JPH06250902A - File backup method for distributed system - Google Patents

File backup method for distributed system

Info

Publication number
JPH06250902A
JPH06250902A JP5035213A JP3521393A JPH06250902A JP H06250902 A JPH06250902 A JP H06250902A JP 5035213 A JP5035213 A JP 5035213A JP 3521393 A JP3521393 A JP 3521393A JP H06250902 A JPH06250902 A JP H06250902A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
file
server
backup
update
number
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP5035213A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Akio Amano
Natsuo Tanaka
明男 天野
夏朗 田中
Original Assignee
Hitachi Ltd
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Ltd, 株式会社日立製作所 filed Critical Hitachi Ltd
Priority to JP5035213A priority Critical patent/JPH06250902A/en
Publication of JPH06250902A publication Critical patent/JPH06250902A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PURPOSE: To set frequency that backup is executed in accordance with the significance of files, to set a backup processing to be efficient and to reduce a load.
CONSTITUTION: A client 10, a server 20 and a file server for backup 30 are connected through a communication network 40. A file management table 200 exists on the memory 21 of the server 20. Update counters recording the number of the update times of the files and the prescribed number of update times for executing backup in accordance with the significance of the files are set for the respective files in the file management table 200. The server 20 once stores input data from the client 10 in the management table 200 as latest information and stores in an external storage device 50. At that time, the update counter is updated, and the server 20 transmits the backup of the file to the server 30 when the number of update times coincides with the prescribed number of update times.
COPYRIGHT: (C)1994,JPO&Japio

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、クライアント・サーバの分散システムにおけるファイルバックアップ方法に係り、特に24時間、365日稼動し、バックアップをとる時間や、バックアップをとる際の処理の負荷も考慮しなければならないシステムにおいて、ファイルの重要度に応じてバックアップをとるのに好適なファイルバックアップ方法に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention relates to a file backup method in a distributed system of client-server, especially 24 hours, running 365 days, time and take a backup, also the processing load at the time of taking a backup taken into account in must system, of a preferred file backup way to back up in accordance with the importance of the file.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来、大規模なオンラインシステムや2 Conventionally, and large-scale online system 2
4時間365日稼動のシステムにおいては、毎日の業務をサーバに行わせ、1日のうちのある時間帯に、本来の業務を停止するかあるいは縮退して、全てのファイルに対して同じ頻度でバックアップをとっていた。 In the 4 hours a day, 365 days a year of operating system, the daily of the business to perform to the server, in the times of day, or degenerate to stop the original work, with the same frequency for all of the files I was taking a backup.

【0003】なお、例えば特開平3−48948号公報に記載の様に、ファイルに対する更新アクセスの有無だけによって、ファイルに優先順位をつけてバックアップをとる方式もあるが、重要なファイルであっても、たまたま更新アクセスが少ない期間が発生した場合、そのファイルの優先順位が低くなってしまう可能性がある。 [0003] Incidentally, as described in Japanese Unexamined Patent Publication No. 3-48948, only by the presence or absence of update access to the file, there is a method to back up prioritize file, even critical files If the chance update access there is less time occurs, the priority of the file may possibly be lowered.

【0004】 [0004]

【発明が解決しようとする課題】バックアップをとるファイルの中にはあまり重要でないファイルや、逆に非常に重要なファイルであるため、更新される毎にバックアップをとっておきたいファイルもある。 File and not very important in the files to be backed up [0007], because it is a very important file in reverse, there is also a file you want to take a backup each time it is updated. 従来技術においては、これら重要度の違うファイルを同じ頻度でバックアップをとっていたため、ダウン時にバックアップがとれない、バックアップをとる時間のロス、バックアップ処理の負荷によるCPU能力の低下等の問題があった。 In the prior art, because it was backed up to different of these severity files at the same frequency, can not be taken back up when down, there was time loss to back up, such as a reduction of CPU capacity caused by the load of the backup processes .
また、ファイルに対する更新アクセスの有無によってバックアップに優先順位をつける方法は、重要なファイルでもアクセスが少ないとバックアップがとれなくなる問題があった。 A method of prioritizing backed up by the presence or absence of update access to a file, a backup and also access less important files there is a problem no longer taken.

【0005】本発明の目的は、ファイルの重要度に応じてバックアップをとる頻度を設定し、それによってバックアップ処理の効率化とバックアップ処理の負荷を軽減することにある。 An object of the present invention is to set the frequency to back up in accordance with the importance of the file, thereby is to reduce the load on the efficiency and backup of the backup process.

【0006】 [0006]

【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、請求項1の発明は、サーバのファイル管理テーブルに、ファイルの更新回数を記録するカウンタと、ファイル重要度に応じてある回数更新されたらバックアップをとる更新規定回数をファイル毎に設定し、更新回数と更新規定回数がある条件を満たした時点で、サーバ自身が当該ファイルをバックアップ用ファイルサーバにバックアップをとるようにしたことである。 To achieve the above object, according to an aspect of, the invention of claim 1, the number of updates to the server of the file management table, a counter that records the number of updates of file, which is subject to Level of Importance set the update prescribed number of times to back up when you are in each file, when satisfying the condition in which there is an update specified number and the number of updates is that the server itself has to back up the backup file server the file .

