JPH06158902A - 駐車場 - Google Patents

駐車場

Info

Publication number
JPH06158902A
JPH06158902A JP26650291A JP26650291A JPH06158902A JP H06158902 A JPH06158902 A JP H06158902A JP 26650291 A JP26650291 A JP 26650291A JP 26650291 A JP26650291 A JP 26650291A JP H06158902 A JPH06158902 A JP H06158902A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
parking
vehicle
floor
elevator
floors
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP26650291A
Other languages
English (en)
Inventor
Teruo Hatano
輝男 波多野
Kenji Nakamura
健二 中村
Original Assignee
Shimizu Corp
清水建設株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Shimizu Corp, 清水建設株式会社 filed Critical Shimizu Corp
Priority to JP26650291A priority Critical patent/JPH06158902A/ja
Publication of JPH06158902A publication Critical patent/JPH06158902A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 (修正有) 【目的】 入出庫口の貯留領域にて車両の流れを一時的
に緩衝することで、車両の入出庫を混乱をなくかつ効率
的におこなう。 【構成】 床板に搬入出コンベヤが設けられたエレベー
ター11Aが備えられ、複数の駐車フロアに車両を立体
的に保管する駐車場にあって、複数の駐車フロアのうち
少なくとも一の駐車フロアには、エレベーターの出入口
をエレベーターを挟んで対向して一対に設け、かつこれ
ら対向する出入口には、それぞれに搬入出コンベヤの搬
送方向の延長方向に車両を移動する移動コンベヤを配設
した貯留領域16a,16bを形成した。また、上記複
数の駐車フロアを自走式駐車フロアF1と機械式駐車フ
ロアF2,Fnとから構成し、かつ自走式駐車フロアに
は上記貯留領域を形成した。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、車両の入出庫を容易、
かつ効率的におこなうことのできる駐車場に関する。
【0002】
【従来の技術】近年、都市部および都市近郊では、土地
の有効利用ならびに自動車保有台数急増の問題から駐車
平面を複数積層した、所謂立体駐車場が種々使用される
に至った。
【0003】この立体駐車場にあっては、ことに市街地
では面積効率の点から、これまでに、車両自ら走行する
自走平面を必要としない、入出庫から各駐車フロアにお
ける車両の移動までを完全自動化した機械式駐車場が提
案されている。
【0004】この機械式駐車場は、図8に示すように、
複数の積層された駐車フロアf1,f2,…,fnと、
これら各駐車フロアを昇降して車両を所定の駐車フロア
まで移動するとともに、搬入出コンベヤ84,84が設
けられ車両を側方へ平行移動させる床板83が備えられ
たエレベーター82と、各駐車フロアf1,f2,…,
fnにあって、このエレベーター82の出入口82aま
で車両を移動させ、かつ送りコンベヤ85,85によっ
て前記エレベーター82へ車両を積み降ろしする移動台
車86と、車両を側方へ移動する送りコンベヤ87,8
7が設けられた多数の駐車スペース88,88とから主
に構成されたものである。
【0005】このような機械式駐車場では、予め設定さ
れたプログラムに基づいて、上記エレベーター82、移
動台車86、および各駐車スペース88,88の送りコ
ンベヤ87,87とを作動させて、例えば地上に設置さ
