JPH06248614A - 高橋脚及びその施工方法 - Google Patents

高橋脚及びその施工方法

Info

Publication number
JPH06248614A
JPH06248614A JP6311893A JP6311893A JPH06248614A JP H06248614 A JPH06248614 A JP H06248614A JP 6311893 A JP6311893 A JP 6311893A JP 6311893 A JP6311893 A JP 6311893A JP H06248614 A JPH06248614 A JP H06248614A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
steel
concrete
pier
steel pipe
footing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP6311893A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3401598B2 (ja
Inventor
Masuo Funabiki
Yukio Osaki
Mamoru Sakamoto
守 坂本
幸雄 大崎
増雄 船引
Original Assignee
Hazama Gumi Ltd
株式会社間組
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hazama Gumi Ltd, 株式会社間組 filed Critical Hazama Gumi Ltd
Priority to JP06311893A priority Critical patent/JP3401598B2/ja
Publication of JPH06248614A publication Critical patent/JPH06248614A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3401598B2 publication Critical patent/JP3401598B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 コンクリートと鋼の長所を活用し、剛性及び
靭性に優れ、かつ設計の自由度、両者の接合性が良好で
経済的なものとする。 【構成】 フーチング1と、フーチングに立設され、内
面リブ付き鋼管2を所要数連設してなる脚鋼枠3内にコ
ンクリートが充填された脚4と、脚の上端部に取り付け
られ、鋼板製の梁型枠7内にコンクリートが充填された
梁8とを備えることにより、脚をコンクリートと鋼管か
らなる充填型の鋼管コンクリート構造とし、かつコンク
リートと鋼管をその内面のリブを介して強固に接合す
る。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、高さ50〜100m程
度の高橋脚及びその施工方法に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、この種の高橋脚としては、RC
(鉄筋コンクリート)構造のもの及び鋼構造のものが知
られており、いずれの構造のものも、フーチングの施工
後、このフーチング上に脚を1リフト構築し、ついで上
記脚リフト上に所要数のリフトを下方から上方へ順に構
築して脚とした後、脚上に梁を構築する方法によって施
工されている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、従来の
高橋脚のうち前者のRC構造のものでは、靭性が小さ
く、特に高橋脚の場合には、多量の鉄筋を必要とし、不
経済となる不具合がある。又、後者の鋼構造のもので
は、特に高橋脚の場合、脚の肉厚を大きくしなければな
らず、不経済であり、かつ剛性が小さく、変形が大きい
不具合がある。
【0004】一方、RC構造のものの施工では、鉄筋の
組立,型枠工,コンクリート打設,脱型,足場の上昇等
と現地での工程,工種が多く、かつ作業ヤードが広くな
り、周辺環境への悪影響があると共に、脚のコンクリー
ト打設において、各リフトでの養生,打継処理等により
工期が長くなる不具合がある。又、いずれの構造のもの
の施工でも、施工が進むにつれて高所作業を伴うため、
安全上好ましくなく、かつ足場の使用材料が膨大となる
不具合がある。
【0005】そこで、本発明はコンクリートと鋼の短所
を補完しかつ長所を有効に活用し、剛性及び靭性に優
れ、かつ設計の自由度を高め得ると共に、両者の接合性
が良好で経済的な高橋脚の提供、及び作業ヤードを特に
必要としないと共に、工期を大幅に短縮し得、かつ構造
物を均質にし得、更に高所作業がなく、安全で足場材料
を然程必要としない高橋脚の施工方法の提供を目的とす
る。
【0006】
【課題を解決するための手段】前記課題を解決するた
め、本発明の高橋脚は、フーチングと、フーチングに立
設され、内面リブ付き鋼管を所要数連設してなる脚鋼枠
内にコンクリートが充填された脚と、脚の上端部に取り
付けられ、鋼板製の梁型枠内にコンクリートが充填され
た梁とを備えるものである。
【0007】又、高橋脚の施工方法は、フーチングの施
工後、このフーチング上に鋼板製の梁型枠を配置し、梁
型枠を四方からワイヤーロープで引っ張ってワイヤー調
整しながらジャッキアップした後、梁型枠の下部に内面
リブ付き鋼管を溶接し、ついで梁型枠を四方からワイヤ
ーロープで引っ張ってワイヤー調整しながら梁型枠及び
内面リブ付き鋼管をジャッキアップし、かつ内面リブ付
き鋼管の下端に所要数の内面リブ付き鋼管を次々に溶接
して脚鋼枠とした後、脚鋼枠と梁型枠内にコンクリート
を下方から順に連続打設する方法である。
【0008】
【作用】上記第1の手段においては、脚がコンクリート
と鋼管からなる、いわゆる充填型の鋼管コンクリート構
造となり、かつコンクリートと鋼管とが鋼管の内面のリ
ブを介して強固に接合される。又、第2の手段において
は、現地での作業が鋼枠の組立とコンクリートの打設の
みとなると共に、コンクリートの打設が鋼枠の組立後に
一度で行われ、かつ鋼枠の組立が地上付近の比較的低い
単一の足場で行われる。
【0009】鋼管内面のリブは、スパイラル状をなして
いることが好ましい。又、コンクリートとしては、締固
め作業を必要とせず、打設するのみで鋼枠内を充填する
性能を有するHPC(超流動コンクリート)が用いられ
る。更に、フーチングと脚,脚と梁の接合部は、RC構
造とするために定着筋を配筋し、かつ梁内にも主筋を配
筋することが好ましい。
【0010】
【実施例】以下、本発明の実施例について図面を参照し
て説明する。図1は本発明の高橋脚の一実施例を示す斜
視図である。図中1はRC構造のフーチングで、このフ
ーチング1の中央部には、スパイラル状のリブ(図示せ
ず)を内面に設けた内面リブ付き鋼管2を溶接して所要
数連設してなる脚鋼枠3内にHPC(図示せず)を充填
された脚4が、フーチング1との接合部に配筋した定着
筋5を介して一体的に連結されて立設されている。そし
て、脚4の上端部には、主筋6を配筋した鋼板製の梁型
枠7内にHPC(図示せず)を充填された梁8が、脚4
との接合部にセットした定着筋9を介しかつ鋼枠,型枠
3,7同志を溶接して一体的に連結して取り付けられて
いる。図1において13はコンクリート導入パイプ、1
5はコンクリート圧送管、16は地上操作可能なバルブ
である。
【0011】上記構成の高橋脚は、脚4がコンクリート
と鋼管2からなる、いわゆる充填型の鋼管コンクリート
構造となるので、軸力をコンクリートに、かつ曲げを鋼
管2に受けさせることができ、両材料の長所を活用しつ
つ短所を補完することができ、かつ鋼構造のものに比し
て鋼管2の肉厚を薄くすることが可能となる。
【0012】又、コンクリートと鋼管2とが鋼管2の内
面のリブを介して強固に接合されるので、両者の接合強
度が高まり、脚4を剛性,靭性の高いものとすることが
でき、かつ設計の自由度を大きくすることができる。
【0013】上記構成の高橋脚の施工に際しては、ま
ず、図2に示すように、RC構造のフーチング1を施工
すると共に、その中央部に後述するように脚4と連結す
るための定着筋5を定着しておく。ついで、図3,図9
に示すように、フーチング1上に4台のジャッキ10を
フーチング1の中心を通る直角2方向の点対称位置に配
置すると共に、これらのジャッキ10上に鋼板製の梁型
枠7を配置し、かつ梁型枠7の四隅と地面に定着したア
ンカー11との間にワイヤーロープ12を張設して梁型
枠7を四方から支持する。梁型枠7内には、後述するよ
うに脚4と連結するための定着筋9と図示しない主筋を
予め配筋しておく。次に、図4に示すように、梁型枠7
を四方からワイヤーロープ12で引っ張ってワイヤー調
整しながら対向する一方の1組のジャッキ10を用いて
所要の高さ(1本の内面リブ付き鋼管の長さ相当)まで
ジャッキアップした後、梁型枠7の下方に内面リブ付き
鋼管2を配置し、この内面リブ付き鋼管2を他方の1組
のジャッキ10を用い持ち上げて上方の梁型枠7に当接
して両者を溶接する。内面リブ付き鋼管2の周壁上部に
は、後述するようにコンクリート打設のためのコンクリ
ート導入パイプ13及びコンクリート圧送管15と地上
操作可能なバルブ16(図7参照)が予め取り付けられ
ている。なお、溶接作業は、1本の内面リブ付き鋼管2
の長さに相当する高さの足場(図示せず)を用いて行わ
れる。
【0014】ついで、図5に示すように、梁型枠7を四
方からワイヤーロープ12で引っ張ってワイヤー調整し
ながら、他方の1組のジャッキ10を用いて梁型枠7及
び内面リブ付き鋼管2を所要の高さまでジャッキアップ
した後、持ち上げられた内面リブ付き鋼管2の下方に次
の内面リブ付き鋼管2を配置し、次の内面リブ付き鋼管
2を一方の1組のジャッキ10を用いて上方の内面リブ
付き鋼管2に当接して両者を溶接する。以下、梁型枠7
を四方からワイヤーロープ12で引っ張ってワイヤー調
整しながら、図10〜図13に示すように、一方の1組
のジャッキ10と他方の1組のジャッキ10とを交互に
用いて梁型枠7及び内面リブ付き鋼管2をジャッキアッ
プし、かつ上方の内面リブ付き鋼管2の下端に所要数の
内面リブ付き鋼管2を次々に溶接して、図6に示すよう
に、所望の高さを有する脚鋼枠3とする。ついで、図7
に示すように、HPCを圧送する地上のポンプ車14
に、連結されたコンクリート圧送管15を接続する。そ
して、脚鋼枠3及び梁型枠7内に、HPCをポンプ車1
4を駆動して下方のバルブ16から順に開いて圧送す
る。HPCの固化後にワイヤーロープ12を取り去る
と、図1,図8に示すように、高橋脚が完成する。又、
コンクリート圧送管15は、橋脚完成後の雨樋(排水
管)として使用することも可能である。
【0015】なお、上記実施例においては、橋脚を単柱
とする場合について述べたが、これに限定されるもので
はなく、橋脚高さや梁長さ等により橋脚を2本あるいは
4本とする場合にも適用できるのは勿論である。
【0016】
【発明の効果】以上説明したように、本発明の高橋脚に
よれば、脚がコンクリートと鋼管からなる、いわゆる充
填型の鋼管コンクリート構造となるので、軸力をコンク
リートに、かつ曲げを鋼管に受けさせることができ、両
材料の長所を活用しつつ短所を補完し剛性及び靭性に優
れたものとすることができ、かつ従来のものに比して鉄
筋量の低減若しくは鋼管の薄肉化を図って経済性を高め
ることができる。又、コンクリートと鋼管とが鋼管内面
のリブを介して強固に接合されるので、両者の接合強度
が高まり、脚を剛性及び靭性の高いものとすることがで
きると共に、設計の自由度を大きくすることができる。
一方、高橋脚の施工方法によれば、現地での作業が鋼枠
の組立とコンクリートの打設のみとなるので、従来に比
して工数及び工種を大幅に減少させることができ、かつ
作業ヤードを狭くし環境の破壊を最小限にすることがで
きる。又、コンクリートの打設が鋼枠の組立後に一度で
行われるので、構造物を均質にし得、かつ工期を大幅に
短縮することができる。更に、鋼枠の組立が、地上付近
の比較的低い単一の足場で行われるので、作業の安全性
を高めることができると共に、足場材料の使用量を激減
できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の高橋脚の一実施例を示す斜視図であ
る。
【図2〜図8】本発明の高橋脚の施工方法の一実施例を
示す各工程の正面図である。
【図9】図3〜図7に示す工程で使用されるジャッキの
配置状態の平面図である。
【図10〜図13】図3〜図7に示す工程で使用される
ジャッキのジャッキアップ工程の正面図である。
【符号の説明】
1 フーチング 2 内面リブ付き鋼管 3 脚鋼枠 4 脚 7 梁型枠 8 梁 10 ジャッキ 11 アンカー 12 ワイヤーロープ 13 コンクリート導入パイプ 14 ポンプ車 15 コンクリート圧送管 16 バルブ

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 フーチングと、フーチングに立設され、
    内面リブ付き鋼管を所要数連設してなる脚鋼枠内にコン
    クリートが充填された脚と、脚の上端部に取り付けら
    れ、鋼板製の梁型枠内にコンクリートが充填された梁と
    を備えることを特徴とする高橋脚。
  2. 【請求項2】 フーチングの施工後、このフーチング上
    に鋼板製の梁型枠を配置し、梁型枠を四方からワイヤー
    ロープで引っ張ってワイヤー調整しながらジャッキアッ
    プした後、梁型枠の下部に内面リブ付き鋼管を溶接し、
    ついで梁型枠を四方からワイヤーロープで引っ張ってワ
    イヤー調整しながら梁型枠及び内面リブ付き鋼管をジャ
    ッキアップし、かつ内面リブ付き鋼管の下端に所要数の
    内面リブ付き鋼管を次々に溶接して脚鋼枠とした後、脚
    鋼枠と梁型枠内にコンクリートを下方から順に連続打設
    することを特徴とする高橋脚の施工方法。
JP06311893A 1993-02-26 1993-02-26 高橋脚及びその施工方法 Expired - Fee Related JP3401598B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP06311893A JP3401598B2 (ja) 1993-02-26 1993-02-26 高橋脚及びその施工方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP06311893A JP3401598B2 (ja) 1993-02-26 1993-02-26 高橋脚及びその施工方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06248614A true JPH06248614A (ja) 1994-09-06
JP3401598B2 JP3401598B2 (ja) 2003-04-28

Family

ID=13220060

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP06311893A Expired - Fee Related JP3401598B2 (ja) 1993-02-26 1993-02-26 高橋脚及びその施工方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3401598B2 (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008196135A (ja) * 2007-02-08 2008-08-28 Akio Kitayama 橋梁の補強構造物
CN104153287A (zh) * 2014-07-07 2014-11-19 上海应用技术学院 具有自复位能力的节段拼装混凝土框架桥墩系统及方法
CN104894955A (zh) * 2015-05-14 2015-09-09 中国铁路总公司 一种高速铁路抢修钢桥墩
CN105908621A (zh) * 2016-06-29 2016-08-31 北京工业大学 一种损伤可控的自复位节段预制拼装钢管混凝土桥墩及作法
CN106758789A (zh) * 2016-12-30 2017-05-31 中铁第四勘察设计院集团有限公司 高速铁路钢‑混凝土组合桥墩及其施工方法
JP2017534008A (ja) * 2015-09-18 2017-11-16 河海大学 組立式鉄筋コンクリート組合せ構造の橋脚柱部材

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008196135A (ja) * 2007-02-08 2008-08-28 Akio Kitayama 橋梁の補強構造物
CN104153287A (zh) * 2014-07-07 2014-11-19 上海应用技术学院 具有自复位能力的节段拼装混凝土框架桥墩系统及方法
CN104153287B (zh) * 2014-07-07 2016-03-23 上海应用技术学院 具有自复位能力的节段拼装混凝土框架桥墩系统及方法
CN104894955A (zh) * 2015-05-14 2015-09-09 中国铁路总公司 一种高速铁路抢修钢桥墩
JP2017534008A (ja) * 2015-09-18 2017-11-16 河海大学 組立式鉄筋コンクリート組合せ構造の橋脚柱部材
CN105908621A (zh) * 2016-06-29 2016-08-31 北京工业大学 一种损伤可控的自复位节段预制拼装钢管混凝土桥墩及作法
CN105908621B (zh) * 2016-06-29 2017-12-22 北京工业大学 一种损伤可控的自复位节段预制拼装钢管混凝土桥墩及作法
CN106758789A (zh) * 2016-12-30 2017-05-31 中铁第四勘察设计院集团有限公司 高速铁路钢‑混凝土组合桥墩及其施工方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP3401598B2 (ja) 2003-04-28

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101630235B1 (ko) 안전성이 강화된 피씨 트러스 벽체 구조물 및 이를 이용한 지하구조물 시공방법
US4972537A (en) Orthogonally composite prefabricated structural slabs
JP3952843B2 (ja) 塔状構造物の施工方法
US6920728B2 (en) Column and beam construction and method
WO2018233440A1 (zh) 预应力装配式混凝土框架节点连接结构及其施工方法
KR100531385B1 (ko) 매립형 철골띠장과 슬래브 강막작용을 이용하여 지하외벽의 연속시공이 가능하도록 한 지하 구조물 시공방법
US3828513A (en) Method of erecting a multi-story building and apparatus therefor
JP2008038463A (ja) 橋桁の架設方法
KR100951097B1 (ko) 지하구조물의 슬래브 및 합벽 구조물과 시공 방법, 그리고 받침브라켓
KR100694503B1 (ko) 지하층의 1방향 보 및 데크 슬래브 시공을 위한 하향 골조타설 시스템 및 방법
US20020069602A1 (en) Hurricane resistant precast composite building system
JP3900344B2 (ja) 鉄骨造建物の柱と杭の連結構造およびその施工法
CN104929047B (zh) 一种v型墩外支撑施工方法
US4076778A (en) Climbing formwork
WO2006038620A1 (ja) 脚柱の接合部構造および接合方法
CN101775844B (zh) 一种用于逆作法基坑工程的钢管混凝土柱环梁连接节点
JP2005061127A (ja) コンクリート組立構造体
KR101903628B1 (ko) 내진 성능이 강화된 더블 pc벽체 및 이를 이용한 pc벽체 구조물의 시공방법
CN105569224B (zh) 钢管混凝土边缘约束叠合整体式剪力墙及制备和安装方法
KR200372315Y1 (ko) 역타설 시스템의 이동 조립식 지지 브라켓 구조
CN103850363B (zh) 预制通孔装配式钢筋混凝土剪力墙的施工方法
CN108612254A (zh) 一种预制墙板及其连接结构及其施工方法
JP2005097946A (ja) 橋脚の構築方法
KR20090094971A (ko) 지하구조물 역타설 시공방법
CN107476470A (zh) 装配式内置钢管和gfrp管再生混凝土组合剪力墙及其施工方法

Legal Events

Date Code Title Description
S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees