JPH0569972A - 用紙給送装置 - Google Patents

用紙給送装置

Info

Publication number
JPH0569972A
JPH0569972A JP3227469A JP22746991A JPH0569972A JP H0569972 A JPH0569972 A JP H0569972A JP 3227469 A JP3227469 A JP 3227469A JP 22746991 A JP22746991 A JP 22746991A JP H0569972 A JPH0569972 A JP H0569972A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
paper
separation pad
thickness
force
paper sheet
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP3227469A
Other languages
English (en)
Inventor
Koichiro Oshiumi
幸一郎 鴛海
Original Assignee
Murata Mach Ltd
村田機械株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Murata Mach Ltd, 村田機械株式会社 filed Critical Murata Mach Ltd
Priority to JP3227469A priority Critical patent/JPH0569972A/ja
Publication of JPH0569972A publication Critical patent/JPH0569972A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 原稿等の用紙の厚さに応じて分離パッドの圧
接力を調節して、用紙の厚さにかかわらず常に円滑な分
離や繰り込みを可能とする。 【構成】 原稿用紙Pに対して繰り込み力を付与する繰
り込みローラ10及び、原稿用紙Pに対して繰り込み力
に抗する力を付与する分離パッド12を設ける。搬送通
路4において、繰り込みローラ10及び分離パッド12
の下流側には、紙厚検出器15を配置する。分離パッド
12の背面側に板バネ13を介してソレノイド14を配
置する。繰り込みローラ10と分離パッド12との協働
作用により繰り込まれた原稿用紙Pの厚さを紙厚検出器
15により検出し、その紙厚検出器15からの検出信号
のレベルに基づいてソレノイド14を作動させて、分離
パッド12の繰り込みローラ10への圧接力を調節す
る。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【産業上の利用分野】本発明は、例えばファクシミリ装
置において原稿を1枚ずつ給送する原稿用紙給送装置等
の用紙給送装置に関するものである。

【0002】

【従来の技術】ファクシミリ装置における原稿用紙給送
装置においては、原稿を積層支持するための給紙トレイ
の下端近傍に、原稿に対して繰り込み力を付与する繰り
込みローラが設けられるとともに、積層された原稿に対
して繰り込み力に抗する力を付与する分離パッドが設け
られている。そして、繰り込みローラが回転すると、給
紙トレイ上の原稿のうち、繰り込みローラに接している
原稿から1枚ずつ装置内の原稿読取部に繰り込まれ、他
の原稿は分離パッドにより給紙トレイ上の位置を保持さ
れる。このようにして、給紙トレイ上の原稿が1枚ずつ
分離されて繰り込まれる。

【0003】

【発明が解決しようとする課題】ところが、以上のよう
に構成した装置においては、原稿の厚さが変わって原稿
の重量が変わると、分離パッドと原稿との摩擦力が変動
し、原稿の分離や繰り込みが円滑に行われないおそれが
あった。

【0004】本発明は上記問題点を解消するためになさ
れたものであって、その目的は、原稿等の用紙の厚さに
かかわらず常に円滑な分離や繰り込みが可能となる用紙
給送装置を提供することにある。

【0005】

【課題を解決するための手段】上記の目的を達成するた
めにこの発明では、繰り込みローラと、その繰り込みロ
ーラの外周面に圧接される分離パッドとを有し、前記繰
り込みローラと分離パッドとの協働作用により用紙を1
枚ずつ繰り込むようにした用紙給送装置において、前記
用紙の厚さを検出する検出手段と、その検出手段の検出
結果に基づいて前記分離パッドの圧接力を調節する調節
手段とを備えたものである。

【0006】

【作用】従って、本発明によれば、検出手段により用紙
の厚さが検出され、その検出結果に基づいて調節手段に
より分離パッドの圧接力が調節される。従って、用紙が
厚いのもである場合は、分離パッドの圧接力を弱くする
ことにより、用紙を確実に繰り込むことができる。又、
用紙が薄いものである場合は、分離パッドの圧接力を強
くすることにより、用紙を確実に分離して1枚ずつ繰り
込むことができる。

【0007】

【実施例】以下、本発明の用紙給送装置をファクシミリ
装置における原稿用紙給送装置に具体化した一実施例を
図面に基づいて説明する。

【0008】図1に示すように、装置フレーム1の上面
には原稿用紙Pの挿入口2が、同装置フレーム1の前縁
には原稿用紙Pの排出口3が形成されている。装置フレ
ーム1の内部には原稿用紙Pの搬送通路4が設けられ、
前記挿入口2から挿入された原稿用紙Pは搬送通路4を
通過して前記排出口3から排出されて、排紙トレイ5上
に載置される。

【0009】イメージセンサ6は前記搬送通路4に対向
するように配置され、送信時にこのイメージセンサ6に
より原稿用紙P上の画情報が読み取られる。イメージセ
ンサ6を挟んで搬送通路4の上流側及び下流側には各一
対の送りローラ7,8がそれぞれ配設され、これらの送
りローラ7,8の回転により搬送通路4を通過する原稿
用紙Pに送りが付与される。

【0010】原稿用紙Pを積層支持するための給紙トレ
イ9は、前記装置フレーム1の上部において前記挿入口
2と対応する位置に配置されている。繰り込みローラ1
0は給紙トレイ9の下端近傍において装置フレーム1内
に積極回転可能に支持され、前記搬送通路4を挟んで繰
り込みローラ10の反対側位置には支持板11が固定配
置されている。その支持板11には繰り込みローラ10
と対向するように分離パッド12が取り付けられ、その
分離パッド12の背面には板バネ13が取り付けられて
いる。又、板バネ13の背面側には調節手段としてのサ
ーボソレノイドよりなるソレノイド14が配置され、こ
のソレノイド14のアーマチャの先端は板バネ13に当
接している。そして、ソレノイド14が作動されると、
板バネ13を介して分離パッド12が繰り込みローラ1
0に向かって付勢されて、同ローラ10の外周面に圧接
される。

【0011】そして、給紙トレイ9上に多数の原稿用紙
Pが積層支持された状態で、繰り込みローラ10が回転
駆動されると、給紙トレイ9上の原稿用紙Pのうち、繰
り込みローラ10の外周面に接している1枚の原稿用紙
Pにのみ繰り込み力が付与されて、同原稿用紙Pが前記
搬送通路4内に繰り込まれる。このとき、他の原稿用紙
Pは分離パッド12により搬送通路4内への繰り込みが
阻止されて、給紙トレイ9上の位置を保持される。つま
り、繰り込みローラ10の回転に伴い、同繰り込みロー
ラ10と分離パッド12との協働作用により、給紙トレ
イ9上の原稿用紙Pが1枚ずつ分離して搬送通路4内に
繰り込まれる。

【0012】前記搬送通路4において、繰り込みローラ
10及び分離パッド12の下流側には、検出手段として
の紙厚検出器15が配置されている。図2に示すよう
に、この紙厚検出器15の支持体16はほぼコ字状に形
成され、その内側対向面にはそれぞれ発光部17と受光
部18とが互いに対向するように取り付けられている。
そして、前記繰り込まれた原稿用紙Pの側縁部が、この
発光部17と受光部18との間を通過するようになって
いる。そして、発光部17から発光された光が原稿用紙
Pを通して受光部18で受光され、この受光部18で受
光された光の強さに基づいて、原稿用紙Pの厚さが検出
される。

【0013】次に、この原稿用紙給送装置における紙厚
検出機構についての関連構成部分の制御回路について説
明すると、図3に示すように、発光部17としては発光
ダイオードが使用され、この発光ダイオード17から発
光された光が、原稿用紙Pを通して前記受光部18で受
光される。尚、受光部18としてはフォトトランジスタ
が使用され、このフォトトランジスタ18は前記受光さ
れた光の強さに基づいたレベルの検出信号(電圧)を出
力する。増幅器19はフォトトランジスタ18からの検
出信号を増幅して出力する。そして、増幅器19からの
出力信号はラッチ回路を含む記憶部20に記憶される。

【0014】記憶部20は記憶した検出信号レベルに対
応するレベルの電圧を抵抗21を介してトランジスタ2
2のベースに出力し、このトランジスタ22は入力され
た電圧の高さに基づいて、前記ソレノイド14を作動さ
せる。つまり、検出信号レベルが高い場合には、ソレノ
イド14には大きな電圧が加えられ、同ソレノイド14
は板バネ13を介して分離パッド12を強い力で繰り込
みローラ10に圧接させる。又、検出信号レベルが低い
場合には、ソレノイド14には小さな電圧が加えられ、
同ソレノイド14は分離パッド12を弱い力で繰り込み
ローラ10に圧接させる。

【0015】抵抗23はトランジスタ22に対して常に
所定のバイアス電圧を与えるためのものである。前記給
紙トレイ9には原稿用紙Pのセットを検出する検出器
(図示しない)が設けられ、その検出器が原稿用紙Pの
存在を検出したときに、ソレノイド14には所定の電圧
が与えられ、同ソレノイド14はその所定電圧に基づく
一定の励磁力により、分離パッド12を繰り込みローラ
10に向かって付勢する。この場合のソレノイド14の
励磁力、すなわち分離パッド12の圧接力は、平均的な
紙厚に対応した値となるように定められている。そし
て、紙厚検出器15により原稿用紙Pの厚さが検出され
ると、ソレノイド14にはこの入力された検出信号に応
じた高さの電圧が印加され、同ソレノイド14は紙厚に
応じた励磁力により、分離パッド12を繰り込みローラ
10に圧接させる。ダイオード24は、ソレノイド14
への通電がオフされたときに発生する逆起電力からトラ
ンジスタ22を保護するためのものである。

【0016】尚、前記紙厚検出器15は、前記検出器に
より用紙セットが検出された後の1枚目の原稿用紙Pの
厚さを検出し、それ以降の検出を行わない。2枚目以降
の紙送りにおいて記憶部20は、分離パッド12が最初
の原稿用紙Pの厚さに対応する圧接力を保持するよう
に、出力を行う。

【0017】次に、上記のように構成された原稿用紙給
送装置の作用を説明する。さて、給紙トレイ9上に多数
の原稿用紙Pを載置支持した状態で装置を始動すると、
分離パッド12が所定の付勢力で繰り込みローラ10に
圧接されるとともに、繰り込みローラ10が回転駆動さ
れて、同繰り込みローラ10と分離パッド12との協働
作用により、原稿用紙Pが1枚ずつ搬送通路4内に繰り
込まれる。このとき、搬送通路4内に繰り込まれた最初
の1枚の原稿用紙Pが紙厚検出器15を通過すると、そ
の紙厚検出器15の発光部17から発光された光が原稿
用紙Pを通して受光部18で受光され、その受光部18
は受光された光の強さに基づいたレベルの検出信号を出
力する。そして、その検出信号のレベルが記憶部20に
記憶されるとともに、同検出信号のレベルに基づいてソ
レノイド14が作動され、そのソレノイド14により板
バネ13を介して分離パッド12が押圧されて繰り込み
ローラ10に所要の付勢力で圧接される。

【0018】すなわち、原稿用紙Pが薄く軽いものであ
ると、原稿用紙Pに対する分離パッド12の保持力が相
対的に小さくなるが、この場合は用紙Pが薄いため光の
透過率が高くなって紙厚検出器15からの検出信号のレ
ベルが高くなり、ソレノイド14が強い力で励磁されて
分離パッド12の繰り込みローラ10への圧接力が強く
なる。すると、分離パッド12の原稿用紙Pに対する保
持力がアップし、原稿用紙Pは分離パッド12によりそ
の進行が阻止されやすくなるため、つまり原稿用紙Pを
1枚ずつ分離する能力が高くなり、同用紙Pが複数枚同
時に繰り込まれることがなく、原稿用紙Pを1枚ずつ確
実に分離して搬送通路4内に繰り込むことができる。こ
の場合、原稿用紙Pに対する繰り込み力は小さくなる
が、同用紙Pは元々繰り込まれ易いものであるため、用
紙が繰り込まれないという問題は生じることがない。

【0019】又、原稿用紙Pが厚く重いものであると、
原稿用紙Pに対する分離パッド12の保持力が相対的に
大きくなるが、この場合は用紙Pが厚いため光の透過率
が低くなって紙厚検出器15からの検出信号のレベルが
低くなり、ソレノイド14が弱い力で励磁されて分離パ
ッド12の繰り込みローラ10への圧接力が弱くなる。
すると、分離パッド12の原稿用紙Pに対する保持力が
減少し、原稿用紙Pは繰り込みローラ10に繰り込まれ
易くなるため、つまり原稿用紙Pに対する繰り込み力が
大きくなり、同用紙Pが繰り込まれないということはな
く、原稿用紙Pを確実に搬送通路4内に繰り込むことが
できる。この場合、原稿用紙Pを1枚ずつ分離する能力
は低くなるが、同用紙Pは元々分離され易いものである
ため、用紙が複数枚同時に繰り込まれるという問題は生
じることがない。

【0020】尚、この発明は前記実施例に限定されるも
のではなく、この発明を原稿用紙給送装置以外の用紙給
送装置、例えばプリンタ等に具体化したりするなど、こ
の発明の趣旨を逸脱しない範囲で各部の構成を任意に変
更して具体化することも可能である。

【0021】

【発明の効果】以上詳述したように本発明によれば、原
稿等の用紙の厚さに応じて分離パッドの圧接力を調節す
ることができ、用紙の厚さにかかわらず常に円滑な分離
や繰り込みが可能になるという優れた効果を発揮する。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の用紙給送装置を原稿給送装置に具体化
した一実施例を示す部分断面図である。

【図2】紙厚検出器を示す部分拡大図である。

【図3】紙厚検出機構についての関連構成部分の制御回
路図である。

【符号の説明】

10 繰り込みローラ、12 分離パッド、14 調節
手段としてのソレノイド、15 検出手段としての紙厚
検出器、17 発光部、18 受光部。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 繰り込みローラと、その繰り込みローラ
    の外周面に圧接される分離パッドとを有し、前記繰り込
    みローラと分離パッドとの協働作用により用紙を1枚ず
    つ繰り込むようにした用紙給送装置において、前記用紙
    の厚さを検出する検出手段と、その検出手段の検出結果
    に基づいて前記分離パッドの圧接力を調節する調節手段
    とを備えたことを特徴とする用紙給送装置。
JP3227469A 1991-09-06 1991-09-06 用紙給送装置 Pending JPH0569972A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3227469A JPH0569972A (ja) 1991-09-06 1991-09-06 用紙給送装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3227469A JPH0569972A (ja) 1991-09-06 1991-09-06 用紙給送装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0569972A true JPH0569972A (ja) 1993-03-23

Family

ID=16861372

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3227469A Pending JPH0569972A (ja) 1991-09-06 1991-09-06 用紙給送装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0569972A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7896342B2 (en) * 2006-02-15 2011-03-01 Fuji Xerox Co., Ltd. Sheet supply apparatus, image forming apparatus, sheet supply control method, and computer readable medium
US7943860B2 (en) 2004-09-28 2011-05-17 Rohm Co., Ltd. Material board for producing hybrid circuit board with metallic terminal plate and method for producing hybrid circuit board

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7943860B2 (en) 2004-09-28 2011-05-17 Rohm Co., Ltd. Material board for producing hybrid circuit board with metallic terminal plate and method for producing hybrid circuit board
US7896342B2 (en) * 2006-02-15 2011-03-01 Fuji Xerox Co., Ltd. Sheet supply apparatus, image forming apparatus, sheet supply control method, and computer readable medium

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6618575B2 (en) Automatic document feeder with a conveying roller and an image reader
FI75543B (fi) Foerfarande och anordning foer frammatning av en datamaskinsblankettremsa.
JP4323735B2 (ja) シート処理装置及び該装置を備える画像形成システム
JP2007038562A (ja) インクジェット記録装置
JP2004182449A (ja) シート給送装置及び該装置を備えた画像読取装置と画像形成装置
US5462267A (en) Feeding device
KR100739736B1 (ko) 화상형성장치 및 이에 적용되는 급지방법
US8393614B2 (en) Sheet feeding apparatus and image reading apparatus
JP2004106995A (ja) シート給紙装置
JPH06199440A (ja) 給紙装置
JP3919539B2 (ja) インクジェット記録装置
JP4618315B2 (ja) シート搬送装置、及び画像記録装置
JPH06318281A (ja) 紙葉類処理装置
US20060214355A1 (en) Medium feeding apparatus
JP4391153B2 (ja) 原稿読取装置
US20070212140A1 (en) Simplex and duplex continuous automatic document feeder
JP2008280121A (ja) シート給送装置、画像読取装置及び画像形成装置
JP2011079664A (ja) 媒体検出方法、媒体検出装置、媒体排出装置、及び印刷装置
JPH0642853Y2 (ja) プリンター
JP5465202B2 (ja) 消去装置、用紙印字面の印字状態検出方法
JP2016003095A (ja) 紙葉類収納繰出装置および紙葉類処理方法
US6788440B1 (en) Sheet feeding device, sheet treating device and image reading apparatus using the same
JP2003012205A (ja) 画像形成装置
TW201036905A (en) Auto document processing mechanism
JPH07125877A (ja) 用紙の供給・搬送機構