JPH0625864U - 折り畳みラベル - Google Patents

折り畳みラベル

Info

Publication number
JPH0625864U
JPH0625864U JP6352792U JP6352792U JPH0625864U JP H0625864 U JPH0625864 U JP H0625864U JP 6352792 U JP6352792 U JP 6352792U JP 6352792 U JP6352792 U JP 6352792U JP H0625864 U JPH0625864 U JP H0625864U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
paper
leaflet
folded
label
adhesive
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP6352792U
Other languages
English (en)
Other versions
JP2505317Y2 (ja
Inventor
政亮 津田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Takara Co Ltd
Original Assignee
Takara Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Takara Co Ltd filed Critical Takara Co Ltd
Priority to JP1992063527U priority Critical patent/JP2505317Y2/ja
Publication of JPH0625864U publication Critical patent/JPH0625864U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2505317Y2 publication Critical patent/JP2505317Y2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Credit Cards Or The Like (AREA)
  • Details Of Rigid Or Semi-Rigid Containers (AREA)

Abstract

(57)【要約】 [目的] 薬品等の商品の説明事項を記載したリーフレ
ットを折り畳みして下面に積層した粘着剤により被着体
に接着でき、剥離も可能な折り畳みラベルを提供する。 [構成] 底面紙の両端に、互いに底面紙上に折り畳ま
れる中間紙と上面紙を連設し、中間紙は互い違いに連続
して折り畳まれる中間連続紙が連設され、上面紙の端部
には接着代を設けてリーフレット本体を形成し、このリ
ーフレット本体の下面にホットメルト層を介して2枚の
疑似接着された透明プラスチックフィルムを積層し、更
にこの透明プラスチックフィルムの下面に感圧粘着剤を
塗布した折り畳みラベルを提供する。

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】
本考案は医薬品の瓶、農薬、園芸用のビタミン剤等の容器に直接貼着される内 容物の用途、成分、用法等を記載したリーフレットを折り畳んでラベル形態にし た折り畳みラベルに関するものである。
【0002】
【従来の技術】
従来、医薬品等を収容した容器等には、薬品の効能、成分、使用法等を表示し たリーフレット式の印刷物を折り畳んで入れているが、容器を開封した後は、薬 品の瓶と化粧容器が一緒に保存されないと、効能や用法等を記載したリーフレッ トが随時見られない不都合がある。また、化粧容器と共にリーフレットを処分し た場合には薬品瓶にその表示がないため使用に不便を来したり、用法や成分が不 明のため、薬品を使用できなくなるという不経済を招いている。
【0003】
【考案が解決しようとする課題】
本考案は上記実情から、薬品瓶等を収容した化粧容器に入れられるリーフレッ ト状の説明書を、薬品瓶に折り畳んで直接ラベル式に貼着し、使用時にリーフレ ットを容易に読めるように一部を切離して展開できるように、折り畳み式に複数 枚重ねた折り畳みラベルを提供するものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】
本考案は、基材となる底面紙の両端に互いに底面紙上に折り畳まれる中間紙と 上面紙を連設し、中間紙は互い違いに連続して折り畳まれる中間連続紙が任意数 連設され、上面紙の端部に接着代を設けて折り畳みリーフレット本体を形成する と共に、該折り畳みリーフレット本体の底面紙の下面にホットメルト層を介し擬 似接着された2牧の透明プラスチックフィルムを積層し、該透明プラスチックフ ィルムの下面に感圧粘着剤を塗布したものである。又、折り畳みリーフレット本 体の上面紙の接着代部に切れ目を形成したものである。
【0005】
【作用】
上記のような構成のため、効能や用法等を見る場合には、薬品瓶等に貼着され た折り畳みラベルの上面紙を切れ目位置から切り離せば、折り畳まれていたリー フレットとなる上面紙及び介在されている中間紙、及び亥中間紙に連続して折り 畳まれている中間連続紙が順次展開されて、記載されている所要の表示や説明が 読み取れる。又、上面紙の表面には通常のラベルと同様の表示が記載されており 、切り離さなければ多少厚みのあるラベルとして涌常のラベル使用ができる。
【0006】
【実施例】
以下、本考案を実施例の図面に従って詳細に説明する。 1は折り畳みリーフレット本体で、基材となる底面紙2の両端に互いに該底面 紙2上に折り畳まれる中間紙3と該中間紙3の上に蓋状に折り畳まれる上面紙4 を連設し、中間紙3には互い違いに連続して折り畳まれる中間連続紙5を連設す ると共に、前記上面紙4の端部に接着代4′が突設されている。
【0007】 更に、折り畳みリーフレット本体1の前記底面紙2の下面には、ホットメルト 層6を介し密度の相違等の加工処理により擬似接着された2枚の透明プラスチッ クフィルム7、7′が積層されると共に、該下側に積層される透明プラスチック フィルム7′の下面には感圧粘着剤層8を介し、その表面が離型処理された離型 紙9が順次積層され、全体として折り畳みラベル10を構成している。
【0008】 又、折り畳みリーフレット本体1は底面紙2の下面がホットメルト層6に、又 上面紙4の接着代4′の下面が同じくホットメルト層6にて夫々熱接着されてお り、中間紙3は折り目より中間連続紙5を介在して、全体としてアコーデオン状 に折り畳まれて形成されると共に、上面紙4と中間紙3が一体として展開できる ように構成されている。又、使用に当たり上面紙4の一部を切り離して展開する ための切れ目11が上面紙4の接着代4´との境目に形成されている。
【0009】 図5は他の実施例を示す折り畳みラベル10の斜面図であり、底面紙2と上面 紙4の間に介在される中間紙3に夫々連続して折り畳まれる中間連続紙5及び5 ′を連設したものである。勿論、連続して折り畳まれる中間連続紙5、5′は必 要な枚数を折り畳むことができる。
【0010】 次に作用を説明すると、先ず図1の構成からなる折り畳みラベル10を、下面 の離型紙9より剥離して薬品瓶等の被着体Aに通常のラベルのように接着する。 表面に現れる折り畳みリーフレット本体1の上面紙4の表面4aには通常のラベ ルのような商標や製造者名等の項目が印刷されている。
【0011】 ここにおいて、消費者等が薬品瓶を使用する時に、折り畳みリーフレット本体 1の一側端に形成された上面紙4の接着代4′の境めに形成された切れ目11を 切り離すと、上面紙4は展開され、更に上面紙4の下面に折り畳まれていた中間 紙3及び該中間紙3に連続する中間連続紙5が図3のように展開される。
【0012】 かくして展開された上面紙4の裏面4b及び中間紙3の表面3a及び同裏面3 b、更に連続する中間連続紙5の表面5a、同裏面5b及び底面紙2の表面2a に、必要な事項が印刷されているため、折り畳みリーフレット本体1を被着体A に接着した状態で商品の用法や効能、或は使用時期等の必要な情報を読みとるこ とができると共に、従来瓶と別体に収容されていたリーフレットが瓶に一体に接 着されているため、使用に当たり便利となる。
【0013】 又、消費者がリーフレット本体を収集するために、折り畳みリーフレット本体 1のみを被着体Aから剥す必要がある。この時は、底面紙3が擬似接着された透 明プラスチックフィルム7、7′の積層の境目にてリーフレット本体1は透明プ ラスチックフィルム7とホットメルト層6を伴って剥離され、残された被着体A の面には透明プラスチックフィルム7′が残存することとなり、透明フィルムで あるため被着体の表面の印刷やデサイン等を毀損しないことは言うまでもない。
【0014】
【考案の効果】
上述のように本考案の折り畳みラベルは、従来、瓶容器とは別体にして化粧容 器中に入れられていた説明書等のリーフレットを、一方向に折り畳むことにより 底面紙側を基材として被着体に接着させ、且つ上面紙をその中間に介在される中 間紙よりも接着代分長く形成し、この境目に切れ目を形成したことにより、この 切れ目を切り離すことで折り畳まれたリーフレットは左右方向に展開され、一目 で必要な情報を読み取ることができる。又、リーフレットは折り畳まれて被着体 に接着されているため、リーフレットを紛失したりする恐れもなく、至って便利 となる。更に、展開しない状態では通常のラベルとしても利用でき、特に薬品類 等の取扱に注意しなければならない商品には利用価値が大となる。
【0015】 又、本考案の折り畳みラベルは、折り畳みリーフレット本体の下面に積層され た2枚の擬似接着された透明プラスチックフィルムの層間より容易に剥離できる ため、剥離後には被着体に残存する透明プラスチックフィルムを通して被着体表 面に印刷された文字や記号等の表示、例えば、開封済み等の表示や、当たり、は ずれ等のくじ表示等を現わすこともでき、不正開封の発見や販売促進の効果も得 られる。
【図面の簡単な説明】
【図1】この考案の実施例を示す斜視図である。
【図2】折り畳みラベルの展開状態の斜視図である。
【図3】折り畳みリーフレット本体の展開した状態の斜
視図である。
【図4】透明プラスチックフィルムの層間より剥離され
ている状態の説明図である。
【図5】他の実施例を示す展開した斜視図である。
【図6】被着体に接着した状態の正面図である。
【符号の説明】
1 折り畳みリーフレット本体 2 底面紙 3 中間紙 4 上面紙 4´ 接着代 5、5′ 中間連続紙 6 ホットメルト層 7、7´ 透明プラスチックフィルム 8 感圧粘着剤層 10 折り畳みラベル

Claims (2)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 基材となる底面紙の両端に互いに底面紙
    上に折り畳まれる中間紙と上面紙を連設し、該中間紙は
    互い違いに連続して折り畳まれる中間連続紙が任意数連
    設され、上面紙の端部に接着代を設けて折り畳みリーフ
    レット本体を形成すると共に、該リーフレット本体の底
    面紙の下面にホットメルト層を介し擬似接着された2枚
    の透明プラスチックフィルムを積層し、該透明プラスチ
    ックフィルムの下面に感圧粘着剤を塗布してなる折り畳
    みラベル。
  2. 【請求項2】折り畳みリーフレット本体の上面紙の接着
    代部に切れ目を形成した請求項1記載の折り畳みラベ
    ル。
JP1992063527U 1992-07-28 1992-07-28 折り畳みラベル Expired - Fee Related JP2505317Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1992063527U JP2505317Y2 (ja) 1992-07-28 1992-07-28 折り畳みラベル

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1992063527U JP2505317Y2 (ja) 1992-07-28 1992-07-28 折り畳みラベル

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0625864U true JPH0625864U (ja) 1994-04-08
JP2505317Y2 JP2505317Y2 (ja) 1996-07-31

Family

ID=13231783

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1992063527U Expired - Fee Related JP2505317Y2 (ja) 1992-07-28 1992-07-28 折り畳みラベル

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2505317Y2 (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101366826B1 (ko) * 2013-04-11 2014-03-04 주식회사 무궁화엘앤비 롤 형태로 감기게 형성되는 설명지 세트
KR101399052B1 (ko) * 2006-07-06 2014-05-26 교도 시코 가부시키가이샤 접이식 라벨, 접이식 라벨이 부착된 물품 및 그 제조 방법
JP2014200301A (ja) * 2013-04-01 2014-10-27 テルモ株式会社 プレフィルドシリンジ
JP2015043023A (ja) * 2013-08-26 2015-03-05 大日本印刷株式会社 ジグザグ折りラベル
JP2015087568A (ja) * 2013-10-31 2015-05-07 株式会社トッパンTdkレーベル ブックレットラベルおよび被着体

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4972663B2 (ja) * 2009-03-13 2012-07-11 有限会社緑のマーケット 園芸用タグ

Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS60184085U (ja) * 1984-05-16 1985-12-06 コ−パツク株式会社 セルフラベル
JPS61114842A (ja) * 1984-10-29 1986-06-02 デビツド ジヨン インスタンス ラベルとその製造方法
JPS6332387A (ja) * 1986-07-25 1988-02-12 Yokogawa Medical Syst Ltd 定電力送波回路
JPH0192677U (ja) * 1987-12-11 1989-06-16
JPH0210548U (ja) * 1988-06-30 1990-01-23
JPH04373U (ja) * 1990-04-11 1992-01-06
JPH0481180U (ja) * 1990-11-26 1992-07-15

Family Cites Families (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6060645A (ja) * 1983-09-13 1985-04-08 Konishiroku Photo Ind Co Ltd ハロゲン化銀写真感光材料

Patent Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS60184085U (ja) * 1984-05-16 1985-12-06 コ−パツク株式会社 セルフラベル
JPS61114842A (ja) * 1984-10-29 1986-06-02 デビツド ジヨン インスタンス ラベルとその製造方法
JPS6332387A (ja) * 1986-07-25 1988-02-12 Yokogawa Medical Syst Ltd 定電力送波回路
JPH0192677U (ja) * 1987-12-11 1989-06-16
JPH0210548U (ja) * 1988-06-30 1990-01-23
JPH04373U (ja) * 1990-04-11 1992-01-06
JPH0481180U (ja) * 1990-11-26 1992-07-15

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101399052B1 (ko) * 2006-07-06 2014-05-26 교도 시코 가부시키가이샤 접이식 라벨, 접이식 라벨이 부착된 물품 및 그 제조 방법
JP2014200301A (ja) * 2013-04-01 2014-10-27 テルモ株式会社 プレフィルドシリンジ
KR101366826B1 (ko) * 2013-04-11 2014-03-04 주식회사 무궁화엘앤비 롤 형태로 감기게 형성되는 설명지 세트
WO2014168434A1 (ko) * 2013-04-11 2014-10-16 주식회사 무궁화엘앤비 부착형 설명지 및 그것을 이용해 롤 형태로 감기게 형성되는 설명지 세트
JP2015043023A (ja) * 2013-08-26 2015-03-05 大日本印刷株式会社 ジグザグ折りラベル
JP2015087568A (ja) * 2013-10-31 2015-05-07 株式会社トッパンTdkレーベル ブックレットラベルおよび被着体

Also Published As

Publication number Publication date
JP2505317Y2 (ja) 1996-07-31

Similar Documents

Publication Publication Date Title
RU2176413C2 (ru) Самоклеящаяся этикетка
EP0888599B1 (en) Laminated package label
US6413345B1 (en) Methods for forming a label
US4621837A (en) Multi-layered label
US6682798B1 (en) Expanded content device pouch
US5547227A (en) Laminated label form with removable portions
US4110502A (en) Labeling
US3974311A (en) Shipping documents device
US6432500B1 (en) Label with booklet
US5476698A (en) Slapper picking ticket
JPH0625864U (ja) 折り畳みラベル
JPH02281Y2 (ja)
JP3691950B2 (ja) 化粧品見本用容器
JPH07257591A (ja) 帳票収納用貼着袋体
JP2581268Y2 (ja) ラベル用紙
JP3007249U (ja) 多層ラベル
JPH0538955Y2 (ja)
JP3935581B2 (ja) 返信葉書付き隠蔽葉書
JP2000010484A (ja) 積層ラベル
JPH0528059Y2 (ja)
JP2569509Y2 (ja) 配送伝票
JPH10329450A (ja) 配送伝票
JPS6132779Y2 (ja)
JPH046943Y2 (ja)
JPH0717568U (ja) 小冊子入り封筒

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees