JPH06122201A - Ink jet print head and ink jet printer - Google Patents

Ink jet print head and ink jet printer

Info

Publication number
JPH06122201A
JPH06122201A JP2334893A JP2334893A JPH06122201A JP H06122201 A JPH06122201 A JP H06122201A JP 2334893 A JP2334893 A JP 2334893A JP 2334893 A JP2334893 A JP 2334893A JP H06122201 A JPH06122201 A JP H06122201A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
ink
transparent solvent
transparent
characterized
hole
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2334893A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP3136823B2 (en
Inventor
Masato Ando
Toshio Narishima
Masayuki Sato
Masao Shinya
Kaoru Tomono
正幸 佐藤
薫 友野
真人 安藤
俊夫 成島
正雄 新屋
Original Assignee
Sony Corp
ソニー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP24737992 priority Critical
Priority to JP4-247379 priority
Application filed by Sony Corp, ソニー株式会社 filed Critical Sony Corp
Priority to JP2334893A priority patent/JP3136823B2/en
Publication of JPH06122201A publication Critical patent/JPH06122201A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3136823B2 publication Critical patent/JP3136823B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41JTYPEWRITERS; SELECTIVE PRINTING MECHANISMS, e.g. INK-JET PRINTERS, THERMAL PRINTERS, i.e. MECHANISMS PRINTING OTHERWISE THAN FROM A FORME; CORRECTION OF TYPOGRAPHICAL ERRORS
    • B41J2202/00Embodiments of or processes related to ink-jet or thermal heads
    • B41J2202/01Embodiments of or processes related to ink-jet heads
    • B41J2202/21Line printing

Abstract

PURPOSE:To carry out the intermediate tone printing having the uniformity of image by a method wherein an ink ejection nozzle ejecting an ink and a transparent solvent ejection nozzle ejecting a transparent solvent are closely located and the ink and the transparent solvent are mixed outside of the nozzles. CONSTITUTION:On the starting of the printing, a pulse type do voltage is applied on opposing mesh electrodes provided on the each surface of an electric permeation membrane 16 of an ink reservoir section 5 to supply a specified amount of ink 4 from an ink supplying passage 7 to an ink ejection nozzle 13 of a mixture nozzle section 8 so that the ink is not ejected from an ink nozzle 15 to stay at an outlet with being a ball shape. Next, a specified voltage is applied on opposing electrodes 11a of an electrostrictive vibrator 11 to reduce a volume of an ink reservoir 3 by the distortion of the electrostrictive vibrator 11 so that a transparent solvent 2 is ejected from a transparent solvent nozzle 14. At that time, the ink ball is influenced by the movement of the transparent solvent 2 and they are unified with each other to form a mixture liquid which is ejected from a mixture nozzle section 8 and spouts. The pressure applied on the ink reservoir 3 is effectively transferred to the mixture nozzle section 8 without hindering a transparent solvent supply passage 6 by means of a one way valve 9 disposed therein.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は透明溶媒にインクを定量混合して吐出するインクジェットプリントヘッド及びインクジェットプリンタに関する。 The present invention relates to an ink jet print head and an ink-jet printer ejects quantified mixed ink to transparent solvent.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来の中間調記録が可能な2液混合方式のインクジェットプリントヘッドとしては、発熱体の上面で2液を混合するオンデマンド型熱インクジェットヘッドと、吐出部内で2液を混合するコンティニアス型電荷制御インクジェットヘッドなどが知られている。 The Ink jet printheads of the conventional halftone recording two-liquid mixing method that can be mixed with on-demand thermal ink jet head for mixing two liquids in the upper surface of the heating element, the two liquids in the discharge portion etc. continuous type charge control inkjet head are known.

【0003】 [0003]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記の従来のインクジェットプリントヘッドでは、いずれも不必要時に2液が混合することを防止する機能は完全ではなく、2液が混合部において常時接している。 [SUMMARY OF THE INVENTION However, in the conventional ink jet print heads of the both functions is not perfect to prevent mixing the two liquids when not needed, two liquids are in contact at all times in the mixing unit . このため、動作開始時に正確な混合割合の混合液を作成することが困難となり、それまでに混合部内で混合してしまった混合液を、ダミーとして一度吐出しなければならなかった。 For this reason, it is difficult to create a mixture of accurate mixing ratio at the start of operation, the mixture had been mixed in the mixing portion until then, it had to be once discharged as a dummy. また、両液が常時接していることで、それぞれの液が長期的な化学的、物理的反応を起こしやすく、両液の特性が変化しやすかった。 Further, since the two liquids are in contact at all times, each of the liquid long-term chemical, susceptible to physical reaction, properties of both the liquid is likely to change. この結果、印字に際して濃度制御が不安定になりやすく、印字品質が低下するという問題があった。 As a result, the concentration control tends to become unstable during printing, printing quality is lowered.

【0004】本発明はこのような状況に鑑みてなされたもので、待機時における2液の不必要な混合を防止して、動作時に画質の均一な中間調印字を実現することのできるインクジェットプリントヘッド及びインクジェットプリンタを提供することを目的とする。 [0004] The present invention has been made in view of such circumstances, ink jet printing which can be to prevent unnecessary mixing of the two liquids in a standby state, to achieve a uniform halftone printing quality during operation and to provide a head and an ink jet printer.

【0005】 [0005]

【課題を解決するための手段】請求項1に記載のインクジェットプリントヘッドは、インク4を吐出するインク吐出孔13と、透明溶媒2を吐出する透明溶媒吐出孔1 The printhead of claim 1 SUMMARY OF THE INVENTION includes an ink discharge hole 13 for discharging the ink 4, the transparent solvent ejection hole for ejecting the transparent solvent 2 1
2とを近接して配置し、各孔12、13からそれぞれ吐出されたインク4と透明溶媒2とを孔外で混合することを特徴とする。 Close the 2 arranged, characterized by mixing the respective ink 4 ejected and the transparent solvent 2 to the holes 12 and 13 in the hole outside.

【0006】請求項2に記載のインクジェットプリントヘッドは、インク吐出孔13と透明溶媒吐出孔12とを同軸上に配置したことを特徴とする。 [0006] The printhead of claim 2, characterized in that a the ink discharge hole 13 and the transparent solvent ejection hole 12 coaxially.

【0007】請求項3に記載のインクジェットプリントヘッドは、インク吐出孔13を透明溶媒吐出孔12内の中心に配置し、両端面を同一平面上に設けたことを特徴とする。 [0007] The printhead of claim 3, arranged ink discharge hole 13 in the center of the transparent solvent ejection hole 12, it is characterized by providing both end surfaces in the same plane.

【0008】請求項4に記載のインクジェットプリントヘッドは、インク吐出孔13を透明溶媒吐出孔12内の中心に配置し、インク吐出孔13の端面を透明溶媒吐出孔12の端面の内側に設けるとともに、透明溶媒吐出孔12の端面近傍の内周を透明溶媒2に対しぬれ性の少ない物質18で被覆したことを特徴とする。 [0008] Inkjet printing head according to claim 4 arranges the ink ejection hole 13 in the center of the transparent solvent ejection hole 12, it is provided on the inner end surface of the ink discharge hole 13 the end face of the transparent solvent ejection hole 12 of the characterized in that it is coated with the transparent solvent ejection hole 12 of the end face less material 18 to the inner peripheral wettability to the transparent solvent 2 in the vicinity.

【0009】請求項5に記載のインクジェットプリントヘッドは、インク吐出孔13の端面を透明溶媒吐出孔1 [0009] The printhead of claim 5, the ink discharge end face a transparent solvent ejection hole of holes 13 1
2の端面から突出させたことを特徴とする。 Characterized in that projecting from the end surface of 2.

【0010】請求項6に記載のインクジェットプリントヘッドは、インク吐出孔13と透明溶媒吐出孔12とを隣接して平行に配置し、両端面を同一平面上に設けたことを特徴とする。 [0010] The ink-jet printhead as claimed in claim 6, adjacent the ink discharge hole 13 and the transparent solvent ejection holes 12 are arranged in parallel, characterized in that a both end surfaces in the same plane.

【0011】請求項7に記載のインクジェットプリントヘッドは、インク吐出孔13と透明溶媒吐出孔12とを隣接して平行に配置し、両端面に段差を設けたことを特徴とする。 [0011] The printhead of claim 7, adjacent the ink discharge hole 13 and the transparent solvent ejection holes 12 are arranged in parallel, characterized in that a step on both end faces.

【0012】請求項8に記載のインクジェットプリントヘッドは、インク吐出孔13の外周に複数個の透明溶媒吐出孔12を同心状に配置したことを特徴とする。 [0012] The ink-jet printhead as claimed in claim 8, characterized in that a plurality of transparent solvent ejection hole 12 concentrically on the outer circumference of the ink discharge hole 13.

【0013】請求項9に記載のインクジェットプリントヘッドは、インク吐出孔13と透明溶媒吐出孔12とのそれぞれの先端を突き合わせ、所定の角度をなして配置したことを特徴とする。 [0013] The ink-jet printhead as claimed in claim 9, abutting the respective tips of the ink discharge hole 13 and the transparent solvent ejection holes 12, characterized by being arranged at a predetermined angle.

【0014】請求項10に記載のインクジェットプリントヘッドは、インク吐出孔13が連通するインク供給路7に、吐出されるインク量を制御するインク定量部5を設けたことを特徴とする。 [0014] The printhead of claim 10, ink discharge holes 13 to the ink supply path 7 communicating, characterized in that an ink quantifying unit 5 for controlling the amount of ink ejected.

【0015】請求項11に記載のインクジェットプリントヘッドは、インク定量部5は、電気浸透膜16を備えることを特徴とする。 The ink jet print head according to claim 11, the ink quantifying unit 5 comprising the electro-osmotic membrane 16.

【0016】請求項12に記載のインクジェットプリントヘッドは、透明溶媒吐出孔12が連通する液室3に、 The printhead of claim 12, the liquid chamber 3 to the transparent solvent ejection holes 12 are communicated,
液室内容積を変化させる電歪振動子11を設けたことを特徴とする。 Characterized in that a piezoelectric transducer 11 to alter the liquid chamber volume.

【0017】請求項13に記載のインクジェットプリントヘッドは、透明溶媒吐出孔111が連通する液室10 The printhead of claim 13, the liquid chamber transparent solvent ejection hole 111 communicates 10
9に、透明溶媒2を加熱気化する発熱素子110を設けたサイドシュータ型のインクジェットプリントヘッドであることを特徴とする。 9, characterized in that it is a side shooter type ink jet print head in which a heat generating element 110 provided for heating vaporized transparent solvent 2.

【0018】請求項14に記載のインクジェットプリントヘッドは、透明溶媒吐出孔211が連通する液室10 The printhead of claim 14, the liquid chamber transparent solvent ejection hole 211 communicates 10
9に、透明溶媒2を加熱気化する発熱素子110を設けたエッジシュータ型のインクジェットプリントヘッドであることを特徴とする。 9, characterized in that it is a printhead of an edge shooter type in which the heating element 110 provided for heating vaporized transparent solvent 2.

【0019】請求項15に記載のインクジェットプリンタは、被印刷物としてのプリント紙52を巻回して回転するドラム53の軸方向に移動可能にヘッド51を配置するとともに、ヘッド51をドラム53の回転と連動して移動させる駆動部材としての送りネジ54を設けたことを特徴とする。 The ink jet printer according to claim 15, with placing the print paper 52 movably head 51 in the axial direction of the drum 53 which is rotated by winding as the substrate, the rotation of the head 51 drum 53 It characterized in that a feed screw 54 as a driving member for moving in conjunction with each other.

【0020】請求項16に記載のインクジェットプリンタは、プリント紙52を巻回して回転するドラム53の軸方向に移動可能にヘッド51を配置するとともに、ドラム53をヘッド51の移動と連動して回転させる駆動部材としてのモータ58を設けたことを特徴とする。 The ink jet printer according to claim 16, together with arranging the movable head 51 in the axial direction of the drum 53 to rotate the printing paper 52 is wound, rotate the drum 53 in conjunction with the movement of the head 51 characterized in that a motor 58 as a driving member for.

【0021】請求項17に記載のインクジェットプリンタは、プリント紙52を巻回して回転するドラム53の軸方向に、複数個のヘッド51をライン状に配置したことを特徴とする。 The ink jet printer according to claim 17, in the axial direction of the drum 53 to rotate the printing paper 52 is wound, characterized in that a plurality of head 51 in a line.

【0022】 [0022]

【作用】請求項1乃至9に記載のインクジェットプリントヘッドにおいては、インク吐出孔13と透明溶媒吐出孔12とがそれぞれ独立して近接配置されており、動作時に孔外で両液を混合するので、ヘッドが動作していないときに両液が混合することがない。 [Action] In the ink jet print head according to claims 1 to 9, the ink has a discharge hole 13 and the transparent solvent ejection hole 12 is disposed close independently, since mixing the two liquids in Anagai during operation , it never Ryoeki to mix when the head is not operating.

