JPH06143236A - 型枠用透水性シート及び透水性型枠 - Google Patents

型枠用透水性シート及び透水性型枠

Info

Publication number
JPH06143236A
JPH06143236A JP30375992A JP30375992A JPH06143236A JP H06143236 A JPH06143236 A JP H06143236A JP 30375992 A JP30375992 A JP 30375992A JP 30375992 A JP30375992 A JP 30375992A JP H06143236 A JPH06143236 A JP H06143236A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
water
concrete
permeable
layer
mold
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP30375992A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3228357B2 (ja
Inventor
Yoshikazu Yamaguchi
嘉一 山口
Hidemi Onoe
秀実 尾上
Toshihiro Tsukamoto
利博 塚本
Yuji Matsui
祐司 松井
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Toyobo Co Ltd
Original Assignee
Toyobo Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toyobo Co Ltd filed Critical Toyobo Co Ltd
Priority to JP30375992A priority Critical patent/JP3228357B2/ja
Publication of JPH06143236A publication Critical patent/JPH06143236A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3228357B2 publication Critical patent/JP3228357B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 型枠脱型時の剥離性が容易にしかも損傷が生
ずることもなく、さらにシート内にセメント微粒子など
による汚染、目詰まりを受けないため再使用性がよく、
且つ繰り返し使用に耐え、コンクリート表面にアバタ発
生が起こらない型枠用透水性シート及び透水性型枠を提
供する。 【構成】 高密度化され熱融着された濾過層(I)と通
気・透水層(II)とが一体化され、全体として通気量が
9cc/(cm2 ・秒)以上であり、垂直透水係数が
0.1cm/秒以上である型枠用透水性シート及び透水
性型枠。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、建築、土木工事に於い
てコンクリート打設空間を形成せしめる型枠に張りつけ
て用いられる型枠用透水性シート及び透水性型枠に関す
る。
【0002】
【従来の技術】従来の型枠を用いて構築すべき構造物の
構造を規定しその空間にコンクリートを打設して構造物
を構築する、所謂“型枠工法”に於いては、型枠内に打
設されたコンクリート内に包含される気泡はコンクリー
ト−型枠界面までは移行して来るが、外気に放出できず
その界面に移行・集中して生じる所謂“アバタ”の形成
を避けることが出来なかった。
【0003】又更に、型枠内へのコンクリートのポンプ
圧送に適したワーカビリティーを確保するために加えた
余剰水の排出の必要性も加わり特開昭52−13713
6に提案される「型枠を構成する堰板の全面に渡り小孔
を穿ち、該堰板のコンクリートと接する面にコンクリー
トに包含される空気及び水は通すが、セメント粒子など
の固形分は透過させないシートを貼り付け、気泡と余剰
水を除去しアバタ発生を防止しコンクリート強度や耐久
性を改善する工法」所謂“透水性型枠工法”を初めと
し、この方法に準じる方法や、若干の改良工夫を加えた
方法が実に多数提案され問題点解消を志して居る。
【0004】即ち、特開昭52−137136(出願
日:昭和51年5月12日)出願以降平成2年末日まで
に60余件の多数に昇る関連特許が出願されて居り、斯
かる型枠工法に於けるコンクリート構築打設時のアバタ
発生を防止し構築物の表面強度・耐久性を改善する工法
開発の必要性が如何に高いかが示されて居る。
【0005】然しながら、これら出願特許により開示さ
れる技術内容は、特開昭52−137136の開示する
技術の範囲を出ず、その性能を決定づける濾材層の機能
についても「空気と水は通すがセメントなどの粒子は通
さない」こと以外の濾材層の要求機能の規定が行われて
居るものは殆どなく、透水性型枠工法として実用化する
ために必須のコンクリート打設後の型枠離脱時の剥離性
に関する機能、折り返し使用の可否・耐久性を決定づけ
る繊維濾材層の引張り弾性率や引張り強度などを初めと
する機能についての何らの規定のないものが多い。
【0006】即ち、従来開示された方法に於いては性能
を決定する濾材層の持つべき機能について、確たる要求
機能分析が行なわれ適切な商品設計がなされたものは見
受けられず、単に「空気と水は通すがセメントなどの粒
子は通さない」レベルの濾材であれば良く、濾材の材質
特定も行なわないため、その実用化に際しては打設後の
構築物から透水性型枠シートの剥離が不能か極めて困難
で、再使用性もなく実質上不能の状況にあり根本的改善
を必要とするのが現状であった。
【0007】このため着想としては効果的な工法であっ
たが、その実用化には克服すべき基本的課題が残存して
居り実用的工法として実用化されるに至らず、このため
平成1年以降の公開公報に於いてこれら基本的課題の解
決のため、特殊織物濾材を用い剥離性と再使用性の改善
を計った考案が若干見受けられるに至った。
【0008】然しこの対策を講じた特殊織物を使用する
方法に於いても、本質的な剥離性の改善に対する有効な
方策を講じたのでなく剥離時のシート破壊抵抗の向上を
講じた域に留まるものであるため、剥離時のシート破壊
は避けられ再使用も可能となるが、引き剥しに耐える如
くなすためには極めて高強力の特殊織物が必要となり経
済的負担が大きく汎用化が阻害され、その上濾材が織物
で構成されるため打設したコンクリートが織物組織に食
い込み多大な剥離応力を必要とする欠陥は避け難く、剥
離後のコンクリート表面に織物組織状パターンが転写さ
れると云う避け難い問題点が包含される物であった。
【0009】特開昭52−137136に示された方法
は、構築すべき構造物の構造を型枠を用いて規定し、そ
の空間にコンクリートを打設しコンクリート構造物を構
築する所謂型枠工法に於いて、原理的には“アバタ”の
発生を防止し構築物表面の硬度・強度・耐久性などを向
上させるために画期的な方策を提示するものであるが、
残念ながらそれを実用化し汎用するために必須の、特に
濾材層に対する要求機能が何ら満足される如く機能分析
され規定されて居ず、実用に供することが不可能であっ
た。
【0010】即ち、特開昭52−137136の規定す
る工法を実施し目的とする効果をあげ実用化するには、
本特許公開公報に開示される如く単に「堰板のコンクリ
ートと接する面にコンクリートに包含される空気及び水
は通すが、セメント粒子などの固形分は透過させないシ
ートを貼り付けた型枠を用いて施工する方法」のみにて
は到底不可能で、型枠脱型時に打設したコンクリートが
濾材と強固に一体化し剥離する事が出来ないか、例え無
理やり困難の上剥離が行なえてもコンクリート面に食い
込んだ濾材が部分的に残り、緻密な表面硬度・強度の向
上した均質で平滑な打設コンクリート面を得る事が出来
ず、他方、濾材の方も剥離作業で損傷し二度と使用不能
となり、少なくとも濾材層を目的達成可能の機能を持た
せたものとしない限り、公開公報に示された目的と効果
を達成する事が出来ない。
【0011】そして続いて出願された多数の出願特許も
少数の特殊織物を濾材層に使用するべく規定した特許な
どを除き、特開昭52−137136に規定される方法
の模倣域を出ないか、少なくとも濾材層の機能分析がな
され、その必須条件が満たされる如く設計されたものは
なく同様に実用化不能である。
【0012】さらに、コンクリート用型枠に用いられる
吸水、排水用不織布が提案されている(特開平2−12
8802号公報)。この吸水・排水用不織布は、平滑な
表層、繊維層及び基布よりなる比較的密度の粗な中間
層、基布の裏面に出た繊維を熱処理により基布面と一体
化してなる接着面裏面との3層からなり、全体として通
気量が0.5〜2.0cc/(cm2・秒)で、垂直透
水係数が10-2〜10-4cm/秒で、かつ、表層部はセ
メントペーストの固形分を透過させない程度の小孔また
は繊維間隙を有するものである。
【0013】しかしながら、前記吸水・排水用不織布
は、通気量が低いために水分が全体として蒸発しにく
く、従ってアバタができやすく、また、垂直透水係数も
小さいために水がコンクリートの厚み方向に動きにくく
従ってコンクリート表面の強度が低くなりやすく、さら
にコンクリートの根本の方にセメントがかたよりやすい
ためコンクリートの長さ方向の強度がばらつくという欠
点を有すると考えられる。
【0014】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、これら基本
的課題を解消し、コンクリート打設時にコンクリート内
に包含される空気と余剰水を系外に排出し“アバタ”発
生を防止し、表面が平滑・緻密で表面硬度・強度も高い
本来の目的とするコンクリート構築物を形成する事が出
来ると共に、該型枠脱型時に容易に剥離作業が行なえる
型枠用透水性シート及び透水性型枠を提供することを課
題とするものである。
【0015】
【課題を解決するための手段】本発明は、かかる課題を
解決するために、次の手段をとるものである。すなわ
ち、本発明は、型枠によりコンクリート打設空間を形成
し、該空間にコンクリートを打設して構造物を構築する
型枠に用いられる透水性シートであって、打設コンクリ
ート内に包含される空気及び余剰水を透過し、セメント
や砂などの微粒子の透過、侵入を許さない高密度化され
熱融着された不織布よりなる濾過層(I)と、該濾過層
(I)を透過してくる空気及び余剰水などを系外に排出
する不織布からなる通気・透水層(II)とが一体化さ
れ、全体として通気量が9cc/(cm2 ・秒)以上で
あり、垂直透水係数が0.1cm/秒以上であることを
特徴とする型枠用透水性シートを手段とするものである
(請求項1)。
【0016】また、本発明は、濾過層(I)と通気・透
水層(II)とがニードルパンチングされ又は水流交絡処
理されて一体化され、濾過層(I)はその構成繊維の交
点が熱融着されて0.15g/cm3 以上に高密度化さ
れている請求項1に記載の型枠用透水性シートを手段と
するものである(請求項2)。
【0017】さらに、本発明は、濾過層(I)及び通気
・透水層(II)が目付50〜300g/m2 の不織布か
らなる請求項1又は請求項2に記載の型枠用透水性シー
トをその手段とするものである(請求項3)。
【0018】また、本発明は、型枠によりコンクリート
打設空間を形成せしめ、該空間にコンクリートを打設し
構造物を構築する型枠に於いて、型枠堰板のコンクリー
ト打設面側表面に、請求項1、2又は3に記載の型枠用
透水性シートを貼り付けてなる透水性型枠を手段とする
ものである(請求項4)。
【0019】さらに、本発明は、型枠によりコンクリー
ト打設空間を形成せしめ、該空間にコンクリートを打設
し構造物を構築する型枠において、請求項1、2又は3
に記載の型枠用透水性シートが、濾過層(I)を打設コ
ンクリート側に、通気・透水層(II)を型枠の堰板側に
して、該堰板に密着固定されてなる透水性型枠を手段と
するものである(請求項5)。
【0020】また、本発明は、請求項1、2又は3に記
載の型枠用透水性シートの通気・透水層(II)にホット
メルト接着剤層を介して堰板上に熱圧着し一体化してな
る透水性型枠を手段とするものである(請求項6)。
【0021】以下に本発明を詳細に説明する。本発明の
型枠用透水性シートは、打設コンクリート内に包含され
る空気及び余剰水を透過し、セメントや砂などの微粒子
の透過、侵入を許さない高密度化された不織布よりなる
濾過層(I)と、該濾過層(I)を透過してくる空気及
び余剰水などを系外に排出する不織布からなる通気・透
水層(II)とが一体化されてなるものである。一体化さ
せるのは、両者の層間剥離抵抗を向上させ、ひいては剥
離の際に型枠用透水性シートの損傷を防止するためであ
る。一体化の手段としては、ニードルパンチング、又は
水流交絡が挙げられる。
【0022】また、濾過層(I)の表面すなわち打設コ
ンクリートに面する側は、高密度化されて、通気量が所
定の値をとらなければならない。これは、表面密度を高
くし且つポアーサイズを小さくして、打設コンクリート
の侵入による剥離性低下を防止し、表面平滑性を確保す
るためである。
【0023】濾過層(I)の密度は、0.15g/cm
3 以上が好ましく、さらに0.15〜0.7g/cm3
が好ましく、特に0.2〜0.5g/cm3 が好まし
い。ここにいう密度は、濾過層(I)の見掛け密度をい
う。密度が0.15g/cm3未満になるとアバタがで
きやすく、好ましくない。
【0024】ポアサイズもアバタの発生を防止するため
に、通気量を9cc/cm2 ・秒)以上、好ましくは1
0(cc/cm2 ・秒)以上、さらに好ましくは10〜
50cc/(cm2 ・秒)にする。9cc/(cm2
秒)未満になると、水分が全体として蒸発しにくく従っ
てアバタができやすくなるので好ましくない。
【0025】前記濾過層(I)の表面は、完全なフイル
ム状でない方が好ましい。濾過層を構成する不織布の構
成繊維がその交点で熱融着されていることが好ましく、
剥離時に透水性シート内で剥離現象が生じないようにす
るためである。
【0026】次に、垂直透水係数は0.1cm/秒以
上、好ましくは0.1〜1.0cm/秒、さらに0.1
〜0.7cm/秒が好ましい。0.1cm/秒未満にな
ると水分が厚み方向に動きにくく、そのためコンクリー
ト表面の強度が低くなりやすく、また、コンクリートの
長手方向の強度のバラツキが生じやすくなるので好まし
くない。逆に、垂直透水係数が大きすぎると、コンクリ
ートの表層硬度、表層強度、表層密度の向上が十分に行
なわれないことにつながり、好ましくない。
【0027】濾過層(I)の構成繊維は、その交点で熱
融着していることが好ましいが、具体的には不織布にし
てカレンダー加工処理することによって行なわれる。
【0028】濾過層(I)を構成する不織布は、繊維形
成性合成高分子化合物と、融点がそれより20℃以上低
い熱融着可能な繊維形成性合成高分子化合物との複合繊
維、例えば鞘芯又はサイドバイサイド型複合繊維があげ
られ、鞘芯の比は1/9〜4/6が好ましく、鞘はポリ
エチレン又はポリプロピレンなどのポリオレフィン、芯
はポリプロピレン、ポリアミド、ポリエステルなどの合
成繊維が好ましい。
【0029】なお、前記複合繊維のかわりに合成繊維
と、それより融点が20℃以上低い熱融着が可能な合成
繊維との、混合比率が9/1〜5/5の混繊不織布であ
っても良い。また、複合繊維の短繊維と通常の短繊維と
を2/10〜8/10:8/10〜2/10の割合で混
繊してウエブとなしても良く、また、合成繊維と、これ
より融点が20℃以上低い熱融着性繊維とを2/8〜8
/2の割合で混繊してウエブにしても良い。
【0030】もっとも、いずれの不織布の場合であって
も、目付は50〜300g/m2 が好ましい。50g/
2 未満になると剥離時の引裂きによる損傷が発生し、
再使用に支障が生じやすく、他方、300g/m2 をこ
えると、濾過量が極度に低下しコンクリートの硬化を遅
らせることとなり好ましくない。
【0031】また、通気・透水層(II)は、濾過層
(I)を透過してくる空気、余剰水などを系外に排出す
るものであるが、同時に透水性シートの再使用にも影響
するものであり、好ましくは長繊維不織布からなるもの
が、シート再使用性の向上のほかにコスト的に優れると
いう理由から良い。なお、通気・透水層(II)の不織布
の目付は50〜300g/m2 が好ましい。50g/m
2 未満になるとシート強力不足による破れ、裂けが施工
時に発生することとなり好ましくない。他方、300g
/m2 をこえると通気量が10cc/cm2 ・秒未満と
なり、コンクリートの硬化遅れから好ましくない。
【0032】前記濾過層(I)を構成する不織布は、低
融点繊維のうち少なくとも80%以上が熱融着している
ことが好ましい。アバタの発生を防止するためである。
【0033】前記濾過層(I)と通気・透水層(II)を
構成する不織布は、濾過層(I)の場合には繊維の太さ
が0.5d〜5dが好ましく、通気・透水層(II)の場
合には1d〜10dが好ましい。実用性に優れた不織布
とするためである。
【0034】
【実施例】
実施例1〜2、従来例1〜3 常法のスパンボンド法により、4dのポリエチレンテレ
フタレートよりなる目付255g/m2 、135g/m
2 の不織布を夫々製造し、180℃のエンボスカレンダ
ーロールを用い、線圧60kg/cmでプレエンボシン
グを行い通気・透水層(II)を製造した。ついで繊維長
36mm、2デニールの鞘部がポリエチレンで芯部がポ
リプロピレンよりなる鞘芯型の複合繊維を用い、常法ど
おりの不織ウエブ製造工程で目付95g/m2 のウエブ
を製造し、ついでこのウエブを前記の通気・透水層(I
I)の上に積層して、オルガン社製のニードルFPD−
1−40Sを用い、ニードリング深さ13mm、ニード
リング密度95ペネ/cm2 でニードリングし、次いで
140℃のカレンダーロールにて線圧60kg/cmで
カレンダー加工し、複合繊維よりなる濾過層(I)と通
気・透水層(II)とが一体化され、濾過層(I)はその
構成繊維がその交点で熱融着し平滑な高密度(0.35
g/cm3 )のものを得た。また、同時に通気・透水層
を形成するスパンボンド不織布も打設コンクリートの背
圧により圧縮され厚みが大きく変動しない如く圧縮し
た。
【0035】また、4dのポリエステルフィラメントか
らなる常法によるスパンボンド不織布(目付300g/
2 )を製造し、ついで表面温度220±2℃にコント
ロールされたカレンダーロールに通したもの(従来例
1)、従来例1と同じく常法により得た目付250g/
2 の不織布に95ペネ/cm2 のニードルリング密度
でニードリングしたもの(従来例2)、木枠のみのもの
(従来例3)を製造し、夫々の透水性シートの物性を表
1に示した。
【0036】
【表1】
【0037】なお、表1の測定は、下記の方法によっ
た。 目付(g/m2 ):試験片1m×1mの質量を測定す
る。 厚さ(mm):プレツサーフートの大きさが直径9mm
の測定機を用い、荷重20gf/cm2 で測定する。 引張り強さ(kg/5cm):JIS L−1096
6・12・1ストリップ法による。 伸び率(%):JIS L−1096 6・12・1ス
トリップ法による。 引裂き強さ(kg):JIS L−1096 6・15
・2シングルタング法による。 摩耗強さ(級):JIS L−1096 6・17・3
テーバ法 吸水性:JIS L−1096 6・26・1A法 通気量[cc/(cm2 ・秒)]:JIS L1096
6・27・1 剥離強さ(kg/5cm):試験片5cm×20cm
を、長さ5cmまで界面を前もって剥離後剥離片を上下
夫々定速伸長型引張試験機につかみ間隙10cmとして
取り付け、引張速度20cm±2cm/分とし完全に剥
離するまで引張りその最大値で表わす。値はn=3であ
らわした。
【0038】垂直透水係数(cm/秒):JIS A−
1218に準じた。 アバタの数(ケ/m2 ):目視によりコンクリート表面
の1cm2 以上の凹みの数を数え1m2 当りに換算す
る。 仕上面への繊維の付着(ケ/m2 ):目視によりコンク
リート表面に付着した長さ1cm以上の繊維の数を数え
2 当りに換算する。
【0039】実施例1、2のものは、コンクリートを打
設しても、アバタの発生、繊維の付着のない良好な表面
の仕上りを示した。これに反して、従来例1は通過量が
少なくコンクリートを打設すると繊維の付着は少ないも
のの、コンクリートの表面に無数のアバタ(コンクリー
ト中の空気の脱気不良によるもの)が発生し、好ましく
なかった。また、従来例2は、通気量が多くコンクリー
トを打設してもアバタが発生しないものの、短かい繊維
屑がコンクリート表面に無数に残り、好ましくなかっ
た。従来例3は、アバタの数は使用回数3回で無数であ
った。
【0040】
【発明の効果】本発明の型枠用透水性シート及び透水性
型枠は、型枠脱型時の剥離が容易に行なわれ、剥離時に
損傷が生ずることもなく、さらに余剰水透過時にシート
内がセメント微粒子などによる汚染、目詰まりを受けな
いため再使用性がよく、しかも高い引張り弾性率を有し
高強力であるため型枠脱型時にシートに歪が入り難く、
シートの浮き上りやシワ発生による再使用のための障害
要素がなく繰り返し使用に耐え、しかもコンクリート表
面にアバタの発生が起らないという顕著な効果を奏す
る。
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 松井 祐司 大阪府大阪市北区堂島浜二丁目2番8号 東洋紡績株式会社本社内

Claims (6)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 型枠によりコンクリート打設空間を形成
    し、該空間にコンクリートを打設して構造物を構築する
    型枠に用いられる透水性シートであって、打設コンクリ
    ート内に包含される空気及び余剰水を透過し、セメント
    や砂などの微粒子の透過、侵入を許さない高密度化され
    熱融着された不織布よりなる濾過層(I)と、該濾過層
    (I)を透過してくる空気及び余剰水などを系外に排出
    する不織布からなる通気・透水層(II)とが一体化さ
    れ、全体として通気量が9cc/(cm2 ・秒)以上で
    あり、垂直透水係数が0.1cm/秒以上であることを
    特徴とする型枠用透水性シート。
  2. 【請求項2】 濾過層(I)と通気・透水層(II)とが
    ニードルパンチングされ又は水流交絡処理されて一体化
    され、濾過層(I)はその構成繊維の交点で熱融着され
    て0.15g/cm3 以上に高密度化されている請求項
    1に記載の型枠用透水性シート。
  3. 【請求項3】 濾過層(I)及び通気・透水層(II)が
    目付50〜300g/m2 の不織布からなる請求項1又
    は請求項2に記載の型枠用透水性シート。
  4. 【請求項4】 型枠によりコンクリート打設空間を形成
    せしめ、該空間にコンクリートを打設し構造物を構築す
    る型枠に於いて、型枠堰板のコンクリート打設面側表面
    に、請求項1、2又は3に記載の型枠用透水性シートを
    貼り付けてなる透水性型枠。
  5. 【請求項5】 型枠によりコンクリート打設空間を形成
    せしめ、該空間にコンクリートを打設し構造物を構築す
    る型枠において、請求項1、2又は3に記載の型枠用透
    水性シートが、濾過層(I)を打設コンクリート側に、
    通気・透水層(II)を型枠の堰板側にして、該堰板に密
    着固定されてなる透水性型枠。
  6. 【請求項6】 請求項1、2又は3に記載の型枠用透水
    性シートの通気・透水層(II)をホットメルト接着剤層
    を介して堰板上に熱圧着し一体化してなる透水性型枠。
JP30375992A 1992-11-13 1992-11-13 型枠用透水性シート及び透水性型枠 Expired - Lifetime JP3228357B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP30375992A JP3228357B2 (ja) 1992-11-13 1992-11-13 型枠用透水性シート及び透水性型枠

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP30375992A JP3228357B2 (ja) 1992-11-13 1992-11-13 型枠用透水性シート及び透水性型枠

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06143236A true JPH06143236A (ja) 1994-05-24
JP3228357B2 JP3228357B2 (ja) 2001-11-12

Family

ID=17924935

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP30375992A Expired - Lifetime JP3228357B2 (ja) 1992-11-13 1992-11-13 型枠用透水性シート及び透水性型枠

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3228357B2 (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5513670B1 (ja) * 2013-11-22 2014-06-04 株式会社竹中土木 コンクリート等打設用繊維基材
JP2017166290A (ja) * 2016-03-18 2017-09-21 国立大学法人 東京大学 コンクリート部材の施工方法およびコンクリート養生型枠
JP2018059349A (ja) * 2016-10-06 2018-04-12 鹿島建設株式会社 コンクリート構造物の製造方法
JP2019157486A (ja) * 2018-03-13 2019-09-19 セーレン株式会社 型枠保護シート、コンクリート型枠構造体、及びコンクリート製建築物の製造方法
CN115093142A (zh) * 2022-08-24 2022-09-23 中国铁道科学研究院集团有限公司铁道建筑研究所 一种铁路隧道衬砌混凝土防裂功能材料及其混凝土与应用

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5513670B1 (ja) * 2013-11-22 2014-06-04 株式会社竹中土木 コンクリート等打設用繊維基材
JP2017166290A (ja) * 2016-03-18 2017-09-21 国立大学法人 東京大学 コンクリート部材の施工方法およびコンクリート養生型枠
JP2018059349A (ja) * 2016-10-06 2018-04-12 鹿島建設株式会社 コンクリート構造物の製造方法
JP2019157486A (ja) * 2018-03-13 2019-09-19 セーレン株式会社 型枠保護シート、コンクリート型枠構造体、及びコンクリート製建築物の製造方法
CN115093142A (zh) * 2022-08-24 2022-09-23 中国铁道科学研究院集团有限公司铁道建筑研究所 一种铁路隧道衬砌混凝土防裂功能材料及其混凝土与应用

Also Published As

Publication number Publication date
JP3228357B2 (ja) 2001-11-12

Similar Documents

Publication Publication Date Title
DE69730140T2 (de) Formauskleidung für beton
CA2098119C (en) Fabric useful as a concrete form liner
EP0321959A2 (en) Flexible, tear resistant composite sheet material and a method for producing the same
JPH06143236A (ja) 型枠用透水性シート及び透水性型枠
US5302099A (en) Laminated fabric useful as a concrete form liner
EP0429730B1 (en) A composite material for attachment to a concrete panel
JPH0835281A (ja) デッキプレート及びそれを用いた床施工法
US5820775A (en) Textile sheet for use as a concrete mold liner
JP2708662B2 (ja) コンクリートパネル用内張材
JP7149717B2 (ja) 型枠保護シート
JPH089913B2 (ja) 型枠貼付用シート
JP2513946B2 (ja) コンクリ―ト型枠用内張り材とコンクリ―ト型枠およびコンクリ―トの打設方法
JPH06220992A (ja) コンクリートパネル用内張材
JP2004245004A (ja) 自然分解性ドレーン用フィルターおよびドレーン
JP3681804B2 (ja) 土木用下敷きマットの製造方法
JP2653862B2 (ja) コンクリート型枠の内貼り用シート
EP2208836B1 (de) Betonschalung und Verfahren zu deren Herstellung
DE202009000393U1 (de) Betonschalung
WO2000054948A1 (de) Betonschalung
JP2017057593A (ja) トンネル用防水シート
JPH0726712A (ja) コンクリートパネル用内張材の型枠添着方法
DE19908465A1 (de) Unterspannbahn
JPH09155837A (ja) コンクリート型枠用透水性シート及びその製造方法
JPH0822534B2 (ja) コンクリート型枠用内張り材およびその展着方法
JPH10180735A (ja) コンクリート型枠

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20070907

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 7

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080907

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 7

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080907

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090907

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 8

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090907

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100907

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 9

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100907

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110907

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120907

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130907

Year of fee payment: 12

EXPY Cancellation because of completion of term
FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130907

Year of fee payment: 12