JPH0529056A - 端子圧着自動調整装置 - Google Patents

端子圧着自動調整装置

Info

Publication number
JPH0529056A
JPH0529056A JP20393591A JP20393591A JPH0529056A JP H0529056 A JPH0529056 A JP H0529056A JP 20393591 A JP20393591 A JP 20393591A JP 20393591 A JP20393591 A JP 20393591A JP H0529056 A JPH0529056 A JP H0529056A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
crimper
height
comparator
terminal
crimping
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP20393591A
Other languages
English (en)
Inventor
Kazuhiko Shiine
Seiichi Suzuki
根 和 彦 椎
木 清 一 鈴
Original Assignee
Nippon Autom Mach Kk
日本オートマチツクマシン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippon Autom Mach Kk, 日本オートマチツクマシン株式会社 filed Critical Nippon Autom Mach Kk
Priority to JP20393591A priority Critical patent/JPH0529056A/ja
Publication of JPH0529056A publication Critical patent/JPH0529056A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 本発明は、電線加工機における電線のストリ
ップに端子等を圧着してかしめ付けする端子圧着自動調
整装置に係り、各種の電線と端子のかしめ付けを自動的
に調整して、少量多品種のサイズのもの生産すると共
に、量産による省力化を図るものである。 【構成】 本発明は、電線のストリップに端子を圧着す
るアンビル及びクリンパを備えた圧着装置において、こ
のアンビル6の傍らの機枠1に高さ検出センサ11を付
設し、上記クリンパ2の上部に圧力検出センサ10を付
設し、上記機枠1の上部にクリンパ高さ調整装置4を上
記クリンパ2を連動するように設け、上記高さ検出セン
サ11に基準データ入力装置15を備えた比較器14を
測長変換器12を介して接続し、この比較器14及び上
記圧力検出センサ10との間に圧力変換器16を接続
し、上記比較器14に駆動装置18を上記クリンパ高さ
調整装置4を作動するように設けたものである。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、例えば、電線加工機に
おける電線のストリップに端子を圧着してかしめ付けす
る端子圧着自動調整装置に関する。
【0002】
【従来の技術】既に提案されているこの種の電線のスト
リップに端子を圧着する電線加工機における圧着装置
は、図2乃至図4に示されるように構成されている。
【0003】即ち、図2乃至図4において、電線加工機
における圧着装置の略コ字状をなす機枠1の上部1aに
は、クリンパ(上型金)2がラム3を備えたクランク機
構(図示されず)で昇降自在に嵌装されており、このラ
ム3の上位の上記機枠1には、クリンパ高さ調整装置
(クリンパの最下限降下位置調整装置)4が設置されて
いる。又、このクリンパ高さ調整装置4は上記機枠1の
側面に付設されたダイヤル調整つまみ4aを指先で示標
5に合わせて回すことにより、上記クリンパ高さ調整装
置4によりクリンパ2の高さを調整している。さらに、
このクリンパ2の直下の上記機枠1の支持台1bには、
アンビル(下型金)6が敷設されており、このアンビル
6は上記クリンパ2と共同して押圧することにより電線
WのストリップWaに端子Wbのバレルを圧着してかし
め付けしている。
【0004】従って、上述した電線加工機における圧着
装置は、予め、上記ダイヤル調整つまみ4aを指先で示
標5に合わせて回すことにより、上記クリンパ高さ調整
装置4で上記クリンパ2の高さを調整し、しかる後、上
記圧着装置の駆動機構を駆動することにより、ラム3を
備えたクランク機構を介して上記クリンパ2とアンビル
6との共同作用で電線WのストリップWaに端子Wbを
圧着している。
【0005】特に、上記圧着装置に使用される電線Wと
端子Wbとの関係は、太いサイズの電線から細いサイズ
の電線もあり、異なる形状の端子や異なるサイズの端子
もあり、これらは異なるサイズの電線とこれらを圧着し
てかしめ付けする端子のバレルの高さH(図4参照)等
を上記クリンパ2の押圧力によるストロークに合わせる
ために、上記ダイヤル調整つまみ4aを指先で示標5に
合わせて回すことにより、クリンパ高さ調整装置4によ
って上記クリンパ2の高さを調整している。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上述し
た電線加工機における圧着装置は、異なるサイズの電線
とこれらを圧着してかしめ付けする異なる形状の端子や
異なるサイズの端子に合わせるために、上記ダイヤル調
整つまみ4aを指先で示標5に合わせて回すことにより
クリンパ高さ調整装置4で上記クリンパ2の高さを調整
している関係上、少量多品種の電線のストリップに各種
の端子を圧着してかしめ付けする調整手段は手動調整に
よるため、熟練を要するばかりでなく、多くの時間と労
力を費やし、量産による省力化を図ることが困難であ
る。
【0007】本発明は、上述した事情に鑑みてなされた
ものであって、異なるサイズの電線とこれらを圧着して
かしめ付けする異なる形状の端子や異なるサイズの各種
の端子の標準データを標準データ入力装置に入力し、所
定の電線のサイズと端子のサイズによるクリンパの高さ
を熟練を要することなく自動的に正確に調整して、少量
多品種のものを生産し、量産による省力化を図るように
した端子圧着自動調整装置を提供することを目的とす
る。
【0008】
【課題を解決するための手段】本発明は、電線のストリ
ップに端子を圧着するアンビル及びクリンパを備えた圧
着装置において、このアンビルの傍らの機枠に高さ検出
センサを付設し、上記クリンパの上部に圧力検出センサ
を付設し、上記機枠の上部にクリンパ高さ調整装置を上
記クリンパを作動するように設け、上記高さ検出センサ
に基準データ入力装置を備えた比較器を測長変換器を介
して接続し、この比較器及び上記圧力検出センサとの間
に圧力変換器を接続し、上記比較器に駆動装置を上記ク
リンパ高さ調整装置を作動するように設けたものであ
る。
【0009】
【作用】本発明は、予め、異なるサイズの電線とこれら
を圧着してかしめ付けする異なる形状の端子や異なるサ
イズの端子による各種の標準データを標準データ入力装
置に入力し、所定の電線と端子とを高さ検出センサで高
さを検出し、この検出信号を測長変換器で変換し、これ
を基準データ入力装置を備えた比較器へ入力して演算し
て比較すると共に、所定の端子のバレルの高さ等を圧力
検出センサで検出し、この検出信号を圧力変換器で変換
し、これを基準データ入力装置を備えた比較器へ入力し
て演算比較し、この比較器からの出力信号に基づき上記
駆動装置を駆動して上記クリンパ高さ調整装置を作動し
て所定の電線と端子を自動的にクリンパの高さに調整
し、少量多品種のものを生産すると共に、量産による省
力化を図るものである。
【0010】
【実施例】以下、本発明を図示のー実施例について説明
する。
【0011】なお、本発明は、上述した具体例と同一構
成部材には、同じ符号を付して説明する。
【0012】図1において、符号1は、電線加工機にお
ける圧着装置の略コ字状をなす機枠であって、この機枠
1の上部1aには、クリンパ(上金型)2がラム3を備
えたクランク機構(図示されず)で昇降自在に嵌装され
ており、上記ラム3の上位の上記機枠1には、クリンパ
高さ調整装置(クリンパの最下限降下位置調整装置)4
が設置されている。又、上記クリンパ2とラム3との間
には、例えば、ロードセルのような圧力検出センサ10
が付設されており、この圧力検出センサ10は所定のサ
イズによる端子のバレルの高さH(図4参照)を得るよ
うな押圧力を検出するようにしている。さらに、このク
リンパ2の直下の上記機枠1の支持台1bには、アンビ
ル(下金型)6が敷設されており、このアンビル6は上
記クリンパ2と共同して電線WのストリップWaに端子
Wbを圧着するようになっている。
【0013】他方、上記アンビル6の傍らの機枠1に
は、例えば、渦電流変換器のような検出板11aを有す
る高さ検出センサ11が上記クリンパ2の高さを検出す
るように付設されており、この高さ検出センサ11に
は、クリンパ2の最下限降下位置を測定する測長変換器
(測長変換系)12が高さ検出信号を増幅器(アンプ)
13を介して接続されている。又、上記測長変換器12
には、例えば、中央演算処理装置(CPU)のような制
御回路に組込まれた比較器14が接続されており、この
比較器14には、基準データ入力装置15が異なる各種
のサイズの電線と各種の端子の標準データを入力して接
続されている。
【0014】又一方、上記比較器14及び上記圧力検出
センサ10との間には、圧力変換器(圧力変換系)16
が圧力検出信号を増幅する増幅器(アンプ)17を介し
て接続されており、この圧力変換器16は上記圧力検出
センサ10で検出した圧力検出信号を増幅する増幅器
(アンプ)17を介してデジタル信号に変換して上記比
較器14へ入力している。又、上記比較器14には、例
えば、サーボモータやステップモータのような駆動装置
18が上記クリンパ高さ調整装置4を作動するように設
けられており、この駆動装置18は上記比較器14から
の出力信号に基づき上記クリンパ高さ調整装置4を駆動
している。さらに、上記比較器14には、データ保管装
置19が接続されており、このデータ保管装置19に
は、フロッピーディスク(FD)のような磁気記録カー
ド20が挿脱自在に設けられている。
【0015】以下、本発明の作用について説明する。
【0016】従って、予め、異なる各種のサイズの電線
Wと異なる各種のサイズの端子Wbによる多数の標準デ
ータを標準データ入力装置15へ入力しておく。
【0017】次に、所定のサイズの電線Wと所定サイズ
の端子Wbによるクリンパの最下限降下位置を高さ検出
センサ11で検出する。すると、この高さ検出センサ1
1はその検出信号を増幅器13を通して測長変換器12
へ入力してデジタル変換し、これを基準データ入力装置
15を備えた比較器14へ入力して演算比較すると共
に、所定の端子Wbのバレルの高さHを圧力検出センサ
10で押圧力による歪量から検出する。すると、この圧
力検出センサ10がその検出信号を増幅器17を通して
圧力変換器16へ入力してデジタル変換し、これを基準
データ入力装置15を備えた比較器14へ入力して演算
して比較し、この比較器14からの出力信号に基づき上
記駆動装置18を駆動し、これにより上記クリンパ高さ
調整装置4を作動して所定の電線Wのサイズと端子Wb
のサイズとに自動的にクリンパの高さと押圧力を正確に
調整し、少量多品種のサイズのものを生産し、量産によ
る省力化を図っている。
【0018】なお、本発明の実施例では、駆動装置18
を独立して構成したものについて説明したけれども、本
発明の要旨を変更しない範囲内で、例えば、上記クリン
パ高さ調整装置4に組込むように設計変更することは自
由である。さらに、本発明の実施例に使用された高さ検
出センサ11は、例えば、位相差検出センサ若しくは赤
外線検出センサにしてもよいこと勿論である。
【0019】
【発明の効果】以上述べたように本発明によれば、電線
のストリップに端子を圧着するアンビル及びクリンパを
備えた圧着装置において、このアンビルの傍らの機枠に
高さ検出センサを付設し、上記クリンパの上部に圧力検
出センサを付設し、上記機枠の上部にクリンパ高さ調整
装置を上記クリンパを作動するように設け、上記高さ検
出センサに基準データ入力装置を備えた比較器を測長変
換器を介して接続し、この比較器及び上記圧力検出セン
サとの間に圧力変換器を接続し、上記比較器に駆動装置
を上記クリンパ高さ調整装置を作動するように設けてあ
るので、所定の電線と端子とを自動的にクリンパの高さ
に熟練を要することなく敏速にしかも正確に調整して、
少量多品種のサイズのものを生産できるばかりでなく、
量産による省力化を図ることができる等の優れた効果を
有する。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の端子圧着自動調整装置のブロック線
図。
【図2】既に提案されている圧着装置の側面図。
【図3】上記圧着装置でかしめ付けされた電線と端子の
側面図。
【図4】図3中の鎖線A−Aに沿う拡大断面図。
【符号の説明】 1 機枠 2 クリンパ 4 クリンパ高さ調整装置 6 アンビル 10 圧力検出センサ 11 高さ検出センサ 12 測長変換器 14 比較器 15 基準データ入力装置 16 圧力変換器 18 駆動装置

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】電線のストリップに端子を圧着するアンビ
    ル及びクリンパを備えた圧着装置において、このアンビ
    ルの傍らの機枠に付設された高さ検出センサと、上記ク
    リンパの上部に付設された圧力検出センサと、上記機枠
    の上部に上記クリンパを作動するように設けられたクリ
    ンパ高さ調整装置と、上記高さ検出センサに測長変換器
    を介して接続された基準データ入力装置を備えた比較器
    と、この比較器及び上記圧力検出センサとの間に接続さ
    れた圧力変換器と、上記比較器に上記クリンパ高さ調整
    装置を作動するように設けられた駆動装置とを具備した
    ことを特徴とする端子圧着自動調整装置。
JP20393591A 1991-07-18 1991-07-18 端子圧着自動調整装置 Pending JPH0529056A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP20393591A JPH0529056A (ja) 1991-07-18 1991-07-18 端子圧着自動調整装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP20393591A JPH0529056A (ja) 1991-07-18 1991-07-18 端子圧着自動調整装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0529056A true JPH0529056A (ja) 1993-02-05

Family

ID=16482127

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP20393591A Pending JPH0529056A (ja) 1991-07-18 1991-07-18 端子圧着自動調整装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0529056A (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5669257A (en) * 1994-12-28 1997-09-23 Yazaki Corporation Method of crimping terminal and apparatus for the same
US5697146A (en) * 1994-12-28 1997-12-16 Yazaki Corporation Apparatus for crimping terminal to electrical wire
US5704110A (en) * 1995-11-02 1998-01-06 Carl Freudenberg Device for crimping a plastically deforming metal pole shoe around the end of a cable
US5727409A (en) * 1994-12-28 1998-03-17 Yazaki Corporation Method of controlling a terminal crimping apparatus
US6021565A (en) * 1997-01-09 2000-02-08 Yazaki Corporation Wire connecting structure and method of connecting wire
JP2016528704A (ja) * 2013-08-13 2016-09-15 タイコ・エレクトロニクス・コーポレイションTyco Electronics Corporation 圧着された電気接続部の圧着高さを決定するための方法およびデバイス
KR20180079028A (ko) * 2016-12-30 2018-07-10 주식회사 유라코퍼레이션 단자압착장치 및 이를 이용한 단자압착방법

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS62259632A (en) * 1986-05-02 1987-11-12 Taiyo Tekko Kk Press device
JPH0315182A (en) * 1989-05-12 1991-01-23 Amp Inc Wire automatic crimp connecting device and connecting method

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS62259632A (en) * 1986-05-02 1987-11-12 Taiyo Tekko Kk Press device
JPH0315182A (en) * 1989-05-12 1991-01-23 Amp Inc Wire automatic crimp connecting device and connecting method

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5669257A (en) * 1994-12-28 1997-09-23 Yazaki Corporation Method of crimping terminal and apparatus for the same
US5697146A (en) * 1994-12-28 1997-12-16 Yazaki Corporation Apparatus for crimping terminal to electrical wire
US5727409A (en) * 1994-12-28 1998-03-17 Yazaki Corporation Method of controlling a terminal crimping apparatus
US5704110A (en) * 1995-11-02 1998-01-06 Carl Freudenberg Device for crimping a plastically deforming metal pole shoe around the end of a cable
US6021565A (en) * 1997-01-09 2000-02-08 Yazaki Corporation Wire connecting structure and method of connecting wire
JP2016528704A (ja) * 2013-08-13 2016-09-15 タイコ・エレクトロニクス・コーポレイションTyco Electronics Corporation 圧着された電気接続部の圧着高さを決定するための方法およびデバイス
KR20180079028A (ko) * 2016-12-30 2018-07-10 주식회사 유라코퍼레이션 단자압착장치 및 이를 이용한 단자압착방법

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5937505A (en) Method of evaluating a crimped electrical connection
US5168736A (en) Crimping machine
US5197186A (en) Method of determining the quality of a crimped electrical connection
US4936126A (en) Press brake with a displacement sensor of electric signal output
EP1236972A3 (en) Method and apparatus for calibrating measuring machines
JPH0529056A (ja) 端子圧着自動調整装置
CA2105485A1 (en) Method and apparatus for controlling a press
KR100216309B1 (ko) 전선의 단자압착장치
JPH1050449A (ja) 端子圧着装置
EP1701146A1 (en) Zero point correction circuit of load meter
JPH05322551A (ja) ワーク曲げ角度測定装置
JP2872286B2 (ja) 粉末圧縮成型機における成型品の重量調節方法及びその装置
JPH08236253A (ja) 端子圧着装置の制御方法
JPH0529055A (ja) 端子圧着自動調整装置
JP2003340599A (ja) プレス機械の上死点停止制御方法及び装置
JP2527000B2 (ja) 型締装置の型締制御方法
CN210293499U (zh) 一种压力传感器检测装置
CN206960583U (zh) 一种用于变送器的检测设备
CN210148915U (zh) 一种用于塑胶制品表面处理的烫金设备
CN208840022U (zh) 喇叭气隙检测装置
JP2003117618A (ja) かす上がり検出装置及び方法
JPH04109580A (en) Device for crimping terminal to wire
JPH07124658A (ja) カス上がり検出方法および検出器
JPS59150700A (en) Device for correcting bottom dead point position of slide of press machine
JP3018208B2 (ja) アブソリュート型位置検出装置における計測対象の位置検出方法