果を有する。

【0021】また、本発明により、文書の誤送信が無く
なったため、ダイヤルイン番号を必要以上に契約する必
要が無くなり、経済性にも寄与するという効果を有す
る。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の一実施例の中継方式図である。

【図2】図1に示した発信者番号記憶メモリーの構成図
である。

【図3】図1に示したIDコード記憶メモリーの構成図
である。

【図4】本発明の一実施例の流れ図である。

【符号の説明】

1 通話路スイッチ 2 中央制御装置 3 主記憶装置 4 発信者番号記憶メモリー 5 IDコード記憶メモリー 6 客室内線 7 業務内線 8 アナウンス装置 9 NTTのINS網 10 NTTのアナログ回線網

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.5 識別記号 庁内整理番号 FI 技術表示箇所 H04N 1/44 2109−5C

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ダイヤルイン機能を利用して客室に直接
    着信することを可能としたホテル客室FAXサービスに
    おいて、発信者番号を内線電話機または局線中継台から
    ダイヤルすることにより記憶する手段と、記憶した発信
    者番号から受信した発信者番号を検索し、その番号が検
    索できた場合に客室内線に直接接続する手段と、発信者
    番号が検索できなかった場合に規制音を送出するか特定
    の内線に接続する手段と、付与されたダイヤルイン番号
    の削除またはダイヤルイン番号の利用者がチェックアウ
    トすることにより、発信者番号記憶メモリーを自動的に
    消去する手段を備えたことを特徴とするホテル客室FA
    Xサービスのセキュリティー方式。
  2. 【請求項2】 請求項1記載のホテル客室FAXサービ
    スのセキュリティー方式において、発信者番号の代わり
    にIDコードを使用する手段を備えたことを特徴とする
    ホテル客室FAXサービスのセキュリティー方式。
JP4939393A 1993-03-10 1993-03-10 ホテル客室faxサービスのセキュリティー方式 Expired - Fee Related JP3240377B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4939393A JP3240377B2 (ja) 1993-03-10 1993-03-10 ホテル客室faxサービスのセキュリティー方式

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4939393A JP3240377B2 (ja) 1993-03-10 1993-03-10 ホテル客室faxサービスのセキュリティー方式

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06268831A true JPH06268831A (ja) 1994-09-22
JP3240377B2 JP3240377B2 (ja) 2001-12-17

Family

ID=12829791

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4939393A Expired - Fee Related JP3240377B2 (ja) 1993-03-10 1993-03-10 ホテル客室faxサービスのセキュリティー方式

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3240377B2 (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6144728A (en) * 1997-12-05 2000-11-07 Nec Corporation Information notification system in a public telephone system
EP1569434A3 (en) * 2004-02-27 2005-09-14 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Network facsimile system
US7826102B2 (en) 2004-02-27 2010-11-02 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Network facsimile system
US7884956B2 (en) 2004-02-27 2011-02-08 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Network facsimile system

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6144728A (en) * 1997-12-05 2000-11-07 Nec Corporation Information notification system in a public telephone system
EP1569434A3 (en) * 2004-02-27 2005-09-14 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Network facsimile system
CN100373906C (zh) * 2004-02-27 2008-03-05 兄弟工业株式会社 网络传真系统
US7616336B2 (en) 2004-02-27 2009-11-10 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Network facsimile system with relaying server
US7826102B2 (en) 2004-02-27 2010-11-02 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Network facsimile system
US7884956B2 (en) 2004-02-27 2011-02-08 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Network facsimile system

Also Published As

Publication number Publication date
JP3240377B2 (ja) 2001-12-17

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA2640595C (en) Telephonic voice message transmission control method
US5561703A (en) System and method for integration of a paging server into a private branch exchange environment
US8433043B2 (en) Telephonic voice message transmission control method
DE69034163T2 (de) Spontane Sprach- und Datenbenachrichtigung
US6192254B1 (en) Personal portable apparatus for use in completing a telephone call
DE3306706C2 (ja)
KR0175450B1 (ko) 키폰시스템에서 포기호 발신자 번호 표시방법
CN1085026C (zh) 电信系统以及用于该电信系统的交换网络
US6310944B1 (en) Method for adding context to communications
US7146163B2 (en) Sender-address-based telecommunications operator callback system and method
US6072862A (en) Adaptable method and system for message delivery
US5944786A (en) Automatic notification of receipt of electronic mail (e-mail) via telephone system without requiring log-on to e-mail server
JP3241481B2 (ja) 異機種通信端末間相互接続サービス方式並びにこの異機種通信端末間相互接続サービス方式に使用される通信ノード装置及び通信端末
US7983398B2 (en) Emergency contact system
US5483352A (en) Computer able to link electronic mail functions with telephone functions
EP0719059A2 (en) Personal communication using intelligent terminals
EP0608613A2 (en) Telephone call based on a dialed suffix
US7565115B2 (en) Communication system for landline and wireless calls
CN1074883C (zh) 有助于接通被叫用户付费电话的方法和装置
ES2274620T3 (es) Sistema y procedimiento para implementar un servicio de contestador.
US20020082030A1 (en) Apparatus and method for forwarding messages to terminals of various communication media
US6373940B2 (en) Method and apparatus for transmitting address changes
US6434394B1 (en) Multiple handset cordless telephone including a ring signal/call routing module
US6542591B1 (en) Method and system for caller identification callback lists
EP0673145A1 (de) Telekommunikationssystem und Telekommunikationsendeeinrichtung

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20010828

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081019

Year of fee payment: 7

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081019

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081019

Year of fee payment: 7

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees