JPH0616859Y2 - Vehicle body structure having a resin exterior panels - Google Patents

Vehicle body structure having a resin exterior panels

Info

Publication number
JPH0616859Y2
JPH0616859Y2 JP1985121588U JP12158885U JPH0616859Y2 JP H0616859 Y2 JPH0616859 Y2 JP H0616859Y2 JP 1985121588 U JP1985121588 U JP 1985121588U JP 12158885 U JP12158885 U JP 12158885U JP H0616859 Y2 JPH0616859 Y2 JP H0616859Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
vehicle body
panel
exterior panels
resin
outer
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP1985121588U
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPS6230976U (en
Inventor
進 榎田
Original Assignee
本田技研工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 本田技研工業株式会社 filed Critical 本田技研工業株式会社
Priority to JP1985121588U priority Critical patent/JPH0616859Y2/en
Publication of JPS6230976U publication Critical patent/JPS6230976U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPH0616859Y2 publication Critical patent/JPH0616859Y2/en
Application status is Active legal-status Critical

Links

Description

【考案の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本考案は、自動車の車体側面部の構造に関するもので、 Description of the invention The present invention (relates) relates to the structure of the vehicle body side portion of an automobile,
特に、合成樹脂材によって成形された外板パネルを備えた車体構造に関するものである。 In particular, it relates to a vehicle body structure with a skin panel that is formed of synthetic resin material.

(従来の技術) 自動車においては、燃料消費量の低減のために、車体の軽量化が求められている。 In (prior art) car, in order to reduce fuel consumption, weight reduction of the vehicle body is required. そこで、その軽量化の一手法として、近年、各種の車体構成部品が合成樹脂材によって形成されるようになってきている。 Therefore, as a method for weight reduction, in recent years, various vehicle body components have come to be formed of a synthetic resin. そのように車体構成部品が樹脂化されれば、その防錆対策が不要となるという利点も得られる。 If so the body components are resinated, also the advantage that its rust protection is not required.

しかしながら、現状では、合成樹脂材の強度、剛性等の問題、あるいは他部品への組み付け上の問題等から、樹脂化し得る車体構成部品は、比較的小形の車室内の部品や、車体に対してある程度のクリアランスが許容されるバンパの表皮体等に限られている。 However, at present, the strength of the synthetic resin material, rigidity of the problem or the assembly problems such as to other components, in body components may resinification, and relatively small in the cabin of the components, with respect to the vehicle body are limited to a certain extent of the skin of the bumper such as clearance is allowed.

ところで、車体の軽量化を一層押し進めるためには、フェンダパネルやドアパネル等の大形の外板パネルまでをも樹脂化することが望まれる。 Meanwhile, in order to push the weight of the vehicle body more, it is desired to resinification even the skin panel of large size such as the fender panel and the door panel. 特に、チッピング等によって錆が発生しやすい車体側面下部の外板パネルが合成樹脂材によって成形されるようになれば、車体の防錆対策の面からもより好ましいものとなる。 In particular, if as the outer panel of the vehicle body side lower part rust is likely to occur due to chipping or the like is formed of synthetic resin material becomes more preferred in terms of the body of the rust protection.

また、合成樹脂板は高い弾力性を有している。 Further, the synthetic resin plate has a high elasticity. したがって、フェンダパネルやドアパネルのように障害物に当接しやすい車体側面パネルを合成樹脂板によって形成するようにすれば、障害物に当接して変形力を受けたときにも、その変形力が小さい場合には、その障害物から離れることによって原形に復帰するようになるので、その車体を、軽度の衝突によっては永久変形することの少ないものとすることができるようになる。 Thus, if to form a synthetic resin plate abuts easily body side panel obstacle as the fender panels and door panels, also, its deformation force is small when subjected to deformation force contact with the obstacle in this case, since as to return to the original shape by departing from the obstacle, the vehicle body, it is possible to assume less be permanently deformed by slight impact. しかも、その弾性変形によって、障害物に当接したときの衝撃も吸収されるようになる。 Moreover, by its elastic deformation, also to be absorbed impact when in contact with the obstacle.

このようなことから、フェンダパネルやドアパネル等の車体側面パネルを樹脂化することが検討されるようになってきている。 For this reason, it is increasingly considered to be the resin of the vehicle side panels such as a fender panel and the door panel. 従来は、そのような場合には、その側面パネルは全体を1枚の樹脂成形板としなければならないものと考えられていた。 Conventionally, in such a case, the side panel has been considered as must the entirety is taken as one of the resin molded plate.

(考案が解決しようとする問題点) しかしながら、一般に、フェンダパネルやドアパネル等は、車体剛性を確保するという役割をも担っている。 (Problem devised to be Solved point), however, in general, the fender panels and door panels, etc. also play a role in ensuring the rigidity of the vehicle body. したがって、そのような側面パネル全体を樹脂成形板に代えようとすると、その樹脂製パネルに鋼板製パネルと同様の強度及び剛性を持たせることが必要となり、そのパネルを肉厚の大きいものとせざるを得ず、軽量化の効果が得られなくなってしまう。 Therefore, when tried to change the whole such side panel resin molded plate, must be made to have the same strength and rigidity and steel panel to the fender panel, but to the panel and that of the thick big the not obtained, the effect of weight reduction can not be obtained.

また、そのように樹脂製外板パネルによって車体剛性を負担させようとすると、そのパネルは、全周をインナパネル等の車体構造部材に強固に固定することが必要となる。 Also, if so by resin exterior panels to try to bear body rigidity, the panel, it is necessary to firmly fix the entire circumference to the body structure member of the inner panel or the like. そのために、車体の復原性及び衝撃吸収性は、樹脂製パネル自体が有する特性以上のものとすることはできず、樹脂製パネルの弾性限界を超える衝撃力を受けたときには、その車体は破損してしまうことになる。 Therefore, the body of the Stability and shock absorption can not be a more than characteristic of the resin panel itself, when subjected to an impact force exceeding the elastic limit of the resin panel, the vehicle body is damaged It will be thus.

一方、車体側面の外板パネルは、車体の外観に大きな影響を及ぼすものである。 On the other hand, the outer panel of the vehicle body side are those significant impact on vehicle appearance. したがって、その外板パネルを樹脂製とした場合には、その樹脂製外板パネルは波打つことなく組み付けられるようにしなければならない。 Accordingly, the outer skin panel when the resin, the resin exterior panels must be such be assembled without rippling it. また、特にその端縁部には、十分な剛性が与えられるようにしなければならない。 Further, particularly its edges, must be such sufficient rigidity is provided.

本考案は、このような問題に鑑みてなされたものであって、その主な目的は、車体の剛性が、樹脂製外板パネルとは別個の車体構造によって確保されるようにして、外板パネルの樹脂化による車体の軽量化が達成されるようにすることである。 This invention is, which has been made in view of such a problem, its main purpose is the body of the rigidity, as the resin exterior panels are secured by a separate bodywork outer panel it is to ensure that weight reduction of the vehicle body is achieved by the resin of the panel.

また、本考案の他の目的は、車体に、樹脂製外板パネルが有する特性以上の復原性及び衝撃吸収性が付与されるようにして、衝突時の車体の損傷が軽減されるようにすることである。 Another object of the present invention is the vehicle body, as above Stability characteristic of the resin exterior panels and impact absorption property is imparted, vehicle damage during collision to be alleviated it is.

本考案の更に他の目的は、樹脂製外板パネルが、車体の外観を損なうことなく、大きな自由度をもって車体に組み付けられるようにすることである。 Still another object of the present invention, the resin exterior panels, without impairing the vehicle appearance is to ensure that assembled to the vehicle body with a large degree of freedom.

(問題点を解決するための手段) この目的を達成するために、本考案では、車体側面部の上部を梁状構造体によって構成するとともに、その梁状構造体の下方の車体外側面を樹脂製外板パネルによって構成するようにしている。 (Means for Solving the Problems) To achieve this object, the present invention, the upper portion of the vehicle body side portion with constituting the beam-like structure, the vehicle body outer side surface of the lower of the beam-like structure resin and so as to constitute the manufacturing skin panel. その梁状構造体は、車体側面部の内面を形成するインナパネルと、そのインナパネルの上部外面に接合されるアウタパネルによって構成されており、そのインナパネルに、樹脂製外板パネルの上端縁部が、パネル補強ビーム及びブラケットを介して固着されるようになっている。 Its beam-like structure, and the inner panel to form the inside surface of the vehicle body side portion, is constituted by an outer panel which is joined to the upper outer surface of the inner panel, on the inner panel, the upper edge portion of the resin exterior panels but it is adapted to be secured through a panel reinforcing beam and the bracket. 補強ビームは、樹脂製外板パネルの上端縁部に沿って延びるもので、ブラケットは、 Reinforcing beam is intended to extend along the upper edge portion of the resin exterior panels, brackets,
その補強ビームの車体内側の面に取り付けられるようになっている。 It is adapted to be mounted to the vehicle body inner surface of the reinforcing beam. そして、そのブラケットは、薄板状の鋼板あるいは樹脂板等によって形成され、容易に圧縮変形し得るようにされている。 Then, the bracket is formed by a thin plate of steel or a resin plate or the like, and is adapted to be easily compressed and deformed.

(作用) このように構成することにより、車体剛性は、梁状構造体によって確保されるようになる。 (Operation) With such a configuration, the vehicle body rigidity will be ensured by the beam-like structure. したがって、樹脂製外板パネルに大きな強度及び剛性を持たせる必要はなくなる。 Therefore, it required to have a large strength and rigidity to the resin exterior panels is eliminated.

そして、樹脂製外板パネルの上端縁部に補強ビームが取り付けられることにより、その上端縁部の剛性が増すとともに、その外板パネルの組み付け時の波打ちが防止されるようになる。 By reinforcing beam to the upper end edge of the resin exterior panels are mounted, the rigidity of the upper edge increases, waving during assembly of the outer panel is to be prevented. また、その補強ビームが薄板状のブラケットを介してインナパネルに固着されることにより、 Also, by the reinforcing beam is fixed to the inner panel through the thin plate-like bracket,
樹脂製外板パネルは車体に弾力的に組み付けられることになり、その樹脂製外板パネルの復原性及び衝撃吸収性が一層活かされるようになる。 Resin exterior panels will be assembled resiliently on the vehicle body, Stability and shock absorption of the resin exterior panels is to be further utilized. しかも、そのブラケットの長さは適宜設定することができるので、補強ビーム及び樹脂製外板パネルの上端縁部は、インナパネルの形状にかかわらず一直線状に形成することができるようになり、その加工が容易となるとともに、車体設計の自由度も増大する。 Moreover, since the length of the bracket can be set as appropriate, the upper edge portion of the reinforcing beam and the resin exterior panels are able to be formed in a straight line regardless of the shape of the inner panel, the processed with is facilitated, also increases the degree of freedom in vehicle body design.

(実施例) 以下、図面を用いて本考案の実施例を説明する。 (Example) Hereinafter, an embodiment of the present invention will be described with reference to the drawings.

図は、本考案による車体構造の一実施例を示すもので、 Figure shows an embodiment of a vehicle body structure according to the present invention,
第1図はその要部の垂直断面図であり、第2図は補強ビーム部分の平面図である。 Figure 1 is a vertical sectional view of the main portion, FIG. 2 is a plan view of the reinforcing beam portion. また、第3図は、その車体構造を備えた自動車の側面図である。 Further, FIG. 3 is a side view of a vehicle equipped with the vehicle body structure.

第3図に示されているように、この自動車1は2ドア車であって、その車体側面部2は、フロントフェンダ3、 As shown in Figure 3, the motor vehicle 1 is a two-door vehicle, the vehicle body side unit 2, the front fender 3,
ドア4、及びリヤフェンダ5によって構成されている。 It is constituted by the door 4, and the rear fender 5.
この車体側面部2の上部、すなわち、フロントフェンダ3のボンネット6に隣接する部分、ドア4のドアガラス7に隣接する部分、及びリヤフェンダ5のクォータガラス8に隣接する部分は、それぞれ車体前後方向に延びる鋼板製の梁状構造体9,9,9によって構成されている。 The top of the body side unit 2, i.e., the portion adjacent to the bonnet 6 of the front fender 3, a portion adjacent to the door glass 7 of the door 4, and a portion adjacent to the quarter glass 8 of the rear fender 5 each longitudinal direction of the vehicle body It is constituted by steel beam-like structure 9,9,9 extending. また、その梁状構造体9,9,9の下方の車体外側面は、それぞれ合成樹脂材の成形品である樹脂製外板パネル10,10,10によって形成されている。 Further, the vehicle body outer side surface of the lower of the beam-like structure 9,9,9 are formed by resin exterior panels 10, 10, 10 is a molded product of each synthetic resin material.

第1図から明らかなように、梁状構造体9は、車体側面部2の内面を形成するインナパネル11の上部外面に、 As it is apparent from Figure 1, beam-like structure 9, the upper outer surface of the inner panel 11 forming the inner surface of the vehicle body side portion 2,
アウタパネル12を接合することによって形成されている。 It is formed by joining the outer panel 12. アウタパネル12は、通常の鋼板製車体のアウタパネルの上部を残した形状のもので、その外面部12aによって車体外側面の上部が形成されている。 Outer panel 12 is of a shape which leaves the top of the ordinary steel vehicle body outer panel, upper portion of the vehicle body outer surface is formed by the outer surface 12a. アウタパネル12の下端部は、車体内側に向かってほぼ水平に折曲され、それによって梁状構造体9のほぼ水平な下面9a The lower end of the outer panel 12 is folded substantially horizontally toward the inside of the vehicle body, thereby substantially horizontal lower surface 9a of the beam-like structure 9
が形成されている。 There has been formed. また、その内端は、下方に向かってほぼ垂直に折曲され、それによって、インナパネル11 Further, the inner ends being bent substantially perpendicularly downward, thereby, the inner panel 11
に接合される接合部12bが形成されている。 Junction 12b is formed to be joined to.

一方、樹脂製外板パネル10は、その上端縁部10aがほぼ水平に成形され、その外面部10bによって車体外側面の下部が形成されるようになっている。 On the other hand, resin exterior panels 10 is formed at its upper end 10a substantially horizontal, so that the lower portion of the vehicle body outer surface is formed by the outer surface 10b. 外板パネル10の上端縁部10aには、その下面に沿って一直線状に延びる中空柱状のパネル補強ビーム13が、段付きタッピングねじ14及び弾性座金15によって固着されている。 The upper end 10a of the outer panel 10, a hollow columnar panel reinforcing beam 13 extending in a straight line along its lower surface, is fixed by the stepped tapping screw 14 and elastic washers 15. そのタッピングねじ14の頭部は、外板パネル1 The head of the tapping screw 14, the outer panel 1
0の上端縁部10aに一体成形された突壁16によって、車体外面から隠されるようになっている。 The protruding wall 16 that is integrally molded to 0 of the upper edge portion 10a, is adapted to be hidden from the vehicle body outer surface.

補強ビーム13の車体内側の面13aには、ブラケット17がスポット溶接などによって取り付けられている。 The inboard face 13a of the reinforcing beam 13, the bracket 17 is attached, such as by spot welding.
このブラケット17は、第2図に示されているようにほぼコの字形のもので、薄板状の鋼板によって成形され、 The bracket 17 is intended as a substantially U-shaped is shown in Figure 2, is formed by a thin plate of steel,
比較的容易に圧縮変形するように形成されている。 It is formed so as to relatively easily compressed and deformed. そして、このブラケット17の車体内側の面17aにはウェルディングボルト18が取り付けられており、このボルト18をアウタパネル12の接合部12b及びインナパネル11のボルト挿通孔に挿通して、車体内側からナット19を締め付けることによって、補強ビーム13が、 Then, and attached welding bolt 18 to the vehicle body inner surface 17a of the bracket 17, by inserting the bolts 18 into the bolt insertion hole of the joint portion 12b and the inner panel 11 of the outer panel 12, the nut from the inside of the vehicle body by tightening the 19, the reinforcing beam 13,
ブラケット17を介してインナパネル11に固着されるようになっている。 It is adapted to be secured to the inner panel 11 via a bracket 17.

こうして、樹脂製外板パネル10が車体に組み付けられる。 Thus, resin exterior panels 10 are assembled to the vehicle body. このとき、梁状構造体9の下面9aと外板パネル1 At this time, the lower surface 9a of the beam-like structure 9 and the outer panels 1
0の上端縁部10aの突壁16との間には隙間が形成されるようになっている。 So that the gap is formed between the protruding wall 16 of the upper edge 10a of the 0. そこで、その間には、その隙間を塞ぐ軟質のシール部材20が装着されている。 Therefore, in the meantime, the sealing member 20 of soft is mounted to close the gap.

このように構成された車体構造においては、車体側面部2の剛性は、フロントフェンダ3、ドア4、及びリヤフェンダ5の各上部の梁状構造体9,9,9によって確保される。 In the thus constructed vehicle body structure, the rigidity of the vehicle body side portion 2, a front fender 3 is ensured by the door 4, and beam-like structure 9,9,9 of each of the upper rear fender 5. したがって、樹脂製外板パネル10に特に大きな強度及び剛性を持たせる必要はなく、その肉厚を薄いものとすることができる。 Therefore, there is no particular need to have a large strength and rigidity to the resin exterior panels 10, it can be made the thickness thereof thin. また、その樹脂製外板パネル10を車体強度部材に強固に固着する必要はないので、 Moreover, it is not necessary to firmly anchor it resin exterior panels 10 to the vehicle body strength member,
その係止位置を車体の外観等に応じて任意に選定することが可能となる。 The locking position it is possible to arbitrarily selected in accordance with the vehicle body exterior and the like.

樹脂製外板パネル10は、薄板状のブラケット17を介して車体に組み付けられているので、その外板パネル1 Resin exterior panels 10, since through the thin plate-like bracket 17 is assembled to the vehicle body, the skin panel 1
0に、ある程度の大きさまでの衝撃力をもって障害物等が当接したときには、その外板パネル10が弾性変形するばかりでなく、ブラケット17も弾性変形するようになる。 0, when contacted obstacles are those with an impact force up to a certain size, the outer panel 10 is not only elastically deformed, the bracket 17 also becomes elastically deformed. そして、その障害物等が取り除かれると、その外板パネル10及びブラケット17は原形に弾性復帰する。 When the obstacle is removed, the outer panel 10 and the bracket 17 are elastically restored to original shape. したがって、車体外側面下部の大きな変形が許容されるようになり、樹脂製外板パネル10の有する復原性及び衝撃吸収性が一層高められることになる。 Accordingly, as a large deformation of the vehicle body outer side surface lower is acceptable, Stability and shock absorption with a resin exterior panels 10 is that is further enhanced.

外板パネル10に一層強い衝撃力が加えられた場合には、ブラケット17が座屈変形することにより、その衝撃力が吸収される。 When the stronger impact force to the outer panel 10 is applied, the bracket 17 by buckling deformation, the impact force is absorbed. したがって、外板パネル10及びインナパネル11等の車体構造部材の損傷は軽減されるようになる。 Accordingly, damage to the car body structural member such as the outer panel 10 and inner panel 11 is to be reduced. そして、そのときには、ブラケット17のみを取り替えればよいので、その補修コストも低減する。 Then, at that time, since sufficient to exchange only the bracket 17 also reduces the repair cost.

樹脂製外板パネル10は、上端縁部10aにおいて車体構造部材とは別個の補強ビーム13に固着されるようになっているので、その固着のためのタッピングねじ14 Since resin exterior panels 10 is adapted to the vehicle body structural member is secured to a separate reinforcing beam 13 at the upper end 10a, the tapping screw 14 for its fixing
の挿通孔位置を正確に設定することができる。 It is possible to set the insertion holes positioned accurately. したがって、その樹脂製外板パネル10を、波打つことなく補強ビーム13に取り付けることができる。 Therefore, it is possible to attach the resin exterior panels 10, the reinforcing beam 13 without waving. そして、そのように上端縁部10aに沿って補強ビーム13が固着されることにより、その樹脂製外板パネルの上端縁部10a By reinforcing beam 13 is secured along its way upper edges 10a, upper end 10a of the resin exterior panels
が補強され、剛性が高められるので、その外板パネル1 There are reinforced, the rigidity is enhanced, the skin panel 1
0がそり返ったり剥離したりすることも防止されるようになる。 0 also to be prevented or to peeling or warped.

通常、インナパネル11は、内装に設けられるポケットやホイールハウス等のために凹凸の激しいものとなるが、補強ビーム13は、ブラケット17を介してインナパネル11に取り付けられるので、そのブラケット17 Usually, the inner panel 11 is becomes uneven intense for such pocket or wheelhouse provided interior, the reinforcing beam 13, because it is attached to the inner panel 11 via a bracket 17, the bracket 17
の長ささえ適切に設定しておけば、その補強ビーム13 If even the length of by setting appropriately, the reinforcing beam 13
を一直線状のものとすることができる。 The can be made straight in. したがって、その補強ビーム13は、ロール成形等により容易に加工することができるようになり、低コストで軽量のものとすることができる。 Therefore, the reinforcing beam 13, will be able to be easily processed by roll forming or the like, it can be made lightweight at low cost. また、逆に、インナパネル11やアウタパネル12等の車体構造部材は、樹脂製外板パネル1 Conversely, a vehicle body structural member such as the inner panel 11 and outer panel 12, resin exterior panels 1
0の組み付けのために形状に制限を受けることはなくなるので、その設計の自由度が増すことになる。 Since 0 it will not being limited to the shape for assembly of, so that the increasing degree of freedom in design.

なお、上記実施例においては、ブラケット17をコの字形の薄肉鋼板によって形成するものとしているが、これを、くの字形に屈曲して一層変形しやすくした鋼板、あるいは薄板状の樹脂板等によって形成するようにすることもできる。 In the above embodiment, it is assumed to form a bracket 17 by thin steel U-shaped, which, steel and more accessible to deform by bending the dogleg or by thin plate-like resin plate or the like, it is also possible to form. また、ブラケット17とインナパネル11 In addition, the bracket 17 and the inner panel 11
との間にゴム等の軟質シール材を挟み込み、そのシール材の弾力性を利用するようにすることもできる。 The soft sealing material such as rubber entrapment, it is also possible to make use of the elasticity of the sealing material between.

更に、上記実施例においては、ブラケット17は補強ビーム13に溶接等によって固着されているものとしているが、インナパネル11の適所に作業孔を設けておきさえすれば、そのブラケット17をインナパネル11側に固着しておき、補強ビーム13とブラケット17とをボルト等によって締結するようにすることもできる。 Further, in the above embodiment, the bracket 17 is assumed to be fixed by welding or the like to the reinforcing beams 13, if only may be provided to place the operation hole of the inner panel 11, the inner panel and the bracket 17 11 leave secured to the side, and a reinforcing beam 13 and the bracket 17 may be adapted to the fastening by bolts or the like.

(考案の効果) 以上の説明から明らかなように、本考案によれば、車体側面部の上部を梁状構造体によって構成し、車体剛性がその梁状構造体によって確保されるようにしているので、その梁状構造体の下方の車体外側面をなす外板パネルは薄肉の樹脂成形板とすることができ、車体の一層の軽量化を図ることが可能となる。 As apparent from the above description of (Effect of invention), according to the present invention, the upper portion of the vehicle body side portion constituted by beam-like structure, so that the vehicle body rigidity can be ensured by the beam-like structure since, the outer panel forming a vehicle body outer side surface of the lower of the beam-like structure may be a thin resin molded plate, it is possible to achieve further weight reduction of the vehicle body.

また、樹脂製外板パネルの上端縁部を補強ビームに固着するようにしているので、その樹脂製外板パネルが波打つことなく車体に組み付けられるようになるとともに、 Further, the since so as to secure the upper edge portion of the resin exterior panels to the reinforcing beam, so assembled to the vehicle body without the resin exterior panels have wavy,
その上端縁部の剛性が増す。 Rigidity of its upper edge is increased. したがって、そのような樹脂製外板パネルを用いた場合にも、車体の外観が損なわれることはなくなる。 Therefore, even when using such a resin exterior panels, not be the vehicle appearance is impaired.

そして、その補強ビームを、薄板状のブラケットを介して、車体構造材であるインナパネルに取り付けるようにしているので、樹脂製外板パネルによる復原性と衝撃吸収性とが一層活かされるようになる。 Then, the reinforcing beam, through the thin plate-like bracket, since to attach the inner panel is a vehicle body structural member, so that the more utilized and the Stability and shock absorption by resin exterior panels . したがって、車体の損傷が軽減されるようになる。 Therefore, as the vehicle body damage is reduced. 更に、そのブラケットの長さを調整するだけで、車体構造材の形状にとらわれることなく、一定の形状の樹脂製外板パネル及び補強ビームが取り付けられるようになるとともに、車体設計の自由度も増大するようになる。 Furthermore, only by adjusting the length of the bracket, without being bound to the shape of the vehicle body structural member, along with the so resin exterior panels of a certain shape and the reinforcement beam is attached, increasing the degree of freedom in vehicle body design It becomes the way.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

第1図は、本考案による樹脂製外板パネルを備えた車体構造の一実施例を示すもので、その車体構造を備えた自動車を示す第3図のI−I線による垂直断面図、 第2図は、その車体構造に用いられる補強ビーム部分を示すもので、第1図のII−II線による水平断面図、 第3図は、その車体構造を備えた自動車の側面図である。 Figure 1 is shows an embodiment of a vehicle body structure with a resin exterior panels according to the present invention, a vertical sectional view taken along line I-I of Figure 3 showing a vehicle equipped with the vehicle body structure, the 2 figures thereof shows a reinforcing beam portion for use in a vehicle body structure, the horizontal cross-sectional view taken along line II-II of Figure 1, Figure 3 is a side view of a vehicle equipped with the vehicle body structure. 1……自動車、2……車体側面部 3……フロントフェンダ、4……ドア 5……リヤフェンダ、9……梁状構造体 10……樹脂製外板パネル 10a……外板パネルの上端縁部 11……インナパネル 12……アウタパネル 13……補強ビーム 13a……補強ビームの車体内側の面 17……ブラケット 1 ...... car, 2 ...... vehicle side unit 3 ...... front fender, 4 ...... door 5 ...... rear fender, 9 ...... beam-like structure 10 ...... upper edge of the resin exterior panels 10a ...... skin panel part 11 ...... inner panel 12 ...... outer panel 13 ...... reinforcing beam 13a ...... reinforcing beam inboard surface 17 ...... bracket

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】 [Range of utility model registration request]
  1. 【請求項1】車体側面部2の内面を形成するインナパネル11と、 そのインナパネル11の上部外面に接合され、そのインナパネル11とともに車体前後方向に延びる梁状構造体9を形成するアウタパネル12と、 そのアウタパネル12より下方の車体外側面を形成する樹脂製外板パネル10とを備え、 前記樹脂製外板パネル10の上端縁部10aに、その上端縁部10aに沿って延びるパネル補強ビーム13が固着されるとともに、 そのパネル補強ビーム13が、その車体内側の面13a And 1. A inner panel 11 forming the inner surface of the vehicle body side portion 2, the outer panel 12 that is joined to the upper outer surface of the inner panel 11 to form a beam-like structure 9 extending in the longitudinal direction of the vehicle body together with the inner panel 11 When, a resin exterior panels 10 for forming a vehicle body outer side surface of the lower than its outer panel 12, the upper edge 10a of the resin exterior panels 10, panel reinforcing beam extending along its upper edge 10a with 13 is fixed, the panel reinforcing beam 13, the surface 13a of the inboard
    に取り付けられる比較的容易に圧縮変形する薄板状のブラケット17を介して、前記インナパネル11に固着されている、 樹脂製外板パネルを備えた車体構造。 Relatively easily through the thin plate-like bracket 17 for compressive deformation, the are secured to the inner panel 11, vehicle body structure having a resin exterior panels attached to.
JP1985121588U 1985-08-09 1985-08-09 Vehicle body structure having a resin exterior panels Active JPH0616859Y2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1985121588U JPH0616859Y2 (en) 1985-08-09 1985-08-09 Vehicle body structure having a resin exterior panels

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1985121588U JPH0616859Y2 (en) 1985-08-09 1985-08-09 Vehicle body structure having a resin exterior panels

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS6230976U JPS6230976U (en) 1987-02-24
JPH0616859Y2 true JPH0616859Y2 (en) 1994-05-02

Family

ID=31011002

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1985121588U Active JPH0616859Y2 (en) 1985-08-09 1985-08-09 Vehicle body structure having a resin exterior panels

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0616859Y2 (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012255813A (en) * 2001-08-22 2012-12-27 Instrumentation Lab Co Method and apparatus for calibrating electrochemical sensor
US8838195B2 (en) 2007-02-06 2014-09-16 Medtronic Minimed, Inc. Optical systems and methods for ratiometric measurement of blood glucose concentration

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
IT1118321B (en) * 1979-02-02 1986-02-24 Fiat Auto Spa Carpozzeria for cars
JPS5839965Y2 (en) * 1979-03-01 1983-09-08

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012255813A (en) * 2001-08-22 2012-12-27 Instrumentation Lab Co Method and apparatus for calibrating electrochemical sensor
US8838195B2 (en) 2007-02-06 2014-09-16 Medtronic Minimed, Inc. Optical systems and methods for ratiometric measurement of blood glucose concentration

Also Published As

Publication number Publication date
JPS6230976U (en) 1987-02-24

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2593944Y2 (en) The upper body structure of the automobile
KR940010694B1 (en) Structure of a front body of vehicle and method of assembling a vehicle body
US6328376B2 (en) Center pillar assembly of motor vehicle
EP1063135B1 (en) Composite bumper construction
US6050631A (en) Impact energy absorbing structure for vehicle cabin
KR100339216B1 (en) reinforcement structure for front pillar portion of automobile
JPH081180Y2 (en) Hood structure of the vehicle
US6824199B2 (en) Fender arrangement for a motor vehicle
WO2001000478A1 (en) Front-end module for a motor vehicle
US6672438B2 (en) Crash box collision damper for motor vehicle
JP2002274438A (en) Vehicle body structure
JP2001287670A (en) Side sill load path initiator
JPH10181490A (en) Energy absorbing structure in upper part of vehicle body
JP2001334955A (en) Reinforcing structure of vehilce door
JPH10230865A (en) Collision energy absorbing structure of vehicle
JPH0717340A (en) Automotive bumper
US6328359B1 (en) Door intrusion beam
JP3350600B2 (en) Automobile of the sub-frame structure
JPH10167114A (en) Roof bow installation structure of automobile
JP3289629B2 (en) Front structure of the vehicle body
JP2917585B2 (en) Automobile of the cowl box
JP5303211B2 (en) Door structure and a method of manufacturing a vehicle
EP1749710B1 (en) Fender panel mounting structure of automobile
JP3704078B2 (en) Fender support structure
US6357822B1 (en) Side impact beam assembly