JPH05292841A - 植物栽培器 - Google Patents

植物栽培器

Info

Publication number
JPH05292841A
JPH05292841A JP4124251A JP12425192A JPH05292841A JP H05292841 A JPH05292841 A JP H05292841A JP 4124251 A JP4124251 A JP 4124251A JP 12425192 A JP12425192 A JP 12425192A JP H05292841 A JPH05292841 A JP H05292841A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
envelope
plant
soil
sawdust
shape
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP4124251A
Other languages
English (en)
Inventor
Teruyoshi Chikamatsu
照芳 近松
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Individual
Original Assignee
Individual
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Individual filed Critical Individual
Priority to JP4124251A priority Critical patent/JPH05292841A/ja
Publication of JPH05292841A publication Critical patent/JPH05292841A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 大きく形成しても取り扱いやすくて植物が倒
れにくい構成のものを安価に提供すること。 【構成】 耐候性を有し少なくともおが屑が通り抜けな
い程度の目の荒さの織布若しくはおが屑が通り抜けない
程度の小孔を多数穿設されたシート状材料からなる袋状
の外囲器1と、その外囲器内に充填されたおが屑を主体
とする植物栽培用土2とからなる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、コンクリート面や瓦
礫が多くあるいは土質が悪く植物の成育に適していない
地面などに設置して植物を手軽に栽培できる植物栽培器
に関するものである。
【0002】
【従来の技術】やや大がかりな場合として、コンクリー
ト面や植物の成育に適していない地面には、その上に良
質の土を入れて植物を栽培する。また極めて小規模のも
のでは植木鉢に用土を入れて植物を育て、少し大きいも
のではプランタを使用する。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】市街地の一般家庭で野
菜や草花を栽培しようとした場合、用地の入手が困難で
あり、日当たりはよくても土を入れて菜園とする程には
広くない場所が多く、土を入れることはかなり大がかり
な作業になり必ずしも容易ではない。このような場所で
は、プランタを使用できる。しかし、普通大量に販売さ
れている寸法のプランタでは幅が狭く、植物が、特に野
菜の場合は十分に育ちにくい。大きい寸法のプランタも
あるが、高価であり、土の量が多くなるにつれて重量が
大きくなるから、所望の置き場所までの運搬が困難であ
る問題があり、ベランダなどに置く場合には問題が多
い。そこで人工の軽量な用土を購入して使用することが
考えられるが、現状ではかなり高価であるとともに軽量
な用土では植物の丈が高くなると倒れやすい問題があ
る。
【0004】そこで本発明は、掘り返すことができない
ような地面やベランダ等に設置可能であり、大きく形成
しても取り扱いやすくて植物が倒れにくい構成の植物栽
培器を安価に提供することを目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明の植物栽培器は、
耐候性を有し少なくともおが屑が通り抜けない程度の目
の荒さの織布若しくはおが屑が通り抜けない程度の小孔
を多数穿設されたシート状材料からなる袋状の外囲器
と、その外囲器内に充填されたおが屑を主体とする植物
栽培用土とからなる。
【0006】上記植物栽培用土は、おが屑を主体とする
ものであるが、これに30〜50mm程度の細長い繊維
状のもの、例えば、麻、藁、草等の繊維や繊維を人工的
に撚糸したもの等、及び肥料成分を加えてあるものがよ
い。おが屑はそのまま使用すると、すべての樹木が成分
としてリグニンを含有しており、これは植物の成育に有
害であるから処理を必要とする。しかし、加熱処理ある
いは醗酵処理で容易に分解するからその処理は比較的簡
単である。また用土はおが屑を主体とするものである
が、籾殻や切断した藁を混入してあってもよい。外囲器
の素材としては耐候性の優れた合成繊維の織物や合成樹
脂フィルムもしくはシート、例えば、ポリエチレン、ポ
リエステル、アクリル、塩化ビニール等からなるものを
用いるのがよい。外囲器は、その内面間を部分的に連結
し若しくは部分的に外面から外周を小さく規制するよう
な部材を設けられているものとするのがよい。また外囲
器は、その内部に外囲器に外形を規制する構造体を収容
したものであってもよい。背の高くなる植物の栽培用に
は、用土内に根の絡みやすい目の荒さの合成樹脂製のあ
る程度以上剛性のある網板を埋設しておくのがよい。
【0007】
【作用】その使用においては、所望の位置においてか
ら、外囲器の上面の所望位置に刃物で十字型の切れ目を
入れて植えつけ穴を形成し、その穴内に植物の種又は苗
を植えつける。灌水その他の管理は一般の畑と略同じで
よい。用土は、おが屑を主体とするものであるから、使
用開始前は水分含有量を少なくしておくことができるか
ら、軽量であり、取扱が容易である。また使用時には、
保水性がよく、粒状であるので空気の流通性もあり、乾
いても固い団塊になりにくいので、植物の成育には適し
ている。外囲器は、用土を拘束しているものであり、用
土の飛散を防ぐとともに、外圧を与えており、根が浮き
上がることを防止し、用土を構成するものの間に相互に
結合し合うような性質が少ない場合でも外囲器の形状に
したがって形状が維持され、例えば畝のような形状にす
れば、その状態が維持される。そして外囲器には通気性
があるため、根に必要な酸素の供給が十分に行われる。
植物が成育するにつれて背丈が延びてくると根も用土内
に広がるから、植えつけ穴を小さく形成しておけば根の
張った周辺の上部は外囲器で覆われており、部分的に用
土が持ち上がることが抑制され植物が倒れるようなこと
は殆どない。
【0008】また、網板を埋設してある場合には網板を
貫通した根が網板と一体になるので、より一層倒れるこ
とが防止される。また、外囲器が、その内面間を部分的
に連結し若しくは部分的に外面から外周を小さくするよ
うな規制部材を設けられているものあるいは内部に外囲
器の外形を規制する構造体を収容したものの場合には、
外囲器の幅や高さあるいは太さが規制されるから、植物
栽培器の外形が殆ど初期のまま長期間維持される。
【0009】
【実施例】第1実施例を図1に示す。外囲器1を合成繊
維製のおが屑が漏れない程度に目の荒い織布を用いて縫
製して蒲鉾状に形成し、適当に未縫合箇所を残しておい
て内部に軽量な用土2を充填し、未縫合箇所を縫合した
ものである。用土2はおが屑に牛糞、鶏糞または糠等を
混入して自然醗酵させるかあるいは酵母を加えて強制醗
酵させるかして醗酵処理したものを用いてあり、おが屑
を主体とするもので有るから含水量を少なくしてある状
態では庭土等に比べると極めて軽いものである。
【0010】この植物栽培器は、所望の設置場所におい
て、内部の用土が偏らないように全体の形を整えてか
ら、適当に灌水し、上面に適当な間隔で十字型の切れ目
を入れて開口3を形成し、その開口3から内部の用土2
に種若しくは苗を植えつける。この用土2は保水性がよ
く、団塊状に固まらない性質を備えており、植物の根の
成育に都合がよいものである。また、外囲器1は通気性
があり、通常のプランタのように側面が気密な状態では
ないから、根に対する酸素の供給が十分に行われる。
【0011】第2実施例を図2に示す。第1実施例のも
のと異なる点は、外囲器1aが直方体状に縫製され、内
部に直方体の幅寸法に相当する長さを有する規制部材と
しての伸びの少ない紐4を直方体の長手方の2か所にお
いて高さを異にして適当な間隔に配置し、その両端を内
側面に固定してあり、下半分が入るプラスチック容器5
内に側面に余裕を持って収容した点である。容器5には
適当に通気及び排水用の孔6を穿設しておくのがよい。
用土2は第1実施例のものと同じである。
【0012】この植物栽培器は、紐4の存在により外方
へ広がろうとする側面の間隔が紐4の長さに維持され、
直方体形状が保持される。すなわち、用土2の重みで形
状が偏平になろうとする点が抑制され、直方体形状を保
つ。この実施例では簡単なものを示してあるが、紐4は
その数を増減してもよく、また直方体以外の形状のもの
にも適用できる。容器5は花を植えた場合などに、外観
を良くすることができ、また移動をさせやすいようにな
る。この実施例のものはベランダに設置するのに適して
いる。
【0013】上記実施例の他にも、図3(a)、
(b)、(c)、(d)に示すような夫々のものとする
ことができる。(a)のものは、第1実施例と同様なも
のの長手方の3か所を規制部材としての可撓性のベルト
7で外面から絞った構成としたものである。これによっ
て偏平になりにくく初期の形状が長期間維持される。な
お、ベルト7に変えて剛性の大きい合成樹脂や金属の環
状体であってもよい。その環状体は四角形であってもコ
の字形であってもよい。(b)のものは、第1実施例と
同様なものの外囲器1を長手方向に沿って縫い糸で縫合
して縫合部8を形成し、二つの畝が形成されるようにし
たものである。また、図示していないが、用土の深さを
あまり要求されない用途では、第1実施例の外囲器1の
長手方に直角な縫合部を形成してもよい。その縫合部
は、金属製の挟持金具で置き換えてもよい。(c)のも
のは、長手方に直角な縦断面図で示すように、第1実施
例と同様なものにおいて、植物の根を絡ませて倒れを防
止するために、用土2中に剛性のあるプラスチック製の
目の荒い、例えば10〜20mm程度の目の網板9を水
平に埋設したものである。この網板9は単なる網板でも
よいが、図4(a)に示すように、網板9の長手方両端
にあるいは図示していないが途中に対しても高さ保持用
の枠10を結合したものとしてもよい。この例は比較的
背の高くなる植物に適用して、植物が大きく成長したと
きに根が網板9に絡んで倒れにくくなる。(d)のもの
は、長手方に沿った縦断面図で示すように、前記と同様
な網板11を適当な間隔で垂直に埋設したものである。
この場合も網板11は単なる網板でもよいが、図4
(b)に示すように、網板11の両側を連結棒12で連
結したものとして位置ずれを防止するようにしてもよ
い。この例は根菜や根が深く太くなる草花の栽培に適し
ている。また、図5に示すように、多数の小孔15を穿
設された板もしくはプラスチック板によって外囲器1の
内面に接する底板16、側板17、支え棒18を一体的
に形成した構造体19を、外囲器1内に設置してもよ
い。この場合は外囲器1の外形が安定する。上記底板1
6は必要に応じて支え棒18で置き換えた構成としても
よい。
【0014】上記実施例のものは、いずれもベランダや
家屋の回りの地面に設置して野菜や花の栽培に使用でき
るが、この他にも、第2実施例のものはプラスチック容
器5を用いないものとし他のものはそのままで、下面が
ある程度変形可能であることや滑りにくいことから、プ
ランタを置きにくい凸凹のある面や斜面に設置して使用
できる。
【0015】上記実施例では、いずれも外囲器1が織布
で形成されているものを示したが、上記織布に変えてお
が屑が漏れない程度の小孔を多数穿設された合成樹脂フ
ィルムで形成してもよい。合成樹脂フィルムの場合は上
面の植えつけ穴を形成する位置に予め円形若しくは十字
型のミシン目を設けておいて植え付け時にミシン目に沿
って破ることにより植えつけ穴を形成するようにしても
よい。
【0016】また、上記実施例では植物栽培器の形状と
して、蒲鉾形、2連蒲鉾形、直方体形状のものを示した
が、この他にも外囲器の形状を変えるだけで短円柱形、
環形、かぎ形、円弧形等に形成でき、その場合に従来の
プラスチック製プランタのように高価な金型を必要とし
ない。草花の栽培においてはこのような形状の変化が要
求されることが多いが、これに容易に対応できる。
【0017】
【発明の効果】本発明の植物栽培器は、植物栽培用土が
おが屑を主体とするものであり、これを織布または合成
樹脂フィルムからなる外囲器に充填してなるものである
から、商品として流通する時点では含水量を少なくして
おくことにより取り扱いやすいものとなる。従って、通
常のプランタの大きさより大きく形成しても所望の場所
に簡単に設置できるので、植物が十分に大きく育つのに
必要な深さでしかも植物が倒れる恐れがない植物栽培器
とすることができ、市街地の住宅においても野菜の栽培
を手軽に良好に行うことが可能となる効果を奏する。そ
して、この植物栽培器は、下面の変形がある程度可能で
あることから従来のプランタでは設置しにくい斜面や凹
凸のある面にも設置できるという効果も奏する。
【0018】また、本発明の植物栽培器は、外囲器を高
価な金型を使用しないで種々の形に形成できるから、花
壇用に適した形状の変化にとんだものを安価に提供でき
る効果を奏する。
【図面の簡単な説明】
【図1】第1実施例を示し、(a)は部分省略斜視図、
(b)は長手方に直角な断面拡大図である。
【図2】第2実施例を示し、(a)は斜視図、(b)は
長手方に直角な断面拡大図である。
【図3】(a)〜(d)は夫々異なる他の実施例を示
し、(a)は斜視図、(b)は長手方に直角な断面斜視
図、(c)は長手方に直角な断面図、(d)は長手方に
沿った断面図である。
【図4】(a)は図3(c)の網板9の変形例を示す斜
視図、(b)は図3(d)の網板11の変形例を示す斜
視図である。
【図5】この発明の他の実施例を示し、外囲器内に設け
られる構造体の一例の斜視図である。
【符号の説明】
1 外囲器 2 用土 3 穴 4 (規制部材)紐 7 (規制部材)ベルト 9 網板 11 網板 19 構造体

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 耐候性を有し少なくともおが屑が通り抜
    けない程度の目の荒さの織布若しくはおが屑が通り抜け
    ない程度の小孔を多数穿設されたシート状材料からなる
    袋状の外囲器と、その外囲器内に充填されたおが屑を主
    体とする植物栽培用土とからなる植物栽培器。
  2. 【請求項2】 請求項1に記載の植物栽培器において、
    上記外囲器が、その内面間を部分的に連結し若しくは部
    分的に外面から外周を小さくするような規制部材を設け
    られていることを特徴とする植物栽培器。
  3. 【請求項3】 請求項1に記載の植物栽培器において、
    上記外囲器内に外囲器の外形を規制する構造体を収容し
    たことを特徴とする植物栽培器。
  4. 【請求項4】 請求項1、請求項2または求項3に記載
    の植物栽培器において、上記植物栽培用土中に網板を配
    置してあることを特徴とする植物栽培器。
JP4124251A 1992-04-16 1992-04-16 植物栽培器 Withdrawn JPH05292841A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4124251A JPH05292841A (ja) 1992-04-16 1992-04-16 植物栽培器

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4124251A JPH05292841A (ja) 1992-04-16 1992-04-16 植物栽培器

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH05292841A true JPH05292841A (ja) 1993-11-09

Family

ID=14880712

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4124251A Withdrawn JPH05292841A (ja) 1992-04-16 1992-04-16 植物栽培器

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH05292841A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
NL1000433C2 (en) * 1995-05-24 1996-11-26 Pul Isoleermaterialenind Bv Casing filled with material for plant growth
JPH09140255A (ja) * 1995-09-19 1997-06-03 Mikado Kako Kk 植物育成床及び植物育成方法
JP2000209946A (ja) * 1999-01-01 2000-08-02 Mikado Kako Kk 植物育成床及び植物育成方法
JP2008246873A (ja) * 2007-03-30 2008-10-16 Toppan Forms Co Ltd 被綴じ体
CN105875392A (zh) * 2016-06-03 2016-08-24 中铁西北科学研究院有限公司 一种干旱区建植保水辅助装置
CN113016395A (zh) * 2019-12-24 2021-06-25 赵学丰 一种墙面种植被

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
NL1000433C2 (en) * 1995-05-24 1996-11-26 Pul Isoleermaterialenind Bv Casing filled with material for plant growth
JPH09140255A (ja) * 1995-09-19 1997-06-03 Mikado Kako Kk 植物育成床及び植物育成方法
JP2000209946A (ja) * 1999-01-01 2000-08-02 Mikado Kako Kk 植物育成床及び植物育成方法
JP2008246873A (ja) * 2007-03-30 2008-10-16 Toppan Forms Co Ltd 被綴じ体
CN105875392A (zh) * 2016-06-03 2016-08-24 中铁西北科学研究院有限公司 一种干旱区建植保水辅助装置
CN113016395A (zh) * 2019-12-24 2021-06-25 赵学丰 一种墙面种植被

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3768489B2 (ja) 植物栽培装置及び植物栽培方法
KR101237522B1 (ko) 식생매트 및 이를 이용한 육묘구조물
JPH05292841A (ja) 植物栽培器
JP3379937B2 (ja) 植物の袋栽培法及びそれに使用する袋
CN211152939U (zh) 一种收口式防草育苗袋
JP3346271B2 (ja) 栽培ベッド形成シート及び高設栽培装置
JP2005000020A (ja) 植物栽培方法及び育苗装置
JP2004208611A (ja) 自然薯の養液栽培方法およびその栽培装置
JP2007175040A (ja) 特定の天然植物の栽培方法およびその栽培に使用する育生保持体
JP3480565B2 (ja) 法面用植栽ポット
JP3589551B2 (ja) イチゴの育苗容器、イチゴの育苗装置及びイチゴの育苗方法
JP2001275502A (ja) 水面浮き床式農法
JPH10178818A (ja) 植物種子の播種方法及びその播種用資材
JP5707153B2 (ja) 植栽用プランター
JP2932157B2 (ja) 法面緑化工法
JP2006174829A (ja) 簡易式養液栽培容器
GB2464319A (en) Fleece bag for growing plants
KR100292360B1 (ko) 원예용 배지셀
JP2886504B2 (ja) 緑化ロープ
US6389750B1 (en) Apparatus for watering plants
JP2016096772A (ja) 吊下包覆型植物栽培ユニット
JPH07236350A (ja) 苗木の植生方法
JP2003235347A (ja) 植物栽培床材
KR100281610B1 (ko) 식물육성묘판 및 이를 사용하여 식물을 육성하는 방법
JP4757084B2 (ja) 育苗用シート、育苗用ポット、苗入りポットの製造方法および苗の育苗方法

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 19990706