JPH0571244A - プレキヤスト製耐震壁 - Google Patents

プレキヤスト製耐震壁

Info

Publication number
JPH0571244A
JPH0571244A JP26053791A JP26053791A JPH0571244A JP H0571244 A JPH0571244 A JP H0571244A JP 26053791 A JP26053791 A JP 26053791A JP 26053791 A JP26053791 A JP 26053791A JP H0571244 A JPH0571244 A JP H0571244A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
wall body
earthquake
installation
wall
mounting portion
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP26053791A
Other languages
English (en)
Inventor
Kenzo Yoshioka
研三 吉岡
Yasuhiko Masuda
安彦 増田
Nobutsugu Takami
信嗣 高見
Noriyuki Furuya
則之 古屋
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Obayashi Corp
Original Assignee
Obayashi Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Obayashi Corp filed Critical Obayashi Corp
Priority to JP26053791A priority Critical patent/JPH0571244A/ja
Publication of JPH0571244A publication Critical patent/JPH0571244A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 建築現場で据付けを簡便に行え、地震等の振
動に際して揺れを抑制することができるプレキャスト製
耐震壁を提供する。 【構成】 壁体10の上下の縁部にT型鋼を各々埋設す
る。T型鋼は、フランジの中央に垂立している保持部と
してのウェッブ4をコンクリート中に埋込み、壁体10
の縁面に沿うフランジで構成した取付部3に複数のボル
ト孔5を設けてある。据付けは、上下の鉄骨梁に、取付
部3,3を各々当接させ、この状態で互いをボルト締結
する。このため強固に据付けることができる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、ボルト締結により鉄骨
梁に連結するようにしたプレキャスト製耐震壁に関す
る。
【0002】
【従来の技術】周知のように、建築物として、柱はSR
C造あるいはRC造とし、梁をS造とした、いわゆる混
合構造が採用されている。この混合構造は、梁部分を純
粋な鉄骨材によって構成することで、スパン長さの長大
化と建物の全体重量の軽減、梁の高さ寸法の縮小を図る
と共に、作業の効率化、省力化の点で優れている。
【0003】ところで、スパン長さを長大にすると、梁
がS造なので、耐震上ブレースで補強しなければならな
い。このブレースには、梁がS造なので、取合い等を考
慮すると、一般的に鋼材が使用される。このブレース部
分をコンクリートで覆うのは、上部がS造の梁なので困
難性を伴い、S造のブレース単独で用いる場合が多い。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、S造の
ブレースを用いた構造では、地震などに際し、その地震
力をブレースが材軸で受けるため、揺れが大きいという
不都合があり、そのため住居性が損なわれていた。しか
もこのブレースの連結は溶接によるため、まず互いの位
置を正確に合せなければならず、溶接に欠陥が生じない
ように据付け時の各作業には特段の注意を払わねばなら
なかった。
【0005】本発明は、前記の事情に鑑みてなされたも
のであり、その目的は、建築現場で据付けを簡便に行
え、地震等の振動に際して揺れを抑制することができる
プレキャスト製耐震壁を提供することにある。
【0006】
【課題を解決するための手段】前記目的を達成するため
本発明は、鉄骨梁にボルト締結される取付部と、この取
付部を壁体に一体化させて保持する保持部とを備えたこ
とを特徴とする。
【0007】
【作用】本発明の作用について述べると、鉄骨梁にボル
ト締結される取付部は、保持部によって当該壁体に一体
化されて保持される。取付作業については、まず取付部
を上記鉄骨梁に当接させ、この状態で互いをボルト締結
すれば据付けることができる。この据付けでは、鉄骨梁
に取付部が接面した状態となるので、鉄骨梁とは点では
なく面で連結させることができ、このため強固に据付け
ることができ、建築物全体の剛性を高めることができ
る。
【0008】
【実施例】以下、本発明の実施例につき、添付図面を参
照して説明する。図1は、本発明にかかるプレキャスト
製耐震壁の好適な一実施例を示す斜視図である。同図は
壁の一部を破断して示している。
【0009】このプレキャスト製耐震壁1は、略長方形
の壁体10がコンクリートによって成形されており、そ
の壁体10には補強のため複数の鉄筋2…が網目状に組
まれて埋設されている。
【0010】壁体10の上縁部および下縁部には、鉄骨
梁にボルト締結される取付部3が配設されている。取付
部3は、本実施例ではT型鋼のフランジであって、その
中央に保持部であるウェッブ4が垂立して長手に延びて
形成されている。ウェッブ4は壁体10に埋込まれて一
体的に固定されるものであって、このとき取付部3は壁
体10の縁面に沿った状態とされ、壁体10に埋設され
たウェッブ4によって強固に保持されることになる。な
お、本実施例のようなT型鋼材によるのではなく、単な
る帯板形状の鋼板材とした取付部3にスタッドを適宜設
けることでもよい。
【0011】取付部3には、複数のボルト孔5が適宜に
設けられており、当該壁1の据付けに際して高力ボルト
等を締結させることができるようになっている。
【0012】さて、図2および図3に示す建築物は、断
面が角形でSRC構造の柱6が、H型鋼でなる梁7で連
結されて構築されており、柱6はRC構造であってもよ
い。この建築物に対してプレキャスト製耐震壁1が据付
けられるものであり、すなわち当該壁1の寸法設定は、
左右の柱6,6と上下の梁7,7とで取囲まれる空間に
配設できるようになっていて、このため壁体10の上下
の取付部3,3が上下の梁7,7に各々当接されるよう
になっている。したがって、据付けに際しては、まず壁
体10の上下の取付部3,3を上下の梁7,7に各々当
接させ、この取付部3にはボルト孔5が設けられている
ので、この状態で互いを高力ボルト8等により締結すれ
ばよく、これで据付けが完了となる。
【0013】このように、据付けでは、鉄骨梁7に、取
付部3が接面した状態となるので、鉄骨梁7とは点では
なく適宜範囲の面で連結させることができ、このため建
築物の骨組に対してしっかりと強固に据付けることがで
き、建築物全体の剛性を高めることができる。したがっ
て、地震等の振動に際して揺れを抑制することができ、
その結果従来のブレースを設けた構造などに比して居住
性の向上を図ることができる。またこの場合、単にボル
ト締結するだけなので、作業が容易であり溶接によると
きほど注意がいらなく、溶接装置などの大がかりな装置
もいらなく、建築現場で据付けを簡便に行うことができ
る。もちろん、ボルト締結によることから、取外し交換
も容易に行える。
【0014】
【発明の効果】以上詳細に説明したように、本発明にか
かるプレキャスト製耐震壁によれば、据付けに際して、
鉄骨梁にまず取付部を接面させ、この状態で互いをボル
ト締結すればよく、取付部が鉄骨梁に面で接した状態で
ボルト締結が行われるため、建築物に対してしっかりと
強固に据付けることができ、建築物全体の剛性を高める
ことができる。したがって、地震等の振動に際して揺れ
を抑制することができ、その結果居住性の向上を図るこ
とができる。そして、単にボルト締結するだけなので、
作業が容易であり溶接によるときほど注意がいらなく、
建築現場で据付けを簡便に行うことができ、取外し交換
も容易に行える。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施例を示す斜視図である。
【図2】据付け状態を説明する建築物の要部側面図であ
る。
【図3】図2をA−A矢視した断面図である。
【符号の説明】
1 プレキャスト製耐震壁 3 取付部 4 ウェッブ 5 ボルト孔 7 鉄骨梁 10 壁体
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 古屋 則之 東京都清瀬市下清戸4丁目640番地 株式 会社大林組技術研究所内

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 鉄骨梁にボルト締結される取付部と、該
    取付部を壁体に一体化させて保持する保持部とを備えた
    ことを特徴とするプレキャスト製耐震壁。
JP26053791A 1991-09-12 1991-09-12 プレキヤスト製耐震壁 Pending JPH0571244A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP26053791A JPH0571244A (ja) 1991-09-12 1991-09-12 プレキヤスト製耐震壁

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP26053791A JPH0571244A (ja) 1991-09-12 1991-09-12 プレキヤスト製耐震壁

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0571244A true JPH0571244A (ja) 1993-03-23

Family

ID=17349343

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP26053791A Pending JPH0571244A (ja) 1991-09-12 1991-09-12 プレキヤスト製耐震壁

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0571244A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101962974A (zh) * 2010-09-30 2011-02-02 同济大学 双功能组合钢板剪力墙
KR101106259B1 (ko) * 2009-08-13 2012-01-18 동국대학교 산학협력단 프리캐스트 콘크리트 패널을 이용한 건물 리모델링 시공 방법 및 프리캐스트 콘크리트 패널 연결구조
CN104032835A (zh) * 2014-05-28 2014-09-10 同济大学 屈曲约束钢板墙与混凝土框架连接的栓钉连接节点
CN112982749A (zh) * 2021-03-03 2021-06-18 中国建筑第八工程局有限公司 用于安装粘滞阻尼墙的连接梁及其施工方法

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0332165U (ja) * 1989-08-04 1991-03-28

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0332165U (ja) * 1989-08-04 1991-03-28

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101106259B1 (ko) * 2009-08-13 2012-01-18 동국대학교 산학협력단 프리캐스트 콘크리트 패널을 이용한 건물 리모델링 시공 방법 및 프리캐스트 콘크리트 패널 연결구조
CN101962974A (zh) * 2010-09-30 2011-02-02 同济大学 双功能组合钢板剪力墙
CN104032835A (zh) * 2014-05-28 2014-09-10 同济大学 屈曲约束钢板墙与混凝土框架连接的栓钉连接节点
CN112982749A (zh) * 2021-03-03 2021-06-18 中国建筑第八工程局有限公司 用于安装粘滞阻尼墙的连接梁及其施工方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9085901B2 (en) Pre-assembled internal shear panel
US6298612B1 (en) Wall strengthening component
JP2004176460A (ja) 耐震補強構造
JPH0571244A (ja) プレキヤスト製耐震壁
EP0485317A1 (en) Prefabricated modular construction
JP3034187B2 (ja) 既存建造物の補強構造
JP2004293158A (ja) 耐震パネルの設置構造
JPH0726520Y2 (ja) 鉄骨枠組構造
JPH0768741B2 (ja) 鉄骨コンクリート梁
JP3804174B2 (ja) ロ字型骨組架構による既存建築物の耐震改修方法
JPH09177365A (ja) 鉄骨造又は鉄骨鉄筋コンクリート造の構造物に於ける鋼板ダンパーの取着構造
JP2577973B2 (ja) 地下室付き建築物の構築方法
JP3552691B2 (ja) 木造建築物の補強構造
JP3752028B2 (ja) ピロティを有する建物の耐震補強構造
JP3401311B2 (ja) 単位パネルによる建物の建築工法
JPH0715923Y2 (ja) 木造建築物用支柱締結装置
JP2662619B2 (ja) 跳ね出し部に形成した耐震壁を有する中高層建築物
JP2642101B2 (ja) 片持ち式床パネルの取付部の構造
JPH06212703A (ja) ユニット構造体の補強構造
JP3002681B2 (ja) 建築物の構造
JPH05112983A (ja) 鉄筋コンクリート建物の構築法
JP2003035051A (ja) 耐震壁用鋼板および鋼板耐震壁の構築方法
JP2004011104A (ja) 木造建物の耐震補強工法
JP2992580B2 (ja) 建築物の軸組構法
JPH05280124A (ja) パネル建物構造