JPH0593553U - 竪型ミル - Google Patents

竪型ミル

Info

Publication number
JPH0593553U
JPH0593553U JP4152592U JP4152592U JPH0593553U JP H0593553 U JPH0593553 U JP H0593553U JP 4152592 U JP4152592 U JP 4152592U JP 4152592 U JP4152592 U JP 4152592U JP H0593553 U JPH0593553 U JP H0593553U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
air
opening
mill
air port
reduced
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP4152592U
Other languages
English (en)
Inventor
正▲吉▼ 衡田
Original Assignee
石川島播磨重工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 石川島播磨重工業株式会社 filed Critical 石川島播磨重工業株式会社
Priority to JP4152592U priority Critical patent/JPH0593553U/ja
Publication of JPH0593553U publication Critical patent/JPH0593553U/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 負荷が低下した場合に給炭量の低下に対応し
て熱風の供給量を減少しても熱風の適切なエアポート通
過流速を容易に確保し、更に、ミル出口の微粉炭濃度の
低下を防止し得る竪型ミルを提供する。 【構成】 ミル本体1内の粉砕テーブル2を囲むよう環
状に配設された複数のエアポート7の外周囲に、該エア
ポート7の開口部10を覆うことができる大きさを有し
且つエアシリンダ11(駆動装置)により前記粉砕テー
ブル2の半径方向に進退動可能に支持された開度調整板
12を任意のエアポート7に対応して設ける。

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】
本考案は、竪型ミルに関するものである。
【0002】
【従来の技術】
図3はボイラに微粉炭を供給する竪型ミルの粉砕部の一例を示すもので、ミル 本体1内底部に回転可能に設けられた粉砕テーブル2上に投入された石炭3(砕 料)を、前記粉砕テーブル2の上面周方向に形成された粉砕溝4と、ローラ加圧 装置5により前記粉砕溝4に圧接されつつ粉砕テーブル2に追従して回転する粉 砕ローラ6との間で粉砕し、該粉砕によって生じた微粉炭3’を、前記粉砕テー ブル2を囲むよう環状に配設されたエアポート7からの熱風8により吹き上げて 搬送し、上方に設けられた図示しない分級機に導いて分級した後にミル本体1外 に送出するようになっている。
【0003】 ここで、前記エアポート7からの熱風8は、粉砕された微粉炭3’を搬送する と同時にエアポート7内に石炭3が落下するのを防いでおり、石炭3中に含まれ るパイライトだけを異物として落下させ、廃棄処理するようにしている。
【0004】
【考案が解決しようとする課題】
しかしながら、上記従来の竪型ミルにおいては、エアポート7が一定の開口面 積で開口していた為、竪型ミルの負荷が低下して給炭量が減少した場合に、該給 炭量の低下に対応して熱風8の供給量を減少すると、熱風8のエアポート7通過 流速が低下し、これによってエアポート7に落下する石炭3(微粉炭3’)の量 が増加し、パイライトとして廃棄処理される石炭3の量が増加するという不具合 があった。
【0005】 この為、従来では竪型ミルの負荷が低下して給炭量が低下した場合でも、エア ポート7に落下する石炭3(微粉炭3’)の量が増加しない程度の熱風量を確保 するようにしていた為、負荷低下時に熱風量/給炭量の比率において熱風量が増 加し、熱風8により搬送されてミル本体1外に送出される微粉炭3’の濃度が低 下することから後段のボイラのバーナ等において空気過多による失火の虞れが生 じ、ある程度負荷が低下した時点で竪型ミルの運転を停止しなければならなかっ た。
【0006】 本考案は、上述の実情に鑑みてなしたもので、負荷が低下した場合に砕料の供 給量の低下に対応して熱風の供給量を減少しても、熱風の適切なエアポート通過 流速を容易に確保し得る竪型ミルを提供することによって、ミル出口の微粉濃度 の低下を防止することを目的としている。
【0007】
【課題を解決するための手段】
本考案は、ミル本体内の粉砕テーブルを囲むよう環状に配設された複数のエア ポートの外周囲に、該エアポートの開口部を覆うことができる大きさを有し且つ 駆動装置により前記粉砕テーブルの半径方向に進退動可能に支持された開度調整 板を任意のエアポートに対応して設けたことを特徴とする竪型ミルに係るもので ある。
【0008】
【作用】
従って本考案では、竪型ミルの負荷が低下した場合に、砕料の供給量の低下に 対応して熱風の供給量を減少しても、例えば全ての開度調整板を各エアポートの 外周囲から粉砕テーブル側に向けて移動することによりエアポートの開口部上に 張り出し、該張り出した開度調整板により前記開口部を部分的に覆って各エアポ ートの開口面積を一様に減少させれば、各エアポートにおける熱風の適切な通過 流速が確保される。
【0009】 又、減少した熱風量に応じた数の開度調整板を張り出して所要数のエアポート を閉塞することにより、全エアポートの総開口面積を減少させ、開口しているエ アポートにおける熱風の適切な通過流速を確保するようにしても良い。
【0010】
【実施例】
以下本考案の実施例を図面を参照しつつ説明する。
【0011】 図1及び図2は本考案の一実施例を示すもので、図中図3と同一の符号を付し た部分は同一物を表わしている。
【0012】 前述した図3の竪型ミルと略同様に構成した竪型ミル9において、ミル本体1 内の粉砕テーブル2を囲むよう環状に配設された複数のエアポート7の外周囲に 、該エアポート7の開口部10を覆うことができる大きさを有し且つミル本体1 外部に配設したエアシリンダ11(駆動装置)により前記粉砕テーブル2の半径 方向に進退動し得るよう支持された開度調整板12を前記各エアポート7に対応 して設け、前記開度調整板12を進退動させることにより個々のエアポート7の 開口面積を調整し得るよう構成する。
【0013】 而して、竪型ミル9の負荷が低下した場合に、給炭量の低下に対応して熱風8 の供給量を減少しても、例えば全ての開度調整板12を各エアポート7の外周囲 から粉砕テーブル2側に向けて移動することによりエアポート7の開口部10上 に張り出し、該張り出した開度調整板12により前記開口部10を部分的に覆っ て各エアポート7の開口面積を一様に減少させれば、各エアポート7における熱 風8の適切な通過流速が確保される。
【0014】 又、減少した熱風8量に応じた数の開度調整板12を張り出して所要数のエア ポート7を閉塞することにより、全エアポート7の総開口面積を減少させ、開口 しているエアポート7における熱風8の適切な通過流速を確保するようにしても 良い。
【0015】 尚、このような操作を行う場合には、必ずしも全てのエアポート7に対応して 開度調整板12を設ける必要はなく、全エアポート7の1/3程度に対応して開 度調整板12を設ければ良い。例えば20〜30個のエアポート7を備えた竪型 ミル9の場合、通常3箇所に備えられた粉砕ローラ6の下側近傍に位置した所要 数のエアポート7(1箇所当り2〜3個のエアポート7)に対応して開度調整板 12を設ければ良い。
【0016】 従って上記実施例によれば、負荷が低下した場合に給炭量の低下に対応して熱 風8の供給量を減少しても、エアポート7に落下する石炭3(微粉炭3’)の量 を増加することなく、熱風8の適切なエアポート7通過流速を容易に確保するこ とができるので、ミル出口の微粉炭3’の濃度の低下を防止することができ、従 来より低い負荷範囲まで竪型ミル9の運転を継続させることができる。
【0017】 尚、本考案の竪型ミルは、上述の実施例にのみ限定されるものではなく、石炭 以外にセメント原料等の他の砕料を粉砕する竪型ミルであっても良いこと、駆動 装置はエアシリンダに限定されないこと、その他、本考案の要旨を逸脱しない範 囲内において種々変更を加え得ることは勿論である。
【0018】
【考案の効果】
上記した本考案の竪型ミルによれば、負荷が低下した場合に砕料の供給量の低 下に対応して熱風の供給量を減少しても、エアポートに落下する砕料の量を増加 することなく、熱風の適切なエアポート通過流速を容易に確保することができる ので、ミル出口の微粉濃度の低下を防止することができ、従来より低い負荷範囲 まで竪型ミルの運転を継続させることができるという優れた効果を奏し得る。
【図面の簡単な説明】
【図1】本考案の一実施例を示す断面図である。
【図2】図1のII−II方向の矢視図である。
【図3】従来例を示す一部を切り欠いた斜視図である。
【符号の説明】
1 ミル本体 2 粉砕テーブル 7 エアポート 9 竪型ミル 10 開口部 11 エアシリンダ(駆動装置) 12 開度調整板

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 ミル本体内の粉砕テーブルを囲むよう環
    状に配設された複数のエアポートの外周囲に、該エアポ
    ートの開口部を覆うことができる大きさを有し且つ駆動
    装置により前記粉砕テーブルの半径方向に進退動可能に
    支持された開度調整板を任意のエアポートに対応して設
    けたことを特徴とする竪型ミル。
JP4152592U 1992-05-25 1992-05-25 竪型ミル Pending JPH0593553U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4152592U JPH0593553U (ja) 1992-05-25 1992-05-25 竪型ミル

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4152592U JPH0593553U (ja) 1992-05-25 1992-05-25 竪型ミル

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0593553U true JPH0593553U (ja) 1993-12-21

Family

ID=12610815

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4152592U Pending JPH0593553U (ja) 1992-05-25 1992-05-25 竪型ミル

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0593553U (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011072893A (ja) * 2009-09-30 2011-04-14 Ihi Corp 竪型ミル

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011072893A (ja) * 2009-09-30 2011-04-14 Ihi Corp 竪型ミル

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3465971A (en) Deflector arrangement for use in a grinding mill
CA2594507A1 (en) Roller mill
EP0507983A1 (en) A pulverizer mill with a rotating throat/air port ring assembly
US20070290088A1 (en) Bowl mill for a coal pulverizer with an air mill for primary entry of air
US4228964A (en) Apparatus for processing cellulose insulation
JPH07163895A (ja) 異なる粒度の材料を破砕するための方法および装置
GB1378370A (en) Domestic flour and meal mills
JPH0593553U (ja) 竪型ミル
JP3668253B2 (ja) ローラーミル
JPH09173882A (ja) 竪型ミル
JP2556414B2 (ja) 竪形ローラミル
KR20180003078U (ko) 곡물 분쇄장치
JPH1028890A (ja) 竪型ローラミル
JPH0634826Y2 (ja) 竪型ミル
CN110740815B (zh) 生物质研磨机
JP2948808B1 (ja) 竪型ローラミルによるセメントクリンカ粉砕装置
GB754724A (en) Improvements in or relating to a bowl mill for pulverizing coal and similar materials
JPH078030Y2 (ja) 竪型ローラミル
JPH0560534U (ja) 竪形ミル
JP2740249B2 (ja) 竪型ローラミル
US1752860A (en) Mill
US201347A (en) Improvement in mills for pulverizing
JP2878369B2 (ja) 堅型粉砕機
JP2855211B2 (ja) 竪型ミル
US2828921A (en) Material feeder and material relief gate structure for gas swept pulverizers having rolling grinding elements and a stationary upper classifier