れた入出庫口90から搬入された車両を、所望の駐車フ
ロアの駐車位置に入庫し、また所望の車両を出庫するこ
とができるようになっている。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】ところで、このような
機械式駐車場では、入出庫に際して、車両の向きをター
ンテーブル91等により所定の方向に変えてエレベータ
ー90に搭載する必要があり、また、エレベーター90
には通常1台づつ搭載するので、一時に多くの車両を入
庫しようとすると、入出庫口90付近にて車両を待機さ
せておかなければならず、混乱を来たすことがあった。
さらに出庫時には、入出庫口90近傍の混乱を避けるた
め、利用者が出庫された車両を即座に移動できるように
待機しているところへ出庫するようにしていたり、エレ
ベーター90により入出庫口90まで運ばれた車両を後
退させてエレベーター90から搬出しなければならない
という手間もあった。
【0007】他方、都市近郊など比較的広面積の駐車面
積が確保でき、かつ大量の車両を保管する場合、利用者
が自ら車両を駐車スペースまで走行させて入出庫をおこ
なう、所謂自走式の駐車場では、係る駐車スペースから
目的地までが遠距離となって利便性に欠けるといった問
題があった。また、このような近郊地域に上記機械式駐
車場を設けると、面積効率は向上されるものの、エレベ
ーターによる搬出,搬入手段のみでは一時的に大量の入
出庫に対応することが難しく、かつ、保管台数の少ない
ときには、設備の稼働効率が低下するという問題があっ
た。
【0008】本発明は、上記実情に鑑みてなされたもの
であり、その第一の目的は、入出庫が容易であって、か
つ入出庫を効率的におこなうことのできる駐車場を提供
することにあり、また、その第二の目的は、駐車面積が
比較的広面積の場合に、利用者の便宜を図ることがで
き、さらに保管台数に適応させて稼働させることのでき
る駐車場を提供することにある。
【0009】
【課題を解決するための手段】上記第一の課題を解決す
るために、本発明の駐車場では、複数の駐車フロアに車
両を立体的に保管する駐車場であって、前記複数の駐車
フロアに向けて車両を昇降させるべく車両を所定方向に
向けて搭載するとともに、車両をその側方へ平行移動さ
せる搬入出コンベヤが設けられたエレベーターと、この
エレベーターへ車両の積み降ろしをおこなうべく前記複
数の駐車フロアの各フロアに前記搬入出コンベヤの搬送
方向に対向して設けられた出入口とが備えられ、前記複
数の駐車フロアのうち少なくとも一の駐車フロアには、
前記出入口が前記エレベーターを挟んで対向して一対に
設けられ、かつこれら対向する出入口には、それぞれに
前記搬入出コンベヤの搬送方向の延長方向に車両を移動
する移動コンベヤが配設された貯留領域が形成されてい
ることを特徴とする。
【0010】また、駐車場の立地条件を勘案して、本発
明の駐車場は、複数の駐車フロアに車両を立体的に保管
する駐車場であって、前記複数の駐車フロアに車両を昇
降させるべく車両を所定方向に向けて搭載するととも
に、車両をその側方へ平行移動させる搬入出コンベヤが
それぞれに備えられた少なくとも一対のエレベーター
と、これら各エレベーターへ車両の積み降ろしをおこな
うべく前記複数の駐車フロアの各フロアに前記搬入出コ
ンベヤの各々の搬送方向に対向して設けられた少なくと
も一対の出入口とが備えられ、前記複数の駐車フロアの
うち少なくとも一の駐車フロアの前記各出入口には、前
記搬入出コンベヤの搬送方向の延長方向に車両を移動す
る移動コンベヤが配設された貯留領域がそれぞれに形成
されているものであってもよい。
【0011】さらに上記第二の課題を解決するために、
本発明の駐車場では、上記各駐車場にあって、上記複数
の駐車フロアは、自走式駐車フロアと機械式駐車フロア
とを含み、かつ前記自走式駐車フロアには、上記貯留領
域が形成されていることを特徴とする。
【0012】
【作用】本発明によれば、車両を入庫するときには、エ
レベーターを挟んで対向して一対に出入口が設けられ、
これら出入口のそれぞれに形成された一対の貯留領域の
一方に車両を停車すると、この貯留領域には移動コンベ
ヤが配設されているから、これらを作動させて車両をそ
の側方へ平行移動させエレベーターの一方の出入口まで
搬送する。すると、エレベーターには、出入口に対向し
て搬入出コンベヤが設けられているので、この搬入出コ
ンベヤを作動させることにより、搬送された車両がエレ
ベーター内に搭載され、これにより車両を所望の駐車フ
ロアに入庫することができる。そして、入庫した車両を
出庫するときには、上述の運転操作とは逆の操作によ
り、再びエレベーターによって一の駐車フロアまで持ち
上げ、エレベーターの他方の出入口に形成された他方の
貯留領域に搬出する。このように、エレベーターの出入
口が一対に設けられ、かつそれぞれに貯留領域が形成さ
れているので、入出庫される車両の流れが一時的に緩衝
される。
【0013】また、本発明の第2の構成によれば、車両
をその側方へ平行移動させる搬入出コンベヤが備えられ
たエレベーターが少なくとも一対備えられ、かつそれら
の出入口にはそれぞれに、前記搬入出コンベヤの搬送方
向の延長方向に車両を移動する移動コンベヤが配設され
た貯留領域が形成されているから、入庫に際しては一方
のエレベーターを、また出庫に際しては他方のエレベー
ターを用いると、それぞれの貯留領域にて車両の流れが
一時的に緩衝される。
【0014】さらに、第3の構成によれば、上記複数の
駐車フロアは自走式駐車フロアと機械式駐車フロアとを
含み、かつ前記自走式駐車フロアには上記貯留領域が形
成され、保管すべき車両を自走式駐車フロアを起点に入
出庫するから、利用上の便宜が図られ、また、自走式駐
車フロアを使用した後、入庫状況に応じて機械式駐車フ
ロアを稼働させることにより不要な設備の稼働が規制さ
れる。
【0015】
【実施例】以下、本発明に係る駐車場の実施例を図1な
いし図7に基づいて説明する。
【0016】本駐車場の第1の実施例が図1に示されて
おり、符号F1,F2,…,Fnで示されるように、複
数の駐車フロアが積層状態に備えられ、車両を立体的に
保管するようになっている。また、これら各駐車フロア
F1,F2,…,Fnに向けて保管すべき車両Cを昇降
させるべく、各駐車フロアF1,F2,…,Fnに通じ
るエレベーター11Aが設けられている。
【0017】上記エレベーター11Aは、図2に示され
るように、その床板13に、車両Cをその側方へ平行移
動させる搬入出コンベヤ14,14が設けられている。
この搬入出コンベヤ14,14は、図3に示されるよう
に、スプロケット14a,14bと、これらに巻回され
た駆動ベルト14cとからなるスラットコンベヤで、床
板13に車両Cを搭載したときに、車両Cの前輪と後輪
とに対応する位置に各々平行に設けられ、同期して回動
するようになっている。そして、この床板13には、車
両Cをその前後方向を床板13の長手方向に向けて搭載
し、積み降ろしをおこなうときには、上記搬入出コンベ
ヤ14,14を回動させて車両Cをその側方へ移動させ
るものである。
【0018】また、図1および図2に示されるように、
上記複数の駐車フロアF1,F2,…,Fnの各フロア
には、このエレベーター11Aへ車両Cの積み降ろしを
おこなうため、エレベーター11Aの搬入出コンベヤ1
4,14の搬送方向に対向して搭載口12が設けられて
いる。そして前記複数の駐車フロアF1,F2,…,F
nのうち、少なくとも一の駐車フロア(図では駐車フロ
アF1)には、上記搭載口12について、出入口12
a,12bが前記エレベーターを挟んで対向して一対に
設けられている。すなわち、このような一の搭載口12
に対して、対向する一対の出入口12a,12bが設け
られていることにより、エレベーター11Aの床板13
に備えられた搬入出コンベヤ14,14の作動方向によ
って、双方の出入口12a,12bから車両Cの積み降
ろしをおこなうことができるようになっている。
【0019】さらに、これら対向する出入口12a,1
2bには、それぞれに、前記搬入出コンベヤ14,14
の搬送方向の延長方向に車両Cを移動する移動コンベヤ
15,15が配設された貯留領域16aおよび貯留領域
16bが形成されている。この貯留領域16a,16b
は、入庫する車両Cもしくは出庫する車両Cを一時的に
駐車しておくための、緩衝領域として設けられるもので
あり、これにより入出庫すべき車両Cが一時的に多くと
も、利用者を待機させることなく整然と順次入出庫でき
るようになっている。
【0020】また、これらの貯留領域16a,16b
は、それぞれ車両Cが1台づつ配置される複数の貯留ス
ペース17a,17a,…、17b,17b,…が形成
されており、入庫に際しては車両Cをこれら貯留スペー
ス17a,17a,…、17b,17b,…に出入口1
2a,12bに対して平行に停車させ、また、エレベー
ター12から出庫されるときには、前記同様に平行な状
態で搬出されるようになっている。そのため、貯留スペ
ース17a,17b,に各々に備えられた上記移動コン
ベヤ15,15もまた、上記搬入出コンベヤ14と同様
に図3に示されるようなスラットコンベヤにより形成さ
れている。
【0021】このようにエレベーター11Aの搭載口1
2の一対の出入口12a,12b、および貯留領域16
a,16bは、各駐車フロアのうち、自走式駐車フロア
である、図1における駐車フロアF1に設けられてい
る。そして、上記貯留領域16a,16bの周囲には、
搬入する車両Cもしくは搬出された車両Cが通行する通
路18が形成されている。この自走式の駐車フロアF1
は、利用者が自ら車両Cを移動させて通常の平地状に形
成された駐車スペース20,20に駐車しても、あるい
は上記エレベーター11Aによって、図では下方の階層
である機械式の駐車フロアF2,…,Fnに搬入しても
よい。
【0022】上記機械式駐車フロアF2,…,Fnは、
図4および図5に示されるように、保管すべき車両Cの
1台分に相当する駐車スペース21,21が多数配列さ
れ、例えば中央部に上述のエレベーター11Aが配置さ
れている。この場合、エレベーター11Aの出入口は搭
載される車両Cの双方の側方に位置するように設けら
れ、これら出入口と平行に走行する一対の移動台車2
2,22が配設されている。さらに、各駐車フロアF
2,…,Fnの上記エレベーター11Aに搭載された車
両の前後方向には、各駐車スペース21に保管した車両
の配列順序を入れ替え、所望の車両Cをエレベーターに
搭載するための入れ替えスペース25a,25b,…,
25e(図では5箇所)が設けられている。
【0023】また、これら各駐車スペース21,移動台
車25,入れ替えスペース25a,25b,…,25e
には、図3に示される搬入出コンベヤ14と同様の送り
コンベヤ23,24,27がそれぞれに備えられてお
り、車両Cをその両側方へ平行移動させるようになって
いる。尚、本駐車場の運転操作にあっては、図示しない
が、予め設定されたプログラムに基づいて、貯留領域1
6a,16bにおける各貯留スペース17a,17b、
エレベーター11A、移動台車25、ならびに各駐車ス
ペース21,21を作動させ、利用者の保管予定時間等
を勘案して駐車位置を決定して車両Cを入庫し、また、
利用者の出庫情報などに基づいて所定時間に所定の車両
Cを出庫することができるようになっている。
【0024】このように構成された本駐車場に車両Cを
搬入,搬出するときには、まず利用者が駐車フロアF1
まで乗り入れ、例えば一方の貯留領域16aの貯留スペ
ース17a,17a,…,にエレベーター11Aに近い
ところから順に停車する。このとき、貯留領域16aの
周りには通路18が形成されているので、入庫させる車
両Cは各貯留スペース17a,17a,…,に前進して
停車させるだけでよい。
【0025】すると、貯留領域16aの貯留スペース1
7a,17a,…,には、それぞれに移動コンベヤ1
5,15が設けられているから、これらを作動させて車
両Cをその側方へ平行移動させてエレベーター11Aに
設けられた搭載口12の出入口12aまで搬送する。す
ると、エレベーター11Aの床板13には、搬入出コン
ベヤ14,14が備えられているので、これら搬入出コ
ンベヤ14,14を作動させることにより、搬送された
車両Cをエレベーター11Aに搭載することができる。
【0026】次に、保管すべき車両Cをエレベーター1
1Aによって所望の駐車フロア、例えば図1に示される
Fnまで降ろすと、この駐車フロアFnは、図4,図5
に示されるように、このエレベーター11Aの出入口に
平行に走行する移動台車25が配設され、かつこの移動
台車22にもまた、送りコンベヤ24,24が備えられ
ているから、エレベーター11Aの搬入出コンベヤ1
4,14、ならびに前記送りコンベヤ24,24を作動
させて、車両Cを移動台車22に載せ変える。そして、
この移動台車22を矢印Xの方向へ走行させて、多数配
列された駐車スペース21,21の中の所望の列まで搬
送する。
【0027】するとまた、これら駐車スペース21,2
1には、送りコンベヤ23,23が各々に設けられてい
るから、これらの送りコンベヤ23,23および移動台
車22の送りコンベヤ24,24を作動させて、移動台
車22から所定の列の端部に位置する駐車スペース21
に載せ変えることができる。そして、これら駐車スペー
ス21,21の各送りコンベヤ23,23によって、保
管位置である所定の駐車スペース21まで車両Cを平行
移動させる。
【0028】次いで車両Cを出庫するときに、もし、搬
出すべき車両が多数配列された駐車スペース21,21
の内方にある場合、この駐車フロアFnには、図4,図
5に示されるように、エレベーター11Aに搭載する車
両の前後方向に、送りコンベヤ27,27が備えられた
入れ替えスペース25a,25b,…,25eが設けら
れているから、移動台車22に対して出庫すべき車両C
の手前にある車両C,Cを、一旦この移動台車22に載
せ、入れ替えスペース25a,25b,…,25eに一
時的に移動させる。これにより、保管した車両の配列順
序を入れ替え、所望の車両Cをエレベーターに搭載する
ために他の駐車スペース21,21上を平行移動させ
て、移動台車22に取り出すことができる。
【0029】このように、所望の駐車スペース21に保
管した車両Cを出庫するときには、上述の運転操作とは
逆の操作により、再びエレベーター11Aによって駐車
フロアF1まで搬出することができる。エレベーター1
1の搭載口12まで搬送された車両は、搭載口12には
入庫したときとは反対側に、このエレベーター11Aを
挟んで上述の出入口12aに対向する出入口12bが設
けられ、かつこの出入口12bには移動コンベヤ15,
15が配設された貯留領域16bが形成されているか
ら、この貯留領域16bに車両Cを搬出する。
【0030】すると、この貯留領域16bは、また、複
数の貯留スペース17b,17b,…,から形成されて
いるので、出庫されてくる複数の車両C,Cを順次平行
移動させるとともに、一時的に停車させておくことがで
きる。すなわち、利用者からの出庫情報に基づいて順次
貯留領域16bに所望の車両Cを搬出しておくことがで
き、利用者の便宜が図れれると同時に、エレベーター1
1Aの出入口12b近傍での混乱を避けることができる
のである。さらに、上記貯留領域16bの周囲には、通
路18が形成されているので、出入口16bからこの貯
留領域16bに平行移動された車両Cを走行させて駐車
場から出るときには、車両Cを後退操作することなく前
進操作のみで移動させることができ、簡便であるうえ安
全性も高い。
【0031】本駐車場はこのように、少なくとも一の駐
車フロアF1に、エレベーター11Aの出入口12a,
12bが前記エレベーター11Aを挟んで対向して一対
に設けられ、かつこれら対向する出入口12a,12b
には、それぞれに、エレベーター11Aの床板13に設
けられた搬入出コンベヤ14,14の搬送方向の延長方
向に車両Cを移動する移動コンベヤ15,15が配設さ
れた貯留領域16a,16bが形成されているので、車
両Cの入出庫を容易にかつ効率的におこなうことができ
るのである。
【0032】また、上述の実施例に含まれるように、本
駐車場に駐車フロアの平面上を通行可能な自走式駐車フ
ロアF1と、駐車フロアの平面上にて車両を強制的に移
送する機械式駐車フロアF2,…,Fnとが備えられ、
かつ自走式駐車フロアF1に、上記貯留領域16a,1
6bが形成されていると、まず利用者が自ら車両Cを移
動させて通常の駐車スペース20,20にて車両Cを保
管することができ、また、この駐車スペース20,20
全てに車両C,Cが入庫されたときには、随時下方の機
械式駐車フロアF2,…,Fnに車両Cを保管してゆく
ことにより、保管台数の少ないときにも設備全てを稼働
させる必要がなく、稼働効率の低下に対処することがで
きる。そして、さらには、利用者は常に上記自走式駐車
フロアF1を起点に車両Cを入出庫するので、車両Cを
離れたときに目的地までの便宜が図られる。
【0033】さらに、、このように自走式駐車フロアF
1と機械式駐車フロアF2,…,Fnを備えた本駐車場
にあっては、とくに都市近郊などの大量の車両を保管す
る必要のあるところにおいては、これら自走式駐車フロ
アF1と機械式駐車フロアF2,…,Fnとを併用する
ことにより、自走式フロアF1にて一時的な入出庫量の
増加を緩衝できるので、エレベーターによる搬出,搬入
手段のみを備えた機械式駐車場に比べ、入出庫時の搭載
口12における混乱を避けることもできる。
【0034】上述の実施例では、各駐車フロアに車両を
搬送するエレベーター11Aにおける搭載口12に、対
向する一対の出入口12a,12b、およびこれら出入
口12a,12bに付随して各々に貯留領域16a,1
6bが形成されたものであったが、これに替えて、図6
および図7に示されるような構成であってもよい。
【0035】この第2の実施例では、少なくとも一対の
エレベーター11C,11Dと、これら各エレベーター
11C,11Dへ車両の積み降ろしをおこなうべく複数
の駐車フロアF1,F2,…,Fnの各フロアにそれぞ
れ、エレベーター11C,11Dの床板13c,13d
に設けられた搬入出コンベヤ14c,14c、14d,
14dの各々の搬送方向に対向して出入口12c,12
dが(図では並列的に)一対に設けられている。そし
て、複数の駐車フロアF1,F2,…,Fnのうち少な
くとも一の駐車フロアF1の前記各出入口12c,12
dには、前記搬入出コンベヤ14c,14c、14d,
14dの搬送方向の延長方向に車両を移動する移動コン
ベヤ15c,15c、15d,15dが配設された貯留
領域16c,16dがそれぞれに形成されている。
【0036】これら貯留領域16c,16dは、また、
それぞれに一対の平行な移動コンベヤ15,15が備え
られた貯留スペース17c,17c,…,、および、同
様な移動コンベヤ15,15が備えられた貯留スペース
17d,17d,…,によって形成されている。尚、符
号19a,19bは、各貯留領域16c,16dの周囲
に設けられた自走式の通路であって、通路19bは共通
に使用されるようになっている。
【0037】このように少なくとも一対のエレベーター
11C,11Dが備えられ、またそれらに一方だけから
車両を積み降ろしする出入口12c,12dが設けられ
ていると、上述した当初の実施例の効果のように利用者
の便宜が図れ、かつ効率的な入出庫をおこなうことがで
きる他、立地条件等に対応させて比較的少ない面積でハ
イブリッドな駐車場を構成することができるとともに、
万一、エレベーター11C,11Dの一方が故障した場
合でも、他方にて入出庫をおこなうことにより故障対策
とすることができ、また保守管理が容易となる。
【0038】尚、上述した各実施例をでは、自走式駐車
フロアとして駐車フロアF1のみが示されているが、こ
のような自走式駐車フロアは、利用者の利便と車両の保
管台数の変動に対する緩衝的機能を勘案して設けられた
ものであり、比較的地上レベルに近いところであれば、
一の階層のみに限定されるものではなく、設置場所,保
管率等の立地条件に応じて複数の階層に形成されていて
もよい。
【0039】
【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、
以下に記載される効果を奏する。
【0040】(1)複数の駐車フロアに車両を立体的に保
管する駐車場にあって、前記複数の駐車フロアに向けて
車両を昇降させるべく車両を所定方向に向けて搭載する
とともに、車両をその側方へ平行移動させる搬入出コン
ベヤが設けられたエレベーターと、このエレベーターへ
車両の積み降ろしをおこなうべく前記複数の駐車フロア
の各フロアに前記搬入出コンベヤの搬送方向に対向して
設けられた出入口とが備えられ、さらに前記複数の駐車
フロアのうち少なくとも一の駐車フロアには、前記出入
口が前記エレベーターを挟んで対向して一対に設けら
れ、かつこれら対向する出入口には、それぞれに前記搬
入出コンベヤの搬送方向の延長方向に車両を移動する移
動コンベヤが配設された貯留領域が形成されているの
で、入出庫する車両の流れを一時的に緩衝することがで
き、入出庫が混乱なく効率的におこなうことができると
ともに、常に車両の前進操作だけで入出庫をおこなうこ
とができるので、入出庫が極めて容易かつ安全性であ
る。
【0041】(2) 複数の駐車フロアに車両を立体的に
保管する駐車場にあって、前記複数の駐車フロアに車両
を昇降させるべく車両を所定方向に向けて搭載するとと
もに、車両をその側方へ平行移動させる搬入出コンベヤ
がそれぞれに備えられた少なくとも一対のエレベーター
と、これら各エレベーターへ車両の積み降ろしをおこな
うべく前記複数の駐車フロアの各フロアに前記搬入出コ
ンベヤの各々の搬送方向に対向して設けられた少なくと
も一対の出入口とが備えられ、さらに前記複数の駐車フ
ロアのうち少なくとも一の駐車フロアの前記各出入口に
は、前記搬入出コンベヤの搬送方向の延長方向に車両を
移動する移動コンベヤが配設された貯留領域がそれぞれ
に形成されていると、上記効果に加えて、一対のエレベ
ーターの一方が故障した場合でも他方にて入出庫をおこ
なうことにより、エレベーターの故障に対処することが
できるとともに、保守管理を容易におこなうことができ
る。
【0042】(3)上記各駐車場の構成にあって、上記複
数の駐車フロアが自走式駐車フロアと機械式駐車フロア
とから構成され、かつ前記自走式駐車フロアに上記貯留
領域が形成されていると、常に所定の自走式駐車フロア
を起点に車両の入出庫をおこなうので利用者の便宜が図
れ、また、都市近郊など一時的に大量の車両を保管する
必要のあるところにおいて、係る大量の入出庫を自走式
駐車フロアにて一時的に緩衝して入出庫時における混乱
を避けることができ、かつ、保管台数の少ないときに
も、自走式駐車フロア全てに車両が入庫されたときに、
逐次機械式駐車フロアに車両を保管すれば設備全てを稼
働差せる必要がなく、機械設備の不要な稼働を防ぐこと
ができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係る駐車場の第1の実施例を示す全体
斜視図である。
【図2】エレベーターの双方の出入口に設けられた貯留
領域を示す斜視図である。
【図3】エレベーターの床板に設けられた搬入出コンベ
ヤを示す斜視図である。
【図4】機械式駐車フロアの構成を示す説明図である。
【図5】機械式駐車フロアの平面構成を示す説明図であ
る。
【図6】本発明に係る駐車場の第2の実施例を示す全体
斜視図である。
【図7】一対のエレベーターの各出入口に設けられた貯
留領域を示す斜視図である。
【図8】従来の機械式駐車場の説明図である。
【符号の説明】
11A,11C,11D エレベーター 12A,12C,12D 搭載口 12a,12b,12c,12d 出入口 13 床板 14 搬入出コンベヤ 15 移動コンベヤ 23,24,27 送りコンベヤ 16a,16b,16c,16d 貯留領域 17a,17b,17c,17d 貯留スペース 18,19a,19b 通路 20,21 駐車スペース 22 移動台車 25a,25b,25c,25d,25e,25e 置
き換えスペース F1 自走式駐車フロア F2,Fn 機械式駐車フロア C 車両

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 複数の駐車フロアに車両を立体的に保管
    する駐車場であって、 前記複数の駐車フロアに向けて車両を昇降させるべく車
    両を所定方向に向けて搭載するとともに、車両をその側
    方へ平行移動させる搬入出コンベヤが設けられたエレベ
    ーターと、 このエレベーターへ車両の積み降ろしをおこなうべく前
    記複数の駐車フロアの各フロアに前記搬入出コンベヤの
    搬送方向に対向して設けられた出入口とが備えられ、 前記複数の駐車フロアのうち少なくとも一の駐車フロア
    には、前記出入口が前記エレベーターを挟んで対向して
    一対に設けられ、 かつこれら対向する出入口には、それぞれに前記搬入出
    コンベヤの搬送方向の延長方向に車両を移動する移動コ
    ンベヤが配設された貯留領域が形成されていることを特
    徴とする駐車場。
  2. 【請求項2】 複数の駐車フロアに車両を立体的に保管
    する駐車場であって、 前記複数の駐車フロアに車両を昇降させるべく車両を所
    定方向に向けて搭載するとともに、車両をその側方へ平
    行移動させる搬入出コンベヤがそれぞれに備えられた少
    なくとも一対のエレベーターと、 これら各エレベーターへ車両の積み降ろしをおこなうべ
    く前記複数の駐車フロアの各フロアに前記搬入出コンベ
    ヤの各々の搬送方向に対向して設けられた少なくとも一
    対の出入口とが備えられ、 前記複数の駐車フロアのうち少なくとも一の駐車フロア
    の前記各出入口には、前記搬入出コンベヤの搬送方向の
    延長方向に車両を移動する移動コンベヤが配設された貯
    留領域がそれぞれに形成されていることを特徴とする駐
    車場。
  3. 【請求項3】 上記複数の駐車フロアは、自走式駐車フ
    ロアと機械式駐車フロアとを含み、かつ前記自走式駐車
    フロアには、上記貯留領域が形成されていることを特徴
    とする請求項1または2記載の駐車場。
JP26650291A 1991-10-15 1991-10-15 駐車場 Withdrawn JPH06158902A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP26650291A JPH06158902A (ja) 1991-10-15 1991-10-15 駐車場

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP26650291A JPH06158902A (ja) 1991-10-15 1991-10-15 駐車場

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH06158902A true JPH06158902A (ja) 1994-06-07

Family

ID=17431810

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP26650291A Withdrawn JPH06158902A (ja) 1991-10-15 1991-10-15 駐車場

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH06158902A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103669938A (zh) * 2013-11-28 2014-03-26 江苏启良停车设备有限公司 一种多层自动横移升降式立体车库

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103669938A (zh) * 2013-11-28 2014-03-26 江苏启良停车设备有限公司 一种多层自动横移升降式立体车库
CN103669938B (zh) * 2013-11-28 2016-08-17 江苏启良停车设备有限公司 一种多层自动横移升降式立体车库

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH06158902A (ja) 駐車場
KR0175426B1 (ko) 입체주차장
JP4282041B2 (ja) 多層駐車装置を用いた出庫方法
JP3001766B2 (ja) パレットレス型機械式立体駐車場
JPH08100540A (ja) 機械式駐車装置
JP2922081B2 (ja) 立体駐車場
JP3069716B2 (ja) 立体駐車装置における車両搬送用の台車
JP2011190610A (ja) バリアフリー対応多段式駐車装置
JP2647025B2 (ja) 立体駐車場
JP3295066B2 (ja) 多段式立体駐車装置
JP2533140Y2 (ja) 立体駐車場の入庫装置
JP6326597B2 (ja) 機械式駐車設備
JP3376520B2 (ja) 機械式駐車装置
JPH06129134A (ja) 立体駐車場における空パレット処理装置
JP2647024B2 (ja) 立体駐車場の運転方法
JP2003278396A (ja) 立体駐車場
JP2606604B2 (ja) 立体駐車場
JP3209924B2 (ja) 立体駐車設備
JP2597039Y2 (ja) 立体駐車装置
JP2643862B2 (ja) 立体駐車場
JPH066842B2 (ja) 立体駐車場
JPH10131537A (ja) 3縦列型昇降式駐車装置
JPH06221024A (ja) 機械式立体駐車場
JPH066837B2 (ja) 立体駐車場
JPH06158904A (ja) 駐車設備

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 19990107