JPH0626512Y2 - テープの自動巻取り装置 - Google Patents

テープの自動巻取り装置

Info

Publication number
JPH0626512Y2
JPH0626512Y2 JP15072688U JP15072688U JPH0626512Y2 JP H0626512 Y2 JPH0626512 Y2 JP H0626512Y2 JP 15072688 U JP15072688 U JP 15072688U JP 15072688 U JP15072688 U JP 15072688U JP H0626512 Y2 JPH0626512 Y2 JP H0626512Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
tape
core
winding
wound
vacuum chamber
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP15072688U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0272259U (ja
Inventor
英一 加藤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Canon Inc
Original Assignee
Canon Inc
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Canon Inc filed Critical Canon Inc
Priority to JP15072688U priority Critical patent/JPH0626512Y2/ja
Publication of JPH0272259U publication Critical patent/JPH0272259U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPH0626512Y2 publication Critical patent/JPH0626512Y2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本考案は、予めインクを塗布したシート状物を複数のテ
ープ状にスリットしてこれら各テープをコアに巻取る
際、テープ後端部に生じるたるみを押えて巻き乱れが生
じないようにしたテープの自動巻取り装置に関する。
(従来の技術) 従来、例えばタイプライター等に使用するインクリボン
は、予めインクを塗布した幅の広いシート状物を、幅方
向に複数の切断刃が配列されて成るスリッターを通過さ
せて複数のテープ状にスリットし、次いで各テープ状物
を順次所定長さに切断した後、夫々をコアに巻取ること
により製造されている。
第3図(a),(b)は従来のインクリボン巻取り装置
の概略構成図である。この巻取り装置は、全体が180
度反時計回りに回転するターレット6の両端にコア2、
3が配設され、これらコア間の中央両端の上方にローラ
4、下方にローラ5が配設されて成るものである。
不図示のスリッターによりスリットされたテープ1の送
り方向には、所定の間隔を開けて第4図(a)に示すリ
ーダーテープ部1aが設けられている。このリーダーテ
ープ部1aは送り方向に向けて順次、巻き終り部1b、
透明テープ部1d、巻き始め部1cを有し、夫々無伸縮
性のテープをターレットを用いて、各々は粘着テープ1
eで接続されている。ただし、巻き終り部1bと透明テ
ープ部1d間の粘着テープ1e−1(以下、前方接着部
と記す)及び透明テープ部1dと巻き始め部1c間の粘
着テープ1e−2(以下、後方接着部と記す)は、第4
図(b)に示すように、粘着部を多少露出させた状態に
してある。
まず、第3図(a)に示すように、テープ1は、コア3
がテープ供給側Sに配設された状態で該コア3に巻取ら
れる。
そして、上記のリーダーテープ部1aが巻き込まれた状
態でコア3による巻取り動作を停止する。
次いで、第3図(b)に示すように、テープ1の供給を
停止した状態でターレット6を反時計回りに180度回
転すると、テープ1が巻回されたコア3は一旦巻き込ん
だ透明テープ部1dを引出しながらローラ5を介して同
図の左側に移動する。このとき、前方接着部1e−1は
コア3に巻取られたテープ1に接し、後方接着部1e−
2は供給側Sに移動した空のコア2に接した状態にされ
る。そして、これらの接着部を押圧して張り付けること
により、前方接着部1e−1はコア3に巻取られたテー
プ1に付着してテープ終端部の後処理をし、後方接着部
1e−2はコア2に付着して次のコア2に対する巻取り
に備えられる。次いで、第3図(b)に示す透明テープ
部1dのA位置とB位置を切断し、このA−B位置間の
透明テープ1dを除去する。
このようにしてコア3について巻取りの終了した巻取り
テープ5を得た後、次いでこの巻取りテープ5を取り外
して次の巻取りに使用される空のコアと交換する。一
方、コア2は第3図(a)に示す状態となり、上記のよ
うに再びこのコアについてテープ1の巻取りが行なわれ
る。
(考案が解決しようとする課題) ところが従来、上記のようなテープ巻取り後の切断、テ
ープ終端部の後処理及びコアの交換等の殆どは手作業で
行なわれていたため、非常に面倒な作業となり、巻き取
り段取りに多くの手間を必要としていた。
そこで本考案者は、上記のような事情に鑑みてテープの
巻取り後の切断及び切断後のテープの端末処理等を自動
的に行なうことができる装置を提供するに至った。
しかるに、上記の本考案者によるテープの自動巻取り装
置は、巻取りの終了した巻取りテープの端末部を巻取り
用のコアの近傍で切断せず、ある程度離れた位置で切断
してから残りのテープ端末部を巻取る構成としてある。
このように、巻取られていないテープをある程度残した
状態で切断してから残ったテープ端末部を巻取りコアに
巻取る動作を行なう巻取り装置においては、テープ端末
部が張力を失うため当該テープ端末部にたるみが生じ、
乱れた状態のまま巻取られるおそれがある。
本考案は、このような問題点を解消するために成された
もので、テープ端末部に適当な張力を付与して巻取るこ
とにより巻き仕上りの良好な巻取りテープを得ることを
目的とする。
(課題を解決するための手段) 上述した課題を解決するために、本考案のテープ自動巻
取り装置は、第1のコアと第2のコアをテープの巻取り
位置と巻取り完了位置に移動する手段を有し、前記巻取
り位置での前記第1のコアのテープ巻取り終了後に前記
第1のコアと前記第2のコアを前記移動手段により入換
えて次の巻取り操作を行なうテープの自動巻取り装置に
おいて、前記第1のコアのテープ巻取り終了後に前記巻
取り完了位置に移動せしめられた第1のコア前記の近傍
に前記テープを吸引するバキュウム手段を設け、前記テ
ープを第1のコアと第2のコア間で切断した後、該テー
プの後端部を前記バキューム手段で吸引しつつ前記第1
のコアで巻取ることを特徴とする。
(作用) 上記の構成においては、巻取り位置で第1のコアにより
テープの巻取りを終了した後、巻取り完了位置にある第
2のコアと入換えて、第1のコアを巻取り完了位置に移
動し、第2のコアを巻取り位置に移送する。この際、テ
ープは、第1のコアと第2のコアの間に張設された状態
にある。然る後、巻取り完了位置にある第1のコアの近
傍に前記テープに張力を付与するバキュウム手段を設
け、このバキューム手段によりテープに張力を付与せし
める。こうすることにより、第1のコアと第2のコアの
間でテープを切断した際、テープ後端部は上記のように
バキューム手段側に張力を付与されるので、当該テープ
後端部にたるみを生じることがなく第1のコアにより巻
取られる。
又、このような装置において、バキューム手段のテープ
と接触する部分に、テフロンコーティングしたガイド部
を設けておけば、テープが滑りやすくなり、バキューム
手段により吸引されても、無理なく巻取ることができ
る。
又、バキューム手段に巻取り完了位置にある第1のコア
の外周表面を押圧する押え板を設けたことにより、テー
プの後端部に設けられた接着部が第1のコアの外周表面
に押え付けられ、第1のコアの巻取り動作に伴って自動
的にテープ後端部の端末処理を行なうことができる。
(実施例) 以下、本考案の実施例について図面を参照しながら説明
する。
第1図(a)は本実施例の構成を示す概略側面図であ
り、第1図(b)は第1図(a)のバキュームチャンバ
ー周辺の要部拡大図であり、第1図(c)上記バキュー
ムチャンバーの吸引孔を含む面から見た図であり、第1
図(d)は上記バキュームチャンバーの吸引孔周辺のテ
ープの進行方向に垂直な方向からの断面図であり、第2
図(a)〜(d)は第1図に示す装置の動作を示す概略
構成図である。なお、第1図は第2図(c)に相当し、
テープの切断及び後処理が行われる状態を示してある。
第1図において、予めインクが塗布されたシート41に
は、その送り方向について、該シートを後述するように
リボン状にスリットしたとき、第4図(a)に示すよう
なリーダーテープ部1aを構成する巻き終り部1b、透
明テープ部1d、巻き始め部1cが所定間隔を開けて介
装されている。このようなシート41は、ローラ36、
37に案内され、幅方向に複数の切断刃が(図面につい
て垂直方向に)配列されて成るスリッター33を通過す
ることにより複数のテープ1にスリットされる。各テー
プ1はローラ38を通過し、上下に当接した状態で不図
示の駆動源により回転するメインローラ39、39′に
案内されて交互に上下方向に送られる。
同図において、テープ1がメインローラ39、39′を
通過した後の状況は、下方に送られるテープ1′につい
ては省略し、上方に送られるテープ1についてのみ記載
してある。以下、上方に送られるテープ1について説明
するが、下方に送られるテープ1′については上方に送
られるテープ1と同様の装置により処理される。
なお、メインローラ39によるテープ1の送り出し側付
近にはバキューム35が設けられており、このバキュー
ムによりシート41両端部のインクが塗布されていない
部分が吸着され除去される。
上記のようにスリットされ上下方向に交互に分けられた
テープ1の各々は、以降、巻取り装置へと送られる。
本実施例の巻取り装置は、反時計回りに180度回転す
るターレット20の両端にコア22、23が配設され、
これらコアの中央上下端にローラ24、25が配設され
て成る。上記コア22、23は、不図示の駆動源により
反時計回りに回転する巻取り軸に支承され、コア23は
メインローラ39側にてテープ1の巻取りを行なった後
(第2図(a))、ターレット20の回転により反対側
に移動して第1図に示すような位置に配置される。この
とき、コア22はターレット20の回転によりメインロ
ーラ39側に移動して次のテープ1の巻取りに用いられ
る。
ターレット20のメインローラ39側近傍にはクランプ
機能を有するガイドローラ27が設けられている。又、
ガイドローラ27とメインローラ39間にはローラ34
が配設され、この対向側にはセンサー28が設けられて
いる。このセンサー28によれば、当該位置を通過する
リーダーテープ部1aの巻終り1bを例えば黄色のテー
プにより構成し、この色を識別することにより該位置の
通過を検知することができる。
又、第1図に示すように、ターレット20の上方にはバ
キュームチャンバー30とカッター31が設けられ、夫
々不図示の昇降装置により所定位置まで下降可能とされ
ている。カッター31はガイドローラ27側に設けら
れ、テープ1を所定位置で切断し、バキュームチャンバ
ー30はこの近傍を通過するテープ1を吸引しつつテー
プ送りを案内することにより該テープ1が乱れた状態で
巻き取られることを防止する。
ここで、上記バキュームチャンバー30についてより詳
細に説明する。
バキュームチャンバー30は不図示の吸引源に接続され
ている。バキュームチャンバー30のテープ1通過側に
は、テープ1の進行方向に並んで複数の吸引孔43が配
設され、この吸引孔43に沿う両側にはテープ1を通過
できる幅を有するテープガイド42が設けられている
(第1図(c)、第1図(d)参照)。又、吸引孔43
を含む面を吸引面44とし、この吸引面44のテープ1
通過前方には、バネ板32が設けられている。バキュー
ムチャンバー30は、第1図(b)に示すように、上記
下降手段により下降後、吸引孔43を含む面44がコア
23とローラ25に張設されたテープ1に接触する位置
で停止し、この時、上記バネ板32はコア23に巻回さ
れたテープ1をコア23の中心方向に押え付ける。
このような構成により、コア23とローラ25を通過す
るテープ1をバキュームチャンバー30の吸着面44に
吸着しながらコア23で巻取ることができる。
なお、上記バキュームチャンバー30のテープ1が接触
する吸着面44、テープガイド42内側面等にテフロン
コーティングを施しておけば、コア23で巻取る際のテ
ープ1の滑りが良く、バキュームチャンバー30に吸引
された状態であっても円滑に摺動することができる。
又、上述のようなバキュームチャンバーにおける吸引力
は300〜400mmHg程度とする。
以下、第2図(a)〜(c)を参照しながらより詳細に
上記装置の構成及び動作について説明する。
まず、第2図(a)に示すように、コア23によるテー
プ1の巻取り動作を行なう。この巻取り動作時において
は、コア23がガイドローラ27側にあり、コア22は
その反対側にある。又、バキュームチャンバー30及び
カッター31はターレット20の回転の妨げにならない
よう上方に待機した状態にある。
巻取り開始時には、リーダーテープ部1aの後方接着部
1e−2がコア23に付着された状態にあり、これに巻
き始め部1cが後続する。このような状態でコア23の
回転によりテープ1の巻取りが行なわれ、所定量巻回さ
れた後、コア23の回転が停止される。この停止のタイ
ミングは、センサー28によりとられる。テープ1に設
けられたリーダーテープ部1aの巻き終り部1bを第4
図(a)におけるように例えば黄色で形成し、この色の
識別をセンサー28で行なうことにより巻き終り部1b
の位置を検知し、この検知後所定時間経過後に上記コア
23を停止する。この停止時期は、リーダーテープ部1
aの後方接着部1e−2がコア23に接触する位置に到
達した時点でコア23の巻取り動作が停止するようにす
る。なお、上記ガイドローラ27の設置位置は、上記コ
ア23の巻取り動作停止時に、ガイドローラがリーダー
テープ部1aの巻き始め部1cをクランプする位置とし
てある。こうすることにより無伸縮性の材料からなる巻
き始め部1cをガイドローラ27でクランプしてテープ
1の伸縮を防止することができる。
次に、上記のようにガイドローラ27でリーダーテープ
部1aの巻き始め部1cをクランプしたままの状態で、
コア23をフリーにし、第2図(b)に示すように、タ
ーレット20を反時計方向に180度回転すると、テー
プ1を巻回したコア23は、テープ1の送り側(図中、
左側)に移動するとともに、空のコア22がコア23の
あった位置に移動する。このとき、テープ1はローラ2
5を介してコア23とコア22間で張架された状態にな
る。又、ターレット20の回転にともない、コア23に
一旦巻き込まれたリーダーテープ部1aが引出され、コ
ア22とローラ25間にリーダーテープ部1aの前方接
着部1e−1が露出する。コア22においては上記のよ
うに後方接着部1e−2が該コアに接触した状態にあ
り、この状態で張り付け用タッチローラ40を移動して
該後方接着部1e−2を押圧せしめ該コアに張り付け
る。
次いで、第2図(c)に示すように、バキュームチャン
バー30を下降し、吸着面44がコア23とローラ25
間に張設されたテープ1通過付近にまで移動した時点で
停止する。しかる後、バキュームチャンバー30に接続
された不図示の吸着源を作動させることにより吸引を開
始し、次いでコア22の送り出し側近傍の所定位置(図
中、c位置で示す)にてカッター31により透明テープ
1dを切断する。切断後、コア23を巻回すると、切り
取られたテープ1の後端部はバキュームチャンバー30
に吸着された状態で案内されてコア23まで移動するか
らテープ後端部が乱れることなくコア23に巻回され、
該テープ1の後端部付近の前方接着部1e−1は板バネ
12に押え付けられて、コア23の既に巻回されたテー
プ1表面に付着せしめられる。
次に、上記のように巻回されテープ処理が終了したコア
23の取外しを行ない、バキュームチャンバー30、カ
ッター31を上昇し、貼り付け用タッチローラ40を除
去した後、再び第2図(a)に示したと同様にコア23
についてテープ1の巻取りが行なわれる。又、コア23
を取り外した後、新たなコアを当該位置の巻取り位置に
取付けて以後上記のような巻取り動作に供することがで
きる。
上記構成の巻取り処理によれば、巻取り後の切断、切断
後のテープ貼りつけ等の後処理、及び新たなコアへのテ
ープ先端の貼りつけ等の巻取り段取りを全て自動的に行
なうことができる。しかも、切断後のテープ後端部をバ
キュームチャンバーにより吸引しながらテープ送りを案
内しつつ巻取ることができるので、巻き乱れを防止して
巻き仕上りを良好にすることができる。
又、上記したように、シート状物からスリットした複数
のテープの各々を交互に上下方向に振り分けて、その各
々に本装置を適用すれば、上述した自動化の効果に加え
て大量のテープの巻取り処理が可能となる。
又、上記構成の装置によれば、従来リーダーテープ部の
2か所で切断していたのを、一か所の切断で処理するこ
とができるため、無駄な部分が少なくなり、製造コスト
の低下にも寄与することができる。
なお、本考案はインクを塗布したリボンテープのほか、
例えばインクを使用しない感熱又はこれに類似するプリ
ンティング用テープ或は磁気テープ等、他のリボン状物
にも適用することができる。
(考案の効果) 以上説明したように、本考案によれば、従来手作業で行
なわれていたテープの巻取り、巻取り後の切断、テープ
終端部の後処理等を自動化することができる。
特に、本考案によれば、コアに巻取られたテープを切断
した後、バキューム手段によりテープ端末部に適当な張
力を付与して巻取ることができ、テープのたるみを防止
しして、巻き乱れのない巻き仕上りの良好な巻取りテー
プを得ることができる。
【図面の簡単な説明】
第1図(a)は本考案の実施例の構成を示す概略側面図
であり、第1図(b)は第1図(a)のバキュームチャ
ンバー周辺の要部拡大図であり、第1図(c)はバキュ
ームチャンバーの吸引孔を含む面から見た図であり、第
1図(d)はバキュームチャンバーの吸引孔周辺のテー
プの進行方向に垂直な方向からの断面図である。 第2図(a)〜(d)は、第1図(a)に示す装置の動
作を示す概略構成図である。 第3図(a)、(b)は、従来のテープ巻取り装置の概
略構成図である。 第4図(a)はテープにおけるリーダーテープ部の構成
を示す概略図であり、第4図(b)はその一部拡大側面
図である。 1……テープ 20……ターレット 22、23……コア 28……センサー 30……バキュームチャンバー 31……カッター 32……板バネ 42……テープガイド 43……吸引孔 44……吸引面

Claims (3)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】第1のコアと第2のコアをテープの巻取り
    位置と巻取り完了位置に移動する手段を有し、前記巻取
    り位置での前記第1のコアのテープ巻取り終了後に前記
    第1のコアと前記第2のコアを前記移動手段により入換
    えて次の巻取り操作を行なうテープの自動巻取り装置に
    おいて、前記第1のコアのテープ巻取り終了後に前記巻
    取り完了位置に移動せしめられた第1のコア前記の近傍
    に前記テープを吸引するバキュウム手段を設け、前記テ
    ープを第1のコアと第2のコア間で切断した後、該テー
    プの後端部を前記バキューム手段で吸引しつつ前記第1
    のコアで巻取ることを特徴とするテープの自動巻取り装
    置。
  2. 【請求項2】前記バキューム手段の前記テープと接触す
    る部分に、テフロンコーティングしたガイド部を有する
    ことを特徴とする請求項1記載の自動巻取り装置。
  3. 【請求項3】前記バキューム手段に前記巻取り完了位置
    にある第1のコアの外周表面を押圧する押え板を設けた
    ことを特徴とする請求項1記載のテープの自動巻取り装
    置。
JP15072688U 1988-11-21 1988-11-21 テープの自動巻取り装置 Expired - Fee Related JPH0626512Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP15072688U JPH0626512Y2 (ja) 1988-11-21 1988-11-21 テープの自動巻取り装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP15072688U JPH0626512Y2 (ja) 1988-11-21 1988-11-21 テープの自動巻取り装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0272259U JPH0272259U (ja) 1990-06-01
JPH0626512Y2 true JPH0626512Y2 (ja) 1994-07-20