【0007】また、請求項2の発明は、ファイル管理テーブル上には、更新規定回数と更に最終更新規定回数を設定し、更新回数と更新規定回数が条件を満たしても、 [0007] According to a second aspect of the invention, on the file management table, sets the further last update prescribed count and updates the predetermined number of times, or update the specified number of times and number of updates qualify,
サーバ自身の利用率が高くバックアップをとると更新処理等が遅くなってしまう場合には、更新処理を続行し、 If the server's own utilization is high and take a backup and update processing, and the like becomes slow, to continue the update process,
更新回数と最終更新規定回数が条件を満たすとバックアップをとるようにしたことである。 It is that the number of updates and last update specified number of times has to take satisfying and backup.

【0008】さらに、請求項3の発明は、バックアップ用ファイルサーバが、自動的にある一定の周期でサーバのファイル管理テーブルの更新カウンタと更新規定回数を見に行き、更新回数と更新規定回数がある条件を満たした時点で、バックアップ用ファイルサーバがサーバの当該ファイルのバックアップをとるようにしたことである。 Furthermore, the invention of claim 3, the file server for backup, automatically went to see update counter and update the predetermined number of times of the file management table of the server at fixed intervals along a number of updates update prescribed number upon achieving certain conditions, the file server for backup is that it has to take a backup of the file server.

【0009】 [0009]

【作用】クライアントから入力されたデータをサーバは更新処理し、ファイル最新情報としてファイル管理テーブルに一旦書き込んだ後、外部記憶装置などに格納する。 [Action] the data that has been input from the client server will update process, after writing once in the file management table as the file date information, are stored in an external storage device or the like. この際、更新カウンタも更新される(例えば“1” At this time, the update counter is updated (e.g. "1"
だけプラスされる)。 Only be a plus). ファイル管理テーブルにはあらかじめファイルごとの重要度に応じて更新規定回数を設定しておき、更新回数と比較し、ある条件を満たしている場合(例えばイコールである場合)、サーバ自身あるいはバックアップ用ファイルサーバが当該ファイルのバックアップをとる。 The file management table may be set to update the predetermined number of times in accordance with the importance of each file in advance, (if for example equal) as compared to the number of updates, if it meets certain conditions, the server itself or the backup file server takes the backup of the file.

【0010】また、更新規定回数と更新カウンタがある条件を満たし、ファイルバックアップをとる場合にも、 [0010] In addition, it satisfies the condition that there is update the specified number of times and the update counter, even in the case to take a file backup,
サーバ自身の利用率によってクライアントからの更新処理を続行するかバックアップをとるかを判断し、サーバ自身の利用率が高くバックアップをとると更新処理等が遅くなってしまう場合には、更新カウンタと最終更新回数が条件を満たすまでバックアップをとるとることを待つ。 Determine take or backup to continue updating process from the client by the utilization of the server itself, if the utilization rate of the server itself takes a high backup and updating, etc. becomes slow, update counter and a final wait to take the number of updates is take a backup until the condition.

【0011】これにより、ファイルの重要度に応じてファイルバックアップをとる頻度を自動的に変えることができ、ファイルバックアップ処理の効率化を図ることができるとともに、バックアップ処理による負荷を軽減することができる。 [0011] Thus, can be automatically vary the frequency of taking file backup in accordance with the importance of the file, it is possible to improve the efficiency of file backup process, it is possible to reduce the load by the backup process .

【0012】 [0012]

【実施例】以下、本発明の一実施例について図面により説明する。 BRIEF DESCRIPTION the accompanying drawings, an embodiment of the present invention.

【0013】図1は本発明のファイルバックアップ方法の一実施例のブロック図である。 [0013] Figure 1 is a block diagram of one embodiment of a file backup method of the present invention. 図において、複数のクライアント10、サーバ20及びファイルバックアップ・サーバ30が通信ネットワーク40に接続されている。 In the figure, a plurality of clients 10, the server 20 and file backup server 30 is connected to the communication network 40. 更に、サーバ20には外部記憶装置50が接続され、ファイルバックアップ・サーバ30には外部記憶装置60が接続されている。 Further, the server 20 is connected to an external storage device 50, an external storage device 60 is connected to the file backup server 30. サーバ20のメモリ21内にはファイル管理テーブル200があり、外部記憶装置5 The memory 21 of the server 20 have the file management table 200, an external storage device 5
0には各ファイルのバックアップキュー500がある。 0 to have a backup queue 500 of each file.

【0014】各クライアント10はデータを入力し、通信ネットワーク40を介してサーバ20にファイルの更新(更新には追加、削除も含むとする)を依頼する。 [0014] Each client 10 inputs the data, via the communication network 40 updates the file to the server 20 to request (the update added, and including deletion). サーバ20は、ファイルを更新し、処理結果を通信ネットワーク40を介して当該クライアント10に返送する。 Server 20 updates the file, and returns to the client 10 via the communication network 40 and processing results.

