JPH0611214U - 反射グレア低減化光源 - Google Patents

反射グレア低減化光源

Info

Publication number
JPH0611214U
JPH0611214U JP4940092U JP4940092U JPH0611214U JP H0611214 U JPH0611214 U JP H0611214U JP 4940092 U JP4940092 U JP 4940092U JP 4940092 U JP4940092 U JP 4940092U JP H0611214 U JPH0611214 U JP H0611214U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
light source
glare
light
illuminated
reflection
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP4940092U
Other languages
English (en)
Inventor
恵司 森
Original Assignee
松下電工株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 松下電工株式会社 filed Critical 松下電工株式会社
Priority to JP4940092U priority Critical patent/JPH0611214U/ja
Publication of JPH0611214U publication Critical patent/JPH0611214U/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 作業者に対する反射グレアを低減させる。照
明器具のデザインの自由度を高める。 【構成】 光源1の前方に光源1の一部又は全体を覆う
偏光フィルタ2を配置する。偏光フィルタ2を透過した
偏光光線A2 を被照物3aに照射させる。被照物3aで
の反射グレアを低減させる。天井照明においては、目の
位置よりも下の作業面での反射グレアも低減して、室内
の一方向に対しての反射グレアの少ない照明環境を得
る。作業用局所照明においては、光源1と被照物3aと
作業者8の目の夫々の位置関係がある程度一定の場合で
も、被照物3aにおける反射グレアを低減させて、作業
照明環境を快適にする。偏光フィルタ2を光源1の前方
に配置することにより、光源部分の形状やデザインがき
わめてシンプルとなる。

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】
本考案は、照明器具、灯具の各種光源から作業面に反射する反射グレアを低減 する構造に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来の天井照明では、OAルーバやコンフォートルーバ等により照明角度を目 の位置よりも下方へ制限することによって、光源そのものが視野内に入ることに よるグレアの防止を図っている。一方、タスクライト等のような作業用局所照明 において、光源と被照物と作業者の目の夫々の位置関係がある直線方向にある場 合には、被照物で発生する反射グレアが作業者の視野内に入って被照物がまぶし くなり、その反射グレア防止対策として、アームタイプの可動照明器具の場合に は、その光源位置を移動することで対処しており、或いは光源位置が固定された 照明器具の場合には、ルーバ的なフィンを動かしたり、或いは反射板そのものを 移動させて配光角度を制限したりすることで対処している。
【0003】
【考案が解決しようとする課題】
ところが、従来の天井照明において、OAルーバ等による照明角度を目の位置 よりも下方へ制限するものでは、目の位置よりも下の作業面での反射グレアを防 止できず、快適な作業照明環境が損なわれる。一方、作業用局所照明において、 アームタイプの光源位置を作業者が反射グレアの少ない位置に移動させる必要が あり、さらには、固定された照明器具の場合にはルーバ的なフィン等を動かして 配光角度を制限する必要があるなど、作業照明環境を快適なものとするのに手間 がかかるなどの問題があった。しかも、上記各種ルーバや反射板等を取付けてい るから、光源部分の形状やデザインが煩雑となり、デザインの自由度が低下する という問題もあった。
【0004】 本考案は、上記従来の課題に鑑みてなされたもので、その目的とするところは 、反射グレアを低減させることにより、快適な作業照明環境を創出することがで き、しかも光源部分のデザインをシンプル化でき、デザインの自由度を高めるこ とができるようにした反射グレア低減化光源を提供するにある。
【0005】
【課題を解決するための手段】
上記課題を解決するため、本考案は、光源1の前方に光源1の一部又は全体を 覆う偏光フィルタ2を配置し、偏光フィルタ2を透過した偏光光線A2 を被照物 3aに照射させることにより、被照物3aでの反射グレアを低減させるものであ る。
【0006】
【作用】
本考案によれば、光源1の前方に光源1の一部又は全体を覆う偏光フィルタ2 を配置し、この偏光フィルタ2を透過した偏光光線A2 を被照物3aに照射させ るようにしたから、作業用照明の光源光を偏光して、作業者8に対する反射グレ アを低減できる。従って、天井照明においては、目の位置よりも下の作業面での 反射グレアも低減でき、室内の一方向に対しての反射グレアの少ない照明環境を 得ることができる。また、作業用局所照明においては、光源1と被照物3aと作 業者8の目の夫々の位置関係がある程度一定の場合でも、被照物3aにおける反 射グレアを低減させることができるので、従来のようなアームタイプの可動照明 器具の光源位置を移動したり、或いは固定された照明器具のルーバ的なフィン等 を動かして配光角度を制限したりすることなく、快適な作業照明環境を確保でき るようになる。しかも、偏光フィルタ2を光源1の前方に配置するだけの簡単な 構成であるから、従来の各種ルーバや反射板等を光源の周辺に取付ける場合と比 較して、光源部分の形状やデザインがきわめてシンプルとなり、デザインの自由 度が高められる。さらに、偏光フィルタ2を光源1の一部に配置して部分的な偏 光を行うことが可能であり、この場合、被照物3aへの偏光光線A2 の照射と被 照物3a以外の無偏光光線A4 の照射とを組み合わせて、被照物3a以外の場所 の照度をアップさせることにより、偏光フィルタ2による被照物3aでの照度低 下を少なくすることができる。
【0007】
【実施例】
以下、本考案の一実施例を添付図面に基づいて説明する。本実施例の反射グレ ア低減化光源1は、例えば白熱灯、蛍光灯及びその他照明用光源であり、図1に 示すように、光源1の前方には光源1の一部又は全体を覆う偏光フィルタ2が配 置されると共に、この偏光フィルタ2を透過した偏光光線A2 が作業台3の被照 物3aに照射されるものである。つまり、オフィシングパネルシステムにてデス クを構成した棚下照明では、図3(a)(b)に示すように、インバータ4を備 えた照明器具5を棚板6に固定すると共に、光源1の前方に光源1全体を覆う偏 光フィルタ2を配置し、この偏光フィルタ2によって光源1からの光を偏光する ことで、被照物3aとしての紙面や使用機器などの反射グレアを少なくして、作 業椅子7に位置する作業者8に対する反射グレアを低減させるものである。また 、タスクライト等のような作業用局所照明においては、図4(a)示す固定タイ プの照明器具5a、及び図4(b)に示すアームタイプの可動照明器具5bの夫 々の光源1の下面全体を偏光フィルタ2で覆い、作業者に対する反射グレアを低 減させるものである。さらに、天井照明に使用する場合においては、図5(a) (b)に示すシステム天井10に組込んだ照明器具5cの光源1の前方に偏光フ ィルタ2を配置し、この偏光フィルタ2によって光源1からの光を偏光すること で、室内の一方向に対しての反射グレアの少ない照明環境が得られるようになっ ている。
【0008】 次に、偏光フィルタ2を用いることによる反射グレアの低減効果を述べると、 蛍光灯等の光源1からの光線A1 は上下左右の全方向に振動しており、偏光フィ ルタ2を用いない場合にあっては、図2(a)に示すように、水平な被照物3a に反射した光は上下(垂直)方向の振動が左右(水平)方向の振動と比べて多く 反射され、被照物3aからの反射光A1 ′は、左右(水平)方向は殆ど反射され ることはないが、上下(垂直)方向が多くなって反射グレアが強くなる。これに 対して、図2(b)に示すように、偏光フィルタ2を光源1の前方に配置した場 合には、偏光フィルタ2の偏光軸方向Bが水平である時には、入射光A1 のうち の上下(垂直)方向の光は偏光フィルタ2でカットされ、偏光フィルタ2には左 右(水平)方向の偏光光線A2 のみが透過する。そして、被照物3aからの反射 光A3 は左右(水平)方向は殆ど反射されることがない。このように、偏光フィ ルタ2を透過した偏光光線A2 は被照物3aで反射する時に十分に減衰されるた めに、作業者に対する反射グレアを低減できるようになる。
【0009】 上記構成において、光源1の前方に偏光フィルタ2を配置し、この偏光フィル タ2を透過した偏光光線A2 を被照物3aに照射させることにより、被照物3a での反射グレアを夫々低減させることができる。従って、例えば図5(a)に示 すOAルーム等のシステム天井10における天井照明においては、天井面から偏 光光線A2 を下方に向けて照射することにより、目の位置よりも下の作業面での 反射グレアも低減できるようになるので、キーボード等の被照物3aの反射光が CRT面3bへ映り込むことを防止でき、CRT面3bでの反射グレアを低減し て作業者8の視野内に反射グレアが入り込むのを防ぐことができる。また、図5 (b)に示すリノリウムや石材床面等の床面20の場合には、床面20への天井 照明の映り込みを防いで、床面20での反射グレアを低減し、室内の一方向に対 しての反射グレアの少ない照明環境を得ることができる。一方、作業用局所照明 においても、図1に示すように、光源1と被照物3aと作業者8の目の夫々の位 置関係が一定である場合でも、被照物3aに偏光光線A2 が照射されることによ って作業者8に対する反射グレアを低減できるようになるので、従来のようなア ームタイプの可動照明器具の光源位置を移動したり、或いは固定された照明器具 のルーバ的なフィン等を動かして配光角度を制限したりすることなく、快適な作 業照明環境を確保できる。しかも、偏光フィルタ2を光源1の前方に配置するだ けの簡単な構成であるから、従来の各種ルーバや反射板等を光源の周辺に装着す る場合と比較して、光源部分の形状やデザインがきわめてシンプルとなり、デザ インの自由度が高められるなど、見栄えの良い天井照明或いは作業用局所照明を 得ることができる。
【0010】 しかも、図6に示すように、偏光フィルタ2を光源1の一部に配置して部分的 な偏光を行って、偏光フィルタ2による光量の減衰を補助するようにした場合に は、被照物3aへの偏光光線A2 の照射と被照物3a以外の無偏光光線A4 の照 射とを組み合わせることによって、被照物3a以外の場所の照度をアップさせる ことができ、そのうえ、照明器具5のインバータ4(図3(a)参照)をアップ させることにより、光源1からの光量を明るくすることができる。従って、偏光 フィルタ2による被照物3aでの照度低下を少なくして、作業照明環境の快適感 をより一層向上させることができる。
【0011】 次に、上記天井照明システム10における偏光フィルタ2の利用の可能性につ いて述べると、例えば電卓等の液晶表示は、表面に偏光フィルタ、背面に偏光反 射板を配置して、電気的に液晶の偏光軸を変化させることにより、文字や数字の パターンを表示するものであるが、偏光軸が水平の偏光反射板30を図7(a) (b)に示すOAルーバ等における銀色のルーバ部分31に使用すれば、ルーバ 面の光の映り込みを上記偏光反射板30によって防止できるようになる。つまり 、遮光角θから外れたルーバ面からの光が偏光されるため、作業者の目の位置よ りも下の作業面での反射グレアを低減させることが可能になるのである。そして 、使用する偏光反射板30の条件としては、光源1から出る紫外線などに対し て耐久性のあるもの、光源1の熱に対して耐熱性のあるものが要求される。さ らに、偏光度(偏光率)が高い方が反射グレアの低減効果は高くなるが、この場 合、照度低下が大きくなることから、全体のバランスを見て偏光度を決定する必 要がある。
【0012】
【考案の効果】
本考案は上述のように、光源の前方に光源の一部又は全体を覆う偏光フィルタ を配置し、偏光フィルタを透過した偏光光線を被照物に照射させることにより、 被照物での反射グレアを低減させる構成であるから、天井照明においては、目の 位置よりも下の作業面での反射グレアを低減させて、室内の一方向に対しての反 射グレアの少ない照明環境を得ることができるようになり、作業用局所照明にお いては、被照物における反射グレアを低減させることができる。従って、従来の ようなアームタイプの可動照明器具の光源位置を移動したり、或いは固定された 照明器具のルーバ的なフィン等を動かしたりする必要がなくなり、快適な作業照 明環境を創出することができる。しかも、上記偏光フィルタを光源の前方に配置 するだけでよいから、光源部分の形状やデザインがきわめてシンプルとなり、デ ザインの自由度が高められるなど、見栄えの良い天井照明或いは作業用局所照明 を得ることができる。さらに、偏光フィルタを光源の一部に配置して部分的な偏 光を行う場合は、被照物への偏光光線の照射と被照物以外の無偏光光線照射とを 組み合わせて、被照物以外の場所を照度アップさせることにより、偏光フィルタ による被照物での照度低下を少なくできるなど、照明器具の新たな高付加価値化 が図れるという効果を奏する。
【図面の簡単な説明】
【図1】本考案の一実施例に用いられる偏光フィルタを
備えた作業用局所照明の使用状態を示す側面図である。
【図2】同上の作業用局所照明の反射状態を示し、
(a)は偏光フィルタを用いない場合の反射状態を示す
斜視図、(b)は偏光フィルタを用いた場合の反射状態
を示す斜視図である。
【図3】同上の作業用局所照明を示し、(a)は斜視
図、(b)は作業台に備えた状態を示す側面図である。
【図4】(a)は固定タイプの照明器具を示し、(b)
はアームタイプの可動照明器具を示す斜視図である。
【図5】同上の天井照明の反射状態を示し、(a)は作
業台での反射状態を示す側面図、(b)は床面での反射
状態を示す斜視図である。
【図6】本考案の他の実施例を示す側面図である。
【図7】本考案の更に他の実施例を示し、(a)は断面
図、(b)は斜視図である。
【符号の説明】
1 光源 2 偏光フィルタ 3a 被照物 8 作業者 A2 偏光光線 A3 反射光

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 光源の前方に光源の一部又は全体を覆う
    偏光フィルタを配置し、偏光フィルタを透過した偏光光
    線を被照物に照射させることにより、被照物での反射グ
    レアを低減させることを特徴とする反射グレア低減化光
    源。
JP4940092U 1992-07-15 1992-07-15 反射グレア低減化光源 Withdrawn JPH0611214U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4940092U JPH0611214U (ja) 1992-07-15 1992-07-15 反射グレア低減化光源

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4940092U JPH0611214U (ja) 1992-07-15 1992-07-15 反射グレア低減化光源

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0611214U true JPH0611214U (ja) 1994-02-10

Family

ID=12829997

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4940092U Withdrawn JPH0611214U (ja) 1992-07-15 1992-07-15 反射グレア低減化光源

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0611214U (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010118294A (ja) * 2008-11-14 2010-05-27 Panasonic Electric Works Co Ltd 害虫忌避照明器具

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010118294A (ja) * 2008-11-14 2010-05-27 Panasonic Electric Works Co Ltd 害虫忌避照明器具

Similar Documents

Publication Publication Date Title
ES2706430T3 (es) Luminaria de paneles led plana y delgada
US7455422B2 (en) Light fixture and lens assembly for same
CA1288085C (en) Lighting fixture with rotatable glareshield
EP0061905B1 (en) Task lighting system
US6897459B2 (en) Compact elliptical infrared light unit for a motor vehicle
JP4002207B2 (ja) 車両用前照灯
US3225184A (en) Operating room lighting fixture
US7125135B2 (en) Wall-wash light fixture
US4922384A (en) Illuminated display with half-silvered mirrors and discrete refractor plates
US5662403A (en) Luminaire for interior lighting
US8696180B2 (en) Vehicle lamp
US8523414B2 (en) Vehicle headlamp
JP5658752B2 (ja) フリーフォームのライトモジュ−ル
CN109296996B (zh) 色镜、色板及其应用
US7182480B2 (en) System and method for manipulating illumination created by an array of light emitting devices
US3591798A (en) Lighting fixture
US10415779B2 (en) Vehicle headlight
US9841554B2 (en) Panel light assembly
US5408388A (en) Planar illuminating device
JP6216307B2 (ja) ヘッドアップディスプレイ装置及びバックライト装置
US4242723A (en) Low level work area lighting system
JP4336035B2 (ja) 表示装置、液晶表示装置、電子機器およびコンピュータ装置
US4510560A (en) Device for controlling light images
KR200479892Y1 (ko) 최대 집광효과에 도달할 수 있는 조명장치
CA1213867A (en) Luminaire for a visual display terminal

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 19961003