JPH0541110U - 面実装コイル - Google Patents

面実装コイル

Info

Publication number
JPH0541110U
JPH0541110U JP9122591U JP9122591U JPH0541110U JP H0541110 U JPH0541110 U JP H0541110U JP 9122591 U JP9122591 U JP 9122591U JP 9122591 U JP9122591 U JP 9122591U JP H0541110 U JPH0541110 U JP H0541110U
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
board
main surface
coil
surface
portion
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP9122591U
Other languages
English (en)
Inventor
哲郎 熊洞
孝 田島
学 高山
Original Assignee
太陽誘電株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 太陽誘電株式会社 filed Critical 太陽誘電株式会社
Priority to JP9122591U priority Critical patent/JPH0541110U/ja
Publication of JPH0541110U publication Critical patent/JPH0541110U/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 従来の面実装コイルに比べて構造が簡単で高
さが低く、製造過程で特性が変化しない、電子部品自動
搭載機で配線基板に搭載するのに適したものを得る。 【構成】 樹脂製盤体4の、配線基板に実装する際に対
向する主面5に凹部6が形成され、対向する主面7は平
坦になっていて前記搭載機の吸着ヘッドの吸着面になっ
ている。前記凹部6には環状磁性コア2に巻線3、3が
巻装されたコイル1が柱条突起11及び板状突起12に
よって固定され、その巻線3の端末13は溝14を介し
て側面に引き出され、外部接続端子8の端末絡げ部10
に絡げられて半田付け15される。この絡げ部10は盤
体4の側面から突出されている。

Description

【考案の詳細な説明】

【0001】

【産業上の利用分野】

本考案は、例えば電子回路における電磁ノイズ除去用のチョークコイル等に用 いられる面実装コイルに関する。

【0002】

【従来の技術】

従来、例えばチップ型チョークコイルとして、図3に示すように、外部接続端 子aを植設した盤体bに、環状磁性コアcに巻線dを巻装したコイルeを搭載し 、該盤体bに樹脂製キャップfを被せて接着樹脂gで盤体bに接着固定したもの か、あるいは、図4に示すように、環状磁性コアcに巻線dを巻装したコイルe の巻線端末iを外部接続端子aに絡げ、コイルeと外部接続端子aの絡げ部分を 樹脂hでモールド成形したものが知られている。

【0003】

【考案が解決しようとする課題】

図3に示すチョークコイルは、コイルeを搭載した盤体bと、電子部品自動搭 載機の吸着ヘッドでチョークコイルを吸着するために用いられる上面平坦なキャ ップfの2部品が必要であるから、構造が複雑で工数が多くコスト高になるとい う課題があり、またキャップfは前記吸着ヘッドの使用に耐えることができる強 度を持たせるために薄くできないので、高さが高くなるという課題があった。

【0004】 図4に示すチョークコイルは、コイルeをモールドする樹脂hの硬化時の収縮 により環状磁性コアcは歪を受けるため、モールド成型前と成型後で磁気特性が 変り、コイルeの特性が一定にならないという課題があり、また、コイルeのモ ールド樹脂成型体中の位置がずれてコイルeが外部に露出すると外観上好ましく ないので、樹脂モールド成型体の厚さは薄くできないという課題があった。本考 案は、従来のこのような課題を解決することをその目的とするものである。

【0005】

【課題を解決するための手段】 本考案は、上記の目的を達成するために、磁性コアに巻線を巻装したコイルを 盤体に搭載し、該巻線の端末を該盤体に植設した外部接続端子の巻線端末絡げ部 に絡げた面実装コイルにおいて、前記盤体の、配線基板に実装するとき配線基板 に対向する一方の主面には凹部が形成され、該一方の主面に対向する他の主面は 平坦に形成され、前記外部接続端子の前記絡げ部は盤体の側面から突出し、前記 凹部に収容固定されたコイルの巻線端末は前記一方の主面に形成された溝を介し て前記外部接続端子の絡げ部に絡げて成ることを特徴とする。

【0006】

【作用】

配線基板に実装するとき配線基板に対向する一方の主面に凹部が形成され該凹 部にコイルが収容固定された盤体の、一方の主面に対向する他方の主面が平坦に 形成されているので、この他方の主面を、電子部品自動搭載機の吸着ヘッドによ る吸着面とすることができ、従来のキャップが不要になって部品点数が少なくな る。そして、従来のキャップがないとともに盤体の他方の主面には外部接続端子 の巻線端末絡げ部が突出しないので、面実装コイルの高さが低くなる。

【0007】

【実施例】

以下本考案の実施例を図面に従って説明する。 図1は、コモンモードチョークコイルに適用された本考案の一実施例を示す。 同図において、1は、環状磁性コア2に2つの巻線3、3が巻装されたコイル 、4は配線基板に面実装コイルを実装するとき対向する主面5に凹部6が形成さ れ、この主面5に対向する他の主面7が平坦に形成された例えば樹脂製の盤体で 、この盤体4の対向する両側部にはそれぞれ一対の外部接続端子8、8が植設さ れている。外部接続端子8は鉤形に形成された板状体で、それぞれ一対の外部接 続端子8、8の一方の端部は盤体4の側面から突出し、2箇所で直角に折曲され て端子部9、9となっており、他方の端部は盤体4の隣接する側面から突出して 巻線端末絡げ部10、10となっている。この巻線端末絡げ部10は、外方が広 幅な台形に形成されている。前記コイル1は、前記盤体4の凹部6に収容され、 環状磁性コア2の中心孔及び周面において柱条突起11及び板状突起12で固定 され、その巻線3の端末13は盤体4の主面5に形成された溝14を通して盤体 4の側面に引き出され、巻線端末絡げ部10に絡げられて半田付け15される。 この半田付けは、絡らげ部10が盤体4の側面に突出しているので、絡げ部10 のみを半田にディップすることにより行なうことができる。

【0008】 外部接続端子8は、図2に示すように、板状体の一端を盤体4の主面5から突 出した後直角に折り曲げて端子部9とし、他端の側方突出部を盤体4の側面から 突出して巻線端末絡げ部10としてもよく、また、図示しないが、図2に示すよ うに板状体の一端を盤体4の主面5から突出した後直角に折り曲げて端子部とし 、折曲した他端を盤体4の側面から前記端子部と同方向に突出して巻線端末絡げ 部としてもよい。

【0009】

【考案の効果】

本考案は、上述のように構成されているから、従来のものに比べて構造が簡単 で高さが低く、製造過程で特性が変化することがなく、電子部品自動搭載機で配 線基板に搭載するのに適した面実装コイルが得られるという効果が得られる。

【図面の簡単な説明】

【図1】 本考案の一実施例の下方から見た斜視図

【図2】 図1の変形例を示す斜視図

【図3】 従来の面実装コイルの分解側面図

【図4】 従来の面実装コイルの他方の例の側面図

【符号の説明】

1 コイル 3 巻線 4 盤体 5 主面 6 凹部 7 他の主面 8 外部接続端子 9 端子部 10 巻線端末絡げ部 13 巻線の端末 14 溝

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 磁性コアに巻線を巻装したコイルを盤体
    に搭載し、該巻線の端末を該盤体に植設した外部接続端
    子の巻線端末絡げ部に絡げた面実装コイルにおいて、前
    記盤体の、配線基板に実装するとき配線基板に対向する
    一方の主面には凹部が形成され、該一方の主面に対向す
    る他の主面は平坦に形成され、前記外部接続端子の前記
    絡げ部は盤体の側面から突出し、前記凹部に収容固定さ
    れたコイルの巻線端末は前記一方の主面に形成された溝
    を介して前記外部接続端子の絡げ部に絡げて成ることを
    特徴とする面実装コイル。
JP9122591U 1991-11-07 1991-11-07 面実装コイル Pending JPH0541110U (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9122591U JPH0541110U (ja) 1991-11-07 1991-11-07 面実装コイル

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9122591U JPH0541110U (ja) 1991-11-07 1991-11-07 面実装コイル

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0541110U true JPH0541110U (ja) 1993-06-01

Family

ID=14020484

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP9122591U Pending JPH0541110U (ja) 1991-11-07 1991-11-07 面実装コイル

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0541110U (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0888129A (ja) * 1994-09-16 1996-04-02 Fuji Elelctrochem Co Ltd インダクタンス素子
JP2008508732A (ja) * 2004-08-04 2008-03-21 エプコス アクチエンゲゼルシャフトEpcos Ag 電気的コンポーネント用のホルダ
JP2013201377A (ja) * 2012-03-26 2013-10-03 Panasonic Corp リアクトル装置
WO2013145585A1 (ja) * 2012-03-26 2013-10-03 パナソニック株式会社 リアクトル装置

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01158713A (en) * 1987-12-16 1989-06-21 Tokin Corp Manufacture of small-sized inductance element

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH01158713A (en) * 1987-12-16 1989-06-21 Tokin Corp Manufacture of small-sized inductance element

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0888129A (ja) * 1994-09-16 1996-04-02 Fuji Elelctrochem Co Ltd インダクタンス素子
JP2008508732A (ja) * 2004-08-04 2008-03-21 エプコス アクチエンゲゼルシャフトEpcos Ag 電気的コンポーネント用のホルダ
JP2013201377A (ja) * 2012-03-26 2013-10-03 Panasonic Corp リアクトル装置
WO2013145586A1 (ja) * 2012-03-26 2013-10-03 パナソニック株式会社 リアクトル装置
WO2013145585A1 (ja) * 2012-03-26 2013-10-03 パナソニック株式会社 リアクトル装置

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20030179062A1 (en) Inductance device
KR960008184B1 (ko) 코일부품
US6819214B2 (en) Component core with coil terminations
US4939494A (en) Surface-mounted-type inductance element
JP2004095999A (ja) コイル装置
US20030218527A1 (en) Surface mount coil with edgewise winding
EP0177759B1 (de) Elektronisches Bauteil, insbesondere für eine Chip-Induktivität
US5875541A (en) Method of manufacturing an electronic component
US8878640B2 (en) Common-mode choke coil
US4506238A (en) Hybrid circuit device
KR100960587B1 (ko) 인덕터
US8222987B2 (en) Supporting component, interference suppression coil device and method for the manufacture thereof
CA1260158A (en) Mounting structure and method for surface mounted type components
KR20080095292A (ko) 인덕터
US4602122A (en) Automatically-insertable case suitable for wire-wound magnetic cores
JP2003188029A (ja) ドラム型コア
US5309130A (en) Self leaded surface mount coil lead form
JP3942576B2 (ja) 薄型トランス
CN1750187A (zh) 包含具有侧壁和中央芯部分的磁芯的变压器或电感器
EP0415643B1 (en) Terminal assembly for linear magnetic component bobbin
JP3554209B2 (ja) 面実装型コイル部品
JPH0799137A (ja) 3端子型ノイズフィルターおよびその製造方法
JP4790348B2 (ja) コア組立体および表面実装電子部品
JP4406187B2 (ja) 表面実装型コイル装置
JP3201958B2 (ja) 面実装インダクタ

Legal Events

Date Code Title Description
A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 19971028