JPH05278873A - 給紙装置 - Google Patents

給紙装置

Info

Publication number
JPH05278873A
JPH05278873A JP4082233A JP8223392A JPH05278873A JP H05278873 A JPH05278873 A JP H05278873A JP 4082233 A JP4082233 A JP 4082233A JP 8223392 A JP8223392 A JP 8223392A JP H05278873 A JPH05278873 A JP H05278873A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
paper
elastic
feeding
roller
lever
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP4082233A
Other languages
English (en)
Inventor
Tetsuya Fujimoto
哲也 藤本
Original Assignee
Fujitsu Ltd
富士通株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujitsu Ltd, 富士通株式会社 filed Critical Fujitsu Ltd
Priority to JP4082233A priority Critical patent/JPH05278873A/ja
Publication of JPH05278873A publication Critical patent/JPH05278873A/ja
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 給紙装置におけるローラの用紙からのリリー
ス機構の製造コストを低減する。 【構成】 給紙装置のハウジング9の一側面9aが閉じ
られている場合、用紙1の繰り出し側の内側面9bに一
端側が固着される弾性体10の他端側と、ピックユニッ
ト8を支持軸4周りに回動させる梃子部5との間にはそ
の一側面9aの内側に突設される突起部11が挿入され
て、この弾性体10は弾性力に抗して収縮状態にあり、
支持軸4と平行な軸6周りに回転するローラ7の自重に
よってピックユニット8は下方に回動するため、このロ
ーラ7は用紙1の最上部と接触状態となる。そして、こ
の一側面9aを開くと、前記梃子部5と弾性体10の他
端側との間に挿入されていた突起部11が抜脱されて、
弾性体10はの弾性の復元力によって伸張状態となり、
その弾性体10が梃子部5を押圧してピックユニット8
は上方に回動するため、ローラ7は用紙1からリリース
される。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、プリンタ、複写機等の
画像形成装置に用紙を供給する給紙装置に関するもので
ある。
【0002】
【従来の技術】プリンタや複写機等の画像形成装置に用
紙を供給する給紙装置の一例として、図8に示されてい
るような給紙装置がある。この給紙装置においては、用
紙ホッパ61のテーブル62に積載される用紙63は、
ピックローラ64の駆動により最上部の用紙63から順
次に1枚ずつ分離されてリバースローラ65等を備える
用紙搬送部66に繰り出されて図示されない印刷部に搬
送される。また、画像形成装置の使用時においては、テ
ーブル62は用紙63の繰り出しに同期して図示されな
いテーブル昇降装置により押し上げられてこのテーブル
62上に積載された最上部の用紙63は常にピックロー
ラ64に接触するようになっている。そして、用紙補給
またはジャム処理を行う際にはピックローラ64と用紙
63との接触を断つ必要があり、電気的制御によって図
示されない給紙装置のフロントカバーを開けると同時に
テーブル62を下降させたりピックローラ64を上昇さ
せたりしている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、前述さ
れたような給紙装置においては、ピックローラの用紙か
らのリリース機構としてモータ等の駆動源、コントロー
ラ、用紙高さ検出装置等を要するために、製造コストの
点で問題がある。本発明は、このような問題点を解決す
ることを目的として、低コストで実現できるピックロー
ラの用紙からのリリース機構を有する給紙装置を提供し
ようとするものである。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明による給紙装置
は、前述されたような目的を達成するために、図1およ
び図2の発明原理図に示されているように、(a)用紙
1を積載するとともにその用紙1の繰り出しに同期して
上昇するテーブル2を有する用紙ホッパ3、(b)前記
用紙1の繰り出し方向に直交する支持軸4に係合される
梃子部5によりその支持軸4に回動可能に設けられて、
その支持軸4と平行な軸6周りに回転して前記テーブル
2に積載される用紙1を1枚ずつ繰り出すローラ7を有
するピックユニット8、(c)前記用紙ホッパ3および
ピックユニット8を収納するとともに、前記用紙1の繰
り出し方向に平行な一側面9aが開閉できるハウジング
9、(d)このハウジング9の用紙1の繰り出し側の内
側面9bに一端側が固着されて、弾性の復元力により伸
張状態にあるときに、前記梃子部5を押圧してピックユ
ニット8を上方に回動させて前記ローラ7と前記テーブ
ル2に積載される用紙1の最上部とを非接触状態とし、
また弾性力に抗して収縮状態にあるときに、その梃子部
5への押圧を断ってピックユニット8を下方に回動させ
て前記ローラ7とその用紙1の最上部とを接触状態とす
る弾性体10および(e)前記ハウジング9の開閉する
一側面9aの内側に突設されて、その一側面9aが閉じ
ているときに前記弾性体10の他端側と前記ピックユニ
ット8の梃子部5との間に挿入されてその弾性体10を
収縮状態とし、またその一側面9aが開いているときに
それらの弾性体10の他端側とピックユニット8の梃子
部5との間から抜脱されてその弾性体10を伸張状態と
する突起部11を具えることを特徴とするものである。
【0005】
【作用】給紙装置の稼働状態においては、用紙ホッパ3
の用紙1を積載するテーブル2はその用紙1の繰り出し
に同期して上昇し、用紙1の最上部は常に用紙1の繰り
出し方向に直交する支持軸4に回動可能に設けられるピ
ックユニット8のローラ7に接触している。図2に示さ
れているように、前記給紙装置のハウジング9の開閉可
能な一側面9aが閉じられている場合、すなわち給紙装
置の稼働可能状態において、前記支持軸4に係合される
梃子部5とハウジング9の用紙1の繰り出し側の内側面
9bに一端側が固着される弾性体10の他端側との間に
その一側面9aの内側に突設される突起部11が挿入さ
れて、この弾性体10は弾性力に抗して収縮状態にあ
る。このように前記弾性体10が収縮状態にあるとき
は、前記支持軸4と平行な軸6周りに回転するローラ7
の自重によってピックユニット8は下方に回動するた
め、このローラ7は用紙1の最上部と接触状態となる。
【0006】また、図1に示されているように、前記給
紙装置のハウジング9の一側面9aを開くと、前記ピッ
クユニット8の梃子部5と弾性体10の他端側との間に
挿入されていた突起部11が抜脱されて、弾性体10は
弾性の復元力によって伸張状態となる。このように前記
弾性体10が伸張状態にあるときは、その弾性体10の
他端側が梃子部5を押圧してピックユニット8は上方に
回動するため、前記ローラ7は用紙1の最上部と非接触
状態となる。
【0007】
【実施例】次に、本発明による給紙装置の具体的な一実
施例について、図面を参照しつつ説明する。図3および
図3の一部が拡大されて図4に示されている画像形成装
置の給紙装置21において、用紙ホッパ22に収納され
た用紙23はピックユニット24のピックモータ25に
よって駆動力を与えられるローラ26a,26bの回転
によって順次に繰り出されて(図4における矢印方
向)、ハウジング27の上面の排出孔28から排出さ
れ、図示されない画像形成装置に搬送されて所定に印刷
が行われる。また、用紙23の補給やジャム処理の際に
は、右端側が蝶着されて開閉自在に設けられるハウジン
グ27のフロントカバー29が手前に開かれ、用紙ホッ
パ22は側面22aに設けられる把手30によって一対
のガイドレール31に案内されて引き出される。
【0008】図5に示されているように、前記用紙ホッ
パ22においては、用紙23を積載するテーブル32の
側面に突設される突起部33a,33bは用紙ホッパ2
2の側面22aに設けられる案内孔34a,34bに挿
通され、これら案内孔34a,34bの上方または下方
における用紙ホッパ22の外側面にプーリ35〜38が
配設されている。これらのプーリ35、38には一端部
が突起部33aの上部に固着されて、他端部が突起部3
3bの下端部に固着されるワイヤロープ39aが巻き掛
けられ、またプーリ36,37には一端部が突起部33
aの下部に固着されて、他端部が突起部33bの上部に
固着されるワイヤロープ39bが巻き掛けられており、
すなわちワイヤロープ39a,39bがプーリ35〜3
8に8の字状に巻き掛けられることになる。そして、用
紙ホッパ22の側面22aには下端側がその用紙ホッパ
22の底部側に固着されるスプリング40が配設され、
このスプリング40の上端側はプーリ35の同一の軸線
周りに回動するプーリ41を介してワイヤロープ42に
より突起部33aの上部に固着されている。このような
ワイヤロープ39a,39b,42、プーリ35〜3
8,41、スプリング40に係合されたテーブル32に
用紙23が積載されると、テーブル32が用紙23に自
重によって押し下げられる。また、画像形成装置の使用
状態において、テーブル32はスプリング40により常
に昇動状態に保持されているために、このテーブル32
に積載される用紙23の最上部は用紙ホッパ22の上方
側に付勢されて用紙分離爪43a,43bに当接される
とともに、用紙23が繰り出されて用紙量が減少しても
常にピックユニット24のローラ26a,26bと接触
状態にある。
【0009】なお、前記プーリ36の近傍に設けられて
符号44で示されているのは、テーブル32の急激な昇
降動作を緩衝するダンパである。また、前述されたよう
なテーブル32を昇降させるためのワイヤロープ39
a,39b,42、プーリ35〜38,41、スプリン
グ40およびダンパ44は、用紙ホッパ22の他の側面
22bにも配設されている。また、図5において示され
ている突起部33a,33b、案内孔34a,34b、
プーリ35〜38,41、ワイヤロープ39a,39
b,42、スプリング40、ダンパ44は、図3および
図4において省略されているとともに、図5においては
ピックユニット24はその一部のみが示されている。
【0010】図3、図4および図6に示されているよう
に、前記ピックユニット24はハウジング27の内上面
に設けられる支持板45a,45bに支持軸46の両端
部が回動可能(図3、図4における両矢印方向)に支持
されている。そして、軸支持板47a,47bに支持軸
46と平行に支持されるローラ軸48に係合されるロー
ラ26a,26bの回転によってテーブル32に積載さ
れた用紙23が順次に1枚ずつ繰り出される。なお、図
6においては、把手30、突起部33a,33b、案内
孔34a,34b、プーリ35〜38,41、ワイヤロ
ープ39a,39b,42、スプリング40、ダンパ4
4は省略されている。
【0011】また、図3、図6および図7に示されてい
るように、前記ハウシング27の給紙側の内側面27a
にはスプリング49の一端側が固着されて、そのスプリ
ング49の他端側は、ピックユニット24の軸支持板4
7a,47bに架設される背板50を押圧して前記支持
軸46の周りにピックユニット24を回動させる押板5
1が接合されている。
【0012】次に、前述されたような給紙装置21にお
いて、前記フロントカバー29の開閉時のピックユニッ
ト24の動作について図6(A),(B)および図7を
参照しつつ説明する。まず、図6(A)および図7中点
線で示されているように、前記フロントカバー29が閉
じられている場合において、そのフロントカバー29の
内側面29aに突設される楔52は押板51とピックユ
ニット24の背板50との間に挿入されてスプリング4
9は弾性力に抗して収縮状態にあるとともに、同じく内
側面29aに突設されるピン53は軸支持板47aに設
けられる孔54に挿入されている。このようなフロント
カバー29の閉状態において、前記ピックユニット24
は自重により下方に回動するとともにピン53によって
所定位置に固定されて、ローラ26a,26bはテーブ
ル32に積載される用紙23の最上部と接触して給紙可
能状態にある。
【0013】また、前記フロントカバー29が開かれる
と、図6(B)および図7中実線で示されているよう
に、前記楔52およびピン53は、それぞれ押板51と
背板50との間、孔54から抜脱される。このようなフ
ロントカバー29の開状態において、前記スプリング4
9は弾性の復元力により伸張状態となって押板51を介
して前記ピックユニット24の背板50を押圧する。こ
の押圧によりピックユニット24は上方に回動してロー
ラ26a,26bと用紙23との接触が断たれるため、
用紙ホッパ22を引き出して用紙23の補給やジャム処
理をすることができる。
【0014】以上のように本実施例の給紙装置において
は、電気的制御によることなく、フロントカバーの開閉
に連動する簡単な機構によってローラを用紙からリリー
スさせることができるために、製造コストの低減を図る
ことができる。
【0015】本発明における用紙1は本実施例における
用紙22に対応し、同様にテーブル2はテーブル32
に、用紙ホッパ3は用紙ホッパ22に、支持軸4は支持
軸46に、梃子部5は軸支持板47a,47bおよび背
板51に、軸6はローラ軸48に、ローラ7はローラ2
6a,26bに、ピックユニット8はピックユニット2
4に、ハウジング9はハウジング27に、弾性体10は
スプリング49に、突起部11は楔52に対応してい
る。
【0016】
【発明の効果】本発明によれば、給紙装置におけるロー
ラの用紙からのリリース機構を低コストで実現できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の給紙装置の原理構成を示す発明原理図
であり、一側面が開いている状態を示す図である。
【図2】本発明の給紙装置の原理構成を示す発明原理図
であり、一側面が閉じている状態を示す図である。
【図3】本発明の給紙装置の一実施例の概略斜視図であ
る。
【図4】図3の一部拡大図である。
【図5】本発明の給紙装置の一実施例における用紙ホッ
パの斜視図である。
【図6】本発明の給紙装置の一実施例におけるフロント
カバーの開閉状態を説明する説明図である。
【図7】本発明の給紙装置の一実施例におけるピックユ
ニットの動作を説明する説明図である。
【図8】従来の給紙装置の要部概略図である。
【符号の説明】
1、23、63 用紙 2、32、62 テーブル 3、22、22a,22b、61 用紙ホッパ 4、46 支持軸 5 梃子部 6 軸 7、26a,26b ローラ 8、24 ピックユニット 9、27 ハウジング 10 弾性体 11 突起部 21 給紙装置 22、23 ガラス板 25 ピックモータ 27,27a ハウジング 28 排出孔 29、29a フロントカバー 30 把手 31 ガイドレール 33a,33b 突起部 34a,34b 案内孔 35〜38、41 プーリ 39a、39b、42 ワイヤロープ 43a、43b、 分離爪 44 ダンパ 45a、45b 支持板 47a、47b 軸支持板 48 ローラ軸 49 スプリング 50 背板 51 押板 52 楔 53 ピン 54 孔 64 ピックローラ 65 リバースローラ 66 用紙搬送部

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 (a)用紙1を積載するとともにその用
    紙1の繰り出しに同期して上昇するテーブル2を有する
    用紙ホッパ3、 (b)前記用紙1の繰り出し方向に直交する支持軸4に
    係合される梃子部5によりその支持軸4に回動可能に設
    けられて、その支持軸4と平行な軸6周りに回転して前
    記テーブル2に積載される用紙1を1枚ずつ繰り出すロ
    ーラ7を有するピックユニット8、 (c)前記用紙ホッパ3およびピックユニット8を収納
    するとともに、前記用紙1の繰り出し方向に平行な一側
    面9aが開閉できるハウジング9、 (d)このハウジング9の用紙1の繰り出し側の内側面
    9bに一端側が固着されて、弾性の復元力により伸張状
    態にあるときに、前記梃子部5を押圧してピックユニッ
    ト8を上方に回動させて前記ローラ7と前記テーブル2
    に積載される用紙1の最上部とを非接触状態とし、また
    弾性力に抗して収縮状態にあるときに、その梃子部5へ
    の押圧を断ってピックユニット8を下方に回動させて前
    記ローラ7とその用紙1の最上部とを接触状態とする弾
    性体10および (e)前記ハウジング9の開閉する一側面9aの内側に
    突設されて、その一側面9aが閉じているときに前記弾
    性体10の他端側と前記ピックユニット8の梃子部5と
    の間に挿入されてその弾性体10を収縮状態とし、また
    その一側面9aが開いているときにそれらの弾性体10
    の他端側とピックユニット8の梃子部5との間から抜脱
    されてその弾性体10を伸張状態とする突起部11を具
    えることを特徴とする給紙装置。
JP4082233A 1992-04-03 1992-04-03 給紙装置 Withdrawn JPH05278873A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4082233A JPH05278873A (ja) 1992-04-03 1992-04-03 給紙装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4082233A JPH05278873A (ja) 1992-04-03 1992-04-03 給紙装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH05278873A true JPH05278873A (ja) 1993-10-26

Family

ID=13768694

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4082233A Withdrawn JPH05278873A (ja) 1992-04-03 1992-04-03 給紙装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH05278873A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6866259B2 (en) 1999-12-22 2005-03-15 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Hinged-arm pick mechanism
JP2008007311A (ja) * 2006-06-30 2008-01-17 Brother Ind Ltd 画像記録装置

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6866259B2 (en) 1999-12-22 2005-03-15 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Hinged-arm pick mechanism
JP2008007311A (ja) * 2006-06-30 2008-01-17 Brother Ind Ltd 画像記録装置
US7881653B2 (en) 2006-06-30 2011-02-01 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Image recording apparatus

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2005238828A (ja) シート束背面折り部平坦処理装置、シート処理装置、及び画像形成装置
JP2003327335A (ja) 用紙カートリッジ,及びプリント機器
US4843434A (en) Random access sheet receiver
US4531344A (en) Device for aligning and banding a pile of paper sheets
EP0555091B1 (en) Paper feeders
JPH05278873A (ja) 給紙装置
JP2951448B2 (ja) 画像形成装置のコピー用紙通路からジャムを起こしたコピー用紙の除去を容易にするための装置
JPH0676170B2 (ja) 刷本スタツカ装置
JP3676135B2 (ja) 給紙装置及び方法、並びに、画像読取装置
JP2002220122A (ja) 給紙装置
JP2849433B2 (ja) 多段給紙装置
JP3726997B2 (ja) シート取扱装置
JPH0815955B2 (ja) 転写紙供給装置
JP4143382B2 (ja) シート供給装置および画像形成装置
JPH07223399A (ja) 台紙にカードをセットし、それを封筒に挿入する装置
JPH115662A (ja) シート後処理装置
JP3387688B2 (ja) シート材給送装置及び画像形成装置
JP2018203437A (ja) 給紙装置
JP2672020B2 (ja) シート材給送装置
JPH0891589A (ja) 自動給紙装置
JP2628495B2 (ja) シート材積載装置
JP2698125B2 (ja) シート搬送装置
JPH06286889A (ja) 給紙装置
JP2733408B2 (ja) 結束紙葉類放出装置における放出補助機構
JP2004083246A (ja) 給紙装置

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 19990608