【0023】請求項10及び11に記載のインクジェットプリントヘッドにおいては、インク吐出孔13が連通するインク供給路7に電気浸透膜16を備えたインク定量部5を設けたので、電気浸透膜16の両側のインク内に挿入されたメッシュ電極間に直流電圧を印加することにより、所望のインク量を定量して一方の側から他方の側へ移動させ、混合ノズル部8へ供給することができる。 [0023] In the ink jet print head according to claim 10 and 11, the ink discharge hole 13 is provided with an ink quantifying unit 5 with electrical osmosis membrane 16 to the ink supply path 7 communicating with, the electroosmotic film 16 by applying a DC voltage between both sides of the ink mesh is inserted in the electrode, and quantify the desired amount of ink is moved from one side to the other, it can be fed to the mixing nozzle section 8.

【0024】請求項12に記載のインクジェットプリントヘッドにおいては、透明溶媒吐出孔12が連通する液室3に電歪振動子11を設けたので、電歪振動子11の両面の電極11a間に所定の電圧を印加することにより、電歪振動子11が液室3の体積を減少させる方向に変位し、透明溶媒2を混合ノズル部8へ供給することができる。 [0024] In the ink jet print head according to claim 12, since the transparent solvent ejection holes 12 provided electrostrictive oscillator 11 to the liquid chamber 3 communicating, predetermined between both surfaces of the electrodes 11a of the piezoelectric transducer 11 by applying a voltage, it is possible to piezoelectric transducer 11 is displaced in the direction to reduce the volume of the liquid chamber 3, to supply the transparent solvent 2 to the mixing nozzle section 8.

【0025】請求項13及び14に記載のインクジェットプリントヘッドにおいては、透明溶媒2の液室109 [0025] In the ink jet print head according to claim 13 and 14, the transparent solvent 2 liquid chamber 109
に発熱素子110を設けたので、発熱素子110に所定の電流を流すことにより、透明溶媒2内に気泡が発生し、上記透明溶媒2を混合インク吐出孔116へ供給することができる。 Since the heat generating element 110 provided by flowing a predetermined current to the heating element 110 can be bubbles are generated in the transparent solvent 2, for supplying the transparent solvent 2 to the mixed ink discharge hole 116.

【0026】請求項15乃至17に記載のインクジェットプリンタにおいては、被印刷物としてのプリント紙5 [0026] In the inkjet printer according to claim 15 to 17, printing paper 5 as the substrate
2を巻回して回転するドラム53に対して、ヘッド51 2 with respect to the drum 53 which is rotated by winding a head 51
の送り及び配置を3種類に変更することができる。 It is possible to change the feed and placed into three types.

【0027】 [0027]

【実施例】以下、本発明のインクジェットプリントヘッド及びインクジェットプリンタの実施例を図面を参照して説明する。 EXAMPLES Hereinafter, an embodiment of an ink jet print head and ink jet printer of the present invention with reference to the drawings.

【0028】図14乃至図17に、本実施例によるインクジェットプリントヘッド51が搭載されたインクジェットプリンタの構成例を示す。 [0028] in FIGS. 14 to 17 shows a configuration example of an inkjet printer inkjet printhead 51 is mounted according to the present embodiment. 図14はドラム回転型の構成例である。 Figure 14 shows an example of the configuration of the drum rotation type. 被印刷物としてのプリント紙52はドラム53の外周に巻回され、所定位置に固定されている。 Printing paper 52 as the printing medium is wound around the outer circumference of the drum 53, it is fixed at a predetermined position.
ドラム53の外周には送りネジ54がドラム軸方向に平行に設けられており、送りネジ54にはヘッド51が螺合している。 Screw 54 feeding the outer periphery of the drum 53 is provided in parallel to the drum axis direction, the head 51 is screwed to the feed screw 54. そして、送りネジ54の回転によって、ヘッド51が軸方向に移動するようになっている。 Then, the rotation of the feed screw 54, so that the head 51 moves in the axial direction. また、 Also,
ドラム53はプーリ55、ベルト56、プーリ57を介してモータ58により回転駆動される。 Drum 53 is a pulley 55, a belt 56, is rotated by a motor 58 via a pulley 57. さらに、送りネジ54及びモータ58の回転とヘッド51の駆動とは、 Furthermore, the driving of the rotation and the head 51 of the feed screw 54 and motor 58,
駆動制御部59により印画データ及び制御信号60に基づいて駆動制御される。 It is driven and controlled on the basis of the print data and the control signals 60 by the drive control unit 59.

【0029】上記の構成において、ドラム53が回転すると、その回転に同期してヘッド51からインクが吐出され、プリント紙52上に画像が形成される。 [0029] In the above configuration, when the drum 53 rotates, ink is ejected from the head 51 in synchronism with the rotation, the image is formed on the printed paper 52. ドラム5 Drum 5
3が1回転してプリント紙52上に円周方向に1列の印刷が完了すると、送りネジ54が回転してヘッド51を1ピッチ移動させ、次の列の印刷を行う。 3 When a row of printing in the circumferential direction on the printing paper 52 by one revolution to complete, rotates the feed screw 54 the head 51 by one pitch movement, printing the next column. この場合、ドラム53と送りネジ54を同時に回転させ、印刷しながらヘッド51を徐々に移動させる方法もある。 In this case, by rotating the screw 54 and feed drum 53 at the same time, there is also a gradual process of moving the head 51 while print. マルチノズルヘッドの場合や同じ場所を何度か印字するような構成の場合はステップ送りが適するが、単ノズルやマルチノズルでも本数が少ない場合は、ドラム53と送りネジ54とを連動して同時に回転させながら、スパイラル状の印字を行う。 If or when that the same place is printed several configurations of the multi-nozzle head are suitable steps feed, if the small number have a single nozzle or multiple nozzles simultaneously in conjunction with a screw 54 and feed drum 53 while rotating, it performs spiral printing.

【0030】図15はシリアル型の構成例である。 FIG. 15 shows an example of the configuration of the serial type. この場合も図14に示すドラム回転型の場合とほぼ同様の構成であるが、プリント紙52はドラム53に巻回されておらず、軸方向に平行に設けられた紙圧着ローラ61により、ドラム53に圧着保持されている。 This case is substantially the same configuration as that of drum rotation type shown in FIG. 14, the print paper 52 is not wound drum 53 wound by the paper pressure roller 61 provided in parallel to the axial direction, the drum It is crimped held at 53. この場合はヘッド51が移動して1行の印字を行うと、ドラム53を1行分だけ回転させて次の行の印字を行う。 In this case, to print one line by moving the head 51, rotates the drum 53 by one line to print the next line. ヘッド51 Head 51
の移動は同一方向の場合と往復方向の場合とがある。 Movement and a case of a reciprocating direction as in the same direction.

【0031】図16はライン型の構成例である。 [0031] FIG. 16 shows an example of the configuration of the line type. この場合は、図15に示すシリアル型のヘッド51及び送りネジ54の代りに、多数のヘッド51がライン状に配置されたラインヘッド62が軸方向に固定して設けられている。 In this case, instead of the serial type head 51 and the feed screw 54 shown in FIG. 15, the line head 62 a number of heads 51 are arranged in a line shape is fixedly provided in the axial direction. この構成では、ラインヘッド62で1行分の印字が同時に行われ、印字が完了するとドラム53を1行分だけ回転させて次の行の印字を行う。 In this configuration, the printing of one line by the line head 62 are performed at the same time, to print the next line by rotating the printing is completed drum 53 only one row. この場合、全ラインを一括して印字したり、複数ブロックに分割したり、1 In this case, or printed in a lump all the lines, or divided into multiple blocks, 1
行おきに交互に印字する方法も考えられる。 How to print alternately in a row every other may be considered.

【0032】図17は印字及び制御系のブロック図である。 [0032] FIG. 17 is a block diagram of the printing and control system. 印字データなどの信号71は信号処理・制御回路7 Signal 71 such as print data signal processing and control circuit 7
2に入力され、回路72において印字順番に揃えられて、ドライバ73を介してヘッド74に送られる。 Is input to the 2, aligned with the print order in the circuit 72, is sent to the head 74 via a driver 73. 印字順番はヘッドや印字部の構成で異なり、また印字データの入力順番との関係もあり、必要に応じてラインバッファメモリや1画面メモリなどのメモリ75に一旦記録してから取り出す。 Print order is different in configuration of the head and the printing unit, also there is also the relationship between the input order of the print data, taken from the temporarily recorded as needed in the memory 75, such as a line buffer memory or a screen memory. ヘッド74には階調信号や吐出信号を出力する。 The head 74 outputs a tone signal or ejection signal.

【0033】なお、マルチヘッドでノズル数が非常に多い場合は、ヘッド74にICを搭載してヘッド74に接続する配線数を減らすようにする。 [0033] When the number of nozzles in a multi-head is very large, by mounting an IC on the head 74 to reduce the number of wirings connected to the head 74. また、信号処理・制御回路72には補正回路76が接続されており、γ補正、カラーの場合の色補正、各ヘッドのばらつき補正などを行う。 Further, the signal processing and control circuit 72 correction circuit 76 is connected, gamma correction, color correction for color, performing such variation correction for each head. 補正回路76には予め決められた補正データをROMマップ型式で格納しておき、外部条件、例えばノズル番号、温度、入力信号などに応じて取り出すようにするのが一般的である。 Leave stores correction data determined in advance in the correction circuit 76 by a ROM map type, external conditions, such as nozzle number, temperature, to the taken out in response to an input signal is generally used.

【0034】信号処理・制御回路72はCPUがDSP The signal processing and control circuit 72 is the CPU DSP
構成としてソフトウェアで処理することが一般的であり、処理された信号は各種制御部77に送られる。 It is processed in software as the configuration is typically processed signals are transmitted to the various control unit 77. 各種制御部77ではドラム53及び送りネジ54を回転駆動するモータの駆動、同期、ヘッドのクリーニング、プリント紙52の供給、排出などの制御を行う。 Driving motor for rotationally driving the various control unit 77 in the drum 53 and the feed screw 54, synchronization, performed head cleaning, the supply of the printing paper 52, the control of such emissions. また、信号71には、印字データ以外の操作部信号や外部制御信号が含まれることは云うまでもない。 Further, the signal 71, it is needless to say that included the operation unit signals and the external control signals other than the print data.

【0035】図1及び図2に本発明のインクジェットプリントヘッドの一実施例の構成を示す。 [0035] showing a configuration of one embodiment of an ink jet print head of the present invention in FIGS.

【0036】本実施例は、カイザー型のインクジェットプリントヘッドに適用したシングルヘッドの構成例である。 The present embodiment is a configuration example of a single-head according to the Kaiser-type inkjet printhead. 図1において、ヘッド1には透明溶媒2が充填された液室3と、インク4の定量を行うインク定量部5とが平行に設けられている。 1, the head 1 and the liquid chamber 3 is the transparent solvent 2 is filled, and the ink quantifying unit 5 for quantification of the ink 4 are provided in parallel. 液室3及びインク定量部5の一端には、それぞれ透明溶媒供給路6及びインク供給路7 At one end of the liquid chamber 3 and the ink quantifying unit 5, respectively transparent solvent supply path 6 and the ink supply path 7
が接続されており、他端はそれぞれ混合ノズル部8に接続されている。 There are connected, the other end is connected to the mixing nozzle portion 8, respectively. また、透明溶媒供給路6には一方向弁9 Further, the transparent solvent supply path 6 one-way valve 9
が設けられており、液室3の外周には振動板10を介して平板型の電歪振動子11が取り付けられている。 Is provided, on the outer periphery of the liquid chamber 3 are electrostrictive vibrator 11 of the plate type is mounted through the vibration plate 10. さらに、混合ノズル部8には液室3と外部とを連通する円筒状の透明溶媒吐出孔12と、インク定量部5と外部とを連通する管状インク吐出孔13とが同心上に設けられており、図2に示すように各吐出孔12、13の先端にそれぞれ透明溶媒ノズル14とインクノズル15とが形成されている。 Furthermore, the mixing nozzle portion 8 and the cylindrical transparent solvent ejection hole 12 that communicates the liquid chamber 3 and the outside, a tubular ink discharge holes 13 communicating the ink quantifying unit 5 and the outside is provided coaxially cage, respectively transparent solvent nozzle 14 and the ink nozzle 15 is formed at the tip of the discharge holes 12 and 13 as shown in FIG. そして、両ノズル14、15の端面は同一平面上になるように配置されている。 The end faces of both nozzles 14 and 15 are arranged so as to be on the same plane.

【0037】インク定量部5は、多孔質隔膜で形成された電気浸透膜16により2室に区画されており、一方の室5aがインク供給路7に接続し、他方の室5bがインク吐出孔13に接続している。 The ink quantifying unit 5, the electroosmotic film 16 formed of a porous membrane is partitioned into two chambers, one chamber 5a is connected to the ink supply path 7, the other chamber 5b ink discharge hole It is connected to the 13. また、電気浸透膜16の両面には図示しないメッシュ電極が設けられており、メッシュ電極間にパルス状直流電圧を印加することにより、インク4は電気浸透膜16を浸透して2室5a、5 Further, the both surfaces of the electroosmotic film 16 is provided with a mesh electrode (not shown), by applying a pulsed direct voltage between the mesh electrode, the ink 4 is 2 rooms 5a penetrates the electroosmotic film 16, 5
b間を移動する。 To move between b. インク4の移動方向及び移動量は、それぞれ電極間に印加する電圧の極性及び電流の量で正確に制御できる。 Moving direction and the moving amount of the ink 4 can be precisely controlled by the amount of polar and current of the voltage applied between the respective electrodes.

【0038】一方、電歪振動子11はジルコン酸チタン酸鉛などの電歪現象を起こす物質の両面に電極11aを接着してなっており、電極11a間に所定の電圧を印加することにより、電歪振動子11が液室3の体積が現象する方向に変位するように極性化されている。 On the other hand, electrostrictive oscillator 11 has become adhered to both surfaces electrodes 11a substances causing electrostrictive phenomena such as lead zirconate titanate, by applying a predetermined voltage between the electrodes 11a, It is polarized so electrostrictive oscillator 11 is displaced in the direction of phenomenon volume of the liquid chamber 3.

【0039】次に、上記のインクジェットプリントヘッドの動作を図3、4を参照して説明する。 Next, it will be described with reference to FIGS. 3 and 4 operation of the inkjet print head. まず、透明溶媒供給路6から透明溶媒2を供給し、液室3及び透明溶媒吐出孔12内を透明溶媒2で充満する。 First, to supply the transparent solvent 2 to the transparent solvent supply path 6, to fill the liquid chamber 3 and the transparent solvent ejection hole 12 with the transparent solvent 2. 同様にインク供給路7からインク4を供給し、インク定量部5及びインク吐出孔13内をインク4で充満する。 Similarly to supply ink 4 from the ink supply passage 7, to fill the ink quantifying unit 5 and the ink ejection hole 13 with the ink 4. このとき、それぞれの内部に空気が残らないようにする。 At this time, the inside of each so that no air remained. 図3(a) Figure 3 (a)
に混合ノズル部8内に透明溶媒2及びインク4が充満された状態を示す。 The state where the mixing nozzle portion transparent solvent 2 and the ink 4 in the 8 is filled are shown.

【0040】次に、透明溶媒2とインク4との混合タイミングになると、図4に示すステップS101において印字を開始する。 Next, at the mixing timing of the transparent solvent 2 and the ink 4, printing is started in step S101 shown in FIG. 次にステップS102において、インク定量部5を制御して、インク供給路7から供給されるインク4を混合ノズル部8のインク吐出孔13へ所望の量だけ供給する。 In step S102, by controlling the ink quantifying unit 5, and supplies a desired amount to the ink discharge hole 13 of the mixing nozzle portion 8 of the ink 4 supplied from the ink supply path 7. インクノズル15のオリフィスでは図3(b)に示すように、供給されたインク4の量だけオリフィスの外部へ押し出される。 The orifices of the ink nozzle 15 as shown in FIG. 3 (b), is pushed out by the orifice of the external volume of the ink 4 supplied. このとき押し出されたインク4は、インクノズル15から飛び出さずに、その出口で、球状4aとなって残っている。 Ink 4 was extruded at this time, not jumping out from the ink nozzles 15, at its outlet, remains become spherical 4a. この球状の状態はインク4とインクノズル15との接触角、インク4の粘度及び表面張力によって決定される。 The spherical state the contact angle between the ink 4 and the ink nozzle 15 is determined by the viscosity and surface tension of the ink 4.

【0041】次に図4に示すステップS103において、電歪振動子11の電極11a間に所定の電圧を印加すると、電歪振動子11が変位して液室3内の体積が減少し、図3(c)に示すように透明溶媒2を透明溶媒ノズル14外に吐出する。 [0041] Next, in step S103 shown in FIG. 4, when a predetermined voltage is applied between the electrodes 11a of the piezoelectric transducer 11, the volume of the liquid chamber 3 electrostrictive oscillator 11 is displaced is reduced, FIG. 3 for discharging a transparent solvent 2 to the outer transparent solvent nozzle 14 as shown in (c). このとき近接しているインクノズル15から押し出されたインク球4aと吐出過程にある透明溶媒2aとが接触し、表面張力によって両液が一体になろうとする。 In this case transparent and solvent 2a contacts in the in the ink balls 4a extruded from the ink nozzles 15 that discharge process closely, both liquid tends to become together by surface tension. この結果、図3(d)に示すようにインク球4aは透明溶媒2aの動きに引き込まれ、両者が一体となって混合液17となり、図3(e)に示すように混合液17は混合ノズル部8から吐出する。 As a result, the ink balls 4a as shown in FIG. 3 (d) is drawn into the movement of the transparent solvent 2a, both become mixed solution 17 together, a mixed solution 17 as shown in FIG. 3 (e) mixing discharged from the nozzle section 8. そして、インク4と透明溶媒4とは混合し合い、最終的には所望の濃度を持った混合液17となって飛翔し、図示しない記録紙上に付着する。 Then, mutually mix with the ink 4 and the transparent solvent 4 and eventually flies a mixture 17 having a desired concentration, it is deposited on the recording sheet (not shown).

【0042】なお、透明溶媒2を吐出するときに液室3 [0042] Incidentally, the liquid chamber 3 when ejecting the transparent solvent 2
に加わった圧力及び体積減少は、透明溶媒供給路6に設けられた一方向弁9により、供給路6に影響を与えずに効率よく混合ノズル部8に伝達される。 Applied pressure and volume reduction, the one-way valve 9 provided on the transparent solvent supply path 6, is efficiently transmitted to the mixing nozzle portion 8 without affecting the supply path 6. 電歪振動子11 Electrostrictive oscillator 11
の変位を原位置に復帰させると、透明溶媒2は透明溶媒供給路6から一方向弁9を介して液室3内に供給される。 When returning the displacement to the original position, the transparent solvent 2 is supplied from the transparent solvent supply path 6 via a one-way valve 9 to the liquid chamber 3.

【0043】次に図4に示すステップS104において、次のドット印字の有無を判断し、有る場合はステップS102に戻って上記の動作をくり返す。 [0043] Next, in step S104 shown in FIG. 4, it is determined whether the next dot printing, if there is repeated the above operation returns to step S102. 次のドット印字が無い場合は、ステップS101に戻って待機する。 If the next dot printing is not, it waits returns to step S101.

【0044】本実施例によれば、ヘッド1が印字動作を行っていないときは、インクノズル15内のインク4と透明溶媒ノズル14内の透明溶媒2とは、それぞれのノズル15、14内に留まっており、それぞれの液面は表面張力により両ノズル15、14の端より内側に入っている。 In accordance with the present embodiment, when the head 1 is not performing the printing operation, the transparent solvent 2 of the ink 4 within a transparent solvent nozzles 14 in the ink nozzles 15, in each of the nozzles 15 and 14 It remained and each of the liquid level has entered the inside of the end of the two nozzles 15 and 14 by surface tension. 従って、両液2、4が混合することはない。 Thus, both solutions 2 and 4 will not be mixed. この結果、長期的な両液2、4の接触を防止できるので、両液2、4の化学的、物理的反応を完全に防ぐことができ、印字時における濃度制御を確実に行うことができて、画質の均一な中間階調印字を実現することができる。 As a result, it is possible to prevent long-term contact of both solutions 2 and 4, the chemical of both solutions 2 and 4, a physical reaction can be completely prevented, it is possible to reliably perform density control during printing Te, it is possible to realize a uniform halftone printing quality.

【0045】図5に混合ノズル部8の変形例を示し、図6にそれぞれの透明溶媒2及びインク4の吐出動作を示す。 [0045] shows a modification of the mixing nozzle portion 8 in FIG. 5, showing respective discharge operation of the transparent solvent 2 and the ink 4 in FIG. これらの図において、図2、3に示す実施例の部分と対応する部分には同一の符号を付してあり、その説明は適宜省略する。 In these figures, parts corresponding to those of the embodiment shown in FIGS. 2 and 3 are denoted with the same reference numerals, and description thereof will be omitted as appropriate.

【0046】図5(a)に示す混合ノズル部8は、図2 The mixing nozzle section 8 shown in FIG. 5 (a), FIG. 2
に示す混合ノズル部8のインクノズル15の先端が透明溶媒ノズル14の先端より内側になるようにし、透明溶媒ノズル14先端内周のインクノズル15より外側の範囲に、透明溶媒2に対してぬれ性の少ない、接触角の大きな物質18をコーティングした。 In the range from the tip of the tip transparent solvent nozzles 14 of the ink nozzles 15 of the mixing nozzle portion 8 so as to be inside, the transparent solvent nozzle 14 distal the periphery of the ink nozzles 15 of the outer shown, wetting the transparent solvent 2 sex less, coated with large material 18 of the contact angle. 本変形例によれば、 According to this modification,
ヘッド1が印字動作を行っていないときに透明溶媒2はインクノズル15の先端より内側にあるので、透明溶媒2とインク4とが自然混合することはない。 Since the transparent solvent 2 when the head 1 is not performing the printing operation is inside from the tip of the ink nozzle 15, and the transparent solvent 2 and the ink 4 is never mixed nature.

【0047】図5(b)に示す混合ノズル部8は、図2 The mixing nozzle section 8 shown in FIG. 5 (b), FIG. 2
に示す混合ノズル部8のインクノズル15の先端を透明溶媒ノズル14の先端から突出させた例である。 The tip of the ink nozzles 15 of the mixing nozzle portion 8 shown in an example in which protruding from the tip of the transparent solvent nozzle 14.

【0048】図5(c)に示す混合ノズル部8は、インク吐出孔13と透明溶媒吐出孔12とを隣接して平行に設け、インクノズル15と透明溶媒ノズル14とのそれぞれの端面が同一平面上に位置するように構成した例である。 The mixing nozzle section 8 shown in FIG. 5 (c), provided adjacent and parallel to the ink discharge hole 13 and the transparent solvent ejection hole 12, the same respective end faces of the ink nozzle 15 and the transparent solvent nozzle 14 an example in which to be located on a plane.

【0049】図5(d)に示す混合ノズル部8は、図5 The mixing nozzle section 8 shown in FIG. 5 (d), 5
(c)に示すインクノズル15と透明溶媒ノズル14との先端を斜めに切断し、インクノズル15の先端を透明溶媒ノズル14の先端より突出させた例である。 The tip of the ink nozzle 15 and the transparent solvent nozzle 14 shown in (c) is cut obliquely, an example in which the tip is protruded from the distal end of the transparent solvent nozzle 14 of the ink nozzle 15.

【0050】図5(e)に示す混合ノズル部8は、インク吐出孔13と透明溶媒吐出孔12とを、ある角度θを持って設け、インクノズル15と透明溶媒ノズル14との先端を対向させた例である。 The mixing nozzle section 8 shown in FIG. 5 (e) an ink discharge hole 13 and the transparent solvent ejection hole 12, provided at an angle theta, opposite the tip of the ink nozzle 15 and the transparent solvent nozzle 14 it is an example that was.

【0051】図5(f)に示す混合ノズル部8は、中心にインク吐出孔13を設け、インク吐出孔13の周囲に複数個の透明溶媒吐出孔12を平行に配置し、インクノズル15と透明溶媒ノズル14の先端端面が同一平面上に位置するように構成した例である。 [0051] Figure 5 mixing nozzle portion 8 shown in (f) is an ink discharge hole 13 provided in the center, they are arranged in parallel a plurality of transparent solvent ejection holes 12 on the periphery of the ink discharge hole 13, and ink nozzles 15 tip end surface of the transparent solvent nozzle 14 is an example configured to be positioned on the same plane.

【0052】図6(a)、(b)、(c)、(d)、 [0052] FIG. 6 (a), (b), (c), (d),
(e)、(f)は、それぞれ図5(a)、(b)、 (E), (f), respectively FIG. 5 (a), (b),
(c)、(d)、(e)、(f)に示す混合ノズル部8 (C), (d), (e), the mixing nozzle 8 shown in (f)
の変形例の吐出動作を示す説明図であるが、その動作は図3に示す実施例の動作とほぼ同様であるので、説明を省略する。 It is a diagram illustrating a discharging operation of a modification of, since its operation is substantially the same as the operation of the embodiment shown in FIG. 3, the description thereof is omitted.

【0053】図5に示す各変形例によっても、図1、2 [0053] Each modification shown in FIG. 5 also FIGS
に示す実施例と同様の効果を得ることができる。 It is possible to obtain the same effect as the embodiment shown in.

【0054】図1に示す実施例では、平板型の電歪振動子11を用いたカイザー型のインクジェットプリントヘッド1について説明したが、図7に示すように電歪振動子11が液室3の外周を囲む円筒型に形成されたグールド型インクジェットプリントヘッドや、図8に示すように平板型電歪振動子11を用い液室3を2室3a、3b [0054] In the embodiment shown in FIG. 1 has been described ink jet print head 1 of Kaiser type using the electrostrictive vibrator 11 of the flat type, electrostrictive oscillator 11 as shown in FIG. 7 of the liquid chamber 3 Gould-jet printing is formed in cylindrical shape to surround the outer periphery head and the liquid chamber 3 using a flat type electrostrictive vibrator 11 as shown in FIG. 8 two chambers 3a, 3b
で構成したステメ型インクジェットプリントヘッドに応用しても同様の効果が得られる。 In the same effect can be applied to configure the Suteme ink-jet printhead can be obtained.

【0055】また上記各実施例では、透明溶媒2を吐出する手段として電歪振動子11を用いた場合について説明したが、熱インクジェット方式のインクジェットプリントのインクノズルに応用してもよい。 [0055] Also in the above embodiments has described the case of using the electrostrictive vibrator 11 as a means for ejecting the transparent solvent 2, it may be applied to the ink nozzles of an inkjet printing thermal ink jet method.

【0056】熱インクジェットプリントヘッドには、ノズルの間口方向によってエッジシュータ型熱インクジェットプリントヘッドと、サイドシュータ型熱インクジェットプリントヘッドとの2方式がある。 [0056] The thermal ink jet printhead, an edge shooter type thermal ink jet printhead by frontage direction of the nozzle, there are two methods of the side shooter type thermal ink jet printhead.

【0057】図9及び図11にそれぞれエッジシュータ型及びサイドシュータ型の熱インクジェットプリントヘッドの構成例を示す。 [0057] in FIGS. 9 and 11 shows a configuration example of a thermal ink jet printhead of the edge shooter type and the side shooter type. いずれの方式も、インク吐出についての基本的原理は全く同じである。 Either method also, the basic principle of the ink ejection is exactly the same. 図9、11において、基板21上にSiO 2などの絶縁膜22を介してヒータ23が設けられている。 In Figure 9 and 11, the heater 23 through an insulating film 22 such as SiO 2 is provided on the substrate 21. ヒータ23上には1対のA A pair is on the heater 23
l電極24、25が対向して設けられており、ヒータ2 l electrodes 24 and 25 are provided to face the heater 2
3及び電極24、25の上面は3層の保護膜26、2 3 and the upper surface of the electrode 24 and 25 protect the 3-layer film 26,2
7、28で被膜されている。 It is coated with a 7, 28. また、最上層のポリイミドで構成された保護膜28には、電極24、25が対向している位置に開口部28aが形成されており、保護膜2 Further, the protective film 28 composed of a top layer of polyimide, an opening portion 28a is formed at a position electrodes 24 and 25 are opposed, the protective film 2
8の上部にはオリフィスプレート29が設けられている。 The orifice plate 29 is provided on top of 8. そして、オレフィスプレート29に形成された液室30に、図示しないインク供給路からインク31が供給される。 Then, the liquid chamber 30 formed in my office plate 29, the ink 31 is supplied from an ink supply path (not shown).

【0058】ここで図9に示すエッジシュータ型ヘッドでは、ヒータ23に平行の方向に液室30が開口しており、図11に示すサイドシュータ型ヘッドではヒータ2 [0058] In this case the edge shooter type head shown in FIG. 9, has the liquid chamber 30 is open in a direction parallel to the heater 23, the heater 2 is the side shooter type head shown in FIG. 11
3に直角の方向に液室30が開口していて、それぞれノズル32、33を形成している。 3 to have the liquid chamber 30 in a direction perpendicular is opened to form the nozzles 32 and 33, respectively. なお、サイドシュータ型ヘッドでは保護膜は26、28の2層となっている。 Incidentally, in the side shooter type head protective film has a two-layer of 26 and 28.

【0059】上記のように構成されたエッジシュータ型熱インクジェットプリントヘッドにおいて、ヒータ23 [0059] In the structure edge shooter type thermal ink jet printhead as described above, the heater 23
に所定の電圧パルスを一定時間加えると、図10(a) Adding a certain time a predetermined voltage pulse, FIG. 10 (a)
に示すようにヒータ23の面上に核気泡41が発生する。 Nuclear bubbles 41 are generated on the surface of the heater 23 as shown in. 核気泡41は(b)に示すように合体して膜気泡4 Nuclear bubbles 41 film bubble 4 coalesce as shown in (b)
2となり、さらに(c)に示すように膜気泡42が断熱膨張により成長してバブル43となる。 2, and further the film bubble 42 as shown in (c) the bubble 43 has grown by adiabatic expansion. 次に、ヒータ2 Then, the heater 2
3に対する電圧の印加がなくなると、(d)に示すように周囲のインク31に熱を取られてバブル43は収縮し、(e)に示すようにバブル43は消滅する。 When the application of voltage is removed for 3, being taken thermal bubble 43 contracts in the ink 31 around the (d), the bubble 43 disappears as shown in (e). そして(c)、(d),(e)の過程において生じる膜沸騰現象の吐出力により、インク31はインク粒31aとなってノズル32から外部に放出される。 And (c), (d), the discharge force of the film boiling phenomenon occurring in the course of (e), the ink 31 is discharged to the outside from the nozzle 32 as ink particles 31a.

【0060】図11に示すサイドシュータ型熱インクジェットプリントヘッドにおいても、図12に示すように同様の作用によりインク粒31aの吐出が行われる。 [0060] Also in the side shooter type thermal ink jet printhead shown in FIG. 11, the ejection of ink particles 31a is performed by the same action as shown in FIG. 12. なお、図12では複数個の液室30がオリフィスプレート29に並列に設けられており、共通のインク供給路44 Incidentally, a plurality of liquid chamber 30 in FIG. 12 is provided in parallel to the orifice plate 29, the common ink supply path 44
からインク31が供給される。 Ink 31 is supplied from. また、インク供給路44 The ink supply channel 44
には各液室30を仕切るバリヤ45が設けられている。 Barrier 45 partitioning the respective liquid chambers 30 is provided.

【0061】図13は、図11に示すサイドシュータ型熱インクジェットプリントヘッドを2液混合室とした例である。 [0061] Figure 13 is an example of a two-liquid mixing chamber side shooter type thermal ink jet printhead shown in FIG. 11. すなわち、図11に示す液室30を透明溶媒供給室として透明溶媒2を充満し、オリフィスプレート2 That is, filled with the transparent solvent 2 to the liquid chamber 30 shown in FIG. 11 as a transparent solvent supply chamber, the orifice plate 2
9の上部にインク定量部5を設け、インク吐出孔13をノズル33の外周に開口させた。 An ink quantifying unit 5 provided above the 9 were opened the ink discharge hole 13 to the outer periphery of the nozzle 33. 本実施例は図5(e) This embodiment FIG 5 (e)
に示す混合ノズル部8をサイドシュータ型インクジェットプリントヘッドに応用したものである。 The mixing nozzle portion 8 shown in is an application of the side shooter type ink jet printhead.

【0062】上記各実施例では、シングルヘッドの場合について説明したが、ヘッドを複数個設けた単色マルチヘッド、インク供給室を色数に分割して多色化した多色カラーヘッド、または単色マルチヘッドを色数分だけ複数例設けた多色マルチヘッドの場合に応用しても、同様の効果が得られる。 [0062] In the above embodiments, the description has been given of the single head, multi-color heads and multi-color by dividing a single color multi-head is provided a plurality of heads, the ink supply chamber to the number of colors or monochrome multi, It is applied to the case of the head of a multi-color multi-head in which a plurality example by the number of colors, the same effect can be obtained.

【0063】次に、上述のようなサイドシュータ型熱インクジェットプリントヘッド又はエッジシュータ型熱インクジェットプリントヘッドを複数個配置することによりマルチ化したインクジェットプリンタについて説明する。 Next, an ink-jet printer that multiplexing is described by arranging a plurality of side shooter type thermal ink jet printheads or edge shooter type thermal ink jet printhead as described above.

【0064】図18乃至図20は、マルチ化されたサイドシュータ型熱インクジェットプリントヘッドの概略的な全体図、横断面図及び縦断面図である。 [0064] FIGS. 18 to 20 shows a schematic overall view of a multi-reduction has been side-shooter type thermal ink jet printhead is a cross-sectional view and a longitudinal sectional view.

【0065】サイドシュータ型熱インクジェットプリントヘッドはインク導出部1、透明溶媒吐出部2及びインク定量圧送部3より構成される。 [0065] side shooter type thermal ink jet printhead the ink outlet section 1, composed of the transparent solvent ejection part 2 and the ink quantification pumping unit 3. 上記インク定量圧送部103内の電気浸透膜113によって2つに仕切られたインク定量部112及び112'内にはインク4が満たされている。 The above ink quantifying pumping unit electroosmotic film 113 by two to partitioned ink quantification section 112 and 112 'of the 103 ink 4 is filled. 上記電気浸透膜113の表裏にはインクを透過することができるメッシュ電極114及び114' Mesh electrode 114 and 114 on the front and back of the electroosmotic film 113 can transmit ink '
が固定されている。 There has been fixed.

【0066】一方、上記透明溶媒吐出部2内では、透明溶液2が図示しない透明溶液タンクより導かれて、液室109及び共通液室109'内に満たされている。 [0066] On the other hand, within the transparent solvent ejection unit 2, a clear solution 2 is guided from the clear solution tank (not shown), filled in the liquid chamber 109 and the common liquid chamber 109 'within. また、ヒータ110が液室109の下に設けられている。 The heater 110 is provided under the liquid chamber 109.
透明溶媒吐出孔111から押し出される透明溶媒2と、 And the transparent solvent 2 is pushed out from the transparent solvent ejection holes 111,
インク吐出孔106から押し出されるインク4は、インク導出部1内の混合インク吐出孔116において混合される。 Ink 4 extruded from the ink ejection hole 106 is mixed in the mixed ink discharge hole 116 in the ink outlet portion 1.

【0067】インク4をインク定量部112及び11 [0067] Ink 4 Ink quantitation part 112 and 11
2'より定量圧送する電気浸透については、図1及び図2の実施例と同様であるため、ここでの説明は省略する。 For electro-osmosis to quantitatively pumped from 2 'is similar to the embodiment of FIGS. 1 and 2, the descriptions thereof are omitted here.

【0068】インク4の量を制御するのは、電気浸透によりメッシュ電極114'に印加する電圧パルスのパルス幅であり、インク4を押し出す電圧パルスと透明溶媒2を吐出する電圧パルスは、所定のタイミングで与えられる。 [0068] to control the amount of ink 4 is a pulse width of the voltage pulse applied to the mesh electrode 114 'by electroosmosis voltage pulse for ejecting a voltage pulse and the transparent solvent 2 to push the ink 4 is given It is given by the timing. よって、押し出されたインク4の量が多いときには吐出する前に透明溶媒2に接触する場合がある。 Therefore, when the large amount of the ink (4) pushed sometimes in contact with the transparent solvent 2 before discharge. このときにインク4が透明溶媒2に拡散して混入しないために、所定量のインク4が押し出されたら直ちに透明溶媒2と共に吐出する。 To the ink 4 in this case is not contaminated by diffuse into the transparent solvent 2, immediately discharged together with the transparent solvent 2 After a predetermined amount of the ink 4 is pushed out.

【0069】電気浸透により、インク4を押し出すための電気浸透の電圧パルスと吐出の電圧パルスとが発生するタイミングは、図22に示すようである。 [0069] The electroosmotic, the timing at which the voltage pulses generated by the discharge and the voltage pulse of electroosmosis for extruding the ink 4 is as shown in FIG. 22. 電気浸透の電圧パルス幅t eiはインク4を混合させる量に応じてt T is the voltage pulse width t ei electroosmotic depending on the amount of mixing the ink 4
e1 、t e2 、t e3のように変化させる。 e1, changing as t e2, t e3. インク4を吐出する間隔T、吐出の電圧パルスの幅t p及び電気浸透の電圧パルスが終了してから吐出の電圧パルスを発生するまでの時間t dは一定である。 Intervals for ejecting ink 4 T, the time t d to width t p and the voltage pulses of electroosmosis voltage pulse discharge generates a voltage pulse of the discharge from the end is constant. 従って、印字ドットの濃度、すなわちインク4の量は電気浸透の電圧パルスを発生させるタイミングで調節する。 Therefore, density of the printed dots, i.e. the amount of ink 4 is adjusted at the timing of generating the voltage pulses of electro-osmosis.

【0070】電気浸透の電圧パルスと実際のインク4の動きは完全には同期せず、インク4の吐出のほうが遅れる。 [0070] The actual movement of the ink 4 and the voltage pulse of electro-osmosis do not completely synchronized, late is better in the discharge of ink 4. この遅れ、すなわち応答性はヘッド及びインクの特性によって変化する。 This delay, i.e. response varies depending on the characteristics of the head and the ink. 上記時間t dの値は上記遅れの時間で決まり、遅れの時間よりも僅かに長くなるように設定する。 The value of the time t d is determined by the time of the delay is set to be slightly longer than the delay time.

【0071】吐出の電圧パルスが停止してから電気浸透の電圧パルスが発生するまでの間隔t xは電気浸透の電圧パルスが発生されるタイミングによって変化する。 [0071] interval t x from the voltage pulse of the discharge is stopped until the voltage pulse of the electroosmotic occurs varies depending on the timing of the voltage pulse of electroosmosis is generated. この間に透明溶媒2の再充填が行われるが、透明溶媒2の再充填にかかる時間はインク4の粘度や表面張力、及び混合インク吐出孔の径等に依存するため、上記間隔t x Although during this period the refilling of the transparent solvent 2 is performed, since it depends on the diameter of the viscosity and surface tension of the time required for refilling the transparent solvent 2 is ink 4, and the mixed ink discharge hole, the interval t x
は上記透明溶媒2の再充填時間よりも長くなるように設定する。 It is set to be longer than the refill time of the transparent solvent 2.

【0072】サイドシュータ型熱インクジェットプリントヘッドの透明溶媒2及びインク4の吐出動作を図21 [0072] The discharge operation of the side shooter type thermal ink jet printhead of the transparent solvent 2 and the ink 4 21
に示す。 To show. 図21の(a)は吐出待機状態であり、電気浸透によって定量されたインク4は、インク吐出孔106 (A) of FIG. 21 is a discharge standby state, the ink 4 that is quantified by electroosmosis, ink discharge holes 106
から押し出されて盛り上がった状態にある。 To be in raised state pushed out from there. 透明溶媒2 Transparent solvent 2
の表面張力と外圧とは平衡状態にあるため、透明溶媒吐出孔111でメニスカス面115を形成している。 Since the surface tension and the external pressure are in equilibrium, and forms a meniscus surface 115 by a transparent solvent ejection hole 111. 上記透明溶媒吐出孔111は混合インク吐出孔116よりも径が小さく、この近傍にはポリテトラフルオロエチレン等による撥液性処理が施されている。 The transparent solvent ejection hole 111 diameter is smaller than the mixed ink discharge hole 116, the liquid repellency treatment with polytetrafluoroethylene is applied to the vicinity. よって、上記待機状態では、透明溶媒2が毛細管現象により混合インク吐出孔116まで達することはない。 Therefore, in the standby state, the transparent solvent 2 is not able to reach the mixed ink discharge hole 116 by capillary phenomenon.

【0073】図21の(b)は、ヒータ110が加熱されてその表面温度が急激に上昇したために、透明溶媒2 [0073] (b) of FIG. 21, because its surface temperature is suddenly increased heater 110 is heated, the transparent solvent 2
とヒータ110との界面で沸騰現象が始まり、微小が気泡117が点在している状態である。 The interface at the beginning of boiling phenomenon of the heater 110, a state in which fine air bubbles 117 are dotted.

【0074】急激に加熱された透明溶媒2が瞬時に気化すると、図21の(c)に示すように、いわゆる膜沸騰現象を起こす。 [0074] Sudden heated transparent solvent 2 is vaporized instantaneously, as shown in (c) of FIG. 21, causing a so-called film boiling phenomenon. 液室109内の圧力は気泡117が成長した分だけ上昇するため、メニスカス面115での外力との平衡状態が崩れて透明溶媒吐出孔111より透明溶媒の柱が成長し始める。 Since the pressure in the liquid chamber 109 is increased by an amount corresponding to the bubble 117 is grown, an external force and pillars of transparent solvent from the transparent solvent ejection holes 111 equilibrium collapses in at the meniscus surface 115 begin to grow. よって、インク吐出孔106から押し出されていたインク4と上記成長し始めた透明溶媒2が接触合体して混合インク柱118となり、成長を続ける。 Therefore, ink ejection ink 4 that has been pushed out from the hole 106 and the grown begun transparent solvent 2 is contacted coalesce to become mixed ink column 118, continue to grow.

【0075】この後、図21の(d)に示すように気泡117が最大に成長した状態になり、気泡117の体積に相当する透明溶媒2に、定量混合されたインク4を足した体積分の混合インクが、混合インク吐出孔116より押し出される。 [0075] After this, ready to bubble 117 is grown to a maximum, as shown in (d) of FIG. 21, the transparent solvent 2 corresponding to the volume of the bubble 117, the volume fraction plus ink 4 was quantified mixed ink mixing is extruded from the mixed ink discharge hole 116. このときには上記ヒータ110には電流が流れておらず、ヒータ110の表面温度は降下しつつある。 No current flows in the heater 110 at this time, the surface temperature of the heater 110 is being lowered. 気泡117の体積は、ヒータ110への電気パルスを切るタイミングからやや遅れて最大となる。 The volume of the bubble 117 is greatest slightly delayed from the timing to turn off the electrical pulses to the heater 110.

【0076】次に、図21の(e)に示すような気泡1 [0076] Next, the bubble 1 as shown in (e) of FIG. 21
17が透明溶媒2等により冷却されて収縮を始めた状態になる。 17 is a state began being cooled contracted by the transparent solvent 2 and the like. 混合インク柱118の先端部では押し出された速度で前進し、後端部では気泡117が収縮して液室1 The tip of the mixed ink pillar 118 moves forward in the extruded speed, the liquid chamber 1 bubble 117 is contracted in the rear portion
09の内圧が減少することにより、混合インク吐出孔1 By the inner pressure of 09 is reduced, the mixed ink discharge hole 1
16から透明溶媒吐出孔111へ透明溶媒2が逆流して混合インク柱118にくびれが生じる。 16 from the backflow transparent solvent 2 to the transparent solvent ejection holes 111 constricted mixed ink column 118 occurs. インク4のほぼ全部が混合インク柱118の先端部に存在するため、後端部はほぼ透明溶媒2のみとなる。 Because substantially all of the ink 4 is present in the distal portion of the mixed ink pillar 118, a rear end portion is only the substantially transparent solvent 2. 従って、液室109 Accordingly, the liquid chamber 109
へインク4が逆流して、透明溶媒2と混合することはない。 The ink 4 flows back is never mixed with the transparent solvent 2. また、加熱されるのは透明溶媒2であり、透明溶媒は染料を含まないため、従来のインクの膜沸騰現象を混合インク滴の吐出に利用したインクジェットプリントヘッドのような、ヒータ110面での染料の熱分解による異物の付着、いわゆる焦げ付きは生じない。 Further, the transparent solvent 2 being heated, transparent solvent contains no dye, such as an inkjet print head using the discharging of the film boiling phenomenon mixed ink droplets of a conventional ink in the heater 110 plane adhesion of foreign matter due to thermal decomposition of the dye, there is no so-called scorching.

【0077】透明溶媒2に混合されたインク4の全ては飛翔する混合インク滴に含まれて液室109内に引き込まれる透明溶媒2内に残存せず、透明溶媒2が吐出される力によって押し出されたインク4と共に被印刷物まで充分に飛翔できるために、混合するインク4の量に対し、吐出する透明媒体2の量はある一定以上の量となる。 [0077] All of the ink were mixed in a transparent solvent 2 4 pushed out by the force does not remain in included in the mixed ink droplet flying liquid chamber transparent solvent in 2 drawn into the 109, the transparent solvent 2 is ejected to be sufficiently flying to the substrate together with the ink 4 which, relative to the amount of the mixed ink 4, the amount of the transparent medium 2 to be discharged is constant over a certain amount.

【0078】また、インク4が液室109内の透明媒体2に混じらず、充分に飛翔できるための混合比は、透明媒体2に対して50%以下であるが、約30%とすることが望ましい。 [0078] Further, the ink 4 is not from mixing the transparent medium 2 in the liquid chamber 109, the mixing ratio of the order to be sufficiently flying is 50% or less with respect to the transparent medium 2, to be about 30% desirable. 従って、充分な最大濃度を得るためにはインク4が充分な濃さを持っているべきであり、混合インクの印字濃度は反射濃度で2以上を得るように、インク4に染料を含有させる。 Therefore, in order to obtain a sufficient maximum density should ink 4 has sufficient strength, the printing density of the mixed ink to obtain two or more at a reflection density, it is contained dye ink 4.

【0079】上記混合インク滴の大きさは、混合されるインク4の量によって変化する。 [0079] The size of the mixed ink droplet is varied by the amount of ink 4 to be mixed. よって、印刷される画像の階調は混合インク滴の濃度と印字ドットの面積とにより制御される。 Thus, the gradation of the printed image is controlled by the concentration of the mixed ink droplet and the area of ​​the printed dots. 例えば、最大濃度のときのインク4の混合比が体積比で30%の場合、最小濃度、すなわちインク4を全く混合しないときと、最大濃度のときとの吐出される混合インク滴の体積比は7:10である。 For example, when the mixing ratio of the ink 4 at the maximum concentration of 30% by volume, the minimum concentration, namely when not mixed ink 4 at all, the volume ratio of discharged are mixed ink droplets as in the maximum density it is 7:10. また、上記混合インク滴の体積と印字ドット径はほぼ比例する。 Further, the printing dot diameter and volume of the mixed ink droplet is substantially proportional. 従って、この印字ドット径の変化を考慮して、所望の印字濃度が得られるように、混合させるインク4の量を制御する。 Therefore, in consideration of the change of the printing dot diameter, as desired printing density can be obtained, to control the amount of ink 4 to be mixed.

【0080】さらに、気泡117が収縮し、液室109 [0080] In addition, the bubble 117 is contracted, the liquid chamber 109
側のヒータ110面に透明溶媒2が接して冷却が進むと、透明溶媒吐出孔111では外圧が液室109の内圧よりも高い状態になるため、図21の(f)に示すように、メニスカス面115が液室109内に入り込んでくる。 As cooling proceeds transparent solvent 2 to the heater 110 side of the side is in contact, since the transparent solvent ejection hole 111 external pressure becomes higher than the internal pressure of the liquid chamber 109, as shown in (f) of FIG. 21, the meniscus surface 115 comes enters the liquid chamber 109.

【0081】その後、図21の(g)に示すように、透明溶媒2が毛細管現象によって再充填され、透明溶媒吐出孔111でメニスカス面115を形成する状態に戻る。 [0081] Thereafter, as shown in (g) of FIG. 21, the transparent solvent 2 is refilled by capillary action, returns to a state of forming a meniscus surface 115 by a transparent solvent ejection hole 111. このとき、気泡117は完全に消滅している。 At this time, the bubble 117 has disappeared completely.

【0082】上記インク4には電気浸透膜113に対する電気浸透性をもつものを使用する。 [0082] The above ink 4 uses those with electrical permeability to electro-osmosis membrane 113. 水系のものと非水系のものが使用可能だが、水系のものは電気分解を起こすために分解電圧(1V前後)以下に駆動電圧を設定しなければならず、これにより浸透速度がとれないため、 Since those ones and non-aqueous water system but can be used, those water systems must be set a driving voltage to below the decomposition voltage (1V so) to cause electrolysis, thereby unable penetration rate,
好ましくない。 Unfavorable.

【0083】透明溶媒2には、インクと相溶性をもつものを用いる。 [0083] The transparent solvent 2, using those with ink compatible. 例えば、上記構成のインクに対しては、クロロオクタン及びこれに湿潤剤やビヒクル剤等を加えたものが使用できる。 For example, for the ink of the above configuration, plus a wetting agent or vehicle agent chlorooctane and this can be used. 相溶性を持つものを透明溶媒に用いた場合には、インクが透明溶媒によく拡散するため、混合インク滴の濃度が均一となる。 When using those having a compatible transparent solvent, the ink is well diffused in the transparent solvent, concentration of the mixed ink droplets becomes uniform. よって、画像はドットの濃淡で階調表現されたものとなり、より高画質な画像が得られる。 Therefore, the image becomes to that gradation representation by shading of dots, higher quality images can be obtained. 但し、混合インク滴の大きさがインク混合量によって変化するため、これを考慮して階調制御を行うことが必要である。 However, since the size of the mixed ink droplet is changed by the ink mixing amounts, it is necessary to perform gradation control in consideration of this.

【0084】また、透明溶媒として水、及びこれに湿潤剤やビヒクル剤等を加えた相溶性を持たないものを用いることもできる。 [0084] It is also possible to use one without water, and the compatibility was added wetting agents and vehicles agent to as a transparent solvent. 相溶性を持たないものを透明溶媒に用いた場合には、透明溶媒中へのインクの拡散が不完全なため、透明溶媒はインクを非印刷物まで運ぶためのキャリヤとなる。 In case of using a no compatibility transparent solvent, the diffusion of the ink into the transparent solvent is incomplete, the transparent solvent is the carrier for carrying ink to the non-printed material. よって、画像はインクドットの大きさ、すなわち面積の変化によって階調表現されたものに近くなる。 Therefore, the image is close to that gradation representation by the size, i.e. the change in area of ​​the ink dots. しかし、インクは透明溶媒に混ざらないため、インクを混合インク吐出孔に押し出す際にインクが液室へ混入することは起こりにくくなる。 However, the ink for immiscible transparent solvent ink when pushing the ink in the mixed ink discharge hole is hardly occurs be incorporated into the liquid chamber.

【0085】電気浸透膜113には、例えばマイクロポーラスメンブレンフィルタを使用する。 [0085] The electroosmotic film 113, for example using a microporous membrane filter. その材質としては、ニトロセルロース、アセチルセルロース、再生セルロース等のセルロース類、ポリテトラフルオロエチレン、ポリカーボネート、ポリアミド、ポリエチレン等のプラスチック、ガラス、アルミナ等のセラミック等が使用可能であるが、使用するインクにより膨潤したり侵されたりせずにインクを電気浸透させることが必要である。 As the material, nitrocellulose, acetyl cellulose, cellulose such as regenerated cellulose, polytetrafluoroethylene, polycarbonates, polyamides, plastics such as polyethylene, glass, ceramics such as alumina can be used, the ink to be used it is necessary to electroosmotic ink without or affected swells. 例えば、電気浸透膜としてニトロセルロースを用いた場合、例えばクロロオクタンを溶媒とし、電解質としてドデシルベンゼンスルホン酸の4級アンモニウム塩を重量比で1〜5%溶解し、さらに、染料、湿潤剤、ビヒクル剤等を加えたインクを使用することができる。 For example, when using nitrocellulose as electrical osmosis membrane, for example a chloro octane as a solvent, a quaternary ammonium salt of dodecylbenzenesulfonic acid was dissolved 1-5% by weight as an electrolyte, further, dyes, wetting agents, vehicles it can be used ink or the like was added agent.

【0086】その他に、メッシュ電極114及び11 [0086] In addition, the mesh electrodes 114 and 11
4'は、インク中の物質と反応を起こさない不活性金属であることが好ましく、例えば厚さ50μm、ピッチ1 4 'is preferably an inert metal that does not cause a reaction with a substance in the ink, for example, a thickness of 50 [mu] m, pitch 1
00μmの鉄のメッシュにニッケルメッキを施した後、 After a nickel-plated iron mesh of 00μm,
白金又は金をメッキしたもの等が適する。 Such as those plated with platinum or gold is suitable. あるいは、電気浸透膜113の表裏に直接に、例えば金を蒸着し、これを電極として用いることも可能である。 Alternatively, directly to the front and back of the electroosmotic film 113, for example, gold is deposited, it is also possible to use it as the electrode.

【0087】ヘッド本体は、インクや透明溶媒に使用する溶剤に対して耐溶剤性を持つ必要があり、例えばポリエチレン、ポリプロピレン、ポリテトラフルオロエチレン等のプラスチック、ガラス、アルミナ等のセラミック材料、ステンレス、及びニッケル等の金属で構成する。 [0087] Head body must have a solvent resistance to solvents used in the ink or the transparent solvent, such as polyethylene, polypropylene, a plastic such as polytetrafluoroethylene, glass, ceramic material such as alumina, stainless steel, and a metal such as nickel.

【0088】図23乃至図25は、マルチ化されたエッジシュータ型熱インクジェットプリントヘッドの概略的な全体図、横断面図及び縦断面図である。 [0088] FIGS. 23 to 25 shows a schematic overall view of a multi-reduction edge shooter type thermal ink jet printhead is a cross-sectional view and a longitudinal sectional view.

【0089】エッジシュータ型熱インクジェットプリントヘッドもサイドシュータ型熱インクジェットプリントヘッドと同様に、インク導出部1、透明溶媒吐出部2及びインク定量圧送部3より構成される。 [0089] Similar to the edge shooter type thermal ink jet printheads also side-shooter type thermal ink jet printhead, the ink outlet section 1, composed of the transparent solvent ejection part 2 and the ink quantification pumping unit 3. 上記インク定量圧送部103内の電気浸透膜113によって2つに仕切られたインク定量部112及び112'内にはインク4 The ink in the ink quantification pumping unit electroosmotic film 113 by the ink quantifying unit 112 and 112 'in partitioned into two 103 4
が満たされている。 It has been met. 上記電気浸透膜113の表裏にはインクを透過することができるメッシュ電極114及び1 Mesh electrode 114 and 1 on the front and back of the electroosmotic film 113 can transmit ink
14'が固定されている。 14 'is fixed.

【0090】一方、上記透明溶媒吐出部2内では、透明溶液2が図示しない透明溶液タンクより透明溶媒供給路108に導かれて、液室109内に満たされている。 [0090] On the other hand, within the transparent solvent ejection unit 2, a clear solution 2 is guided to the transparent solvent supply path 108 from the clear solution tank (not shown) is filled into the liquid chamber 109. また、インク4は図示しないインクタンクよりインク供給路105に導かれて、インク定量部112及び112' The ink 4 is led to the ink supply path 105 from an ink tank (not shown), an ink quantifying unit 112 and 112 '
に送られる。 It is sent to. 液室109の下にはヒータ110が設けられている。 Heater 110 is provided under the liquid chamber 109. 透明溶媒吐出孔111から押し出される透明溶媒2と、インク吐出孔116から押し出されるインク4は、インク導出部1内の混合インク吐出孔116において混合される。 And the transparent solvent 2 is pushed out from the transparent solvent ejection hole 111, the ink 4 is pushed out from the ink ejection hole 116 is mixed in the mixed ink discharge hole 116 in the ink outlet portion 1. 上記液室109はバリア130によって分割されている。 The liquid chamber 109 is divided by the barrier 130. これにより、気泡が発生する際に隣合った液室109の干渉が防止され、上記気泡の圧力は透明溶媒吐出孔111の方向に集中する。 This prevents interference of the liquid chamber 109 Tonaria' when bubbles are generated, the pressure of the bubble are concentrated to the direction of the transparent solvent ejection hole 111. また、バリア130はヒータ110から透明溶媒吐出孔111までの距離を一定に保つスペーサとしての役割も果たす。 The barrier 130 also serves as a spacer to maintain a distance from the heater 110 to the transparent solvent ejection holes 111 at a constant.

【0091】インク4をインク定量部112及び11 [0091] Ink 4 Ink quantitation part 112 and 11
2'より定量圧送する電気浸透については、図1及び図2の実施例と同様であるため、ここでの説明は省略する。 For electro-osmosis to quantitatively pumped from 2 'is similar to the embodiment of FIGS. 1 and 2, the descriptions thereof are omitted here.

【0092】エッジシュータ型熱インクジェットプリントヘッドによるインク4の量は上述したような電気浸透により制御され、吐出される。 [0092] The amount of the ink 4 by the edge shooter type thermal ink jet printhead is controlled by electro-osmosis, as described above, is discharged. 電気浸透により、インク4を押し出すための電気浸透の電圧パルスと吐出の電圧パルスとが発生するタイミングは、図22を用いたサイドシュータ型熱インクジェットプリントヘッドの実施例と同様である。 The electroosmosis, the timing at which the voltage pulses generated by the discharge and the voltage pulse of electroosmosis for extruding the ink 4 is similar to the embodiment of the side shooter type thermal ink jet print head using FIG 22.

【0093】エッジシュータ型熱インクジェットプリントヘッドの透明溶媒2及びインク4の吐出動作を図26 [0093] edge shooter type thermal ink jet printhead ejection operation of the transparent solvent 2 and the ink 4 26
に示す。 To show. 上記吐出動作は、熱インクジェット方式のサイドシュータ型熱インクジェットプリントヘッドの透明媒体2及びインク4の吐出動作と同様であり、図26の(a)は吐出待機状態であり、電気浸透によって定量されたインク4は、インク吐出孔106から押し出されて盛り上がった状態にある。 The discharge operation is similar to the ejection operation of the thermal ink jet system of side shooter type thermal ink jet printhead of the transparent medium 2 and the ink 4, (a) in FIG. 26 is a discharge standby state, was quantified by electroosmosis ink 4 is in raised state extruded from the ink discharge hole 106.

【0094】図21の(b)は、ヒータ110が加熱されてその表面温度が急激に上昇したために、透明溶媒2 [0094] (b) of FIG. 21, because its surface temperature is suddenly increased heater 110 is heated, the transparent solvent 2
とヒータ110との界面で沸騰現象が始まり、微小が気泡117が点在している状態である。 The interface at the beginning of boiling phenomenon of the heater 110, a state in which fine air bubbles 117 are dotted.

【0095】急激に加熱された透明溶媒2が瞬時に気化すると、図21の(c)に示すように、いわゆる膜沸騰現象を起こす。 [0095] Sudden heated transparent solvent 2 is vaporized instantaneously, as shown in (c) of FIG. 21, causing a so-called film boiling phenomenon. よって、インク吐出孔106から押し出されていたインク4と上記成長し始めた透明溶媒2が接触合体して混合インク柱118となり、成長を続ける。 Therefore, ink ejection ink 4 that has been pushed out from the hole 106 and the grown begun transparent solvent 2 is contacted coalesce to become mixed ink column 118, continue to grow.

【0096】この後、図21の(d)に示すように気泡117が最大に成長した状態になり、気泡117の体積に相当する透明溶媒2に定量混合されたインク4を足した体積分の混合インクが、混合インク吐出孔116より押し出される。 [0096] After this, in FIG. 21 is ready to bubble 117 is grown to a maximum as shown in (d), the volume fraction plus ink 4 which is quantified mixed to the transparent solvent 2 corresponding to the volume of the bubble 117 mixed ink is pushed out from the mixed ink discharge hole 116.

【0097】次に、図21の(e)に示すような気泡1 [0097] Next, the bubble 1 as shown in (e) of FIG. 21
17が透明溶媒2等により冷却されて収縮を始めた状態になる。 17 is a state began being cooled contracted by the transparent solvent 2 and the like. 加熱されるのは透明溶媒2であり、透明溶媒は染料を含まないため、従来のインクの膜沸騰現象を混合インク滴の吐出に利用したインクジェットプリントヘッドのように、ヒータ110面での染料の熱分解による異物の付着、いわゆる焦げ付きが生じない。 Being heated is transparent solvent 2, a transparent solvent contains no dye, such as the ink jet print head using the discharging of the film boiling phenomenon mixed ink droplets of a conventional ink, the dye in the heater 110 plane adhesion of foreign matter due to thermal decomposition, so-called burning does not occur.

【0098】さらに、気泡117が収縮して液室109 [0098] In addition, the liquid chamber bubbles 117 is contracted 109
側のヒータ110面に透明溶媒2が接し、冷却が進むと、透明溶媒吐出孔111では外圧が液室109の内圧よりも高い状態になるため、図21の(f)に示すように、メニスカス面115が液室109内に入り込んでくる。 Side of the heater 110 side to the transparent solvent 2 is in contact with, the cooling proceeds, since the transparent solvent ejection hole 111 external pressure becomes higher than the internal pressure of the liquid chamber 109, as shown in (f) of FIG. 21, the meniscus surface 115 comes enters the liquid chamber 109.

【0099】その後、図21の(g)に示すように、透明溶媒2が毛細管現象によって再充填され、透明溶媒吐出孔111でメニスカス面115を形成する状態に戻る。 [0099] Thereafter, as shown in (g) of FIG. 21, the transparent solvent 2 is refilled by capillary action, returns to a state of forming a meniscus surface 115 by a transparent solvent ejection hole 111. このとき、気泡117は完全に消滅している。 At this time, the bubble 117 has disappeared completely.

【0100】上述したようなマルチ化したエッジシュータ型熱インクジェットプリントヘッド又はサイドシュータ型熱インクジェットプリントヘッドを備えたインクジェットプリンタの構成とその印字及び制御系の説明は、 [0100] The description of the configuration and its printing and control system of the ink jet printer having a multi of edges shooter type thermal ink jet printheads or side shooter type thermal ink jet printhead as described above,
図14乃至図17を用いて説明した内容と同様であるため、ここでの説明は省略する。 Since 14 to which the same as those described with reference to FIG. 17, description thereof will be omitted.

【0101】また、上記マルチ化されたヘッドの制御方法は、図27のブロック図で示すようになる。 [0102] The control method of the multi-reduction has been the head is as shown in the block diagram of FIG. 27. ディジタル中間調データが図17内の信号処理制御回路72によりシリアル/パラレル変換回路121に供給され、ここから各々のインク定量部ドライバ123へ送られる。 Digital halftone data is supplied to a serial / parallel conversion circuit 121 by the signal processing control circuit 72 in FIG. 17, sent from here to the respective ink quantifying unit driver 123.

【0102】印字タイミングにおいては、上記信号処理制御回路72から印字トリガが出力され、タイミング制御回路122がこれを検出し、所定のタイミングでインク定量部Enable信号をインク定量部ドライバ12 [0102] In the print timing, a printing trigger from the signal processing control circuit 72 is outputted, the timing control circuit 122 detects this, ink quantifying unit driver 12 of the ink quantifying unit Enable signal at a predetermined timing
3に、透明溶媒吐出部Enable信号を透明溶液吐出部ドライバ124にそれぞれ出力する。 3, and outputs the transparent solvent ejection portion Enable signal to the transparent solution jetting unit driver 124. 上記それぞれのEnable信号は、図22に示したようなタイミングで出力される。 Each of the Enable signal above is output at the timing shown in FIG. 22.

【0103】上記インク定量部Enable信号により、各々のインク定量部ドライバ123はそれぞれに対応するインク定量部125を制御し、これにより、複数のヘッドのインク吐出孔106より所定量のインクが圧送される。 [0103] By the ink quantifying unit Enable signal, each of the ink quantifying unit driver 123 controls the ink quantifying unit 125 corresponding to each, by which a predetermined amount of ink is pumped from the ink discharge hole 106 of the plurality of heads that.

【0104】一方、インク定量部Enable信号より所定時間だけ遅れを持つ上記透明溶媒吐出部Enabl [0104] On the other hand, the transparent solvent ejection portion Enabl with delay of a predetermined time than the ink quantification section Enable signal
e信号により、透明溶媒吐出部ドライバ124は各々の透明溶媒吐出部126を制御する。 The e signal, the transparent solvent ejection unit driver 124 controls each of the transparent solvent ejection unit 126. これにより、透明溶媒がインクと混合しながら吐出される。 Thus, the transparent solvent is discharged while mixing with the ink.

【0105】 [0105]

【発明の効果】以上説明したように、請求項1乃至9に記載のインクジェットプリントヘッドによれば、インク吐出孔と透明溶媒吐出孔とが、それぞれ独立して近接配置されており、動作時に孔外で両液を混合するので、ヘッドが動作していないときの両液の混合を防止することができる。 As described in the foregoing, according to the ink jet print head according to claim 1 to 9, and the ink discharge holes and the transparent solvent ejection holes are arranged close independently, holes during operation since mixing the both liquids outside, it is possible to prevent mixing of the two solutions when the head is not operating. この結果、長期的な両液の接触を防止できるので、両液の化学的、物理的反応を完全に防ぐことができ、印字時における濃度制御を確実に行うことができて、画質の均一な中間調印字を実現することができる。 As a result, it is possible to prevent contact of the long-term both liquid chemical of the two solutions, physical reactions can completely prevent, to be able to reliably perform concentration control during printing, a uniform image quality it is possible to realize halftone printing.

【0106】また、請求項10、11に記載のインクジェットプリントヘッドによれば、インク供給路に電気浸透膜を備えたインク定量部を設けたので、所望のインク量を定量して混合ノズル部へ供給することができる。 [0106] Further, according to the ink jet print head according to claim 10 and 11, is provided with the ink quantifying unit with electrical osmosis membrane into the ink supply path, to the mixing nozzle to quantify the desired ink amount it can be supplied.

【0107】また、請求項12に記載のインクジェットプリントヘッドによれば、液室に電歪振動子を設けたので、透明溶媒を容易に混合ノズル部へ供給することができる。 [0107] Further, according to the ink jet print head according to claim 12, is provided with the electrostrictive vibrator liquid chamber, can be supplied transparent solvent to facilitate mixing nozzle.

【0108】また、請求項13、14に記載のインクジェットプリントヘッドによれば、液室に発熱素子を設けたので、透明溶媒を容易に混合インク吐出孔へ供給することができる。 [0108] Further, according to the ink jet print head according to claim 13, is provided with the heat generating element in the liquid chamber, can be supplied transparent solvent to easily mixed ink discharge hole.

【0109】また、請求項15乃至17に記載のインクジェットプリンタによれば、被印刷物を巻回して回転するドラムに対して、ヘッドの送り及び配置を3種類に変更することができる。 [0109] Further, according to the ink jet printer according to claim 15 or 17, can be changed with respect to the drum to rotate by winding a printing material, the feed and positioning of the head in three.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明のインクジェットプリントヘッドの一実施例の構成を示す縦断面図である。 1 is a longitudinal sectional view showing the structure of an embodiment of an ink jet print head of the present invention.

【図2】図1の混合ノズル部の構成を示す拡大断面図である。 2 is an enlarged sectional view showing the configuration of a mixing nozzle portion of FIG.

【図3】図1に示す実施例のインク及び透明溶媒の吐出動作を示す説明図である。 3 is an explanatory diagram showing an ejection operation of the ink and the transparent solvent of the embodiment shown in FIG.

【図4】図1に示す実施例によるインクジェットプリントヘッドの動作を説明するフロー図である。 It is a flow diagram illustrating the operation of the ink jet print head according to the embodiment shown in FIG. 1; FIG.

【図5】本発明のインクジェットプリントヘッドの混合ノズル部の変形例の構成を示す説明図である。 5 is an explanatory diagram showing a configuration of a variation of the mixing nozzle portion of the ink jet print head of the present invention.

【図6】図5に示す混合ノズル部のインク及び透明溶媒の吐出動作を示す説明図である。 6 is an explanatory view showing an ejection operation of the ink and the transparent solvent mixing nozzle portion shown in FIG.

【図7】グルード型インクジェットプリントヘッドの一例の概略構成を示す縦断面図である。 7 is a longitudinal sectional view showing a schematic configuration of an example of a Grood ink-jet printhead.

【図8】ステメ型インクジェットプリントヘッドの一例の概略構成を示す縦断面図である。 8 is a longitudinal sectional view showing a schematic configuration of an example of Suteme ink-jet printhead.

【図9】エッジシュータ型熱インクジェットプリントヘッドの一例の構成を示す縦断面図である。 9 is a longitudinal sectional view showing an example of the configuration of the edge shooter type thermal ink jet printhead.

【図10】図9に示すヘッドによる液滴形成過程を示す説明図である。 10 is an explanatory view showing a droplet formation process by the head shown in FIG.

【図11】サイドシュータ型熱インクジェットプリントヘッドの一例の構成を示すマルチ方向に対して直角方向の縦断面図である。 11 is a longitudinal sectional view of the direction perpendicular to the multi-direction showing an example of the configuration of the side shooter type thermal ink jet printhead.

【図12】図11のマルチ方向に沿った縦断面図である。 12 is a longitudinal sectional view taken along a multi-direction in FIG. 11.

【図13】2液混合方式のサイドシュータ型熱インクジェットプリントヘッドの一例の構成を示す縦断面図である。 13 is a longitudinal sectional view showing an example of a configuration of a two-liquid mixing method of the side shooter type thermal ink jet printhead.

【図14】ドラム回転型インクジェットプリンタの一例の構成を示す説明図である。 14 is an explanatory diagram showing an example of a configuration of a drum rotation type ink-jet printer.

【図15】シリアル型インクジェットプリンタの一例の構成を示す説明図である。 15 is an explanatory diagram showing an example of the configuration of a serial type inkjet printer.

【図16】ライン型インクジェットプリンタの一例の構成を示す説明図である。 16 is an explanatory diagram showing an example of the configuration of a line inkjet printer.

【図17】インクジェットプリンタの信号処理、制御系の一例の構成を示すブロック図である。 [17] The signal processing of the ink jet printer is a block diagram showing an example of a configuration of a control system.

【図18】マルチ化されたサイドシュータ型熱インクジェットプリントヘッドの一例の構成を示す全体図である。 FIG. 18 is an overall view showing an example of a configuration of a multi-reduction has been side-shooter type thermal ink jet printhead.

【図19】図18に示すインクジェットプリントヘッドのマルチ方向に沿った縦断面図である。 19 is a longitudinal sectional view taken along the multi-direction of the ink jet print head shown in FIG. 18.

【図20】図18に示すインクジェットプリントヘッドのマルチ方向に対して直角方向の縦断面図である。 It is a longitudinal sectional view of the direction perpendicular to the multi-direction of the ink jet print head shown in Figure 20 Figure 18.

【図21】図18に示すインクジェットプリントヘッドのインク及び透明溶媒の吐出動作を示す説明図である。 FIG. 21 is an explanatory view showing an ejection operation of the ink and the transparent solvent inkjet printhead shown in FIG. 18.

【図22】図18に示すインクジェットプリントヘッドの駆動電圧パルスのタイミングを示す図である。 22 is a diagram showing the timing of the drive voltage pulse jet printhead shown in FIG. 18.

【図23】マルチ化されたエッジシュータ型熱インクジェットプリントヘッドの一例の構成を示す全体図である。 Figure 23 is an overall view showing an example of a configuration of a multi-reduction edge shooter type thermal ink jet printhead.

【図24】図23に示すインクジェットプリントヘッドのマルチ方向に対して直角方向の縦断面図である。 It is a longitudinal sectional view of the direction perpendicular to the multi-direction of the ink jet print head shown in Figure 24 Figure 23.

【図25】図23に示すインクジェットプリントヘッドのマルチ方向に沿った縦断面図である。 Figure 25 is a longitudinal sectional view taken along the multi-direction of the ink jet print head shown in FIG. 23.

【図26】図23に示すインクジェットプリントヘッドのインク及び透明溶媒の吐出動作を示す説明図である。 Figure 26 is an explanatory view showing an ejection operation of the ink and the transparent solvent inkjet printhead shown in FIG. 23.

【図27】熱インクジェットプリントヘッドの駆動動作を概略的に示す図である。 27 is a diagram schematically showing the driving operation of the thermal ink jet printhead.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1、51・・・・・・・・・プリントヘッド 2・・・・・・・・・・・・透明溶媒 3、109・・・・・・・・液室 4・・・・・・・・・・・・インク 5、112、112'・・・インク定量部 7、105・・・・・・・・インク供給路 11・・・・・・・・・・・電歪振動子 12、111・・・・・・・透明溶媒吐出孔 13、106・・・・・・・インク吐出孔 16、113・・・・・・・電気浸透膜 18・・・・・・・・・・・物質 52・・・・・・・・・・・プリント紙(被印刷物) 53・・・・・・・・・・・ドラム 54・・・・・・・・・・・送りネジ(駆動部材) 58・・・・・・・・・・・モータ(駆動部材) 110・・・・・・・・・・ヒータ 1,51 ......... printhead 2 ............ transparent solvent 3,109 ........ liquid chamber 4 ....... ----- ink 5,112,112 '... ink quantifying unit 7,105 ........ ink supply path 11 ........... electrostrictive oscillator 12, 111 ....... transparent solvent ejection holes 13,106 ....... ink discharge holes 16,113 ....... electro osmosis membrane 18 ........... material 52 ........... printing paper (printing medium) 53 ........... drum 54 ........... feed screw (driving member) 58 ........... motor (driving member) 110 .......... heater

フロントページの続き (51)Int.Cl. 5識別記号 庁内整理番号 FI 技術表示箇所 B41J 2/045 2/055 2/205 8306−2C B41J 3/04 102 Z 9012−2C 103 A 9012−2C 103 X (72)発明者 佐藤 正幸 東京都品川区北品川6丁目7番35号 ソニ ー株式会社内 (72)発明者 新屋 正雄 東京都品川区北品川6丁目7番35号 ソニ ー株式会社内 Front page continued (51) Int.Cl. 5 identification symbol Agency in Docket No. FI art display portion B41J 2/045 2/055 2/205 8306-2C B41J 3/04 102 Z 9012-2C 103 A 9012-2C 103 X (72) inventor Masayuki Sato Tokyo, Shinagawa-ku, Kita 6-chome No. 7 No. 35 Sony over within Co., Ltd. (72) inventor Masao Xinwu Tokyo, Shinagawa-ku, Kita 6-chome No. 7 No. 35, Sony over the Corporation

Claims (17)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 インクを吐出するインク吐出孔と、 透明溶媒を吐出する透明溶媒吐出孔とを近接して配置し、前記各孔からそれぞれ吐出された前記インクと前記透明溶媒とを孔外で混合することを特徴とするインクジェットプリントヘッド。 1. A ink discharge hole for discharging ink, in close proximity to the transparent solvent ejection hole for ejecting the transparent solvent was arranged, and the transparent solvent and the ink ejected from each of the respective holes in Anagai mixed ink jet print head, characterized by.
  2. 【請求項2】 前記インク吐出孔と前記透明溶媒吐出孔とを同軸上に配置したことを特徴とする請求項1記載のインクジェットプリントヘッド。 Wherein the ink jet print head according to claim 1, characterized in that a said transparent solvent ejection hole and the ink discharge hole coaxially.
  3. 【請求項3】 前記インク吐出孔を前記透明溶媒吐出孔内の中心に配置し、両端面を同一平面上に設けたことを特徴とする請求項2記載のインクジェットプリントヘッド。 3. Place the ink ejection holes to the center within the transparent solvent ejection hole, the ink jet print head according to claim 2, characterized in that a both end surfaces in the same plane.
  4. 【請求項4】 前記インク吐出孔を前記透明溶媒吐出孔内の中心に配置し、前記インク吐出孔の端面を前記透明溶媒吐出孔の端面の内側に設けるとともに、前記透明溶媒吐出孔の端面近傍の内周を前記透明溶媒に対しぬれ性の少ない物質で被覆したことを特徴とする請求項2記載のインクジェットプリントヘッド。 With 4. disposed at the center of said transparent solvent ejection hole of the ink discharge hole, provided an end face of the ink discharge hole to the inside of the end face of the transparent solvent ejection hole, near the end faces of the transparent solvent ejection hole inkjet printing head according to claim 2, wherein the coated with wettability less material to said transparent solvent inner circumference of.
  5. 【請求項5】 前記インク吐出孔を前記透明溶媒吐出孔内の中心に配置し、前記インク吐出孔の端面を前記透明溶媒吐出孔の端面から突出させたことを特徴とする請求項2記載のインクジェットプリントヘッド。 5. Place the ink ejection holes to the center within the transparent solvent ejection hole, according to claim 2, wherein the end face of the ink discharge hole is protruded from the end surface of the transparent solvent ejection hole inkjet printhead.
  6. 【請求項6】 前記インク吐出孔と前記透明溶媒吐出孔とを隣接して平行に配置し、両端面を同一平面上に設けたことを特徴とする請求項2記載のインクジェットプリントヘッド。 6. Adjacent the said transparent solvent ejection hole and the ink discharge holes are arranged in parallel, the inkjet print head according to claim 2, characterized in that a both end surfaces in the same plane.
  7. 【請求項7】 前記インク吐出孔と前記透明溶媒吐出孔とを隣接して平行に配置し、両端面に段差を設けたことを特徴とする請求項1記載のインクジェットプリントヘッド。 7. Adjacent and said transparent solvent ejection hole and the ink discharge holes are arranged in parallel, the inkjet print head according to claim 1, characterized in that a step on both end faces.
  8. 【請求項8】 前記インク吐出孔の外周に複数個の前記透明溶媒吐出孔を同心状に配置したことを特徴とする請求項1記載のインクジェットプリントヘッド。 8. An ink jet print head according to claim 1, characterized in that a plurality of the transparent solvent ejection hole concentrically on the outer circumference of the ink discharge hole.
  9. 【請求項9】 前記インク吐出孔と前記透明溶媒吐出孔とのそれぞれの先端を突き合わせ、所定の角度をなして配置したことを特徴とする請求項1記載のインクジェットプリントヘッド。 9. butt respective tips of the transparent solvent ejection hole and the ink discharge hole, the ink jet print head according to claim 1, characterized in that arranged at a predetermined angle.
  10. 【請求項10】 前記インク吐出孔が連通するインク供給路に、吐出されるインク量を制御するインク定量部を設けたことを特徴とする請求項1記載のインクジェットプリントヘッド。 Wherein said ink to the ink supply path in which the discharge holes are communicated with ink-jet printing head according to claim 1, characterized in that an ink quantifying unit controlling the amount of ink ejected.
  11. 【請求項11】 前記インク定量部は、電気浸透膜を備えることを特徴とする請求項10記載のインクジェットプリントヘッド。 Wherein said ink quantifying unit, inkjet print head according to claim 10, wherein further comprising a electro-osmosis membrane.
  12. 【請求項12】 前記透明溶媒吐出孔が連通する液室に、前記液室内容積を変化させる電歪振動子を設けたことを特徴とする請求項1記載のインクジェットプリントヘッド。 12. The liquid chamber in which the transparent solvent ejection hole communicates inkjet printhead of claim 1, wherein the provision of the electrostrictive vibrator varying the liquid chamber volume.
  13. 【請求項13】 請求項1記載のインクジェットプリントヘッドであって、前記透明溶媒吐出孔が連通する液室に、前記透明溶媒を加熱気化させる発熱素子を設けたことを特徴とするサイドシュータ型のインクジェットプリントヘッド。 13. The inkjet printhead of claim 1, wherein the transparent solvent ejection holes to the liquid chamber communicating, side shooter type, characterized in that a heating element for heating vaporized the transparent solvent inkjet printhead.
  14. 【請求項14】 請求項1記載のインクジェットプリントヘッドであって、前記透明溶媒吐出孔が連通する液室に、前記透明溶媒を加熱気化させる発熱素子を設けたことを特徴とするエッジシュータ型のインクジェットプリントヘッド。 14. The inkjet printhead of claim 1, wherein the transparent solvent ejection holes to the liquid chamber communicating, in the edge shooter type, characterized in that a heating element for heating vaporized the transparent solvent inkjet printhead.
  15. 【請求項15】 被印刷物を巻回して回転するドラムの軸方向に移動可能に請求項1乃至14のうちいずれか1 15. Any of the movable claims 1 to 14 in the axial direction of the rotating drum by winding a printing medium 1
    項記載のインクジェットプリントヘッドを配置するとともに、前記ヘッドを前記ドラムの回転と連動して移動させる駆動部材を設けたことを特徴とするインクジェットプリンタ。 With placing the ink jet print head of claim, wherein the ink jet printer, characterized in that the head provided with a drive member for moving in conjunction with the rotation of the drum.
  16. 【請求項16】 前記被印刷物を巻回して回転する前記ドラムの軸方向に移動可能に請求項1乃至14のうちいずれか1項記載のインクジェットプリントヘッドを配置するとともに、前記ドラムを前記ヘッドの移動と連動して回転させる駆動部材を設けたことを特徴とするインクジェットプリンタ。 16. with disposing the ink jet print head according to any one of the drum in the axial direction to movably claims 1 to 14 that rotates by winding a printing material, the drum of the head jet printer, characterized in that a drive member for rotating in conjunction move.
  17. 【請求項17】 前記被印刷物を巻回して回転する前記ドラムの軸方向に、複数個の請求項1乃至14のうちいずれか1項記載のインクジェットプリントヘッドをライン状に配置したことを特徴とするインクジェットプリンタ。 17. in the axial direction of the drum rotating by winding the printing material, and characterized in that a jet printhead according to any one of the plurality of claims 1 to 14 in a line an ink-jet printer which.
JP2334893A 1992-08-24 1993-01-18 Inkjet printhead and an inkjet printer Expired - Fee Related JP3136823B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP24737992 1992-08-24
JP4-247379 1992-08-24
JP2334893A JP3136823B2 (en) 1992-08-24 1993-01-18 Inkjet printhead and an inkjet printer

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2334893A JP3136823B2 (en) 1992-08-24 1993-01-18 Inkjet printhead and an inkjet printer

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06122201A true JPH06122201A (en) 1994-05-06
JP3136823B2 JP3136823B2 (en) 2001-02-19

Family

ID=26360698

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2334893A Expired - Fee Related JP3136823B2 (en) 1992-08-24 1993-01-18 Inkjet printhead and an inkjet printer

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3136823B2 (en)

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP0863018A1 (en) * 1997-03-07 1998-09-09 Sony Corporation Printer device
US5825379A (en) * 1993-10-26 1998-10-20 Sony Corporation Ink jet printer and printer head having means for quantifying liquids and mixing liquids outside the printer head
WO2008157420A3 (en) * 2007-06-14 2009-02-19 Massachusetts Inst Technology Method and apparatus for thermal jet printing
US8128753B2 (en) 2004-11-19 2012-03-06 Massachusetts Institute Of Technology Method and apparatus for depositing LED organic film
US8875648B2 (en) 2008-06-13 2014-11-04 Kateeva, Inc. Method and apparatus for load-locked printing
US8899171B2 (en) 2008-06-13 2014-12-02 Kateeva, Inc. Gas enclosure assembly and system
US8986780B2 (en) 2004-11-19 2015-03-24 Massachusetts Institute Of Technology Method and apparatus for depositing LED organic film
US9023670B2 (en) 2007-06-14 2015-05-05 Kateeva, Inc. Modular printhead for OLED printing
US9048344B2 (en) 2008-06-13 2015-06-02 Kateeva, Inc. Gas enclosure assembly and system
US9604245B2 (en) 2008-06-13 2017-03-28 Kateeva, Inc. Gas enclosure systems and methods utilizing an auxiliary enclosure

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5825379A (en) * 1993-10-26 1998-10-20 Sony Corporation Ink jet printer and printer head having means for quantifying liquids and mixing liquids outside the printer head
US5963226A (en) * 1993-10-26 1999-10-05 Sony Corporation Ink jet printer and printer head having means for quantifying liquids and mixing liquids outside the printer head
EP0863018A1 (en) * 1997-03-07 1998-09-09 Sony Corporation Printer device
US6130681A (en) * 1997-03-07 2000-10-10 Sony Corporation Printer device
US9005365B2 (en) 2004-11-19 2015-04-14 Massachusetts Institute Of Technology Method and apparatus for depositing LED organic film
US8128753B2 (en) 2004-11-19 2012-03-06 Massachusetts Institute Of Technology Method and apparatus for depositing LED organic film
US8986780B2 (en) 2004-11-19 2015-03-24 Massachusetts Institute Of Technology Method and apparatus for depositing LED organic film
US8962073B2 (en) 2004-11-19 2015-02-24 Massachusetts Institute Of Technology Method and apparatus for controlling film deposition
US9385322B2 (en) 2005-11-21 2016-07-05 Massachusetts Institute Of Technology Method and apparatus for depositing LED organic film
WO2008157420A3 (en) * 2007-06-14 2009-02-19 Massachusetts Inst Technology Method and apparatus for thermal jet printing
US9023670B2 (en) 2007-06-14 2015-05-05 Kateeva, Inc. Modular printhead for OLED printing
US8899171B2 (en) 2008-06-13 2014-12-02 Kateeva, Inc. Gas enclosure assembly and system
US9048344B2 (en) 2008-06-13 2015-06-02 Kateeva, Inc. Gas enclosure assembly and system
US9174433B2 (en) 2008-06-13 2015-11-03 Kateeva, Inc. Method and apparatus for load-locked printing
US9248643B2 (en) 2008-06-13 2016-02-02 Kateeva, Inc. Method and apparatus for load-locked printing
US8875648B2 (en) 2008-06-13 2014-11-04 Kateeva, Inc. Method and apparatus for load-locked printing
US9604245B2 (en) 2008-06-13 2017-03-28 Kateeva, Inc. Gas enclosure systems and methods utilizing an auxiliary enclosure

Also Published As

Publication number Publication date
JP3136823B2 (en) 2001-02-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CA2318983C (en) Apparatus and method for using bubble as virtual valve in microinjector to eject fluid
US6557984B2 (en) Ink-jet printing head and ink-jet printing apparatus
JP3675272B2 (en) A liquid discharge head and a method of manufacturing the same
US5107276A (en) Thermal ink jet printhead with constant operating temperature
EP0787588A2 (en) Print head and method for controlling the spread of fluid around a nozzle orifice
JP4365899B2 (en) Ink transfer printing apparatus and ink transfer printing method
US6464336B1 (en) Ink jet printing with color-balanced ink drops mixed using bleached ink
EP0933218B1 (en) Hybrid multi-drop/multi-pass printing system
JP2980444B2 (en) Liquid injector having a liquid chamber bubble introducing mechanism and the recording apparatus and a recording method using the same
US6595620B2 (en) Method and apparatus for driving an ink jet head
US6502915B1 (en) Apparatus for generating high frequency ink ejection and ink chamber refill
JPH0615822A (en) Ink jet printing head
US20010043243A1 (en) Ink-jet head, and ink-jet-head cartridge, an ink-jet apparatus and an ink-jet recording method used in gradation recording
DE69733980T2 (en) Method and apparatus for discharging liquid
JP2000255056A (en) Method for controlling ink-jet recording apparatus
US8939531B2 (en) Fluid ejection assembly with circulation pump
JPH0966605A (en) Liquid delivery head, head cartridge employing it, liquid delivery unit, liquid delivery method and recording method
JP2656481B2 (en) Inkujietsuto recording head
JPH11245397A (en) Liquid ink printer
US5992968A (en) Ink jet printing method and apparatus
EP0538147B1 (en) Ink-jet print head and ink-jet printer
US6062678A (en) Ink-jet recording head with a particular arrangement of thermoelectric transducers and discharge openings
JP2002273912A (en) Ink jet recording device
JP3950730B2 (en) Ink jet recording head and an ink ejecting method
JPH0687214A (en) Ink-jet printing head, ink-jet printer and driving method thereof

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20001107

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20071208

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081208

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091208

Year of fee payment: 9

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees