JPH06180015A - 法面の緑化工法 - Google Patents

法面の緑化工法

Info

Publication number
JPH06180015A
JPH06180015A JP33328592A JP33328592A JPH06180015A JP H06180015 A JPH06180015 A JP H06180015A JP 33328592 A JP33328592 A JP 33328592A JP 33328592 A JP33328592 A JP 33328592A JP H06180015 A JPH06180015 A JP H06180015A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
slope
vegetation base
kneaded
spraying
fall prevention
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP33328592A
Other languages
English (en)
Inventor
Toshio Hiratsuka
壽男 平塚
Original Assignee
Toshio Hiratsuka
壽男 平塚
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toshio Hiratsuka, 壽男 平塚 filed Critical Toshio Hiratsuka
Priority to JP33328592A priority Critical patent/JPH06180015A/ja
Publication of JPH06180015A publication Critical patent/JPH06180015A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 一連の工程を経て法面の緑化作業が完了する
までの時間を短縮すること。 【構成】 法面4に対して、養生土、窒素分の多い肥
料、西洋芝の種子、のり及び水を攪拌して作った混練物
Sを吹き付ける。わら2を紐1によりすだれ状に編んだ
植生基材3を作る。その植生基材3で法面4を被覆す
る。植生基材3をラス金網6で被覆する。アンカーピン
8を用いて、植生基材3及びラス金網6を法面4に固定
する。次いで、養生期間を設けることなく植生基材3の
上から再び同混練物Sを吹き付ける。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、岩盤または岩石を多量
に含有する法面に対して、芝、クローバー、よもぎ等の
カバープラントを植生する法面の緑化工法に関するもの
である。
【0002】
【従来の技術】近年、法面のモルタル吹き付け工事や落
下防止網による工事に代わる技術として、植物を植生さ
せることにより、法面の緑化・安定化を図る工法が提案
されている。そして、本発明者も、既に特公昭60−3
5490号公報において、この種の緑化工法を開示して
いる。また、前記緑化工法は、主として以下に示す工程
(a)〜(d)によって成り立っている。
【0003】工程(a):わらを紐によりすだれ状に編
んだ植生基材と、耐蝕性材料からなる落下防止網とを法
面に配置し、それらをアンカーピンによって法面に固定
すること、 工程(b):植生基材に対し養生土、窒素分の多い肥
料、のり及び水を攪拌して作った混練物を吹き付けるこ
と(第一次吹き付け工程)、 工程(c):20日〜30日程度の養生期間を設け、わ
らを腐植化・堆肥化させること、 工程(d):養生土、種子及び水を攪拌して作った混練
物を植生基材に吹き付けること(第二次吹き付け工
程)。
【0004】そして、前記各工程を経て吹き付けられた
種子はやがて発芽し、更に数ヶ月後には法面はカバープ
ラントによって完全に覆い尽くされる。また、このよう
に緑化された法面には、更に樹木等が植えられる場合も
ある。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】ところが、従来の緑化
工法だと、第一次吹き付け工程と第二次吹き付け工程と
の間に、20日間〜30日間の養生期間をおく必要があ
った。何故なら、第一次吹き付け工程にて用いられる混
練物には窒素分の多い肥料が含まれており、従来、多窒
素な環境が種子の発芽率を低下させると考えられていた
ためである。また、促成基材の腐植化・堆肥化にともな
う土壌温度の上昇により、種子がダメージを受けるとい
うことが定説とされていためである。
【0006】よって、係る問題を回避しようとする従来
の緑化工法においては、前述の一連の工程を経て法面の
緑化作業が全て完了するまでには、かなりの日数を要す
るという問題があった。
【0007】また、従来においては、ビニールひきの鉄
またはナイロン等といった耐蝕性の材料からなる落下防
止網が用いられていた。このため、法面に植えられた樹
木が生長して幹が肥大した場合には、落下防止網によっ
てその根本部分が締めつけられ、樹木の生育が阻害され
るという問題もあった。
【0008】上記事情のもと、本発明者が各種の調査・
試験等を行ったところ、混練物に含まれる肥料中の窒素
分は、燐酸分やカリ分とは異なり、比較的短期間のうち
に気化してしまうことが明らかとなった。このため、当
初心配されていたほど発芽率の低下は見られないであろ
うということが予想された。また、植生基材が堆肥化す
るときの上昇温度は、種子の発芽や生育に決定的なダメ
ージを与えるほど高温にはならないということも同様に
明らかとなった。
【0009】そして、本発明者はこれらの知見から、植
生基材の腐植化・堆肥化と、種子の発芽・育成とはほぼ
同時に行い得るものとの仮説を想達し、この仮説に基づ
いて本発明を完成させた。その目的としては、緑化作業
が完了するまでの時間を確実に短縮することができる法
面の緑化工法を提供することにある。
【0010】
【課題を解決するための手段】第一の発明では、わらを
紐によりすだれ状に編んだ植生基材で法面を被覆すると
共に、同植生基材を落下防止網で被覆し、前記植生基材
及び落下防止網をアンカーピンにより法面に固定し、更
に前記植生基材に対して養生土や種子等を含む混練物を
吹き付けることにより、法面にカバープラントを植生す
る緑化工法において、法面に対して、先ず養生土、窒素
分の多い肥料、種子、のり及び水を攪拌して作った混練
物を吹き付けた後に、前記植生基材及び落下防止網を法
面に固定し、次いで養生期間を設けることなく前記植生
基材の上から再び同混練物を吹き付けている。
【0011】また、第二の発明では、わらを紐によりす
だれ状に編んだ植生基材で法面を被覆すると共に、同植
生基材を落下防止網で被覆し、前記植生基材及び落下防
止網をアンカーピンにより法面に固定し、更に前記植生
基材に対して養生土や種子等を含む混練物を吹き付ける
ことにより、法面にカバープラントを植生する緑化工法
において、法面に前記植生基材及び落下防止網を固定し
た後、養生期間を設けることなく前記植生基材の上から
養生土、窒素分の多い肥料、種子、のり及び水を攪拌し
て作った混練物を強く吹き付けている。
【0012】
【作用】本発明の緑化工法によれば、吹き付けの当初に
おいて多窒素な環境であったとしても、比較的短期間の
うちに窒素が気化して、種子に対して害を与えない程度
の濃度になる。よって、植生基材の腐植化・堆肥化と、
種子の発芽・育成とをほぼ同時に進行させることができ
る。このため、従来のような20日間〜30日間の養生
期間は不要になり、その結果、緑化作業が完了するまで
の時間が確実に短縮する。
【0013】
【実施例】以下、本発明を具体化した実施例1,2を図
1,図2に基づき詳細に説明する。
【0014】実施例1の法面4の緑化工法では、養生土
600kg/100m2 、N,P,Kを15−9−9の割合で
含む化成肥料150kg/100m2 に、西洋芝(品種名,ケ
ンタッキー31F)の種子2kg/100m2 、のりとしての
粘着剤0.2kg/100m2 及び水0.2m3/100m2 を配合
する。これらに、更に保水剤2kg/100m2 を添加して攪
拌することにより、吹き付け用の混練物Sを作製する。
【0015】混練物S中に養生土を配合する理由は、養
生土は保水性等に優れており、種子の発芽にとって好都
合な環境を保持し得るものであるからである。また、養
生土はわらの堆肥化を促進させる土壌微生物を活性化す
るからである。
【0016】化成肥料中の窒素分を多くする理由は、わ
らを速やかに腐植させることにより、堆肥の生成を促す
ためである。また、化成肥料を用いる根拠は、化成肥料
中の窒素分は、比較的短期間のうちに気化するという性
質に着目したためである。
【0017】粘着剤を配合する理由は、混練物Sの吹き
付け後に法面4が雨風等に晒された場合でも、法面4か
ら流出する混練物Sの量を最小限にすることができるた
めである。
【0018】そして、混練物S中に保水剤を添加する理
由は、法面4の水分環境を常に好適範囲に保つことによ
り、発芽率を向上させると共に早期の植生を図るためで
ある。また、木質セルロースを添加する理由は、木質セ
ルロースに種子を付着させ、雨風等による種子の流出を
防止するためである。
【0019】次に、第一次吹き付け工程として、混練物
Sをポンプを用いて法面4に吹き付ける。このとき、ポ
ンプの圧力を約2kg/cm2〜4kg/cm2とし、100m2
たりの吹き付け量を20kgとすることが好ましい。
【0020】なお、最適な温度条件を考えると、前記吹
き付け工程は、3月下旬〜11月初旬までに行われるこ
とが好適である。また、寒冷地における吹き付け工程
は、4月中旬〜10月中旬までに行われることが好適で
ある。その理由は、わらの堆肥化及び種子の発芽を最適
な温度下で行わせるためである。
【0021】続いて、第一次吹き付け工程後になされる
法面4の被覆工程について説明する。図1及び図2に示
すように、この工程では先ず最初にナイロンロープ等の
紐1で、稲わら2を1把づつ左右二箇所においてすだれ
状に編むことにより、植生基材3を形成する必要があ
る。なお、実施例1の植生基材3は、1m2 あたりの重
量が1.5kg〜2.0kgとなるように編まれてい
る。次に、岩盤の法面4の上部法肩4aに複数のアンカ
ーピン5(長さ約1m)を打ち込み、それらのアンカー
ピン5に植生基材3を引っ掛ける。そして、植生基材3
を法面4全体に垂らした状態で被覆する。
【0022】次に、前記植生基材3の表面に対し、落下
防止網としての鉄製の菱形ワイヤーラス6を張る。更
に、菱形ワイヤーラス6の表面に、前記紐1と同じ補強
用の紐(太さ13mm)7を1m〜2mのます目状に張
る。そして、アンカーピン8を用いて、紐1,7及び菱
形ワイヤーラス6を同時に法面4に対して固定する。本
実施例1において、アンカーピン8の使用量は1m2
たり4本である。
【0023】本実施例1では、前記菱形ワイヤーラス6
の線の太さを14メッシュとし、目の粗さを50mmとし
ている。この菱形ワイヤーラス6はビニール等により被
覆されていないため、錆びて一年間に約0.1mm程度細
くなり、やがて部分的に切断する。
【0024】この後、法面4の植生基材3に対して、第
一次吹き付け工程にて使用した混練物Sと同組成の混練
物Sをポンプによって吹き付ける(第二次吹き付け工
程)。また、前記第二次吹き付け工程は、第一次吹き付
け工程及び法面4の被覆工程の後に養生期間を設けるこ
となく行われる。
【0025】このとき、法面4に吹き付けられた混練物
Sは、一本一本の稲わら2の細隙に進入しかつ定着す
る。また、植生基材3を構成する稲わら2は、混練物S
中の水分を吸収してしなやかになる。なお、ポンプの圧
力や吹き付け量等の設定については、第一次吹き付け工
程とほぼ同程度である。
【0026】次に、実施例2の法面4の緑化工法につい
て説明する。本実施例2では、実施例1とは異なり、予
め混練物Sの吹き付け工程を行うことなく、先ず法面4
の被覆工程を行う。その際に使用される植生基材3、菱
形ワイヤーラス6、アンカーピン1,8等は、前記実施
例1のものと同一である。また、それらの設置方法につ
いても同様である(図1,図2参照)。
【0027】法面4の被覆が完了した後には、特に養生
期間を設けることなく混練物Sの吹き付け工程が行われ
る。前記混練物Sは、実施例1にて使用した混練物Sと
同組成のものであり、前記混練物Sはポンプによって植
生基材3に吹き付けられる。このとき、ポンプの圧力は
若干高め(4kg/cm2〜6kg/cm2程度)に設定される。ま
た、100m2 あたりの混練物Sの吹き付け量は約20
kgであることが好適である。
【0028】上記の方法によって法面4に強く吹き付け
られた混練物Sは、一本一本の稲わら2の細隙、及び植
生基材3と法面4との間隙に進入し、かつそれらの部分
に定着する。また、植生基材3を構成する稲わら2は、
混練物S中の水分を吸収してしなやかになり、法面4に
対してぴったりと添うようになる。
【0029】さて、前記実施例1,2のような緑化作業
を行うと、先ず土壌微生物の作用により稲わら2の腐植
化・堆肥化が開始し、法面4の表面付近の温度が上昇し
始める。また、稲わら2の腐植化・堆肥化とほぼ同時に
種子発芽も進行する。なお、ここでいうほぼ同時とは、
腐植化・堆肥化及び種子発芽の開始時期の差はせいぜい
数日以内であり、数十日単位の差ではないということを
意味している。
【0030】この場合、稲わら2の腐植化・堆肥化が進
行するにつれて、混練物S中の窒素分は土壌微生物によ
って消費されかつ次第に減少する。また、前記窒素分は
カリ分や燐酸分よりも気化し易いという性質を有してい
る。これらの理由から、当初多窒素であった法面4付近
の環境は、緑化作業完了後の比較的短期間のうちに、種
子の発芽及び生育に害を与えない程度の窒素を含む環境
に変化する。
【0031】更に、前記の理由に加えて、稲わら2が腐
植化・堆肥化するときに温度が上昇したとしても、種子
の発芽や生育に決定的なダメージを与えるほどの高温に
はならないという事実もある。
【0032】従って、従来のような長い養生期間を設け
なくても、稲わら2の腐植化・堆肥化と、種子の発芽・
育成とを同時にかつ何ら不都合なく進行させることが可
能となる。そして、その結果、緑化作業が完了するまで
の時間が今までより確実に短縮する。
【0033】なお、前記実施例1,2における特有の効
果としては、次に挙げるようなことである。つまり、実
施例1の緑化工法によれば、植生基材3等を被覆する前
に混練物Sの吹き付けが行われているため、雨等による
混練物Sの流出は比較的少ないということである。ま
た、吹き付け工程時には、ポンプの圧力をあまり高めに
設定する必要がないという利点もある。
【0034】一方、実施例2の緑化工法によれば、ポン
プの圧力を若干高めに設定する必要があるものの、一回
の吹き付けで良いということである。よって、施工時間
が短くて済むという利点がある。
【0035】更に、実施例1,2の緑化工法では、落下
防止網として、緑化作業より数年以上経過後には部分的
に切断してしまう菱形ワイヤーラス6を使用しているこ
とから、以下のような利点が生じる。即ち、緑化された
法面4に幼木を植えたような場合、数年後にその幼木が
生長して根本部分が肥大化したとしても、菱形ワイヤー
ラス6による締めつけによって、樹木の生育が阻害され
るということはない。また、このような菱形ワイヤーラ
ス6を用いた場合、溶け出した鉄等の微量元素がカバー
プラントや幼木の肥料にもなり得る。
【0036】なお、本発明は上記実施例1,2のみに限
定されることはなく、以下のように変更することが可能
である。例えば、 (a)植生基材3は必ずしも実施例1,2と同一の方法
により作製する必要はない。例えば、予めマット状に編
まれた天然わら材等を用いることも可能である。
【0037】(b)混練物Sに配合される種子は、前記
実施例1,2のような西洋芝のみに限定されることはな
い。例えば、ホワイトクローバー、めとはぎ、いたど
り、よもぎ等のように、法面4を容易に被覆し得るカバ
ープラントであれば、どのような種子であっても良い。
また、この場合、二種以上の種子を混合して使用するこ
とも勿論可能である。
【0038】(c)落下防止網として、前記実施例1,
2にて使用した菱形ワイヤーラスとは異なるものを用い
ることも可能である。例えば、ビニールによって被覆さ
れた鉄線からなる金網であり、かつその一部のビニール
が剥離されているものでも良い。また、生物分解性の材
料や光分解性の材料を用いた網であっても良い。つま
り、前記の金網または網のように、一定期間落下防止網
として機能した後に、部分的に切断してしまうようなも
のであれば足りる。
【0039】(d)化成肥料は必ずしもN,P,Kが1
5−9−9のものでなくても良い。例えば、N,P,K
が15−15−15のような高度化成肥料を用いること
も勿論可能である。
【0040】
【発明の効果】以上詳述したように、本発明の法面の緑
化工法によれば、従来のような20日間〜30日間の養
生期間が不要になるため、一連の工程を経て法面の緑化
作業が完了するまでの時間を確実に短縮することができ
るという優れた効果を奏する。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の植生基材3を法面4に被覆した状態を
示す斜視図である。
【図2】混練物Sを吹き付けた状態を示す拡大縦断面図
である。
【符号の説明】
1 紐、2 (稲)わら、3 植生基材、4 法面、6
落下防止網としての菱形ワイヤーラス、8 アンカー
ピン、S 混練物。

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】わら(2)を紐(1)によりすだれ状に編
    んだ植生基材(3)で法面(4)を被覆すると共に、同
    植生基材(3)を落下防止網(6)で被覆し、前記植生
    基材(3)及び落下防止網(6)をアンカーピン(8)
    により法面(4)に固定し、更に前記植生基材(3)に
    対して養生土や種子等を含む混練物を吹き付けることに
    より、法面(4)にカバープラントを植生する緑化工法
    において、 法面(4)に対して、先ず養生土、窒素分の多い肥料、
    種子、のり及び水を攪拌して作った混練物(S)を吹き
    付けた後に、前記植生基材(3)及び落下防止網(6)
    を法面(4)に固定し、次いで養生期間を設けることな
    く前記植生基材(3)の上から再び同混練物(S)を吹
    き付けることを特徴とした法面の緑化工法。
  2. 【請求項2】わら(2)を紐(1)によりすだれ状に編
    んだ植生基材(3)で法面(4)を被覆すると共に、同
    植生基材(3)を落下防止網(6)で被覆し、前記植生
    基材(3)及び落下防止網(6)をアンカーピン(8)
    により法面(4)に固定し、更に前記植生基材(3)に
    対して養生土や種子等を含む混練物を吹き付けることに
    より、法面(4)にカバープラントを植生する緑化工法
    において、 法面(4)に前記植生基材(3)及び落下防止網(6)
    を固定した後、養生期間を設けることなく前記植生基材
    (3)の上から養生土、窒素分の多い肥料、種子、のり
    及び水を攪拌して作った混練物(S)を強く吹き付ける
    ことを特徴とした法面の緑化工法。
JP33328592A 1992-12-14 1992-12-14 法面の緑化工法 Pending JPH06180015A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP33328592A JPH06180015A (ja) 1992-12-14 1992-12-14 法面の緑化工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP33328592A JPH06180015A (ja) 1992-12-14 1992-12-14 法面の緑化工法

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11257809A Division JP2000064294A (ja) 1999-09-10 1999-09-10 法面の緑化工法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH06180015A true JPH06180015A (ja) 1994-06-28

Family

ID=18264392

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP33328592A Pending JPH06180015A (ja) 1992-12-14 1992-12-14 法面の緑化工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH06180015A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN105461072A (zh) * 2015-12-29 2016-04-06 岭南新科生态科技研究院(北京)有限公司 生态护岸净化系统

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN105461072A (zh) * 2015-12-29 2016-04-06 岭南新科生态科技研究院(北京)有限公司 生态护岸净化系统

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4934094A (en) Method of growing sod and sod product thereby formed
JP3558677B2 (ja) 苗床の構造及び苗の育成方法
KR20060130987A (ko) 식생매트 시공방법
KR20040063550A (ko) 비탈면 녹화공법
KR100719078B1 (ko) 법면 녹화용 줄 네트
JPH06180015A (ja) 法面の緑化工法
JP2000064294A (ja) 法面の緑化工法
KR960009729B1 (ko) 암절개면 녹화공법
KR20030072287A (ko) 사면 녹화용 식생조성물 및 이를 이용한 사면 녹화공법
JP3521428B1 (ja) 緑化工法と植物育成基盤材
JP3934761B2 (ja) 法面緑化工法
AU650566B2 (en) Creeping-stem grass vegetative sheet
JPH0978586A (ja) 法面保護緑化用マット
JP2585186B2 (ja) 被圧防止緑化工法
KR20200104540A (ko) 신속한 초기녹화 및 우수한 토양 결합력을 가진 녹생토 조성물 및 이를 이용한 삼림토 녹화공법
JP3112649B2 (ja) コーティング種子を用いた緑化工法
JP2812374B2 (ja) 緑化基盤及びその施工法
KR20090097294A (ko) 옥수수 전분으로 이루어진 씨줄을 이용한 녹화용 네트 및그 제조 방법
JPH09279588A (ja) 樹木の植生ポットとその育苗方法およびその植生ポットを用いた法面緑化工法
JP3130253B2 (ja) 樹木導入用緑化基体
RU2479183C1 (ru) Способ выращивания лука шалот
CN108967098A (zh) 一种重楼二段栽培方法
JP2001086880A (ja) マルチング材
JP2001204244A (ja) 野芝の植生工
JPH1156017A (ja) 野芝の植生工