JPH06110809A - Mounting system for network file system - Google Patents

Mounting system for network file system

Info

Publication number
JPH06110809A
JPH06110809A JP26211692A JP26211692A JPH06110809A JP H06110809 A JPH06110809 A JP H06110809A JP 26211692 A JP26211692 A JP 26211692A JP 26211692 A JP26211692 A JP 26211692A JP H06110809 A JPH06110809 A JP H06110809A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
client computer
file system
computer
mount
architecture
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP26211692A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Masahiko Yoshimura
政彦 吉村
Original Assignee
Toshiba Corp
株式会社東芝
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PURPOSE: To attain the use of any client computer with the mounting of the same position by deciding a fixed position to mount a server computer regardless of the types of client computers.
CONSTITUTION: A file system 13 of a server computer 11 includes the link tables 14-17 which store the pairs of architecture identifiers of a client computer 19 and path names of the file systems mounted onto the computer 19. Then the computer 11 reads the architecture information on the computer 19 based on the mounting request received from the computer 19. Then the computer 11 refers to the tables 14-17 and mounts the directory of the path name corresponding to the designated architecture to a file system 21 of the computer 19 as a directory to be mounted.
COPYRIGHT: (C)1994,JPO&Japio

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明はネットワークファイルシステムのサーバに於いて異なるアーキテクチャの複数クライアント計算機からのマウント要求に対するサーバ計算機のマウント処理方式に関する。 The present invention relates to a mounting process scheme of the server computer for the mount requests from multiple client computer different architectures at a server of the network file system.

【0002】 [0002]

【従来の技術】アーキテクチャの異なる計算機では、プログラム実行モジュールのファイル等、アーキテクチャに依存するファイルは共有できず、それぞれ専用のファイルが必要である。 BACKGROUND OF THE INVENTION different computers of architecture, files, etc. of the program execution modules can not be shared dependent file architecture, it is necessary only file, respectively.

【0003】アーキテクチャの異なる複数のクライアント計算機が同一のファイルサーバ計算機上のファイルシステムをマウントし、各クライアント計算機のアーキテクチャに依存したファイルをサーバ計算機で提供する場合、各クライアント計算機のアーキテクチャに依存したファイルが収められた別々のディレクトリを参照する必要がある。 [0003] file different client computer with architecture mounts the file system on the same file server computer, to provide a file that is dependent on the architecture of the client computer at the server computer, which is dependent on the architecture of the client computer it is necessary to refer to a separate directory that housed is.

【0004】図4は、従来の異なるアーキテクチャのクライアント計算機が同一のサーバ計算機上のファイルシステムをマウントする場合のファイルシステムのディレクトリの木構造とマウント状況の一例を示す図である。 [0004] Figure 4 is a prior art different architectures of the client computer is a diagram showing an example of a tree structure of a file system directory and mount situation where the file system is mounted on the same server computer.

【0005】クライアント計算機AのアーキテクチャはSPARC、クライアント計算機Bのアーキテクチャは68000、クライアント計算機Cのアーキテクチャはi368であり、サーバ計算機に於いてSPARCに依存したファイルは/usr. [0005] Architecture of the client computer A SPARC, the client computer B is architecture 68000, the architecture of the client computer C is I368, the file that is dependent on the SPARC at the server computer / usr. sparcに、68000 In sparc, 68000
に依存したファイルは/usr. File that depends on the / usr. 68000に、i36 To 68000, i36
8に依存したファイルは/usr. File that is dependent on the 8 / usr. i386に置かれている。 It has been placed on the i386.

【0006】クライアント計算機AのアーキテクチャはSPARCなので、/usrに/usr. [0006] Since the architecture of the client computer A SPARC, / usr to / usr. sparcをマウントする。 Mounting a sparc. クライアント計算機Bのアーキテクチャは68000なので、/usrに/usr68000をマウントする。 Architecture of the client computer B is so 68000, to mount / Usr68000 in / usr. クライアント計算機Cのアーキテクチャはi368なので、/usrに/usri368をマウントする。 Architecture of the client computer C is so I368, to mount / Usri368 in / usr.

【0007】通常、クライアント計算機毎にディレクトリの構成を変えておくことはせず、上記のようにプログラムはどの計算機でも/usrというパスに置くようにする。 [0007] Normal, not able to keep changing the configuration of the directory for each client computer, to be placed in the path of even / usr in any computer program as described above. このようにしないと、利用するクライアント計算機毎にプログラムの存在するディレクトリが異なるため、利用者は自分が今利用している計算機のアーキテクチャを意識して、その計算機用のプログラムがどこに存在するか知らなければならない。 If you do not do this, because the directory to the presence of the program for each client computer to be used are different, the user is aware of the architecture of the computer you are using their own now, know the program for the computer exists anywhere There must be. このようなことを避けるため、パスが同一になるようにクライアント計算機はサーバ計算機上のファイルシステムをマウントする。 To avoid such a problem, a client computer so the path is identical to mount the file system on the server computer.

【0008】これにより、ユーザは利用中のクライアント計算機のアーキテクチャを意識する必要はないが、システム管理者はサーバ計算機のどのディレクトリをマウントしなければならないか把握していなければならない。 [0008] In this way, the user does not need to be aware of the architecture of the client computer in use, the system administrator must not know or must mount any directory on the server computer. クライアント計算機のアーキテクチャの種類毎に管理者は各々のクライアント計算機に適したマウントすべき位置を把握し、各クライアント計算機のセットアップを行なわなければならない。 Client computer architecture of each type in the administrator know the position to be mounted which is suitable for each of the client computer, it must be performed to set up for each client computer.

【0009】このように従来のシステムでは、異なるアーキテクチャのクライアント計算機が同一のファイルサーバ計算機上のファイルシステムをマウントする際、クライアント計算機のシステム管理者はそのクライアント計算機に適したファイルの存在するサーバ計算機のファイルシステムのディレクトリを把握してマウントするよう各クライアント計算機をセットアップしなければならない。 [0009] Thus, the conventional systems, different when the architecture of the client computer to mount the file system on the same file server computer, the system administrator of the client computer server computer for the presence of files appropriate for that client computer to understand the directory of the file system must be set up each client computer to mount. 同一のサーバ計算機に対して、クライアント計算機は多数接続され得る。 To the same server computer, the client computer may be connected a number. また、地理的にもサーバ計算機から離れた位置に設置され得る。 Also it is geographically also installed in a position away from the server computer.

【0010】従来のシステムの場合、システム管理者はサーバ計算機とクライアント計算機の両方の管理を行なわなければならない。 [0010] In the case of the conventional system, the system administrator must perform the management of both the server computer and the client computer. あるいは、サーバ計算機のシステム管理者とクライアント計算機のシステム管理者が異なる場合、サーバ計算機のシステム管理者はクライアント計算機のシステム管理者にクライアント計算機がマウントすべき位置を伝えなければならない。 Alternatively, if the system administrator of the system administrator of the server computer and the client computer is different, the system administrator of the server computer must communicate the position to be mounted client computer to the system administrator of the client computer.

【0011】 [0011]

【発明が解決しようとする課題】このように従来のシステムでは、クライアント計算機の管理において、システム管理者はそのアーキテクチャを調べ、それに適するサーバ計算機のファイルの位置を調べて適当な位置にマウントするよう各計算機を、アーキテクチャが異なるクライアント計算機毎にセットアップしなければならない。 [Problems that the Invention is to Solve In this way, prior art systems, as in the management of the client computer, the system administrator to examine the architecture and mounted in place by examining the location of the file server computer suitable for it each computer architecture must be set up for different client computer.
従って、クライアント計算機のコンフィギュレーションに必要な設定情報を格納するファイル等をクライアント計算機のアーキテクチャの種類の数だけ用意し、管理しなければならないという問題があった。 Thus, providing a file which stores the configuration information necessary to configure the client computer for the number of types of architecture of the client computer, there is a problem that must be managed.

【0012】本発明は上記実情に鑑みなされたもので、 [0012] The present invention has been made in view of the above circumstances,
その目的とするところは、クライアント計算機の種類によらずサーバ計算機のマウントすべき位置を一か所に固定することにより、どのクライアント計算機でも同じ位置をマウントすれば済むようにして、クライアント計算機毎にマウントすべき位置を考慮しなくともよいようにすることで、クライアント計算機の管理の負荷を軽減し、又、クライアント計算機に依存するファイルの位置などの管理をサーバ計算機だけで行なうことが可能となり、クライアント計算機のシステム管理者へマウントすべき位置を伝える必要がなくなることから、クライアント計算機とサーバ計算機の管理が独立して行なえ、管理の容易化、省力化が可能となる、ネットワークファイルシステムのマウント方式を提供することを目的とする。 And it has an object by fixing in one place the position to be mounted server computer regardless of the type of client computer, and the same position in any client computer to avoid if mounted, be mounted on each client computer by such a position may not consider to be to reduce the load on the client computer management, also it is possible to perform management such as location of the file depends on the client computer only the server computer, the client computer since the need to tell the position to be mounted to the system administrator is eliminated, it performed independently manage client computer and the server computer, facilitating the management, labor saving becomes possible, provide a mounting scheme for network file system an object of the present invention is to.

【0013】 [0013]

【課題を解決するための手段】本発明は、ネットワークファイルシステムのマウントを要求するクライアント計算機と、ネットワークファイルシステムのマウント処理を行なうサーバ計算機と、ファイルシステムを保持する二次記憶装置とをもつシステムに於いて、前記サーバ計算機のファイルシステムにて前記クライアント計算機のアーキテクチャを識別する識別子と前記サーバ計算機のファイルシステムにて前記クライアント計算機にマウントさせるファイルシステムのパス名を対にして記憶するリンクテーブルと、前記サーバ計算機とクライアント計算機との間の通信路とを備え、前記クライアント計算機が前記サーバ計算機に対してマウント要求を出す際、自クライアント計算機のアーキテクチャ情報をパラメータに付加して前記サ Means for Solving the Problems The present invention provides a system having a client computer requesting mount network file system, the server computer to perform the mounting process of the network file system, and a secondary storage device that holds the file system in a link table storing the server computer file system at in pairs the pathname of the file system to be mounted on the client computer identifier and identifying at said server computer file system architecture of the client computer the a communication path between the server computer and the client computer when the client computer issues a mount request to the server computer, said service by adding architecture information of its own client computer to the parameter バ計算機に要求を出し、前記サーバ計算機は前記クライアント計算機から受けたマウント要求に従い当該クライアント計算機のアーキテクチャ情報を読取り、前記リンクテーブルを参照して指定されたアーキテクチャに相当するパス名のディレクトリをマウント対象のディレクトリとしてクライアント計算機のファイルシステムにマウントさせることを特徴とする。 Issues a request to the server computer, the server computer reads the architecture information of the client computer according to the mount request received from said client computer, directory mount target path name corresponding to a given architecture by referring to the link table characterized in that to mount the directory in the file system of the client computer.

【0014】 [0014]

【作用】本発明では、マウントによりネットワークファイルシステムを通じてリモートファイルをマウントする際、マウント要求側(クライアント計算機)の計算機アーキテクチャ情報をパラメータとして付加して被マウント要求側(サーバ計算機)でそのアーキテクチャ情報を解釈し、ディレクトリ構造上にアーキテクチャ毎に実際にアーキテクチャに適するファイルの置かれているディレクトリを示す情報を付加しておき、クライアントがマウントするディレクトリをその情報により示されたディレクトリに置き換えることで、クライアント計算機側ではサーバ計算機上のディレクトリは常に一か所であるように見えているにもかかわらず、実際にはサーバ側で別のディレクトリを参照してマウントすることでクライアントからは一か所 According to the present invention, when mounting the remote file over a network file system by mounting, the architecture information added mount requesting the computer architecture information (client computer) as parameters in the mount request side (server computer) interpret, and adds information indicating a folder including the file actually suitable architecture for each architecture on the directory structure advance, by replacing the client indicated by the information of the directory to mount the directory, the client in computer side, despite the fact that it looks like a directory on the server computer is always one place, one place from the client by actually refer to another directory on the server side mount けのマウント位置に見えるようにする。 To appear in only the mount position.

【0015】 [0015]

【実施例】以下、本発明の実施例を図面を参照して説明する。 EXAMPLES Hereinafter, an embodiment of the present invention with reference to the drawings. 図1は本発明によるネットワークファイルシステムマウント方式の一実施例の構成を示す図である。 Figure 1 is a diagram showing the structure of an embodiment of a network file system mounting method according to the present invention. 図1 Figure 1
に於いて、11はサーバ計算機、12はサーバ計算機1 In, 11 server computer, 12 server computer 1
1の二次記憶装置、13は二次記憶装置12上に構築されたファイルシステムである。 1 of the secondary storage device, 13 is a file system built on the secondary storage device 12.

【0016】14乃至17はこのファイルシステム13 [0016] 14 to 17, the file system 13
の構成要素をなすもので、14はファイルシステム13 Those constituting components, 14 file system 13
のルートディレクトリ、15はパス名/usrで表されるディレクトリ、16はパス名/usr. The root directory, the directory 15 is represented by the pathname / usr, 16 is the path name / usr. arc1で表されるディレクトリ、17はパス名/usr. Directory represented by arc1, 17 is the path name / usr. arc2 arc2
で表されるディレクトリである。 In a directory that is represented.

【0017】18はサーバ計算機11とクライアント計算機19との間の通信路、19はクライアント計算機、 [0017] 18 communication path between the server computer 11 and client computer 19, 19 the client computer,
20はクライアント計算機19の二次記憶装置、21は二次記憶装置20上に構築されたファイルシステムである。 20 secondary storage device of the client computer 19, 21 is a file system built on the secondary storage device 20.

【0018】22及び23はファイルシステム21の構成要素をなすもので、22はファイルシステム21のルートディレクトリ、23はパス名/usrで表されるディレクトリである。 [0018] 22 and 23 intended to form the components of the file system 21, 22 is the root directory of the file system 21, 23 is a directory represented by the path name / usr.

【0019】又、ファイルシステム13内に於いて、1 [0019] In addition, in the file system 13, 1
01はルートディレクトリ14を構成するファイル制御テーブル、106はパス名/usrで表されるディレクトリ15を構成するファイル制御テーブル、114はパス名/usr. File control table 01 constituting the root directory 14, 106 file control table constituting the directory 15 represented by the pathname / usr, 114 path name / usr. arc1で表されるディレクトリ16を構成するファイル制御テーブル(FCTーc )、117 File control table constituting the directory 16 represented by ARC1 (FCT over c), 117
はパス名/usr. The path name / usr is. arc2で表されるディレクトリ1 Directory 1, which is represented by arc2
7を構成するファイル制御テーブル(FCTーd )であり、これらファイル制御テーブルの詳しい構成は図2に示す。 7 is a file control table constituting the (FCT chromatography d), detailed structure of the file control table illustrated in FIG.

【0020】図2は、上記マウント処理に於いて参照されるサーバ計算機11のファイルシステム13に於けるディレクトリの構成内容を表わすファイル制御テーブルである。 [0020] FIG. 2 is a file control table representing the structure contents of the file system 13 to in the directory of the server computer 11 that is referenced in the above-mentioned mounting process.

【0021】図2に於いて、101はサーバ計算機11 [0021] In FIG. 2, 101 the server computer 11
のファイルシステム12のルートディレクトリ14に対するファイル制御テーブル(FCTーa )、102はルートディレクトリ14に含まれるファイルのファイル名を入れるファイル名入力欄、103はファイル名入力欄102のファイル名に対するファイル制御テーブルへのポインタを入れるポインタ入力欄、104はパス名/u File system 12 of the root directory 14 for the file control table (FCT over a), 102 is the file name input field contain the file name of the file included in the root directory 14, 103 file control for the file name of the file name input field 102 pointer input field to put a pointer to the table, 104 path name / u
srで表されるディレクトリ15に対するエントリ、1 Entry for the directory 15 represented by sr, 1
05はパス名/usrで表されるディレクトリ15のファイル制御テーブルを指すポインタ、106はポインタ105によって指されたファイル制御テーブル(FCT 05 pointer to the file control table of directory 15 represented by the pathname / usr, 106 is the file control table pointed to by the pointer 105 (FCT
ーb )、107はファイル制御テーブル(FCTーb ) Over b), 107 is a file control table (FCT over b)
106によって表されるファイルのリンク情報を格納するリンクテーブル、108はアーキテクチャの識別子を入れる識別子入力欄、109はリンク先のパス名を入れるパス名入力欄、110はarc1というアーキテクチャに対するエントリ、111はarc1というアーキテクチャの場合のリンク先パス名、112は/usr. Link table storing file link information represented by 106, the architecture identifier input field contain the identifier of 108, landing path name path name input field to put 109, entry for architecture that arc1 110, the 111 link destination path name in the case of architecture that arc1, 112 is / usr. a
rc1に対するエントリ、113は/usr. Entry for rc1, 113 is / usr. arc1 arc1
のファイル制御テーブル(FCTーc )へのポインタ、 A pointer to the file control table (FCT over c),
114は/usr. 114 / usr. arc1に対するファイル制御テーブル(FCTーc )である。 It is a file control table (FCT over c) for ARC1. 115は/usr. 115 / usr. arc arc
2に対するエントリ、116は/usr. Entry for 2, 116 / usr. arc2のファイル制御テーブル(FCTーd )へのポインタ、11 A pointer to the arc2 of file control table (FCT over d), 11
7は/usr. 7 / usr. arc2に対するファイル制御テーブル(FCTーd )である。 It is a file control table (FCT over d) for arc2.

【0022】図3は上記実施例に於けるネットワークファイルシステムのマウント処理手順を示すフローチャートであり、クライアント計算機がサーバ計算機上のアーキテクチャ毎に異なるファイルシステムをマウントする際の処理の流れを示している。 FIG. 3 is a flowchart showing the mounting procedure of the in the network file system in the above embodiment, the client computer shows the flow of processing when mounting a different file system for each architecture on the server computer . ここで図1乃至図3を参照して本発明の実施例に於ける動作を説明する。 Here the in operation will be described in the examples of the invention with reference to FIGS. ここではクライアント計算機19がサーバ計算機11のファイルシステムをマウントする処理について説明する。 Here, a description will be given of a process client computer 19 mounts the file system of the server computer 11. クライアント計算機19がそのファイルシステム21の/u The client computer 19 of the file system 21 / u
srにサーバ計算機11のファイルシステム13をマウントする場合を考える。 Consider the case to mount the file system 13 of the server computer 11 to sr.

【0023】クライアント計算機19のアーキテクチャはarc1とする。 [0023] The architecture of the client computer 19 to arc1. サーバ計算機11のファイルシステム13には、アーキテクチャarc1に依存するファイルが/usr. The file system 13 of the server computer 11, architecture-dependent files arc1 is / usr. arc1に、アーキテクチャarc2に依存するファイルが/usr. To arc1, architecture-dependent files arc2 is / usr. arc2にまとめられている。 It is summarized in arc2. サーバ計算機11のファイルシステム13の/u Of the file system 13 of the server computer 11 / u
srにはアーキテクチャarc1、及びarc2毎にリンク先のパス名が設定されている。 Pathname landing for each architecture ARC1, and arc2 is set to sr.

【0024】クライアント計算機19は、そのファイルシステム21のディレクトリ/usrにサーバ計算機のディレクトリ/usrをマウントするようマウント要求をサーバ計算機11に送信する際、パラメータとして自身のアーキテクチャを示す情報も合わせて送信する(図3ステップS1 )。 The client computer 19, sends the time of the the directory / usr file system 21 a mount request to mount the directory / usr server computer to the server computer 11, also combined information indicating its architecture as a parameter to (Figure 3 step S1). サーバ計算機11では、マウント要求を受信しパラメータの解釈を行なう(図3ステップS The server computer 11 receives a mount request interprets the parameters (FIG. 3 step S
11,S12)。 11, S12).

【0025】ここで、サーバ計算機11は、マウント要求のディレクトリ/usrのファイル制御テーブルを調べる。 [0025] In this case, the server computer 11, examine the file control table of the directory / usr mount request. まずルートディレクトリのファイル制御テーブル(FCTーa )101を調べ、そこにusrを見つけ、 First, examine the file control table (FCT over a) 101 of the root directory, there to find the usr,
それより/usrのファイル制御テーブル(FCTーb It than the / usr file control table (FCT over b
)106が見つかる(図3ステップS13〜S15)。 ) 106 is found (FIG. 3 step S13 to S15).

【0026】次にファイル制御テーブル(FCTーb ) [0026] Next, the file control table (FCT over b)
106のリンクテーブルの中にマウント要求元のアーキテクチャarc1に対するエントリ110を探しだし、 Out for an entry 110 for mounting requesting architecture arc1 in 106 of the link table,
リンク先パス名を得る(図3ステップS16〜S18)。 Obtaining a destination path name (Fig. 3 step S16 to S18).

【0027】ここではリンク先が/usr. [0027] Here, the link destination is / usr. arc1なので、ルートディレクトリのファイル制御テーブルを調べ、usr. arc1 So, examine the file control table of the root directory, usr. acr1に対するエントリを探す。 Find the entry for acr1. この検索で/usr. In this search / usr. arc1に対するエントリ112を見つける。 Find the entry 112 for arc1. それより/usr. It than / usr. arc1に対するファイル制御テーブル114を得る。 Obtaining a file control table 114 for ARC1.

【0028】このようにして/usr. [0028] In this way, the / usr. arc1に対するファイル制御テーブルが見つかると、以後はそのディレクトリをマウント処理対象として通常のネットワーク・ファイルシステムマウント処理(NFSマウント処理)を行なう(図3ステップS19)。 If it finds the file control table for ARC1, thereafter normal network file system mount handle (NFS mounting process) perform the directory as the mount processed (Fig. 3 step S19).

【0029】このように、クライアント計算機19がサーバ計算機11に対してマウント要求を出す際、自クライアント計算機のアーキテクチャ情報をパラメータに付加してサーバ計算機11に要求を出し、サーバ計算機1 [0029] Thus, when the client computer 19 issues a mount request to the server computer 11, requesting the architecture information of the client computer to the server computer 11 in addition to the parameter, the server computer 1
1はクライアント計算機19から受けたマウント要求に従い当該クライアント計算機のアーキテクチャ情報を読取り、リンクテーブルを参照して指定されたアーキテクチャに相当するパス名のディレクトリをマウント対象のディレクトリとしてクライアント計算機19のファイルシステムにマウントさせることにより、クライアント計算機の種類によらずサーバ計算機のマウントすべき位置を一か所に固定することができ、クライアント計算機毎にマウントすべき位置を考慮しなくともよいことから、 1 reads architecture information of the client computer in accordance with the mount request received from the client computer 19, the file system of the client computer 19 a directory path name which refers to the link table corresponding to the specified architecture as the mount target directory by mounting, the position to be mounted server computer regardless of the type of the client computer can be fixed in one place, since the position to be mounted on each client computer may not be taken into account,
クライアント計算機の管理の負荷を軽減し、又、クライアント計算機に依存するファイルの位置などの管理をサーバ計算機だけで行なうことが可能となり、クライアント計算機のシステム管理者へマウントすべき位置を伝える必要がなくなることから、クライアント計算機とサーバ計算機の管理が独立して行なえ、管理の容易化、省力化が可能となる。 Reduces the load on the client computer management, also it is possible to perform management such as location of the file depends on the client computer only the server computer, it is not necessary to transmit the position to be mounted to the system administrator of the client computer since, performed independently manage client computer and the server computer, facilitating the management, it is possible to save labor.

【0030】上記した実施例に於いては、クライアント計算機のアーキテクチャ情報をクライアント計算機がマウント要求を出す際にアーキテクチャ情報をパラメータに追加してサーバ計算機にマウント要求元のクライアント計算機のアーキテクチャを知らせているが、クライアント計算機がマウント要求時にアーキテクチャ情報をパラメータに追加しない場合には、マウント要求を受けたサーバ計算機がマウント要求元のクライアント計算機にアーキテクチャを問い合わせてマウント要求元のクライアント計算機のアーキテクチャ情報を得ることも可能である。 [0030] In the embodiment described above, the architecture information of the client computer client computer is informed architecture by adding architecture information to the parameter server computer to mount the requesting client computer when issuing a mount request but if the client computer does not add the architecture information for a parameter at mount request, the server computer receives a mount request to obtain the architecture about mount requesting client computer inquires the architecture mount requesting client computer it is also possible.

【0031】 [0031]

【発明の効果】以上説明したように本発明によれば、クライアント計算機の種類にたよらずサーバ計算機上のファイルシステムのマウントすべき位置を一か所に固定することにより、どのクライアント計算機でも同じ位置をマウントすればすむようになる。 According to the present invention as described in the foregoing, by fixing the one place position to mount the file system of the server on a computer without depending on the type of client computer, the same position at any client computer so live if mount. その結果、サーバ計算機上のファイルシステムをクライアント計算機がマウントする際に、クライアント計算機毎にマウントすべき位置を考慮する必要がなく、このためクライアント計算機の管理が軽減できる。 As a result, when the file system on the server computer the client computer is mounted, the position is not necessary to consider to be mounted in each client computer, Therefore the management of the client computer can be reduced. またクライアント計算機に依存するファイルの位置などの管理をサーバ計算機だけで行なうことが可能であることからクライアント計算機とは独立にサーバ計算機のファイルシステムの管理ができる。 And it may manage the file system of the server computer independently of the client computer that depend on the client computer because the management of the position of the file can be performed only by the server computer.
また、オートマウントのように、アクセスのあったときに自動的にネットワークファイルシステムのマウントを行なう機構の場合、どこをアクセスしたとき、どのサーバ計算機のどのディレクトリをマウントすべきかを表わすファイルを用意しなければならないが、この際、従来ではアーキテクチャが異なれば異なるディレクトリをマウントする必要があったためアーキテクチャ毎にこのファイルを用意しなければならなかったのに対して、この発明によりマウント先が一か所に限定できるので一つのファイルですむ。 Further, as the auto mount automatically if the mechanism for mounting the network file system, where when accessed, providing a file representing whether to mount any directory of which server computer when there accessed Although there must, this time, the related art has had to prepare the file for each architecture because there was a need to mount the different directories different architecture, the mount destination is one place by the present invention so it can be limited to live in a single file. 以上のように本発明によればサーバ計算機、クライアント計算機の管理の容易化、省力化が可能となる。 According to the present invention as described above server computer, facilitating the client computer management, it is possible to save labor.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の一実施例に係るネットワークファイルシステムのマウント方式を適用して構成されるシステムの構成を示す図。 FIG. 1 is a diagram showing the configuration of a system constituted by applying the mounting method of a network file system according to an embodiment of the present invention.

【図2】上記実施例のシステムに於けるファイル制御テーブルの構成と関係を示す図。 2 is a diagram showing the structure and relationships of the system in the file control table of said embodiment.

【図3】上記実施例のシステムに於けるネットワークファイルシステムのマウント処理手順を示すフローチャート。 3 is a flowchart showing the mounting procedure of the system in the network file system of the above embodiment.

【図4】従来の一般的なシステムに於けるマウントの関係を示す図。 Figure 4 is a diagram showing a relationship between in mounting the conventional general system.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

11…サーバ計算機、12…サーバ計算機11の二次記憶装置、13…二次記憶装置12上に構築されたファイルシステム、14…ファイルシステム13のルートディレクトリ、15…パス名/usrで表されるディレクトリ、16…パス名/usr. 11 ... server computer, 12 ... secondary storage device of the server computer 11, 13 ... secondary storage device 12 a file system built on top, 14 ... file system 13 of the root directory, represented by 15 ... pathname / usr directory, 16 ... path name / usr. arc1で表されるディレクトリ、17…パス名/usr. Directory represented by arc1, 17 ... path name / usr. arc2で表されるディレクトリ、18…通信路、19…クライアント計算機、20…クライアント計算機19の二次記憶装置、2 Directory represented by ARC2, 18 ... channel, 19 ... client computer, 20 ... secondary storage device of the client computer 19, 2
1…二次記憶装置20上に構築されたファイルシステム、22…ファイルシステム21のルートディレクトリ、23…パス名/usrで表されるディレクトリ、1 1 ... secondary storage device 20 a file system built on top, 22 ... file system 21 of the root directory, the directory represented by 23 ... pathname / usr, 1
01…ルートディレクトリ14を構成するファイル制御テーブル(FCTーa )、102…ルートディレクトリ14に含まれるファイルのファイル名を入れるファイル名入力欄、103…ファイル名入力欄102のファイル名に対するファイル制御テーブルへのポインタを入れるポインタ入力欄、104…パス名/usrで表されるディレクトリ15に対するエントリ、105…パス名/u 01 ... file control table constituting the root directory 14 (FCT over a), 102 ... file name input field contain the file name of the file included in the root directory 14, 103 ... file control table for file name file name input field 102 pointer input field contain a pointer to an entry for the directory 15 represented by 104 ... pathname / usr, 105 ... pathname / u
srで表されるディレクトリ15のファイル制御テーブルを指すポインタ、106…パス名/usrで表されるディレクトリ15を構成するファイル制御テーブル(F Pointer to the file control table of directory 15 represented by sr, file control table constituting the directory 15 represented by 106 ... pathname / usr (F
CTーb )、107…ファイル制御テーブル(FCTー CT over b), 107 ... file control table (FCT over
b )106によって表されるファイルのリンク情報を格納するリンクテーブル、108…アーキテクチャの識別子を入れる識別子入力欄、109…リンク先のパス名を入れるパス名入力欄、110…アーキテクチャarc1 b) link table storing link information file represented by 106, an identifier input box to put the identifier 108 ... architecture, the path name input field contain the pathname of 109 ... landing, 110 ... architecture arc1
に対するエントリ、111…アーキテクチャarc1のリンク先パス名、112…/usr. For an entry, 111 ... landing pathname architecture arc1, 112 ... / usr. arc1に対するエントリ、113…/usr. Entry for arc1, 113 ... / usr. arc1のファイル制御テーブル(FCTーc )へのポインタ、114…パス名/usr. A pointer to the arc1 of file control table (FCT over c), 114 ... path name / usr. arc1で表されるディレクトリ16を構成するファイル制御テーブル(FCTーc )、115…/ File control table constituting the directory 16 represented by ARC1 (FCT over c), 115 ... /
usr. usr. arc2に対するエントリ、116…/us Entry for arc2, 116 ... / us
r. r. arc2のファイル制御テーブル(FCTーd )へのポインタ、117…パス名/usr. A pointer to the arc2 of file control table (FCT over d), 117 ... path name / usr. arc2で表されるディレクトリ17を構成するファイル制御テーブル(FCTーd )。 File control table constituting the directory 17 represented by ARC2 (FCT over d).

Claims (2)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 ネットワークファイルシステムのマウントを要求するクライアント計算機と、 ネットワークファイルシステムのマウント処理を行なうサーバ計算機と、 ファイルシステムを保持する二次記憶装置と、 前記サーバ計算機のファイルシステムに於いて前記クライアント計算機のアーキテクチャを識別する識別子と前記クライアント計算機にマウントさせるファイルシステムのパス名を対にして記憶するリンクテーブルと、 前記サーバ計算機とクライアント計算機との間の通信路とを具備し、 前記クライアント計算機が前記サーバ計算機に対してマウント要求を出す際、自クライアント計算機のアーキテクチャ情報をパラメータに付加して前記サーバ計算機に要求を出し、 前記サーバ計算機は前記クライアント計算機から受けたマ And 1. A client computer requesting mount network file system, the server computer to perform the mounting process of the network file system, a secondary storage device that holds the file system, the In file system of the server computer comprising a link table for storing a pair the pathname of the file system to be mounted on the identifier and the client computer identifies the architecture of the client computer, and a communication path between the server computer and the client computer, the client computer Ma but when issuing a mount request to the server computer, by adding the architecture information of its own client computer as a parameter makes a request to the server computer, the server computer received from said client computer ウント要求に従い当該クライアント計算機のアーキテクチャ情報を読取り、前記リンクテーブルを参照して指定されたアーキテクチャに相当するパス名のディレクトリをマウント対象のディレクトリとしてクライアント計算機のファイルシステムにマウントさせることを特徴とするネットワークファイルシステムのマウント方式。 Reads architecture information of the client computer according und request, characterized in that to mount the file system of the client computer the directory path name corresponding to the specified architecture with reference to the link table as the mount target directory network mount system of the file system.
  2. 【請求項2】 ネットワークファイルシステムのマウントを要求するクライアント計算機と、 ネットワークファイルシステムのマウント処理を行なうサーバ計算機と、 ファイルシステムを保持する二次記憶装置と、 前記サーバ計算機のファイルシステムに於いて前記クライアント計算機のアーキテクチャを識別する識別子と前記クライアント計算機にマウントさせるファイルシステムのパス名を対にして記憶するリンクテーブルと、 前記サーバ計算機とクライアント計算機との間の通信路とを具備し、 前記サーバ計算機は前記クライアント計算機からマウント要求を受けると、当該マウント要求元のクライアント計算機よりアーキテクチャ情報を取得し、前記リンクテーブルを参照して前記取得したアーキテクチャに相当するパス名のディ 2. A client computer requesting mount network file system, the server computer to perform the mounting process of the network file system, a secondary storage device that holds the file system, the In file system of the server computer comprising a link table for storing a pair the pathname of the file system to be mounted on the identifier and the client computer identifies the architecture of the client computer, and a communication path between the server computer and the client computer, the server computer When receives a mount request from said client computer, de-pathnames acquires architecture information from the mount requesting client computer and corresponds to the architecture described above acquired by referring to the link table クトリをマウント対象のディレクトリとしてクライアント計算機のファイルシステムにマウントさせることを特徴とするネットワークファイルシステムのマウント方式。 Mounting scheme of the network file system, characterized in that to mount the file system of the client computer as a mounted object directory directory.
JP26211692A 1992-09-30 1992-09-30 Mounting system for network file system Pending JPH06110809A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP26211692A JPH06110809A (en) 1992-09-30 1992-09-30 Mounting system for network file system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP26211692A JPH06110809A (en) 1992-09-30 1992-09-30 Mounting system for network file system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH06110809A true true JPH06110809A (en) 1994-04-22

Family

ID=17371272

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP26211692A Pending JPH06110809A (en) 1992-09-30 1992-09-30 Mounting system for network file system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH06110809A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP0706129A1 (en) * 1994-04-25 1996-04-10 Sony Corporation Information memory processor
US6711559B1 (en) 1999-12-27 2004-03-23 Fujitsu Limited Distributed processing system, apparatus for operating shared file system and computer readable medium

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP0706129A1 (en) * 1994-04-25 1996-04-10 Sony Corporation Information memory processor
EP0706129A4 (en) * 1994-04-25 1999-09-22 Sony Corp Information memory processor
US6711559B1 (en) 1999-12-27 2004-03-23 Fujitsu Limited Distributed processing system, apparatus for operating shared file system and computer readable medium

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6718372B1 (en) Methods and apparatus for providing access by a first computing system to data stored in a shared storage device managed by a second computing system
US6138141A (en) Server to client cache protocol for improved web performance
US5995972A (en) System and method for retrieving data
US6968345B1 (en) Technique to enable support for symbolic link access by windows clients
US6321265B1 (en) System and method for enforcing politeness while scheduling downloads in a web crawler
US5675787A (en) Unification of directory service with file system services
US7225231B2 (en) System and method for transmitting workspace elements across a network
US20070038697A1 (en) Multi-protocol namespace server
US7113962B1 (en) Method and system for automatically updating content stored on servers connected by a network
US20030187931A1 (en) Facilitating resource access using prioritized multicast responses to a discovery request
US6023708A (en) System and method for using a global translator to synchronize workspace elements across a network
US6105028A (en) Method and apparatus for accessing copies of documents using a web browser request interceptor
US6742092B1 (en) System and method for backing up data from a plurality of client computer systems using a server computer including a plurality of processes
US6058425A (en) Single server access in a multiple TCP/IP instance environment
US6377984B1 (en) Web crawler system using parallel queues for queing data sets having common address and concurrently downloading data associated with data set in each queue
US5864669A (en) Method and system for accessing a particular instantiation of a server process
US6457047B1 (en) Application caching system and method
US20040254936A1 (en) Mechanism for evaluating security risks
US6401102B1 (en) Virtual geographic spatial object generating system
US5787470A (en) Inter-cache protocol for improved WEB performance
US7404201B2 (en) Data distribution server
US20060080371A1 (en) Storage policy monitoring for a storage network
US6081840A (en) Two-level content distribution system
US6618758B1 (en) System for downloading only a portion of a file from a server through a computer network utilizing a client menu downloaded periodically from the server
US4849877A (en) Virtual execution of programs on a multiprocessor system