JPH0543066A - 給紙装置 - Google Patents

給紙装置

Info

Publication number
JPH0543066A
JPH0543066A JP19972591A JP19972591A JPH0543066A JP H0543066 A JPH0543066 A JP H0543066A JP 19972591 A JP19972591 A JP 19972591A JP 19972591 A JP19972591 A JP 19972591A JP H0543066 A JPH0543066 A JP H0543066A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
paper
pickup roller
detecting
plate
roller
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP19972591A
Other languages
English (en)
Inventor
Kazuo Ogawa
和夫 小川
Akizo Shimomura
彰三 下村
Yuichi Aoyama
祐一 青山
Koji Shirosugi
浩司 白杉
Original Assignee
Ricoh Co Ltd
株式会社リコー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ricoh Co Ltd, 株式会社リコー filed Critical Ricoh Co Ltd
Priority to JP19972591A priority Critical patent/JPH0543066A/ja
Publication of JPH0543066A publication Critical patent/JPH0543066A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 手差台上の最上層の用紙とピックアップロー
ラとの接触面の高さを常に一定の範囲に維持させるこ
と。 【構成】 印字機器の本体1にピックアップローラ2を
設け、本体1に第一の手差台17を開閉自在に設け、先
端部がピックアップローラ2の下部外周に対して接離自
在に保持された第二の手差台19の後部を第一の手差台
17に回動自在に連結し、第二の手差台19を上方に付
勢する付勢手段を設けることにより、第二の手差台19
の上面に重ねる用紙の枚数に拘らず最上層の用紙とピッ
クアップローラ2との相対位置を一定にし、これによ
り、ピックアップローラ2からその下流側に位置する搬
送部に用紙を円滑に受け渡すようにした。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、印字機器に利用される
給紙装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、実開平2−52858号公報に記
載されているように、手差モードにおいては、給紙カセ
ットの底板を一旦下降させて内部の用紙をピックアップ
ローラの下方に退避させ、この状態で、給紙カセットの
上面に沿わせて用紙をピックアップローラの下に挿入
し、続いて、給紙カセットの底板を上昇させて給紙カセ
ット内の用紙で手差しで挿入した用紙をピックアップロ
ーラに圧接することにより、手差しで挿入した用紙を印
字部に向けて搬送させるようにした給紙装置が存する。
【0003】また、図6に示すように、印字機器の本体
にヒンジ50により開閉自在に保持された第一の手差台
51を設け、前記本体の両側に固定された手差受け台5
2に形成された溝53に第二の手差台54の両側から突
出するピン55を挿入し、第一の手差台51と第二の手
差台54とをピン56により屈折自在に連結し、手差モ
ードを選択した場合には、ヒンジ50を中心に第一の手
差台51を開放し、この動作により第二の手差台54を
ピックアップローラ57の下方に進出させ、第一の手差
台51と第二の手差台54とに沿わせて挿入した用紙を
ピックアップローラ57により送り込み、続いて、搬送
ローラ58とリバースローラ59とにより用紙を一枚ず
つに分離しながら印字部に向けて搬送するようにした給
紙装置が存する。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】実開平2−52858
号公報に記載された給紙装置は、給紙カセットの上面が
常に定位置に位置するため、この給紙カセットの上面に
