JPH0624695A - 荷重操作装置 - Google Patents

荷重操作装置

Info

Publication number
JPH0624695A
JPH0624695A JP3252962A JP25296291A JPH0624695A JP H0624695 A JPH0624695 A JP H0624695A JP 3252962 A JP3252962 A JP 3252962A JP 25296291 A JP25296291 A JP 25296291A JP H0624695 A JPH0624695 A JP H0624695A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
load
drive
carriage
engaging
lever
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP3252962A
Other languages
English (en)
Inventor
John B B Ahlsen
ヨーン、バルイエ、ベルティル、アールセン
Kurt J Dahlstroem
クルト、ヨハン、ダールストラム
Original Assignee
Lift & Go Prod Ab
リフト、アンド、ゴー、プロダクツ、アクチエボラーグ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to SE9002824A priority Critical patent/SE9002824L/xx
Priority to SE9100442A priority patent/SE9100442L/xx
Priority to SE9100442-4 priority
Priority to SE9002824-2 priority
Application filed by Lift & Go Prod Ab, リフト、アンド、ゴー、プロダクツ、アクチエボラーグ filed Critical Lift & Go Prod Ab
Publication of JPH0624695A publication Critical patent/JPH0624695A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66FHOISTING, LIFTING, HAULING OR PUSHING, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR, e.g. DEVICES WHICH APPLY A LIFTING OR PUSHING FORCE DIRECTLY TO THE SURFACE OF A LOAD
    • B66F9/00Devices for lifting or lowering bulky or heavy goods for loading or unloading purposes
    • B66F9/06Devices for lifting or lowering bulky or heavy goods for loading or unloading purposes movable, with their loads, on wheels or the like, e.g. fork-lift trucks
    • B66F9/063Automatically guided
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66FHOISTING, LIFTING, HAULING OR PUSHING, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR, e.g. DEVICES WHICH APPLY A LIFTING OR PUSHING FORCE DIRECTLY TO THE SURFACE OF A LOAD
    • B66F9/00Devices for lifting or lowering bulky or heavy goods for loading or unloading purposes
    • B66F9/06Devices for lifting or lowering bulky or heavy goods for loading or unloading purposes movable, with their loads, on wheels or the like, e.g. fork-lift trucks
    • B66F9/075Constructional features or details
    • B66F9/12Platforms; Forks; Other load supporting or gripping members
    • B66F9/122Platforms; Forks; Other load supporting or gripping members longitudinally movable

Abstract

(57)【要約】 【目的】 床上を可動であって荷重操作組立体を有する
キャリジ(21)として設計され、前記荷重操作組立体
の荷重係合部材(29)は垂直可動でありまた前記キャ
リジに対して延長および後退可能であるように成された
荷重操作装置を提供すること。 【構成】 前記荷重操作組立体の駆動機構は相互に離間
された案内ホイール(33、35)の間の走路を走る無
限軌道駆動要素(34)を含む。前記荷重操作組立体の
荷重係合部材(29)は二重アームレバー(29、3
0、39)として設計される。前記レバーの支点(4
0)は前記無限軌道駆動要素(34)の運動に従うよう
にこの無限軌道駆動要素(34)に回動自在に連結され
る。また前記レバーの一方のアーム(29)が荷重係合
部材(29)を成しまたはその一部を成す。前記レバー
の他方のアーム(30)はカムホロワ(38)を有す
る。前記カムホロワ(38)は荷重によって生じたトル
クを吸収するため、カム軌道(36、37)に係合す
る。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は荷重操作装置に関するも
のである。
【0002】
【従来の技術】貨物およびその他の荷重を操作するた
め、相異なる荷重のパレットを床上において持ち上げ1
つの箇所から他の箇所に移動させるために、しばしばい
わゆるハンドパレットトラックが使用される。
【0003】このような持ち上げ操作と搬送は容易に自
動化されるが、現在まで自動持ち上げトラックとして設
計されうる経済的な簡単な荷重操作装置が存在しない。
その結果、この型のシステムの設置と保守は費用のかか
る仕事である。また持ち上げトラックが自動的に操作さ
れるか手動的に操作されるかに係わらず、スペースの問
題がある。すなわち、パレットトラックの荷重係合部材
を荷重の下方に挿入し荷重に係合させる程度に幅広い通
路が倉庫の中になければならない。このためには多くの
場合に、貯蔵スペースの有効利用に望ましい通路幅より
広い通路を倉庫内に必要とする。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】欧州特許公開明細書
0,318,823に開示された荷重操作装置は、その
荷重係合部材が垂直方向に可動でありまたキャリジに対
して延長または後退可能である。この構造においては、
荷重係合部材が、持ち上げ装置上を走行する一対の後輪
と、荷重係合部材の自由端部を支持し荷重の圧を担持す
るために床に係合する一対の前輪とを有する。従ってこ
の先行技術の装置の問題点は、一対の前輪を自由に転動
させるために床の平坦さと平滑さに関して厳しい要求が
提出される。
【0005】ドイツ特許公開明細書1,196,124
に開示の荷重操作装置も、垂直可動および延長後退可能
の荷重係合部材を含む。この公知の構造においては、2
種の運動、すなわち持ち上げ−下降運動と延長−後退運
動が2つの別々の駆動ユニットによって実施され、この
ため装置が複雑、高価で大型になる。
【0006】
【課題を解決するための手段】従って本発明の目的は、
垂直可動でキャリジに対して延長−後退可能の荷重係合
部材を有し、荷重係合部材の持ち上げ運動および下降運
動と延長および後退運動について一つの駆動モータのみ
を必要とする型の荷重操作装置を提供するにある。
【0007】本発明によれば、前記の目的およびその他
の目的は荷重操作装置が請求項1に記載のように設計さ
れた場合に達成される。サブクレームは本発明の特に好
ましい実施態様を開示する。
【0008】
【実施例】以下、本発明を図1乃至図12について詳細に
説明する。
【0009】図8は、本発明による荷重操作装置を有効
に使用する事のできる自動荷重操作システムを有する倉
庫敷地を示す。この倉庫敷地内部において、多数のパレ
ット10が中間通路11を備えた多数の列を成して配置
されている。この通路内部において、案内システム12
が床上に敷設され、荷重操作装置20の制御ループとし
て使用される。制御ループ12はコンピュータシステム
13に接続され、このコンピュータシステムは、パレッ
トが倉庫敷地からパレットの堆積とピック・アップのた
めに多数のステーション14に転送されるように、制御
ループに沿った荷重操作装置20の各種機能と運動とを
制御する。またコンピュータシステム13は、荷重操作
装置の電子制御手段に対して命令を伝送するためこのコ
ンピュータシステム13と各荷重操作装置20とを通信
接続するための通信点15を含む。図8に図示のよう
に、各パレット列間の通路はきわめて狭く、本質的に1
パレットの長さの幅を有する。これは、荷重操作装置が
本発明によって前述のようにまた下記に詳細に説明する
ように設計されるが故に可能となる。
【0010】図1は本発明による荷重操作装置20の第
1実施態様を示す。この荷重操作装置はキャリジ21を
含み、このキャリジは、ドライブ−制御機構23に連結
された駆動ホイール22を有する。そのほか、キャリジ
21は2つのホイール24を含み、これらのホイール2
4は相互に平行な固定軸上に取り付けられる。キャリジ
の第4ホイール25はキャリジの案内枢転用のカスター
ホイールである。キャリジの本体はバッテリーセット2
6と電子制御手段27とを含む。
【0011】キャリジ21はフレームを含み、このフレ
ームは図示の実施例においては荷重操作装置の中に配置
される荷重係合部材28を収容するようにU形断面を有
する。この部材28は横板30に固着されたフォーク2
9を含む。横板30は駆動機構に連結され、この駆動機
構はモータ31を含み、このモータの駆動軸32が2つ
のスプロケット33を担持する。これらのスプロケット
33はチェーン34の案内ローラとして作用し、これら
のチェーン34は他端においてそれぞれキャリジ21に
回動のみ自在に取り付けられているスプロケット35に
掛け回されている。このようにして、チェーン34は、
この場合は2つの平行直線路と介在半円形部分とを含む
走路に沿って走行する無限軌道駆動部材を成す。機構の
他の運動が望ましければ、無限軌道駆動部材の他の配置
によって走路を変更する事ができる。例えば末端ホイー
ル33、35の間の走路を円弧状またはその他の形状と
する事ができる。
【0012】またこの駆動システムは案内軌道36、3
7とカムローラ38とを含む。カムローラ38はアーム
39上に取り付けられ、このアームは横板30に連結さ
れる。このアーム39とフォーク29がそれぞれ横板3
0から反対方向に突出する。横板30の下縁にピボット
ピン40が取り付けられ、このピン40は連結部材41
に連結され、この連結部材は2つの突出ピン42を備え
る。これらのピン42がそれぞれ連結リンク44の管状
横材43の中に挿入される。横板30の両端は同一構造
を有する。従ってこの構造において、ピボットピン40
は、フォーク29とアーム39とから成る二重アームレ
バーの支点を成す。連結リンク44がチェーン34の走
路の下部に沿って配置されている時、フォーク29はそ
の下位置にある。図5において鎖線で示す設定位置Iは
フォークをパレットの下方に前進させる状態を示す。連
結リンク44が実線IIで示す位置に達した時、フォー
クは上方に移動しはじめてパレットに係合し、つぎに位
置IIIとIVを通りつづける際に上昇し最後に後退す
る。連結リンク44がスプロケット35の半円形軌道に
沿って上方に移動してしまった時、リンク44の運動は
後退運動となり、この場合フォークとその荷重がU形本
体の脚の間のスペースの中に後退させられる。リンク4
4が第2案内ホイール33に到達した時モータ31が停
止される。つぎにキャリジ21を任意所望の位置まで移
動させる事ができる。荷重を排除する際に、モータを逆
方向に回転させ、これによって前記の運動が逆方向に生
じる。パレットが荷降ろしされた時、連結リンク44が
その走路の下部に沿ってスプロケット33まで移動する
まで、モータの連続運動によってフォーク29を引っ込
ませる。図1乃至図6に図示の実施態様において、横板
30はフォーク29に対して上方に配向されている。所
望ならば、またパレットを別の設計とする場合、この構
造を上下逆転して横板を下方に向ける事ができる。それ
以外の構造も可能であるが、これは好ましくない。
【0013】図7は本発明によるこのような装置の変形
を示す。この場合フォーク29’とアーム39’は実質
的に同一面に配置される。横板30’の高さははるかに
小さく、U形凹部45を備え、この凹部45はチェーン
34とそのリンクを通過させるに十分なスペースを有
し、またこのスペースを通してピボットピン40とその
他の連結部材が通っている。この構造においては、アー
ム39’はチェーン34の反対側に沿って突出し、この
末端にカムローラ38’を備える。前記の実施態様と同
様に、カムローラ38’は案内部材36’、37’の中
に係合する。このような構造はその高さ全体が減少する
が、フォークが図7に図示の位置を占めた時に、カムロ
ーラ38’と案内部材36’、37’との間の表面圧力
が前記の実施態様の場合より高くなるという欠点があ
る。
【0014】図9乃至図13の実施態様は、特に無限軌道
駆動要素34、好ましくはチェーンの構造に関して前記
の実施態様と相違している。すなわち無限軌道駆動要素
34は相異なる形状の、実質的に横転U形の走路に沿っ
て走る。この場合の走路は4本の平行直線と、その間の
半円形部分とから成る。そのため5個の案内ホイール5
0−52を使用する。案内ホイール51は前記の実施態
様の案内ホイール35に対応する。案内ホイール50は
案内ホイール33に対応し、装置駆動用モータ(図示さ
れず)に連結される。案内ホイール52は案内ホイール
50と同一側に配置される。このように無限軌道駆動要
素34を配置する事により、同一方向に走向する2つの
上ラン53、54と、同一方向に走向する2つの下ラン
55、56とが配置される。
【0015】前記の実施態様と同様に、荷重係合部材2
9、30はその2本のアーム29、30の中間点におい
て、ピボットピン40により、無限軌道駆動要素34に
対して回転自在に連結されてこの要素の運動に従う。前
記の実施態様と同様に、荷重係合部材のアーム30はカ
ムホロア38を備え、このカムホロア38は回動自在に
取り付けられたローラの形を成し、トルクを吸収するた
めに荷重操作装置のカム軌道57、58に当接して協働
するように配置される。このカム軌道は前記の実施態様
と相違し、下方カム軌道57と上方カム軌道58を有
し、下方カム軌道57の外側末端が前記の実施例の上方
カム軌道および下方カム軌道と同様に湾曲される。下方
カム軌道57の外端は前記の実施態様の上方カム軌道お
よび下方カム軌道と同様湾曲されている。従ってフォー
ク29がその下方後退位置を取り、つぎにその上方後退
位置まで上方に移動する時に、下方カム軌道57がトル
クを吸収する。フォークがチェーンの上ラン53と54
に沿って移動する時に、上カム軌道58がトルクを吸収
する。
【0016】前記実施態様と相違して、荷重係合部材の
他方のアーム30またはそのカムホロワ38も無限軌道
駆動要素34に対して回動自在に連結されてその運動に
従う。この場合にもアーム30のカムホロワ38はチェ
ーンとして構成された無限軌道駆動要素のリンクに対し
て連結される。
【0017】図12と図13は連結操作の実施法を拡大図示
する。そのため、リンク44が使用され、これらのリン
クは荷重係合部材のアーム30に対して回動自在に連結
されたピンを支持するように設計されている。また図13
に示すように、カムホロア38は、リンク44をアーム
34に連結するピンの上に滑り込まされるローラ38と
して設計される。図13において、カムホロア38は上方
案内部材またはカム軌道58に沿って走る状態を鎖線で
示されている。
【0018】本発明の装置において、チェーン34以外
の無限軌道駆動要素を使用する事が可能である。例えば
この駆動要素は案内ローラに掛け回されたベルトとする
事ができる。このベルトは有歯ベルトとする事もできる
が、通常の平坦な駆動ベルトとし、このベルトに加硫処
理またはその他の方法によって図1乃至図13の実施態様
におけるピボットピン40に対応するピンを備える事が
できる。
【0019】前記の各実施態様において、荷重はフォー
ク29によって常に支持されるが、本発明の他の実施態
様において(図示されず)、キャリジが床の上を移動す
る際に荷重をキャリジ上に安定的に保持するため荷重を
静止荷重支持体の上に配置するようにキャリジ本体を設
計する事ができる。
【0020】前記の実施態様においては、荷重係合部材
としてフォークを使用した。しかし本発明の主旨の範囲
内において、貨物、例えば直立した紙ロールなどに横方
向から係合するように横板30に枢着された把持手段を
使用する事も可能である。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明による荷重操作装置の第1実施態様の斜
視図。
【図2】図1に対して正面から見た側面図。
【図3】同一装置の平面図。
【図4】図1乃至図3の実施態様の装置の部分斜視図。
【図5】図1乃至図4による装置の荷重係合部材の運動
路を示す図。
【図6】図1乃至図5の装置の細部の拡大図。
【図7】本発明の第2実施態様の図示に対応する斜視
図。
【図8】自動リフトトラックとして設計された本発明の
荷重操作装置の使用例を示す平面図。
【図9】本発明の装置の第3実施態様を示す側面図であ
って、荷重係合部材がその後退位置にある状態を示す
図。
【図10】荷重係合部材がその延長位置にある図9と類
似の図。
【図11】荷重係合部材が荷重を担持した後退位置にあ
る状態を示す図9と類似の側面図。
【図12】図9乃至図11による実施態様の一部の拡大図
であって、図10の右手部分を示す図。
【図13】図12のXII −XIII線に沿った断面図。
【符号の説明】
13 コンピュータシステム 20 荷重操作装置 21 キャリジ 26 バッテリー 27 電子制御手段 29 荷重係合部材(フォーク) 30 横板 31 駆動モータ 33、35,50−52 案内ホイール 34 無限軌道駆動要素(チェーン) 36、37 カム軌道 38 カムホロワ 39 アーム 40 支点(ピボットピン) 44 チェーンリンク 53−54 チェーンの上ラン 55−56 チェーンの下ラン

Claims (7)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】床上を可動のキャリジ(21)と前記キャ
    リジ上に配置された荷重操作組立体とを含み、前記荷重
    操作組立体は駆動機構と荷重係合部材(29)とを有
    し、前記荷重係合部材(29)は前記駆動機構によって
    駆動されて垂直可動でありまた前記キャリジに対して延
    長および後退可能であるように成された荷重操作装置に
    おいて、前記荷重操作組立体の駆動機構は相互に離間さ
    れた案内ホイール(33、35)の間の走路を走る無限
    軌道駆動要素(34)を含み、前記荷重操作組立体の荷
    重係合部材(29)は二重アームレバー(29、30、
    39)として設計され、前記レバーの支点(40)は前
    記無限軌道駆動要素(34)の運動に従うようにこの無
    限軌道駆動要素(34)に回動自在に連結され、また前
    記レバーの一方のアーム(29)が荷重係合部材(2
    9)を成しまたはその一部を成し、前記レバーの他方の
    アーム(30)はカムホロワ(38)を有し、前記カム
    ホロワ(38)はトルクを吸収するため、荷重操作組立
    体の中に含まれるカム軌道(36、37)に当接して協
    働するように配置されている事を特徴とする荷重操作装
    置。
  2. 【請求項2】無限軌道駆動要素(34)が相互に離間さ
    れた案内ホイール(50−52)の上にU形に掛け回さ
    れ、前記無限軌道駆動要素(34)の上方の2つのラン
    (53−54)が同一方向に走行し下方の2つのラン
    (55−56)が同一方向に走行し、また前記他方のア
    ーム(30)またはそのカムホロワ(38)も前記無限
    軌道駆動要素(34)の運動に従うようにこの無限軌道
    駆動要素(34)に回動自在に連結されている事を特徴
    とする請求項1に記載の装置。
  3. 【請求項3】カム軌道(36、37)が無限軌道駆動要
    素(34)の走路と実質的に同形である事を特徴とする
    請求項1または2のいずれかに記載の装置。
  4. 【請求項4】それぞれカム軌道(36、37)とカムホ
    ロワ(38)とを有する相互に離間され並置された2つ
    の無限軌道駆動要素(34)を含む事を特徴とする請求
    項1、2または3のいずれかに記載の装置。
  5. 【請求項5】前記案内ホイール(33、35)はチェー
    ンホイールであり、また前記無限軌道駆動要素(34)
    はチェーンであって、前記チェーンのリンク(44)
    は、前記二重アームレバー(29、30、39)の支点
    を成すピボットピン(40)に連結されている事を特徴
    とする請求項1乃至4のいずれかに記載の装置。
  6. 【請求項6】前記荷重操作組立体は、上昇運動および下
    降運動と延長運動および後退運動のための共通駆動モー
    タ(31)を備える事を特徴とする請求項1乃至5のい
    ずれかに記載の装置。
  7. 【請求項7】前記キャリジ(21)は、コンピュータシ
    ステム(13)と通信する電子制御手段(27)を備え
    た自己推進型キャリジとして設計される事を特徴とする
    請求項1乃至6のいずれかに記載の装置。
JP3252962A 1990-09-04 1991-09-04 荷重操作装置 Pending JPH0624695A (ja)

Priority Applications (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
SE9002824A SE9002824L (en) 1990-09-04 1990-09-04 Load handling device with extendable load engaging members - has singledriving motor operating vertically movable engaging members extending andretracting relative to carriage
SE9100442A SE9100442L (en) 1990-09-04 1991-02-13 Load handling device with extendable load engaging members - has singledriving motor operating vertically movable engaging members extending andretracting relative to carriage
SE9100442-4 1991-02-13
SE9002824-2 1991-02-13

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0624695A true JPH0624695A (ja) 1994-02-01

Family

ID=26660849

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3252962A Pending JPH0624695A (ja) 1990-09-04 1991-09-04 荷重操作装置

Country Status (5)

Country Link
US (1) US5211527A (ja)
EP (1) EP0477154B1 (ja)
JP (1) JPH0624695A (ja)
CA (1) CA2050513A1 (ja)
DE (1) DE69101355D1 (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN107600927A (zh) * 2017-09-06 2018-01-19 天津朗誉科技发展有限公司 一种空间局限型凹字agv运输装置
CN109319006A (zh) * 2018-09-19 2019-02-12 康建华 一种自动装载卸载运输机器人

Families Citing this family (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
IT1259441B (it) * 1992-10-28 1996-03-18 Gd Spa Carrello per la movimentazione di pallets.
FR2725436B1 (ja) * 1994-10-05 1997-02-07
US20050135912A1 (en) * 1999-07-23 2005-06-23 Hagen Schempf Robotic systems for handling objects
US7150811B2 (en) * 2002-11-26 2006-12-19 Pei Company Ion beam for target recovery
FR2888491B1 (fr) 2005-07-13 2010-12-24 Oreal Composition photoprotectrice et agents de filtration pour une telle composition
US7865286B1 (en) 2010-05-01 2011-01-04 Hall Walter D Lift truck safety system
DE102011108500A1 (de) * 2011-02-14 2012-08-16 Still Gmbh Trailerzuganhänger und Trailerzugsystem
DE102014208953A1 (de) * 2014-05-12 2015-11-12 Volkswagen Aktiengesellschaft Autonomes fahrerloses Transportfahrzeug und Transportsystem
JP6748919B2 (ja) * 2017-01-13 2020-09-02 清水建設株式会社 水平搬送台車

Family Cites Families (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2677471A (en) * 1948-05-14 1954-05-04 Cambridge Tile And Mfg Company Transfer apparatus
DE1019968B (de) * 1955-09-01 1957-11-21 Irion & Vosseler Flurfoerdergeraet mit in der Fahrzeugmitte angeordnetem quer verschiebbarem Hubmast
US3029957A (en) * 1958-01-10 1962-04-17 Freeman Handling device for presses
GB938435A (en) * 1960-06-20 1963-10-02 Rack Specialists Inc Improvements relating to load handling devices for vehicles
DE1196124B (de) * 1960-10-11 1965-07-01 Yale & Towne Inc Seitenlader mit gegenueber dem Hubschlitten ausfahrbarem Lasttraeger
DE1196571B (de) * 1962-05-15 1965-07-08 Irion & Vosseler Seitenlader
GB1035896A (en) * 1964-04-17 1966-07-13 Baker Perkins Ltd Article transfer apparatus
US3216598A (en) * 1964-08-24 1965-11-09 Clark Equipment Co Industrial lift truck with a movable load supporting assembly that connects the front and rear portions of the truck
GB1439145A (en) * 1972-06-21 1976-06-09 Lancer Boss Ltd Side loader mast traversing mechanism
SE421390B (sv) * 1975-06-27 1981-12-21 Claude Zethraeus Robotelement
US4037732A (en) * 1976-01-02 1977-07-26 International Business Machines Corporation Positioning apparatus
CA1194511A (en) * 1981-04-24 1985-10-01 Friedhelm Mundus Apparatus for stacking flat articles
JPH04892B2 (ja) * 1983-12-27 1992-01-09 Sharp Kk
DE3740979C2 (ja) * 1987-12-03 1992-07-09 Jungheinrich Ag, 2000 Hamburg, De
FR2631948A1 (fr) * 1988-05-27 1989-12-01 Cybernetix Chariot de manutention automatique de charges lourdes a distribution bilaterale

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN107600927A (zh) * 2017-09-06 2018-01-19 天津朗誉科技发展有限公司 一种空间局限型凹字agv运输装置
CN109319006A (zh) * 2018-09-19 2019-02-12 康建华 一种自动装载卸载运输机器人
CN109319006B (zh) * 2018-09-19 2021-03-30 上海银田机电工程有限公司 一种自动装载卸载运输机器人

Also Published As

Publication number Publication date
EP0477154A1 (en) 1992-03-25
DE69101355D1 (de) 1994-04-14
EP0477154B1 (en) 1994-03-09
US5211527A (en) 1993-05-18
CA2050513A1 (en) 1992-03-05

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6139240A (en) Orthogonal type branching conveyer for diverting articles carried by a conveyer in an automated warehouse
US5009560A (en) Mixed freight handling system
US5088873A (en) Manipulator mixed freight handling system
US5067867A (en) Conveyor for mixed freight handling system
JPH0624695A (ja) 荷重操作装置
US5087166A (en) Handling vehicle for printed product reels
CN112141724A (zh) 一种物流码垛系统
JPH08324721A (ja) 自動倉庫における移動台車の搬出入装置
CN213386739U (zh) 一种物流码垛系统
CN213386750U (zh) 一种码垛机
JP3386363B2 (ja) 物品移載装置
JP3122441B1 (ja) 昇降装置
JP3902893B2 (ja) 車両方向転換装置及び機械式駐車装置
US2941686A (en) Side loading transfer device
JP3903251B2 (ja) 自動倉庫における自動格納・取出し装置
JPH07215435A (ja) コンベヤ装置
JP3046163U (ja) 物品収納棚
JPH0714260Y2 (ja) 搬送装置間の移載装置
JP3816167B2 (ja) 連続搬送装置
CN112141728A (zh) 一种码垛机
JPH0714259Y2 (ja) 上下間の移載装置
JP3295064B2 (ja) 駐車設備及び駐車設備の隙間塞ぎ装置
JP2000191112A (ja) 物品保管設備
JP2893557B2 (ja) 車体搬送装置
KR960005924Y1 (ko) 입체주차설비의 이송장치