【0015】クライアント10から入力されたデータはサーバ20のメモリ21上に用意されたファイル管理テーブル200内にファイル最新情報として一旦格納された後、外部記憶装置50の該当ファイルのバックアップキュー500に移される。 [0015] After the data input from the client 10, which is temporarily stored as a file date information in the file management table 200 which is prepared in the memory 21 of the server 20, transferred to a backup queue 500 of the file of the external storage device 50 It is. メモリ21のファイル管理テーブル200には、ファイル重要度に応じてバックアップをとる頻度を変えるために、ファイルごとにバックアップ用ファイル更新規定回数を設定しておく。 The file management table 200 in the memory 21, in order to change the frequency to back up according to the file importance, setting the backup file updating prescribed number for each file. また、このファイル管理テーブル200には、ファイルを更新した回数をカウントする更新カウンタが用意されており、 Further, the file management table 200, are ready updated counter for counting the number of times of updating the file,
あるファイルの更新回数がバックアップ用更新規定回数とイコールになったら、サーバ20は外部記憶装置50 When the update number of times of a file is made for updating the specified number of times and equal backup, server 20 is an external storage device 50
から該当ファイルのバックアップキュー500を読み出し、通信ネットワーク40を介してバックアップ用ファイルサーバ30に送り、ファイル管理テーブル200の該当ファイルの更新カウンタを“0”に戻し、外部記憶装置50の該当ファイルのバックアップキューをクリアする。 Reads the backup queue 500 of the file from and sent to the backup file server 30 via the communication network 40, the update counter of the file in the file management table 200 back to "0", the backup of the file of the external storage device 50 to clear the queue. バックアップ用サーバ30は、サーバ20から送られたバックアップデータを外部記憶装置60に書き込む。 Backup server 30 writes the backup data sent from the server 20 to the external storage device 60. さらに、サーバ20のメモリ21上のファイル管理テーブル200にバックアップ用更新規定回数の外に最終更新規定回数を設定しておき、更新回数がバックアップ用更新規定回数とイコールになってもサーバ20の利用率が高い場合には処理を継続し、更新回数が最終更新規定回数になったときに当該ファイルのキューをバックアップ用ファイルサーバ50にバックアップをとるようにする。 Furthermore, have set up last update specified number out of the backup update the predetermined number of times in the file management table 200 in the memory 21 of the server 20, the usage number of updates of the server 20 is also turned for updating a prescribed number of times and equal backup It continues processing if the rate is high, the number of updates is to back up the queue of the file to the backup file server 50 when it is last updated prescribed number.

【0016】サーバ20の外部記憶装置50には、ある一定の期間、つまり更新カウンタのカウント数が1から最大で最終更新規定回数までのファイル情報が、バックアップキュー500としてファイルごとに有する。 [0016] The external storage device 50 of the server 20 within a certain time range, i.e. the count of the update counter has the file information to the final update specified number up to 1, with each file as a backup queue 500. バックアップ用ファイルサーバ30は、サーバ20の該外部記憶装置50のデータをファイル単位に全てバックアップデータとしてとる。 Backup file server 30 is taken as all backup data of data of the external storage device 50 of the server 20 in file units.

【0017】図2はサーバ20のメモリ21上のファイル管理テーブル200の構成例であり、201はファイル名、202はファイル最新情報、203は更新カウンタ、204はバックアップ用更新規定回数、205は最終更新規定回数である。 [0017] an example of the configuration of FIG. 2 is a file management table 200 in the memory 21 of the server 20, 201 the file name 202 is the file date information, 203 update counter, 204 is updated the predetermined number of times for backup, 205 final is an update specified number of times. ファイル名201はサーバ20 File name 201 server 20
に具備されている各ファイルに対応している。 It corresponds to each file that is provided in. ファイル最新情報202は最新の更新ファイル情報を示し、クライアントから入力されたデータが格納される。 File updates 202 represents the latest update file information, data input from the client is stored. 更新カウンタ203はファイルを更新した回数を示し、該当ファイルが更新されるとプラス“1”される。 Update counter 203 indicates the number of times of updating the file, that file is the updated plus "1". バックアップ用更新規定回数204と最終更新規定回数205はバックアップ開始条件の更新回数であり、ファイルの重要度に応じてあらかじめファイル毎に設定しておく。 Backup update specified number 204 and the last update prescribed count 205 is the number of updates of the backup start condition set in advance for each file in accordance with the importance of the file.

【0018】サーバ20は、ファイルの更新があると、 [0018] The server 20, when there is an update of the file,
このファイル管理テーブル200の該当テーブル名20 The corresponding table name of the file management table 200 20
1に対応する更新カウンタ203のカウント値とバックアップ用更新規定回数204をまず比較し、イコールであれば、サーバ20自身の利用率状況により、利用率が低いときにはバックアップ用ファイルサーバ30にバックアップをとる。 The count value and the backup update prescribed number 204 updates counter 203 corresponding to one first comparator, if equal, the usage status of the server 20 itself, backed up in the backup file server 30 when a low utilization . サーバ20自身の利用率が高いときには、バックアップをとる処理を行わず、その後、最終更新規定回数205と更新カウンタ203がイコールになるまでクライアントからのファイル更新処理を行い、イコールになった時点でバックアップをとる。 When higher server 20 itself utilization does not perform the process of taking a backup, then performs a file update process from the client to the last update specified number 205 and updates the counter 203 is equal, the backup when it becomes equal the take. ここで、重要度が非常に高いファイルについては、最終更新規定回数205をバックアップ用更新規定回数204と同じにし、かつ、設定回数を小さくすれば、短い周期でバックアップをとれる。 Here, the importance is very high file, the same west last update specified number 205 and backup update prescribed number 204, and, by reducing the set number of times, take a backup in a short period.

【0019】図3はサーバ20の外部記憶装置50上のバックアップキュー500の構成例であり、501はファイル名、502はカウント値、503はカウント値5 FIG. 3 is a configuration example of a backup queue 500 in the external storage device 50 of the server 20, 501 filename 502 count, 503 count 5
02に対するファイル情報である。 Is a file information for 02. ファイル名501は図2のファイル名201に対応する。 File name 501 corresponding to the file name 201 of FIG. 2. カウント値502 Count 502
は図2の更新カウンタ203の値を示し、ファイル情報503はその時のファイル最新情報202を示す。 Represents the updated value of the counter 203 of FIG. 2, the file information 503 indicating the file date information 202 at that time. このバックアップキュー500は、サーバ20の各ファイルごとに存在し、それぞれカウント値502が1から最大で最終更新規定回数分に対するファイル情報503を保持する。 The backup queue 500 exists for each file in the server 20, the count value 502 each of which holds the file information 503 for the last update prescribed number of times up to 1. バックアップ用ファイルサーバ30にバックアップをとる場合には、外部記憶装置50からファイル毎に全てのカウント数分のキューデータをバックアップデータとしてとる。 When backing up to the backup file server 30, take all count number of the cue data for each file from the external storage device 50 as backup data.

【0020】次に、クライアント10からデータが入力され、サーバ20のファイルが更新され、サーバ20がバックアップ用ファイルサーバ30にバックアップをとる場合の処理を、図4のフローチャートを参照して具体的に説明する。 Next, the input data from the client 10 is updated a file server 20, the process when the server 20 backs up the file server 30 for backup, specifically with reference to the flowchart of FIG. 4 explain.

【0021】サーバ20のメモリ21上のファイル管理テーブル200内のファイルa(ファイル名201がa)に対応するバックアップ用更新規定回数204をy、最終更新規定回数205をzと設定する(但し、本実施例ではy<zとする)。 [0021] The backup update specified number 204 files a in the file management table 200 in the memory 21 of the server 20 (the file name 201 is a) corresponds to y, the last update prescribed number 205 is set to z (where and y <z in this embodiment). これらの設定値は、ファイルの重要度によってユーザが任意に決める。 These settings, user arbitrarily determined by the importance of the file. 例えば非常に重要なファイルであり、更新される毎にバックアップをとりたければ、そのバックアップ用更新規定回数20 For example, a very important file, if you want to take a backup each time it is updated, update the provisions for the number of backups 20
4を“1”、最終更新規定回数205も“1”と設定する。 4 "1", last update prescribed number 205 is also set to "1".

【0022】クライアント10は、データを入力し、サーバ20のファイルaのデータを更新したとする(ステップ401)。 [0022] The client 10, enter the data, and to update the data of the file a server 20 (step 401). サーバ20は、クライアント10から入力されたデータを、メモリ20上のファイル管理テーブル200内のファイル名aのファイル最新情報202に一旦書き込み、更新カウンタ203は“1”プラスする(ステップ402)(この時のカウンタ数をxとする)。 Server 20, the data input from the client 10, once writing to the file name a file date information 202 in the file management table 200 in the memory 20, updates the counter 203 is "1" plus (step 402) (this a and x number of counters of time). なお、削除の場合は、削除されたファイルデータをファイル管理テーブル200内の該当ファイル名のファイル最新情報202に書き込めばよい。 In the case of deletion, it may be written to the file data that was deleted in the file date information 202 of the file name of the file management table 200. このファイル管理テーブル200内のファイル名aの更新カウンタ2 Update counter 2 of the file name a of the file management table 200
03の更新カウント数xとファイル最新情報202を外部記憶装置50のファイル名aのバックアップキュー5 03 external storage device the update count the number of x and file the latest information 202 of 50 file name backup queue 5 of a of
00の最後尾に格納する(ステップ403)。 00 stored at the end of (step 403).

【0023】次に、サーバ20は、ファイル管理テーブル200内のファイル名aの更新カウンタ203の値x [0023] Next, the server 20, the value x of the file name a of the update counter 203 in the file management table 200
とバックアップ用更新規定回数204の値yを比較する(ステップ404)。 And comparing the value y of the backup update the specified number of times 204 (step 404). そして、x<yの場合,サーバ2 In the case of x <y, server 2
0はファイルaについてのバックアップをとらずに、クライアント10からのデータ更新処理を続行する。 0 without taking a backup of the file a, to continue the data update processing from the client 10. このようにして、x=yになるまで、外部記憶装置50のファイル名aのバックアップキュー500には、更新カウント数x+1,x+2,…とそれに対応するファイル最新情報が書き込まれていく。 In this way, until x = y, the file name backup queue 500 a of the external memory device 50 updates the count number x + 1, x + 2, ... with the file date information corresponding to it will be written.

【0024】x=yの場合、サーバ20の利用率が低いか判定し(ステップ405)、利用率が低い場合、サーバ20は、外部記憶装置50から、ファイル名aのバックアップキュー500の更新カウント数1〜x(x= In the case of x = y, it is determined whether usage of the server 20 is low (step 405), if a low utilization rate, server 20, from the external storage device 50, an update count of the backup queue 500 of file names a number 1~x (x =
y)までのファイルデータを読み出してバックアップ送信キューにまわし(ステップ406)、バックアップ用ファイルサーバ30にバックアップを連絡する(ステップ407)。 Reads the file data to y) rotate to the backup transmission queue (step 406), to contact the backup to the backup file server 30 (step 407).

【0025】x=yで、かつ、サーバ20の利用率が高い場合、更新カウンタ203の値xと最終更新規定回数205の値zを比較し(ステップ408)、x<zの場合、サーバ20はファイルaについてのバックアップをとらずに、クライアント10からのデータ更新処理を続行する。 [0025] In x = y, and when the usage rate of the server 20 is high, it compares the values ​​z values ​​x and Last prescribed number 205 updates counter 203 (step 408), if the x <z, the server 20 It is to not take a backup of the file a, to continue the data update processing from the client 10. 本実施例ではy<zであるため、x=yではx In the present embodiment a y <z, x = y In x
<zであり、クライアント10からのデータ更新処理が続行される。 <A z, data update processing from the client 10 is continued.

【0026】その後、サーバ20がデータ更新処理をn [0026] Thereafter, the server 20 is a data update processing n
回続け、ステップ404でx>yが判定され(ただし、 Continue times, x> y is determined in step 404 (However,
x<zとする)、ステップ405でサーバ20の利用率が低いことが判定されると、サーバ20は、外部記憶装置50からファイル名aのバックアップキュー500のカウント数1〜x(x=y+n)までのファイルデータをバックアップ用ファイルサーバ30にバックアップする(ステップ406,407)。 x <a z), the possible utilization of the server 20 is low is determined in step 405, the server 20 counts the number 1~x the backup queue 500 of the file name a from the external storage device 50 (x = y + n ) to backup to the backup file server 30 the file data of up to (step 406, 407). 一方、依然としてサーバ20の利用率が高い場合は、ステップ408でx>z On the other hand, if still utilization of the server 20 is high, in step 408 x> z
が判定され、サーバ20はクライアントからのデータ更新処理を続行する。 There is determined, the server 20 to continue the data updating process from the client. このようにして、サーバ20がデータ更新処理をさらにn回続け、ステップ408でx=z In this way, the server 20 continues further n times the data updating process, at step 408 x = z
が判定された場合、サーバ20は、利用率にかかわらず、外部記憶装置50から、ファイル名aのバックアップキュー500の更新カウント数1〜x(x=z)までのファイルデータをバックアップ用ファイルサーバ30 If There is determined, the server 20, regardless of utilization, from the external storage device 50, the backup file server file data before update count 1~x the backup queue 500 of file names a (x = z) 30
にバックアップとしてとる(ステップ406,40 Taking as a backup to (step 406,40
7)。 7).

【0027】ここで、サーバ20の利用率(ビジー率) [0027] Here, the utilization rate of the server 20 (busy rate)
の測定法の一例について説明する。 Will be described an example of a measuring method. 第1の方法はハードウェアモニタを使用する方法であり、プロセッサ(CP The first method is a method of using a hardware monitor, the processor (CP
U)が動作しているかいないかを、ハードウェアモニタが非常に短いサイクルでサンプリングしてチェックし、 Whether or not or U) is operating, hardware monitor is checked by sampling in a very short cycle,
例えば100回サンプリングして、70回動いていたら利用率は70%とする。 For example, by sampling 100 times, the utilization rate when it moved 70 times to 70%. 第2の方法は、ハードウェアモニタほど正確ではなくなるが、サンプリングをハードウェアではなく、ソフトウェアモニタが、オペレーティングシステム(OS)の核となる部(カーネルといい、実際の演算処理で必ず使用されるソフトウェアの1部)が動いているかを、サンプリングして測る方法である。 The second method is not as precise as the hardware monitor, rather than a sampling hardware, software monitor, called the nucleus becomes part (kernel operating system (OS), it is always used in the actual operation process the one part of the software) is moving, a method of measuring and sampling. 但し、ソフトウェアモニタ自身がソフトウェアであるため、ソフトウェアモニタが動作するとオーバヘッドが発生するため、ハードウェアモニタに比べ正確さは欠ける。 However, since the software monitor itself is a software, because the software monitor to the overhead occurs operation, accuracy compared with the hardware monitor lacks. 本実施例では、このハードウェアモニタやソフトウェアモニタで測定され、利用率について、例えば70% In this embodiment, measured in the hardware monitor or software monitor, for utilization, for example 70%
以下であれば、利用率は低いとし、70%以上であれば、利用率は高いとする。 If less, and the utilization rate low, if 70% or more, utilization rate is high.

【0028】次に、サーバ20に障害が発生し、更新カウント数がバックアップ用更新規定回数に満たないでファイル情報が消失した場合、つまりバックアップ用ファイルサーバ30にバックアップをとる前にファイル情報が消失した場合の復旧方法を説明する。 Next, a failure occurs in the server 20, if the file information is the number of update count is less than the updated prescribed number backup has been lost, i.e. file information before taking a backup to the backup file server 30 is lost the method of recovery when it is described.

【0029】サーバ20がダウンし、メモリ21のファイル管理テーブル200上のファイル最新情報202が消失(例えば更新カウンタ203がmでダウン)した場合、サーバ復旧後、外部記憶装置50に格納されている更新カウント数502がmのファイル情報503をファイル管理テーブル200のファイル最新情報202に書き込む。 The server 20 is down, if the file date information 202 of the file management table 200 of the memory 21 is the loss (e.g., the update counter 203 down m) and, after the server restoration, are stored in the external storage device 50 update count number 502 writes the file information 503 of m in the file date information 202 of the file management table 200. この場合、更新カウンタ203はmからカウントを続行する。 In this case, the update counter 203 continues counting from m.

【0030】サーバ20の外部記憶装置50がダウンし、更新カウント数1〜mまでのファイル情報が消失した場合、外部記憶装置50の復旧後、ジャーナルの更新カウント数1〜mまでの入力データ及び処理内容から全ての処理を再現し、1〜mまでのファイル情報を外部記憶装置50に格納する。 [0030] down the external storage device 50 of the server 20, if the file information to the update count 1~m disappeared, after recovery of the external storage device 50, input data and to update count 1~m journal reproduce all the processes from the process contents, and stores the file information to 1~m the external storage device 50. この場合、ファイル管理テーブル200の更新カウンタ203はmからカウントを続行する。 In this case, the update counter 203 of the file management table 200 continues counting from m. なお、このためには、サーバ20は、いわゆるジャーナルファイルとして、ある一定の期間、例えば更新カウント数1〜最終更新規定回数までの入力データとしてその処理内容を別に保持しておくこと必要がある。 Incidentally, for this purpose, the server 20, as a so-called journal file, a certain period of time, for example, it is necessary to hold apart the processing content as the input data to the updating count 1 Last prescribed number.

【0031】サーバ20がダウンし、ファイル管理テーブル200の情報全てと外部記憶装置50のファイル情報も消失した場合、サーバ20及び外部記憶装置50の復旧後、ジャーナルの更新カウント数1〜mまでの入力データ及び処理内容から全ての処理を再現し、1〜mまでのファイル情報を外部記憶装置50に格納し、また、 The server 20 is down, the information of all the external storage device 50 of the file management table 200 if the file information is also lost, after recovery of the server 20 and the external storage device 50, the journal until the update count 1~m to reproduce all of the processing from the input data and the processing content, and stores the file information up 1~m the external storage device 50, also,
ファイル管理テーブル200に、ファイル最新情報20 In the file management table 200, file latest information 20
2として更新カウント数mのファイル情報を書き込む。 It writes the file information of the update count m as 2.
この場合、更新カウンタ203は、mからカウントを続行する。 In this case, the update counter 203 continues counting from m.

【0032】どの場合の障害においてもファイル情報復旧後、安全を考え、バックアップ用ファイルサーバ30 [0032] even after the file information recovery in the failure of any case, considering the safety, file server 30 for backup
に1〜mまでのファイル情報をまずバックアップとしてとり、ファイル管理デーブル200の更新カウンタ20 To take as a first back up the file information up to 1~m, update counter 20 of the file management Deburu 200
3の値を“0”にしてから処理を続行してもよい。 3 of a value "0" processing may continue after the.

【0033】以上、本発明の一実施例について説明したが、サーバ20では、メモリ21内の管理テーブル20 [0033] Having described an embodiment of the present invention, in the server 20, management table in the memory 21 20
0に、一定の周期で自動的にバックアップをとるための時間をバックアップタイマとしてファイル毎に設定し、 0, set the file each time to take automatically backed up at a constant cycle as a backup timer,
必要に応じて、サーバ20のもつタイマとバックアップタイマの設定値がある条件を満たした時点で、サーバ2 If necessary, at the time when the condition is satisfied that there is a setting value of the timer and the backup timer with the server 20, the server 2
0が自動的にバックアップ用ファイルサーバ30に当該ファイルのバックアップを送ることも可能である。 0 It is also possible to automatically send a backup of the file to the backup file server 30. また、管理テーブル200の更新カウンタ203のカウント値と更新規定回数204の値が条件を満たした時点か、あるいはサーバ20の持つタイマとバックアップタイマの設定値がある条件を満たした時点のいずれか早く条件を満たした時点で、サーバ20が自動的にバックアップ用ファイルサーバ30に当該ファイルのバックアップを送るようにしてもよい。 Moreover, early any time the value of the count value and updating the predetermined number of times 204 updates the counter 203 of the management table 200 has some point satisfying the condition, or the condition is satisfied that there is a setting value of the timer and the backup timer with the server 20 Once the condition is met, it may send a backup of the file to the server 20 a file server 30 for automatically backed up.

【0034】さらに、実施例では、サーバ20自身がバックアップ用ファイルサーバ30に当該ファイルのバックアップを送るとしたが、バックアップ用ファイルサーバ30が、自動的に一定の周期でサーバ20のメモリ2 Furthermore, in the embodiment, the server 20 itself was sending a backup of the file to the file server 30 for backup, the backup file server 30, automatically memory 2 of the server 20 at a constant cycle
1上のファイル管理テーブル200の更新カウンタ20 Update counter 20 of the file management table 200 on the 1
3と更新規定回数204を見に行き、更新カウンタ20 3 and went to see the update specified number of times 204, the update counter 20
3のカウント値と更新規定回数204の値がある条件を満たした時点で、バックアップ用ファイルサーバ30がサーバ20の外部記憶装置50内の当該ファイルのバックアップをとるようにしてもよい。 When the value of 3 of the count value and updating the predetermined number of times 204 satisfies a certain condition, the backup file server 30 may be back up the file in the external storage device 50 of the server 20.

【0035】 [0035]

【発明の効果】請求項1の本発明によれば、ファイルの重要度に応じて、ファイル毎にバックアップをとる頻度を、ファイルへの更新アクセス回数によって制御できるので、更新されてないファイルや更新回数の少ないファイルについては、バックアップをとる回数を減らすことができ、バックアップ処理時間を短縮することが可能となる。 Effects of the Invention According to the present invention of claim 1, according to the importance of the file, the frequency of back up for each file, can be controlled by updating the number of accesses to the file, the file or not updated updated for a small number of times the file, it is possible to reduce the number of times back up, it is possible to shorten the backup time.

【0036】また、請求項2の発明によれば、バックアップをとるタイミングは、サーバの利用率によってある制御できるので、バックアップ処理の負荷を軽減することが可能である。 Further, according to the second aspect of the present invention, the timing to back up, can be controlled is by utilization of the server, it is possible to reduce the load of the backup process.

【0037】また、請求項3の発明によれば、バックアップ用ファイルサーバにバックアップをとる動作をまかせるため、サーバの負荷を更に軽減することが可能である。 Further, according to the third aspect, since the let the operation to back up a file server for backup, it is possible to further reduce the load on the server.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の一実施例を示す分散システムの構成図である。 1 is a configuration diagram of a distributed system according to an embodiment of the present invention.

【図2】サーバのファイル管理テーブルの構成例を示す図である。 2 is a diagram showing a configuration example of a server of the file management table.

【図3】サーバの外部記憶装置内のバックアップキューの構成例を示す図である。 3 is a diagram showing a configuration example of a backup queue in the external storage device of the server.

【図4】サーバのバックアップ処理の一実施例を説明するためのフローチャートである。 4 is a flowchart for explaining an example of a backup process of the server.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

10 クライアント 20 サーバ 30 バックアップ用ファイルサーバ 40 通信ネットワーク 50 外部記憶装置 200 ファイル管理テーブル 201 ファイル名 202 ファイル最新情報 203 更新カウンタ 204 更新規定回数 205 最終更新規定回数 500 バックアップキュー 501 ファイル名 502 更新カウント値 503 ファイル情報 10 client 20 server 30 backup file server 40 communication network 50 external storage device 200 the file management table 201 File name 202 file updates 203 update counter 204 updates the predetermined number of times 205 Last prescribed number 500 backup queue 501 filename 502 updates the count value 503 file Info

Claims (3)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 サーバに対してデータを入出力する一つまたは複数のクライアントと、複数のファイルを保持し、クライアントから入力されたデータを処理し、ファイル更新データを記憶装置に格納するサーバと、サーバのファイルバックアップをとるバックアップ用ファイルサーバと、前記クライアント、サーバ及びバックアップ用ファイルサーバを接続する通信ネットワークとからなる分散システムにおけるファイルバックアップ方法であって、 前記サーバは、ファイル毎に、該ファイルの更新回数をカウントする更新カウンタと、バックアップをとるための更新回数を定めた更新規定回数を設定したファイル管理テーブルを有し、前記更新カウンタのカウント値と前記更新規定回数の値とが所定の条件を満たした時点で、 And one or more clients for inputting and outputting data to 1. A server, a server holding a plurality of files, and processes data input from the client, stores the file update data in a storage device , and the file server for backup taking file backup server, the client, a file backup method in a distributed system comprising a communications network connecting the server and the file server for backup, the server, for each file, the file of the update counter for counting the number of updates have the file management table set update prescribed number which defines the number of updates for back up, the count value of the update counter and the update specified number of values ​​and is given at the time the condition is met,
    前記記憶装置内の当該ファイルのデータをバックアップデータとして前記バックアップ用ファイルサーバに送ることを特徴とする分散システムのファイルバックアップ方法。 File backup method of distributed system characterized by sending to the backup file server data of the file in the storage device as backup data.
  2. 【請求項2】 前記ファイル管理テーブルに、ファイル毎に、前記更新規定回数に加えてバックアップのための最終更新規定回数を設定し、サーバは、該サーバの利用率が低い場合には、前記更新カウンタのカウント値が前記更新規定回数の値に一致するとバックアップをとり、 To wherein said file management table, for each file, the update specified in addition to the number of times to set the last updated prescribed number for backup, the server, when utilization of the server is low, the update Back up the count value of the counter matches the value of the updated prescribed number of times,
    該サーバの利用率が高い場合には、前記更新カウンタのカウント値が前記更新規定回数の値に一致してもバックアップをとらずに処理を続け、前記更新カウンタのカウント値が前記最終更新規定回数の値に一致した時点でバックアップをとることを特徴とする請求項1記載の分散システムのファイルバックアップ方法。 When utilization of the server is high, the count value of the update counter matches the value of the updated prescribed number continue processing without taking backups, the count value is the last update specified number of the update counter file backup method of distributed system of claim 1, wherein the back up at the time of the match value.
  3. 【請求項3】 サーバに対してデータを入出力する一つまたは複数のクライアントと、複数のファイルを保持し、クライアントから入力されたデータを処理し、ファイル更新データを記憶装置に格納するサーバと、サーバのファイルバックアップをとるバックアップ用ファイルサーバと、前記クライアント、サーバ及びバックアップ用ファイルサーバを接続する通信ネットワークとからなる分散システムにおけるファイルバックアップ方法であって、 前記サーバは、ファイル毎に、該ファイルの更新回数をカウントする更新カウンタと、バックアップをとるための更新回数を定めた更新規定回数を設定したファイル管理テーブルを有し、 前記バックアップ用ファイルサーバは、自動的に一定周期で前記サーバの更新カウンタと更新規定回数を And one or more clients for inputting and outputting data to 3. A server, a server holding a plurality of files, and processes data input from the client, stores the file update data in a storage device , and the file server for backup taking file backup server, the client, a file backup method in a distributed system comprising a communications network connecting the server and the file server for backup, the server, for each file, the file and update counter which counts the number of times of updating includes a file management table set update prescribed number which defines the number of updates for back up, the file server for backup, automatically updating the server at a predetermined period the counter and update the specified number of times に行き、更新カウンタのカウント値と更新規定回数の値がある条件を満たした時点で、該バックアップ用ファイルサーバがサーバの記憶装置内の当該ファイルデータをバックアップデータとしてとることを特徴とする分散システムのファイルバックアップ方法。 Distributed systems go, when it satisfies the conditions that the value of the count value and updating the predetermined number of times of the update counter, a file server for the backup, characterized in that the take the file data in the server storage device as backup data in file backup method of.
JP5035213A 1993-02-24 1993-02-24 File backup method for distributed system Pending JPH06250902A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5035213A JPH06250902A (en) 1993-02-24 1993-02-24 File backup method for distributed system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5035213A JPH06250902A (en) 1993-02-24 1993-02-24 File backup method for distributed system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH06250902A true JPH06250902A (en) 1994-09-09

Family

ID=12435565

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5035213A Pending JPH06250902A (en) 1993-02-24 1993-02-24 File backup method for distributed system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH06250902A (en)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005346219A (en) * 2004-06-01 2005-12-15 Dainippon Printing Co Ltd Data backup equipment
JP2008022464A (en) * 2006-07-14 2008-01-31 Fuji Xerox Co Ltd Image processor, storage system and program
US7496785B2 (en) 2006-03-21 2009-02-24 International Business Machines Corporation Enclosure-based raid parity assist
US7549031B2 (en) 2006-03-03 2009-06-16 International Business Machines Corporation Method and apparatus for performing data backup
JP2014063217A (en) * 2012-09-19 2014-04-10 Fujitsu Ltd Backup control program, backup control method, and information processor
JP2015014879A (en) * 2013-07-04 2015-01-22 富士通株式会社 Storage device and storage device control method
US9378259B2 (en) 2012-12-27 2016-06-28 International Business Machines Corporation Using access count of the remote site to optimize file transfer order for asynchronous replication
WO2017109862A1 (en) * 2015-12-22 2017-06-29 株式会社日立製作所 Data file management method, data file management system, and archive server

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005346219A (en) * 2004-06-01 2005-12-15 Dainippon Printing Co Ltd Data backup equipment
US7549031B2 (en) 2006-03-03 2009-06-16 International Business Machines Corporation Method and apparatus for performing data backup
US7496785B2 (en) 2006-03-21 2009-02-24 International Business Machines Corporation Enclosure-based raid parity assist
JP2008022464A (en) * 2006-07-14 2008-01-31 Fuji Xerox Co Ltd Image processor, storage system and program
JP2014063217A (en) * 2012-09-19 2014-04-10 Fujitsu Ltd Backup control program, backup control method, and information processor
US9378259B2 (en) 2012-12-27 2016-06-28 International Business Machines Corporation Using access count of the remote site to optimize file transfer order for asynchronous replication
US9996599B2 (en) 2012-12-27 2018-06-12 International Business Machines Corporation Using access count of the remote site to optimize file transfer order for asynchronous replication
JP2015014879A (en) * 2013-07-04 2015-01-22 富士通株式会社 Storage device and storage device control method
WO2017109862A1 (en) * 2015-12-22 2017-06-29 株式会社日立製作所 Data file management method, data file management system, and archive server

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6898685B2 (en) Ordering data writes from a local storage device to a remote storage device
US6647473B1 (en) Kernel-based crash-consistency coordinator
US7406487B1 (en) Method and system for performing periodic replication using a log
EP1099165B1 (en) File system image transfer
US8315977B2 (en) Data synchronization between a data center environment and a cloud computing environment
EP2329377B1 (en) Using a snapshot as a data source
JP2558052B2 (en) Transaction processing system and method of operation using a presumed-commit two-phase commit protocol
US6877016B1 (en) Method of capturing a physically consistent mirrored snapshot of an online database
US9971657B2 (en) Systems and methods for performing data replication
EP0236743B1 (en) Method for restarting a long-running, fault-tolerant operation in a transaction-oriented data base system
US7617369B1 (en) Fast failover with multiple secondary nodes
US5826021A (en) Disconnected write authorization in a client/server computing system
US6985915B2 (en) Application independent write monitoring method for fast backup and synchronization of files
US5555371A (en) Data backup copying with delayed directory updating and reduced numbers of DASD accesses at a back up site using a log structured array data storage
CN101326497B (en) System and method for generating backup sets
US7251680B2 (en) Single instance backup of email message attachments
JP4324616B2 (en) Data processing method in storage system
CA2207735C (en) Storage of computer data
CA2504322C (en) Apparatus and method for hardware-based file system
JP2703479B2 (en) Data processing method and system having a security function of the time zero backup session
CN101809558B (en) Asynchronous remote data replication system and method
KR100423687B1 (en) Cascading failover of a data management application for shared disk file system in loosely coupled node clusters
US8271830B2 (en) Rolling cache configuration for a data replication system
US7158999B2 (en) Reorganization and repair of an ICF catalog while open and in-use in a digital data storage system
US6076148A (en) Mass storage subsystem and backup arrangement for digital data processing system which permits information to be backed up while host computer(s) continue(s) operating in connection with information stored on mass storage subsystem