JPH0622792Y2 - 嵌殺し窓の換気構造 - Google Patents

嵌殺し窓の換気構造

Info

Publication number
JPH0622792Y2
JPH0622792Y2 JP1986192416U JP19241686U JPH0622792Y2 JP H0622792 Y2 JPH0622792 Y2 JP H0622792Y2 JP 1986192416 U JP1986192416 U JP 1986192416U JP 19241686 U JP19241686 U JP 19241686U JP H0622792 Y2 JPH0622792 Y2 JP H0622792Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
ventilation
opening
closing lid
window
frame
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP1986192416U
Other languages
English (en)
Other versions
JPS6398983U (ja
Inventor
一志 能島
Original Assignee
不二サッシ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 不二サッシ株式会社 filed Critical 不二サッシ株式会社
Priority to JP1986192416U priority Critical patent/JPH0622792Y2/ja
Publication of JPS6398983U publication Critical patent/JPS6398983U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPH0622792Y2 publication Critical patent/JPH0622792Y2/ja
Active legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 本考案は、嵌殺し窓の換気構造に関する。
〔従来の技術〕
従来の嵌殺し窓の換気装置を第2図を用いて説明する。
図面は断面図であり、1は枠であり、通常はガラス2が
嵌殺しになつている。3はブラインド装置であり、上枠
1a内に取付けられている。1bは下枠であり、外側に
換気口4があり、ブラインド装置3の下方に当該する下
枠1b内側に通気口5があり、通気穴6を連接した通気
板7が取付けてあり、上記換気口5と連続させて換気構
造を形成している。
〔考案が解決しようとする問題点〕
以上のような従来技術によると、換気が特に必要な場合
には通気板の通気穴だけでは不充分であり、逆に換気を
必要としない場合にも常に通気板より通気が行なわれて
いるために具合が悪く、その弊害をなるたけ少なくする
ために換気口を充分に大きくとることができず、その結
果上記の理由と相俟つて換気の必要な場合に充分な通気
が得られない問題があつた。
〔問題点を解決するための手段〕
本考案は、嵌殺し窓の下枠の外側に換気口を有し、内側
に通気口を有する嵌殺し窓の換気構造において、通気口
の室内側の内側に開閉蓋を下方から上方に上げて閉じる
ように回動可能に軸支し、その開閉蓋の上面に締りを回
動可能に取り付け、この締りは開閉蓋の閉止時にはその
先端が通気口縁に係止し、その締りを回動させて通気口
縁の係止を外すことにより開閉蓋を下方に回動させて通
気口を開放することを特徴とする。
〔作用〕
以上の構成によると、換気が必要でない場合には、開閉
蓋を閉じておくことにより通気を遮断し、換気が必要な
場合には開閉蓋を開放して換気口と通気口を連続させる
ことにより充分な通気が行なえるようになる。
〔実施例〕
以下に本考案の一実施例を第1図を用いて説明する。
図面は断面図であり、図において、8は枠であり、通常
はガラス9が嵌殺しになつている。10は内側に設けた
ブラインド装置であり、上枠8aの内側に取付けられて
いる。
8bは下枠であり、外側に大きな換気口11を有し、下
枠8bの幅方向ほぼ全長に亘つて設けられている。
12は下枠8bの内側に設けた通気口であり、下枠8b
の幅方向全長に形成してある。
13は開閉蓋であり、通気口12を開閉するもので、通
気口12全長を1つで覆うか若しくは長さに応じて2〜
3程度に分割して設けてあり、通気口12の下方から上
方に向けて開閉するように下枠8bの内側に設けた軸1
4に回転自在に取付けてあり、上部に把手を兼ねた締り
15が回動可能に取付けてあり、室内から開閉操作がで
きるようになつている。上記した如く分割した場合には
それぞれの開閉蓋13に締り15が取付けてあり、それ
ぞれ独立して開閉できるようになつている。
16はシール材である。なお、必要に応じて換気口11
には網戸を付けておくとよい。
以上説明した実施例によると、換気の必要の無いとき
は、開閉蓋13を閉じておくことにより通気の遮断を行
なうことができ、必要に応じて締り15をまわして開閉
蓋13を下方に落して開放することにより換気口11と
通気口12とが連通して換気が行なえることになる。開
閉蓋13が分割されている場合には、必要に応じて部分
的に開放することができる。
以上説明した本考案によると、下枠の外側に換気口を設
け、内側に開閉蓋を有する通気口を設けたことにより、
換気が必要な場合だけに開閉蓋を開放することにより換
気が行なえるようになり、その結果従来の常に開放して
いるのと異なり換気口を充分に大きく開口することがで
きて換気時の換気効果を大きくすることができる。
加えて、通気口の開閉蓋は下方に回動して通気口内に収
納するために室内から開けた開閉蓋が見えないことにな
る効果を有する。
また、換気が必要でない場合には開閉蓋を閉じておけば
よいために気密性にもすぐれることになる。
さらに、必要に応じて開閉蓋を複数に分割しておくこと
によりより細かい換気効果を得ることができることにな
る。
【図面の簡単な説明】
第1図は本考案の一実施例を示す断面図、第2図は従来
例の断面図である。 8……枠、8b……下枠、11……換気口、12……通
気口、13……開閉蓋

Claims (2)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】嵌殺し窓の下枠の外側に換気口を有し、内
    側に通気口を有する嵌殺し窓の換気構造において、 通気口の室内側の内側に開閉蓋を下方から上方に上げて
    閉じるように回動可能に軸支し、その開閉蓋の上面に締
    りを回動可能に取り付け、この締りは開閉蓋の閉止時に
    はその先端が通気口縁に係止し、その締りを回動させて
    通気口縁の係止を外すことにより開閉蓋を下方に回動さ
    せて通気口を開放することを特徴とする嵌殺し窓の換気
    構造。
  2. 【請求項2】実用新案登録請求の範囲第1項において、
    開閉蓋を窓の幅方向に複数に分割したことを特徴とする
    嵌殺し窓の換気構造。
JP1986192416U 1986-12-16 1986-12-16 嵌殺し窓の換気構造 Active JPH0622792Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1986192416U JPH0622792Y2 (ja) 1986-12-16 1986-12-16 嵌殺し窓の換気構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1986192416U JPH0622792Y2 (ja) 1986-12-16 1986-12-16 嵌殺し窓の換気構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS6398983U JPS6398983U (ja) 1988-06-27
JPH0622792Y2 true JPH0622792Y2 (ja) 1994-06-15

Family

ID=31147476

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1986192416U Active JPH0622792Y2 (ja) 1986-12-16 1986-12-16 嵌殺し窓の換気構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0622792Y2 (ja)

Family Cites Families (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6191990U (ja) * 1984-11-22 1986-06-14

Also Published As

Publication number Publication date
JPS6398983U (ja) 1988-06-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1070181B1 (en) A roof window with a ventilating frame top member
US5489131A (en) Locking handle for window
JPH0622792Y2 (ja) 嵌殺し窓の換気構造
US3128508A (en) Window well cover
JPH0729174Y2 (ja) 嵌殺し窓の換気構造
JP2000160951A (ja) 採風窓
US2706443A (en) Window ventilator
JPH07301056A (ja) 換気部を有するサッシ窓
JP2555376Y2 (ja) 出窓の換気装置
KR200369492Y1 (ko) 컨테이너형 간이 휴게실
US2067989A (en) Window ventilator
JP2015085907A (ja) 車両用固定窓
JPH0729158Y2 (ja) 通風ドア
JPH0635101Y2 (ja) 回転窓
CN208202966U (zh) 一种带纱扇外框的平开式窗扇
JP3105874B2 (ja) ド ア
JP3019452U (ja) 床下換気口
KR200144301Y1 (ko) 샷시 창문용 환기창
US944250A (en) Ventilator.
JP2551723Y2 (ja) ドアの取付け構造
JPH09152156A (ja) サッシ上枠の換気装置
JPH0736873Y2 (ja) リヤエンジンバスの後部構造
JPH0656469U (ja) ドアの換気装置
JP3073449U (ja) 穀物収納庫
KR20000007589U (ko) 윗열기 및 여닫이 창호 개폐장치