JPH0556276A - Image processing method and its device - Google Patents

Image processing method and its device

Info

Publication number
JPH0556276A
JPH0556276A JP23246891A JP23246891A JPH0556276A JP H0556276 A JPH0556276 A JP H0556276A JP 23246891 A JP23246891 A JP 23246891A JP 23246891 A JP23246891 A JP 23246891A JP H0556276 A JPH0556276 A JP H0556276A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
quantizing
image
part
function
scale
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP23246891A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Midori Aida
Makoto Hidaka
Hajime Ichimura
Yoshimichi Kanda
Toshihiko Kuroi
Kimiko Maruyama
Koichi Noguchi
Yasuyuki Nomizu
Keiichi Nomura
Tomio Sasaki
Shinji Yamakawa
王子 丸山
富雄 佐々木
慎二 山川
元 市村
信 日高
みどり 相田
好道 神田
浩一 野口
桂市 野村
泰之 野水
敏彦 黒井
Original Assignee
Ricoh Co Ltd
株式会社リコー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PURPOSE:To realize the converting function of the resolution (gradation) of an image, the variable power function of the image and an enciphering function at a coding and decoding part. CONSTITUTION:The value of respective elements of a quantizing table given to a quantizing part 24 and a reverse quantizing part 30 is suitably scaled by using quantizing scale data QSD stored in a scale multiplier storing part 29, the quantizing step is changed, and the gradation of an image is changed.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、符号化時には、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスをエントロピー符号化する一方、復号化時には、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理方法およびその装置に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION This invention, during coding, by dividing the multi-level image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, DCT on multilevel image signals included in the block, quantized using a predetermined quantization coefficient matrix of DCT coefficients matrix thereby obtained, the DCT coefficients matrix after the quantization while entropy coding, during decoding, decodes the entropy-coded code data the DCT coefficients matrix to form Te, and inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix to the DCT coefficients matrix, an image processing method and restores the multi-level image signal thereby to the inverse DCT transform of DCT coefficients matrix obtained on the device.

【0002】 [0002]

【従来の技術】例えば、カラー画像処理装置や、カラーファクシミリ装置などのカラー静止画像や多階調の白黒画像を取り扱うことのできるデータ処理装置に適用されるカラー静止画(自然画)符号化方式の国際標準化作業が、JPEG(Joint Photographic BACKGROUND ART For example, a color image processing apparatus and a color still image is applied to a data processing device capable of handling the color still images and multi-tone black-and-white image such as a color facsimile apparatus (natural image) coding scheme international standardization work, JPEG (Joint Photographic of
Experts Group)において進められている。 It has been promoted in the Experts Group).

【0003】このカラー静止画符号化方式の1つのDC [0003] One of the color still image coding method DC
T(離散コサイン変換)を利用したDCT方式(非可逆符号化方式)では、符号化時には、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT In T (discrete cosine transform) DCT method using (lossy coding method), at the time of coding, dividing the multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, included in the block the multi-level image signal to DCT conversion and quantization using a predetermined quantization coefficient matrix of DCT coefficients matrix thereby obtained, DCT after the quantization
係数マトリクスの要素をエントロピー符号化するものである。 The elements of the coefficient matrix is ​​to entropy coding.

【0004】また、復号化時には、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDC [0004] Also, at the time of decoding, the DCT coefficients matrix formed by decoding the entropy-encoded code data, and inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix to the DCT coefficients matrix, DC obtained thereby
T係数マトリクスを逆DCT変換して、1ブロック分の多値画信号を復元する。 And inverse DCT transformation of T coefficients matrix, to recover the multi-value image signal of one block.

【0005】また、このDCT方式のエントロピー符号化方式としては、ハフマン符号化方式、あるいは、算術符号化方式のいずれかが用いられる。 Further, as the entropy coding method of the DCT method, the Huffman encoding method, or any of the arithmetic coding method is used.

【0006】 [0006]

【発明が解決しようとする課題】さて、このようなDC The object of the invention is to be Solved Well, such DC
T方式を用いてカラー静止画を符号化するとき、次のよ When encoding a color still images by using the T system, the following

【0007】DCT方式では、DCT変換後のDCT係数マトリクスに量子化係数マトリクスを適用して量子化し、それにより、符号圧縮率を向上するようにしている。 [0007] DCT method, it applies the quantization coefficient matrix quantizing the DCT coefficients matrix after DCT conversion, thereby so that to improve the code compression rate. このとき、量子化ステップを小さく設定すると、符号データで表現できる画像の色の種類、あるいは、白黒画像では階調度を良好なものにすることができる。 At this time, by setting smaller the quantization step, the color type of the image that can be represented by the code data, or it can be a gradient in favorable in the black-and-white image.

【0008】この量子化ステップの大きさは、一般には、画像を読み取る読み取り系の読み取り能力(分解色数、および、階調度)に応じて設定されており、したがって、分解色数の大きい装置、あるいは、階調度の大きい装置を用いた場合、量子化処理の量子化ステップがより小さい値に設定される。 [0008] The size of the quantization step is generally readability of the reading system for reading an image (decomposition number of colors, and, tone scale) is set in accordance with, therefore, the decomposition number of colors in a large apparatus, Alternatively, when using a large apparatus gradient, the quantization step of the quantization process is set to a smaller value.

【0009】このようにして、量子化ステップの値が小さいと、符号データで表現可能な色数および階調度を多くすることができるが、DCT係数マトリクスの要素が大きな値となるため、エントロピー符号化後の符号データのデータ量は、量子化ステップの値が大きい場合に比べて、格段に大きくなる。 [0009] In this way, the value of the quantization step is small, it is possible to increase the number of colors and gradation degree can be represented by the symbol data, since the elements of the DCT coefficient matrix is ​​a large value, entropy coding data amount of the code data after reduction, compared to when the value of the quantization step is large, much larger.

【0010】一方、再生系で表現可能な色数あるいは階調数は、画素をアナログ表現できるカラーCRT装置などの表示装置を用いた場合に非常に大きくなるが、カラープリンタや白黒プリンタなどのハードコピー装置では、表現可能な色数および階調数が少ない。 On the other hand, the number of colors or the number of gradation levels that can be expressed by the reproducing system is very large in the case of using the display device such as a color CRT apparatus capable of analog representation of the pixel, hard, such as a color printer or a monochrome printer in the copying apparatus is less number of colors and the number of gradations that can be expressed.

【0011】このように、読み取り系で表現可能な色数および階調数と、再生系で表現可能な色数および階調数が一致しないため、読み取り系が形成した符号化データを復号化した再生系では、再生した画像データの色数および階調数を、表現可能な色数および階調数に低減している。 [0011] Thus, since the number of colors and the number of gradations that can be expressed by the read system, the number of colors and the number of gradations that can be expressed by the reproduction system do not match, decoding the encoded data reading system is formed the reproducing system, the number of colors and the number of gradations of the image data reproduced, and reduces the number of colors and the number of gradations that can be expressed.

【0012】それにより、読み取り系で形成したデータ量の大きな符号化データが、そのまま再生系で使用されず、不要にデータ量の大きな符号化データが形成されるという不都合を生じる。 [0012] Thus, a large coded data amount of data formed by reading system is not used as is the reproduction system, resulting in inconvenience that a large coded data of unnecessary data amount is formed. このために、例えば、カラーファクシミリ装置では、伝送データ量が大きくなり、伝送コストが嵩むという問題を生じる。 For this, for example, in a color facsimile apparatus, the transmission data amount is increased, there arises a problem that increase the transmission cost.

【0013】また、カラー静止画を変倍処理するときには、通常、生の画像データの状態で縮小/拡大処理を行なっており、そのための時間が非常に長くかかるという問題がある。 Further, when scaling a color still image are usually performed reduction / enlargement processing in the state of the raw image data, there is a problem that time for that takes very long.

【0014】また、例えば、カラーファクシミリ装置では、生の符号化データを送受信しているので、伝送路中で盗聴された場合など、悪意の行為が行われた場合、伝送内容が外部にもれるという問題がある。 [0014] For example, in a color facsimile apparatus, since the transmit and receive raw encoded data, such as when it is eavesdropped transmission line, if a malicious act is performed, transmission content leaks to the outside there is a problem in that.

【0015】本発明は、これらの問題を解決するためになされたものであり、再生系の能力に応じた符号化データを形成できるとともに、変倍処理が容易になり、また、伝送データを秘匿できる画像処理方法およびその装置を提供することを目的としている。 [0015] The present invention has been made to solve these problems, it is possible to form the encoded data according to the capability of the reproducing system, facilitates scaling processing is also confidential transmission data and its object is to provide an image processing method and apparatus capable.

【0016】 [0016]

【課題を解決するための手段】本発明は、符号化時には、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する一方、復号化時には、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理方法において、符号化時、上記量子化処理に適用する量子化係数マトリクスの各要素の値に、再生系の画像特性に The present invention SUMMARY OF THE INVENTION, at the time of coding, dividing the multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, DCT converts the multi-value image signals included in the block code, and then quantized using a predetermined quantization coefficient matrix of DCT coefficients matrix thereby obtained, while entropy coding elements of the DCT coefficients matrix after the quantization, during decoding, which are entropy coded decodes the data to form the DCT coefficients matrix, its DCT coefficients matrix inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, thereby to inverse DCT on a DCT coefficient matrix obtained restoring a multivalued image signal in the image processing method, the encoding, the values ​​of the elements of the quantization matrix of coefficients to be applied to the quantization process, the image characteristics of the reproduction system じた値のスケール乗数を乗じる一方、復号化時、上記逆量子化処理に適用する量子化係数マトリクスの各要素の値に、符号化時と同じスケール乗数を乗じるようにしたものである。 While by a scale multiplier Flip values, during decoding, the value of each element of the quantized coefficient matrix to be applied to the inverse quantization process, it is obtained as multiplied by the same scale multiplier as the encoding.

【0017】また、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスをエントロピー符号化する画像処理装置において、上記量子化処理に適用する量子化係数マトリクスの各要素の値に再生系の画像特性に応じた値のスケール乗数を乗じるスケール乗数制御手段を備えたものである。 Further, by dividing the multi-level image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, DCT on multilevel image signals included in the block, predetermined DCT coefficients matrix thereby obtained the quantized using a quantization coefficient matrix, an image processing apparatus for entropy coding the DCT coefficients matrix after the quantization, the image reproducing system to a value of each element of the quantization matrix of coefficients to be applied to the quantization process those having a scale multiplier control means by a scale multiplier value corresponding to the characteristics.

【0018】また、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのD Further, the DCT coefficient matrix formed by decoding the entropy-encoded code data, the D
CT係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理装置において、上記逆量子化処理に適用する量子化係数マトリクスの各要素の値に、その符号化データの符号化時と同じスケール乗数を乗じるスケール乗数制御手段を備えたものである。 Inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix CT coefficient matrix, an image processing apparatus for restoring a multivalued image signal to DCT coefficients matrix to inverse DCT transform thereby obtained is applied to the inverse quantization process the value of each element of the quantization matrix of coefficients, those having a scale multiplier controlling means for multiplying the same scale multiplier as the encoding of the encoded data.

【0019】また、符号化時には、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT Further, at the time of coding, dividing the multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT transform, DCT thereby obtained the coefficient matrix is ​​quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, DCT after the quantization
係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する一方、 While entropy coding elements of the coefficient matrix,
復号化時には、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT During decoding, the DCT coefficients matrix formed by decoding the entropy-encoded code data, the DCT
係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理装置において、符号化時、上記量子化処理に適用する量子化係数マトリクスの各要素の値に、再生系の画像特性に応じた値のスケール乗数を乗じる一方、復号化時、上記逆量子化処理に適用する量子化係数マトリクスの各要素の値に、符号化時と同じスケール乗数を乗じるスケール乗数制御手段を備えたものである。 An image processing apparatus dequantized using a predetermined quantization coefficient matrix coefficient matrix, to recover the multi-value image signal DCT coefficients matrix thereby obtained by inverse DCT transform, when coding, to the quantization process the value of each element of the quantized coefficient matrix to be applied, while by a scale multiplier value corresponding to the image characteristics of the reproduction system, during decoding, the value of each element of the quantized coefficient matrix to be applied to the inverse quantization process to, those having a scale multiplier controlling means for multiplying the same scale multiplier as the encoding.

【0020】また、符号化時には、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT Further, at the time of coding, dividing the multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT transform, DCT thereby obtained the coefficient matrix is ​​quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, DCT after the quantization
係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する一方、 While entropy coding elements of the coefficient matrix,
復号化時には、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT During decoding, the DCT coefficients matrix formed by decoding the entropy-encoded code data, the DCT
係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理方法において、画像縮小時、上記量子化後のDCT係数マトリクスを、画像縮小率に応じたブロック数間隔で、ブロック単位に除去するようにしたものである。 Inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix coefficient matrix, an image processing method for restoring a multivalued image signal to DCT coefficients matrix to inverse DCT transform obtained by it, at the time of image reduction, after the quantization the DCT coefficients matrix, block number intervals corresponding to the image reduction ratio is obtained by so as to remove the blocks.

【0021】また、符号化時には、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT Further, at the time of coding, dividing the multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT transform, DCT thereby obtained the coefficient matrix is ​​quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, DCT after the quantization
係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する一方、 While entropy coding elements of the coefficient matrix,
復号化時には、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT During decoding, the DCT coefficients matrix formed by decoding the entropy-encoded code data, the DCT
係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理方法において、画像縮小時、上記逆量子化前のDCT係数マトリクスを、画像縮小率に応じたブロック数間隔で、ブロック単位に除去するようにしたものである。 Inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix coefficient matrix, an image processing method for restoring a multivalued image signal to DCT coefficients matrix to inverse DCT transform obtained by it, at the time of image reduction, the inverse quantization before the DCT coefficients matrix, block number intervals corresponding to the image reduction ratio is obtained by so as to remove the blocks.

【0022】また、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する画像処理装置において、画像縮小時、上記量子化後のDCT係数マトリクスを、画像縮小率に応じたブロック数間隔で、ブロック単位に除去する変倍手段を備えたものである。 Further, by dividing the multi-level image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, DCT on multilevel image signals included in the block, predetermined DCT coefficients matrix thereby obtained quantized using the quantized coefficients matrix, an image processing apparatus for entropy encoding the elements of the DCT coefficients matrix after the quantization, at the image reduction, the DCT coefficient matrix after the quantization, according to the image reduction ratio in block number intervals, those having a variable magnification means for removing the blocks.

【0023】また、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのD Further, the DCT coefficient matrix formed by decoding the entropy-encoded code data, the D
CT係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理装置において、画像縮小時、上記逆量子化前のDCT係数マトリクスを、画像縮小率に応じたブロック数間隔で、 Inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix CT coefficient matrix, an image processing apparatus for restoring a multivalued image signal to DCT coefficients matrix thereby obtained by inverse DCT transform, when image reduction, the inverse quantization the front of the DCT coefficients matrix, block number intervals corresponding to the image reduction ratio,
ブロック単位に除去する変倍手段を備えたものである。 Those having a variable magnification means for removing the blocks.

【0024】また、符号化時には、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT Further, at the time of coding, dividing the multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT transform, DCT thereby obtained the coefficient matrix is ​​quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, DCT after the quantization
係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する一方、 While entropy coding elements of the coefficient matrix,
復号化時には、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT During decoding, the DCT coefficients matrix formed by decoding the entropy-encoded code data, the DCT
係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理方法において、画像拡大時、画像拡大率に応じたブロック数間隔で上記量子化後のDCT係数マトリクスの同一ブロックを1つ挿入するようにしたものである。 Inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix coefficient matrix, an image processing method for restoring a multivalued image signal to DCT coefficients matrix to inverse DCT transform obtained by it, when an image is enlarged, according to the image magnification in block number interval is obtained so as to insert one same block of DCT coefficients matrix after the quantization.

【0025】また、符号化時には、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT Further, at the time of coding, dividing the multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT transform, DCT thereby obtained the coefficient matrix is ​​quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, DCT after the quantization
係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する一方、 While entropy coding elements of the coefficient matrix,
復号化時には、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT During decoding, the DCT coefficients matrix formed by decoding the entropy-encoded code data, the DCT
係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理方法において、画像拡大時、画像拡大率に応じたブロック数間隔で上記逆量子化前のDCT係数マトリクスの同一ブロックを挿入するようにしたものである。 Inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix coefficient matrix, an image processing method for restoring a multivalued image signal to DCT coefficients matrix to inverse DCT transform obtained by it, when an image is enlarged, according to the image magnification in block number interval is obtained so as to insert the same block of the inverse quantization before DCT coefficients matrix.

【0026】また、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する画像処理装置において、画像拡大時、画像拡大率に応じたブロック数間隔で上記量子化後のDCT係数マトリクスの同一ブロックを1つ挿入する変倍手段を備えたものである。 Further, by dividing the multi-level image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, DCT on multilevel image signals included in the block, predetermined DCT coefficients matrix thereby obtained the quantized using the quantization coefficient matrix, an image processing apparatus for entropy encoding the elements of the DCT coefficients matrix after the quantization, when an image is enlarged, in block number intervals corresponding to the image magnification after the quantization the same block of DCT coefficients matrix are those having a variable magnification means for inserting one.

【0027】また、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのD Further, the DCT coefficient matrix formed by decoding the entropy-encoded code data, the D
CT係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理装置において、画像拡大時、画像拡大率に応じたブロック数間隔で上記逆量子化前のDCT係数マトリクスの同一ブロックを挿入する変倍手段を備えたものである。 An image processing apparatus dequantized using a predetermined quantization coefficient matrix CT coefficient matrix, to recover the multi-value image signal DCT coefficients matrix thereby obtained by inverse DCT transform, when an image is enlarged, the image magnification in block number intervals corresponding those having a variable magnification means for inserting the same block of the inverse quantization before DCT coefficients matrix.

【0028】また、符号化時には、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT Further, at the time of coding, dividing the multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT transform, DCT thereby obtained the coefficient matrix is ​​quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, DCT after the quantization
係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する一方、 While entropy coding elements of the coefficient matrix,
復号化時には、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT During decoding, the DCT coefficients matrix formed by decoding the entropy-encoded code data, the DCT
係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理方法において、画像縮小時、画像縮小率に応たブロック数間隔で配置されている上記量子化前のDCT係数マトリクスを、その少なくとも一方の隣接ブロックとの間で予測処理してその隣接ブロックのDCT係数マトリクスを新たに算出するとともに、当該ブロックのDCT係数マトリクスを除去するようにしたものである。 Inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix coefficient matrix, respond in an image processing method for restoring a multivalued image signal to DCT coefficients matrix to inverse DCT transform obtained by it, during image reduction, the image reduction ratio and the DCT coefficient matrix before the quantization are arranged in block number intervals, with predicted processing with the at least one of the adjacent blocks and calculates the DCT coefficients matrix of the adjacent blocks new, of the block it is obtained so as to remove the DCT coefficient matrix.

【0029】また、符号化時には、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT Further, at the time of coding, dividing the multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT transform, DCT thereby obtained the coefficient matrix is ​​quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, DCT after the quantization
係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する一方、 While entropy coding elements of the coefficient matrix,
復号化時には、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT During decoding, the DCT coefficients matrix formed by decoding the entropy-encoded code data, the DCT
係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理方法において、画像縮小時、画像縮小率に応じたブロック数間隔で配置されている上記逆量子化後のDCT係数マトリクスを、その少なくとも一方の隣接ブロックとの間で予測処理してその隣接ブロックのDCT係数マトリクスを新たに算出するとともに、当該ブロックのDCT係数マトリクスを除去するようにしたものである。 Inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix coefficient matrix, an image processing method for restoring a multivalued image signal to DCT coefficients matrix to inverse DCT transform obtained by it, during image reduction, according to the image reduction ratio and the DCT coefficient matrix after the inverse quantization are arranged in block number intervals, with predicted processing with the at least one neighboring block is calculated new DCT coefficients matrix of the neighboring block, the block it is obtained so as to removal the DCT coefficients matrix.

【0030】また、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスの要素を用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスをエントロピー符号化する画像処理装置において、画像縮小時、画像縮小率に応じたブロック数間隔で配置されている上記量子化前のDCT係数マトリクスを、その少なくとも一方の隣接ブロックとの間で予測処理してその隣接ブロックのDCT係数マトリクスを新たに算出するとともに、当該ブロックのDCT係数マトリクスを除去する変倍手段を備えたものである。 Further, by dividing the multi-level image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, DCT on multilevel image signals included in the block, predetermined DCT coefficients matrix thereby obtained quantized using the elements of the quantized coefficients matrix, the image processing apparatus for entropy coding the DCT coefficients matrix after the quantization, the time of image reduction, are arranged in the block number interval corresponding to the image reduction ratio the DCT coefficients matrix before quantization, as well as newly calculated DCT coefficients matrix of the adjacent block and the prediction processing between at least one of the neighboring blocks, the scaling means for removing the DCT coefficients matrix of the block It includes those were.

【0031】また、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのD Further, the DCT coefficient matrix formed by decoding the entropy-encoded code data, the D
CT係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理装置において、画像縮小時、画像縮小率に応じたブロック数間隔で配置されている上記逆量子化後のDCT係数マトリクスを、その少なくとも一方の隣接ブロックとの間で予測処理してその隣接ブロックのDCT係数マトリクスを新たに算出するとともに、当該ブロックのDCT係数マトリクスを除去する変倍手段を備えたものである。 Inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix CT coefficient matrix, an image processing apparatus for restoring a multivalued image signal to DCT coefficients matrix thereby obtained by inverse DCT transform, when image reduction, the image reduction ratio the DCT coefficients matrix after the inverse quantization are arranged in block number interval corresponding, with newly calculated DCT coefficients matrix of the adjacent block and the prediction processing between at least one of the neighboring blocks, the those having a variable magnification means for removing the DCT coefficients matrix blocks.

【0032】また、符号化時には、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT Further, at the time of coding, dividing the multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT transform, DCT thereby obtained the coefficient matrix is ​​quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, DCT after the quantization
係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する一方、 While entropy coding elements of the coefficient matrix,
復号化時には、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT During decoding, the DCT coefficients matrix formed by decoding the entropy-encoded code data, the DCT
係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理方法において、画像拡大時、画像拡大率に応じたブロック数間隔で連続配置されている複数のブロックの上記量子化前のDCT係数マトリクスに基づき、それらの複数のブロックの間に挿入する挿入ブロックのDCT係数マトリクスを予測演算するようにしたものである。 Inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix coefficient matrix, an image processing method for restoring a multivalued image signal to DCT coefficients matrix to inverse DCT transform obtained by it, when an image is enlarged, according to the image magnification was based on the DCT coefficients matrix before the quantization of a plurality of blocks which are successively arranged in block number intervals, at the DCT coefficients matrix insert block to be inserted between them a plurality of blocks that so as to prediction calculation is there.

【0033】また、符号化時には、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT Further, at the time of coding, dividing the multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT transform, DCT thereby obtained the coefficient matrix is ​​quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, DCT after the quantization
係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する一方、 While entropy coding elements of the coefficient matrix,
復号化時には、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT During decoding, the DCT coefficients matrix formed by decoding the entropy-encoded code data, the DCT
係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理方法において、画像拡大時、画像拡大率に応じたブロック数間隔で連続配置されている複数のブロックの上記逆量子化後のDCT係数マトリクスに基づき、それらの複数のブロックの間に挿入する挿入ブロックのDCT係数マトリクスを予測演算するようにしたものである。 Inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix coefficient matrix, an image processing method for restoring a multivalued image signal to DCT coefficients matrix to inverse DCT transform obtained by it, when an image is enlarged, according to the image magnification was based on the DCT coefficients matrix after the inverse quantization of the plurality of blocks which are successively arranged in block number intervals, that the DCT coefficient matrix of the insert block to be inserted between them a plurality of blocks so as to prediction calculation it is.

【0034】また、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する画像処理装置において、画像拡大時、画像拡大率に応じたブロック数間隔で連続配置されている複数のブロックの上記量子化前のD Further, by dividing the multi-level image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, DCT on multilevel image signals included in the block, predetermined DCT coefficients matrix thereby obtained quantized using the quantization coefficient matrix, an image processing apparatus for entropy encoding the elements of the DCT coefficients matrix after the quantization, when an image is enlarged, and is continuously arranged in block number intervals corresponding to the image magnification the pre-quantization D of the plurality of blocks
CT係数マトリクスに基づき、それらの複数のブロックの間に挿入する挿入ブロックのDCT係数マトリクスを予測演算する変倍手段を備えたものである。 Based on the CT coefficient matrix is ​​the DCT coefficient matrix of the insert block to be inserted between them a plurality of blocks that provided with a variable magnification means for predicting calculation.

【0035】また、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのD Further, the DCT coefficient matrix formed by decoding the entropy-encoded code data, the D
CT係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理装置において、画像拡大時、画像拡大率に応じたブロック数間隔で連続配置されている複数のブロックの上記逆量子化後のDCT係数マトリクスに基づき、それらの複数のブロックの間に挿入する挿入ブロックのDCT係数マトリクスを予測演算する変倍手段を備えたものである。 An image processing apparatus dequantized using a predetermined quantization coefficient matrix CT coefficient matrix, to recover the multi-value image signal DCT coefficients matrix thereby obtained by inverse DCT transform, when an image is enlarged, the image magnification depending on the basis of the DCT coefficients matrix after the inverse quantization of the plurality of blocks which are successively arranged in block number intervals, their plurality of scaling means for predicting calculating the DCT coefficients matrix insert block to be inserted between the blocks it is those with a.

【0036】また、符号化時には、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT Further, at the time of coding, dividing the multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT transform, DCT thereby obtained the coefficient matrix is ​​quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, DCT after the quantization
係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する一方、 While entropy coding elements of the coefficient matrix,
復号化時には、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT During decoding, the DCT coefficients matrix formed by decoding the entropy-encoded code data, the DCT
係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理方法において、画像縮小時、画像縮小率に応じたブロック数間隔で配置されている複数ブロックの上記量子化前のDC Inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix coefficient matrix, an image processing method for restoring a multivalued image signal to DCT coefficients matrix to inverse DCT transform obtained by it, during image reduction, according to the image reduction ratio DC before the quantization of a plurality of blocks which are arranged in the block number interval
T係数マトリクスを用いて元の多値画信号を形成し、その多値画信号に基づいて主走査方向の画像を縮小率に応じて間引き演算し、その間引き演算後の多値画信号をD Using T coefficient matrix forming the original multi-value image signals, thinned out operation in accordance with image in the main scanning direction in reduction ratio on the basis of the multivalued image signal, the multi-value image signals after the thinning operation D
CT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスをエントロピー符号化するようにしたものである。 And CT converted, quantized using a predetermined quantization coefficient matrix of DCT coefficients matrix thereby obtained, is obtained by the DCT coefficient matrix after the quantization to the entropy coding.

【0037】また、符号化時には、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT Further, at the time of coding, dividing the multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT transform, DCT thereby obtained the coefficient matrix is ​​quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, DCT after the quantization
係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する一方、 While entropy coding elements of the coefficient matrix,
復号化時には、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT During decoding, the DCT coefficients matrix formed by decoding the entropy-encoded code data, the DCT
係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理方法において、符号化時、量子化後のDCT係数マトリクスのブロック順序を所定順序に並べ換えるとともに、復号化時、逆量子化前のDCT係数マトリクスのブロック順序を元の順序に並べ換えるようにしたものである。 Inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix coefficient matrix, an image processing method for restoring a multivalued image signal to DCT coefficients matrix to inverse DCT transform obtained by it, the time of encoding, DCT after quantization with reorder block order of coefficient matrix in a predetermined order, during decoding, is obtained by such rearranged the order of blocks of the inverse quantization before DCT coefficients matrix to the original order.

【0038】また、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する画像処理装置において、量子化後のDCT係数マトリクスのブロック順序を所定順序に並べ換えるブロック並び換え手段を備えたものである。 Further, by dividing the multi-level image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, DCT on multilevel image signals included in the block, predetermined DCT coefficients matrix thereby obtained quantized using the quantized coefficients matrix, an image processing apparatus for entropy encoding the elements of the DCT coefficients matrix after the quantization, block rearrangement to reorder block order of DCT coefficients matrix after quantization in a predetermined order it is those with the means.

【0039】また、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのD Further, the DCT coefficient matrix formed by decoding the entropy-encoded code data, the D
CT係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理装置において、逆量子化前のDCT係数マトリクスのブロック順序を所定順序に並べ換えるブロック並び換え手段を備えたものである。 Inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix CT coefficient matrix, in which the inversely DCT transform DCT coefficients matrix obtained image processing apparatus for restoring a multivalued image signal, inverse quantization before DCT coefficients matrix the block sequence are those having a block rearrangement means rearranges the predetermined order.

【0040】 [0040]

【作用】したがって、再生系の能力に応じた量子化ステップでDCT係数マトリクスの要素を量子化しているので、再生系の能力に符号化データを形成でき、蓄積時に必要なデータ容量を削減できるとともに、符号化データを伝送するときの通信コストを低減できる。 [Action] Thus, since the quantization elements of the DCT coefficients matrix quantization step in accordance with the capabilities of the reproducing system, can form a coded data on the ability of the reproducing system, it is possible to reduce the data capacity required for storage It can reduce communication cost when transmitting the encoded data. また、DC In addition, DC
T係数マトリクス単位に変倍処理を行なっているので、 Because it carried out the scaling process to the T coefficient matrix unit,
全ての画像データを変倍処理する必要がなく、その結果、変倍処理が容易になる。 All image data scaling processing need not be, as a result, the scaling processing is facilitated. また、DCT係数マトリクス単位に、ブロック順序を並び換えた状態で符号化データを形成しているので、符号化データを秘匿できる。 Further, the DCT coefficient matrix basis, since the form coded data in a state that rearranges block order can conceal the encoded data.

【0041】 [0041]

【実施例】以下、添付図面を参照しながら、本発明の実施例を詳細に説明する。 EXAMPLES Hereinafter, with reference to the accompanying drawings, an embodiment of the present invention in detail.

【0042】まず、JPEGから提案される予定のカラー静止画符号化方式について説明する。 [0042] First, a description will be given of color still image coding system that will be proposed by the JPEG. ここでは、DC Here, DC
Tを利用したDCT方式の符号化方法について述べる。 It described coding method of the DCT method using T.

【0043】この符号化方法では、まず、図1に示すように、ラスタ走査して得た多値画信号の画素を、8×8 [0043] In this encoding method, as shown in FIG. 1, a pixel of multi-level image signal obtained by raster scanning, 8 × 8
の画素ブロックBLKに分割し、この画素ブロックBL Divided in the pixel blocks BLK, the pixel block BL
Kの多値画信号に対して、次式に示すような2次元DC Against K multilevel image signals, two-dimensional DC as shown in the following equation
T変換を適用して、図2に示すような8×8のDCT係数マトリクスCMXを算出する。 By applying the T converter, it calculates a DCT coefficient matrix CMX of 8 × 8 as shown in FIG.

【0044】 [0044]

【数1】 [Number 1]

【0045】ここで、算出されたDCT係数マトリクスCMXの要素のうち左上の1個の要素((0,0))はDC(直流)成分(以下、DC係数という)をあらわし、他の63個の要素はAC(交流)成分(以下、AC [0045] Here, the upper left of one element among the elements of the calculated DCT coefficients matrix CMX ((0,0)) is DC (direct current) component (hereinafter, referred to as DC coefficient) represents the other 63 the elements AC (alternating current) component (hereinafter, AC
係数という)をあらわしている。 It represents the) that coefficient. また、係数位置の横方向が水平方向空間周波数の座標軸方向に対応し、縦方向が垂直方向空間周波数の座標軸方向に対応する。 The horizontal direction coefficient position corresponds to the coordinate axis direction in the horizontal direction spatial frequency and the vertical direction corresponds to the coordinate axis in the vertical direction spatial frequency.

【0046】次に、このようにして得たDCT係数マトリクスCMXに対して所定の量子化テーブルを適用して、DCT係数マトリクスCMXの各要素について、係数位置毎に異なるステップサイズで、線形量子化する。 Next, in this way by applying a predetermined quantization table for DCT coefficients matrix CMX obtained, for each element of the DCT coefficients matrix CMX, different step sizes for each coefficient position, linear quantization to.
なお、勧告ではデフォルトの量子化テーブルが設定されていないので、アプリケーション毎に量子化テーブルを設定することで、アプリケーション毎に最適な量子化処理を行なうことができる。 In the recommendation because default quantization table is not set, by setting a quantization table for each application, it is possible to perform optimum quantization processing for each application.

【0047】このようにして形成された量子化後のDC [0047] DC after quantization in this manner was formed
T係数マトリクスCMXの各要素は、DC成分とAC成分がそれぞれ独立した手順でエントロピー符号化される。 Each element of the T matrix of coefficients CMX is, DC and AC components are entropy coded in independent steps. このエントロピー符号化の符号化方式として、ハフマン符号化方式と、算術符号化方式の2種類の符号化を用いることができるが、本実施例では、ハフマン符号化を用いる場合について説明する。 As a coding technique for the entropy coding, and Huffman coding method, it is possible to use two kinds of coding arithmetic coding method, in the present exemplary embodiment illustrates the case of using the Huffman coding.

【0048】このハフマン符号化方式におけるDC係数の符号化方法は、まず、符号化対象となるブロックの同一色成分について、そのブロックのDC係数と、一つ前に符号化したブロックのDC係数との差分(以下、DC The encoding method of the DC coefficients in the Huffman coding method, first, for the same color component of a block to be coded, the DC coefficient of the block, the DC coefficient of the encoded block before one of the difference (hereinafter, DC
差分という)を算出し、そのDC差分を、図3に示したテーブルにしたがってグループ化する。 Calculates a) of differential, the DC differential, grouped according to the table shown in FIG.

【0049】このグループ化により、DC差分は、4ビットのグループ番号SSSSと、そのグループにおけるDC差分の位置をあらわす付加ビット(ビット数はグループ番号の値と同じ)からなるデータに変換される。 [0049] This grouping, DC difference, and the group number SSSS of 4 bits, the additional bits representing the position of the DC differential in the group (the number of bits equal to the value of the group number) are converted into data composed of.

【0050】そして、グループ番号SSSSを1次元のハフマン符号テーブルを用いて符号化し、その符号語に続けて付加ビットを配置することで、1つのDC係数マトリクスCMXのDC係数をあらわす符号が形成される。 [0050] Then, a group number SSSS and encoded using a one-dimensional Huffman code table, by disposing the additional bits followed the code word, the code representing the DC coefficient of one DC coefficient matrix CMX is formed that.

【0051】また、AC係数の符号化方法は、低い周波数領域の要素から高い周波数領域の要素を順次選択するジグザグスキャンにより1次元に並び直す。 [0051] The encoding method of AC coefficients, again aligned in one dimension by zigzag scanning for sequentially selecting an element of the high frequency range from the elements of a low frequency range. 次に、各係数が0であるか否かを判定し、連続する0の係数(無効係数)はその連続長さをランレングスとして計数し、0 Then, each coefficient is equal to or 0, the coefficient of consecutive 0 (invalid coefficients) counts the continuous length as the run length, 0
以外の係数は、図4に示したテーブルにしたがってグループ化する。 Coefficients other than the grouped according to the table shown in FIG.

【0052】このように、AC係数を、グループ番号S [0052] In this way, the AC coefficient, the group number S
SSSと、グループ内でのAC係数の値を示す付加ビット(ビット数はグループ番号の値と同じ)に変換すると、次いで、無効係数のランレングス(NNNN)と、 And SSS, additional bits indicating the value of AC coefficients in the group (the number of bits equal to the value of the group number) is converted into, then the invalid coefficient run length (NNNN),
連続する無効係数の次に位置する有効係数のグループ番号SSSSとを、図5に示すようなテーブルに基づいて、2次元ハフマン符号化する。 Consecutive invalid coefficients and group number SSSS of the effective coefficient positioned next, based on the table shown in FIG. 5, two-dimensional Huffman coding. このようにして、1つの有効係数毎にハフマン符号と付加ビットを出力する。 In this manner, it outputs the added bits and Huffman code for each one of the valid coefficients.

【0053】また、2次元ハフマン符号化のときには、 [0053] In addition, at the time of the two-dimensional Huffman coding,
ブロック内の最後のAC係数が0のときには、最終有効係数に対する符号の次にEOB(End Of Blo When the end of the AC coefficients in the block is 0, last valid next code in respect coefficients EOB (End Of Blo
ck)を付加し、これで同ブロックの符号化を終了させる。 ck) was added and this in to terminate the encoding of the block. また、ブロック内の最後のAC係数が0以外のときにはEOBを付加しない。 Also, without the addition of EOB when the last AC coefficient in the block is non-zero.

【0054】また、無効係数のランレングスが15を超えるときには、16の無効係数のランレングスをあらわすZRLを残りのランレングスが15以下になるまで続けて出力した後に、残りのランレングスをNNNNに設定して2次元符号化する。 [0054] In addition, when more than a run length of 15 of invalid coefficients, the ZRL representing the run length of the invalid coefficient of 16 after the rest of the run length is output continued until 15 or less, the rest of the run length NNNN setting two-dimensionally encoded.

【0055】ここで、ハフマン符号テーブルとしては、 [0055] Here, as the Huffman code table,
2〜4個設定することができ、色成分毎に切り換えて使用することができる。 Can be 2-4 sets, it can be used by switching for each color component. なお、勧告ではデフォルトのハフマン符号テーブルが設定されていないので、アプリケーション毎に最適なハフマン符号テーブルを設定することができる。 In the recommendation because default Huffman code table is not set, it is possible to set an optimal Huffman code table for each application. ただし、異なるアプリケーション間で圧縮データを受け渡しするときには、ハフマン符号テーブル情報を圧縮データに付加して送信する。 However, when passing the compressed data between different applications, and transmits the added Huffman code table information into the compressed data.

【0056】このように符号化して形成された符号データをまとめるデータ構造を図6に例示する。 [0056] example of the data structure to combine the encoded data formed by coded in this way in FIG.

【0057】この場合、1つのイメージデータにより1 [0057] In this case, 1 by one of the image data
ページの画像データがあらわされ、そのイメージデータは、イメージデータの開始をあらわす識別子SOI、1 Image data of the page is represented, the image data, identifier represents the start of the image data SOI, 1
ページ分の画像を構成するフレームデータ、データの区切り位置をあらわす識別子I、および、イメージデータの終了をあらわす識別子EOIからなる。 Frame data constituting the image of a page, an identifier representing the break position of the data I, and consists of the identifier EOI indicating the end of image data. ここで、フレームデータは、ハイアラーキカル符号化の場合には、ハイアラーキカルステージに応じてそれぞれ形成され、ハイアラーキカル符号化でない場合には、フレームデータが1つ形成される。 Here, frame data, when the hierarchy Cal coding are formed respectively in accordance with the hierarchy Cal stage, if not hierarchy Cal coding frame data is formed by one.

【0058】フレームデータは、フレームデータの開始をあらわす識別子SOF、そのフレームデータを処理するための複数のパラメータを表示するフレームヘッダ、 [0058] Frame data identifier SOF, frame header to display a plurality of parameters for processing the frame data that represents the start of the frame data,
1つ以上のスキャンデータ、および、データの区切りをあらわす識別子Iからなる。 One or more scan data, and consists of an identifier I indicating a delimiter of data. ここで、スキャンデータの数は、画像のデータ構造に依存する。 Here, the number of scan data is dependent on the data structure of the image. 例えば、シーケンシャルモードで、かつ、全ての色成分がインタリーブされている場合には、フレームデータには1つのスキャンデータが含まれる。 For example, in the sequential mode, and, if all the color components are interleaved, the frame data includes one of scan data. また、例えば、Y,Cr,Cbの3 Further, for example, Y, Cr, 3 of Cb
色成分のノンインタリーブでデータが構成されているときには、各色成分のスキャンデータが含まれる。 When data in a non-interleaved color components is constituted include scan data of each color component.

【0059】1つのスキャンデータは、スキャンデータの開始をあらわす識別子SOS、スキャンデータを処理するために必要な複数のパラメータを表示するスキャンヘッダ、および、符号データからなる。 [0059] One scan data, scan header for displaying a plurality of parameters required for processing identifier SOS, the scan data representing the start of the scan data, and consists of the code data. また、符号データには、DC成分符号データが先頭に配置され、それにAC成分データが続いて配置されている。 Also, the code data, DC component code data placed at the beginning, it is arranged followed by AC component data.

【0060】また、識別符号SOFあるいは識別符号S [0060] In addition, the identification code SOF or identification code S
OSの前には、そのフレームデータあるいはスキャンデータを処理するために必要な種々のテーブルの定義データなどの種々のデータが配置される。 Prior to the OS, various data such as definition data of various tables needed to process the frame data or the scan data is placed. この定義データとしては、量子化テーブルの定義データやハフマン符号テーブルの定義データが配置される。 As the definition data, definition data for defining data and Huffman code table of quantization tables are arranged. また、それ以外のデータとしては、コメントデータが配置される。 In addition, as the other data, comment data is arranged.

【0061】また、フレームヘッダには、ビット精度、 [0061] Further, the frame header, bit precision,
ライン数、1ラインの画素数、色成分間のサンプリング比、および、量子化テーブル番号などのデータが含まれ、スキャンヘッダには、ハフマン符号テーブル番号などのデータが含まれる。 Number of lines, number of pixels of one line, the sampling ratio between the color components, and, includes data such as a quantization table number, the scan header contains data, such as Huffman code table number.

【0062】図7は、本発明の一実施例にかかるカラーファクシミリ装置を示している。 [0062] Figure 7 shows a color facsimile apparatus according to an embodiment of the present invention. このカラーファクシミリ装置は、伝送路としてISDNを用いるものであり、 The color facsimile apparatus is for use ISDN as a transmission line,
グループ4ファクシミリ装置と同じ伝送機能を備えている。 It has the same transmission function as the Group 4 facsimile apparatus.

【0063】同図において、制御部1は、主としてこのカラーファクシミリ装置の各部の制御処理を行うものであり、システムメモリ2は、制御部1が実行する制御処理プログラム、および、処理プログラムを実行するときに必要な各種データなどを記憶するとともに、制御部1 [0063] In the figure, the control unit 1 mainly performs control processing of each part of the color facsimile apparatus, the system memory 2, a control processing program controlling unit 1 executes, and executes the processing program stores the various data necessary when the control unit 1
のワークエリアを構成するものであり、パラメータメモリ3は、このグループ4ファクシミリ装置に固有な各種の情報を記憶するためのものである。 Constitutes a work area, the parameter memory 3 is for storing information unique variety to the Group 4 facsimile apparatus.

【0064】カラースキャナ4は、所定の解像度および階調度で原稿画像をカラー読み取るためのものであり、 [0064] The color scanner 4 is intended for reading a color original image at a predetermined resolution and gradient,
カラープロッタ5は、所定の解像度および階調度でカラー画像を記録出力するためのものである。 Color plotter 5 is intended for recording outputs a color image at a predetermined resolution and gradation. 例えば、カラースキャナ4の読み取り階調度が128階調(グレースケールで)であるのに対して、カラープロッタ5の画像記録の階調度が64階調であり、カラープロッタ5が表現可能な階調数は、カラースキャナ4が読み取り可能な階調数よりも小さい。 For example, while the read gradient of the color scanner 4 is 128 gradations (gray scale), the image recording of the gradient of color plotter 5 is 64 gradations, the gradation representable color plotter 5 number, is smaller than the number of gradation readable color scanner 4.

【0065】フレームバッファ6は、画像データを一時的に蓄積するためのワークエリアを構成するものであり、操作表示部7は、このファクシミリ装置を操作するためのもので、各種の操作キー、および、各種の表示器からなる。 [0065] Frame buffer 6, constitutes a work area for temporarily storing image data, an operation display section 7 is for operating the facsimile apparatus, various operation keys, and , consisting of a variety of display devices.

【0066】符号化復号化部8は、上述したカラー静止画符号化方式で多値画信号を符号化圧縮するとともに、 [0066] encoding and decoding unit 8, encodes and compresses the multi-level image signal in the color still image coding scheme described above,
符号化圧縮されている画情報を元の多値画信号に復号化するためのものであり、画像蓄積装置9は、符号化圧縮された状態の画情報を記憶するためのものである。 And it decodes into original multi-valued image signals compressed image information to coded image storage apparatus 9 is for storing image information in a state of being compressed and encoded.

【0067】ISDNインタフェース回路10は、このカラーファクシミリ装置をISDNに接続するとともに、レイヤ1の信号処理機能およびDチャネル(信号チャネル)の信号と2つのBチャネル(情報チャネル)の信号の統合/分離機能を備えたものであり、Dチャネル伝送制御部11は、呼設定/呼解放手順処理などISD [0067] ISDN interface circuit 10 is configured to connect the color facsimile apparatus to ISDN, integrated / separation of the signals of the signal and two B channels of the signal processing functions and D channel Layer 1 (signal channel) (information channel) are those having a function, D channel transmission control unit 11, such as call set / call release procedure processing ISD
NのDチャネル上の信号処理を実行するためのものであり、Bチャネル伝送制御部12,13は、Bチャネル上で行う(グループ4)ファクシミリ伝送手順機能を実現するためのものである。 N is for performing signal processing on the D-channel of, B channel transmission control units 12 and 13, performed on B-channel (group 4) is used to realize a facsimile transmission procedure function.

【0068】これらの、制御部1、システムメモリ2、 [0068] These control section 1, system memory 2,
パラメータメモリ3、カラースキャナ4、カラープロッタ5、フレームバッファ6、操作表示部7、符号化復号化部8、画像蓄積装置9、Dチャネル伝送制御部11、 Parameter memory 3, the color scanner 4, a color plotter 5, a frame buffer 6, the operation display section 7, encoding and decoding unit 8, the image storage device 9, D channel transmission control unit 11,
および、Bチャネル伝送制御部12,13は、システムバス14に接続されており、これらの各要素間でのデータのやりとりは、主としてこのシステムバス14を介して行われている。 And, B channel transmission control unit 12 is connected to the system bus 14, data exchange between each of these elements are mainly performed via the system bus 14.

【0069】図8は、符号化復号化部8の一例を示している。 [0069] Figure 8 shows an example of a coding and decoding unit 8.

【0070】同図において、データバッファ21は、フレームバッファ6から読み出される多値画信号MV1を一時的に記憶するものであり、データ読出部22は、データバッファ21に記憶されている多値画信号MV1 [0070] In the figure, the data buffer 21 is for temporarily storing multi-value image signals MV1 read out from the frame buffer 6, a data reading unit 22, multi-value image stored in the data buffer 21 signal MV1
を、符号化のブロックBLKの単位に読み出すものであり、その読み出した多値画信号MV1を順次DCT変換部23に出力している。 The, which read in units of blocks BLK encoding, and outputs the multi-valued image signals MV1 thus read out sequentially to the DCT unit 23.

【0071】DCT変換部23は、上述したDCT変換演算を実行してDCT係数マトリクスデータを形成するものであり、その演算結果により得られたDCT係数マトリクスデータMXCは、量子化部24に加えられる。 [0071] DCT transform unit 23 is for running DCT transform operations described above to form a DCT coefficient matrix data, DCT coefficient matrix data MXC obtained by the calculation result is added to the quantization unit 24 .

【0072】量子化テーブル記憶部25は、制御部1より出力される量子化テーブルデータQTDを記憶するものであり、量子化係数制御部26は、量子化部24の処理に必要な量子化テーブルの各要素を、量子化テーブル記憶部25から順次取り出して、乗算器27,28に出力するものである。 [0072] quantization table storage unit 25 is for storing a quantization table data QTD outputted from the controller 1, the quantization coefficient control unit 26, the quantization tables required for processing of the quantizer 24 each element of the one in which sequentially taken out from the quantization table storage unit 25, and outputs to the multiplier 27.

【0073】スケール乗数記憶部29は、制御部1より出力される量子化スケールデータQSDを記憶するものであり、その記憶された量子化スケールデータQSD [0073] Scale multiplier storage unit 29 is for storing the quantization scale data QSD outputted from the controller 1, the stored quantization scale data QSD
は、乗算器27,28に加えられている。 It is applied to multiplier 27, 28.

【0074】乗算器27,28は、量子化係数制御部2 [0074] Multiplier 27 and 28, the quantization coefficient control unit 2
6から加えられる量子化テーブルの各要素のデータに、 The data for each element of the quantization table applied from 6,
スケール乗数記憶部29から加えられている量子化スケールデータQSDを乗じるものであり、その乗算結果は、量子化データQQD1,QQD2としてそれぞれ量子化部24および逆量子化部30に加えられている。 Are those multiplied by the quantization scale data QSD being applied from the scale multiplier storage unit 29, the multiplication result is respectively added to the quantization unit 24 and inverse quantization unit 30 as the quantized data QQD1, QQD2.

【0075】量子化部24は、DCT変換部23から加えられているDCT係数マトリクスデータMXCに対して、乗算器27から加えられている量子化データQQD [0075] quantization unit 24, the DCT coefficient matrix data MXC being applied from the DCT transform unit 23, quantized data QQD being applied from multiplier 27
1を、対応する各要素毎に適用して、量子化処理を行なうためのものであり、量子化処理後のデータMXQは、 1, is applied corresponding to each element, which is for performing a quantization process, data MXQ after quantization process,
ハフマン符号化部31に加えられている。 It has been added to the Huffman encoding section 31.

【0076】ハフマン符号化部31は、制御部1から加えられるハフマン符号テーブルデータHTDに基づき、 [0076] Huffman coding unit 31, based on the Huffman code table data HTD applied from the control unit 1,
量子化部24から加えられたデータMXQを、上述した方法により、ハフマン符号データHCDに変換するものであり、そのハフマン符号データHCDは、データバッファ32を介し、符号化データCPDとして、例えば、 Data MXQ applied from the quantization unit 24, by the method described above, which converts the Huffman code data HCD, the Huffman code data HCD is via the data buffer 32, as encoded data CPD, for example,
画像蓄積装置9に出力される。 Is output to the image storage device 9.

【0077】データバッファ33は、画像蓄積装置9から読み出される受信データRXDを一時的に記憶するものであり、ハフマン復号化部34は、制御部1から加えられるハフマン符号テーブルデータHTDに基づき、データバッファ33に記憶されている受信データRXを元のデータ、すなわち、量子化後のDCT係数マトリクスデータQXDに変換するものであり、そのDCT係数マトリクスデータQXDは、逆量子化部30に加えられている。 [0077] Data buffer 33 is for temporarily storing the received data RXD to be read out from the image storage apparatus 9, the Huffman decoding section 34, based on the Huffman code table data HTD applied from the control unit 1, the data original data the received data RX stored in the buffer 33, i.e., is intended to transform the DCT coefficient matrix data QXD after quantization, the DCT coefficient matrix data QXD is added to the inverse quantization unit 30 there.

【0078】逆量子化部30は、ハフマン復号化部34 [0078] inverse quantization unit 30, the Huffman decoding section 34
から加えられているDCT係数マトリクスデータQXD It is added from the DCT coefficient matrix data QXD
に対して、乗算器28から加えられている量子化データQQD2を、対応する各要素毎に適用して、逆量子化処理を行なうためのものであり、逆量子化処理後のDCT Respect, the quantized data QQD2 being applied from multiplier 28, and applied corresponding to each element, which is for performing inverse quantization processing, DCT after inverse quantization process
係数マトリクスデータQXCは、逆DCT変換部35に加えられている。 Coefficient matrix data QXC is added to the inverse DCT unit 35.

【0079】逆DCT変換部35は、上述したDCT変換の逆変換演算処理を行なうものであり、その演算結果により得られた復号データは、データ書込部36に順次加えられている。 [0079] The inverse DCT transform unit 35, which performs inverse transformation processing of DCT conversion as described above, the decoded data obtained by the calculation result is sequentially applied to the data writing unit 36. データ書込部36は、逆DCT変換部35から順次出力される復号データを、データバッファ37上で元の画素ブロックBLKの対応する要素の位置に配置するものであり、このデータバッファ37を介し、フレームバッファ6に受信多値画信号DPDが出力される。 Data writing unit 36, the decoded data are sequentially outputted from the inverse DCT unit 35, which arranged at a position of the corresponding element of the original pixel block BLK on the data buffer 37, via the data buffer 37 , received multilevel image signal DPD is output to the frame buffer 6.

【0080】このようにして、本実施例では、量子化部24および逆量子化部30に対して与える量子化テーブル記憶部35の各要素のデータに、スケール乗数記憶部29に記憶されている量子化スケールデータQSDを乗じた値を、量子化テーブルの各要素のデータとして用いているので、量子化テーブル記憶部35の内容が同じ場合でも、符号化時、および、復号化時で別の量子化テーブルを実現することができる。 [0080] Thus, in this embodiment, the data of each element of the quantization table storing unit 35 to be given to the quantization unit 24 and inverse quantization unit 30, are stored in the scale multiplier storage unit 29 the value obtained by multiplying the quantization scale data QSD, since it uses as data for each element of the quantization table, even if the content of the quantization table storing unit 35 are the same, the encoding, and another at the time of decoding it is possible to realize a quantization table.

【0081】すなわち、画情報を送信するときに、例えば、相手端末の(カラー)プロッタの能力が、32階調表現のものであると判定できたときには、スケール乗数記憶部29に記憶する量子化スケールデータQSDを3 [0081] That is, when transmitting image information, e.g., quantization (color) plotter capabilities of the partner terminal, when it can be judged to be of 32 gradations is stored in the scale multiplier storage unit 29 the scale data QSD 3
2階調に応じた値に設定することで、量子化部24での量子化処理を32階調に対応した態様に変更することができるので、データバッファ32から出力する符号化データCPDは、32階調のものとなる。 By setting a value corresponding to 2 gradations, it is possible to change the mode corresponding quantization processing by the quantization unit 24 to 32 tones, encoded data CPD to be output from the data buffer 32, the 32 gradation ones.

【0082】したがって、送信データと、相手端末の受信機能との整合がとれずに、受信側でデータ変換するような事態を回避することができる。 [0082] Thus, the transmission data, without is consistent with the function of receiving remote terminal, it is possible to avoid a situation such that the data conversion on the reception side. また、相手端末の受信機能に応じたデータを送信するので、不当にデータ量が大きな伝送データを送信するような事態を防止でき、 Further, since the transmission data corresponding to the reception capability of the destination terminal, a situation can be prevented that the amount of improperly data to send large transmission data,
その結果、通信コストを低減することができる。 As a result, it is possible to reduce the communication cost.

【0083】図9は、このカラーファクシミリ装置の間で行なう画情報伝送の動作例を示している。 [0083] Figure 9 shows an operation example of the image information transmission is performed between the color facsimile apparatus.

【0084】まず、発端末(図1のカラーファクシミリ装置)は、目的の着端末(図1のカラーファクシミリ装置)を宛先に指定した呼設定メッセージSETUPをI [0084] First, (a color facsimile apparatus of FIG. 1) the calling terminal is a call setup message SETUP to the specified destination terminal of interest (color facsimile apparatus of FIG. 1) to the destination I
SDNに送出して着端末との呼設定を要求し、ISDN By sending the SDN requests a call setup to the called terminal, ISDN
は、指定された着端末に呼設定メッセージSETUPを送出して発呼する。 Is a call by sending a call setup message SETUP to the specified called terminal.

【0085】着端末は、着信応答すると応答メッセージCONNをISDNに送出し、ISDNは応答メッセージCONNを発端末に送出して着端末が呼を受け付けたことを通知するとともに、呼設定状況を通知するための呼設定受付メッセージCALL_PROCを発端末に送出する。 [0085] slave station, and sends incoming replies with a response message CONN to ISDN, ISDN is notifies that called terminal sends out a response message CONN to the calling terminal has accepted the call, and notifies the call setting status and it sends to the calling terminal a call proceeding message CALL_PROC for.

【0086】また、ISDNは、着端末に応答確認メッセージCONN_ACKを送出して着端末の応答を確認し、その時点で、発端末と着端末の間にデータ伝送のための情報チャネル(Bチャネル)が確立し、これにより、発端末および着端末は、Bチャネル上の伝送手順を開始する。 [0086] Also, ISDN sends out an acknowledgment message CONN_ACK the called terminal checks the response of the called terminal, at which time, the information channel (B channel) for data transmission between the calling terminal and the called terminal There is established, thereby, the calling terminal and the called terminal initiates the transmission procedure on B channel.

【0087】まず、発端末は、コマンドSABMを送出してリンクレイヤの設定を要求し、着端末はレスポンスUAを応答し、これによって、リンクレイヤが設定される。 [0087] First, the master station requests the setting of the link layer by sending a command SABM, the slave station responds with a response UA, whereby, the link layer is set.

【0088】次いで、発端末は、ネットワークレイヤをエンド・ツ・エンドで張るために、信号SQを送出し、 [0088] Then, the master station, in order to tension the network layer end-Tsu-end sends a signal SQ,
着端末は、それを受け付けるために信号SFを送出し、 Called terminal sends a signal SF to accept it,
次いで、発端末は、発呼要求のために信号CRを送出し、着端末は、信号CAを応答して呼を受け付け、それにより、ネットワークレイヤが設定される。 Then, the master station transmits a signal CR for call request, the called terminal accepts the call response signal CA, whereby the network layer is set.

【0089】次いで、発端末は、トランスポートレイヤを設定するために、信号TCRを送出し、着端末は、それを受け付けるために信号TCAを送出し、それによって、トランスポートレイヤが設定される。 [0089] Then, the master station, in order to set the transport layer, and transmits a signal TCR, the called terminal sends a signal TCA to accept it, thereby, the transport layer is set.

【0090】そして、発端末は、セッションレイヤのコネクションを設定するために、セッション開始コマンドCSSを送出し、着端末は、セッション開始肯定レスポンスRSSPを応答して、それにより、セッションレイヤが開始される。 [0090] Then, the master station, in order to set a connection session layer sends a session start command CSS, the called terminal in response to the session start positive response RSSP, thereby session layer is started .

【0091】次に、発端末は、使用する伝送機能のネゴシエーションするためにドキュメント機能リストコマンドCDCLを送出し、また、着端末は、ドキュメント機能リスト肯定レスポンスRDCLPを送出し、それによって、受信能力の調整が行われる。 [0091] Next, the master station transmits a document function list command CDCL to negotiate transmission function to be used, also called terminal sends a document function list positive response RDCLP, whereby the receiving capability adjustment is performed. このドキュメント機能リスト肯定レスポンスRDCLPには、着端末のカラープロッタ5で出力可能な階調数をあらわす情報が含まれる。 The document function list positive response RDCLP, includes information representing the number of gradations that can be output by the color plotter 5 of the destination terminal.

【0092】このようにして、画情報送信の準備が整うと、発端末は、ドキュメント機能リスト肯定レスポンスRDCLで通知された階調数に対応した量子化スケールデータQSDを符号化復号化部8のスケール乗数記憶部29に設定した状態で、カラースキャナ4にセットされている送信原稿の画像の読み取りを行い、それによって得たカラー送信画信号を符号化復号化部8で符号化圧縮し、それによって得た画情報に基づいて、所定のデータ構造の伝送データを形成する。 [0092] Thus, when preparations for image information transmission is ready, the master station, the quantization scale data QSD corresponding to gradation number notified in the document function list positive response RDCL encoding decoding portion 8 in a state of setting the scale multiplier storage unit 29, reads the image of a transmission original set in the color scanner 4, whereby a color transmission image signal compression coded by the coding decoding section 8 obtained, it based on the image information obtained by forming a transmission data of a predetermined data structure. このとき、伝送データには、量子化テーブルの定義データおよびハフマン符号テーブルの定義データを含ませる。 At this time, the transmission data is to include definition data defining data and Huffman code table of quantization tables.

【0093】そして、発端末は、ドキュメント開始コマンドCDSに続いて、複数のドキュメントユーザ情報コマンドCDUIを用いて1文書分の画情報を送信し、その送信を終了すると、ドキュメント終了コマンドCDE [0093] Then, the master station, following the document start command CDS, transmits the image information for one document component using a plurality of document user information command CDUI, Upon completion of the transmission, the document end command CDE
を送出して、1文書の画情報の終了を通知する。 By sending, and notifies the end of the image information of one document. また、 Also,
ドキュメント開始コマンドCDSには、送信する文書を区別するために、ドキュメント参照番号が付加される。 The document start command CDS, to distinguish the document to be transmitted, the document reference number is added.

【0094】着端末は、受信した画情報を画像蓄積装置9に蓄積するとともに、ドキュメント終了コマンドCD [0094] called terminal, as well as storing the received image information in the image storage unit 9, a document end command CD
Eを受信すると、文書の受信が正常終了したことをあらわすドキュメント終了肯定レスポンスRDEPを送出する。 Upon receiving the E, and it sends the document ends affirmative response RDEP representing that the reception of the document was successful.

【0095】このようにして、1文書分の画情報伝送を終了すると、発端末は、セッション終了コマンドCSE [0095] In this way, when you exit the image information transmission of 1 document content, the calling terminal, the end of the session command CSE
を送出し、着端末はセッション終了肯定レスポンスRS Sends out, the destination terminal is the end of the session positive response RS
EPを送出して、セッションレイヤのコネクションを解放する。 By sending the EP, to release the connection of the session layer.

【0096】次いで、発端末は、リンクレイヤのコマンドDISCを送出し、着端末は、レスポンスUAを送出し、それによって、リンクレイヤが解放される。 [0096] Then, the master station transmits a command DISC link layer, the called terminal sends a response UA, whereby the link layer is released.

【0097】このようにして、Bチャネル上のリンクが解放されると、発端末は、切断メッセージDISCをI [0097] Thus, when the link on the B-channel is released, the master station, a disconnect message DISC I
SDNに送出してDチャネルの解放手順を開始し、IS Start the release procedure of the D channel and sends the SDN, IS
DNは、切断メッセージDISCを着端末に送出して情報チャネルの復旧を通知する。 DN is wearing a disconnect message DISC to sent to the terminal to notify recovery of information channels.

【0098】これにより、着端末がチャネル切断完了を通知する解放メッセージRELをISDNに応答すると、ISDNから発端末に解放メッセージRELが送出される。 [0098] Thus, when the called terminal responds a release message REL to notify the completion of channel disconnection to ISDN, the calling terminal release message REL is sent from the ISDN. 発端末は、チャネル解放が完了すると、解放完了メッセージREL_COMPをISDNに送出してその旨を通知し、それにより、ISDNは解放完了メッセージREL_COMPを着端末に送出し、これによって、呼解放が終了する。 Calling terminal, when the channel release is completed, and notifies by sending a release complete message REL_COMP to ISDN, thereby, ISDN is sent to the terminal wearing release completion message REL_COMP, whereby, call release is completed .

【0099】このようにして、発端末から着端末への画情報送信が行われる。 [0099] In this way, the image information transmission from the calling terminal to the destination terminal is performed. また、着端末から発端末に対して、伝送データ中で通知できない階調数などの情報を、 Further, to the calling terminal from the called terminal, information such as the number of gradations that can not be notified in the transmission data,
伝送手順信号(ドキュメント機能リスト肯定レスポンスRDCLP)に含ませるようにしているので、伝送データに特別なフィールドなどを定義する必要がない。 Since as included in the transmission procedure signal (document function list positive response RDCLP), it is not necessary to define such a special field in the transmission data.

【0100】画情報の受信動作を終了すると、着端末は、そのときに受信した受信データから、量子化テーブルの定義データおよびハフマン符号テーブルの定義データを取り出して、それぞれ量子化テーブルデータおよびハフマン符号テーブルデータを形成し、それらを符号化復号化部8の量子化テーブル記憶部25、および、ハフマン復号化部34にそれぞれセットする。 [0100] Upon completion of the reception operation of the image information, the called terminal from the data received at that time, it takes out the definition data of the definition data and Huffman code table of quantization tables, each quantization table data and Huffman code forming a table data, which a quantization table storing unit 25 of the encoding and decoding unit 8, and sets respectively to the Huffman decoding unit 34. それとともに、カラープロッタ5の出力階調数に応じた量子化スケールデータQSDをスケール乗数記憶部29にセットする。 At the same time, it sets the quantization scale data QSD corresponding to the number of output gradations of color plotter 5 to the scale multiplier storage unit 29.

【0101】その状態で、画像蓄積装置9より受信データを順次取り出して、それを符号化復号化部8に転送し、対応する受信多値画信号DPDをフレームバッファ6に蓄積させる。 [0102] In this state, sequentially takes out the received data from the image storage apparatus 9, it was transferred to the coding and decoding unit 8, to accumulate corresponding received multilevel image signal DPD in the frame buffer 6.

【0102】そして、そのフレームバッファ6に蓄積した受信多値画信号DPDを、順次取り出してカラープロッタ5に転送し、受信画像を記録出力させる。 [0102] Then, the received multi-value image signal DPD accumulated in the frame buffer 6, and transfers the color plotter 5 are sequentially taken out to record outputs the received image.

【0103】さて、画像を縮小あるいは拡大する処理を行なうとき、多値画信号の状態で直接行なうと、処理データ量が非常に大きいため処理時間が非常に長くなったり、ワークエリアとして多くのエリアが必要となる。 [0103] Now, when performing the processing for reducing or enlarging the image, is performed directly in the form of multi-level image signal, or processing time for the amount of processed data is very large becomes very long, many areas as a work area Is required.

【0104】このような不都合を解消できる、本発明の他の実施例について、次に説明する。 [0104] can solve this problem, another embodiment of the present invention will now be described. 本実施例では、符号化復号化部8において、主走査方向の画像の変倍処理を行なう。 In this embodiment, the encoding decoding unit 8 performs magnification processing in the main scanning direction of the image.

【0105】例えば、画像を(2/3)の倍率で変倍するとき、すなわち、画像を(2/3)に縮小するときには、図10(a)に示すように、DCT係数マトリクスデータを、3ブロックに1つのブロックの割合でブロック単位に間引いて、同図(b)に示したような縮小後のデータを形成する。 [0105] For example, when zooming an image at a magnification of (2/3), i.e., when reducing the image to (2/3), as shown in FIG. 10 (a), the DCT coefficient matrix data, by thinning the block at the rate of one block in 3 blocks, forms data after reduction as shown in FIG. (b).

【0106】ここで、上述したように、符号化処理がブロック単位に行われているので、1ブロック分のDCT [0106] Here, as described above, since the encoding process is performed in block units, DCT of one block
係数マトリクスを削除した場合でも、その影響が他のブロックに波及するような事態が生じない。 Even if you delete the coefficient matrix, it does not occur situation, such as the impact is spread to other blocks.

【0107】また、画像を(3/2)の倍率で変倍するとき、すなわち、画像を(3/2)に拡大するときには、図11(a)に示すように、DCT係数マトリクスデータを、2ブロックごとに1ブロック増やし、同図(b)に示したような拡大後のデータを形成する。 [0107] Furthermore, when zooming an image at a magnification of (3/2), i.e., when enlarging an image to (3/2), as shown in FIG. 11 (a), the DCT coefficient matrix data, 1 block increased to every two blocks, forms data of the enlarged as shown in FIG. (b).

【0108】このようにして、本実施例では、データ量の少ないDCT係数マトリクスデータの状態で、ブロック単位にデータを削除あるいは挿入しているので、その処理のために要する時間、および、ワークエリアを縮小することができる。 [0108] Thus, in the present embodiment, in the state of small DCT coefficient matrix data amount of data, since the deleting or inserting data into blocks, the time required for the processing, and a work area it can be reduced.

【0109】図12は、かかる変倍処理を実現するための符号化復号化部の一例を示している。 [0109] Figure 12 shows an example of a coding and decoding unit for realizing such scaling. なお、同図において、図8と同一部分および相当する部分には、同一符号を付している。 In the figure, parts which are the same parts and the corresponding and 8 are denoted by the same reference numerals.

【0110】同図において、変倍部40は、制御部1から出力される変倍データDSSに対応したブロック間隔で、量子化部24から出力されるDCT係数マトリクスデータMXQを、削除または挿入するものであり、その変倍後のDCT係数マトリクスデータMXQ'は、ハフマン符号化部31に加えられている。 [0110] In the figure, the scaling unit 40 is a block interval corresponding to the magnification data DSS outputted from the control unit 1, a DCT coefficient matrix data MXQ outputted from the quantization unit 24, deletes or inserts are those, DCT coefficient matrix data MXQ after the scaling 'it is added to the Huffman encoding section 31.

【0111】また、変倍部41は、制御部1から出力される変倍データDSSに対応したブロック間隔で、ハフマン復号化部34から出力される逆量子化前のDCT係数マトリクスデータQXDを、削除または挿入するものであり、その変倍後のDCT係数マトリクスデータQX [0111] Further, the scaling unit 41 is a block interval corresponding to the magnification data DSS outputted from the control unit 1, before the inverse quantization output from the Huffman decoding unit 34 the DCT coefficient matrix data QXD, It is intended to remove or insert, DCT coefficient matrix data QX after the scaling
D'は、逆量子化部30に加えられている。 D 'is added to the inverse quantization unit 30.

【0112】このようにして、この符号化復号化部では、符号化時、あるいは、復号化時のいずれかに、主走査方向の画像の変倍を行なうことができる。 [0112] Thus, in this encoding and decoding unit, upon encoding, or in any of the time decoding can be performed magnification in the main scanning direction of the image. なお、当然のことながら、副走査方向の画像の変倍は、主走査ライン単位に行なう。 As a matter of course, scaling in the sub-scanning direction of the image is performed in the main scanning lines.

【0113】ところで、上述した実施例では、DCT係数マトリクスデータを、ブロック単位に削除または挿入することで、主走査方向の画像の変倍を行なっているが、完全に1ブロックのDCT係数マトリクスデータを扱っているので、その削除または挿入した部分で、変倍後の画像が劣化するおそれがある。 [0113] Incidentally, in the embodiment described above, the DCT coefficient matrix data, by removing or inserting the block, but performs a variable magnification in the main scanning direction of the image, one full block DCT coefficient matrix data since dealing with, delete or insert portions thereof, there is a possibility that the image after scaling is deteriorated.

【0114】このような画像劣化を抑制するには、例えば、画像を(2/3)に縮小するときには、図13 [0114] To suppress such image deterioration, for example, when reducing the image to (2/3) is 13
(a)に示すように、○印を付した間引き対象のブロックのDCT係数マトリクスデータと、その直前のブロックのDCT係数マトリクスデータで、同じ係数位置毎に平均値(予測値)を形成し(予測値演算)、それによって得た各要素から構成されるDCT係数マトリクスデータを、間引き対象のブロックの直前のブロックのDCT (A), the a DCT coefficient matrix data blocks of thinning-out object marked with ○ mark, in the DCT coefficient matrix data of the immediately preceding block, to form a mean value (predicted value) for each same coefficient position ( predicted value calculating), the DCT coefficient matrix data composed of respective elements obtained by it, DCT immediately preceding block of the block of thinned out
係数マトリクスデータとして、同図(b)に示したように配置する。 As the coefficient matrix data, arranged as shown in FIG. (B).

【0115】また、画像を(3/2)に拡大するときには、図14(a)に示すように、○印を付した挿入位置の前後の2つのDCT係数マトリクスデータの同じ係数位置毎に平均値(予測値)を形成し(予測値演算)、それによって得た各要素から構成される新たなDCT係数マトリクスデータ(△印で示す)を、同図(b)に示したように配置する。 [0115] Further, when enlarging an image to (3/2), as shown in FIG. 14 (a), the average for each same coefficient position of the two DCT coefficients matrix data before and after the insertion position marked with ○ mark value to form a (predicted value) (predicted value calculation), the new DCT coefficients matrix data composed of respective elements obtained by it (△ indicated by mark), arranged as shown in FIG. (b) .

【0116】このようにして、本実施例では、DCT係数マトリクスデータ単位に、削除または挿入対象となるブロックを予測値演算して形成しているので、変倍後の画像には、削除または挿入するブロックの前後の内容が含まれるので、変倍後の画像の劣化を抑制することができる。 [0116] Thus, in this embodiment, the DCT coefficient matrix data unit, since the form predicted value calculation block to be deleted or inserted object, the image after scaling is deleted or inserted because it contains before and after the contents of the block, it is possible to suppress degradation of the image after scaling.

【0117】また、DCT係数マトリクスは、周波数領域の信号であるため、そのブロックにおける周波数的な特徴が予測値演算後のブロックにあらわれるので、変倍後の画像の劣化がほとんど目立たなくなる。 [0117] Further, DCT coefficients matrix are the signals in the frequency domain, the frequency characteristics of the block appears the block after the prediction value calculation, the deterioration of the image after scaling is hardly noticeable.

【0118】図15は、かかる変倍処理を実現するための符号化復号化部の一例を示している。 [0118] Figure 15 shows an example of a coding and decoding unit for realizing such scaling. なお、同図において、図8および図12と同一部分および相当する部分には、同一符号を付している。 In the figure, portions corresponding and identical parts as in FIG. 8 and FIG. 12 are denoted by the same reference numerals.

【0119】同図において、変倍部43は、制御部1から出力される変倍データDSSに基づいて、上述した予測値演算をDCT変換部23から出力される量子化前のDCT係数マトリクスデータMXCのブロック単位に行なうとともに、DCT係数マトリクスデータMXCをブロック単位に削除または挿入するものであり、その変倍後のDCT係数マトリクスデータMXC'は、量子化部24に加えられている。 [0119] In the figure, the scaling unit 43, based on the magnification data DSS outputted from the control unit 1, before the quantization DCT coefficient matrix data output prediction value calculation described above from the DCT unit 23 carries out the block unit of MXC, the DCT coefficient matrix data MXC is intended to remove or insert the block, DCT coefficients matrix data MXC after the scaling 'is added to the quantization unit 24.

【0120】また、変倍部44は、制御部1から出力される変倍データDSSに基づいて、上述した予測値演算を逆量子化部30から出力される逆量子化後のDCT係数マトリクスデータQXCのブロック単位に行なうとともに、DCT係数マトリクスデータQXCをブロック単位に削除または挿入するものであり、その変倍後のDC [0120] Further, the scaling unit 44, based on the magnification data DSS outputted from the control unit 1, DCT coefficient matrix data after the inverse quantization output the predicted value calculation described above from the inverse quantization unit 30 carries out the block unit of QXC, the DCT coefficient matrix data QXC is intended to remove or insert the block, DC after the scaling
T係数マトリクスデータQXC'は、逆DCT変換部3 T coefficient matrix data QXC 'is inverse DCT unit 3
5に加えられている。 It has been added to the 5.

【0121】このようにして、この符号化復号化部では、符号化時、あるいは、復号化時のいずれかに、主走査方向の画像の変倍を行なうことができる。 [0121] Thus, in this encoding and decoding unit, upon encoding, or in any of the time decoding can be performed magnification in the main scanning direction of the image.

【0122】ところで、上述した実施例では、縮小するときに、間引き対象のブロックと、その直前のブロックを用いて、予測値演算するようにしているが、図16 [0122] In the embodiment described above, when reducing, the blocks of thinning-out object, using the immediately preceding block, but as computing the predicted value, FIG. 16
(a),(b)に示すような方法を用いても、主走査方向に画像を縮小することができる。 (A), it is possible to reduce the image also in the main scanning direction by using the method shown in (b).

【0123】この場合、間引き対象のブロックの前後のブロックに対して、間引き対象となるブロックとの間で予測値演算しており、より変倍処理の影響を抑制することができる。 [0123] In this case, with respect to the preceding and succeeding blocks of the block of thinning-out object, and calculates predicted values ​​between the block to be thinned out, it is possible to suppress the influence of more scaling process.

【0124】また、縮小方法としては、図17(a)〜 [0124] In addition, as a reduction method, as shown in FIG. 17 (a) ~
(d)に示したように、間引き対象のブロックと、その前後のブロックを復号してそのブロックの画像を形成し、その画像の縮小画像を形成し、その縮小画像を再度符号化処理するという方法を用いることもできる。 As shown (d), the a block of thinning-out object, that decodes the before and after block form an image of the block to form a reduced image of the image and processes the reduced image re-encoded the method can also be used.

【0125】この方法では、間引き対象とその前後のブロックのみを縮小処理しているので、従来方法に比べて、処理に要する時間を短縮できるとともに、処理のために必要なワークエリアを抑制することができる。 [0125] In this method, since the thinning-out object is shrinking process only the front and rear blocks, compared to the conventional method, it is possible to shorten the time required for processing, to suppress a work area necessary for processing can.

【0126】さて、上述したように、DCT係数マトリクスは、ブロック毎に独立しているので、ブロック単位に取り扱えば、例えば、図18(a),(b)に示すように、その順序を入れ変えることができる。 [0126] Now, as described above, DCT coefficients matrix, are independent of each block, if handled in units of blocks, for example, as shown in FIG. 18 (a), (b), placed in the order it is possible to change. このように順序を入れ変えたDCT係数マトリクスにより形成された符号化データを、通常の方法で復号化しても、それによって得られる画像は、ブロック単位に並び換えられているために、正常な状態では再現することができない。 Thus the encoded data formed by the charged varied DCT coefficients matrix order, be decoded in the usual way, the image obtained thereby, in order are rearranged into blocks, the normal state In can not be reproduced.

【0127】このようにして、DCT係数マトリクスのブロックの並び換え順序を知らなければ、正常な画像を得ることができないので、符号化復号化部8を用いて、 [0127] Thus, without knowing the rearrangement order of the blocks of DCT coefficients matrix, it is impossible to obtain a normal image, using the coding and decoding unit 8,
伝送データを暗号化することができる。 The transmitted data may be encrypted.

【0128】図19は、かかる暗号機能を備えた符号化復号化部8の一例を示している。 [0128] Figure 19 shows an example of a coding and decoding unit 8 having such cryptographic functions. なお、同図において、 It should be noted that, in the figure,
図8と同一部分および相当する部分には、同一符号を付している。 The same parts and corresponding parts and 8 are denoted by the same reference numerals.

【0129】同図において、ブロック並べ換え部45 [0129] In the figure, the block reordering unit 45
は、量子化部24から出力された量子化後のDCT係数マトリクスデータMXQを、ブロック単位に、所定の順序に並べ換えるものであり、その並べ換え後のDCT係数マトリクスデータMXQ'は、ハフマン符号化部31 The DCT coefficient matrix data MXQ after quantization output from the quantization unit 24, in units of blocks, which rearranged in a predetermined order, the DCT coefficient matrix data MXQ 'is after permutation, Huffman coding part 31
に加えられている。 It has been added to.

【0130】また、ブロック並べ換え部46は、ハフマン復号化部34から出力される逆量子化前のDCT係数マトリクスデータQXDを、ブロック単位に、ブロック並べ換え部45が並べ換えたブロックが元の順序になるように並べ換えるものであり、その並べ換え後のDCT [0130] The block reordering unit 46, the inverse quantization before DCT coefficient matrix data QXD output from the Huffman decoding section 34, the block, the block the block reordering unit 45 is rearranged is original order are those rearranged as, DCT after the permutation
係数マトリクスデータQXD'は、逆量子化部30に加えられている。 Coefficient matrix data QXD 'is added to the inverse quantization unit 30.

【0131】したがって、同一機能を備えたカラーファクシミリ装置間では、適切に画情報伝送動作を行なうことができるが、それ以外のカラーファクシミリ装置との間では、正常な画情報伝送動作が行われないので、画情報伝送の暗号化を実現することができる。 [0131] Thus, among the color facsimile apparatus having the same function, can be carried out appropriately image information transmission operation, between the other color facsimile apparatus, not carried out the normal image information transmission operation since, it is possible to realize the encryption of image information transmission.

【0132】このようにして、本実施例では、簡単な要素を付加することにより、データの暗号化を実現することができる。 [0132] Thus, in this embodiment, by adding a simple element, it is possible to realize the data encryption. なお、上述した実施例では、ブロック並べ換え部45,46が常に動作しているが、このブロック並べ換え部45,46の動作を制御部1で制御するようにしてもよい。 In the embodiment described above, although the block reordering unit 45, 46 is always operating, may be to control the operation of the block reordering unit 45, 46 in the control unit 1.

【0133】なお、上述した実施例では、符号化機能と復号化機能をともに備えた装置について、本発明を適用した場合について説明したが、符号化機能あるいは復号化機能のいずれか一方のみを備えた装置についても、本発明を同様にして適用することができる。 [0133] In the embodiment described above, the apparatus having both decoding function and encoding function has been described the case of applying the present invention, provided only one of the encoding function or the decoding function for even devices can be applied in the same manner the present invention.

【0134】また、上述した実施例では、エントロピー符号化方式として、ハフマン符号化方式を用いた場合について説明したが、エントロピー符号化方式として、算術符号化方式を用いた場合にも、本発明を同様にして適用することができる。 [0134] In the embodiment described above, as the entropy coding scheme, has been described using the Huffman coding method, as the entropy coding method, even in the case of using the arithmetic coding method, the present invention it can be applied in a similar manner.

【0135】また、上述した実施例では、カラーファクシミリ装置の符号化復号化部について、本発明を適用したが、それ以外の装置についても、本発明を同様にして適用することができる。 [0135] Further, in the embodiment described above, the encoding and decoding of the color facsimile apparatus, the present invention is applied to, for the other device, can be applied in the same manner the present invention.

【0136】 [0136]

【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、 As described in the foregoing, according to the present invention,
再生系の能力に応じた量子化ステップでDCT係数マトリクスの要素を量子化しているので、再生系の能力に符号化データを形成でき、蓄積時に必要なデータ容量を削減できるとともに、符号化データを伝送するときの通信コストを低減できる。 Since quantizing the elements of the DCT coefficients matrix quantization step in accordance with the capabilities of the reproducing system, can form a coded data on the ability of the reproducing system, it is possible to reduce the data capacity required for storing the encoded data It can be reduced communication cost when transmitting. また、DCT係数マトリクス単位に変倍処理を行なっているので、全ての画像データを変倍処理する必要がなく、その結果、変倍処理が容易になる。 Further, since the performing scaling processing on the DCT coefficient matrix basis, there is no need to scaling processing all image data, as a result, the scaling processing is facilitated. また、DCT係数マトリクス単位に、ブロック順序を並び換えた状態で符号化データを形成しているので、 Further, the DCT coefficient matrix basis, since the form coded data in a state that rearranges block order,
符号化データを秘匿できるという効果を得る。 Such an effect that the encoded data can be concealed.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】画像ブロックの一例を示す概略図。 1 is a schematic diagram showing an example of an image block.

【図2】DCT係数マトリクスの一例を示す概略図。 2 is a schematic diagram showing an example of DCT coefficients matrix.

【図3】DC差分値とグループ番号との関係を示すデータテーブルの一例を示す概略図。 Schematic diagram showing an example of a data table 3 shows the relationship between the DC difference value and the group number.

【図4】AC係数値とグループ番号との関係を示すデータテーブルの一例を示す概略図。 Schematic diagram showing an example of a data table 4 shows a relationship between the AC coefficient value and the group number.

【図5】2次元符号テーブルの一例を示す概略図。 Figure 5 is a schematic diagram showing an example of the two-dimensional code table.

【図6】カラー静止画符号化方式により形成された圧縮データのデータ構造を例示した概略図。 [6] illustrated schematically the data structure of the compressed data formed by the color still image coding system.

【図7】本発明の一実施例にかかるカラーファクシミリ装置を示すブロック図。 FIG. 7 is a block diagram showing a color facsimile apparatus according to an embodiment of the present invention.

【図8】符号化復号化部の一例を示すブロック図。 8 is a block diagram showing an example of coding and decoding unit.

【図9】カラーファクシミリ装置の伝送手順の一例を示すタイムチャート。 Figure 9 is a time chart showing an example of a transmission procedure of the color facsimile apparatus.

【図10】DCT係数マトリクスのブロック単位に画像を縮小する処理を説明するための概略図。 Figure 10 is a schematic view for explaining the processing for reducing an image into blocks of DCT coefficients matrix.

