JPH06214854A - Information processor - Google Patents

Information processor

Info

Publication number
JPH06214854A
JPH06214854A JP602693A JP602693A JPH06214854A JP H06214854 A JPH06214854 A JP H06214854A JP 602693 A JP602693 A JP 602693A JP 602693 A JP602693 A JP 602693A JP H06214854 A JPH06214854 A JP H06214854A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
data
means
processing apparatus
file
command
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP602693A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Keiko Iijima
Ryoichi Mikami
陵一 三上
圭子 飯島
Original Assignee
Canon Inc
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Canon Inc, キヤノン株式会社 filed Critical Canon Inc
Priority to JP602693A priority Critical patent/JPH06214854A/en
Publication of JPH06214854A publication Critical patent/JPH06214854A/en
Application status is Granted legal-status Critical

Links

Abstract

PURPOSE: To return executing status data to a status before interruption at the time of restarting even when a process is interrupted by periodically backing up the executing status data and an execution history file.
CONSTITUTION: When the backed-up status data and history data exist in a temporary area 16, both of status data 11 and history data 14 in a shared memory are respectively copied from backed-up status data 12 and history data 13. After the other process is started, the status data 11 in the shared memory and the history data 14 are periodically copied to the back-up file of the temporary area 16. When a user selects end not to delete the temporary area, processing can be restorted from the middle again even when the processing is interrupted at any arbitrary time point. Thus, even when the process is interrupted by the error of operation or the like, it can be easily restorted to the state before the interruption by automatically and periodically backing up the executing state of the process.
COPYRIGHT: (C)1994,JPO&Japio

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は情報処理装置、特にコマンド管理を行う情報処理装置に関する。 The present invention relates to an information processing apparatus for performing information processing device, and more particularly to command management.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来、複数プロセスを順次組み合わせて、目的の処理を達成する装置において、途中のプロセス実行中に操作の誤りにより正常な手順を踏んでプロセスを終了しなかった場合、又は停電、コンセントが抜ける、装置の故障などの何らかの外的要因によりプロセスの実行が中断された場合、目的を達成するために複数のプロセスを初めから再起動しなければならなかった。 Conventionally, sequentially combining a plurality of processes, an apparatus for achieving the process objectives, if not end the process stepping normal procedure by the error of the operation during the course of the process, or a power failure, outlet exit, if the execution of the process is interrupted by some external factors such as equipment failure and had to be restarted from the beginning a plurality of processes to achieve the purpose.

【0003】また、異なる複数の情報処理装置で同じ複数のコマンドを所有している場合、どれかひとつの情報処理装置でコマンドで実行ファイルを作成し、その実行ファイルを他の情報処理装置にコピーして使用できるようにするのが普通である。 [0003] In addition, if you have the same multiple commands in a plurality of different information processing apparatus, to create an executable file with the command at any one of the information processing apparatus, copies its executable file to the other information processing apparatus it is common to be able to use to.

【0004】そうした場合、UNIX等の環境下では一般的にその実行ファイルにコピーされた日時を参照できる命令(コマンド)が用意されているので、全情報処理装置にまったく同じ実行ファイルがコピーされているか確認するにその参照命令(コマンド)で日時を確認していた。 [0004] When such, since instruction that can reference date and time are copied to generally the execution file in an environment such as UNIX (command) is prepared, exactly the same executable file to all the information processing apparatus is copied I had to check the date and time in its reference instruction to check out (commands).

【0005】また、コマンドを実行する環境を切り替える場合、コマンドを変更して環境を切り替えるか、また固定的に環境が書き込まれているファイルを実行前に呼びだして設定する場合には、そのファイルを書き変えるかして実行環境を切り替えていた。 Further, when switching the environment for executing the command, if you change the command to switch the environment, also be configured to call before executing the fixedly file environment is written, the file and whether the change write had to switch the execution environment.

【0006】 [0006]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、プロセスが複数ある場合その全てをまったく同じ条件になるように起動し直すには大変な労力が必要である。 [0007] However, the process is required is very effort to re-start all that when there is more than a so as to be exactly the same conditions. また、ひとつひとつのプロセスに多くの時間を費やした場合、初めからやり直すのは時間の無駄である。 Also, if you spent a lot of time on every single process, start over from the beginning is a waste of time.

【0007】また、コマンドの処理が正常に動作しない場合、複数ある情報処理装置の内どの情報処理装置によって実行ファイルが作成されたかや、実行ファイルが作成された正確な日時が問題になることがある。 Further, when the processing command does not work properly, that plurality of Kaya executable by any information processing apparatus of the information processing apparatus is created, the exact date and time when the execution file is created a problem is there.

【0008】それは、情報処理装置はある時期にその基本ソフト(OS)や、実行ファイル作成のためのコンパイラやリンカーが新しいものにに入れ替わったり、情報処理装置ごとにバージョンが異なったりして、環境が異なる情報処理装置が複数存在するような状態が生じるからである。 [0008] It is, its and basic software (OS) at a time when the information processing apparatus there, or switched to the new ones is the compiler and linker for the executable file created, or different versions for each information processing apparatus, environment This is because the state that different information processing apparatus there are multiple results.

【0009】したがって、各情報処理装置で確認できるのはコピーされた日時であり実際にその実行ファイルが作成された日時ではないため、ある情報処理装置では正常に動作したものが、他の情報処理装置においては正常に動作しないような場合、本当にまったく同じ実行ファイルが動いているのかは、一般的な参照命令(コマンド)で参照できる情報だけでは不十分である。 Accordingly, since a copy date and time is not the actual time and date that the execution file is created can be confirmed by the information processing apparatus, those who work well with certain information processing apparatus, another information processing If the device is not operating normally, it is really what is moving exactly the same executable file, only the information that can be referenced by common reference instruction (command) is not sufficient.

【0010】また、コマンドが複数ある場合その全てを書き替えることはたいへんな労力である。 [0010] Also, it is rewritten in its entirety if the command is more than one is a great effort. また、一時的に実行環境を変更するのにわざわざ環境設定用ファイルを書き替えるのも書き戻すのも手間がかかる。 Also, write back to be time-consuming to replace bother to write the environment settings for the file to temporarily change the execution environment.

【0011】本発明は、実行状態データ、実行履歴ファイルを定期的にバックアップし、プロセスが中断されても、再起動時に中断以前の状態に実行状態データ戻すことによって、上述した問題を解決する情報処理を提供することを目的としている。 The present invention, execution state data, information periodically backup execution history file, even if the process is an interruption, by returning execution state data to a previous suspended upon restart, to solve the aforementioned problems and its object is to provide a process.

【0012】また、本発明は、コマンドの実行ファイル自身に実行ファイルが作成された日時、作成した情報処理装置名を書き込み、それを参照できるようにすることによって、上述した問題を解決する情報処理を提供することを目的としている。 Further, the information processing present invention, the date and time when the executable itself executable file is created in the command, writes the information processing apparatus name created by such reference it, to solve the aforementioned problems is an object of the present invention to provide a.

【0013】また、本発明は、各々の環境がすでに設定されているか否か判断して、設定されていない場合ディフォルトの環境を設定する手段を持つことによって、上述した問題を解決する情報処理を提供することを目的としている。 Further, the present invention is to determine whether each of the environment is already set, by having means for setting the case defaulted environment that has not been set, the processing to solve the aforementioned problems It is an object of the present invention to provide.

【0014】 [0014]

【課題を解決するための手段及び作用】上記課題を解決するために、本発明の情報処理装置は、複数のプロセス内で共通のデータ構造を持つ共有メモリ内状態データを初期化する手段と、複数のプロセス内で共通のデータ構造を持つ共有メモリ内状態データを一時領域のデータにより初期化する手段と、実行状態を示す履歴ファイルを初期化する手段と、実行状態を示す履歴ファイルを一時領域のデータより初期化する手段と、複数のプロセスを起動する手段と、実行状態を示す履歴ファイルを更新する手段と、複数のプロセス内で共通のデータ構造を持つ共有メモリ内状態データを一時領域に格納する手段と、 To solve SUMMARY and operation for solving the above problems, an information processing apparatus of the present invention includes means for initializing a shared-memory state data with a common data structure in the plurality of processes, means for initializing the data in the temporary area shared memory state data with a common data structure in the plurality of processes, and means for initializing the history file indicating the execution state, the history file indicating the execution status temporary area It means for initializing than data, and means for activating a plurality of processes, and means for updating the history file indicating the execution state, in a temporary area shared memory state data with a common data structure in the plurality of process It means for storing,
前記状態データの格納処理と同期を取りながら、実行状態を示す履歴ファイルを格納する手段と、正常手順による終了時に一時領域を消去する手段とから構成される。 While taking storage processing and synchronization of the status data, and a means for storing a history file indicating the execution state, and means for erasing the temporary area at the end by normal procedure.

【0015】また、本発明の情報処理装置は、コマンドの実行ファイル作成時にその時の日時と装置を分類するために付けられた情報処理装置名を実行ファイルに書き込む手段と、コマンドの実行ファイルに書き込まれた作成時の日時と情報処理装置名を読み出す手段と、コマンドの実行ファイルから読み出した日時と情報処理装置名を表示する手段とから構成される。 [0015] The information processing apparatus of the present invention includes means for writing the information processing apparatus name given to classify the date and time unit at that time during execution file creation commands executable, written to the command executable means for reading the date and time and the information processing device name when creating which, composed of a means for displaying the date and time and the information processing apparatus name read from the command executable.

【0016】また、本発明の情報処理装置は、呼び出される複数のコマンドが存在するファイルシステム名を設定する手段と、前記複数のコマンドが参照するデータの存在するファイルシステム名を設定する手段と、前記複数のコマンドにより作成されたデータを保存するファイルシステム名を設定する手段と、前記複数のコマンドにより種々のデータが出力される周辺出力機器の情報を設定する手段と、前記複数のコマンドを起動する手段とから構成される。 Further, the information processing apparatus of the present invention includes means for setting means for setting a file system name in which a plurality of commands exist, the file system name data exists for the plurality of commands referenced to be called, starting and means for setting a file system name to save the data created by the plurality of commands, and means for setting the information of the peripheral output devices that various data is output by the plurality of commands, the plurality of commands It consists of a means to.

【0017】上記構成により、実行状態データ、実行履歴ファイルを定期的にバックアップし、プロセスが中断されても、再起動時に中断以前の状態に実行状態データ戻すことができる。 [0017] With this configuration, the execution state data, periodically back up execution history file, even if the process is an interruption can revert the execution state data to a previous state suspended on reboot.

【0018】また、コマンドの実行ファイル自身に実行ファイルが作成された日時、作成した情報処理装置名を書き込み、それを参照できるようにする。 [0018] In addition, the date and time when the execution file itself to the executable file has been created of command, writing the information processing apparatus name you created, to be able to see it.

【0019】また、各々の環境がすでに設定されているか否か判断して、設定されていない場合ディフォルトの環境を設定する。 Further, it is determined whether or not each of the environment has already been set, sets a default environment when not set.

【0020】 [0020]

【実施例】 【Example】

(実施例1)以下、図面を参照して、本発明の一実施例を詳細に説明する。 (Example 1) Hereinafter, with reference to the accompanying drawings, a description will be given of an embodiment of the present invention in detail.

【0021】図1は、本発明の一実施例に係る情報処理装置のブロック図である。 [0021] FIG. 1 is a block diagram of an information processing apparatus according to an embodiment of the present invention.

【0022】図において、11は装置全体の制御を司るCPU、13はCPU11において実行されるプログラム等が格納されるROMと、この実行の際のワークエリアとして用いられるRAMを含むメインメモリ、14は各種文字等のキャラクタ情報、制御情報等を入力するためのキーボード、15はポインディングデバイスとしてのマウス、16はキーボード14及びマウス15と本装置との間で信号接続を行うためのキーインターフェースである。 [0022] In FIG, 11 is a ROM in which programs executed in CPU, 13 is CPU11 which controls the overall apparatus is stored, a main memory including a RAM used as a work area when the run and 14 keyboard for inputting character information such as various characters, control information, etc., 15 a mouse as a pointing device, 16 is a key interface for performing signal connection between the device and the keyboard 14 and mouse 15 . 17はLAN(ローカルエリアネットワーク) 17 LAN (local area network)
18と本装置とを接続するLANインターフェース、1 18 and LAN interface for connecting the device and, 1
9はROM、SRAM、RS232C方式インターフェース等を有した入出力装置(以下I/Oという)である。 9 is a ROM, SRAM, output device having a RS232C type interface and the like (hereinafter referred to as I / O). I/O19には各種外部機器を接続可能である。 The I / O19 can be connected to various external devices. 2
0および21は外部記憶装置としてのそれぞれハードディスク装置及びフロッピーディスク装置、22はハードディスク装置20やフロッピーディスク装置21と本装置との間で信号接続を行うためのディスクインターフェースである。 0 and 21, respectively a hard disk device and a floppy disk device as an external storage device, 22 is a disk interface for performing signal connection between the equipment and the hard disk device 20 and floppy disk drive 21. 23はインクジェットプリンタ、レーザービームプリンタ等によって構成することができるプリンタ、24はプリンタ23と本装置との間で信号接続を行うためのプリンタインターフェースである。 23 is a printer interface for performing signal connection with the ink-jet printer, the printer can be configured by a laser beam printer or the like, the apparatus 24 includes a printer 23. 25は表示装置で有り、26は表示装置25と本装置との間で信号接続を行うための表示インターフェースである。 25 There the display device, 26 is a display interface for performing signal connection between the device and the display device 25. 12 12
は、上記各器機間を信号接続するためのデータバス、コントロースバス、アドレスバスからなるシステムバスである。 A data bus for signal connection between the respective devices, controller loin bus, a system bus comprising an address bus.

【0023】以上説明した各機器等を接続してなる本装置では、一般にユーザは、表示装置25の表示画面に表示される各種情報に対応しながら操作を行う。 [0023] In the apparatus formed by connecting the devices such as described above, generally the user performs an operation while corresponding to various information displayed on the display screen of the display device 25. すなわち、LAN18、I/O19に接続される外部機器、キーボード14、マウス15、ハードディスク装置20、 That, LAN 18, an external device connected to the I / O19, keyboard 14, mouse 15, hard disk device 20,
フロッピーディスク装置21から供給される文字、画像情報等、また、メインメモリ13に格納されユーザーの操作にかかる操作情報等が表示装置25の表示画面に表示され、ユーザはこの表示を見ながら情報の編集、装置に対する指示操作を行う。 Characters supplied from the floppy disk device 21, image information, etc., Further, the operation information and the like stored in the main memory 13 according to the user's operation is displayed on the display screen of the display device 25, the user information while watching the display edit, an instruction operation for the device.

【0024】図2は、本実施例1の実行環境を示す概略図である。 FIG. 2 is a schematic diagram showing the execution environment according to the first embodiment. 図において、各プロセス(5〜10)は起動時にハードディスク装置20から、メインメモリ13に読み出され、CPU11により各処理が行こなわれる。 In the figure, each process (5-10) from the hard disk device 20 at the time of startup, to a main memory 13, the processing is ropes go by CPU 11.

【0025】共有メモリ内状態データ11の領域は各プロセスを起動のための起動プロセスプロセス5によって、メインメモリ13に用意される。 The area of ​​the shared memory state data 11 by the boot process Process 5 for start each process, is prepared in the main memory 13.

【0026】一時領域16の領域がハードディスク装置20内に存在しない場合には、起動プロセス5によってハードディスク装置20内に作成される。 The area of ​​the temporary area 16 in the absence on the hard disk drive 20 is created on the hard disk drive 20 by the boot process 5.

【0027】一時領域16が作成されると、まず共有メモリ内実行状態データの初期化17と、実行履歴データの初期化18が行われる。 [0027] temporary space 16 is created, first an initialization 17 in the shared memory in the execution state data, initialization 18 of the execution history data.

【0028】このとき、一時領域16に実行状態データのバックアップファイル12、実行履歴データのバックアップファイル13が存在すれば一時領域のこれらバックアップファイルから、共有メモリ内実行状態データへのデータコピーによる初期化19、一時領域内の実行履歴データへのデータコピーによる初期化20が行われる。 The initialization of this time, the data copy of the temporary run area 16 state data of the backup file 12, these backup files if there is a backup file 13 of the execution history data temporary area, the execution state data in shared memory 19, initialization 20 is performed by the data copy to the execution history data in the temporary area.

【0029】次に、キーボード14から入力されたプロセス名を、起動プロセス5で解析し、必要なプロセスをハードディスク装置20から読み込み起動させる。 Next, the process name input from the keyboard 14, and analyzed by the boot process 5, is read launch processes required from the hard disk drive 20.

【0030】この起動されたプロセス(6〜10)内では、必要に応じて共有メモリ内状態データ11をプロセス内状態データにデータをコピー(読み出し23)する。 [0030] In the launched in the process (6-10), copies the data within the process status data shared memory status data 11 as necessary (read 23).

【0031】また処理後、必要に応じてプロセス内状態データから共有メモリ内状態データ11にデータをコピー(書き込み24)する。 Further to the processed, copy the data to the shared memory state data 11 from the in-process state data as necessary (writing 24).

【0032】起動プロセス5は、他のプロセスを起動させる手段を持つが、そのバックグラウンドで一時領域の履歴データの更新25、共有メモリ内状態データ11の一時領域への自動バックアップ21、履歴データのバックアップファイルへの自動バックアップ22を行う手段も持つ。 The activation process 5 is having means for activating the other processes, update 25 of historical data in the temporary area in the background, automatic backup 21 to a temporary area in the shared memory status data 11, the history data also it has means for performing an automatic backup 22 to the backup file.

【0033】履歴データの更新21は、起動プロセス(5)から他プロセスが起動されるタイミングで行われる。 The historical data update 21, other processes from the boot process (5) is performed at a timing that is started.

【0034】バックアップ21、22は互いに同期をとりながら定期的に行われる。 [0034] backup 21 and 22 is performed periodically while synchronizing with each other.

【0035】起動プロセス5が正常手順により終了された場合、一時領域16内の各ファイルは消去される。 [0035] If the startup process 5 is terminated by the normal procedure, each file in the temporary area 16 is erased.

【0036】正常な手順で終了せず中断された場合には一時領域内のデータはそのまま残される。 The data in the temporary area in the case that was interrupted without closing gracefully is left intact.

【0037】今、プロセスd9を処理中に処理が中断されてしまったとする。 [0037] Now, the processing of the process d9 during processing had been interrupted.

【0038】また、バックアップ21、22はプロセスc8終了時にバックアップを行ったとする。 [0038] In addition, the backup 21 and 22 and the backup was taken when the process c8 end.

【0039】起動プロセス5を再起動させると、一時領域にバックアップされた状態データ12が残されているため、確保された共有メモリ内状態データ11の領域へのバックアップファイルからコピーによる初期化19を行う。 [0039] When the restart activation process 5, the temporary order area state data 12 that was backed up is left, the initialization 19 by copying the backup file to the region of the shared memory state data 11 reserved do.

【0040】また、バックアップされた履歴データ13 [0040] In addition, historical data 13 that was backed up
も残っているため履歴データへのバックアップファイルからコピーによる初期化20を行う。 Initialization is performed 20 according to the copy from the backup file to the historical data because it is also remaining.

【0041】こうすることにより、起動プロセス5を再起動した直後の、共有メモリ内状態データ11、および一時領域内16の履歴データ14はプロセスc8終了直後の状態に復帰することができる。 [0041] By doing so, the boot process 5 rebooted immediately after the history data 14 in the shared memory status data 11, and a temporary area 16 can return to the state immediately after the process c8 ends.

【0042】従って、再起動後はプロセスd9から起動させれば良いことになる。 [0042] Thus, after a reboot it is only necessary to start from the process d9.

【0043】もし、プロセスd9を処理中に中断されてしまった時、バックアップ21、22がプロセスb7終了時にバックアップを行った状態であるとする。 [0043] If, when you've been suspended the process d9 during the process, and a state in which the backup 21 and 22 were backed up during the process b7 end. (プロセスの終了とは同期をとっていないため)その時は、履歴データ14も状態データと同期をとってバックアップされているために起動プロセス5の再起動時に、履歴データを確認することによって、どの状態までが復帰されているかを確認するいことができる(履歴データのバックアップはこのために用意している。)。 At that time (because the end of the process is not synchronized), upon restart Startup Process 5 to historical data 14 is also backed up by taking the state data and synchronization, by checking the history data, which or until the state has been restored can be confirmed Surui (historical data backup has been provided for this purpose.).

【0044】図3は、本願発明の実施例1の処理動作を示すフローチャートである。 [0044] Figure 3 is a flowchart illustrating a processing operation example 1 of the present invention.

【0045】一時領域16にバックアップされた状態データ、履歴データが存在するか否かを判定し(ステップ1)、ステップ1で存在しない場合には共有メモリ内状態データ11、履歴データ14の初期化を行う(ステップ2)。 [0045] determines the temporary area 16 to the backup state data, whether historical data exists (Step 1), the shared memory state data 11 if it does not exist in Step 1, initialization of historical data 14 is carried out (step 2).

【0046】ステップ1で存在する場合には、共有メモリ内状態データ11、履歴データ14ともそれぞれバックアップされた状態データ12、履歴データ13からのコピーを行う(ステップ3)。 [0046] When present in Step 1, to copy from the shared memory state data 11, history data 14 and status data 12 is also backed up respectively, history data 13 (Step 3). そして、他のプロセスを起動する(ステップ4)。 Then, to start another process (Step 4). また、同時に定期的に共有メモリ内状態データ11、履歴データ14を一時領域16 At the same time regularly shared memory status data 11, the history data 14 temporary area 16
のバックアップファイルにコピーする(ステップ5)。 To copy the backup file (step 5).

【0047】そして、正常手段による終了処理を行う(ステップ6)。 [0047] Then, the termination process by normal means (Step 6). その後、一時領域のファイル全てを消去し(ステップ7)、終了する。 Then, to erase all files of the temporary area (step 7), and ends.

【0048】なお、本実施例では共有メモリ内状態データを一つとしたが、これは複数存在していてもよい。 [0048] Although a single shared-memory state data in the present embodiment, which may optionally plurality of.

【0049】また、共有メモリを使用しないでプロセス間のデータを伝達する方法として、一時領域にファイル(図2における15)を作成しデータの読み書きしてもよい。 [0049] Further, as a method for transmitting data between processes without using a shared memory, may read and write to create a temporary area file (15 in FIG. 2) data.

【0050】こういったファイルも同じ一時領域に作成されていれば、正常手順で終了されなかったのときに消去されないので再起動時に残っていることになる。 [0050] if it is created in these were also the same temporary space file, will be remaining at the time of restart because it is not erased when the has not been terminated in the normal procedure.

【0051】これにより、さらに完璧に中断以前の状態に復帰することができる。 [0051] Thus, it is possible to further perfect return interruption to its previous state.

【0052】さらに、使用者が任意時点でバックアップをとるように指示し、一時領域を消さないような終了を選べば、任意の時点で処理を中断し、意識的な途中からの処理の復帰が容易に実現できる。 [0052] Furthermore, the user is instructed to back up at any time, if you choose the end that does not erase the temporary area, suspends processing at any time, conscious return processing from halfway It can be easily realized.

【0053】以上説明したように本実施例によれば、プロセスの実行状態を定期的に自動バックアップすることにより、プロセスが操作の誤りによる中断、外的要因による中断以前の状態に簡単に復帰できるようにしたものであり、これにより中断以前の労力、時間の無駄を省くことができる。 [0053] According to this embodiment as described above, by periodically and automatically back up the execution state of the process, the process is interrupted by the error operation can be easily restored to a previous state interruption due to external factors is obtained by way, thereby previous effort interruption, can reduce waste of time.

【0054】(実施例2)次に、本発明の実施例2について、詳細に説明する。 Next (Example 2), Example 2 of the present invention will be described in detail.

【0055】図4は、本発明の実施例2の実行ファイル作成環境の概略図である。 [0055] Figure 4 is a schematic diagram of the execution file creation environment of Example 2 of the present invention. また、図5は、本発明の実施例2の実行ファイルの概略図、図6は、本発明の実施例2の実行ファイルに日時、情報処理装置名を書き込み時の処理動作を示すフローチャートである。 Further, FIG. 5 is a schematic diagram of the execution file of the second embodiment of the present invention, FIG. 6, the execution file of the second embodiment of the present invention date, is a flow chart showing a processing operation at the time of writing the information processing apparatus name . なお、ここで言う情報処理装置とは、LANを介して接続される複数の装置を指すものでもよく、また、1つの情報処理装置上で動作する異なるプログラムでもよい。 Here, the information processing device mentioned may not refer to a plurality of devices connected via a LAN, or may be a different program running on a single information processing apparatus.

【0056】図4乃至図6を参照して、コマンドの実行ファイル作成時にその時の日時と情報処理装置名を実行ファイルに書き込む処理について、コマンドabcの実行ファイルを作成するば例を挙げて説明する。 [0056] With reference to FIGS. 4 to 6, the process for writing the date and time and the information processing device name at the time when execution file creation commands executable By way of example if you create an executable file command abc .

【0057】まず、コマンドabcのプログラムソースファイルが存在する領域6に日時、情報処理装置名を埋め込むための翻訳時取り込みファイル(インクルードファイル)(図4におけるjyouhou.h41)を作成する(ステップ12)。 Firstly, created in the region 6 there is a program source file command abc date, translated during capture files for embedding information processing apparatus name (include files) to (Jyouhou.H41 in FIG. 4) (step 12) . この中には作成された時の日時、実行している情報処理装置名が書き込まれている。 Date and time that are created therein, the information processing apparatus name is written running.

【0058】次に、実行ファイルに日時、情報処理装置名を取り込み、参照するためのプログラムソースファイル(図4におけるのa.c43)が存在する領域5から、コマンドabcのプログラムソースファイルがある領域6に、実行ファイルに日時、情報処理装置名を取り込み、参照するためのプログラムソースファイルa. Next, incorporation date, the information processing apparatus to the executable, the region 5 is present (A.C43 in in FIG. 4) program source file for reference, there is a program source file command abc region 6, the date and time to run the file, captures the information processing apparatus name, referring to the program source file a for. c
をコピーし(ステップ13)、図4の6の状態となる。 Copy (step 13), and 6 in the state of FIG.

【0059】この状態で、コマンドabcのプログラムソースファイルといっしょにjyouhou. [0059] jyouhou in this state, along with the program source file of the command abc. h、a. h, a.
cも取り込んでプログラムのコンパイル(翻訳)、リンク(結合=実行ファイルの作成)を行う(ステップ1 Also it takes in program compilation of c (translation), and the link (coupling = creation of the executable file) (step 1
4)。 4). この後不要になった日時、情報処理装置名を埋め込むための翻約時取り込みファイル(インクルードファイル)jyouhou. Date and time are no longer needed after this, transliteration about time capture file (include file) for embedding the information processing apparatus name jyouhou. h、実行ファイルに日時、情報処理装置名を取り込み、参照するためのプログラムソースファイルa. h, date and time to run the file, captures the information processing apparatus name, referring to the program source file a for. cを、他の中間的な一時ファイルとともにコマンドabcのプログラムソースファイルがある領域から削除し(ステップ15)、図4の7の状態となる。 The c, removed from other regions with intermediate temporary files have a program source file command abc (step 15), and 7 in the state of FIG.

【0060】この処理ででき上がったコマンドabcの実行ファイルには、本来の処理部分の他に、図5の8に示すように日時、情報処理装置名が埋め込まれる。 [0060] The executable resulting command abc in this process, in addition to the original processing part, time as shown in 8 of Fig. 5, the information processing apparatus name is embedded.

【0061】この処理で図4に示すように、実行ファイルに日時、情報処理装置名を取り込み、参照するためのプログラムソースファイル(図4のa.c)が存在する領域5を、コマンドabcのプログラムソースファイルがある領域6とは別に設け、作成時にプログラムソースa. [0061] As shown in FIG. 4 in this process, the date and time in the execution file, takes in the information processing apparatus name, a region 5 is present (a.c in Figure 4) program source file for reference, the command abc It provided separately from the region 6 where there is a program source file, program source a at the time of creation. cをコピーするようにしたり、日時、情報処理装置名を埋め込むための翻訳時取り込みファイル(インクルードファイル)(図4のjyouhou.h41)をその場に一時的に作成するようにしたのは、ひとつにはこの2つのリソースファイルは本来のコマンドabcとはまったく無関係であり、本来のコマンドabcを開発、 Or to copy the c, date and time, was translated during the incorporation file for embedding an information processing apparatus name (include files) (jyouhou.h41 of FIG. 4) to create temporarily in place, one the two resource file is in is completely independent of the original command abc, developed the original command abc,
保守する時に考慮する必要がないものであるため、コマンドabcのプログラムソースファイルがある領域6に置いておく必要がないからである。 Because it is that there is no need to consider at the time of maintenance, it is not necessary to be placed in the area 6 where there is a program source file of the command abc.

【0062】また、他のコマンドを作成する時にもまったく同じリソースファイルが必要であるので、それを複数あるコマンドごとに持つのは領域の無駄であり、実行ファイルに日時、情報処理装置名を取り込み、参照するためのプログラムソースファイル(a.c)の手段を変更したい場合、図4の領域5のa. [0062] In addition, since there is a need for exactly the same resource file also when creating the other command, it to have for each of a plurality certain command is a waste of area, date and time to run the file, the information processing apparatus name uptake If you want to change the unit of a program source file for reference (a.c), a region 5 of FIG. cだけ変更するだけで直ぐに複数の実行ファイル作成時に反映させることができる。 Simply changing only c in can be immediately reflected when creating multiple executables. 図7、8は実行ファイルから日時、情報処理装置名を参照する処理動作を示すフローチャートである。 7 and 8 is a flowchart showing a processing operation that references date, the information processing apparatus name from the execution file.
また、図5は実行ファイルの概略図、図9は日時、情報処理装置名参照手段を表示装置25の表示画面上に1つのウィンドウとして表示した例である。 Further, FIG. 5 is a schematic diagram of the execution file, 9 date, an example of displaying a single window on the display screen of the display device 25 to the information processing apparatus name referring unit. 図9において、 9,
91は、コマンド名入力部であり、92は入力されたコマンド名であり、93は、作成した日時を示し、94は作成した情報処理装置名を示している。 91 is a command name input unit, 92 is a command name entered, 93 indicates the date and time created, 94 denotes an information processing apparatus name created.

【0063】これらの図から、コマンドの実行ファイルに書き込まれた作成時の日時と情報処理装置名を読み出す処理と、コマンドの実行ファイルから読み出した日時と情報処理装置名を表示する処理、について説明する。 [0063] From these figures, the process of displaying a process of reading the date and time and the information processing device name when creating written to the command of the executable, the date and the information processing apparatus name read from the command executable, description to.
図7は実行ファイルから日時、情報処理装置名を参照する手段の全体の流れを示すフローチャートであり、図8 Figure 7 is a flow chart showing the overall flow of means for reference date, the information processing apparatus name from the execution file, FIG. 8
は図7のプロセスから起動させる実行ファイル動きを示すフローチャートである。 Is a flowchart showing an execution file motion to start from the process of FIG.

【0064】まず、実行ファイルから日時、情報処理装置名を参照する手段を起動させると日時、情報処理装置名を参照する指示を立てる(スッテプ16)。 [0064] First, make date and time from the executable file, when activating the means for referring to the information processing apparatus name date, an instruction to refer to the information processing apparatus name (Suttepu 16).

【0065】次に参照したいコマンド名を入力、解析する(ステップ17)コマンド名が正しいか否か判断(ステップ18)して、正しければコマンドを起動させる。 [0065] then type the command name to be referenced, analyzed to be (step 17) the command name is correct whether (step 18), activates the command is correct.

【0066】次に、図8において、起動されたコマンドは、まず一番初めに日時、情報処理装置名を参照する指示が立っているか否か判断する(ステップ23)。 Next, in FIG. 8, the command that is started, the very beginning date to determine whether or not an instruction to refer to the information processing apparatus name is set (step 23). 指示が立っている場合実行ファイル内部に埋め込まれた日時、情報処理装置名を(図5の10)を出力し(ステップ24)、ステップ19に戻る。 Instruction is embedded when the executable internal standing time, the information processing apparatus name outputs (10 in FIG. 5) (step 24), the flow returns to step 19.

【0067】また、このコマンドは、起動したときに日時、情報処理装置名を参照する指示がたっていなければ、通常の処理を果し(ステップ25)、ステップ19 [0067] Further, the command, the date and time when starting, unless instructed standing to refer to the information processing apparatus name, play a normal processing (step 25), step 19
に戻る。 Back to.

【0068】次に、実行ファイルより取り出した日時、 Next, the date and time that was taken out of the executable file,
情報処理装置名を表示する(ステップ21)。 Show information processing device name (step 21). このときの表示画面上の一ウィンドウ内の表示を図9に示す。 Shows a display in one window on the display screen at this time is shown in FIG.

【0069】さらに、続けて参照するか否か判断し(ステップ22)、続けて参照する場合は、ステップ17に戻る。 [0069] is determined further whether continued reference (step 22), if continued reference, the process returns to step 17.

【0070】コマンド名が正常ではない場合には、エラーメッセージを表示画面上に表示し(ステップ20)、 [0070] If the command name is not normal, it displays an error message on the display screen (step 20),
さらに、続けて参照するか否か判断し(ステップ2 Further, it is determined whether continued reference (Step 2
2)、続けて参照する場合は、ステップ17に戻る。 2) If you want to see continued, the process returns to step 17.

【0071】なお、実行ファイルを作成した担当者名等必要な情報を埋め込むようにしてもよい。 [0071] It should be noted, may be embedded in a person's name, such as the required information to create an executable file.

【0072】また、ネットワークで繋がれた各情報処理装置の全てに参照する手段を設けることにより、どこの処理装置からも参照することができる。 [0072] Further, by providing a means of referring to all of the information processing apparatus connected by a network, can be referenced anywhere processing apparatus.

【0073】以上説明したように本実施例によれば、コマンドの実行実行ファイルに作成した日時、情報処理装置名を埋め込む手段及び参照する手段を設けることにより、複数情報処理装置の複数のコマンド実行ファイルの、バージョン管理、障害時の問題解決に役立つ。 [0073] According to this embodiment as described above, by providing a means of means and reference embed date created run executable command, the information processing apparatus name, executing a plurality of commands of a plurality information processing apparatus of files, version management, it helps you solve a problem at the time of failure.

【0074】(実施例3)次に、本発明の実施例3について詳細に説明する。 [0074] (Embodiment 3) Next, Embodiment 3 of the present invention will be described in detail.

【0075】電源を投入し、準備操作さがなされると情報処理装置内にハードディスク装置20からコマンドが読み込まれ、CPU11においてソフトウェアにより、 [0075] Turn on the power supply command is read from the hard disk device 20 in the preparation operation is is performed in the information processing apparatus, the software in the CPU 11,
図11に示した実行環境設定処理、図12に示したコマンド起動処理、図13に示した起動されたコマンドの処理の例が実行される。 Execution environment setting process shown in FIG. 11, the command start processing shown in FIG. 12, an example of the processing of the activated command shown in FIG. 13 is executed. 図10は本実施例3の実行環境の概略図をであるが、説明のため図1のハードディスク装置20をコマンド格納ファイルシステム群9、参照データ格納ファイルシステム群10、作成データ格納ファイルシステム群11に分けている。 Although FIG. 10 is a schematic diagram of the execution environment of the third embodiment, the command storage file system unit 9 hard disk device 20 in FIG. 1 for explanation, the reference data storage file system unit 10, creates data storage file system unit 11 It is divided into.

【0076】また、周辺出力機器装置7の例として周辺出力機器群の例12を示している。 [0076] Further, an example 12 of a peripheral output device group as an example of the peripheral output equipment device 7.

【0077】ファイルシステム群9には、各種コマンドが格納されているファイルシステムA、Bがあり、このうちAをディフルトのファイルシステムとする。 [0077] The file system unit 9, the file system A variety of commands are stored, there are B, and these A and Difuruto file system.

【0078】ファイルシステム群10には参照データが格納されているファイルシステムC、Dがあり、このうちCをディフォルトのファイルシステムとする。 [0078] File system C to the file system unit 10 which reference data is stored, there is D, and the one C and default file system.

【0079】ファイルシステム群11には作成データが格納されるファイルシステムE、Fがあり、このうちE [0079] File system E to the file system unit 11 to be stored to create data, there is F, these E
をディフォルトファイルとする。 The the default file.

【0080】周辺出力機器12には、例としてプリンタG、Hがあり、このうちGをディフォルトプリンタとする。 [0080] a peripheral output device 12, a printer G as an example, there are H, to the one G and default printer.

【0081】ハードディスク装置20からCPU11により読み出された実行環境を設定する処理(図11) [0081] The processing for setting the execution environment that has been read by the CPU11 from the hard disk device 20 (FIG. 11)
で、必要な環境が設定されていない場合には、コマンド格納ファイルシステムとしてAを、参照データ格納ファイルシステムとしてCを、作成データ格納ファイルシステムとしてEを、出力プリンタとしてGを設定する。 In the case where the required environment is not set, the A as a command storage file system, the C as the reference data storage file system, the E as creating data storage file system, and sets the G as the output printer.

【0082】この場合、各コマンドを起動させる処理(図12)は、指定されたコマンドをファイルシステムAより呼びだし(コマンド1)起動させる。 [0082] In this case, the process of activating the respective command (Fig. 12) calls the specified command from the file system A (command 1) is activated.

【0083】また、起動されたコマンドのひとつ(コマンド1)は、データを参照する場合ファイルシステムC [0083] Also, one of the activated command (command 1), when the file system C that reference data
から参照し、作成したデータを保存する場合ファイルシステムEに保存し、プリンタ出力する場合にはプリンタGに出力する。 Reference from, save if the file system E that stores data created, when the printer output is output to the printer G. しかしながら、実行環境設定処理(図1 However, the execution environment setting process (FIG. 1
1)の起動前にコマンド格納ファイルシステムとしてB B as a command storage file system before starting 1)
が、参照データ格納ファイルシステムとしてDが、作成データ格納ファイルシステムとしてFが、出力プリンタとしてHが設定されているならば、各種コマンドを起動させる手段(図12)は、ファイルシステムBより呼びだし(コマンド1')起動させる。 But if D as the reference data storage file system, F is the creation data storage file system, H is configured as an output printer means for activating various commands (Fig. 12) is, call from file system B ( command 1 ') to start.

【0084】また、起動されたコマンドのひとつ(コマンド1')は、データを参照する場合ファイルシステムDから参照し、作成したデータを保存する場合ファイルシステムFに保存し、プリンタ出力する場合にはプリンタHに出力する。 [0084] Also, one of the activated command (command 1 '), when the when referring to a data reference from the file system D, when to store data created and stored in the file system F, printer output output to the printer H.

【0085】コマンド1、コマンド1'等は呼びだし名、内容が同じであっても構わないし、異なっても構わない。 [0085] command 1, command 1 'and the like is call names, to the contents may be the same, may be different.

【0086】図11は、実行環境設定処理のフローチャートである。 [0086] Figure 11 is a flowchart of the execution environment configuration.

【0087】実行環境設定手段はハードディスク装置2 [0087] execution environment setting means the hard disk drive 2
0からCPU11によって読み出され、複数のコマンドが存在するファイルシステム名が設定されているか否か判定し(ステップ13)、設定されていない場合、ディフォルトのファイルシステム名を設定する(ステップ1 Read by 0 from CPU 11, whether the determined file system name several command exists is set (step 13), if not set, sets a default file system name (Step 1
4)。 4).

【0088】上記の複数のコマンドが参照するデータの存在するファイルシステム名が設定されているか否か判定し(ステップ15)、設定されていない場合、ディフォルトのファイルシステム名を設定する(ステップ1 [0088] determines whether the file system name that exists in the data which the plurality of commands referenced is set (step 15), if not set, sets a default file system name (Step 1
6)。 6).

【0089】上記の複数のコマンドが作成するデータを保存するファイルシステム名が設定されているか否か判定し(ステップ17)、設定されていない場合、ディフォルトのファイルシステム名を設定する(ステップ1 [0089] determines whether the file system name to save the data in which the plurality of commands to create is set (step 17), if not set, sets a default file system name (Step 1
8)。 8).

【0090】上記の複数のコマンドにより種々のデータが出力される周辺出力機器情報が設定されているか否か判定し(ステップ19)、設定されていない場合、ディフォルトの周辺出力機器を設定する(ステップ20)。 [0090] peripheral output device information in which various data by the plurality of commands are outputted, it is determined whether it is set (step 19), if not set, sets a default peripheral output devices (step 20).

【0091】このように実行環境設定手段でステップを細分化することにより、使用者は実行環境を自分にあわせて細かく設定することができる。 [0091] By subdividing the steps in this way the execution environment setting unit, the user can finely set together the execution environment to them.

【0092】例えば、参照データ格納ファイルシステムのみディフォルトと異なるファイルシステムを使用したい場合には、参照データ格納ファイルシステムだけ実行環境設定手段を起動する前に設定しておけばよい。 [0092] For example, in the case where only the reference data storage file system wants to use the default different file systems, only the reference data storage file system may be set before starting the execution environment setting unit.

【0093】図12は、複数コマンドの起動処理のフローチャートである。 [0093] Figure 12 is a flowchart of a starting process of a plurality command.

【0094】このとき実行環境設定手段で設定された実行環境はコマンド起動手段に自動継承されている。 [0094] The setting execution environment in the execution environment setting means this time is automatically inherited by the command start-up means.

【0095】複数コマンドの起動手段はハードディスク装置20からCPU11に読み出され、キーボード14 [0095] activation means multiple commands are read into CPU11 from the hard disk device 20, a keyboard 14
からコマンド名を入力し(ステップ21)、実行環境に設定されたハードディスク装置20のコマンド格納ファイルシステムにあるかどうかチェックする(ステップ2 Enter the command name from (step 21) and checks whether the command storage file system of the hard disk device 20 which is set in the execution environment (Step 2
2)。 2).

【0096】ステップ22においてコマンド名がないときには、メッセージを出力し次のコマンド名を入力する(ステップ23)。 [0096] When there is no command name in step 22 outputs a message to enter the command name (step 23).

【0097】実行環境に設定されているハードディスク装置20のファイルシステムのコマンドを起動する(ステップ24)、終了するか判定し(ステップ25)、終了処理をする(ステップ26)に分かれている。 [0097] To start a command execution environment hard set in the device 20 a file system (step 24), is divided into is determined whether to end (step 25), the termination processing (step 26).

【0098】図13は、設定されたコマンド格納ファイルから複数コマンド起動処理により起動されたコマンドの処理を示すフローチャートである。 [0098] Figure 13 is a flowchart showing the processing of the command that was invoked by multiple commands activation process from the set command storage file.

【0099】このとき実行環境設定手段で設定された実行環境はコマンドに自動継承されている。 [0099] The setting execution environment in the execution environment setting means this time is automatically inherited by the command.

【0100】この例でのコマンドは、ファイルを参照し、データを加工して、保存する処理を行うこととする。 [0100] The command in this example, with reference to the file, by processing the data, and to perform the process of storing.

【0101】起動されたコマンドはハードディスク装置20からCPU11により読み出され、キーボード14 [0102] The activated command is read by the CPU11 from the hard disk device 20, a keyboard 14
により参照ファイル名、保存ファイル名その他計算条件が入力され(ステップ27)、設定されたハードディスク装置20の参照データ格納ファイルシステムから参照ファイルを呼び出しデータを読む(ステップ28)。 Reference file name, the save file name other calculation conditions are input (step 27), read the call data reference files from the reference data storage file system of the set the hard disk device 20 (step 28). その後、計算条件によって、データを加工し(ステップ2 Thereafter, the calculation conditions, processing the data (Step 2
9)、設定されたハードディスク装置20の作成データ格納ファイルシステムに保存する(ステップ30)ステップからなる。 9), consisting of (step 30) step of storing the generated data storage file system of the set the hard disk drive 20.

【0102】このように、実行環境設定処理で設定した実行環境は、コマンド起動手段と、コマンド起動手段により起動されるコマンドに自動継承されるので、設定された環境でコマンドが呼び出され実行されることになる。 [0102] Thus, the execution environment set by the execution environment setting process, a command starting means, because it is automatically inherited to the command is activated by the command activation means, is executed command is invoked at the set environment It will be.

【0103】また、各種コマンド格納ファイルシステムを複数指定できるようにしてもよい。 [0103] Furthermore, various commands storage file system may be able to specify multiple.

【0104】前述した実施例では、4つのグループに分けていたが、さらに細分化して環境設定できるようにして、よりきめ細かな実行環境の切り替えを可能にしてもよい。 [0104] In the embodiments described above, it had divided into four groups, so as to be preferences further subdivided, may enable the switching of finer execution environment.

【0105】以上説明したように本発明は、実行前に決められている変数名に環境が設定されているか否か判断し、設定されていない場合ディフォルトの環境を設定する手段を持つことによって、コマンド、ファイル等の変更なしに実行環境を簡単に変更することができる効果がある。 [0105] The present invention described above, by having a means for setting determines whether environment variable names are determined before the execution is set, the case defaulted environment that has not been set, command, there is an effect that it is possible to easily change the execution environment without changing the file or the like.

【0106】 [0106]

【発明の効果】以上説明のように本発明は、実行状態データ、実行履歴ファイルを定期的にバックアップし、プロセスが中断されても、再起動時に中断以前の状態に実行状態データ戻すことにができる。 The present invention as described above, according to the present invention, the execution state data, periodically back up execution history file, even if the process is an interruption, it is to return execution status data to the previous state suspended on reboot it can.

【0107】また、本発明は、コマンドの実行ファイル自身に実行ファイルが作成された日時、作成した情報処理装置名を書き込み、それを参照できるようにすることができる。 [0107] The present invention also time the executable itself executable file is created in the command, writes the information processing apparatus name created, it is possible to allow reference.

【0108】また、本発明は、各々の環境がすでに設定されているか否か判断して、設定されていない場合ディフォルトの環境を設定することができる。 [0108] Further, the present invention is to determine whether each of the environment is already set, it is possible to set the case defaulted environment that has not been set.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の一実施例のブロック図 Block diagram of an embodiment of the present invention; FIG

【図2】本発明の実施例1の動作を説明するための概念図 Figure 2 is a conceptual diagram for explaining the operation of the first embodiment of the present invention

【図3】本発明の実施例1の処理動作を示すフローチャート Flowchart illustrating a processing operation example 1 of the present invention; FIG

【図4】本発明の実施例2の実行ファイル作成環境の該略図 Schematic representation of the execution file creation environment of Example 2 of the present invention; FIG

【図5】本発明の実施例2の実行ファイルの概略図 Figure 5 is a schematic diagram of the execution file of the second embodiment of the present invention

【図6】本発明の実施例2の処理動作を示すフローチャート Flowchart illustrating a processing operation example 2 of the invention; FIG

【図7】本発明の実施例2の処理動作を示すフローチャート Flowchart illustrating a processing operation example 2 of the present invention; FIG

【図8】本発明の実施例2の処理動作を示すフローチャート Flowchart illustrating a processing operation example 2 of the invention; FIG

【図9】本発明の実施例2の表示画面上の表示例を示す図 Shows a display example of the display on the screen of the second embodiment of the present invention; FIG

【図10】本発明の実施例3の実行環境の該略図 Schematic representation of the execution environment of the third embodiment of the invention; FIG

【図11】本発明の実施例3の処理動作を示すフローチャート FIG. 11 is a flowchart illustrating a processing operation of the third embodiment of the present invention

【図12】本発明の実施例3の処理動作を示すフローチャート Flowchart illustrating a processing operation of the third embodiment of the present invention; FIG

【図13】本発明の実施例3の処理動作を示すフローチャート Flowchart illustrating a processing operation of the embodiment 3 of FIG. 13 the present invention

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

11 CPU 12 システムバス 13 メインメモリ 14 キーボード 15 マウス 16 キーインターフェース 17 LANインターフェース 18 LAN 19 I/Oインターフェース 20 ハードディスク装置 21 フロッピーディスク装置 22 ディスクインターフェース 23 プリンタ 24 プリンタインターフェース 25 表示装置 26 表示インターフェース 11 CPU 12 system bus 13 The main memory 14 keyboard 15 mouse 16 key interface 17 LAN interface 18 LAN 19 I / O interface 20 hard disk drive 21 Floppy disk drive 22 disk interface 23 printer 24 printer interface 25 display 26 display interface

Claims (3)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 記憶装置内の情報に基づいて複数のプロセスを順次組み合わせて、処理を行う情報処理装置において、 各プロセス間に共通のデータ構造を持つデータを共有メモリを介して伝達する場合、 複数のプロセス内で共通のデータ構造を持つ共有メモリ内状態データを初期化する手段と、 複数のプロセス内で共通のデータ構造を持つ共有メモリ内状態データを一時領域のデータにより初期化する手段と、 実行状態を示す履歴ファイルを初期化する手段と、 実行状態を示す履歴ファイルを一時領域のデータより初期化する手段と、 複数のプロセスを起動する手段と、 実行状態を示す履歴ファイルを更新する手段と、 複数のプロセス内で共通のデータ構造を持つ共有メモリ内状態データを一時領域に格納する手段と、 前記状態データの 1. A sequentially combining a plurality of processes on the basis of the information in the storage device, an information processing apparatus which performs processing, when transmitted through the shared memory data with a common data structure between each process, It means for initializing a shared-memory state data with a common data structure in the plurality of processes, and means for initializing the data in the temporary area shared memory state data with a common data structure in the plurality of process updates means for initializing the history file indicating the execution state, and means for initializing than the data in the temporary area history file indicating the execution state, and means for activating a plurality of processes, the history file indicating an execution state means, means for storing in a temporary area shared memory state data with a common data structure in the plurality of processes, the state data 格納処理と同期を取りながら、実行状態を示す履歴ファイルを格納する手段と、 正常手順による終了時に一時領域を消去する手段と、 を有することを特徴とする情報処理装置。 While taking storage processing and synchronization, the information processing apparatus characterized by having a means for erasing means for storing the history file, the temporary space at the end by normal procedures showing the execution state.
  2. 【請求項2】 記憶装置内の情報に基づいて中央処理装置内に複数のコマンドを呼び出しその実行ファイルを設定できる情報処理装置において、 コマンドの実行ファイル作成時にその時の日時と装置を分類するために付けられた情報処理装置名を実行ファイルに書き込む手段と、 コマンドの実行ファイルに書き込まれた作成時の日時と情報処理装置名を読み出す手段と、 コマンドの実行ファイルから読み出した日時と情報処理装置名を表示する手段とを有することを特徴とする情報処理装置。 2. A data processing apparatus which can set a call that executable multiple commands in the central processing unit based on the information in the storage device, in order to classify the date and time unit at that time during execution file creation command means for writing the information processing apparatus name given to the executable, and means for reading the time and date and the information processing device name when creating written in the command executable time and date and the information processing apparatus name read from the command executable the information processing apparatus characterized by having a means for displaying.
  3. 【請求項3】 記憶装置内の情報に基づいたプロセッサ内複数のコマンドを設定できる情報処理装置において、 呼び出される複数のコマンドが存在するファイルシステム名を設定する手段と、 前記複数のコマンドが参照するデータの存在するファイルシステム名を設定する手段と、 前記複数のコマンドにより作成されたデータを保存するファイルシステム名を設定する手段と、 前記複数のコマンドにより種々のデータが出力される周辺出力機器の情報を設定する手段と、 前記複数のコマンドを起動する手段とを有することを特徴とする情報処理装置。 3. A data processing apparatus capable of setting a plurality of commands in the processor based on the information in the storage device, means for setting a file system name multiple commands that are invoked present, the plurality of commands referenced means for setting a file system name that exists in the data, and means for setting a file system name to save the data created by the plurality of commands, the peripheral output devices that various data is output by said plurality of command the information processing apparatus characterized by comprising means for setting the information, and means for activating the plurality of commands.
JP602693A 1993-01-18 1993-01-18 Information processor Granted JPH06214854A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP602693A JPH06214854A (en) 1993-01-18 1993-01-18 Information processor

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP602693A JPH06214854A (en) 1993-01-18 1993-01-18 Information processor

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH06214854A true JPH06214854A (en) 1994-08-05

Family

ID=11627173

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP602693A Granted JPH06214854A (en) 1993-01-18 1993-01-18 Information processor

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH06214854A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009524130A (en) * 2006-01-12 2009-06-25 マイクロソフト コーポレーション Capture and reconstruction of the expected application state after the application shut down not
JP2010002333A (en) * 2008-06-20 2010-01-07 Toshiba Corp Information processor

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009524130A (en) * 2006-01-12 2009-06-25 マイクロソフト コーポレーション Capture and reconstruction of the expected application state after the application shut down not
KR101278822B1 (en) * 2006-01-12 2013-06-25 마이크로소프트 코포레이션 Capturing and restoring application state after unexpected application shutdown
JP2010002333A (en) * 2008-06-20 2010-01-07 Toshiba Corp Information processor

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3675802B2 (en) How to reconstruct the state of the computing and system
US6470413B1 (en) Information processing apparatus and method in which an executable file in an incorporated memory is loaded and executed at startup
US6317845B1 (en) System for computer recovery using removable high capacity media
JP4363676B2 (en) Computer system
US4819234A (en) Operating system debugger
JP5251002B2 (en) Distributed processing program, a distributed processing method, distributed processing unit, and the distributed processing system
US6698018B1 (en) System and method of multiple-stage installation of a suite of applications
JP4291964B2 (en) The virtual machine system
JP3156083B2 (en) Fault-tolerant computer system
EP1137987B1 (en) Initializing and restarting operating systems
US5794052A (en) Method of software installation and setup
US6971095B2 (en) Automatic firmware version upgrade system
KR950010826B1 (en) Apparatus and method for suspending and resuming software on a computer
US6816964B1 (en) System, method and medium storing a program controlling a computer, to install a program remotely and automatically into a client by pre-downloaded agent using managing record recording an install execution state of the client and execution control information
US20020147938A1 (en) System and method for collecting and restoring user environment data using removable storage
KR100271342B1 (en) A system for taking backup in a database
US6704885B1 (en) Performing data backups with a stochastic scheduler in a distributed computing environment
KR100901903B1 (en) Self-monitoring and updating of firmware over a network
US5745669A (en) System and method for recovering PC configurations
US5257377A (en) Process for automatically migrating a subset of updated files from the boot disk to the replicated disks
US6205558B1 (en) Recovery of file systems after modification failure
KR101099297B1 (en) Method for managing file replication in applications
JP5140001B2 (en) Capture and reconstruction of the expected application state after the application shut down not
CN1163824C (en) Fast startor and method
US8135813B2 (en) Method, system and program product for remotely deploying and automatically customizing workstation images