JPH06248897A - 地下空間の構築方法 - Google Patents

地下空間の構築方法

Info

Publication number
JPH06248897A
JPH06248897A JP5038202A JP3820293A JPH06248897A JP H06248897 A JPH06248897 A JP H06248897A JP 5038202 A JP5038202 A JP 5038202A JP 3820293 A JP3820293 A JP 3820293A JP H06248897 A JPH06248897 A JP H06248897A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
tunnel
lining
small
diameter
contact
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP5038202A
Other languages
English (en)
Inventor
Mitsutaka Namita
光敬 波田
Original Assignee
Fujita Corp
株式会社フジタ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujita Corp, 株式会社フジタ filed Critical Fujita Corp
Priority to JP5038202A priority Critical patent/JPH06248897A/ja
Publication of JPH06248897A publication Critical patent/JPH06248897A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 施工性が向上され、構造的に安定した多目的
地下大空間の構築方法を提供する。 【構成】 小口径トンネル掘削面の前方地山に構築され
た半円状の薄肉状補強体1を構築し同構築体内に小径の
亀甲型の覆工2を構築し、同覆工2によってリング状の
外周トンネル3を構築し、同トンネル3に内接する覆工
4を構築して、同覆工4内を掘削する。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【産業上の利用分野】本発明は軟弱地盤に大断面トンネ
ル、大規模地下駐車場等を構築するための地下空間の構
築方法に係るものである。

【0002】

【従来の技術】従来の軟弱地盤でのトンネル工法として
は、(イ)地上から掘削を行い、トンネル覆工を構築す
る開削工法。(ロ)シールド掘削機による掘削孔に覆工
セグメントを単一円に組立てるシールド工法がある。ま
た掘削径20m以上の大断面トンネル工法としては、
(ハ)先進導孔として小口径シールドトンネルを外周に
構築して大断面トンネルを構築する方法。が実施されて
いる。

【0003】

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、前記従
来の(イ)の方法では、トンネルを構築する際に占有す
る地上用地が大規模となり、都市部では実施が極めて困
難である。また(ロ)の方法では、掘削径が20m以上
になると推進力が巨大となり、掘進機構及びセグメント
が大型化して実用化が困難である。

【0004】更に(ハ)の方法では、外周の小口径トン
ネルが円形断面となり、各小口径トンネル間相互の結合
部が点接触となって、大断面のリング機構として必要な
結合力を得難い。なお小口径トンネル相互間の点接触を
避けるため、小口径トンネルより少し大きいシールドト
ンネルで二重掘りして接触部を確保する方法が提案され
ているが、先進導坑を二重掘りする必要がある。

【0005】本発明は前記従来技術の有する問題点を解
決するために提案されたもので、その目的とする処は、
施工性が向上され、十分な接触部を有する外周の小口径
先進導坑トンネルが一重掘りで構築され、多目的に供せ
られる地下空間の構築方法を提供する点にある。

【0006】

【課題を解決するための手段】前記の目的を達成するた
め、本発明に係る地下空間の構築方法によれば、大断面
トンネルの外周上の所定位置にある小口径トンネル掘削
面前方地山に、半円状断面の薄肉状の補強体を構築し、
同補強体に囲繞された小口径トンネル断面内を掘削して
亀甲型の覆工を構築し、以上の工程を反覆して亀甲型の
小口径トンネルを大断面トンネルの外周に沿って多数構
築してリング構造の外周トンネルを構築し、同外周のリ
ングトンネルに内接する覆工を構築して同覆工内に大断
面のトンネルを施工するものである。

【0007】

【作用】本発明によれば前記したように、小口径トンネ
ル掘削面より前方地山に半円状断面の薄肉状の補強体を
構築することによって、予め小口径トンネル掘削時の地
山の安定を図り、同補強体に囲繞された小口径トンネル
断面内を掘削して亀甲型の覆工を構築し、相隣る小口径
トンネルの接合部に十分な接触部を形成せしめて大きな
結合力を得る。

【0008】前記の工程を繰り返すことによって、大断
面トンネルの外周に亀甲型の小口径トンネルを配置して
リング状の支保構造を構築し、大断面トンネル掘削時の
地山の安定を図る。前記亀甲型の小口径外周トンネルよ
りなるリング構造の外周トンネルは、大断面トンネルの
覆工としての機能を有し、場合により外周トンネルに内
接するような亀甲型の覆工によって、大断面トンネルの
恒久的な安定が図られる。

【0009】

【実施例】以下、本発明を図示の実施例について説明す
る。大断面の外周トンネル設置ゾーンaにおける所定位
置にある小口径トンネル掘削面前方地山に、半円状の薄
肉状の補強体1を構築する。なお前記薄肉状の補強体1
は本出願人の提案に係る特開平2−101297号公報
に開示されたPASS工法や特開平2−252891号
公報に開示された逆T型プレライニング工法等、公知の
方法によって構築される。(図2参照)前記補強体1に
囲繞された小口径トンネル断面を掘削して亀甲型の覆工
2を構築する。

【0010】以下前記の工程を繰り返して小口径の外周
トンネル3を大断面トンネルの外周に多数構築してリン
グ構造の外周トンネル3を構築し、同外周トンネルに内
接する覆工4を構築し、同覆工4内部を掘削して地下大
空間を構築する。同大口径の地下大空間は例えば直径が
100mにも及び、地下駐車場等に供される。また外周
トンネル3は地下道、上水道あるいは電力線の導溝等、
多目的な共同溝として利用される。

【0011】

【発明の効果】本発明によれば、所要の大断面トンネル
の外周上の所定位置にある小口径トンネル掘削面前方地
山に、半円状断面の薄肉状補強体を構築し、同補強体に
囲繞された小口径のトンネル断面内を掘削して亀甲型の
覆工を構築することによって、同覆工が十分な接触部を
有し、接触部を拡大するための2度堀りがなくなり、施
工が簡略化される。

【0012】更に同補強体によってリング構造の外周ト
ンネルを構築し、同外周トンネルに囲繞された大断面の
トンネルを構築し、同トンネル空間を大型の地下駐車場
等に利用し、外周の小口径トンネルを下水道、上水道、
電力線の導溝等として利用し、多目的共同溝として利用
できる。更にまた本発明によれば、シールドマシンの如
き函体構造の掘削機械装置を必要としないため、地下駅
部や、トンネルの分岐部合流部等のような自由な形状の
大断面トンネルを構築することができる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明に係る地下空間の構築方法の一実施例の
実施状況を示す縦断面図である。

【図2】外周トンネル設置ゾーンの前方地山に半円状の
補強体を構築する状態を示す斜視図である。

【図3】前記補強体に囲まれた小口径トンネル断面内を
掘削し、亀甲型の覆工を構築した状態を示す縦断面図で
ある。

【符号の説明】

1 薄肉状の補強体 2 亀甲型の覆工 3 外周トンネル 4 外周トンネルに内接する覆工 a 外周トンネル設置ゾーン

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 大断面トンネルの外周上の所定位置にあ
    る小口径トンネル掘削面前方地山に、半円状断面の薄肉
    状の補強体を構築し、同補強体に囲繞された小口径トン
    ネル断面内を掘削して亀甲型の覆工を構築し、以上の工
    程を反覆して亀甲型の小口径トンネルを大断面トンネル
    の外周に沿って多数構築してリング構造の外周トンネル
    を構築し、同外周のリングトンネルに内接する覆工を構
    築して同覆工内に大断面のトンネルを施工することを特
    徴とする地下空間の構築方法。
JP5038202A 1993-02-26 1993-02-26 地下空間の構築方法 Pending JPH06248897A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5038202A JPH06248897A (ja) 1993-02-26 1993-02-26 地下空間の構築方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5038202A JPH06248897A (ja) 1993-02-26 1993-02-26 地下空間の構築方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH06248897A true JPH06248897A (ja) 1994-09-06

Family

ID=12518762

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5038202A Pending JPH06248897A (ja) 1993-02-26 1993-02-26 地下空間の構築方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH06248897A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102704957A (zh) * 2012-05-11 2012-10-03 北京工业大学 一种用于浅埋大型地下结构建造的棚架法
US20140050531A1 (en) * 2012-08-17 2014-02-20 Ric-Man Construction, Inc. Shaft construction in the earth and method thereof

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102704957A (zh) * 2012-05-11 2012-10-03 北京工业大学 一种用于浅埋大型地下结构建造的棚架法
CN102704957B (zh) * 2012-05-11 2014-05-07 北京工业大学 一种用于浅埋大型地下结构建造的棚架法
US20140050531A1 (en) * 2012-08-17 2014-02-20 Ric-Man Construction, Inc. Shaft construction in the earth and method thereof
US9255476B2 (en) * 2012-08-17 2016-02-09 Ric-Man Construction, Inc. Shaft construction in the earth and method thereof

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN106088149B (zh) 一种预制拼装式地下廊道的机械化快速施工方法
JP4803428B2 (ja) トンネル工法
CN106948833A (zh) 拼装式联络通道结构及其施工方法
JP2004124489A (ja) 地下構造物およびその構築工法
CN103485790A (zh) 一种管幕-支护结构组合体系浅埋暗挖法
JP2006322222A (ja) 大断面トンネルの構築方法
JP2005248476A (ja) トンネル掘削機
JP2007217911A (ja) 地中空洞の施工方法およびトンネル工法
JP2010043440A (ja) シールドトンネルの拡幅工法
CN102410031A (zh) 桩墙法建造地下空间结构
JP2007303156A (ja) シールドルーフ工法
CN100532738C (zh) 地下工程的连续实现方法
JP4022687B2 (ja) 地下構造物の構築工法
JP4793655B2 (ja) トンネル工法
JP2010084395A (ja) トンネル拡大用掘進システム及びトンネル拡大用掘進方法
CN109869159A (zh) 一种联络通道的盾构施工方法
JP2014043738A (ja) 大断面トンネルの施工方法
CN104895100B (zh) 建筑物密集区域建造地下空间沉箱施工方法
JP4556786B2 (ja) シールド機の推進工法
JP4326442B2 (ja) 地下構造物
US4874268A (en) Method and apparatus for building pipeline and shield tunnelling machine
CN103321658A (zh) 用于软土地层的模筑衬砌支护结构及施工方法
US4618298A (en) Method for constructing an enlarged tunnel and apparatus for forming the same
JP4495114B2 (ja) トンネル掘削機及びトンネル掘削工法
JPH0765455B2 (ja) シールドトンネルの分岐・接合部の施工方法及び分岐・接合部の仮設隔壁施工装置