重ねる用紙の枚数によっと最上層の用紙とピックアップ
ローラとの相対位置が変わってしまう。図6に示す第二
の手差台54も溝53に引出自在に保持されその上面と
ピックアップローラ57との相対位置が一定であるた
め、第二の手差台54の上面に重ねる用紙の枚数によっ
て最上層の用紙とピックアップローラ57との相対位置
が変わってしまう。これにより、手差しで挿入した用紙
の枚数によっては、最上層の用紙の給紙経路が一定しな
くなり、ピックアップローラ57の下流側に位置する搬
送部への用紙の受け渡しに支障をきたす。すなわち、ピ
ックアップローラ57の下流側に搬送部として搬送ロー
ラ58とリバースローラ59とを設けた場合には、搬送
ローラ58とリバースローラ59との接触部に用紙の先
端を挿入することができず、用紙の分離作用が損なわれ
るおそれがある。
【0005】
【課題を解決するための手段】請求項1の発明は、印字
機器の本体にモータに駆動されるピックアップローラを
水平な軸心をもって回転自在に設け、前記本体の一側に
水平な第一の手差台を水平な軸心をもって開閉自在に設
け、先端部が前記ピックアップローラの下部外周に対し
て接離自在に保持された第二の手差台の後部を前記第一
の手差台に回動自在に連結し、前記第二の手差台を上方
に付勢する付勢手段を設けた。
【0006】請求項2の発明は、請求項1において、多
数枚の用紙が積載される起伏自在の底板を有して第二の
手差台の下方に配置された給紙カセットと、ピックアッ
プローラを上下方向に駆動するピックアップ昇降駆動部
と、前記ピックアップローラの高さを検出するローラ高
さ検出手段と、このローラ高さ検出手段の検出信号に制
御されて前記底板を上下方向に駆動する底板駆動部とを
印字機器の本体に設けた。
【0007】請求項3の発明は、請求項2において、手
差モードの設定状態を検出する手差モード検出手段と、
用紙の搬送開始状態を検出する用紙搬送開始検出手段
と、用紙の搬送終了状態を検出する用紙搬送終了検出手
段と、前記用紙搬送開始検出手段の検出信号により給紙
カセットの底板を上昇させ前記用紙搬送終了検出手段の
検出信号により前記底板を下降させる底板駆動部とを設
けた。
【0008】
【作用】請求項1の発明は、手差モードを選択した時に
は第一の手差台を開放することにより、この第一の手差
台に回動自在に連結された第二の手差台をピックアップ
ローラの下方に進出させることができ、また、第二の手
差台は付勢手段により上方に付勢されて回動するため、
第二の手差台の上面に重ねる用紙の枚数に拘らず最上層
の用紙とピックアップローラとの相対位置を一定にする
ことができ、これにより、ピックアップローラからその
下流側に位置する搬送部に用紙を円滑に受け渡すことが
できる。
【0009】請求項2の発明は、ピックアップローラを
ピックアップローラ昇降駆動部により下降させるととも
に、給紙カセットの底板を底板駆動部により上昇させ、
給紙カセットの底板又はその上面に積載された用紙によ
って第二の手差台を上方に押圧することにより、第二の
手差台上の用紙をピックアップローラの下部外周面に接
触させることができ、したがって、ピックアップローラ
を回転させることにより用紙を送り出すことができ、ま
た、第二の手差台に重ねた用紙を順次搬送することによ
り、ピックアップローラが下降するが、このピックアッ
プローラの位置をローラ高さ検出手段で検出し、この検
出信号に基づいてピックアップローラの下降動作に対向
させて底板を底板駆動部で上昇させて第二の手差台を上
方に回動させることにより、第二の手差台上の用紙の枚
数の変化に拘らずその最上層の用紙とピックアップロー
ラとの接触面の高さを一定に維持することができる。
【0010】請求項3の発明は、用紙搬送開始検出手段
と用紙搬送終了検出手段とにより用紙の非搬送状態を検
出することができ、この時に出力される検出信号により
底板駆動部で底板を下降させることにより、第二の手差
台への用紙の補給を容易に行うことができる。
【0011】
【実施例】本発明の一実施例を図1ないし図5に基づい
て説明する。図1において、1は印字機器の本体で、こ
の本体1にはピックアップローラ2と、その下流側に位
置する搬送ローラ3と、この搬送ローラ3の下部外周に
接触されたリバースローラ4とが設けられている。搬送
ローラ3の駆動軸5には相対向するローラーアーム6が
回転自在に保持され、これらのローラーアーム6にピッ
クアップローラ2が回転自在に支承されている。搬送ロ
ーラ3の駆動軸5とピックアップローラ2の駆動軸7と
はモータ(図示せず)に連結されて時計方向に駆動され
るものである。リバースローラ4の駆動軸8はトルクリ
ミッタ(図示せず)を介してモータに連結されて時計方
向に駆動されるものであるが、搬送ローラ3とリバース
ローラ4との間に一枚の用紙が進入した状態では用紙を
介して搬送ローラ3の回転動作に追従するようにトルク
リミッタのトルクが設定されている。
【0012】また、前記本体1には多数枚の用紙9が積
載される底板10を有する給紙カセット11が着脱自在
に装着されている。さらに、本体1に回転自在に設けら
れた軸12には底板10を押圧する押圧板13の一端が
固定され、軸12の一端には扇形のギヤ14が固定さ
れ、このギヤ14に噛合されたギヤ15は底板駆動部で
ある正逆回転自在の底板モータ16に直結されている。
【0013】さらに、前記本体1には第一の手差台17
が水平な軸心を有する支軸18により開閉自在に保持さ
れ、この第一の手差台17の両側には第二の手差台19
の両側が支軸20により回動自在に保持されている。第
二の手差台19の先端近傍には用紙ストッパ21が設け
られている。
【0014】次いで、図3に示すように、前記ピックア
ップローラ2を昇降させるピックアップローラ昇降駆動
部であるピックアップローラソレノイド22が設けられ
ている。すなわち、スプリング23により一方向に付勢
されたT字形のアーム24が支軸25により上下回動自
在に保持され、このアーム24はリンク26を介してピ
ックアップローラソレノイド22のプランジャ27に連
結されている。そして、アーム24の一端にはピックア
ップローラ2の駆動軸7が保持され、アーム24の他端
の位置を検出することによりピックアップローラ2の高
さを検出する透光型のローラ高さ検出手段28が設けら
れている。
【0015】さらに、図4に示すように、前記第一の手
差台17には、用紙の一側を案内するガイド29と、用
紙の幅方向に移動して用紙の他側を案内するガイド30
とが設けられている。さらに、第一の手差台17を閉じ
た時には光路が遮断され第一の手差台17を開いた時に
は光路が開放されることにより手差モードの設定状態を
検出する透過型の手差モード検出手段31が設けられて
いる。さらに、前記第二の手差台19の先端部の両側に
はピン32が立設され、これらのピン32を摺動自在に
保持する溝33を有する手差受け台34が前記本体1に
固定的に設けられている。これらの溝33は入口が狭く
奥に向かうに従い上下方向の幅が広くなるような形状に
定められている。これにより、支軸18を中心に第一の
手差台17を開放した時には、支軸18を中心とする半
径をもって軸20がピックアップローラ2側に変位する
ので、第二の手差台19はピックアップローラ2の下方
に進出するが、この動作によりピン32が溝33の奥に
変位するため、第二の手差台19は支軸20を中心に回
動自在であってピックアップローラ2の下部外周に対し
て接離自在に保持されている。
【0016】このような構成において、図4は自動給紙
モードの状態である。すなわち、第一の手差台17が閉
じらているため、手差モード検出手段31の検出信号は
OFFであり、第二の手差台19は後方に引き出され
る。したがって、底板モータ16を正転させ、その回転
を軸12に伝達し、押圧板13で底板10を押し上げる
ことにより給紙カセット11内の用紙9がピックアップ
ローラ2に圧接され、ピックアップローラ2と搬送ロー
ラ3とリバースローラ4とを駆動することにより用紙9
が本体1内の印字部に向けて搬送される。
【0017】この自動給紙モードの状態から支軸18を
中心に第一の手差台17を開放することにより、第二の
手差台19をピックアップローラ2の下方に進出させる
ことができる。この状態では、手差モード検出手段31
は第一の手差台17が光路から外れるためONとなり手
差モードを選択した状態を検出する。この検出信号がコ
ントローラ(図示せず)に入力されると、ピックアップ
ローラソレノイド22が駆動されるため、アーム24が
スプリング23の付勢力に抗して支軸25を中心に時計
方向に回動して駆動軸7をピックアップローラ2と共に
上昇させ、また、底板モータ16が逆方向に駆動される
ため押圧板13が下方に回動する。これにより、給紙カ
セット11内の用紙9はピックアップローラ2から離反
される。
【0018】この手差モードの状態において、第一の手
差台17及び第二の手差台19に沿わせて用紙を挿入
し、その用紙の先端を用紙ストッパ21の先端に当接さ
せると、図示しない用紙検出センサの検出信号により
“使用可”なる表示が図示しない表示部に表示される。
そして、図示しないが用紙搬送開始検出手段としての開
始スイッチを操作すると、コントローラの制御によりピ
ックアップローラソレノイド22への通電が遮断され、
アーム24がスプリング23の付勢力により反時計方向
に回動するため駆動軸7がピックアップローラ2と共に
下降する。これにより、ローラ高さ検出手段22はアー
ム24によって光路を遮断されてOFF状態に維持され
る。続いて、底板モータ16が正方向に駆動され、押圧
板13が底板10を押し上げる。これにより、図2に示
すように、第二の手差台19が給紙カセット11内の用
紙9に押圧されて支軸20を中心に上方に回動し、第二
の手差台19上の用紙9がピックアップローラ2に圧接
される。すなわち、押圧板13は第二の手差台19を上
方に付勢するための付勢手段としての機能をも有する。
この第二の手差台19の上方への押圧力によりピックア
ップローラ2が押し上げられると、アーム24が時計方
向に回動するため、ローラ高さ検出手段28はアーム2
4により光路が遮断されなくなった時点でONとなる。
この検出信号に基づくコントローラの制御によって底板
モータ16が停止される。給紙動作の継続により第二の
手差台19上の用紙9が少なくなるに従い、アーム24
がスプリング23の付勢力により反時計方向に変位して
ピックアップローラ2を下降させるが、この動作により
ローラ高さ検出手段28がOFFになると、その検出信
号がONに切り替わるまで底板モータ16が正方向に駆
動され押圧板13が上昇する動作を繰り返すため、第二
の手差台19上の用紙9の枚数に関係なく、ピックアッ
プローラ2の高さが一定に維持された状態で第二の手差
台19上の最上層の用紙9をピックアップローラ2に圧
接させることができる。この時の最上層の用紙9の高さ
は搬送ローラ3とリバースローラ4との接触面の高さと
一致する。したがって、ピックアップローラ2に送り出
された用紙9は、搬送ローラ3とリバースローラ4とに
より一枚ずつに確実に分離されながら印字部に搬送され
る。用紙搬送路における用紙センサ(図示せず)が用紙
の後端を検出して一定時間経過すると、後続する用紙が
ないものとして用紙9の搬送が終了したものと看做させ
る(用紙搬送終了検出手段)。この検出により、底板モ
ータ16が逆方向に駆動されて押圧板13が下降される
ため、第二の手差台19が自重によりピックアップロー
ラ2から離反され、しかも、ピックアップローラソレノ
イド22が駆動されてアーム24が時計方向に回動され
るため、駆動軸7もピックアップローラ2と共に上昇す
る。したがって、第二の手差台19への用紙9の補給を
容易に行わせることができる。
【0019】
【発明の効果】請求項1の発明は、印字機器の本体にモ
ータに駆動されるピックアップローラを水平な軸心をも
って回転自在に設け、前記本体の一側に水平な第一の手
差台を水平な軸心をもって開閉自在に設け、先端部が前
記ピックアップローラの下部外周に対して接離自在に保
持された第二の手差台の後部を前記第一の手差台に回動
自在に連結し、前記第二の手差台を上方に付勢する付勢
手段を設けたので、手差モードを選択した時には第一の
手差台を開放することにより、この第一の手差台に回動
自在に連結された第二の手差台をピックアップローラの
下方に進出させることができ、また、第二の手差台は付
勢手段により上方に付勢されて回動するため、第二の手
差台の上面に重ねる用紙の枚数に拘らず最上層の用紙と
ピックアップローラとの相対位置を一定にすることがで
き、これにより、ピックアップローラからその下流側に
位置する搬送部に用紙を円滑に受け渡すことができる効
果を有する。
【0020】請求項2の発明は、請求項1において、多
数枚の用紙が積載される起伏自在の底板を有して第二の
手差台の下方に配置された給紙カセットと、ピックアッ
プローラを上下方向に駆動するピックアップ昇降駆動部
と、前記ピックアップローラの高さを検出するローラ高
さ検出手段と、このローラ高さ検出手段の検出信号に制
御されて前記底板を上下方向に駆動する底板駆動部とを
印字機器の本体に設けたので、ピックアップローラをピ
ックアップローラ昇降駆動部により下降させるととも
に、給紙カセットの底板を底板駆動部により上昇させ、
給紙カセットの底板又はその上面に積載された用紙によ
って第二の手差台を上方に押圧することにより、第二の
手差台上の用紙をピックアップローラの下部外周面に接
触させることができ、したがって、ピックアップローラ
を回転させることにより用紙を送り出すことができ、ま
た、第二の手差台に重ねた用紙を順次搬送することによ
り、ピックアップローラが下降するが、このピックアッ
プローラの位置をローラ高さ検出手段で検出し、この検
出信号に基づいてピックアップローラの下降動作に対向
させて底板を底板駆動部で上昇させて第二の手差台を上
方に回動させることにより、第二の手差台上の用紙の枚
数の変化に拘らずその最上層の用紙とピックアップロー
ラとの接触面の高さを一定に維持することができる効果
を有する。
【0021】請求項3の発明は、請求項2において、手
差モードの設定状態を検出する手差モード検出手段と、
用紙の搬送開始状態を検出する用紙搬送開始検出手段
と、用紙の搬送終了状態を検出する用紙搬送終了検出手
段と、前記用紙搬送開始検出手段の検出信号により給紙
カセットの底板を上昇させ前記用紙搬送終了検出手段の
検出信号により前記底板を下降させる底板駆動部とを設
けたので、用紙搬送開始検出手段と用紙搬送終了検出手
段とにより用紙の非搬送状態を検出することができ、こ
の時に出力される検出信号により底板駆動部で底板を下
降させることにより、第二の手差台への用紙の補給を容
易に行うことができる効果を有する。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施例を示す縦断側面図である。
【図2】その縦断側面図である。
【図3】その一部の斜視図である。
【図4】その第一の手差台を閉じた状態を示す斜視図で
ある。
【図5】その第一の手差台を開放した状態を示す斜視図
である。
【図6】従来例を示す斜視図である。
【符号の説明】
1 本体 2 ピックアップローラ 9 用紙 10 底板 11 給紙カセット 13 付勢手段 16 底板駆動部 17 第一の手差台 19 第二の手差台 22 ピックアップローラ昇降駆動部 28 ローラ高さ検出手段 31 手差モード検出手段
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 白杉 浩司 東京都大田区中馬込1丁目3番6号 株式 会社リコー内

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 印字機器の本体にモータに駆動されるピ
    ックアップローラを水平な軸心をもって回転自在に設
    け、前記本体の一側に水平な第一の手差台を水平な軸心
    をもって開閉自在に設け、先端部が前記ピックアップロ
    ーラの下部外周に対して接離自在に保持された第二の手
    差台の後部を前記第一の手差台に回動自在に連結し、前
    記第二の手差台を上方に付勢する付勢手段を設けたこと
    を特徴とする給紙装置。
  2. 【請求項2】 多数枚の用紙が積載される起伏自在の底
    板を有して第二の手差台の下方に配置された給紙カセッ
    トと、ピックアップローラを上下方向に駆動するピック
    アップ昇降駆動部と、前記ピックアップローラの高さを
    検出するローラ高さ検出手段と、このローラ高さ検出手
    段の検出信号に制御されて前記底板を上下方向に駆動す
    る底板駆動部とを印字機器の本体に設けたことを特徴と
    する請求項1記載の給紙装置。
  3. 【請求項3】 手差モードの設定状態を検出する手差モ
    ード検出手段と、用紙の搬送開始状態を検出する用紙搬
    送開始検出手段と、用紙の搬送終了状態を検出する用紙
    搬送終了検出手段と、前記用紙搬送開始検出手段の検出
    信号により給紙カセットの底板を上昇させ前記用紙搬送
    終了検出手段の検出信号により前記底板を下降させる底
    板駆動部とを設けたことを特徴とする請求項2記載の給
    紙装置。
JP19972591A 1991-08-09 1991-08-09 給紙装置 Pending JPH0543066A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19972591A JPH0543066A (ja) 1991-08-09 1991-08-09 給紙装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19972591A JPH0543066A (ja) 1991-08-09 1991-08-09 給紙装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0543066A true JPH0543066A (ja) 1993-02-23

Family

ID=16412580

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP19972591A Pending JPH0543066A (ja) 1991-08-09 1991-08-09 給紙装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0543066A (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5551683A (en) * 1994-11-30 1996-09-03 Maverick International, Inc. Compact encoder with power-assisted hand-drop capability
US20080038030A1 (en) * 2006-08-11 2008-02-14 Fuji Xerox Co., Ltd. Conveying apparatus and image forming apparatus
JP2009007145A (ja) * 2007-06-29 2009-01-15 Brother Ind Ltd 給紙装置
US8890517B2 (en) 2010-04-27 2014-11-18 Toyota Jidosha Kabushiki Kaisha Eddy current measuring sensor

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5551683A (en) * 1994-11-30 1996-09-03 Maverick International, Inc. Compact encoder with power-assisted hand-drop capability
US20080038030A1 (en) * 2006-08-11 2008-02-14 Fuji Xerox Co., Ltd. Conveying apparatus and image forming apparatus
US8565663B2 (en) * 2006-08-11 2013-10-22 Fuji Xerox Co., Ltd. Conveying apparatus and image forming apparatus
JP2009007145A (ja) * 2007-06-29 2009-01-15 Brother Ind Ltd 給紙装置
US8890517B2 (en) 2010-04-27 2014-11-18 Toyota Jidosha Kabushiki Kaisha Eddy current measuring sensor

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4428179B2 (ja) 被記録材案内装置
JP3661783B2 (ja) 原稿給紙装置及び原稿給紙制御方法
CA1109497A (en) Cartridge sheet feed attachment
JPH0543066A (ja) 給紙装置
JP4306688B2 (ja) 自動原稿搬送装置
GB2069468A (en) Method of and apparatus for feeding and registering sheets for facsimile recording
JP2002220122A (ja) 給紙装置
JP3292395B2 (ja) 原稿搬送装置
JP2913431B2 (ja) 画像形成装置用原稿送り装置
JPH062993Y2 (ja) 自動原稿送り装置
JP2583876Y2 (ja) 原稿押さえ装置
JP3347904B2 (ja) 原稿搬送装置
JPH0712353Y2 (ja) シート搬送装置
JPH089100Y2 (ja) 原稿送給装置
JP2572780Y2 (ja) 原稿搬送装置
JP3258491B2 (ja) 給紙装置
JP2001031259A (ja) シート収容装置とこの装置を備えた画像形成装置
JP2563488Y2 (ja) 自動原稿送り装置
JP3638213B2 (ja) 給紙装置
JP3224892B2 (ja) 原稿搬送装置
JP2812519B2 (ja) 転写紙供給装置
JPH09150977A (ja) 給紙装置
JP2578725Y2 (ja) 原稿送り装置
JP2506215B2 (ja) 給紙装置
JP2905950B2 (ja) 画像形成装置用原稿送り装置