【図11】DCT係数マトリクスのブロック単位に画像を拡大する処理を説明するための概略図。 Figure 11 is a schematic view for explaining the processing for enlarging an image into blocks of DCT coefficients matrix.

【図12】符号化復号化部の他の例を示すブロック図。 12 is a block diagram showing another example of coding and decoding unit.

【図13】DCT係数マトリクスのブロック単位に画像を縮小する処理の他の例を説明するための概略図。 Figure 13 is a schematic diagram for explaining another example of a process of reducing the image into blocks of DCT coefficients matrix.

【図14】DCT係数マトリクスのブロック単位に画像を拡大する処理の他の例を説明するための概略図。 Figure 14 is a schematic view for explaining another example of processing for enlarging an image into blocks of DCT coefficients matrix.

【図15】符号化復号化部のさらに他の例を示すブロック図。 15 is a block diagram showing still another example of coding and decoding unit.

【図16】DCT係数マトリクスのブロック単位に画像を縮小する処理のさらに他の例を説明するための概略図。 Figure 16 is a schematic view for explaining another example of a process of reducing the image into blocks of DCT coefficients matrix.

【図17】画像を縮小する処理の別な例を説明するための概略図。 Figure 17 is a schematic diagram for explaining another example of a process for reducing the image.

【図18】DCT係数マトリクスをブロック単位に並べ換えて暗号化する処理を説明するための概略図。 Figure 18 is a schematic view for explaining a process of encrypting rearranged DCT coefficients matrix into blocks.

【図19】符号化復号化部の別な例を示すブロック図。 Figure 19 is a block diagram showing another example of coding and decoding unit.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

29 スケール乗数記憶部 40,41,43,44 変倍部 45,46 ブロック並べ換え部 29 scale multiplier storage unit 40,41,43,44 scaling unit 45, 46 block reordering unit

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 神田 好道 東京都大田区中馬込1丁目3番6号 株式 会社リコー内 (72)発明者 黒井 敏彦 東京都大田区中馬込1丁目3番6号 株式 会社リコー内 (72)発明者 野口 浩一 東京都大田区中馬込1丁目3番6号 株式 会社リコー内 (72)発明者 相田 みどり 東京都大田区中馬込1丁目3番6号 株式 会社リコー内 (72)発明者 日高 信 東京都大田区中馬込1丁目3番6号 株式 会社リコー内 (72)発明者 佐々木 富雄 東京都大田区中馬込1丁目3番6号 株式 会社リコー内 (72)発明者 野村 桂市 東京都大田区中馬込1丁目3番6号 株式 会社リコー内 (72)発明者 山川 慎二 東京都大田区中馬込1丁目3番6号 株式 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Kanda good road, Ota-ku, Tokyo Nakamagome 1-chome No. 3 No. 6 stock company in the Ricoh (72) inventor Toshihiko Kuroi Ota-ku, Tokyo Nakamagome 1-chome No. 3 No. 6 stock company in the Ricoh (72) inventor Koichi Noguchi Ota-ku, Tokyo Nakamagome 1-chome No. 3 No. 6 stock company in the Ricoh (72) inventor Midori Aida Ota-ku, Tokyo Nakamagome 1-chome No. 3 No. 6 stock company in the Ricoh (72) inventor Shin Hidaka Ota-ku, Tokyo Nakamagome 1-chome No. 3 No. 6 stock company in the Ricoh (72) inventor Tomio Sasaki Ota-ku, Tokyo Nakamagome 1-chome No. 3 No. 6 stock company in the Ricoh (72) inventor Katsura Nomura City Ota-ku, Tokyo Nakamagome 1-chome No. 3 No. 6 stock company in the Ricoh (72) inventor Shinji Yamakawa Ota-ku, Tokyo Nakamagome 1-chome No. 3 No. 6 stock 社リコー内 Company in the Ricoh

Claims (24)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 符号化時には、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する一方、復号化時には、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆D [Claim 1] At the time of coding, dividing the multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT conversion, thereby obtained DCT while the coefficient matrix is ​​quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, entropy coding elements of the DCT coefficients matrix after the quantization, during decoding, DCT coefficients matrix by decoding the entropy-encoded code data is formed and the DCT coefficients matrix inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, inverse D DCT coefficients matrix thereby obtained
    CT変換して多値画信号を復元する画像処理方法において、符号化時、上記量子化処理に適用する量子化係数マトリクスの各要素の値に、再生系の画像特性に応じた値のスケール乗数を乗じる一方、復号化時、上記逆量子化処理に適用する量子化係数マトリクスの各要素の値に、 And CT converts the image processing method of restoring a multivalued image signal, the encoding, the values ​​of the elements of the quantization matrix of coefficients to be applied to the quantization process, the scale multiplier value corresponding to the image characteristics of the reproduction system while multiplying, during decoding, the value of each element of the quantized coefficient matrix to be applied to the inverse quantization processing,
    符号化時と同じスケール乗数を乗じることを特徴とする画像処理方法。 Image processing method characterized by multiplying the same scale multiplier as the encoding.
  2. 【請求項2】 ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDC Wherein dividing the multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT conversion, thereby obtained DC
    T係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスをエントロピー符号化する画像処理装置において、上記量子化処理に適用する量子化係数マトリクスの各要素の値に再生系の画像特性に応じた値のスケール乗数を乗じるスケール乗数制御手段を備えたことを特徴とする画像処理装置。 The T matrix of coefficients quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, an image processing apparatus for entropy coding the DCT coefficients matrix after the quantization, the value of each element of the quantization matrix of coefficients to be applied to the quantization process the image processing apparatus characterized by comprising a scale multiplier control means by a scale multiplier value corresponding to the image characteristic of the reproduction system.
  3. 【請求項3】 エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT 3. A decoding the entropy encoded code data to form a DCT coefficient matrix, the DCT
    係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理装置において、上記逆量子化処理に適用する量子化係数マトリクスの各要素の値に、その符号化データの符号化時と同じスケール乗数を乗じるスケール乗数制御手段を備えたことを特徴とする画像処理装置。 Inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix coefficient matrix, an image processing apparatus for restoring a multivalued image signal to DCT coefficients matrix to inverse DCT transform thereby obtained, the quantum to be applied to the inverse quantization process to a value of each element of the coefficient matrix, an image processing apparatus characterized by comprising a scale multiplier controlling means for multiplying the same scale multiplier as the encoding of the encoded data.
  4. 【請求項4】 符号化時には、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する一方、復号化時には、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆D 4. During the encoding, divides the multi-valued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT conversion, thereby obtained DCT while the coefficient matrix is ​​quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, entropy coding elements of the DCT coefficients matrix after the quantization, during decoding, DCT coefficients matrix by decoding the entropy-encoded code data is formed and the DCT coefficients matrix inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, inverse D DCT coefficients matrix thereby obtained
    CT変換して多値画信号を復元する画像処理装置において、符号化時、上記量子化処理に適用する量子化係数マトリクスの各要素の値に、再生系の画像特性に応じた値のスケール乗数を乗じる一方、復号化時、上記逆量子化処理に適用する量子化係数マトリクスの各要素の値に、 In the image processing apparatus by CT converts to restore the multi-value image signals, during encoding, the values ​​of the elements of the quantization matrix of coefficients to be applied to the quantization process, the scale multiplier value corresponding to the image characteristics of the reproduction system while multiplying, during decoding, the value of each element of the quantized coefficient matrix to be applied to the inverse quantization processing,
    符号化時と同じスケール乗数を乗じるスケール乗数制御手段を備えたことを特徴とする画像処理装置。 The image processing apparatus characterized by comprising a scale multiplier controlling means for multiplying the same scale multiplier as the encoding.
  5. 【請求項5】 符号化時には、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する一方、復号化時には、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆D 5. During encoding, divides the multi-valued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT conversion, thereby obtained DCT while the coefficient matrix is ​​quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, entropy coding elements of the DCT coefficients matrix after the quantization, during decoding, DCT coefficients matrix by decoding the entropy-encoded code data is formed and the DCT coefficients matrix inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, inverse D DCT coefficients matrix thereby obtained
    CT変換して多値画信号を復元する画像処理方法において、画像縮小時、上記量子化後のDCT係数マトリクスを、画像縮小率に応じたブロック数間隔で、ブロック単位に除去することを特徴とする画像処理方法。 And CT converts the image processing method of restoring a multivalued image signal, when an image is reduced, the DCT coefficients matrix after the quantization, block number intervals corresponding to the image reduction ratio, and characterized in that removing the block image processing method for.
  6. 【請求項6】 符号化時には、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する一方、復号化時には、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆D At 6. The coding divides the multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT conversion, thereby obtained DCT while the coefficient matrix is ​​quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, entropy coding elements of the DCT coefficients matrix after the quantization, during decoding, DCT coefficients matrix by decoding the entropy-encoded code data is formed and the DCT coefficients matrix inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, inverse D DCT coefficients matrix thereby obtained
    CT変換して多値画信号を復元する画像処理方法において、画像縮小時、上記逆量子化前のDCT係数マトリクスを、画像縮小率に応じたブロック数間隔で、ブロック単位に除去することを特徴とする画像処理方法。 Characterized by CT converts the image processing method of restoring a multivalued image signal, when an image is reduced, the DCT coefficients matrix before the inverse quantization block number intervals corresponding to the image reduction ratio, removing the blocks image processing method for the.
  7. 【請求項7】 ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDC 7. dividing the multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT conversion, thereby obtained DC
    T係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する画像処理装置において、画像縮小時、上記量子化後のDCT係数マトリクスを、画像縮小率に応じたブロック数間隔で、ブロック単位に除去する変倍手段を備えたことを特徴とする画像処理装置。 The T matrix of coefficients quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, an image processing apparatus for entropy encoding the elements of the DCT coefficients matrix after the quantization, at the image reduction, the DCT coefficient matrix after the quantization, in block number intervals corresponding to the image reduction ratio, the image processing apparatus comprising the variable magnification means for removing the blocks.
  8. 【請求項8】 エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT 8. The DCT coefficients matrix formed by decoding the entropy-encoded code data, the DCT
    係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理装置において、画像縮小時、上記逆量子化前のDCT係数マトリクスを、画像縮小率に応じたブロック数間隔で、ブロック単位に除去する変倍手段を備えたことを特徴とする画像処理装置。 Inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix coefficient matrix, in which the inversely DCT transform DCT coefficients matrix obtained image processing apparatus for restoring a multivalued image signal, when an image is reduced, the inverse quantization before of the DCT coefficients matrix, block number intervals corresponding to the image reduction ratio, the image processing apparatus comprising the variable magnification means for removing the blocks.
  9. 【請求項9】 符号化時には、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する一方、復号化時には、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆D 9. A coding time divides the multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT conversion, thereby obtained DCT while the coefficient matrix is ​​quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, entropy coding elements of the DCT coefficients matrix after the quantization, during decoding, DCT coefficients matrix by decoding the entropy-encoded code data is formed and the DCT coefficients matrix inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, inverse D DCT coefficients matrix thereby obtained
    CT変換して多値画信号を復元する画像処理方法において、画像拡大時、画像拡大率に応じたブロック数間隔で上記量子化後のDCT係数マトリクスの同一ブロックを1つ挿入することを特徴とする画像処理方法。 And CT converts the image processing method of restoring a multivalued image signal, and wherein during image enlargement, in block number intervals corresponding to the image magnification to insert one same block of DCT coefficients matrix after the quantization image processing method for.
  10. 【請求項10】 符号化時には、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する一方、復号化時には、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理方法において、画像拡大時、画像拡大率に応じたブロック数間隔で上記逆量子化前のDCT係数マトリクスの同一ブロックを挿入することを At 10. A coding divides the multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT conversion, thereby obtained DCT while the coefficient matrix is ​​quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, entropy coding elements of the DCT coefficients matrix after the quantization, during decoding, DCT coefficients matrix by decoding the entropy-encoded code data forming a, in the image processing method of the DCT coefficients matrix inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, to recover the multi-value image signal DCT coefficients matrix thereby obtained by inverse DCT transform, when an image is enlarged a block number intervals corresponding to the image magnification to insert the same block of the inverse quantization before DCT coefficients matrix 特徴とする画像処理方法。 Image processing method according to claim.
  11. 【請求項11】 ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたD 11. divides the multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT conversion, thereby obtained D
    CT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する画像処理装置において、 The CT coefficient matrix is ​​quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, an image processing apparatus for entropy encoding the elements of the DCT coefficients matrix after the quantization,
    画像拡大時、画像拡大率に応じたブロック数間隔で上記量子化後のDCT係数マトリクスの同一ブロックを1つ挿入する変倍手段を備えたことを特徴とする画像処理装置。 During image enlargement, image processing apparatus, characterized in that in the block number intervals corresponding to the image magnification with a magnification change means for inserting one same block of DCT coefficients matrix after the quantization.
  12. 【請求項12】 エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDC 12. The DCT coefficients matrix formed by decoding the entropy-encoded code data, the DC
    T係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理装置において、画像拡大時、画像拡大率に応じたブロック数間隔で上記逆量子化前のDCT係数マトリクスの同一ブロックを挿入する変倍手段を備えたことを特徴とする画像処理装置。 Inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix T coefficient matrix, an image processing apparatus for restoring a multivalued image signal to DCT coefficients matrix thereby obtained by inverse DCT transform, when an image is enlarged, the image magnification the image processing apparatus characterized by comprising a variable magnification means by block number interval corresponding to insert the same block of the inverse quantization before DCT coefficients matrix.
  13. 【請求項13】 符号化時には、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する一方、復号化時には、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理方法において、画像縮小時、画像縮小率に応たブロック数間隔で配置されている上記量子化前のDCT係数マトリクスを、その少なくとも一 To 13. The encoding divides multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT conversion, thereby obtained DCT while the coefficient matrix is ​​quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, entropy coding elements of the DCT coefficients matrix after the quantization, during decoding, DCT coefficients matrix by decoding the entropy-encoded code data forming a, in the image processing method of the DCT coefficients matrix inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, to recover the multi-value image signal DCT coefficients matrix thereby obtained by inverse DCT transform, when the image reduction the DCT coefficients matrix before the quantization which is arranged in response was the number of blocks apart image reduction ratio, at least one 方の隣接ブロックとの間で予測処理してその隣接ブロックのDCT係数マトリクスを新たに算出するとともに、当該ブロックのDCT係数マトリクスを除去することを特徴とする画像処理方法。 Square and prediction processing between the adjacent blocks with newly calculated DCT coefficients matrix of the adjacent blocks of the image processing method characterized by removing DCT coefficients matrix of the block.
  14. 【請求項14】 符号化時には、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する一方、復号化時には、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理方法において、画像縮小時、画像縮小率に応じたブロック数間隔で配置されている上記逆量子化後のDCT係数マトリクスを、その少なくと To 14. The encoding divides multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT conversion, thereby obtained DCT while the coefficient matrix is ​​quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, entropy coding elements of the DCT coefficients matrix after the quantization, during decoding, DCT coefficients matrix by decoding the entropy-encoded code data forming a, in the image processing method of the DCT coefficients matrix inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, to recover the multi-value image signal DCT coefficients matrix thereby obtained by inverse DCT transform, when the image reduction the DCT coefficients matrix after the inverse quantization are arranged in block number intervals corresponding to the image reduction ratio, when the small も一方の隣接ブロックとの間で予測処理してその隣接ブロックのDCT係数マトリクスを新たに算出するとともに、当該ブロックのDCT係数マトリクスを除去することを特徴とする画像処理方法。 Image processing method for with newly calculated DCT coefficients matrix of its adjacent block, and removing the DCT coefficients matrix of the block be predicted processing with one of the neighboring blocks.
  15. 【請求項15】 ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたD 15. divides the multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT conversion, thereby obtained D
    CT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスの要素を用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスをエントロピー符号化する画像処理装置において、 The CT coefficient matrix is ​​quantized using the elements of predetermined quantization coefficient matrix, an image processing apparatus for entropy coding the DCT coefficients matrix after the quantization,
    画像縮小時、画像縮小率に応じたブロック数間隔で配置されている上記量子化前のDCT係数マトリクスを、その少なくとも一方の隣接ブロックとの間で予測処理してその隣接ブロックのDCT係数マトリクスを新たに算出するとともに、当該ブロックのDCT係数マトリクスを除去する変倍手段を備えたことを特徴とする画像処理装置。 When image reduction, the DCT coefficient matrix before the quantization are arranged in block number intervals corresponding to the image reduction ratio, the DCT coefficients of the neighboring block matrix and prediction processing between at least one of the neighboring blocks with newly calculated, the image processing apparatus comprising the variable magnification means for removing the DCT coefficients matrix of the block.
  16. 【請求項16】 エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDC 16. The DCT coefficients matrix formed by decoding the entropy-encoded code data, the DC
    T係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理装置において、画像縮小時、画像縮小率に応じたブロック数間隔で配置されている上記逆量子化後のDCT係数マトリクスを、その少なくとも一方の隣接ブロックとの間で予測処理してその隣接ブロックのDCT係数マトリクスを新たに算出するとともに、当該ブロックのDCT係数マトリクスを除去する変倍手段を備えたことを特徴とする画像処理装置。 Inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix T coefficient matrix, an image processing apparatus for restoring a multivalued image signal to DCT coefficients matrix thereby obtained by inverse DCT transform, when image reduction, the image reduction ratio the DCT coefficients matrix after the inverse quantization are arranged in block number interval corresponding, with newly calculated DCT coefficients matrix of the adjacent block and the prediction processing between at least one of the neighboring blocks, the the image processing apparatus characterized by comprising a scaling means for removing the DCT coefficients matrix blocks.
  17. 【請求項17】 符号化時には、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する一方、復号化時には、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理方法において、画像拡大時、画像拡大率に応じたブロック数間隔で連続配置されている複数のブロックの上記量子化前のDCT係数マトリク At 17. The coding divides the multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT conversion, thereby obtained DCT while the coefficient matrix is ​​quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, entropy coding elements of the DCT coefficients matrix after the quantization, during decoding, DCT coefficients matrix by decoding the entropy-encoded code data forming a, in the image processing method of the DCT coefficients matrix inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, to recover the multi-value image signal DCT coefficients matrix thereby obtained by inverse DCT transform, when an image is enlarged , before the quantization of a plurality of blocks which are successively arranged in block number intervals corresponding to the image magnification DCT coefficients Matrix スに基づき、それらの複数のブロックの間に挿入する挿入ブロックのDCT係数マトリクスを予測演算することを特徴とする画像処理方法。 Based on the scan, the image processing method characterized by the DCT coefficients matrix of the insert block prediction calculation to be inserted between them a plurality of blocks.
  18. 【請求項18】 符号化時には、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する一方、復号化時には、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理方法において、画像拡大時、画像拡大率に応じたブロック数間隔で連続配置されている複数のブロックの上記逆量子化後のDCT係数マトリ To 18. The encoding divides multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT conversion, thereby obtained DCT while the coefficient matrix is ​​quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, entropy coding elements of the DCT coefficients matrix after the quantization, during decoding, DCT coefficients matrix by decoding the entropy-encoded code data forming a, in the image processing method of the DCT coefficients matrix inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, to recover the multi-value image signal DCT coefficients matrix thereby obtained by inverse DCT transform, when an image is enlarged , DCT coefficient after the inverse quantization of the plurality of blocks which are successively arranged in block number intervals corresponding to the image magnification Matricaria クスに基づき、それらの複数のブロックの間に挿入する挿入ブロックのDCT係数マトリクスを予測演算することを特徴とする画像処理方法。 Based on box, an image processing method characterized by the DCT coefficients matrix of the insert block prediction calculation to be inserted between them a plurality of blocks.
  19. 【請求項19】 ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたD 19. divides the multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT conversion, thereby obtained D
    CT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する画像処理装置において、 The CT coefficient matrix is ​​quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, an image processing apparatus for entropy encoding the elements of the DCT coefficients matrix after the quantization,
    画像拡大時、画像拡大率に応じたブロック数間隔で連続配置されている複数のブロックの上記量子化前のDCT During image enlargement, the pre-quantization DCT of the blocks which are successively arranged in block number intervals corresponding to the image magnification
    係数マトリクスに基づき、それらの複数のブロックの間に挿入する挿入ブロックのDCT係数マトリクスを予測演算する変倍手段を備えたことを特徴とする画像処理装置。 Based on the coefficient matrix, an image processing apparatus comprising the variable magnification means for predicting calculating the DCT coefficients matrix insert block to be inserted between them a plurality of blocks.
  20. 【請求項20】 エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDC 20. decodes the entropy-coded code data to form a DCT coefficient matrix, the DC
    T係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理装置において、画像拡大時、画像拡大率に応じたブロック数間隔で連続配置されている複数のブロックの上記逆量子化後のDCT係数マトリクスに基づき、それらの複数のブロックの間に挿入する挿入ブロックのDCT係数マトリクスを予測演算する変倍手段を備えたことを特徴とする画像処理装置。 Inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix T coefficient matrix, an image processing apparatus for restoring a multivalued image signal to DCT coefficients matrix thereby obtained by inverse DCT transform, when an image is enlarged, the image magnification depending on the basis of the DCT coefficients matrix after the inverse quantization of the plurality of blocks which are successively arranged in block number intervals, their plurality of scaling means for predicting calculating the DCT coefficients matrix insert block to be inserted between the blocks the image processing apparatus characterized by comprising a.
  21. 【請求項21】 符号化時には、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する一方、復号化時には、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理方法において、画像縮小時、画像縮小率に応じたブロック数間隔で配置されている複数ブロックの上記量子化前のDCT To 21. The encoding divides multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT conversion, thereby obtained DCT while the coefficient matrix is ​​quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, entropy coding elements of the DCT coefficients matrix after the quantization, during decoding, DCT coefficients matrix by decoding the entropy-encoded code data forming a, in the image processing method of the DCT coefficients matrix inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, to recover the multi-value image signal DCT coefficients matrix thereby obtained by inverse DCT transform, when the image reduction the pre-quantization DCT multiple blocks are arranged in block number interval corresponding to the image reduction ratio
    係数マトリクスを用いて元の多値画信号を形成し、その多値画信号に基づいて主走査方向の画像を縮小率に応じて間引き演算し、その間引き演算後の多値画信号をDC Forming the original multi-value image signal using the matrix of coefficients, and decimation operation in accordance with image in the main scanning direction in reduction ratio on the basis of the multivalued image signal, the multi-value image signals after the thinning operation DC
    T変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスをエントロピー符号化することを特徴とする画像処理方法。 An image processing method to T conversion, and quantized using a predetermined quantization coefficient matrix of DCT coefficients matrix obtained thereby, characterized by entropy coding the DCT coefficients matrix after the quantization.
  22. 【請求項22】 符号化時には、ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたDCT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する一方、復号化時には、エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDCT係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理方法において、符号化時、量子化後のDCT係数マトリクスのブロック順序を所定順序に並べ換えるとともに、復号化時、逆量子化前のDC At 22. A coding divides the multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT conversion, thereby obtained DCT while the coefficient matrix is ​​quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, entropy coding elements of the DCT coefficients matrix after the quantization, during decoding, DCT coefficients matrix by decoding the entropy-encoded code data forming a, in the image processing method of the DCT coefficients matrix inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, to recover the multi-value image signal DCT coefficients matrix thereby obtained by inverse DCT transform, when coding , together with the rearranged blocks order of DCT coefficients matrix after quantization in a predetermined order, during decoding, inverse quantization before DC T係数マトリクスのブロック順序を元の順序に並べ換えることを特徴とする画像処理方法。 Image processing method characterized by permuting block order of T coefficients matrix to the original order.
  23. 【請求項23】 ラスタ走査して得た多値画信号を所定の正方領域のブロックに分割し、そのブロックに含まれる多値画信号をDCT変換し、それによって得られたD 23. divides the multivalued image signal obtained by raster scanning the blocks of a predetermined square area, the multi-value image signals included in the block to DCT conversion, thereby obtained D
    CT係数マトリクスを所定の量子化係数マトリクスを用いて量子化し、その量子化後のDCT係数マトリクスの要素をエントロピー符号化する画像処理装置において、 The CT coefficient matrix is ​​quantized using a predetermined quantization coefficient matrix, an image processing apparatus for entropy encoding the elements of the DCT coefficients matrix after the quantization,
    量子化後のDCT係数マトリクスのブロック順序を所定順序に並べ換えるブロック並び換え手段を備えたことを特徴とする画像処理装置。 The image processing apparatus characterized by comprising a block rearrangement means rearranges the order of blocks of DCT coefficients matrix after quantization in a predetermined order.
  24. 【請求項24】 エントロピー符号化された符号データを復号化してDCT係数マトリクスを形成し、そのDC 24. decodes the entropy-coded code data to form a DCT coefficient matrix, the DC
    T係数マトリクスに所定の量子化係数マトリクスを用いて逆量子化し、それによって得たDCT係数マトリクスを逆DCT変換して多値画信号を復元する画像処理装置において、逆量子化前のDCT係数マトリクスのブロック順序を所定順序に並べ換えるブロック並び換え手段を備えたこと特徴とする画像処理装置。 Inverse quantized using a predetermined quantization coefficient matrix T matrix of coefficients, in thereby to inverse DCT to DCT coefficients matrix obtained image processing apparatus for restoring a multivalued image signal, inverse quantization before DCT coefficients matrix the image processing apparatus characterized in that the block order with a block rearrangement means rearranges the predetermined order.
JP23246891A 1991-08-21 1991-08-21 Image processing method and its device Pending JPH0556276A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP23246891A JPH0556276A (en) 1991-08-21 1991-08-21 Image processing method and its device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP23246891A JPH0556276A (en) 1991-08-21 1991-08-21 Image processing method and its device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0556276A true true JPH0556276A (en) 1993-03-05

Family

ID=16939772

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP23246891A Pending JPH0556276A (en) 1991-08-21 1991-08-21 Image processing method and its device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0556276A (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP0984621A2 (en) * 1994-04-28 2000-03-08 Canon Kabushiki Kaisha Image processing apparatus and method

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP0984621A2 (en) * 1994-04-28 2000-03-08 Canon Kabushiki Kaisha Image processing apparatus and method
EP0984621A3 (en) * 1994-04-28 2000-12-06 Canon Kabushiki Kaisha Image processing apparatus and method

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5945930A (en) Data processing apparatus
US5495538A (en) Segmentation-based JPEG image artifacts reduction
US5761438A (en) Apparatus for measuring the amount of traffic of a network at a predetermined timing and compressing data in the packet without changing the size of the packet
US20030031371A1 (en) Image encoding apparatus and image decoding apparatus
US6947600B1 (en) Information processing method, apparatus and storage medium for receiving and decoding a code sequence obtained by encoding an image
US6725372B1 (en) Digital watermarking
US5801841A (en) Image signal coding apparatus with switching between variable-length coding and fixed-length coding
US6181823B1 (en) Image processing apparatus, image processing method and network system
US20060017592A1 (en) Method of context adaptive binary arithmetic coding and apparatus using the same
US4679094A (en) Method for compression and transmission of video information
US5805226A (en) Method and apparatus for encoding a video signal by using a block truncation coding method
US6847735B2 (en) Image processing system, image processing apparatus, image input apparatus, image output apparatus and method, and storage medium
US6088489A (en) Image data resolution conversion
US5729625A (en) Image processing method and apparatus which expand a pixel into multiple pixels, with a change in the number of gray levels
US7013050B2 (en) Image encoding apparatus and method, program code, and storage medium
Urban Review of standards for electronic imaging for facsimile systems
US5485213A (en) Method and apparatus for encoding and decoding image data
US7146053B1 (en) Reordering of compressed data
US7526134B2 (en) Image processing apparatus, program, recording medium, and data decompression method
US5422736A (en) Multi-mode image processing permitting selection of quantization process according to image characteristics
US6941019B1 (en) Reentry into compressed data
US20050276501A1 (en) Image decoding apparatus and its control method
US6950471B2 (en) Coding device, coding method and storage medium
US20060050975A1 (en) Image encoding apparatus and method, computer program, and computer-readable storage medium
JP2003533141A (en) Transform coding method of the moving picture sequence