Family

ID=31424127

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP15072688U Expired - Fee Related JPH0626512Y2 (ja) 1988-11-21 1988-11-21 テープの自動巻取り装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0626512Y2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH07121778B2 (ja) * 1989-11-15 1995-12-25 株式会社不二鉄工所 多軸ターレット型巻取機のシート切断端処理装置

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0272259U (ja) 1990-06-01

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5431767A (en) Apparatus for applying adhesive tape
JP2545557B2 (ja) 巻取紙の端末処理方法およびその装置
US5658420A (en) Apparatus for applying adhesive tape
EP1770038B1 (en) Paper splicing apparatus
JP3597180B2 (ja) ウエブの巻取方法及び装置
JPH0626512Y2 (ja) テープの自動巻取り装置
JP2013079145A (ja) マスキングテープ貼付方法および貼付装置
GB1603467A (en) Continuously operating automatic strip winding device
JP2554371B2 (ja) 紙通し準備装置
JP2555444B2 (ja) 巻取紙の端末処理装置
JPH07121778B2 (ja) 多軸ターレット型巻取機のシート切断端処理装置
JPH0719743Y2 (ja) 手動ペーパカッタ
JPH05123151A (ja) ウエブリールのウエブ引出し装置
JP2595140B2 (ja) 無芯小ロール巻き上げ装置
JP2004277024A (ja) 口取帯貼付装置
JP3280260B2 (ja) タブ貼着装置
JPH0682060U (ja) 巻き取り装置
JP3553340B2 (ja) ウエブロール胴巻包装装置
JP2571710Y2 (ja) ウェブ巻取ロールへのシート供給装置
JP2764407B2 (ja) ウエブの巻取装置
JP2647536B2 (ja) 粘着テープ貼付装置
JP2684132B2 (ja) 粘着テープの搬送方法
JPH0840614A (ja) 原紙の芯無し自動小巻き方法
JPH0748056A (ja) 非粘着テープ体の巻取方法
JP2508338Y2 (ja) テ―プ巻き取り装置

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees