JPH06180668A - Computer system - Google Patents

Computer system

Info

Publication number
JPH06180668A
JPH06180668A JP4331801A JP33180192A JPH06180668A JP H06180668 A JPH06180668 A JP H06180668A JP 4331801 A JP4331801 A JP 4331801A JP 33180192 A JP33180192 A JP 33180192A JP H06180668 A JPH06180668 A JP H06180668A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
computer system
means
suspend
smi
device driver
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP4331801A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Makoto Arai
信 新井
Original Assignee
Toshiba Corp
株式会社東芝
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toshiba Corp, 株式会社東芝 filed Critical Toshiba Corp
Priority to JP4331801A priority Critical patent/JPH06180668A/en
Publication of JPH06180668A publication Critical patent/JPH06180668A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F1/00Details not covered by groups G06F3/00 – G06F13/00 and G06F21/00
    • G06F1/26Power supply means, e.g. regulation thereof
    • G06F1/32Means for saving power
    • G06F1/3203Power management, i.e. event-based initiation of power-saving mode
    • G06F1/3234Power saving characterised by the action undertaken
    • G06F1/325Power saving in peripheral device
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F1/00Details not covered by groups G06F3/00 – G06F13/00 and G06F21/00
    • G06F1/26Power supply means, e.g. regulation thereof
    • G06F1/32Means for saving power
    • G06F1/3203Power management, i.e. event-based initiation of power-saving mode
    • G06F1/3206Monitoring of events, devices or parameters that trigger a change in power modality
    • G06F1/3215Monitoring of peripheral devices
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F13/00Interconnection of, or transfer of information or other signals between, memories, input/output devices or central processing units
    • G06F13/38Information transfer, e.g. on bus
    • G06F13/382Information transfer, e.g. on bus using universal interface adapter
    • G06F13/385Information transfer, e.g. on bus using universal interface adapter for adaptation of a particular data processing system to different peripheral devices
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02DCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES [ICT], I.E. INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES AIMING AT THE REDUCTION OF THIR OWN ENERGY USE
    • Y02D10/00Energy efficient computing
    • Y02D10/10Reducing energy consumption at the single machine level, e.g. processors, personal computers, peripherals or power supply
    • Y02D10/15Reducing energy consumption at the single machine level, e.g. processors, personal computers, peripherals or power supply acting upon peripherals
    • Y02D10/151Reducing energy consumption at the single machine level, e.g. processors, personal computers, peripherals or power supply acting upon peripherals the peripheral being a bus

Abstract

PURPOSE:To efficiently extend a power management function and control periph eral equipments by effectively utilizing a memory to be overlaid on a main memory. CONSTITUTION:A device driver for an extension suspending/resuming processing is stored inside an SM-RAM 14 utilized for saving a system status and the suspending/resuming processing of an optional device not supported by BIOS is realized by the device driver. In this case, the SM-RAM 14 shares a prescribed address space with the main memory 13 and becomes accessible only when SMI signals are inputted. Thus, even when the device driver for the extension suspending/resuming processing is incorporated, a required memory space is not increased. Thus, the function extension of a suspending/resuming function can be realized in a state where memory resources are effectively utilized.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】この発明は、ラップトップタイプまたはノートブックタイプのポータブルコンピュータやペン入力型ポータブルコンピュータ等のコンピュータシステムに関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION This invention relates to a computer system, such as a laptop or notebook type of portable computers and pen input type portable computer.

【0002】 [0002]

【従来の技術】近年、携帯可能なラップトップタイプまたはノートブックタイプのポータブルコンピュータや、 In recent years, and a portable laptop or notebook type of portable computer,
ペン入力型ポータブルコンピュータが種々開発されている。 Pen input type portable computer have been developed.

【0003】この種のポータブルコンピュータは、各種周辺機器が装着できるように構成されている。 [0003] This type of portable computer, various peripheral devices are configured to be mounted. 周辺機器には、コンピュータ本体に標準装備されるものや、オプション接続されるものとがある。 The peripheral devices, intended to be standard equipment in the computer main body and, there is and what is optional connection. これら周辺機器の管理は、メインメモリの特定のアドレス空間に常駐されるデバイスドライバと称される専用のプログラムによって実行される。 Management of these peripheral devices is performed by the device driver called dedicated program which is resident in a specific address space of main memory.

【0004】また、この種のポータブルコンピュータには、バッテリ駆動可能な時間を延ばすために、電力節約のための電力管理機能が設けられている。 Further, in this type of portable computer, in order to extend the battery time available, power management for power saving is provided. この電力管理機能は、種々のパーワーセーブモードを提供する。 This power management function, provides various per word save mode.

【0005】最も電力消費の少ないパーワーセーブモードの1つとして、サスペンドモードがある。 [0005] One of the most less power per word save mode consumption, there is a suspend mode. このサスペンドモードの時は、アプリケーションプログラムの再スタートに必要なデータが記憶されているメモリ以外は、 When the suspend mode, except the memory of data required to re-start the application program is stored,
コンピュータシステム内のほとんど全てのユニットはパワーダウンされる。 Almost all of the units in the computer system is powered down.

【0006】メモリにセーブされるデータは、コンピュータシステムがサスペンドモードに設定される直前のC [0006] The data to be saved in memory, C just before the computer system is set to suspend mode
PUのステータスおよび各種周辺LSIのステータスである。 It is the status of the status and various peripheral LSI of PU.

【0007】ステータスのセーブは、BIOS(基本入出力プログラム)に組み込まれたサスペンドルーチンによって実行される。 [0007] save of status is performed by a suspend routine built into the BIOS (basic input-output program). BIOSはオペレーティングシステムからの要求にしたがってシステム内のハードウェアを制御するためのものであり、システム内の各種ハードウェアデバイスを制御するプログラム群を含んでいる。 BIOS is for controlling the hardware in the system in response to a request from the operating system includes programs for controlling various hardware devices in the system.

【0008】BIOSのサスペンドルーチンは、システム管理割り込み(SMI;SystemManagement Interr [0008] The suspend routine in the BIOS, the system management interrupt (SMI; SystemManagement Interr
upt)と称される割り込み信号に応答して起動されるように構成されている。 UPT) and in response to the called interrupt signal is configured to be activated. システム管理割り込みは最優先度の割り込みであるので、この割り込みを利用することにより迅速なサスペンド処理が可能となる。 Since the system management interrupt is the highest-priority interrupt level, rapid suspend process is possible by using this interrupt.

【0009】このように、システム管理割り込みは、サスペンド処理等の電力制御処理の起動には非常に有効である。 [0009] Thus, the system management interrupt is a very effective to start the power control process of the suspend processing. しかしながら、システム管理割り込みは、メインメモリに常駐されているプログラムを利用した処理、例えばデバイスドライバを利用した周辺機器の制御処理を起動させるには不向きである。 However, the system management interrupt is not suitable for activating processing using a program that is resident in main memory, for example, the control process of the peripheral device using the device driver.

【0010】なぜなら、システム管理割り込みが発生した際には、SM−RAM(SystemManagement RAM) [0010] This is because, when the system management interrupt occurs, SM-RAM (SystemManagement RAM)
と称されるメモリがメインメモリにオーバーレイされ、 Memory called is overlaid on the main memory,
これによってメインメモリのアドレス空間の一部がアクセス禁止されてしまうからである。 This is because part of the address space of the main memory from being accessed prohibited. このため、もしそのアクセス禁止されたアドレス空間上にデバイスドライバが常駐されていると、周辺機器に対する制御を実行できなくなる。 Therefore, if the device driver to the access prohibition address space is resident, of failure to control the peripheral devices.

【0011】また、最近のコンピュータでは、オプション接続されるハードウェアデバイスのサスペンド処理をサポートするために、サスペンド処理の機能拡張が要求されている。 [0011] In recent computers, in order to support the suspend process of the hardware devices that are optional connected, enhancements suspend process is required. このサスペンド処理の機能拡張は、例えば各ハードウェアデバイスの電源管理を実行するプログラムをBIOS側に追加することによって実現することができる。 Enhancements This suspension process, for example, a program for executing the power management of each hardware device can be achieved by adding to the BIOS side.

【0012】しかしながら、BIOSを記憶するためのメモリ(BIOS−ROM)に割り当て可能なアドレス空間には、制限がある。 [0012] However, the allocation address space in the memory (BIOS-ROM) for storing the BIOS, is limited. また、オプションデバイスは必要に応じて接続されるものであるので、このようなオプションデバイスのサスペンド処理を実行するプログラムについてまで標準装備することはメモリ資源の浪費につながる。 Further, optional device because it is intended to be connected as required, to standard to the program for executing the suspend process of such optional device leads to waste of memory resources.

【0013】さらに、最近では、電力制御機能のための専用のドライバプログラムを持つオペレーティングシステムが開発されている。 [0013] In addition, in recent years, the operating system has been developed with a dedicated driver program for the power control function. このドライバプログラムはBI This driver program is BI
OSと連動してシステムの電力管理を行なうためのものであり、例えば、米インテル社と米マイクロソフト社により開発されたAPM(Advanced Power Managemen Provided for in conjunction with the OS performs the power management of the system, for example, the US APM, which was developed by Intel and Microsoft Corp. (Advanced Power Managemen
t )ドライバが良く知られている。 t) drivers are well known.

【0014】米マイクロソフト社のMS−WINDOW [0014] Microsoft's MS-WINDOW
Sのようなオペレーテイングシステムは、キー入力待ち等のCPUのアイドルステートを容易且つ正確に検出することができる。 Operating Lethe queuing such as S system, the CPU idle state of waiting for key input or the like can be easily and accurately detected. したがって、このようなオペレーテイングシステムによって提供される電力制御機能を利用すると、システムのアイドルステートの検出に応答して、 Therefore, the use of power control functions provided by such operating system, in response to detecting the idle state of the system,
ハードウェアの電力制御を行なうと行った機能を容易に実現することができる。 The functions performed and performs the power control of the hardware can be easily realized.

【0015】このようなオペレーテイングシステムの電力制御機能は、BIOSの提供するハードウェア制御機能と連携することにより、システム固有のハードウェア構成にも対応できるようになる。 The power control function of such operating system, by cooperation with the hardware control functions provided by the BIOS, also to accommodate the system specific hardware configuration. BIOSの提供するハードウェア制御機能との連携を図るためには、オペレーテイングシステムの電力制御機能とBIOSとの間のインターフェース機能を設ける必要がある。 In order to cooperate with the hardware control functions provided by the BIOS, it is necessary to provide an interface function between the power control function and BIOS operating system. ところが、前述したように、BIOS側にインターフェース機能を実現するためのプログラムを追加することはメモリ空間の問題から実際上困難である。 However, as described above, it is practically difficult from the memory space problem to add a program for realizing the interface function to the BIOS side.

【0016】 [0016]

【発明が解決しようとする課題】従来のシステムでは、 The object of the invention is to be Solved In the conventional system,
メインメモリにオーバ−レイするメモリを使用した場合に、デバイスドライバが起動できず周辺機器の制御が行なえない欠点があった。 Over to the main memory - when using the ray memory, device drivers had no disadvantages performed to control the peripheral device can not be started. また、BIOSによって提供される電力管理機能の機能拡張を図ることも困難であった。 Moreover, it was also difficult to expand the functions of the power management features provided by the BIOS.

【0017】この発明はこのような点に鑑みてなされたもので、メインメモリにオーバ−レイするメモリを有効利用できるようにし、周辺機器制御や電力管理機能の拡張を効率良く実現することができるコンピュータシステムを提供することを目的とする。 [0017] The present invention has been made in view of these points, over the main memory - may be to allow effective use of memory laying, efficiently implement the expansion of the peripheral control and power management functions and to provide a computer system.

【0018】 [0018]

【課題を解決するための手段および作用】この発明は、 Means and operation for solving the problems] The present invention,
各種周辺機器が装着可能なコンピュータシステムにおいて、メインメモリに割り当てられているアドレス空間の一部がマッピングされ、所定の割り込み信号に応答してアクセス許可されるオーバーレイメモリであって、前記周辺機器を管理するためのデバイスドライバプログラムを格納するオーバーレイメモリと、前記割り込み信号に応答して、前記オーバーレイメモリに格納されている前記デバイスドライバプログラムを起動し前記周辺機器に対する制御を実行する手段とを具備することを第1の特徴とする。 In various peripheral devices can be attached computer system, part of the address space assigned to the main memory are mapped to a overlay memory accessed permitted in response to a predetermined interrupt signal, manages the peripheral device and overlay memory for storing a device driver program for, in response to said interrupt signal, to start the device driver program stored in the overlay memory and means for executing control for said peripheral device the the first feature.

【0019】このコンピュータシステムにおいては、オーバーレイメモリにデバイスドライバが格納されているので、そのオーバーレイメモリを利用した状態でデバイスドライバを起動することができる。 [0019] In this computer system, because the device driver is stored in the overlay memory can activate the device driver while utilizing the overlay memory. このため、たとえメインメモリのアドレス空間上のデバイスドライバを起動できなくても、必要な周辺機器に対する制御を実行できるようになる。 Therefore, Even if I do not start the device drivers in the address space of the main memory, it becomes possible to perform a control for the peripheral equipment required.

【0020】また、この発明は、各種オプションデバイスが接続可能なコンピュータシステムにおいて、メインメモリに割り当てられているアドレス空間の一部がマッピングされ、所定の割り込み信号に応答してアクセス許可されるオーバーレイメモリであって、前記オプションデバイスのデータをセーブする拡張サスペンド処理を実行するためのデバイスドライバプログラムを格納するオーバーレイメモリと、前記コンピュータシステムのステータスを前記オーバレイメモリにセーブし、前記コンピュータシステムをパワーオフするサスペンド処理を実行するサスペンド手段と、前記オーバーレイメモリに格納されている前記デバイスドライバプログラムを起動して、前記オプションデバイスに対する拡張サスペンド処理を実行する拡張サ Further, the present invention is, in various optional device can be connected computer system, an overlay memory portion of the address space assigned to the main memory are mapped, are in response permissions to a predetermined interrupt signal a is, and overlay memory for storing a device driver program for executing the extended suspension process of saving data of the optional device, a status of the computer system was saved to the overlay memory, power off the computer system a suspension means for executing the suspend process, to start the device driver program stored in the overlay memory, executes expansion suspend processing for the optional device extended ペンド手段と、前記割り込み信号に応答して、前記拡張サスペンド手段に前記拡張サスペンド処理を実行させる手段と、前記拡張サスペンド手段による拡張サスペンド処理の実行終了に応答して、前記サスペンド手段に前記サスペンド処理を実行させる手段とを具備することを第2の特徴とする。 And Pend means, responsive to said interrupt signal, and means for executing said extended suspend process to the expansion suspend means, in response to the execution end of the extended suspension process by the expansion suspend means, the suspend process in the suspend means that and means for executing a second feature.

【0021】このコンピュータシステムにおいては、オーバーレイメモリにオプションデバイスに対する拡張サスペンド処理のためのデバイスドライバプログラムが格納されており、このプログラムによってサスペンド処理の機能拡張が実現される。 [0021] In this computer system is stored a device driver program for the expansion suspend process for the option device to overlay memory, enhancements suspend process is implemented by this program. この場合、オーバーレイメモリはメインメモリのオバーレイであり、割り込み信号が入力された際にメインメモリに割り当てられているアドレス空間の一部がそのメモリ手段にマッピングされて、 In this case, the overlay memory is a Obarei main memory, part of the address space in which the interrupt signal is assigned to the main memory when input is mapped to the memory means,
アクセス許可される。 It is allowed to access. このため、デバイスドライバプログラムを組み込んでも、メインメモリのメモリ空間に何ら影響は与えられない。 For this reason, be incorporated in the device driver program, it is not given any effect on the memory space of the main memory. したがって、サスペンド機能の機能拡張を、メモリ資源を有効利用した状態で実現できるようになり、より効率の良い電力制御を行なうことができる。 Therefore, the extension of the suspend function, will be able to realize a state in which effective use of memory resources, can be more efficient power control.

【0022】 [0022]

【実施例】以下、図面を参照してこの発明の実施例を説明する。 EXAMPLES Hereinafter, with reference to the drawings illustrating the embodiments of the present invention. 図1には、この発明の一実施例に係わるポータブルコンピュータのシステム構成が示されている。 1 is a system configuration of a portable computer according to an embodiment of the present invention.

【0023】このポータブルコンピュータは、液晶表示パネルとこれに一体設けられた透明タブレットとを有するペン入力型のパーソナルコンピュータであり、このシステムは、CPU11、入出力ゲートアレイ(I/O [0023] The portable computer is a pen-input type personal computer having a liquid crystal display panel and a transparent tablet which is integrally provided in this system, CPU 11, input and output gate array (I / O
GA)12、メインメモリ13、システム管理RAM GA) 12, main memory 13, system management RAM
(SM−RAM)14を備えている。 It has a (SM-RAM) 14. メインメモリ13 Main memory 13
およびシステム管理RAM(SM−RAM)14は、ローカルバス1に接続されている。 And System Management RAM (SM-RAM) 14 is connected to the local bus 1.

【0024】また、このシステムには、BIOS−RO [0024] In addition, in this system, BIOS-RO
M15、リアルタイムクロック(RTC)16、スーパーインテグレーション回路(SI)26、液晶コントローラ(液晶CNT)27、第1,第2のICカードコントローラ(IC−CNT)28,29、キーボードコントローラ(キーボードCNT)30が設けられており、 M15, real-time clock (RTC) 16, a super integration circuit (SI) 26, a liquid crystal controller (liquid crystal CNT) 27, first, second IC card controller (IC-CNT) 28, 29, a keyboard controller (keyboard CNT) 30 It is provided,
これらはISA(International Standard Associa These are ISA (International Standard Associa
tion)仕様のシステムバス2に接続されている。 tion) is connected to the system bus 2 of the specification.

【0025】CPU11としては、米インテル社により製造販売されているマイクロプロセッサ80386SL [0025] The CPU11, microprocessor 80386SL that are manufactured and sold by Intel
またはその互換プロセッサが使用される。 Or compatible processor is used. このCPU1 The CPU1
1は、異なる3つの動作モード、つまりリアルモード、 1, three different modes of operation, that is real mode,
プロテクトモード、仮想86モードで動作できる。 Protected mode, it can operate in a virtual 86 mode. リアルモードは、最大で1Mバイトのメモリ空間をアクセスできるモードであり、セグメントレジスタで表されるベースアドレスからのオフセット値で物理アドレスが決定される。 Real mode is a mode that can access the memory space of 1M bytes at maximum, the physical address is determined by the offset value from the base address represented by a segment register. プロテクトモードは1タスク当たり最大16M Protected mode 1 maximum per task 16M
バイトのメモリ空間をアクセスできるモードであり、ディスクプリタテーブルと称されるアドレスマッピングテーブルを用いて物理アドレスが決定される。 Is a mode that can access a byte of memory space, the physical address is determined using the called address mapping table with the disk pre-data table. 仮想86モードは、リアルモードで動作するように構成されたプログラムをプロテクトモードで動作させるためのモードであり、リアルモードのプログラムはプロテクトモードにおける1つのタスクとして扱われる。 Virtual 8086 mode is a mode for operating the program that is configured to operate in real mode in protected mode, the program of the real mode is treated as one task in the protected mode.

【0026】CPU11の持つ割り込みには、SMI [0026] with the CPU11 to interrupt, SMI
(SMI;System Management Interrupt)の他、 Other; (System Management Interrupt SMI),
マスク不能割り込み(NMI;Non−Maskable Inter Nonmaskable interrupt (NMI; Non-Maskable Inter
rupt)、およびマスク可能割り込み(INTR;Maska Rupt), and maskable interrupt (INTR; Maska
ble Interrupt)がある。 ble Interrupt) there is. SMIは、マスク不能割り込みの一種であるが、前述のNMIやINTRよりも優先度の高い、最優先度の割り込みであり、CPU11の割り込み要求入力SMIをアクティブにすることによってパワーセーブに関する種々のSMIサービスルーチンを起動することができる。 SMI is a kind of non-maskable interrupt, a higher priority than the aforementioned NMI and INTR, an interrupt with the highest priority, various SMI regarding power saving by activating the interrupt request input SMI of the CPU11 it is possible to start the service routine.

【0027】SMIサービスルーチンは、サスペンド処理ルーチンとレジューム処理ルーチンに大別される。 The SMI service routine can be roughly divided into suspend processing routine and resume processing routine. サスペンド処理ルーチンは前述したようにシステムをサスペンドモードに設定するためのものであり、ここでは、 Suspend processing routine is used to set the system as described above in suspend mode, where,
SM−RAM14へのシステムステータスのセーブが実行される。 Save of the system status to the SM-RAM14 is executed. レジューム処理ルーチンは、システムをサスペンドモードから復帰させてサスペンドモード前の状態からアプリケーションプログラムを再スタートさせるためのものであり、ここでは、セーブされているシステムステータスおよびユーザデータのリストアが実行される。 Resume processing routine is for re-start system is restored from the Suspend mode from the suspend mode state before the application program, wherein the system status and user data restoration is performed is saved.

【0028】I/Oゲートアレイ12は、CPU11およびメモリのサポート機能を実現するための専用ロジックであり、ローカルバス1に接続されたメインメモリ1 The I / O gate array 12 is a dedicated logic to implement the CPU11 and memory support function, a main memory 1 connected to the local bus 1
3、SM−RAM14、増設メモリカード25と、CP 3, SM-RAM14, and expansion memory card 25, CP
U11との間の入出力制御を始め、システムバス2に接続された各種ユニットとCPU11との間の入出力制御を行なう。 Start output control between U11, performs output control between the various units and CPU11 connected to the system bus 2. また、このI/Oゲートアレイ12には、システム制御に必要な機能を実現するためのユニット、つまり、直接メモリアクセス制御のためのDMAコントローラ、割り込みコントローラ(PIC;Programmable Further, this I / O gate array 12, a unit for realizing the functions required for system control, that is, DMA controllers for direct memory access controller, an interrupt controller (PIC; Programmable
InterruptController )、タイマ(PIT;Progr InterruptController), timer (PIT; Progr
ammable Interval Timer )、シリアルI/Oコントローラ(SIO;Serial Input/Output Controlle ammable Interval Timer), the serial I / O controller (SIO; Serial Input / Output Controlle
r )が内蔵されている。 r) it has been built.

【0029】CPU11およびI/Oゲートアレイ12 [0029] The CPU11 and I / O gate array 12
間の通信は、専用のインターフェース線を介して実行される。 Communication between is performed through a dedicated interface line. CPU11とI/Oゲートアレイ12間のインターフェース信号には、例えば、CPU11のSMI機能を制御するための信号等が含まれている。 The interface signals between the CPU 11 and the I / O gate array 12, for example, contains signal for controlling the SMI function of CPU 11.

【0030】すなわち、CPU11の割り込み要求入力SMIには、I/Oゲートアレイ12から出力されるアクティブローのSMI信号が供給される。 [0030] That is, the interrupt request input SMI of the CPU 11, SMI signal active low output from the I / O gate array 12 is supplied. このSMI信号は、例えば、I/Oゲートアレイ12の内部タイマからの要求や、リアルタイムクロック(RTC)16、電源コントローラ(PSC)31等の外部ユニットからの要求に応じて発生される。 The SMI signal may, for example, request or from the internal timer of the I / O gate array 12, a real time clock (RTC) 16, is generated in response to a request from an external unit such as the power supply controller (PSC) 31. 例えば、電源コントローラ(PSC)31からの要求は、システムの電源をオン/ For example, the request from the power supply controller (PSC) 31, the power on the system /
オフ制御する電源スイッチ311がオフされた時や、バッテリ312の容量低下(ローバッテリ状態)が検出された時等に発生される。 And when the power switch 311 to turn off control is turned off, reduced capacity of the battery 312 (low battery state) is generated in a time or the like which is detected. また、SMI信号は、オペレーティングシステムからの要求等のソフトウェア的な要因によっても発生される。 Also, SMI signal is also generated by the software factors such as a request from the operating system.

【0031】I/Oゲートアレイ12には、SMI要因レジスタ121が設けられている。 [0031] The I / O gate array 12, SMI factor register 121 are provided. このSMI要因レジスタ121は、どのデバイスからの要因によってSMI The SMI factor register 121, SMI by a factor from which device
信号が発生されたかを示すためのものであり、図2のように8ビットレジスタから構成されている。 It is intended to indicate signal is generated, and a 8-bit register as shown in FIG. 例えば、電源コントローラ(PSC)31からの要求によってSM For example, SM in response to a request from the power supply controller (PSC) 31
I信号が発生された時、SMI要因レジスタ121のビット7(B7)は“1”にセットされる。 When the I signal is generated, bit 7 (B7) of the SMI status register 121 is set to "1".

【0032】メインメモリ13は、例えば、標準で4M [0032] The main memory 13 is, for example, 4M in standard
バイトの記憶容量を有しており、ここには、オペレーティングシステム、処理対象のアプリケーションプログラム、およびアプリケーションプログラムによって作成されたユーザデータ等が格納される。 It has a storage capacity of bytes, here, an operating system, an application program to be processed, and the user data and the like created by the application program. オペレーティングシステムは、ペン入力をサポートするI/Oシステムを含むものであり、CPU11のプロテクトモードで動作するように構成されている。 The operating system, which includes an I / O system that supports pen input, is configured to operate in protected mode CPU 11. また、このオペレーティングシステムには、電力管理のためのAPM(Advanced P Also, this operating system, APM for power management (Advanced P
OWER Management )ドライバが搭載されている。 OWER Management) driver is installed. このAPMドライバはBIOSと共同して電力管理を実現するためのインターフェースであり、システムサービスに関するBIOS(INT 15h)を呼び出すための従来の機能を拡張したものである。 The APM driver is an interface for realizing power management in cooperation with BIOS, it is an extension of the conventional functions for calling BIOS (INT 15h) to a system service.

【0033】SM−RAM14はシステムのパワー管理機能を実現するために設けられたものであり、32Kバイトの記憶容量を持つ。 The SM-RAM 14 is provided in order to realize the power management functions of the system, it has a storage capacity of 32K bytes. このSM−RAM14は、メインメモリ13のアドレス60000Hから67FFFH The SM-RAM14 is, 67FFFH from the address 60000H of main memory 13
までのアドレス空間にマッピングされるオ−バレイであり、SMI信号がCPU11に入力された時だけアクセス可能となる。 O is mapped into the address space of up to - a valley, only becomes accessible when the SMI signal is input to the CPU 11. システムがサスペンドモードに移行する時には、アプリケーションプログラムの再スタートに必要なシステムのステータス、つまりSMIが発生された時のCPU11のレジスタおよび各種周辺ハードウェアのステータスが、SM−RAM14にスタック形式でセーブされる。 When the system is shifted to the suspend mode, the status of the system need to re-start the application program, that is, CPU11 of registers and various peripheral hardware of the status of when the SMI is generated, saved in a stack format in SM-RAM14 that.

【0034】また、SM−RAM14にはデバイスドライバ常駐領域が設けられており、このデバイスドライバ常駐領域にはBIOSによって提供されるサスペンド/ Further, suspend the SM-RAM 14 is provided with a device driver resident area, this device driver resident area provided by the BIOS /
レジューム機能を機能拡張するためのデバイスドライバが常駐されている。 Device drivers for enhancements to resume function is resident. このSM−RAM14は、メインメモリ13の一部(空き領域)を利用して構成することができる。 The SM-RAM 14 can be configured by utilizing a part of the main memory 13 (free space).

【0035】増設メモリカード25は、コンピュータ本体に設けられた88ピンの専用カードスロットにオプション接続される。 The expansion memory card 25 are options connected to a dedicated card slot of 88 pins provided in the computer main body. この増設メモリカード25は、専用のDRAMカードであり、2Mバイト、4Mバイト、8M The expansion memory card 25 is a dedicated DRAM card, 2M bytes, 4M bytes, 8M
バイト、16Mバイト等の種類がある。 Bytes, there is kind of like 16M bytes.

【0036】BIOS−ROM15は、前述のBIOS The BIOS-ROM15 is, the above-mentioned BIOS
(Basic I/O System )を記憶するためのものであり、プログラム書き替えが可能なようにフラッシュメモリによって構成されている。 Is for storing (Basic I / O System), is constituted by a flash memory so as to enable the program rewriting. BIOSは、リアルモードで動作するように構成されている。 BIOS is configured to operate in real mode. このBIOSには、電源投入時にメモリや各種ハードウェアデバイスのテストおよび初期設定するためのIRTルーチンと、オペレーティングシステムからの要求にしたがって各種ハードウェアデバイスを制御するための各種プログラムと、サスペンドSMIルーチンおよびレジュームSMI The BIOS, and IRT routine for testing and initialization of memories and various hardware devices when the power is turned on, and various programs for controlling various hardware devices in accordance with a request from the operating system, the suspend SMI routine and resume SMI
ルーチン等を含むSMIサービスプログラムと、実行するSMIサービスルーチンを決定するためのSMIハンドラ等が含まれている。 And SMI service program including routines, etc., are included SMI handler for determining the SMI service routine to be executed.

【0037】SMIハンドラは、SMIが発生した時に最初に起動されるBIOS内のプログラムであり、これによって、SMIの発生要因のチェックや、その発生要因に対応したSMIサービスルーチンの呼び出しが実行される。 The SMI handler is the first in the program in the BIOS that is activated when the SMI is generated, thereby, or check cause of SMI, it is executed call of the SMI service routine corresponding to the generation factor .

【0038】リアルタイムクロック(RTC)16は、 The real-time clock (RTC) 16 is,
独自の動作用電池を持つ時計モジュールであり、その電池から常時電源が供給されるCMOS構成のスタティックRAM(以下、CMOSメモリと称する)を有している。 A timepiece module having its own operation battery, its static RAM CMOS configuration the power normally supplied from the battery has a (hereinafter, CMOS memory hereinafter). このCMOSメモリは、システム構成を示すセットアップ情報の格納等に利用される。 The CMOS memory is used to store such setup information indicating the system configuration. また、CMOSメモリには、SMI要因フラグレジスタ161が設けられている。 Further, in the CMOS memory, SMI source flag register 161 is provided. このSMI要因フラグレジスタ161には、SM The SMI source flag register 161, SM
IハンドラによるSMI要因チェックの結果を示すフラグ等がセットされる。 Flags indicating the result of the SMI cause check by I handler is set. SMI要因フラグレジスタ161 SMI factor flag register 161
の内容の一例を図3に示す。 FIG. 3 shows an example of the contents of.

【0039】図示のように、SMI要因フラグレジスタ161は8ビットレジスタから構成され、ビット3〜ビット0(B3〜B0)の4ビットの値は、SMI要因を示す。 [0039] As shown, SMI source flag register 161 is composed of 8-bit registers, 4-bit value of the bit 3 to bit 0 (B3 to B0) shows the SMI cause. 例えば、“0000”はSMIは発生してないことを示し、“0001”は電源スイッチ311のオフによるサスペンドSMIが発生したことを示し、“100 For example, "0000" SMI indicates that not occurred, "0001" indicates that the suspend SMI due to the off of the power switch 311 has occurred, "100
1”は電源スイッチ311のオンによるレジュームSM 1 "Resume SM due to the turn-on of the power switch 311
Iが発生したことを示す。 Indicating that the I has occurred.

【0040】スーパ−インテグレーション(SI)26 [0040] super - Integration (SI) 26
は、電源コントローラ(PSC)31、RS232Cコネクタ34と接続され、これらとの間でシリアルデータによる通信制御を行なう一方、フロッピーディスクコネクタ(FDDコネクタ)32、プリンタ/フロッピーディスクコネクタ(PRT/FDDコネクタ)33、ハードディスクドライブ(HDD)35及びタブレットコントローラ26と接続され、それぞれとの間でパラレルデータによる通信制御を行なう。 Is connected to the power supply controller (PSC) 31, RS232C connector 34, while performing communication control by the serial data to and from these, floppy disk connector (FDD connector) 32, a printer / floppy disk connector (PRT / FDD connector) 33, is connected to a hard disk drive (HDD) 35 and tablet controller 26 controls communication by the parallel data to and from, respectively.

【0041】また、スーパ−インテグレーション(S [0041] In addition, the super - Integration (S
I)26には、ステータスレジスタ261が設けられている。 To I) 26, the status register 261 is provided. このステータスレジスタ261は、電源コントローラ(PSC)31の状態を示すためのものであり、図4に示されているように、8ビットレジスタから構成されている。 The status register 261 is for indicating the state of the power supply controller (PSC) 31, as shown in FIG. 4, and a 8-bit register.

【0042】このステータスレジスタ261のビット7 The bit 7 of the status register 261
(B7)は、ローバッテリ状態の有無を示すものであり、ローバッテリ状態の時は“1”、ローバッテリ状態でない時は“0”にセットされる。 (B7) is for indicating the presence or absence of a low battery condition, when a low battery level is "1", when it is not a low battery condition is set to "0". ビット6(B6) Bit 6 (B6)
は、ACアダプタ313の接続の有無を示すものであり、ACアダプタが接続されている時は“1”、接続されてない時は“0”にセットされる。 Is indicative of the presence or absence of the connection of the AC adapter 313, when the AC adapter is connected to "1", when not connected is set to "0". ビット5(B5) Bit 5 (B5)
は、電源スイッチ311のオン/オフを示すものであり、オフされた時は“1”、オンされた時は“0”にセットされる。 Is indicative of the on / off of the power switch 311, when turned off is "1", when turned on is set to "0".

【0043】電源コントローラ(PSC)31は、CP [0043] The power supply controller (PSC) 31 is, CP
U21からの指示に応じて各ユニットへの電源供給を制御するためのものであり、CPU21との通信は、スーパ−インテグレーション(SI)26内のコマンドレジスタを介して実行される。 Is intended to control the power supply to each unit in accordance with instructions from U21, communication with the CPU21 is super - are performed through command register integration (SI) 26. この電源コントローラ(PS The power supply controller (PS
C)31は、電源スイッチ311のオフ操作を検出した時、SMI発生要求信号をI/Oゲートアレイ12に供給すると共に、ステータスレジスタ261のビット5を“0”にセットする。 C) 31, when detecting the off operation of the power switch 311, the SMI generation request signal is supplied to the I / O gate array 12, set the bit 5 of the status register 261 to "0". また、電源コントローラ(PS In addition, the power supply controller (PS
C)31は、ローバッテリを検出した際には、SMI発生要求信号をI/Oゲートアレイ12に供給すると共に、ステータスレジスタ261のビット7を“1”にセットする。 C) 31, when it detects a low battery, the SMI generation request signal is supplied to the I / O gate array 12, set the bit 7 of the status register 261 to "1".

【0044】さらに、電源コントローラ(PSC)31 [0044] In addition, the power supply controller (PSC) 31
は、システムがパワーオフの状態においてもバックアップ電源BKを発生し、それをメインメモリ13、SM− , The system also generates backup power BK in the state of power-off, it main memory 13, SM-
RAM14、画像メモリ(VRAM)38に供給する。 RAM 14, to the image memory (VRAM) 38.

【0045】フロッピーディスクコネクタ32はフロッピーディスクドライブ(第1FDD)42をオプション接続するときに用いるコネクタであり、プリンタ/フロッピーディスクコネクタ33はプリンタあるいはフロッピーディスク装置(第2FDD)43をオプション接続するときに用いるコネクタである。 The floppy disk connector 32 is a connector used when optional connecting the floppy disk drive (a 1FDD) 42, a printer / floppy disk connector 33 when the printer or a floppy disk drive (a 2FDD) 43 option connection a connector to be used.

【0046】タブレットコントローラ36は、透明タブレット37を介してスタイラスペンによって入力される座標点を検出し、それをスーパーインテグレーション2 The tablet controller 36 via the transparent tablet 37 detects the coordinate points input by the stylus pen, the super integration 2 it
6、システムバス2Bを介してI/Oゲートアレイ12 6, I / O gate array 12 via the system bus 2B
へ送出する。 And it sends it to.

【0047】液晶コントローラ27は、液晶表示パネル39の表示制御を行なうものであり、システムバス2を介してCPU11から送られてくる表示データを画像メモリ(VRAM)38に展開し、それを液晶表示パネル39に表示する。 The liquid crystal controller 27, which performs display control of the liquid crystal display panel 39, to expand the display data sent from the CPU11 through the system bus 2 to the image memory (VRAM) 38, a liquid crystal display it It is displayed on the panel 39. 液晶表示パネル39は、例えば縦64 The liquid crystal display panel 39, for example, vertical 64
0ドット×横480ドットのドットマトリックスで構成される透過型のものであり、例えば蛍光表示管(以下「FL」と略称する)を用いたバックライト40がその背面側に配置されている。 0 is of the transmissive type constituted by dots × 480 dots of the dot matrix, for example, a backlight 40 using the fluorescent display tube (hereinafter abbreviated as "FL") is arranged on the back side.

【0048】ICカードコントローラ28,29は、6 [0048] IC card controller 28 and 29, 6
8ピンのPCMCIA(PersonalComputer Memory 8-pin PCMCIA (PersonalComputer Memory
Card International Associatuon)カード44,4 Card International Associatuon) card 44,4
5のリード/ライト制御を行なう。 5 of performing a read / write control. キーボードコントローラ30は、オプション接続されるキーボード46のキー入力制御を行なう。 Keyboard controller 30 performs the key input control of the keyboard 46 is optional connected. 次に、図5を参照して、電源スイッチ311がオフされてからBIOSのサスペンドSM Next, referring to FIG. 5, suspended from the power switch 311 is turned off BIOS of SM
Iルーチンがコールされるまでの動作の流れを説明する。 I routine illustrating a flow of operation until it is called.

【0049】電源スイッチ311がオペレータによってオフされた時、電源コントローラ31は、それをCPU [0049] When the power switch 311 is turned off by the operator, the power supply controller 31, CPU it
11に通知するために、スーパーインテグレーション(SI)26のステータスレジスタ261のビット5を“1”にセットすると共に、I/Oゲートアレイ12にSMI要求信号を供給する。 To notify the 11, bit 5 of the status register 261 of the super integration (SI) 26 as well as set to "1", and supplies an SMI request signal to the I / O gate array 12. I/Oゲートアレイ12 I / O gate array 12
は、電源コントローラ31からのSMI要求信号に応答して、SMI要因レジスタ121のビット7を“1”にセットすると共に、CPU11のSMIピンにローレベルのSMI信号を供給する。 In response to the SMI request signal from the power supply controller 31, while setting the bit 7 "1" of the SMI status register 121, and supplies the low-level SMI signal to SMI pins of CPU 11.

【0050】CPU11のSMIピンにローレベルのS [0050] to the SMI pin of the CPU11 of low-level S
MI信号が入力されると、CPU11は、まず、SM− When MI signal is input, CPU 11, first, SM-
RAM14をメインメモリ13のアドレス60000 RAM14 the address of the main memory 13 60000
(H)から67FFF(H)までの32Kバイトにマッピングする(ステップS11)。 Mapping to 32K bytes from (H) to 67FFF (H) (step S11). これにより、バンクの切り替えがなされ、メインメモリ13のアドレス600 As a result, the switching of the bank have been made, the address 600 of the main memory 13
00Hから67FFFHはアクセス不能となり、代わりにSM−RAM14がアクセス可能となる。 67FFFH from 00H becomes inaccessible, SM-RAM14 is accessible instead.

【0051】SM−RAM14のメモリマップは、図6 The memory map of the SM-RAM14, as shown in FIG. 6
に示されている通りである。 It is as shown in. すなわち、SM−RAM1 In other words, SM-RAM1
4には、CPUステート格納エリア、ハードウェアステート格納エリア、SMI用デバイスドライバ領域14 The 4, CPU state storage area, hardware state storage area, SMI device driver area 14
1、SMIハンドラ作業エリアが設けられており、またBIOSーROM15のSMIハンドラを割り込み先として指定するジャンプコード(JMP)がセットされている。 1, SMI handler work area is provided, also jump code that specifies the SMI handler in the BIOS over ROM15 as interrupt destination (JMP) is set.

【0052】次いで、CPU11は、SMI信号が入力された時のCPU11の各種レジスタの内容(CPUステート)をSM−RAM14のCPUステート格納エリアにスタック形式でセーブする(ステップS12)。 [0052] Then, CPU 11 may save the contents of the CPU 11 of the various registers when the SMI signal is input to (CPU state) in stack form to the CPU state storage area of ​​the SM-RAM 14 (step S12). もし、オペレーティングシステムが動作中にSMI信号が入力されたならば、プロテクトモードのCPUステートがSM−RAM14にセーブされることになる。 If the operating system SMI signal during operation is input, so that the CPU state of the protect mode is saved in the SM-RAM 14. そして、CPU11は、そのCPUの動作モードをリアルモードに変更して、SM−RAM14の予めきめられたアドレスにセットされているジャンプコード(JMP)をフェッチする(ステップS13)。 Then, CPU 11 changes the operation mode of the CPU in real mode, fetches a jump code (JMP) which is set to the predetermined address of the SM-RAM 14 (step S13). ここまでのステップS11〜S13の処理は、CPU11のマイクロプログラムによって実行されるものである。 Processing in step S11~S13 so far, which is executed by the CPU11 of the microprogram.

【0053】次いで、CPU11は、ジャンプコードで指定されるBIOS−ROM15のSMIハンドラを実行する(ステップS14)。 [0053] Then, CPU 11 executes the SMI handler BIOS-ROM 15 designated by the jump code (step S14). SMIハンドラは、どのような要因でSMIが発生されたかを決定するために、まず、SMI発生要因をチェックする(ステップS1 SMI handler to determine SMI is generated by what factors, first checks the SMI generation factor (step S1
5)。 5).

【0054】この処理では、SMI要因レジスタ121 [0054] In this process, SMI factor register 121
の内容とステータスレジスタ261の内容がチェックされる。 The contents of the contents of the status register 261 is checked. 電源スイッチ311のオフによるSMIであれば、前述したようにSMI要因レジスタ121のビット7、ステータスレジスタ261のビット5が共に“1” If SMI by off of the power switch 311, bit 7 of the SMI status register 121 as described above, both the bit 5 of the status register 261 to "1"
にセットされる。 It is set to. この場合、SMIハンドラは、電源スイッチ311のオフによるSMIであると決定し、そのSMIに対応するBIOS内のSMIサービスルーチン、つまりサスペンドSMIルーチンの実行をリクエストする(ステップS16)。 In this case, SMI handler determines that the SMI by off of the power switch 311, SMI service routine in the BIOS corresponding to the SMI, i.e. requests the execution of the suspend SMI routine (step S16). これらステップS14〜S These steps S14~S
16の処理は、SMIハンドラによって実行されるものである。 Process 16 is executed by the SMI handler. 次に、図7を参照して、SM−RAM14に設けられているSMI用デバイスドライバ領域141の具体的な構造を説明する。 Next, with reference to FIG. 7, a specific structure of the SMI device driver region 141 provided in the SM-RAM 14.

【0055】図7に示されているように、SMI用デバイスドライバ領域141は、デバイスドライバアドレステーブル領域141a、デバイスドライバ常駐領域14 [0055] As shown in FIG. 7, SMI device driver area 141, a device driver address table area 141a, the device driver resident region 14
1b、予約領域141cから構成されている。 1b, and a reserved area 141c. デバイスドライバアドレステーブル領域141aには、各デバイスドライバそれぞれに対応するアドレス情報が格納されている。 The device driver address table area 141a, the address information corresponding to each of the device driver is stored. このアドレス情報は、デバイスドライバ常駐領域141bにおける各デバイスドライバの格納位置を示すポインタとして利用される。 This address information is used as a pointer indicating the storage location of each device driver in the device driver resident region 141b. デバイスドライバ常駐領域141bには、BIOSのサスペンド/レジューム処理をそれぞれ機能拡張するためのサスペンド用デバイスドライバ、レジューム用デバイスドライバを初め、SM The device driver resident region 141b, suspended device driver for extension BIOS suspend / resume process, respectively, a device driver for resuming the beginning, SM
I割り込み時に利用される電力管理のための他の複数のデバイスドライバ等が常駐される。 A plurality of other device drivers, such as for power management to be utilized during the I interrupt is resident. 予約領域141c Reserved area 141c
は、将来的に別のSMIハンドラを設ける必要が生じた時ににその常駐用として確保されている領域である。 Is an area reserved as a resident on when necessary future provide another SMI handler occurs.

【0056】図8には、デバイスドライバアドレステーブル領域141の具体例が示されている。 [0056] Figure 8 is a specific example of a device driver address table area 141 is shown. ここでは、サスペンド用デバイスドライバとレジューム用デバイスドライバの2つのデバイスドライバがデバイスドライバ常駐領域141bに格納されている場合を想定する。 Here, two device drivers suspended device driver and the resume device driver is assumed that stored in the device driver resident region 141b.

【0057】デバイスドライバアドレステーブル領域1 [0057] device driver address table area 1
41aには、サスペンド用デバイスドライバとレジューム用デバイスドライバの2つのデバイスドライバに対応する2つのアドレス情報が格納される。 The 41a, two address information corresponding to the two device drivers suspend device driver and the resume device driver is stored. 各アドレス情報は、オフセットアドレスとセグメントアドレスから構成されている。 Each address information is composed of the offset address and the segment address.

【0058】すなわち、図8において、サスペンド用起動オフセットアドレスおよびセグメントアドレスはサスペンド用デバイスドライバに対応するアドレス情報であり、また、レジューム用起動オフセットアドレスおよびセグメントアドレスはレジューム用デバイスドライバに対応するアドレス情報である。 [0058] That is, in FIG. 8, suspended for start offset address and the segment address is the address information corresponding to the suspended device driver, Moreover, the resume boot offset address and the segment address address information corresponding to the resume device driver it is. このように各アドレス情報がオフセットアドレスとセグメントアドレスによって構成されているのは、デバイスドライバを呼び出すBI The reason why the respective address information is configured by the offset address and the segment address, BI calling the device driver
OSはCPU11のリアルモードで動作するように構成されており、そのリアルモードにおけるアドレッシングはオフセットアドレスとセグメントアドレスを利用しているからである。 OS is configured to operate in real mode CPU 11, the addressing in the real mode since utilizes the offset address and the segment address. また、セグメントアドレスの利用によって、SM−RAM14のアドレス空間以外のメインメモリ13上の別のセグメントをアクセスすることも可能となる。 Further, by the use of segment addresses, it is possible to access the different segments of the main memory 13 other than the address space of the SM-RAM 14. したがって、メインメモリ13上にさらに別のデバイスドライバを追加しておき、それをBIOSのS Accordingly, advance to add a further device driver in the main memory 13, its BIOS S
MIルーチンがコールすることも可能である。 It is also possible to MI routine calls.

【0059】尚、サスペンド用起動オフセットアドレスおよびセグメントアドレスが共に0000(h)の場合は、サスペンド用デバイスドライバが設定されてないことを示す。 [0059] In the case suspended for starting the offset address and the segment address are both 0000 (h), indicating that the Suspend device driver has not been set. 同様に、サスペンド用起動オフセットアドレスおよびセグメントアドレスが共に0000(h)の場合は、サスペンド用デバイスドライバが設定されてないことを示す。 Similarly, if the suspend a start offset address and the segment address are both 0000 (h), indicating that the Suspend device driver has not been set.

【0060】さらに、このデバイスドライバアドレステーブル領域141aには、アドレステーブル有効/無効フラグが設定される。 [0060] Further, in the device driver address table area 141a, the address table valid / invalid flag is set. このアドレステーブル有効/無効フラグはデバイスドライバアドレステーブル領域141 The address table valid / invalid flag device driver address table area 141
aのアドレス情報が有効か否かを示すものであり、フラグ「AA55h」は有効を示し、それ以外は無効を示す。 Address information of a is indicates whether valid or not, the flag "AA55h" indicates valid, indicates an invalid otherwise. フラグが有効を示している時のみ、以下のアドレス情報が意味を持つ。 When flag indicates only, the following address information is meaningful. 無効を示している時は、SMI用デバイスドライバ領域141はBIOSのサスペンド/レジューム処理の機能拡張以外の別の目的で使用されることを意味し、この場合には以下のアドレス情報は意味を持たない。 When showing the disabled, SMI device driver area 141 meant to be used for another purpose other than enhancements suspend / resume processing BIOS, following the address information in this case is meaningless Absent.

【0061】次に、図9を参照して、BIOSのサスペンドSMIルーチンによって実行される動作を説明する。 Next, with reference to FIG. 9, illustrating the operations performed by the suspend SMI routine of the BIOS. ここでは、デバイスドライバアドレステーブル領域141aのアドレス情報が有効な場合を例にとって説明する。 Here, a case address information of the device driver address table area 141a is enabled as an example.

【0062】デバイスドライバアドレステーブル領域1 [0062] device driver address table area 1
41aにサスペンド用起動オフセットアドレスおよびセグメントアドレスが設定されている場合は、サスペンドSMIルーチンは、サスペンド処理に先だって、サスペンド用デバイスドライバを呼び出す。 If the Suspend for starting offset address and the segment address is set to 41a, the suspend SMI routine, prior to the suspend process, calls the device driver for the Suspend. この呼び出しは、 This call,
デバイスドライバアドレステーブル領域141aからリードしたサスペンド用起動オフセットアドレスおよびセグメントアドレスから得られるサスペンド用デバイスドライバに対応したアドレスをコール(FARCALL) The device driver address table area 141a calls the addresses corresponding to the suspended device driver obtained from starting the suspend was read offset addresses and segment address (FARCALL)
することによって行なわれる。 Performed by. この時、CPU11のレジスタ内容は変化されない。 At this time, the register contents of the CPU11 will not be changed.

【0063】これによって、サスペンド用デバイスドライバが起動され、拡張サスペンド処理が実行される(ステップS31)。 [0063] Thus, the suspend device driver is activated, it expanded suspend process is executed (step S31). この拡張サスペンド処理では、BIO In this extension suspend processing, BIO
Sのサスペンドルーチンではサポートされてない例えばメモリカード25やICカ−ド44等のオプションデバイスについてのデータセーブが実行される。 S unsupported non e.g. memory card 25 and IC card is in the suspend routine - de 44 data saving for optional devices or the like is performed. このデータセーブでは、メモリカード25のユーザデータやそのコントローラのステータス等がハードディスクドライブ(HDD)35にセーブされる。 This data saving, the user data and status and the like of the controller of the memory card 25 is saved in a hard disk drive (HDD) 35. また、メモリカード2 In addition, the memory card 2
5には内蔵電池を持ちバックアップ機能を有するものもあるが、この場合には、ステータスだけがセーブされる。 Although the 5 also having a backup function has a built-in battery, in this case, only the status is saved. ステータスについてはセーブに必要となる記憶空間は僅かであるので、SM−RAM14にセーブすることも可能である。 Since the status storage space required for saving is slight, it is also possible to save the SM-RAM 14.

【0064】拡張サスペンド処理が実行終了すると、再びBIOSのサスペンドSMIルーチンに制御が移行する。 [0064] When the expansion suspend processing is completed execution, control is transferred again to suspend SMI routine of the BIOS. そして、サスペンドSMIルーチンは、サスペンド処理を実行する(ステップS21)。 Then, the suspend SMI routine executes the suspend process (step S21). このサスペンド処理では、CPUステートおよびハードウェアステートがSM−RAM14にセーブされる。 In this suspend processing, CPU state and hardware state is saved in the SM-RAM 14. この時、セーブされるCPUステートは、リアルモードにおけるCPUのレジスタの値である。 At this time, CPU state is saved is the value of the register of the CPU in the real mode. 次いで、サスペンドSMIルーチンは、I/Oゲートアレイ12、システムバス2、およびスーパーインテグレーション(SI)26を介して、電源コントローラ(PSC)31にパワーオフコマンドを供給する(ステップS22)。 Then, the suspend SMI routine, I / O gate array 12 via the system bus 2 and Super integration (SI) 26,, supplies power off command to the power supply controller (PSC) 31 (step S22). これにより、システムはサスペンドモードに設定され、バックアップ電源BKが供給されるメインメモリ13、SM−RAM14、および画像メモリ(VRAM)38以外は、システム内のほとんど全てのデバイスがパワーオフされた状態になる。 Thus, the system is set in the suspend mode, the main memory 13, SM-RAM 14 to the backup power BK is supplied, and an image memory (VRAM) 38 except, in almost all states the device is powered off in the system Become.

【0065】また、デバイスドライバアドレステーブル領域141aのアドレス情報が有効でない場合には、拡張サスペンド処理(ステップS31)は実行されず、サスペンドSMIルーチンのサスペンド処理(ステップS [0065] When the address information of the device driver address table area 141a is not enabled, extended the suspension process (step S31) is not executed, the suspend processing of the suspend SMI routine (step S
21)だけが起動されることになる。 21) only is to be started.

【0066】次に、図10および図11を参照して、電源スイッチ311がオンされてからBIOSのレジュームSMIルーチンが起動されるまでの動作の流れを説明する。 Next, with reference to FIGS. 10 and 11, the flow of operations from the power switch 311 is turned on until the BIOS resume SMI routine is activated.

【0067】電源スイッチ311がオペレータによってオンされた時、電源コントローラ31は、まず、システムをパワーオンした後、電源スイッチ311がオンされたことをCPU11に通知するために、スーパーインテグレーション(SI)26のステータスレジスタ261 [0067] When the power switch 311 is turned on by the operator, the power supply controller 31, first, after power on the system, that the power switch 311 is turned on to notify the CPU 11, the super integration (SI) 26 of the status register 261
のビット5を“0”にセットすると共に、I/Oゲートアレイ12にリセット要求信号を供給する。 While the set of bit 5 to "0", and supplies a reset request signal to the I / O gate array 12. I/Oゲートアレイ12は、電源コントローラ31からのリセット要求信号に応答して、CPU11にリセット信号を供給する。 I / O gate array 12, in response to a reset request signal from the power supply controller 31 supplies a reset signal to the CPU 11.

【0068】CPU11にリセット信号が入力されると、CPU11は自動的にリアルモードに設定される。 [0068] When the CPU11 to the reset signal is input, CPU11 is automatically set to real mode.
そして、システムをスタートアップされるためのBIO And, BIO for the start-up of the system
SのIRT(Initial Reliability Test )ルーチンが実行される。 S of the IRT (Initial Reliability Test) routine is executed.

【0069】BIOSのIRTルーチンは、まず、リアルタイムクロック(RTC)16のCMOSメモリに設定されているシステムセットアップ情報を参照して、ユーザによってレジュームモードとブートモードのどちらのモードが指定されているかを判断する(ステップS4 [0069] BIOS IRT routine, first, with reference to the system setup information set in CMOS memory of the real time clock (RTC) 16, one of the modes of the resume mode and boot mode by the user is designated it is determined (step S4
1)。 1).

【0070】ブートモードならば、IRTルーチンは、 If the [0070] boot mode, the IRT routine,
メモリテストおよびハードウエアテストを行なった後、 After performing the memory test and hardware test,
CMOSメモリに設定されているシステムセットアップ情報にしたがってハードウエアを初期設定し、次いでオペレーティングシステムをメインメモリ13にブートロードし、CPU11をプロテクトモードに変更する(ステップS42)。 Hardware initialized in accordance with the system setup information set in the CMOS memory, then boots load the operating system into main memory 13, changes the CPU11 into protected mode (step S42).

【0071】一方、レジュームモードであれば、IRT [0071] On the other hand, if the resume mode, IRT
ルーチンは、CPU11の所定の内部レジスタの値を“1”に設定すると共に、I/Oゲートアレイ12の所定のレジスタの値を“1”にセットすることによってソフトウェアSMIを発行する(ステップS43)。 Routine, and sets "1" to the value of a given internal register of the CPU 11, issues a software SMI by setting to "1" the value of the predetermined register of the I / O gate array 12 (step S43) . このソフトウェアSMIにおいても、I/Oゲートアレイ1 In this software SMI, I / O gate array 1
2からCPU11にSMI割り込み信号が供給される。 SMI interrupt signal is supplied from 2 to CPU 11.

【0072】SMI信号が発行されると、CPU11 [0072] When the SMI signal is issued, CPU11
は、まず、SM−RAM14をメインメモリ13のアドレス60000Hから67FFFHまでの32Kバイトにマッピングし(ステップS51)、SM−RAM14 It is first mapped to 32K bytes of the SM-RAM 14 from the address 60000H of the main memory 13 to 67FFFH (step S51), SM-RAM 14
の予めきめられたアドレスにセットされているジャンプコード(JMP)をフェッチする。 Fetching jump code (JMP) which in is set to a predetermined address.

【0073】次いで、CPU11は、ジャンプコードで指定されるBIOS−ROM15のSMIハンドラを実行する(ステップS52)。 [0073] Then, CPU 11 executes the SMI handler BIOS-ROM 15 designated by the jump code (step S52). SMIハンドラは、どのような要因でSMIが発生されたかを決定するために、まず、SMI発生要因をチェックする(ステップS5 SMI handler to determine SMI is generated by what factors, first checks the SMI generation factor (step S5
3)。 3).

【0074】この処理では、SMI要因レジスタ121 [0074] In this process, SMI factor register 121
の内容とステータスレジスタ261の内容がチェックされる。 The contents of the contents of the status register 261 is checked. 電源スイッチ311のオフによるSMIであれば、前述したようにSMI要因レジスタ121のビット7が“1”、ステータスレジスタ261のビット5が“0”にセットされる。 If SMI by off of the power switch 311, bit 7 of the SMI status register 121 as described above is "1", bit 5 of the status register 261 is set to "0". この場合、SMIハンドラは、 In this case, SMI handler,
電源スイッチ311のオンによるSMIであると決定し、そのSMIに対応するBIOSの所定のSMIサービスルーチン、つまりレジュームSMIルーチンの実行をリクエストする(ステップS54)。 It was determined to be SMI due to the turn-on of the power switch 311, BIOS predetermined SMI service routine corresponding to the SMI, ie requests execution of the resume SMI routine (step S54). 次に、図12を参照して、BIOSのレジュームSMIルーチンによって実行される動作を説明する。 Next, referring to FIG. 12, for explaining the operations performed by the BIOS resume SMI routine.

【0075】レジュームSMIルーチンは、まず、リアルタイムクロック(RTC)16のSMI要因フラグレジスタ161に、電源スイッチ311のオンによるサスペンドSMIが発生したことを示すサスペンドSMIフラグをセットする。 [0075] Resume SMI routine, first, the SMI source flag register 161 of the real-time clock (RTC) 16, and sets the suspend SMI flag indicating that due to the suspend SMI is on of the power switch 311 has occurred. この時、SMI要因フラグレジスタ161の下位4ビットB3,B2,B1,B0は1, At this time, the lower four bits B3, B2, B1, B0 of SMI source flag register 161 is 1,
0,0,1にセットされる。 It is set to 0, 0, 1.

【0076】次いで、レジュームSMIルーチンは、サスペンドSMIルーチンでSM−RAM14にセーブしたCPUステートおよびハードウェアステートをリストアする(ステップS61)。 [0076] Next, the resume SMI routine, to restore the CPU state and hardware state that was saved in the SM-RAM14 in the suspend SMI routine (step S61). この後、レジュームSMI After this, the resume SMI
ルーチンは、デバイスドライバアドレステーブル領域1 Routine, device driver address table area 1
41aにレジュー用起動オフセットアドレスおよびセグメントアドレスが設定されていれば、レジューム処理の終了に先だって、レジューム用デバイスドライバを呼び出す。 If set Reju for starting offset address and the segment address 41a, prior to the completion of the resume process, it calls the device driver for the resume. この呼び出しは、デバイスドライバアドレステーブル領域141aからリードしたレジューム用起動オフセットアドレスおよびセグメントアドレスから得られるレジューム用デバイスドライバに対応したアドレスをコール(FAR CALL)することによって行なわれる。 This call is performed by calling (FAR CALL) addresses corresponding to the resume device driver obtained from the resume start offset address and the segment address read from the device driver address table area 141a. この時、CPU11のレジスタ内容は変化されない。 At this time, the register contents of the CPU11 will not be changed.

【0077】これによって、レジューム用デバイスドライバが起動され、拡張レジューム処理が実行される(ステップS71)。 [0077] Thus, the resume device driver is activated, expanded resume processing is executed (step S71). この拡張レジュー処理では、ハードディスクドライブ(HDD)35にセーブされている例えばメモリカード25等のオプションデバイスのデータがリストアされる。 The extended Reju processing, optional device data such as a memory card 25 for example, is saved in a hard disk drive (HDD) 35 is restored.

【0078】拡張レジューム処理が実行終了すると、再びBIOSのレジュームSMIルーチンに制御が移行する。 [0078] When the expansion resume processing is completed execution, control is transferred back to the BIOS resume SMI routine. そして、レジュームSMIルーチンは、所定のリターン命令を実行してオペレーティングシステムに制御を戻す。 Then, the resume SMI routine returns control to the operating system by executing a predetermined return instruction.

【0079】以上のように、この実施例においては、システムステータスのセーブに利用されるSM−RAM1 [0079] As described above, SM-RAM 1 in this embodiment, which is used to save the system status
4内に拡張サスペンド/レジューム処理のためのデバイスドライバが格納されており、BIOSによってサポートされてないオプションデバイスのサスペンド/レジューム処理がそのデバイスドライバによって実現される。 Device driver for the expansion suspend / resume processing within 4 is stored, the suspend / resume processing option devices not supported by the BIOS is implemented by the device driver.

【0080】この場合、SM−RAM14は所定のアドレス空間をメインメモリ13と共有しており、SMI信号が入力された際にのみアクセス可能となるオーバーレイメモリである。 [0080] In this case, SM-RAM 14 is shared with the main memory 13 a predetermined address space, an overlay memory only becomes accessible when the SMI signal is input. このため、拡張サスペンド/レジューム処理のためのデバイスドライバを組み込んでも、それによって必要なメモリ空間が増大されることはない。 Therefore, also incorporate a device driver for the expansion suspend / resume process, it memory space will not be increased as required by. したがって、サスペンド/レジューム機能の機能拡張をメモリ資源を有効利用した状態で実現できるようになり、 Accordingly, the extension of the suspend / resume function can be realized while effectively using the memory resources,
より効率の良い電力制御を行なうことができる。 It is possible to perform a more efficient power control.

【0081】尚、ここでは、電源スイッチ311のオフによってシステムがサスペンドモードに設定される場合について説明したが、電源スイッチ311のオフのみならず、ローバッテリ状態が電源コントローラ31によって検出された時にも、それによってシステムはサスペンドモードに設定される。 [0081] Here, although the system by the off of the power switch 311 has been described for the case to be set in the suspend mode, not only the off of the power switch 311, even when the low battery condition is detected by the power supply controller 31 whereby the system is set to the suspend mode. この場合のサスペンド処理も電源スイッチ311のオフによって実行されるものと同一であり、オプションデバイスのための拡張サスペンド処理と、BIOSによる通常のサスペンド処理が共同して実行される。 The suspension process in case the same as those performed by the off of the power switch 311, and the extension suspend process for the optional devices, normal suspension process by the BIOS is executed jointly.

【0082】また、SM−RAM14内に格納するデバイスドライバとしては、前述のような電力制御のためのもののみならず、プリンタ、マウス、キーボード等の各種周辺機器の制御のためのデバイスドライバを組込むこともできる。 [0082] Further, as the device driver stored in the SM-RAM 14, not only those for power control as described above, incorporating a printer, mouse, device drivers for controlling various peripheral devices such as a keyboard it is also possible. このようにすれば、SMIによって周辺機器の制御処理を起動できるようになり、実行中のアプリケーションルプログラムに影響を与えることなく、迅速な周辺機器制御が可能となる。 Thus, to be able to start the control process of the peripheral device by SMI, without affecting the application le program being executed, it is possible to rapidly peripheral equipment control. 次に、この発明の第2実施例を説明する。 Next, a second embodiment of the present invention.

【0083】この第2実施例は、オペレーティングシステムのAPMドライバとBIOSとの間のインターフェース用ドライバをSM−RAM14に格納しておき、そのインターフェース用ドライバを利用してシステムの電力管理を実現するものである。 [0083] In the second embodiment, the interface driver between the operating system APM driver and BIOS may be stored in the SM-RAM 14, realizes the power management system using the interface driver it is. まず、図13を参照して、APMドライバを利用した電力管理の原理を説明する。 First, referring to FIG. 13, illustrating the principle of the power management using APM driver.

【0084】APMドライバを利用した電力管理は、オペレーティングシステムのAPMドライバ(APM− [0084] power management using the APM driver, the operating system of the APM driver (APM-
S)と、BIOSのAPM−SMIルーチンと、SM− And S), and the APM-SMI routine of the BIOS, SM-
RAM14に格納されるAPMインターフェース用のデバイスドライバ(APM−M)とによって実現される。 It is realized by a device driver for the APM interface that is stored in the RAM14 (APM-M).

【0085】オペレーティングシステムのAPMドライバ(APM−S)は、従来のシステムサービスに関するBIOS(INT 15h)を呼び出すための機能を拡張したものである。 [0085] Operating system APM driver (APM-S) is obtained by expanding the function to call a BIOS (INT 15h) for a conventional system service. このようなAPMドライバ(APM Such APM driver (APM
−S)を使用したシステムでは、次のような電力管理が実行される。 In a system using -S), power management, such as the following is performed.

【0086】例えば、アプリケーションプログラムがキー入力待ち等の状態にあるとき、APMドライバ(AP [0086] For example, when an application program is in a state of such as a key input waiting, APM driver (AP
M−S)は、BIOSに対して「キー入力待ち」というアイドルステートを通知する。 M-S) notifies the idle state of "waiting for key input" to the BIOS. これによって、BIOS As a result, BIOS
の電力管理機能が起動され、各種ハードウェアに対する電力制御が実行される。 Power management function is activated, the power control for the various hardware are executed. また、APMドライバ(APM In addition, APM driver (APM
−S)は、システムのアイドルステートとは関係なく定期的にBIOSの電力制御機能を呼び出して、BIOS -S) is, the idle state of the system periodically calls the BIOS of the power control function regardless, BIOS
が電力制御処理を要求しているか否かをチェックする。 There is checked whether the requested power control process.
要求している場合には、APMドライバ(APM−S) If you are requested, APM driver (APM-S)
はアプリケーションプログラムやシステム内の各種デバイスドライバ等にそれを通知し、電力制御処理の実行可否のチェックを行なう。 Notifies it to various device drivers of an application program or system or the like, to check the executability of the power control process. 実行可であれば、BIOSにその旨が通知されて電力制御処理が行なわれる。 If executable, it is notified and the BIOS power control process is performed. APMドライバ(APM−S)と連動して実行されるBIOSの電力制御処理は、APM−SMIルーチンによって実行される。 Power control process of the BIOS to be executed in conjunction with the APM driver (APM-S) is performed by APM-SMI routine.

【0087】このBIOSのAPM−SMIルーチンとAPMドライバ(APM−S)との間の通信は、APM [0087] communication between the APM-SMI routine and the APM driver of the BIOS (APM-S) is, APM
インターフェース用のデバイスドライバ(APM−M) Device driver interface (APM-M)
を介して行なわれる。 Through it is done. すなわち、BIOSは、APMインターフェース用のデバイスドライバ(APM−M)を呼び出すことにより、APMドライバ(APM−S)からの要求の受信や、APMドライバ(APM−S)への通知を行なう。 That, BIOS by calling a device driver for APM interface (APM-M), reception of a request from the APM driver (APM-S), a notification to the APM driver (APM-S).

【0088】尚、この実施例におけるオペレーティングシステム内のAPMドライバ(APM−S)は、例えば、米マイクロソフト社により開発されたMS−WIN [0088] Incidentally, APM driver (APM-S) in the operating system in this embodiment, for example, MS-WIN developed by Microsoft Corporation
DOWS3.1に搭載されているAPMドライバと同等のものである。 DOWS3.1 is equivalent to the APM drivers that are installed in. また、デバイスドライバ(APM−M) In addition, the device driver (APM-M)
は、APMドライバ(APM−S)インストール時にインストールされる。 It is installed at the time of the APM driver (APM-S) to install.

【0089】図14には、APMインターフェース用デバイスドライバ(APM−M)をSM−RAM14のデバイスドライバ常駐領域141bに格納した際のデバイスドライバアドレステーブル領域141の具体例が示されている。 [0089] Figure 14 is a specific example of a device driver address table area 141 when stored APM interface device driver (APM-M) to the device driver resident region 141b of the SM-RAM 14 is shown.

【0090】APMインターフェース用デバイスドライバ(APM−M)は、APM−SMI前処理部とAPM [0090] APM interface device driver (APM-M) is, APM-SMI preprocessing unit and APM
−SMI後処理部とから構成される。 Composed of a -SMI post-processing unit. この場合、デバイスドライバアドレステーブル領域141の予約領域には、APM−SMI前処理部とAPM−SMI後処理部に対応する2つのアドレス情報が格納される。 In this case, the reserved area of ​​the device driver address table area 141, two address information corresponding to the APM-SMI preprocessing unit and APM-SMI post-processing unit is stored. 各アドレス情報は、オフセットアドレスとセグメントアドレスから構成されている。 Each address information is composed of the offset address and the segment address.

【0091】すなわち、図14において、APM−SM [0091] That is, in FIG. 14, APM-SM
I前処理用起動オフセットアドレスおよびセグメントアドレスは、APM−SMI前処理部に対応するアドレス情報であり、また、APM−SMI後処理用起動オフセットアドレスおよびセグメントアドレスは、APM−S I preprocessing for starting the offset address and the segment address is an address information corresponding to the APM-SMI preprocessing unit, also, APM-SMI postprocessing start offset address and the segment address, APM-S
MI後処理部に対応するアドレス情報である。 An address information corresponding to the MI post-processing unit.

【0092】このように、APMインターフェース用デバイスドライバ(APM−M)をSM−RAM14に格納した場合には、それに対応するアドレス情報がデバイスドライバアドレステーブル領域141に追加されることになる。 [0092] Thus, when stored APM interface device driver (APM-M) to the SM-RAM 14 would address information corresponding thereto is added to the device driver address table area 141.

【0093】次に、図15を参照して、APM−SMI [0093] Next, with reference to FIG. 15, APM-SMI
ルーチンの具体的な動作を説明する。 Describing a specific operation routine. ここでは、オペレーティングシステムのAPMドライバ(APM−S)からの要求によって、BIOSのAPM−SMIルーチンが起動される場合を想定する。 Here, the requests from the operating system APM driver (APM-S), it is assumed that the BIOS APM-SMI routine is started.

【0094】APMドライバ(APM−S)は、カーネルからのアイドル通知を種々のインターフェース(IN [0094] APM driver (APM-S), the various idle notification from the kernel interfaces (IN
T15hインターフェース、16ビットインターフェース、32ビットインターフェース)を介して受けとると(ステップS81〜S83)、BIOSのAPM−SM T15h interface, 16-bit interface, when receiving via the 32-bit interface) (step S81~S83), BIOS of APM-SM
Iルーチンを起動する(ステップS84)。 To start the I routine (step S84). このAPM The APM
−SMIルーチンの起動処理では、CMOSメモリの所定レジスタにAPM−SMI要求の発生を示すフラグがセットされると共に、ソフトウェアSMIが発行される。 In activation processing -SMI routine, with a flag indicating the occurrence of APM-SMI request to a predetermined register of the CMOS memory is set, the software SMI is issued. BIOSのSMIハンドラは、ソフトウェアSMI BIOS SMI handler of the software SMI
がAPM−SMI要求の発生を示すものであることを知ると、APM−SMIルーチンを起動する。 There Knowing that shows the occurrence of APM-SMI request, activates the APM-SMI routine.

【0095】デバイスドライバアドレステーブル領域1 [0095] device driver address table area 1
41aにアドレス情報がセットされている場合には、A If the address information is set in the 41a, A
PM−SMIルーチンは、APM−SMIの前処理呼び出し、APM対応処理、APM−SMIの後処理呼び出しを行なう(ステップS91,S92,S93)。 PM-SMI routine pretreatment invocation of APM-SMI, APM corresponding processing, post-processing calls to APM-SMI (step S91, S92, S93).

【0096】APM−SMIの前処理呼び出しは、デバイスドライバアドレステーブル領域141aからリードしたAPM−SMI前処理用起動オフセットアドレスおよびセグメントアドレスから得られるアドレスをコール(FAR CALL)することによって行なわれる。 [0096] Pretreatment call of APM-SMI is performed by calling (FAR CALL) the address obtained from the device driver address table area 141a APM-SMI preprocessing for starting the offset address and the segment address read from.

【0097】この呼び出しによってAPM−SMI前処理部が実行され、そのAPM−SMI前処理部からBI [0097] APM-SMI preprocessing unit by this call is executed, BI from the APM-SMI preprocessing unit
OSのAPM−SMIルーチンに対して各種ステータスの通知が行なわれる(ステップS95)。 Notification of various status is made to the OS APM-SMI routine (step S95). APM−SM APM-SM
Iルーチンは、そのステータス通知によって知らされたAPMドライバ(APM−S)からの要求に従い、対応する電力制御処理を実行する(ステップS)。 I routine in accordance with a request from the APM driver was informed by the status notification (APM-S), it executes the corresponding power control process (step S).

【0098】例えば、前処理呼び出しにて上位プログラムからのサスペンド要求の発生が知らされた場合には、 [0098] For example, in the case of occurrence of a suspend request from the higher-level program in pre-processing the call has been informed,
APM−SMIルーチンは、ブートモード/レジュームモードに関わらず、サスペンド処理(システムステータスの退避)を実行する。 APM-SMI routine, regardless of the boot mode / resume mode, executes the suspend process (saving the system status). この場合、APM−SMIの後処理呼び出しは行なわれない。 In this case, the post-processing calls to APM-SMI is not carried out.

【0099】前処理呼び出しにてHDDレディ要求の発生が知らされた場合には、APM−SMIルーチンは、 [0099] If the occurrence of HDD Lady request by pre-processing the call was informed, APM-SMI routine,
HDDモータをオン状態に設定し、その後、APM−S Set HDD motor on, then, APM-S
MIの後処理呼び出しを行なう。 Perform a MI of post-call.

【0100】前処理呼び出しにてHDDオフ要求の発生が知らされた場合には、APM−SMIルーチンは、H [0100] If the occurrence of HDD-off request by pre-processing the call was informed, APM-SMI routine, H
DDモータをオフ状態に設定し、その後、APM−SM The DD motor is set to OFF state, then, APM-SM
Iの後処理呼び出しを行なう。 It performs post-processing call of I.

【0101】前処理呼び出しにてディスプレイレディ要求の発生が知らされた場合には、APM−SMIルーチンは、液晶表示パネル39をオン状態に設定し(バックライトユニットの点灯等)、その後、APM−SMIの後処理呼び出しを行なう。 [0102] When the occurrence of the display ready request in pretreated call is informed, APM-SMI routine (lighting, etc. of the backlight unit) sets the liquid crystal display panel 39 in the ON state, then, APM- It performs post-processing call of SMI.

【0102】前処理呼び出しにてディスプレイオフ要求の発生が知らされた場合には、APM−SMIルーチンは、液晶表示パネル39をオフ状態に設定し(バックライトユニットの消灯等)、その後、APM−SMIの後処理呼び出しを行なう。 [0102] If the at pretreatment call generation of the display-off request has been informed, APM-SMI routine (off like of the backlight unit) of the liquid crystal display panel 39 is set to the OFF state, then, APM- It performs post-processing call of SMI.

【0103】前処理呼び出しにてタブレットレディ要求の発生が知らされた場合には、APM−SMIルーチンは、タブレット37をオン状態に設定し(タブレット用電源オン)、その後、APM−SMIの後処理呼び出しを行なう。 [0103] When the occurrence of tablet ready request by pre-processing the call was informed, APM-SMI routine sets the tablet 37 in the ON state (power-on for the tablet), then, post-processing of APM-SMI carry out the call.

【0104】前処理呼び出しにてタブレットオフ要求の発生が知らされた場合には、APM−SMIルーチンは、タブレット37をオフ状態に設定し(タブレット用電源オフ)、その後、APM−SMIの後処理呼び出しを行なう。 [0104] When the occurrence of at pretreatment calling tablet off request has been informed, APM-SMI routine sets the tablet 37 to the OFF state (power-off tablet), then post-APM-SMI carry out the call.

【0105】後処理呼び出しは、デバイスドライバアドレステーブル領域141aからリードしたAPM−SM [0105] post-call, APM-SM read from the device driver address table area 141a
I後処理用起動オフセットアドレスおよびセグメントアドレスから得られるアドレスをコール(FAR CAL Call address obtained from the activation offset address and the segment address for I aftertreatment (FAR CAL
L)することによって行なわれる。 L) is carried out by.

【0106】この呼び出しによってAPM−SMI後処理部が実行され、そのAPM−SMI後処理部によってAPMドライバ(APM−S)に終了ステータス等が返信される。 [0106] APM-SMI post-processing unit by this call is executed, the exit status or the like is returned to the APM driver (APM-S) by the APM-SMI post-processing unit. この後、BIOSのAPM−SMIルーチンからAPMドライバ(APM−S)に処理が戻り、上位プログラムに復帰される(ステップS85,S86)。 After this, the return processing from the BIOS APM-SMI routine APM driver (APM-S), is returned to the higher-level program (step S85, S86).

【0107】以上のように、この第2実施例においては、BIOSとAPMドライバ(APM−S)との間のインタ−フェースのためのデバイスドライバ(APM− [0107] As described above, in the second embodiment, interface between BIOS and APM driver (APM-S) - device driver for the face (APM-
M)がSM−RAM14に登録されているので、メモリ資源の有効利用と、高度な電力管理機能の実現を両立することが可能となる。 Since M) is registered in the SM-RAM 14, it is possible to achieve both efficient use of memory resources, the realization of advanced power management features.

【0108】 [0108]

【発明の効果】以上詳記したようにこの発明によれば、 According to the present invention as Shoki according to the present invention above,
メインメモリにオーバ−レイするメモリにデバイスドライバを格納することによってそのオーバ−レイメモリを有効利用できるようになり、周辺機器制御や電力管理機能の拡張を効率良く実現することができる。 Over to the main memory - that over by storing the device driver into memory laying - now lay memory can be used effectively, can be efficiently realized to extend the peripheral control and power management functions.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】この発明の一実施例に係るポータブルコンピュータシステムのシステム構成を示すブロック図。 1 is a block diagram showing the system configuration of a portable computer system according to an embodiment of the present invention.

【図2】同実施例のコンピュータシステムに設けられたSMI要因レジスタの一例を示す図。 Figure 2 is a diagram showing an example of SMI status register provided in the computer system of the embodiment.

【図3】同実施例のコンピュータシステムに設けられたSMI要因フラグレジスタの一例を示す図。 Figure 3 is a diagram showing an example of SMI source flag register provided in the computer system of the embodiment.

【図4】同実施例のコンピュータシステムに設けられたステータスレジスタの一例を示す図。 4 is a diagram showing an example of a status register provided in the computer system of the embodiment.

【図5】同実施例のコンピュータシステムにおいてSM [5] SM in the computer system of the embodiment
I割り込みが発生してからBIOSのサスペンドSMI BIOS of the suspend SMI since I interrupt is generated
ルーチンがコールされるまでの動作を説明するための図。 Figure for routine illustrating the operation until it is called.

【図6】同実施例のコンピュータシステムに設けられたSM−RAMのメモリッマップの一例を示す図。 6 is a diagram showing an example of a memory Tsu map of SM-RAM provided in a computer system of the embodiment.

【図7】図6に示されているSM−RAMのSMI用デバイスドライバ領域の構成を示す図。 7 is a diagram showing a configuration of a SMI device driver area of ​​SM-RAM shown in FIG.

【図8】図7に示されているSMI用デバイスドライバ領域に設けられているデバイスドライバアドレステーブル領域の具体例を示す図。 8 is a diagram showing a specific example of a device driver address table area provided in the SMI device driver region shown in FIG.

【図9】同実施例のコンピュータシステムにおけるBI [9] BI in the computer system of the embodiment
OSのサスペンドSMIルーチンを説明するフローチャート。 Flowchart illustrating the OS suspend SMI routine.

【図10】同実施例のコンピュータシステムにおけるB [10] B in the computer system of the embodiment
IOSのIRTルーチンを説明するフローチャート。 Flowchart illustrating the IOS of IRT routine.

【図11】同実施例のコンピュータシステムにおいてS [11] S in the computer system of the embodiment
MI割り込みが発生してからBIOSのレジュームSM BIOS resume SM from MI interrupt is generated
Iルーチンがコールされるまでの動作を説明するための図。 Figure for I routine illustrating the operation until it is called.

【図12】同実施例のコンピュータシステムにおけるB [12] B in the computer system of the embodiment
IOSのレジュームSMIルーチンを説明するフローチャート。 Flowchart illustrating the IOS resume SMI routine.

【図13】同実施例のコンピュータシステムにおけるA [13] A in the computer system of the embodiment
PMドライバを利用した電力管理動作を説明するフローチャート。 Flowchart illustrating a power management operation using the PM driver.

【図14】同実施例のコンピュータシステムにおいてS [14] S in the computer system of the embodiment
M−RAMにAPMドライバ対応のインターフェースドライバを組み込んだ場合のデバイスドライバアドレステーブル領域の具体例を示す図。 It shows a specific example of a device driver address table area in the case incorporating the APM driver support interface driver M-RAM.

【図15】同実施例のコンピュータシステムにおけるA [15] A in the computer system of the embodiment
PMドライバを利用した具体的な電力管理処理の一例を説明するフローチャート。 Flow chart for explaining an example of a specific power management processing using the PM driver.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

11…CPU、12…I/Oゲートアレイ、13…メインメモリ、14…SM−RAM、15…BIOS−RO 11 ... CPU, 12 ... I / O gate array, 13 ... main memory, 14 ... SM-RAM, 15 ... BIOS-RO
M、16…リアルタイムクロック、31…電源コントローラ、141…SMI用デバイスドライバ領域、141 M, 16 ... real time clock, 31 ... power controller, 141 ... SMI device driver area, 141
a…デバイスドライバアドレステーブル領域、141b a ... device driver address table area, 141b
…デバイスドライバ常駐領域、141c…予約領域。 ... device driver resident area, 141c ... reserved area.

Claims (7)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 各種周辺機器が装着可能なコンピュータシステムにおいて、 メインメモリに割り当てられているアドレス空間の一部がマッピングされ、所定の割り込み信号に応答してアクセス許可されるオーバーレイメモリであって、前記周辺機器を管理するためのデバイスドライバプログラムを格納するオーバーレイメモリと、 前記割り込み信号に応答して、前記オーバーレイメモリに格納されている前記デバイスドライバプログラムを起動し前記周辺機器に対する制御を実行する手段とを具備することを特徴とするコンピュータシステム。 1. A variety of peripheral devices can be attached computer system, part of the address space assigned to the main memory are mapped to a overlay memory accessed permitted in response to a predetermined interrupt signal, and overlay memory for storing a device driver program for managing the peripheral device, in response to said interrupt signal, and activates the device driver program stored in the overlay memory means for executing control for said peripheral device computer system characterized in that it comprises and.
  2. 【請求項2】 各種オプションデバイスが接続可能なコンピュータシステムにおいて、 メインメモリに割り当てられているアドレス空間の一部がマッピングされ、所定の割り込み信号に応答してアクセス許可されるオーバーレイメモリであって、前記オプションデバイスのデータをセーブする拡張サスペンド処理を実行するためのデバイスドライバプログラムを格納するオーバーレイメモリと、 前記コンピュータシステムのステータスを前記オーバレイメモリにセーブし、前記コンピュータシステムをパワーオフするサスペンド処理を実行するサスペンド手段と、 前記オーバーレイメモリに格納されている前記デバイスドライバプログラムを起動して、前記オプションデバイスに対する拡張サスペンド処理を実行する拡張サスペンド手段と、 2. A variety of optional device can be connected computer system, part of the address space assigned to the main memory are mapped to a overlay memory accessed permitted in response to a predetermined interrupt signal, run overlay memory for storing a device driver program for executing the extended suspension process of saving data of the optional device, saving the status of the computer system to the overlay memory, the suspend process of powering off the computer system and extension suspend means and suspending means, start the device driver program stored in the overlay memory, executes expansion suspend processing for the option device, 前記割り込み信号に応答して、前記拡張サスペンド手段に前記拡張サスペンド処理を実行させる手段と、 前記拡張サスペンド手段による拡張サスペンド処理の実行終了に応答して、前記サスペンド手段に前記サスペンド処理を実行させる手段とを具備することを特徴とするコンピュータシステム。 In response to said interrupt signal, and means for executing said extended suspend process to the expansion suspend means, in response to the execution end of the extended suspension process by the expansion suspend means, means for executing the suspend process in the suspend means computer system characterized in that it comprises and.
  3. 【請求項3】 前記サスペンド手段に前記サスペンド処理を実行させる手段は、前記デバイスドライバプログラムが前記オーバーレイメモリに格納されているか否かを検出し、格納されてない際には前記サスペンド手段に前記サスペンド処理を実行させる手段を含んでいることを特徴とする請求項2記載のコンピュータシステム。 Wherein means for executing the suspend process in the suspend means, the suspend said suspension means when said device driver program detects whether or not stored in the overlay memory, not stored computer system according to claim 2, characterized in that it includes means for executing the process.
  4. 【請求項4】 前記サスペンド手段は前記コンピュータシステムのハードウェアを制御する基本入出力プログラムを含むことを特徴とする請求項2記載のコンピュータシステム。 Wherein said suspend unit computer system according to claim 2, comprising a basic input output program for controlling the hardware of the computer system.
  5. 【請求項5】 前記コンピュータシステムの電源のオン/オフを制御する電源スイッチ手段と、この電源スイッチ手段のオフ動作を検出し、この検出に応答して前記割り込み信号を発生する手段とをさらに具備することを特徴とする請求項2記載のコンピュータシステム。 5. A power switch means for controlling the power on / off of the computer system detects an off operation of the power switch means, further comprising means for generating said interrupt signal in response to the detection computer system according to claim 2, characterized in that.
  6. 【請求項6】 各種オプションデバイスが接続可能なコンピュータシステムにおける電力管理方法において、 電源スイッチのオフ動作を検出するステップと、 電源スイッチのオフ動作の検出に応答して、メインメモリにオーバーレイする所定のオーバーレイメモリをアクセス許可するステップと、 前記オーバーレイメモリに格納されている所定のデバイスドライバプログラムを起動し、前記オプションデバイスのデータをセーブするステップと、 前記オプションデバイスのデータのセーブ処理の終了に応答して、前記コンピュータシステムのステータスを前記オーバーレイメモリにセーブし、前記コンピュータシステムをパワーオフするステップとを具備することを特徴とする電力管理方法。 6. The power management method in a variety of optional device is a computer system capable of connecting, the steps of detecting the off operation of the power switch, in response to the detection of the off operation of the power switch, the predetermined that overlays the main memory and accessing allow overlay memory, and starts a predetermined device driver program stored in the overlay memory, the steps of saving the data of the optional device, in response to the end of the save processing of data of the optional device Te, the power management method, wherein the status of the computer system was saved to the overlay memory, and a step of power off the computer system.
  7. 【請求項7】 コンピュータシステムにおいて、 前記コンピュータシステムのハードウェアとアプリケーションプログラムの中間に位置し前記システムの動作を管理するシステム管理手段であって、前記システムのアイドル状態に応じて各種パワーセーブ要求を発行する電力管理手段を有するシステム管理手段と、 前記コンピュータシステムのハードウェアの電力制御を実行するハードウェア制御手段と、 メインメモリに割り当てられているアドレス空間の一部がマッピングされ、所定の割り込み信号に応答してアクセス許可されるオーバーレイメモリであって、前記システム管理手段に設けられている電力管理手段と前記ハードウェア制御手段との間のインターフェースのためのインターフェースプログラムを格納するオーバーレイメモリ 7. A computer system, a system management means for managing the operation of said system located in the middle of the hardware and the application program of the computer system, various power save request in accordance with the idle state of the system and a system management unit having a power management means for issuing a hardware control means for executing the hardware of the power control of the computer system, a portion of the address space assigned to the main memory are mapped, predetermined interrupt signal a overlay memory accessed permitted in response to the overlay memory for storing an interface program for the interface between the power management unit and the hardware control unit provided in the system management means と、 前記システム管理手段に設けられている電力管理手段からのパワーセーブ要求に応答して前記割り込み信号を発生する手段と、 この割り込み信号に応答してインターフェースプログラムを起動し、前記ハードウェア制御手段に前記パワーセーブ要求に応じたハードウェアの電力制御を実行させる手段とを具備することを特徴とするコンピュータシステム。 When the means for generating the interrupt signal in response to a power save request from the power management means is provided in the system management unit, to start the interface program in response to the interrupt signal, said hardware control unit computer system characterized by comprising a means for performing power control of the hardware in accordance with the power save request.
JP4331801A 1992-12-11 1992-12-11 Computer system Pending JPH06180668A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4331801A JPH06180668A (en) 1992-12-11 1992-12-11 Computer system

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4331801A JPH06180668A (en) 1992-12-11 1992-12-11 Computer system
DE4342220A DE4342220A1 (en) 1992-12-11 1993-12-10 Portable computer system with battery power management system - has system management RAM mapped onto main memory and accessible upon interrupt for storing driver programs for management of peripherals, and BIOS for starting drivers for control of peripheral depending upon interrupt

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH06180668A true JPH06180668A (en) 1994-06-28

Family

ID=18247796

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4331801A Pending JPH06180668A (en) 1992-12-11 1992-12-11 Computer system

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JPH06180668A (en)
DE (1) DE4342220A1 (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4899952A (en) * 1987-08-03 1990-02-13 Ryobi Ltd. Double bearing type fishing reel
US7346789B2 (en) 2004-12-03 2008-03-18 Sony Computer Entertainment, Inc. Multimedia reproducing apparatus having function for efficient use of memory

Families Citing this family (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5615392A (en) * 1995-05-05 1997-03-25 Apple Computer, Inc. Method and apparatus for consolidated buffer handling for computer device input/output
GB9603582D0 (en) 1996-02-20 1996-04-17 Hewlett Packard Co Method of accessing service resource items that are for use in a telecommunications system
US6055643A (en) * 1997-09-25 2000-04-25 Compaq Computer Corp. System management method and apparatus for supporting non-dedicated event detection
CN1308817C (en) * 2003-12-29 2007-04-04 联想(北京)有限公司 Starting method and device for multiple mode computer system
US7925815B1 (en) * 2006-06-29 2011-04-12 David Dunn Modifications to increase computer system security
US8661265B1 (en) 2006-06-29 2014-02-25 David Dunn Processor modifications to increase computer system security
US8238538B2 (en) 2009-05-28 2012-08-07 Comcast Cable Communications, Llc Stateful home phone service
DE102010026273B4 (en) 2009-07-07 2018-05-30 GPI Ges. f. Prüfstanduntersuchungen und Ingenieurdienstleistungen mbH Method for operating data processing units and data processing systems

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH03231320A (en) * 1990-02-06 1991-10-15 Mitsubishi Electric Corp Microcomputer system
JPH04236682A (en) * 1991-01-18 1992-08-25 Mitsubishi Electric Corp Microcomputer system
US5297282A (en) * 1991-05-29 1994-03-22 Toshiba America Information Systems, Inc. Resume processing function for the OS/2 operating system

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4899952A (en) * 1987-08-03 1990-02-13 Ryobi Ltd. Double bearing type fishing reel
US7346789B2 (en) 2004-12-03 2008-03-18 Sony Computer Entertainment, Inc. Multimedia reproducing apparatus having function for efficient use of memory

Also Published As

Publication number Publication date
DE4342220A1 (en) 1994-06-16

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5790895A (en) Modem sharing
US4779187A (en) Method and operating system for executing programs in a multi-mode microprocessor
US5355490A (en) System and method for saving the state for advanced microprocessor operating modes
US4825358A (en) Method and operating system for executing programs in a multi-mode microprocessor
US6523125B1 (en) System and method for providing a hibernation mode in an information handling system
JP3659062B2 (en) Computer system
US6219742B1 (en) Method and apparatus for artificially generating general purpose events in an ACPI environment
US5748877A (en) Method for executing embedded diagnostics from operating system-based applications
US7073013B2 (en) Mass storage device with boot code
DE60217394T2 (en) Method and system for the parallel execution of interrupt routines in an smi and pmi-based distribution and execution environment
US5459869A (en) Method for providing protected mode services for device drivers and other resident software
US5903766A (en) Suspend/resume capability for a protected mode microprocessor
JP3376360B2 (en) Information processing apparatus and power consumption reduction method
EP1080407B1 (en) Computer system with an emulation coprocessor and method for executing an emulated application program
US4959860A (en) Power-on password functions for computer system
US7673304B2 (en) Multithreaded kernel for graphics processing unit
US6772419B1 (en) Multi OS configuration system having an interrupt process program executes independently of operation of the multi OS
DE10085374B4 (en) System management memory for the system management interrupt handlers is integrated into the memory controller, regardless of the BIOS and operating system
US6678712B1 (en) Method and system for executing a program under one of a plurality of mutually exclusive operating environments
US5339437A (en) Method and apparatus for saving a system image onto permanent storage that is operating system independently
US5175853A (en) Transparent system interrupt
US5561788A (en) Method and system for executing programs using memory wrap in a multi-mode microprocessor
US7917740B1 (en) Virtualization assist for legacy x86 floating point exception handling
KR20010033687A (en) Information handling system with suspend/resume operation
US5357628A (en) Computer system having integrated source level debugging functions that provide hardware information using transparent system interrupt